2017-05-21(Sun)

最速の黒豆種まき

今日は真夏日目前。
非常に暑くなりまして、やる気も体力もだいぶ削られましたね(汗
やらないといけないことは山積み状態になってきてるんですがね、
休めるときは休むことも重要かと、少しばかり休む時間を多めにしときましたわ。
それでも今日はいくらかの事柄を撃破してきましたよ―

P1100707_縮小

今日はやっておきたかった黒豆の種まき
黒豆ってのはもっと遅くにまくものかもしれないですがね、
私が何度か栽培してみて感じたんですが・・・・遅いと実にならないんですよね(大汗
唯一収穫できたのが最初にまいた早まきした丹波黒豆。
それが5月27日なので、今回は黒豆栽培で最速の種まきだ。
今年は去年同様に2品種の栽培です。

P1100708_縮小

相変わらず薄っぺらい雁喰物語と、

P1100709_縮小

ブルームがすごい玉大黒の2つ。
晩生の丹波黒で早まきしてぎりぎり収穫だったので、
それよりも早生になるこの2品種なら普通に採れるんじゃないかと期待。
種袋には冷涼地は5月下旬からとなっていたので大丈夫でしょう。

P1100710_縮小

同じ1dlでも雁喰物語の方が薄いので量があります。
今回は1ポット2粒まきで玉大黒が63雁喰物語が76となりました。
うーん、この数だと畝の数をいくらにすればいいかが微妙だ・・・
まあ発芽した数次第でしょうね。


去年は発芽した後にネズミ害にあったり、
徒長させて折ったりと苗作りで散々なことになったので、
今年はそういったことが起きないように気をつけていきたいですね。
植え付けがサツマイモと丸かぶりしないことを祈りたいところだけど・・・果たしてどうかな?



スポンサーサイト
2017-02-01(Wed)

やっと終わったネットの片づけ

去年雪が降り出す寸前で大急ぎで片づけた蔓あり豆のネット。
大急ぎで片づけたもんだから、若い豆の莢もつるもそのまま。
しかも急いだ分ぐちゃぐちゃにまとめて持ってきたわけで、その処理が全然終わって無かったわけで。

先に片付けるべき課題が山積みだったため、全然手をつけることなく今まで来てしまったんですが、
サツマイモ・大根の大きなものが片付き、ニンジンも残り少なくなってきたので、
ようやくネット片づけに着手し、本日片づけが完了となりました―


P1100129_縮小

ネットに絡まった蔓を少しずつほどいて除去。
なんでこんなことしてんのって話ですが、収穫前の莢がまだ残ってからですね。
本当に若いものはだめでしたが、一応数粒だけ収穫できたものがありましたもので。
ぐちゃぐちゃの中では莢を探すのも一苦労でした(汗
本来なら一度使ったものは再利用はしない方がいいのかもしれませんが、豆意外とかに利用しようかと。

P1100128_縮小

すべての蔓を取り除いてまとめにかかります。
ネットをほどくのも大変だ―
2つのネットが絡まってるのと、1つのネットもねじれまくりですからね―
短気ですがこういうのはなぜか得意(笑

P1100130_縮小

結局苦労して1つのネットはまとめることができました(左側)
ただ、もう一つの方は1つの網目に全体がくぐってしまってるようで全然まとめることが不可能。
どこをどうしたら元に戻るのかが全く分からなくなってしまいあきらめました(苦笑
ま、一つでもまともにまとめられたからいいとしようじゃん。
あれをちゃんとほどけたのはすごいと思うし(笑


ネットはかけているところで片づけたほうが楽ですねやっぱ。
片付けのことも考えてネット張らないと苦労しますわ。
去年初めてネット使ったから仕方ないけど、この経験は次に生かしていかないとね―
あ、今年はネット使うかはわからんけど――


2017-01-30(Mon)

白小豆の選別おしまい、種も確保

本日は雨、所によっては非常に暖かかったようですが、
当地は普通に寒かったっすね、
ここまでは暖かい空気がやってこなかったみたいっす。
まあ雪じゃなく雨だったという点でいえば暖かかったのかな?

さて、
指の怪我もだいぶ良くなり、ようやくニンジン洗いも再開できる程度にはなりました。

P1100089_縮小

まだ瘭その傷口がふさがってるわけではないので、大きめのやつを少量ずつ。
今はきのこが減って時間があるときなのでやれるものはガンガンやっておきたいんですよねー
そうこうしてれば植菌始まってしまうし。
その何でもの1つ、豆の選別作業を開始しました。

P1100121_縮小

まずね、一番少ない白小豆から。
休憩時間でさっさと選別して種を選びました。
下のまとめてる奴が種用の豆ですよ―
今年は110粒、だいぶ少ないですがこれだけ確保できただけでもすごいという具合だ(汗
食べるものも一口で終わるんじゃね?ぐらいしかないですから(笑

P1100122_縮小

選別したものは袋に入れて冷凍処理します。
入れ物がなかったので・・・大根の種袋です(笑
あさってあたりに冷凍庫から出して冷蔵庫で保存ですね。
虫を完全にやっつけないと種まき前に穴あきますからねぇ。
去年は処理が甘くて種まくときに穴あいてるのがありましたから。


豆はこうして休憩時間使って早速にできそうな量なので、
今年は家で黙々と作業ではなく、仕事の合間の休憩時間でせっせと終わらせてしまおうと思います。
大納言は少し量があるので時間かかるかもしれないけど、まあどうにかなるべ。
時間は有効に使わないとね―
明日は粉作りで忙しくなりそうだ。


2017-01-23(Mon)

2016年度産小豆の殻むきも完了

今日は雪、時折吹雪いて視界が悪くなる位の雪。
明日の朝までにまたどかっと積もるような感じらしいので、明日の朝の雪寄せは忙しくなりそうだ。

P1100062_縮小

今日は歩道の除雪がガッツリえぐっていってくれたので、
家から出るのにものすごい段差ができてしまいまして(大汗
軽トラがガッタンゴットン飛び跳ねる感じになりましたよ・・・
削るのはいいんだけど、ちと考えてほしいね。
ならすのに苦労しました。


さて、
先日のインゲンに続いて、小豆の殻むき作業も終えましたよ――
これで残すところ選別するのみとなります。

P1100069_縮小

去年の小豆は実が入らずにさっぱり。
それでもまあ莢の数だけはある感じなので黙々と作業。
やってみるとまあ実の入ってないもの、しわだらけ、
まともなものがねぇじゃねぇーーか

いいものを頑張って収集した結果がこちら。

P1100072_縮小

大納言はとりあえず1回分くらい食べられそう、
白小豆はかなり少なくて駄目さ加減が半端ない。

P1100071_縮小

収穫時は種用のものすら危ういかと思っていたけど、やってみたら意外と量が多くありました。
これで多いとか言ったら鼻で笑われるほどですがね(汗
最初の年とかめちゃくちゃとったわけだし。
大変だから少なくした結果がこれだったら多くやった方がましだ―


まともなものが少なかった分、こうしてからむいた段階で大分選別はされているものの、
ここから虫食いとかを選別して今年蒔くものを選びます。
今年はいつもどおり早まき勝負で確実な収穫を目指すべぇ。
白小豆がことのほかうまいからね―今年は白小豆を沢山採りたい。
あ、大納言も重要ですから頑張りますよ――


2017-01-19(Thu)

ようやく豆始動、まずはインゲンから

さすがに体がだるくなってきました。
雪おろしときのこの大発生、ホダ木の管理、しこたま酷使してますね。
まあ雪が降って無いだけ疲れる要素が減ってるのが救いか。
早く休んでるんですが、なかなか疲れが抜けないのは年食った証拠でしょうか(笑


本日はそのキノコの大発生もだいぶおちついてきたため、
ある程度の時間を作ることができたんですよね。
その時間を利用して、ようやく2016年度産の豆選抜を始めました。
本日はまずインゲンの殻むき作業から。

P1100054_縮小

去年どれくらい収穫したかすら覚えてないレベルですが、
置いてたものを出してきたらこれくらいありました。
インゲンに関してはぼちぼち取れたかな―って感じでしたので、
自分が栽培している豆の中では優秀な豆になりますね。

P1100055_縮小

これを1時間半程度かけてようやく殻むき作業を終える。
ただ単にばらばらとやれればいいんですが、未熟なものを収穫したものにかびがついてましてね、
それらを選びながらやったので時間がかかりました。
私の殻むき作業って無駄に時間がかかるんですよねぇ(汗
まあ後々の選別を楽にしていると考えれば時間かけるあてもありますが・・・

P1100056_縮小

去年は蔓ありとつるなしを育ててみたんですが、
えーっと、普通は蔓ありの方が収穫量あるはずだよね(大汗
黒いつるなしの方が圧倒的に成績が良いのはなぜか・・・
成績がいいといってもよくみると豆が小ぶりで、いつもよりはだめなんですがね。
ほんと去年は豆大不作だったわ―

P1100057_縮小

蔓ありインゲンのリンガディフオーコ、使える豆はほんのわずかですね。
食べることは今年にかけて、使えるものは種にしましょう。
今年だめなら蔓ありはやめだ――


これでまずインゲン完了、選別はまだだけど。
残りの小豆もからむいたらほとんど実がないかもしれないなぁ・・・
去年はだめな方の勉強になった年だったと改めて実感。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村