2017-01-27(Fri)

クローバーの剪定

本日は雨、所によっては暴風だったらしい。
こちらも風は強くなったけどそこまでひどすぎるもんではなかったですね。
雨ですから気温も結構高かったみたいですけど、昨日の太陽に比べるとねぇ。
雨降って暖かいと太陽熱の暖かさってのは全くの別もんだわ(笑


さて、
本日は鉢植えクローバーの選定を行いました。
本来ならさっさとニンジン洗って出荷したいところなんですがね、
ここ最近手を怪我することが多くてなかなか作業が進んでおりません。
左手中指包丁で切る左親指波板でえぐる右手親指瘭疽(ひょうそ)発症
流れるように連続コンボで水洗いが不能な状態・・・・・
なのでやれることをやろうと、鉢植えに手を出したわけで。

P1100099_縮小

無加温で寒い状態の中ですが、意外とクローバーは元気です。
通常はロゼット状になってくるもんですが、普通に葉が展開してますね。

P1100100_縮小

ただ、去年鉢の外側にはみ出して生育していたものが枯れまくり、
このままだとみっともないしカビなどが発生してくるので除去作業です。
まあ今年もガンガン生育するわけですからすっきりと刈りこんでみようじゃん。

P1100101_縮小

はい、さっぱりー
鉢の外にはなにもなくなる位刈ってやった。

P1100102_縮小

ただね―内部では茎がめっちゃ張ってるので植え替えも視野に入れないといけないかな。
クローバーの鉢植えってどの程度で植えかえとかするもんかね。
この鉢でも結構大きめだと思うけどもじゃもじゃだしねぇ。
うーん、繁殖力が強いものって対応に困る。


P1100104_縮小

こんな感じで3鉢全部とついでにケンタッキーカーネルミントも刈ってやった。
鉢ごとに生育は良し悪しあるけれど、皆とりあえず生きているのでよし。
クローバーだ、生きてりゃ何とかなる。

P1100102_縮小

相変わらず5つ葉とか4つ葉とか沢山出てましたしね、
今年も加工できるように沢山生産してくれ―
そういや7つ葉も出やすい別品種があるって話だったな・・・
そっちも今年導入しようかな。
クローバーは天然から養殖の時代へ―(笑


スポンサーサイト
2017-01-05(Thu)

レジン加工したクローバーが日焼けする

寒の入りですね。
確かに今日は風が非常に冷たかった。
今現在もいつもよりも冷え込んでいるのがわかります。
さ―てこれから冬本番ってところか―
どれくらい雪降るのか、それが問題だ。


さて、
去年の大みそか、そんなときに大掃除するなよって話ですがぎりぎりで大掃除しましてね、
部屋をきれいきれいしてたら、窓際に置いてあった失敗作のレジン加工クローバーを発見。
よく見たら葉っぱの色素が飛んでるじゃないの。

P1090953_縮小

アルミケースにやったらとれなくなった失敗作、
窓際で紫外線ガンガンだったんでしょうね、見事に緑が消えてなくなってる。
へぇ・・・レジン加工もこんなになってしまうのか。
いつも紫外線に当たることはないとしても、経年劣化でこうなるとすれば、
こういうストラップ作るのってどうしたもんかってなっちまいますね。
紫外線防げるような加工方法ってのはあるのかな?

P1090954_縮小

ちなみにこっちは同じ時期に作ったものですが、箱に入れてたので無事。
上と比べると色の抜け具合がいかにひどいことになるかがわかりますね。
こういった既製品ってどういう方法とってるのかねぇ、気になる。


多葉が出るクローバーがあるので、安定的にこうした加工をする原材料はあるものの、
加工した後の問題が見えてきたのでちょっと調べてみないといけないですね。
人工物ならこんな風に考えなくてもいいんだけどね、
自然のものってのはずっとそのままを維持するのって難しいのね。


2016-07-03(Sun)

クローバー・ティントを刈りこんでみた

どもー
今日はお休み、久しぶりにゆっくり休んだ。
天気は思ったよりもよくて畑での作業はできそうでしたけど、
ここはしっかり休んで明日からに備えないとね―
まあぼちぼち何らかのことはやってましたけどね。

その1つがクローバー。
なんだか最近やたらに葉が出て茂ってしまったので、そろそろ少しばかり刈りこんでおこうかと。
でも正直どこまで刈ればいいのか・・・(汗
そこらに生えてるのはばっさりいっても簡単に復活するけど、
鉢植えだからどこまで許容されるのかな??

P1080387_縮小

もう1鉢なんだか2鉢なんだか分からないくらい葉が多くなってしまった。
これだけゴチャつくとだめになってしまうので、ある程度刈ります。

P1080388_縮小

で、1鉢になりました(笑
鉢の外に伸び出したランナーはぶった切り、これでいくばくかは持つだろう。
まあすぐに元通りになるとは思うけど(汗
もう少しばっさりいった方がいいのかねぇ?

P1080389_縮小

刈り込みで出る副産物の4つ葉5つ葉、もちろん集めて押し葉です。
これはどういった押し葉になるのか楽しみだなー。
またレジン加工したら記事にしますのでそれまでのお楽しみということで。
ちょっと葉っぱがでかくて加工できないかもしれないけど(大汗


これのおかげで4つ葉細工の材料に困らなくなって助かる。
とはいえ鉢植えの管理ってどうしたもんかちょっと不明なことが多く、
こんな感じでチョキチョキしてけばいいもんなのか不安はあるけども。
まあクローバーは強いから心配し過ぎないでもいいとは思うけど。


2016-06-18(Sat)

クローバー茂る・開花 工作試作第2弾

4つ葉が沢山出るクローバーティント・セピア。
最近は数がだいぶ増え茂ってきましたね。

P1080200_縮小
P1080201_縮小

もしゃーっと。
新しい葉っぱは色味が逆転している感じで、セピアって感じじゃないです。
徐々に色が濃くなっていくんでしょうか。

P1080275_縮小

また、開花も始まりました。
まだ1つ2つですけど、こういった品種は開花しないかな―とか思ったんですが、
普通どおりに開花するみたいですね。
花は普通のシロツメクサと同じような感じです。
種ができたら同じようなものができるのかな?
もっと葉数が増えたりするかなーとか思ったりして。
ずーっと交配して7つ葉が沢山出来るようなのができないかねぇ(笑
贅沢か。


クローバーの様子はこんな感じです。
次はクローバー工作。

P1080172_縮小

前回はレジンの量がわからずに大量になってしまい、ものすごく厚いものができたので、
今回は量を減らして薄めにできるように作ってみた。
また、2層構造の1段目が固まる前に葉っぱを入れて浮き上がりを防止する策に。

P1080195_縮小

結果、まずは浮き上がり防止策はいい作戦でした。
これで中間に葉っぱを位置どる事ができて出来上がりの位置は上々。
ただし、レジン液が流動するため葉っぱが端の方に流れてしまうものがあり、
液を入れてすぐではなく落ち着いてからの方がよさそうですね。

P1080196_縮小

厚みはもう少し薄目のほうがいいか。
色を入れてみたけど、かなり薄くて目立ちませんね(汗
色付けの感じはうまくいったのであとは量ですね。


工作はある程度コツがわかってきました。
あとはまあ回数こなして体で覚えていくことでしょうね。
4つ葉の押し葉は使い切ってしまったからまた作っておかないとなー


2016-06-04(Sat)

四つ葉で工作!レジンクラフトに初挑戦

どもー
昨日から行ってきた田植え、本日完全終了です―

P1080170_縮小

見事に3段焼け。
日焼けはいいとして・・・全身が筋肉痛でいたい―――
明日は買い物にでも行こうかと思ったんですが寝てることにします。
いてて…肩が壊れる・・・


さて、今回は四つ葉の工作について。

以前四つ葉で耕作すると記事にしたんですけど、
その試作品がようやく出来上がりましたので。

P1080099_縮小

工作はレジンですよ。
UVレジンじゃなくてクリスタルレジンってやつね。
固まるまでに時間がかかる奴。
レジン自体は結構前に買っておいたんですけど、やる気が起きずに伸び伸び(汗
2層構造にするためにまずはレジンのみを固めましてね、

P1080157_縮小

次に四つ葉の押し葉を封入。
初めてなので気胞はいっちゃったりしてますけど、とりあえずしっかり固まって完成。

P1080156_縮小

レジンの量もいまいちわからず、結構数できてしまった。
シリコンの型使わないといけないので、型探すのも大変だ。
一応ちゃんとしたのは売ってるけど高い(大汗
使っているのは・・・100均のお弁当のやつだ(笑


本当ならストラップを作れるサイズでやりたかったんですが、
思った以上にレジンを配合してしまいかなりの厚さのあるものになってしまった(汗
おまけに押し葉がだんだん浮いてくるということも判明、やってみてわかる工作のむずかしさですね。
しかしながらいろいろとわかったことが多かったので、次回はうまいことやりたい。
試作品第2弾は・・・またいつの日か。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村