2017-03-30(Thu)

柑橘水洗い

今日は機械の部品が届いたのでようやく植菌作業を再開。
私が作業できるのは明日明後日まで。
まあ土曜日は休みになるので作業できますが、あと2日がっつり頑張るど――


さて、
植菌作業が休業状態ということになったので、
自分が手がけているものの管理をしておくことに。
ポット苗の状態確認や、鉢植えの状態確認。
その中の一つの冬越し柑橘の洗浄作業をしてきましたよー

P1100396_縮小

毎年のことなんですが、冬越しをハウスの中でしているとものすごく埃と言うか粉塵というか、
とにかく葉っぱとか枝がきたなくなるんですよ。
ハウスの中で暖房焚いてたり、まきを燃やしたりするので煙が充満することがあり、
そのせいだろうな―とは思っていますが、
一方で害虫のせいと言うのも捨てきれないので、シャワーでジャバジャバと水洗いです。
越冬うまくいってないものはこの時点で葉っぱが・・・(大汗

P1100397_縮小

もうね、良し悪しはっきりし過ぎですよ(苦笑
いいのはダイダイ、スダチ、きんかんにゲンコウ、あとジャバラか。
レモンとカボスは葉っぱがない(泣
今年もレモンは厳しいねぇ。

P1100400_縮小

一番動きのあるスダチのつぼみは徐々に大きくなってきた。
とはいえまだまだ1,2ミリ程度。
これからもっと大きくあってくるだろうけど時間はかかるだろうね。


今年は時間をとってしっかり歯ブラシで、ということをしてないので、
ちょっと虫の心配は大きいんですけども、このシャワー攻撃で少しでも軽減してくれればね。
毎年なるのは1,2種類と言う状態を今年は打破したいが・・・・
いつかは全部がどっさりなんて夢を見て(笑



スポンサーサイト
2017-03-12(Sun)

今年最初はスダチから

どもー
きょうはいい天気でしたが、やはりぐうたら曜日。
ぐうたらぐうたらしながらもやるべきことは完遂。
ついにニンジン加工が終わった。

長かった干し野菜作りのカット作業が終わったのだぁぁぁーー

明日出来上がりを袋に保管すればすべての作業がおしまい。
よく頑張ったもんだ。
まあ出荷用の袋詰め作業とか、粉末化作業はまだまだありますけどね(汗
天気もよくなり客足も回復してぼちぼち売れだしたし、
売れたらその都度補充していきやしょう。
あ、乾燥野菜ほしいって方いたら販売しますからね―よろしく。


さて、
いろいろと芽吹きが起きておりますが、
ハウスで越冬中の柑橘にもその波が来たようです。
見回りに行くと今年の始まりはどうやらスダチのようで。

P1100308_縮小

1本だけ他の柑橘とは別のところに置いてあるスダチ。
今シーズンは落葉がほぼ無くてですね、順調に冬越しできたようです。
レモンやダイダイはやはり毎年のごとく落葉が起きてしまってますけども・・・
この違いって何だろうね?

P1100311_縮小

そういうこともあってか、いつもならレモンが一番先に動きだす感じのところ、
今年はスダチが動き出しの先陣のようです。
まだほんのほんのわずかな芽ですが、今年の新芽確認。
今年はスダチのなる年になるかな―
よく考えれば隔年結実になってますね。


窓際ブルーベリーや鉢花に次いでハウス越冬柑橘も動き。
じわじわと目覚めの季節になってますねー
外の天気は一進一退ですけども、完全にスイッチ入ってますね。
早く雪が消えてくれればいいんだけどね。
なんやかんやでまだ1メートル以上のこってるわ―(汗


2017-01-26(Thu)

ゲンコウを収穫

本日は晴れて気温上昇。
雪原の太陽ってのはきついもんがある。
ハウスから外に出たら・・・目が潰れるぅぅぅ―――
ほぼ目をあいてられません。
なかなか冬に晴れない当地としては太陽がないのに慣れ過ぎて太陽が怖い(笑

さて本日は天気もいいので昨日気になった箇所の雪下ろし作業を。

P1100097_縮小

通路の屋根なので大した量ではないものの、一度も落ちてないので結構積もってました。
気温上がって溶けているので滑ってもいいんですが、
斜めの通路のため壁に接触してつっかえて落ちれないんですよね。
すか―っとおろしたのでしばらくは大丈夫なはず。

P1100098_縮小

昨日に引き続いて2本目の煙突掃除も。
こっちのはたての方の煙突が詰まってたようで、煙突を燃やしました。
タールとかそういったものが付着してベトベトして固まっているので、
それを溶かして除去しないと開通しません。
燃え方からして無事除去できたようです。


P1100075_縮小

その昨日掃除したハウスの中で越冬している柑橘、
ようやく収穫できそうな塩梅になったのでゲンコウを収穫しちゃいまいた―
初栽培で初収穫です。
重さは92グラム、こんなもんなのかな?

P1100076_縮小

カボスと比較してみるとカボスはボール型、ゲンコウは見慣れたミカン型ですね。
扁平している感じの柑橘ってフォルム。
どんな味なのかはまたあとで。
今回はこの1個だけ、今年は2個くらいを収穫したいけど、これから葉が落ちるかどうかで判断です。

P1100066_縮小

なんせ初収穫したカボス、毎度よく見るハゲになってしまいましたからね(泣
どうしてここまで見事に落葉してしまうのか・・・
ゲンコウはこうならないといいんだけど。

P1100063_縮小
P1100065_縮小

あと残っているのはこのぷちまるだけですが、これもだいぶ色づいてきました。
ただ、色づいて来たと同時に落果も始まりました。
ここまで来て落果か―やっぱりしっかりした実にはなれなかったんでしょうね。
早くに開花したもののみしか無理っぽい。
開花は何度かあるんだけどねぇ。
適地じゃないからその時期すら大事だ。


今シーズンはほかの柑橘の落葉具合が比較的ましな方で、
今年の収穫はいくばくかの希望が持てそうな感じがしています。
ま、レモンは今年も養生の年、ダイダイとジャバラが開花するかどうかでしょうけど。
なかなか秋田での柑橘栽培なんて情報がないだけ手探りですけど、
ちょっとずつ経験値はたまってきているかなーという具合。
毎年じゃんじゃん収穫できる日はいつになったら来るだろうね(汗


2016-12-23(Fri)

柑橘の落葉がひどくなってきた。

寒くなったり暖かくなったりよくわからない気候ですね。
今日は朝方ぬる――い気温でスタート。
おかげで雪解けが進みまくり、屋根の雪がすっかり消えてなくなってしまった。
あの量が消えるくらいの気温が続くってのはこの時期としては異常というほかない。
んー大雪シーズンかと思ったんですが一転暖冬の気配も・・・・


さて、
ハウス内越冬中の柑橘、ここ最近異変が発生。

P1090906_縮小

パッと見はまあぼちぼち越冬中だなーって感じだったんですが、

P1090907_縮小

下を見たら葉っぱがいっぱい(泣
落葉しまくりですよ。
あ―これで来年も収穫見込みがなくなったなぁ・・・

P1090908_縮小

葉っぱ自体はまだまだ健康そのものといえるんですが、
どうも簡単にパラパラと落葉しちゃうんですよね。
単純に寒いからなのかもしれないねぇ。

P1090909_縮小

実を収穫し終えたカボスも落葉しまくり。
これで来年は養生決定的。
これも奥に押し込まれてしまったせいで寒くなったためじゃなかろうか。
私はこんなに奥には置いてないんですがね、どうも邪魔になって場所変えられたようだ(汗

P1090910_縮小

残っている実の状態としては、ゲンコウがだいぶ黄色くなった。
もうそろそろ収穫してもよさそう。

P1090911_縮小

きんかんは・・・こりゃあ摘み取った方がいいかな、サイズ。
実はついてるけど1センチくらいしかないできそこない状態だからね―
きびしい。


毎年だけど冬越し難しい。
気温は一応あっても、ハウスの奥で隙間風に当たってしまって寒いのかもね。
完全に囲ってしまうのが吉かもしれない。
今年もなかなかに厳しい柑橘越冬です。


2016-11-17(Thu)

カボスを収穫!

冬越しでハウスに取り込んだ柑橘、
収穫してない3品種のうち、カボスが黄色くなりだしていたので収穫しました―

P1090735_縮小

ハウス内は最低でも10度前後、雪で覆われていないのでまだ明るさはある。
この状態でどこまで育つもんかと思っていたらもう色づいちゃいました。
本当はカボスは青いうちの方がいいんでしょうけどね。

P1090736_縮小

こちらがカボス。
カボスは初収穫なので、どこまで大きくなるのかがよくわからずにここまできたわけで。
色付いたってことはこれが限度の大きさってことだね。
結構大きくなったかも。

P1090737_縮小
P1090738_縮小

他に実の付いている2品種はまだまだ―
ゲンコウは少しばかり色づいてきた感じがあるので、来月あたりには収穫になるかも。
ぷちまるは・・・これ本当に大きくなれるかってサイズ。
大きくなれないようなら全部摘果したほうがいいんだろうけど。
来月までは様子見だね。

P1090743_縮小

カボス計測。126グラムは結構な重さだね。
初めての収穫でいいサイズのカボスが収穫できました。
もっと重いやつもできるようなので、次に実がなった時には大きくなるように頑張ってみよう。


このカボスはポン酢にして利用しようかな。
これからは鍋の季節だしね―
去年はスダチポン酢、今年はカボスポン酢、隔年結実なら毎年交互にやってくるのか。
どうにかして食べ比べしてぇなぁ。

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村