2017-07-19(Wed)

ソバージュトマトいじり

どもー
今日も晴れ、暑いといえば暑いんだけど、グワーっとなるほどでもなかった。
なんせ今日の朝寒いなーって目が覚めましたしね(汗
腹出てたからだろうけどー(爆
寒暖差は結構あります。寝るのは楽チンですよ。


さて今日はソバージュトマトのお話。
農場でやっているので、自分も試しにやり始めたソバージュトマト栽培。
農場サイズには全く追いつきませんが、なかなか伸びたので誘引などの作業をすることに。

P1110292_縮小

40センチ程度までは伸びたでしょうか。
全く手をかけられていないので、草もボウボウです…
ということで草むしりしてひどいところの草だけでも除去。

P1110294_縮小

アーチパイプの外側はニンジンなどの草むしりである程度除去していたので、
大量に生えている内側をメインに。これでいくらかはすっきり。
早いとこ草マルチ敷いておかないといけませんね。

P1110293_縮小

で、いざ誘引なんですが、農場のものはアーチパイプの内側に植えているので、
このように外にグニャ―っとはならないんですけども、
私のは畝の関係上外側に植えたためこうなってしまってます。
これをネットに這わせていくために誘引してネットにくっつけていきます。

P1110295_縮小

ガチーンとネットにくっつきました。
これでしばらくはぐらつかずにネット付近に伸びていくはずです。
また少ししたら誘引と枝止めをしないといけませんね。

P1110296_縮小
P1110297_縮小

現状株としては開花が始まったところ。
上が白、下が緑の花ですよ。
トマトって品種によって株とかの匂いが違うもんなんですよね。
これはそこまできつくない感じがします。
白トマトの花は一般的なものよりは薄い色をしている感じもしますね。

P1110298_縮小

あとは脇芽の処理。
ソバージュといえば放任で何もしなくてもいいというイメージがありますが、
実は一応の処理というものが必要になります。
それが株もとの脇芽の除去作業
あまりにも茂るため、地面からある程度のところまでの風通しを良くするために脇芽を除去します

P1110300_縮小

こーんな感じ。
農場のやつはもう少し高い位置まで除去していますが、私のはまだこんなところで。

P1110301_縮小

農場ではこの第一果房直下の脇芽のところまでは除去という感じです。
写真でいえば右側の脇芽になりますね。
果房直下の脇芽はとても丈夫になりやすいので、
ここからぼうぼうにするのはスタートというところのようです。

P1110315_縮小

ちなみに農場のトマトはこんな状態になっています。
ソバージュといっても結構手をかけることになってますのよ。
このあとははぼ放任で収穫がメインになってきますが、
そこまでの仕立てにはいろいろと苦労しますね。


こんな感じで習っていることと同時進行で自分のソバージュ栽培は進んでいます。
品種が違うことで仕立て方とかにも違いが出てくるようなので、
この白と緑のトマトではいったいどうなるかというところ。
気温が上がってトマトの生育速度はかなりのものになっているので、
早くもじゃもじゃにできるように頑張りたいですねぇ。


スポンサーサイト
2017-06-22(Thu)

トマトのソバージュ栽培始めます。

今日は1日掃除してきました。
あまり暑くならないって話でしたが、昼前に日が出てきたためにハウス内は暑いのなんの。
その後はずっと曇りになりましたけど、天気がおかしいねぇ。
あ、そういや当地も梅雨入りしたようですね。
これから先ずっとこんな感じなのかぁ・・・やめてもらいたいぜ。


さて、
横手市が発祥とされているトマトのソバージュ栽培ってやつですが、
農場でも実際始まってましてね、
その真似をして私も実験的にやってみようじゃんと、
先日植えたイタリアントマトとは別に始めた白トマトでやってみることにしました。

P1100961_縮小

まずは準備段階から。
今回初めてきゅうり支柱を畑に入れるので、どの程度離せばいいかを試行錯誤して畝間を決めました。
ここまで畝を話して栽培するのは初めてのことなので結構戸惑いますよ。

P1100987_縮小
P1100988_縮小

それから支柱を買ってきて組み立て。
農場で実際やってるのできれいに立ててやりましたよ。
でもこの時点で1組支柱が足りなくてまた無駄に時間がロス・・・

P1110036_縮小

後日支柱を買ってきて組み立てたうえでネット張り。
このネット張りもコツがあってビシッと張るのは結構大変ですね。
まあそこはやったばかりの経験を生かしてばっちりだぜ―


P1110040_縮小

そして本日帰って来てから小雨降る中定植作業。
苗は遅まきした分プラス寒さで生育が遅くてこんなもん。
このあいだみたいなガッツリ暑い日が続けばあっという間に育つだろうけどね、
気温が低いとホント生育鈍くて大変だ。

P1110042_縮小

こうして白トマト14本、緑トマト1本分をまずは定植してきた。
まだ数本植えられるので、それはイタリアントマトの残りでも植えとこうかと思ってます。
なんやかんやで今年はトマトが100本超えそうだ(大汗

このあと生育してきたらネットに止めていくという感じで栽培していきます。
脇芽かきは下3段程度までであとは放任、ボッサボサのジャングルになる予定。
といっても私の力量でぼさぼさになるかどうか(汗
ま、とりあえず実験だ、失敗してなんぼでやってみようと思いますわ―


2017-06-04(Sun)

遅まきトマトが早まきトマトに追いつく。

どもー
今日は田植え、雨に風にそして寒さに耐えつつ作業してきましたよ。
もうね、体がだるくてだるく仕方ない(汗
寒いから合羽来てても暑過ぎなくてよかったけど、
結構な重労働になりますからね―汗がダバダバ。
汗が冷えて最後は寒くて寒くてしょうがなかったわ―
そんなわけで今日は早く寝る。おやすみ。


・・・って記事書いてねぇ―――


とりあえず書き逃げします、よろしく。


今日はトマトネタ。
農場では露地畑にハウスに養液栽培にとトマトをいろいろとやってますが、
いまだに苗作りが進んでいない自分のトマト。
そんなトマトなんですがね、遅まきした白トマトがイタリアントマトとほぼ同じようなサイズになってきてまして・・・

P1100823_縮小
P1100824_縮小

こちらが白トマトですね。
本葉が現在3枚目くらいに育ってます。
かなり遅いですが現状この程度、やはり散水の影響で葉やけが起きたりしてますね(汗
注意しないといけないんだけどねぇ・・・苗を見てる余裕が。

P1100822_縮小
P1100825_縮小

一方のイタリアントマトはまだこんなもん。
かなり早くまいたんだけど、発芽してから温度や光がなかったことで、
今になってもひょろひょろして葉色も悪い・・・
同じように種まいた農場トマトは恐ろしい伸び方してるんですがねぇ。
やっぱ苗作りは温度と光がかなりの割合を占めますよ。
早くまいても結局温度・光がないとさっぱりだわ。
トウガラシなんかもっとひどいけど(大汗

実際去年のセル苗の方が早く育ったし、
徒長も葉やけも少なくていいものになったんだよね。
あれは底面給水に収納ケースに入れて温度とったからだろうね。
何かしら工夫して育てないと早く大きくはできないわ。
早まきして遅まきに追いつかれるようじゃ全然だめだ――
苗作り、もっと勉強しよう・・・


2017-04-25(Tue)

続・トマトの種まき

今日はずっとスイカの接ぎ木の手伝い。
そう、丸1日。
接ぎ木自体は作業員さんたちがやるので、わたしらは台木の根っこを切って本葉を落とすところまで。
接いだものを再び128穴のトレ―に挿しての繰り返し。
昨日はずっと種まき、今日はずっと接ぎ木手伝い、
同じ作業が長くなると飽きますね(笑


さて、
実験農場の様に大量の種まきをするわけではないですが、
再びトマトの種をまいてみましたよ。

P1100517_縮小

種まきは日曜のこと。
種注文して土曜日に届かなかったため、こりゃあ日曜に種まきが無理じゃん・・・
と思っていたら、郵便局員が気を利かせてオヤジさんの再配達の荷物とともに持ってきてくれました。
今回まいたのは白トマト】と「緑トマト
他にバジルとかぼちゃもまいといた。

P1100518_縮小

実験農場でいろんなトマトの種まいて気付いたんですが、トマトの種も様々あるんですね。
白トマトと緑トマトでも種の大きさに違いがありましたわ。
白の方が細かいんだねぇ。
農場だとこれらをピンセットでまきますが、家では普通に手づかみ。

P1100519_縮小

南瓜が39ポット、白トマトが15、緑トマトが20と種袋の数ぴったりだった。
リオグランデからすると種が少なくて貴重品だわな。
いくらでも発芽をしっかりさせてしっかり育てたいところだ。
ちなみになぜこのトマト2品種追加したかというと、
ソバージュ栽培ってのが横手発祥でマニュアルがあるので、
珍しい奴でやったらどうなるかなーという好奇心ですね。
とりあえずの目標としてこれらのソースを作ってスパゲッティを食ってみたい。

P1100534_縮小

他にバジルを54ポット。
バジルは乾燥バジル作り用と、苗売り用。
1週間ごとに1箱分54ポットずつまいていこうかと思う。
今年のバジルの具合はいかがだろうか。


P1100535_縮小

実験農場のいいトマトからすると、今年蒔いたものはまだこんなもんでみすぼらしい(汗
かなり気温は上昇してきているので今回まいたトマトは早めに発芽してくれるとは思う。
好奇心でトマト3品種になったけど、いろいろと試しながら育ててみようと思います。
まずはしっかり発芽だな―


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村