2015-09-02(Wed)

白オクラの肥料ありなしの違い 果実編

以前肥料ありなしで生育の差がどうこう記事にしましたが、
今回は果実についての差に関して書いてみます。

肥料あろうが無かろうが白オクラは白オクラなんですが、
どうも形状と色合いに違いがあるようなんですよね。


P1060062_縮小
P1060087_縮小

まず現状の株の違いですけど、
上が肥料なしの自分のもの、下が家で栽培してる肥料ありのもの。
肥料なしのものもだいぶ追いついてきましたけど、1カ月くらい遅れてますね(汗
肥料ありのものはもう葉がなくなってしまってますよ。


肝心の果実の差ですが・・・


P1060083_縮小

左が肥料なし、右が肥料あり。
あまり大差ないように見えますが、

P1060084_縮小

根元の形状が全然違います。
肥料なしのものはぺこっと平らな感じ、肥料ありのものは盛り上がっています。
言われて気付きましたけど、同じ種でも形状に違いが出るのは驚き。

P1060086_縮小

また、色合いも肥料なしのものの方が白いんですよ。
余計白オクラって言う感じがしますよね。
形状と発色に違いがあるとはね―


形状についてはなにが違うのかがよくわからないんですが、
色合いについてはたぶん生育期間の問題だと思ってます。
肥料なしだと実が収穫サイズになるまでかなり時間がかかります。
白オクラは年取ってくるほど白くなるので、たぶんそのせいだと。

P1030284_縮小

これは去年の種とり用に残した白オクラ。
だいぶ白くなってますよね。
これの様に収穫までの日数の差が色合いの違いになるんだと思います。
そうなると白オクラらしさを出すためには収穫までに時間がかかった方が良いということになりますね。
なんだか難しい問題だなぁ(汗


今はもっと白っぽいオクラもあるだろうから、
肥料の有無で色合いの差がどうこうなんて気にしなくても白いオクラができるかもしれんけど、
少なくとも楊貴妃に関しては差が出ますよということをご報告。
なかなか興味深い情報でした―


スポンサーサイト
2015-08-04(Tue)

白オクラ、肥料ありと肥料なし

今日も晴れ―
昨日からニンジンとピーマン・茄子を1日おきに水やりしようと思ったんですが、
今日はちょっといろいろあってニンジンの水やりをしませんでした・・・
明日大忙しになるなこりゃあ(泣
イライラすると続けてことが起きるからホント困ったもんだで―


さて、
今年も栽培してます白オクラ、
今年は自分が育てる分と、家で肥料を使って育てる分とに分けてまして、
今回はその比較をしてみたいと思います。

P1050793_縮小
P1050794_縮小

まず、自分のオクラから。
はっきり言って・・・しょぼい(泣
いまだこの程度、肥料がないとかなり生育に遅れが出ます。
これでもここ最近かなり大きくなった方です。
毎年種まきを早めにして初期生育を早くしようとしてますが、
なかなか難しいですねぇ。
オクラは数少ないと生育が早くて収穫が大変なんて言われますが、
ぶっちゃけ肥料がないと1株植えでも収穫が遅れるなんてことは絶対起きませんね(大汗

P1050801_縮小
P1050802_縮小

一方こちら肥料ありの家のオクラ。
でかさが恐ろしく違いますね(汗
この白オクラは草勢が強くて株がでかくなりやすいというものらしいんですが、
やはりしっかり肥料があるとこうなるんですね。

P1050804_縮小

株元こうなってます。
どんだけ太いんだ・・・
種まきはほぼ同じですので、肥料分のありなしでここまで差が出るということです。
虫が来ないことを考えればこれは必ず肥料やった方がよさそうですね。
マイッタマイッタ・・・・・・・

P1050803_縮小

ついでに普通のオクラと比べても葉の大きさがだいぶ大きい。
こうなると1株で育てるなんてのはギャンブルですね(汗

肥料ありなしでの味の違いとかに関しては比較できないためまた後ほど機会があれば。
うーん、今の自分の栽培の限界を見てますねぇ(汗


2015-06-19(Fri)

ポットまき白オクラの定植

自家採種の種まきからしばらく、ポットまきにした購入種子も育ったため定植した。

P1050218_縮小

育ったと言ってもまだ本葉は出てません。
まだ発芽した程度ですねぇ。
ただ、オクラは移植を嫌う野菜なので、あまり大きくしないで植えるのがベスト。
去年のドリル根っこを考えても早めの定植をした方がいいと思う。
特に根っこが傷むと生育に結構な影響を及ぼすようだ。

P1050219_縮小

唐辛子の隣に植えていきます。
まだ根鉢が形成されているわけではないので取りにくいですが・・・
ただポットから抜くとものすごく長い根っこが出てきます。
直根系の野菜ですねぇ。

P1050220_縮小

先に蒔いた自家採種の種は、水に漬けた時点では根っこが出てきていましたが発芽ゼロ。

P1050221_縮小

どうやらあのカビのようなものが出てきた時点でだめだったぽい。
掘り起こしてみたら種の中からウジ出てきましたからね(泣
そのまままいてたらどうなっていたことやら。
ちょっとしくじりましたね。まあ種がとれないわけではないということですから、
今年も自家採種してみたいと思います。


あとポットなどで植え待ちしてるのは黒豆とインゲンだけか。
どんどん畑が埋まっていくぞ―
早く収穫が始まらないかな―
最短でも来月だろうけどー(大汗


2015-06-08(Mon)

自家採種の白オクラの種まきをする

先日酢に浸し、そのまま水に浸しておいた自家採種オクラ。
水に沈んだためもしかしたらと思っていたところ、3日目で発根し始めた。

P1050053_縮小

膨れて白いものが出てきている。
これはこのまままこうと決心したんですが、その後なぜかカビが発生・・・
どうも種の周りでねばねばしたものが出てきて、それがカビるようだ。
臭いをかいでも腐った感じはしないので、大丈夫かなと一抹の不安を抱えながらも本日種まき。


P1050091_縮小

まずこの畑の畝を全部やった後に種まき開始。
オクラもとうがらしもこの畑でどうにかなりそうだ。

P1050092_縮小

30センチ間隔、2粒ずつ種をまいた。
意外と量があって42粒になった。
これが発芽してくれば、今年も種取りをしようかと思いますが、
ダメなら毎年購入ですかねぇ。
どうも肥料なしでのオクラの種取りってバカみたいに時間かかったもんで。
なかなか枯れてくれないんですよ。
なんでかねぇ・・・


ポットの方はまだ動きがみられません。
家のオクラはもう葉が出始めてるんですが・・・(汗
やはりマルチパワーおそるべしですね。
まあこっちはのんびり育てていきますわ―


2015-06-02(Tue)

失念のオクラの種をまく

先月の終わりごろオクラの話題が出た。

「いつまくんだっけ?」
「6月入ってからじゃね?」

去年6月になってから種まきしたと思っていた自分。
去年作業した日記を見てみると、5月の終わりにはもう種蒔きしてる・・・(汗
そうだよ、生育が非常に鈍いから早めに種まいたんだった。
失念してました。
そんなわけで今日、急きょポットまきを実施しましたよ。

P1050013_縮小

まずはですね、相変わらず酢に30分ほど漬けてから種まきですよ。
実際どうなのかはまだわからんのですが、
いいらしいというのはとにかくやってみましょう。

P1050014_縮小

今年も相変わらず白オクラの楊貴妃ですよ。
今年は去年同様に7袋購入しましたが、
家で栽培したらどうなるかを試すために、2袋は家で、残りの5袋は自分が種まきです。
2粒ずつまいたら49ポットになりました。
これがどれくらい発芽するかですね。

P1050015_縮小

ちなみに去年種取りしたものもいくらかあるんですが、
色が薄いので使えるのかかなり懐疑的だったんですけど、
今日買った種を袋から出したら、意外と黒くなかったのでこちらもまいてみようと思います。

P1050016_縮小

酢につけた後、流すために水を入れたところ、沈んでるんですよね。
オクラの発芽率って種の比重と関連が強くあるらしく、
比重が重いものほど発芽率がいいらしい
つまり沈んだ種はいいってことだね。
ちょっと意外でしたけど、自家採種オクラも期待できるのかもしれないです。


P1050017_縮小

畝はごぼうの隣に。たぶん2列必要になりますね。
今年は結構畑きつきつにつめこんでるので、足りるか足りないかきわどそう。
まあこのオクラに関しては問題なく植えられますけどね。
トリになる唐辛子を植えた時点でどうか・・・


作業に関することって毎年の天候とかで変わってきますけど、
やっぱりしっかりわかるように書いてないと忘れちゃいますね。
このブログもそういった意味では結構役に立ってたりして(笑
オクラ、種まき遅れちゃったけど、無事収穫量確保できるかな??


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけ。

先に蒔いた酢につけたごぼう、発芽してました。

P1050018_縮小

あまり水やりをしっかりしてたわけではないのですが、
種まきから9日で発芽確認。
これって早いか?酢の効果でしょうか?
まだ全部ではありませんけど、とりあえずごぼうの発芽はクリアですね。

あと、

P1050019_縮小
P1050020_縮小

やっぱりサツマイモの蔓についている葉っぱは枯れてしまいましたね・・・・(泣
これで今年も収量ダウンかな・・・
蔓についている葉を枯らさないようにするのってかなり難しそうですね。
太陽光を遮るようにしないと草マルチでは駄目だということですね。
んーがっくし・・・


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村