2017-06-17(Sat)

本日の家のお仕事。

久しぶりに椎茸のお仕事ネタをもってこようと思ったんですが、
写真を撮り忘れたところがあったので明日にでも追加しときますね。
では、写真を撮ったところだけをまずアーップ!

P1100982_縮小

まずはいつもの休養舎へのホダ木移動です。
現在F613の休養舎移動が始まったところのようです。
なので置き場所、置き位置の確認をして作業を開始。
混ざると大変なことになりますからね。

P1100984_縮小

置き方は井桁で。
このF613という品種はかなり水抜けが悪いため、
今の時期になってもまだこうして乾かすように置かないといけないようですね。
夏場になると他の木は乾いてしょうがなくなるんですが、
この品種だけは水をもち過ぎてしまうので発生後の管理として乾かし気味にしないといけないですね。

P1100983_縮小

すでにこうしただめになったホダ木も出てきていますからね。
水持ち過ぎて椎茸菌が弱って死滅して他の雑菌が繁殖したという感じ。
椎茸菌は強いので菌の状態さえよければ害菌に対して抵抗するんですが、
こうしてだめになるってことはホダ木の状態がよくないって証拠だねぇ。
なかなかこの品種の管理は大変です。
でかくていいキノコが出るんだけどね。

・・・とまあ発生中の写真を載せようと思ってたんですが、
畑に出て忙しくしてたら忘れちゃいまして(大汗
この続きはこの記事内に明日アップしときます―

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・追記

P1110009_縮小

現在発生しているのはこの2品種。
間もなくこの2品種終わってA560のスイッチという感じですね。

P1110010_縮小
P1110011_縮小

どちらの品種もここ最近の暑くならない異常気象のおかげなのか、
適温適湿といった感じできのこの出はよさげ。
なんだかねぇ、いいんだか悪いんだかわからんですな(汗
とりあえず量が確保できてるのはありがたいこと、田んぼも畑もひと段落って感じなので、
今のうちに本業でしっかり儲けが出せれば万々歳でしょうね―

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけ

P1100923_縮小
P1100924_縮小

畑の雑草などを貯めといた場所でキャベツの花が咲いてました。
サボイキャベツの花ですね。
引っこ抜いて積んでおいたんですが、死なずに生きてたみたいです。
そういや畑の中では二十日大根の花も咲いてたりして、
意外と去年のものがしぶとく生き残ってますよ。
こうした生命力の強い奴を残していくのも面白そうだけどねー


スポンサーサイト
2017-05-05(Fri)

原木に菌が回ってきました――

きょうは立夏、夏ですねぇ。
ここ数日めちゃくちゃ暑かったんですが、今日はなんだかさらにもや―っと暑かったです。
やっぱり空気感も夏なんでしょうかね。
あっという間に春が過ぎていってしまってます。


さて、
今年は植菌がかなり遅れ遅れで先日終わったばかり。
しかしながらすでに原木に菌が回りだしてきていますよ。
まあ最初に植菌したのが3月ですからそりゃあそうだわなって話なんですがね(汗

P1100587_縮小
P1100588_縮小

なめこ植菌も月曜日に終わりまして、今年度の植菌は完了してます。
現在はビニールをはいだりかけたりして枯らしこみと菌回しを同時進行中。
暑いですから注意しないといけないですね。

P1100589_縮小
P1100590_縮小

最近終わったF613ですが、すでに菌紋がもや―っと。
さすがに気温が高くなってるので菌の動きが早いんでしょうね。

P1100591_縮小

椎茸菌もそうですが、害菌だって同じ。
どうしてもクロコブがついちゃいますねぇ・・・
全く害を受けずにってのは原木じゃ無理ですわ。

P1100592_縮小

更に一番最初の方のF206だと濃く菌紋が出てきています。

P1100593_縮小
P1100594_縮小

菌がじわじわと原木を侵攻しているのがわかりますね。
なんだかナウシカの腐海の胞子みたいだ(笑

P1100595_縮小
P1100596_縮小

一番面白いのは綺麗に辺材に菌が回ってるものが見れること。
椎茸菌はこの辺材だけを使うので、中心の心材は利用しません。
だからこんな風に菌が回るんだよな―というのがわかる。
ただこの木口の菌が褐変すると使ってるようにも見えるんですがね。
こういうの知ってるとほぉーって面白く見れます。
ちなみにマイタケやクリタケはこの心材を使える菌らしいですね。
どちらも他よりも菌回りが遅いので、芯材を使えるようになったとかなんとか。
トリビアだね。


一応植菌は遅くなったものの菌回りは今のとこ順調ぽいです。
ただ夏に使い始めるF206が使うまでにいい状態になってるかどうかが心配なところだ。
来年から使うようなものなら多少の遅れは関係ないだろうけど、
最近の年内発生となると遅れがダイレクトですからね。
結構シビアな問題になる植菌遅れでございます。


2017-04-29(Sat)

山のキノコ収穫2017-②

今日は2週間ぶりに家のお仕事。
先週は土層調査で出張しましたからね。
久しぶりに仕事場を覗くと、

P1100552_縮小

まず目につくのが小屋の前に咲くヤマザクラ。
ついにここまで桜が来たか―という感じ。
ちょうどゴールデンウイークに見ごろが来るので、当地の桜はいいときに咲くもんだなーといつも思う。

P1100553_縮小

で、長きにわたる植菌作業もほぼ終了。
外にはだめな木しかなくなった。

P1100554_縮小

植菌ロボは端っこにすでに移動済み、

P1100555_縮小

残すところなめこの植菌がわずかに残っているばかり。
・・・まだ終わってないのよね実際(汗
今週はみんな忙しくてはかどらなかったみたいです。
そのほかに稲の種まき準備もあったしね。
ちなみに今日種まき完了しまして、明日ハウスに並べることになります。
明日は完全に休日出勤だわ―――


さて、
そんなこんなでいろいろと作業が詰まり気味な現状でしたが、
今日の天気が怪しく、外のキノコを採ってきた方がいいだろうという判断をしましてね、
先週発見していた山のキノコを収穫に向かいました。
今回は一人軽トラでブイブイと向かいましたよ。

P1100557_縮小
P1100558_縮小

先週の段階では雪の下でできた芽でだめだめだ―なんて言ってましたが、
今日行ってみたらなんとまあ結構いいキノコに変わってるじゃないの!
今週は雨降ったり晴れたりしたことと、風が強かったことがよいものができた要因かと。

P1100560_縮小

こんな株生えしてるのを見るとあまり菌回りがいいとは言えないのかな―とか思ったりはするものの、
キノコ自体は久しぶりにいいものになってるのかな―と思ったりして。

P1100561_縮小
P1100562_縮小

今回は急いで回って3カゴフルに。
どうでしょうこの傘のひび割れ感、自然子の芸術だね(笑
やはり自然発生はこんな風にならないとらしくないですわ―

P1100563_縮小
P1100564_縮小

そして今回の目玉はこちらの亀の甲羅椎茸
こういうの何年ぶりに見ただろうかってくらい久しぶりの登場。
5Kやってた時代はこういうのが毎年沢山あったんですがねぇ、
今じゃ幻の様に見る機会がなくなってしまったスーパーな肉厚キノコ。
椎茸のポテンシャルってこんなんなのよ。
すごいわな。


まだ芽があるのでこの山のキノコは5月の中頃まではあるかな―と思ったりしてます。
今年は去年よりも遅くまで採れるだろうから、乾燥用のキノコは沢山採れるかな?
これから先もまだ作業が山積みなので見に行けないことが多いだろうけど、
私が仕事ができる隙を見て確認していこうと思います。
いいのができてるとうれしいねぇ。


2017-04-28(Fri)

A560の本年度立ち上がり1発目

今日で4月の研修生活が終了。
5月はしょっぱなにゴールデンウイークで連休なので、
ここから先少しばかり家の仕事に従事する時間が長くなりますね。
その間に畑のことでいろいろガッツリやってしまいたいと思います。


さてその家のお仕事の方、
冬の間に休養となっていたA560という品種の今年度春立ち上がり1発目の発生が始まりました。
さてさて長期休養後の発生はいかに?

P1100531_縮小

うーーんビミョーー
出なくはないけど少ない。
この気温域でこれってのは休養期間が長いことを考えると全然だめだね。

P1100532_縮小
P1100533_縮小

大きさや質はすごくいいんだけどね量が駄目だ。
次になればもう少しよくなると思いたいけど、果たして。
山のキノコが出るような自然発生の時期、時期としてはいい時期なんだけどねぇ。
いまいちパッとせん。

まあこの品種の特性ってのがまだ2回目の発生なのでわかりきってないですので、
今年使い切るまでにどのようになっていくかじっくり見極めでしょう。
A910やA950の代わりに導入した新品種、よくなかったらがっかりだからね―
頼むぜA560


2017-04-24(Mon)

すでに山のキノコが出ていました

どもー
今日はとんでもない量の種をまいてきた椎たけ夫です―
今日はトマトの台木の種をまいたんですがね、今日だけで3000超える量をまきました。
明日は穂木の方かな?私が担当するかはわかりませんがね。
穂木の方が多くなるので明日は大変だな・・・


さて、
昨日は小屋での作業を完了させて帰宅してから、ふと思った。

「山のキノコはどうなっているだろうか」

畑の雪もほぼ消え、街中では桜も咲いているわけですし、
そろそろ山のキノコも出てきているんじゃなかろうかと、
自転車をしまい加減のところ反転し山へGO!!

P1100539_縮小
P1100536_縮小

行ったらやっぱり出てましたよ。
雪もすでになくなっており、春子シーズンインです。

P1100537_縮小

ただし、この出方は雪の下で芽が出たパターン。
キノコ自体の質がよくない。
水を受けながらの芽ってのがありありと。
去年はそうでもなかったけど、今年は又こうなったか―という感じ。

P1100538_縮小

まあ固さとかは自然子そのもの。
食べる分には全く問題はないですね。
ただ見た目がよろしくないのが減点対象。
乾燥してもよくはないんだよなぁ。


P1100540_縮小

今回は少しだけ収穫してきただけなので、例のおかず作りに利用した。
アヒージョってやつを作ってみたわ。
やはり自然子なだけあって風味強いし歯ごたえもいい。
見た目はあれだけどうまいことは間違いないね。


研修の方も家業の方もあれやこれやとかなり忙しい週になりそうな予感だ。
畑に水田、そして山のキノコ、恐ろしい仕事量だな・・・・・
超絶繁忙期、どこまでやれるかな。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村