2017-05-01(Mon)

モリンガ

本日はゴールデンウイーク連休前ということで、種まきラッシュでござんした。
スイカ4000に始まり、アスパラ3500、南瓜6品種、トマトが460か。
真面目に10000近い種まきましてね、連休前だからってガッツリやるな―と。
明日も種まきがあるはず、結構しんどいっすね(汗


さて、
本日は昨日のワサビからの関連ととれるものを導入した件について。

P1100569_縮小

ワサビ大根を買うためにワサビでサイト内検索をかけたところ出てきたのがこの苗。
モリンガ、日本でいうワサビの木(西洋ワサビの木)
フィリピンのタガログ語ではマルンガイなんてもいわれるようですね。

成長がやたらに早く、毎年1~2メートルは伐採できるそうだ。
葉には多くの栄養があり、若い莢も食料に、根はワサビのようで、種は油がとれるらしい。
要するにいろいろと使い様がある木ってやつだね。
熱帯出身で冬越しにはハウスが必須ですが、そこは問題ないかな。
高温多湿は得意みたいです。

P1100576_縮小

地植えは無理なので大きくなっても平気なように8号鉢で。
ばっさばっさと収穫する予定なので、あまり大き過ぎる鉢にはやりませんよ。
この時点でもかなりアンバランスですしね。
まあ今年の成長スピードを見て鉢に関しては考えます。


葉っぱがホウレンソウの代わりとして使えるらしいので、食味に関しては癖がどうこうは大丈夫かな。
メインとしては乾燥粉末にしてお茶とかで利用しようかと思ってます。
ま―たおかしな植物に目をつけてしまいましたが、
正直これはかなり楽しみなものになってます。


スポンサーサイト
2017-04-30(Sun)

ワサビ大根を植えてみた

どもー
今日は朝から水稲の育苗トレーをハウスに並べる作業。
結局昼までかかる作業になってしまいまして、
今日は1日あれこれと仕事してた感じになってしまいましたわ(汗
まあ研修行ってると家の仕事が全くできなくなりますからね、休日出勤は何ら問題なくやれますね。
正直ブラック体質になってきてます(笑


さて本日は午後から種まきしたり植え付けしたりと忙しかったんですが、
その中の一つ、ワサビ大根の植え付けをご紹介―

P1100568_縮小

ワサビ大根って私は知らなかったんですよね。
去年親戚がワサビ大根って知ってるか?と畑にいるときに言ってきましてね、
そこで初めてそんなものがあることを知ったわけで。
調べると大根じゃなかったんですね(汗

ワサビ大根というものは、ホースラディッシュと言われるもので、
簡単に言えば西洋わさびのことらしい。
ローストビーフには欠かせないもの、
また乾燥粉末したものが粉末わさびとかチューブの練りワサビになるらしいですね。
要するに知らず知らずにお世話になってるものらしい。
外観は・・・日本のワサビとは全然違ってギシギシみたいだ(大汗
ただし科はアブラナ科なので、ギシギシとは全く別もんですがね。


P1100574_縮小

このワサビ大根、かなり繁殖力が強いらしく、
ヘタに畑に植えて切れ端が残ったりするだけで増えるらしい。
なので他のハーブ類と同様に畑の端っこに植え付けておきました。
以前ウドがあった場所なので他の場所からすれば深く掘れているので、
根っこの収穫はできるかな―と思ってます。
あわよくば大増殖させて・・・ウヒヒ

P1100572_縮小

ちなみに同じく畑の端っこで大増殖してしまったギシギシ。
うーん、この繁殖力は似たようなもんなのか・・・


P1100571_縮小

他の端っこハーブにもさらに動きあり。
ようやくエキナセアが出てきましたし、

P1100573_縮小

四つ葉とともにパセリ。
今年もハーブは全開だ―

P1100580_縮小

ちなみにちなみに、家の試験畑のセージも復活中。
ちょっと落ち葉やら枯れたものやらが多くてひどいことになってますが(大汗
ゴールデンウイーク中に掃除しとこうと思う。


家の裏にはまた葉ワサビが生えてきてますし、2大ワサビの共演もできるようになったのか。
まずは今年このワサビ大根がどの程度大きくなって繁殖するのかしっかり確認だね。
できたものは親戚にも分けてやらなくちゃ。


2016-10-23(Sun)

シソ撤去とバジルソルト作り

本日お休み、1週間サツマイモで忙しかったこともありお疲れちゃん。
朝収穫作業してかぼちゃ出荷準備して二度寝したら
「ままけー(ご飯を食べろ、の意)」
の声で目覚めるという昼まで爆睡コースをたどってしまった(笑
ちょっと頑張ったから仕方ないか。


そんな状態なので、本日はぐうたらな一日、
軽作業のみをしてすごしていましたよ。

P1090521_縮小

本日の作業はバジルなどの霜が降ったら終わりのものの撤去。
昨日の霜でダメージを受けないように、一応バジルにも不織布はかけていたため、
ダメになる前の最後のバジルで調味料を作ります。

P1090522_縮小

まだ使える部分を採ってきてあとはおしまい。
水洗いして水気を拭き取ろうとしたら意外とすんなりいかなかったので
しょうがなく短時間だけ乾燥機を使うことにしました。
植えてあるバジルはダークオパールだけなので、今回とってきたのは全部紫系の葉っぱですよ―
一応小屋に鉢植えにした普通のものもあるので、
そちらはもう少し後まで使えそうですね。


P1090523_縮小

乾くまでの時間、もうだめになったしその撤去作業、小豆の収穫などをしに畑に行ったわけですが・・・
今日は又風が強く手ですね、不織布がほぼはがされてしまいまして(泣
このあいだの苦労がもう水の泡かよってかなりいらつきながらかけ直し。
途中「フ○○ク」って叫びたくなる位風で何度もやられてホントイライラ。
まあ畑に来なかったら確実に次の霜でやられてたな―というところなので、
そこはまあ確認しに来ただけ良かったなーと好意的に考えておきましょう。

P1090524_縮小
P1090525_縮小

イライラ作業をどうにか終えてあっという間のシソ撤去。
5時過ぎちゃったし夕方キノコ収穫に行き、ボイラー焚いて帰宅。
それからバジルソルト作り。

P1090529_縮小

作業中写真撮ってるのにバジルが写ってないトンマ(大汗
今回はシトラスバジルソルトなるものを作ろうと、先日鉢植えを小屋に入れた際に見つけた
できの悪いゲンコウの小さいやつの皮をすりおろして投入。
ゲンコウバジルの順番でサンドイッチしていきます。

P1090530_縮小

最後に塩で覆いかくして完成―
これを少し寝かせてから使います。
じっくり寝かせるほどマイルドになるみたいですね。
私はあまりバジルの匂いを得意としていないので、じっくり行こうかね。

P1090527_縮小

副産物?としてバジルオイルも作成、更に今年乾燥のペペロンチーニでオイルも作る。
かなりいいにおい、あ、ペペロンオイルの方ね(笑
あまり食の匂いに敏感ではないオヤジさんもいいにおいと思うほどいいにおいだ。
バジルオイルはまだ染み出てないのでこちらもソルト同様に寝かせてから。
今日は調味料作りで1日が終わりましたね―


ハーブはどうしても慣れないと使い勝手が悪いので、
こうして少しづつ試していっていろんな用途に使えるようになりたいね。
とりあえず今日作ったものを試してみた結果どうかということは後日・・・
あ―体にバジル臭がついちまったぜ―(笑


2016-10-19(Wed)

レモンバーベナ鉢増し

大分頭でっかちになってしまったレモンバーベナ。
今年は枝葉の伸びもいまいち、完全に根詰まり状態になってしまったようで。
というわけで今の時期でいいかどうかってのはあるけれども、
鉢増し作業をすることになった。

P1090470_縮小

まずは作業前。
全く伸び放題、剪定なんて一度もしていないレモンバーベナ、
樹型が整うようなことは一切なく暴れ放題暴れています。
現在は8号鉢に植えられていますが、完全なアンバランス(汗

P1090471_縮小

生育の悪さは虫のせいということはなかった。
根っこがしっかりありましたよ。

P1090472_縮小

底を見るとがっちりびっしり、これじゃあどうにもならないね。
完全に根っこが詰まっているので、このまま植え替えてもだめだ。
そういうわけで根っこ切ります。

P1090473_縮小

大ダメージは与えられないので、側面の土を落としつつ絡まった根っこをほどく感じで。
ガチガチになった根っこも徐々にほぐれてこんな状態に。
これなら新しい根っこも生えやすくなりますね。

P1090479_縮小

9号鉢にランクアップし、枯れ枝やいらなそうな枝を落として完成。
最初よりはすっきりしたよね。

やっぱり樹形を整えるために剪定とか支柱は必要かなーと思う。
ブルーベリーでもこんなに暴れることってないからねぇ。
あまり大きくし過ぎると越冬も容易じゃなくなるし、鉢増しは次の10号までどうにかやっていきたいところだ。
香りは非常にいいレモンバーベナ、来年の生育改善へ調整完了!


2016-10-01(Sat)

ハーブを低温で干すのは大変だ。

どもー
今日も晴れ、作業がはかどる。
昨日今日で大分当地域の稲刈りが進んでいます。
ウチは来週・・・天気が悪い(大汗
今日明日なら最高だろうに・・・こんなときオヤジさんは旅行――(苦笑
今日はそんなオヤジさんの代わりに横手に出荷しに行って、事故現場を目撃してきました。
観光ブドウ園のあるところは危ないんだよな―今は。
路肩に止めるしかないところに産直並んでるからねぇ。
今日のはその止まってるのに突っ込んだようなやつでした。
突っ込んだのは初心者マークか?・・・気をつけろよな―


さて、
今日も唐辛子収穫をし、昨日の半分の株で昨日とほぼ同じ量という何とも大変なことになってきたわけですが、
今年は低温乾燥でやってみようかということで、
実験的にまずはハーブの低温乾燥から始めて見たんですよ。
なぜかって?
乾燥機の乾燥温度目安にスパイス&ハーブって書いてあったからだよ。

P1090212_縮小

今回乾燥してみるのは一向に使い道がないここにあるハーブ沢山。
そのうちセージ少々とバジル少々をカットして乾燥しました。

P1090213_縮小

あの紫バジルは植え付けたら紫が復活。
なぜ脱色したり復活したりするのかね?
どうなるかこのバジルを使っています。

P1090316_縮小

うー袋二重にしているから見づらい・・・紫のバジルですよ。
乾燥後の脱色もなくかなりきれいに干せました。

P1090317_縮小

セージも同じく。
低温で乾燥するとかなり元の状態を維持できて干すことができるみたいね。
結構いいかも。
ただかなり時間がかかるのは大問題だわ―


今回の実験で得た結果としては、

※ 良 ※
 ・色の変化が少ない。
 ・乾燥中の香り抜けがほぼない。

※ 悪 ※
 ・時間が非常にかかる。

こんな感じ。
香り抜けというのは去年唐辛子干しているときに気付いたことで、ものすごく臭いが出てくるんですよ。
臭いってのはつまりは風味に直結するものでしょうから、
臭い抜けってのはあまり好ましくないことですよね。
今回の実験ではハーブの香りってのがほぼ出てこなかったので、
その点ではいい状態での乾燥ができたんじゃないかと思っています。

ただ時間がかかり過ぎるのが問題。
なんせ高温なら1日かからないものを5日くらいかけて干すわけですからね。
葉っぱでこれですから唐辛子なら・・・・・まずい。
現在エトナの低温乾燥していますけど、もうすでに1週間ほどかかってしまっていますし。
んーどうしたものか。


今の段階では外干しである程度水分を飛ばしてから機械乾燥と目論んでいますが、
直射に当てての乾燥はあまり勧められないってこともあって、
外干しも時間がかかってしまうんですよね。
うむ・・・低温乾燥ってのは非常に大変だぞ。
こうなると外の風通しのいいところに乾くまで黙っておくというのが理解できる気がする(苦笑
人為的にやるのは非常に大変ってのが今回のハーブ低温乾燥でわかりましたね。


 
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村