2016-02-04(Thu)

ナスは越冬できないものなのか??

どもどもー
今日は立春、つまり春到来だ。

え・・・春ってどこにあるの(笑

ま―まだまだ当地の春は遠い。
あと3カ月はかかるだろうねぇ。
その前に植菌で忙しくなるか。

あーそうそう、昨日は節分、巻き物食いましたかな?
いつのころやらなぜか出現したあれ、豆まきよりもゴリ押しなのか(苦笑
節分が一番すしが売れるとかなんとかいう話ですが、
恵方巻きは吉原で遊女に太巻き食わせて苦しげに咥えてるのを見てニヤニヤする食べ物を使った遊び
なんて言ういわれを聞いてドン引き・・・・
もうね、セクハラっすよセクハラ。
そんな奴らには炒った大豆ぶん投げてやれ。
それこそ鬼は外だで―
ハロウィンもそうですが、元々のもの知らずにはやりだからってのはちと違うと思うんだけどねぇ。


ま―そんな話はさておき、今日はナスのおはなし。


去年の秋にナスを畑から掘り起こして鉢に入れて越冬しているんですが、
どうもここ最近ナスの色合いが悪くなり、枯れてしまった感じ。

P1070319_縮小

もうね、しおしお。
12月の寒くなるまではしっかり生きていましたけど、
どうやらナスは越冬に向かないようですね。

P1070322_縮小

切ってもこの通り。
中は空洞になりスカスカ。
色も茶色で生気が感じられませんね。
一番太い幹もこんな感じなので越冬はできなかったようだ。

P1070320_縮小
P1070321_縮小

同じく鉢植えで越冬しているトリニダードモルガスコーピオンやアップルアルマはまだまだ元気。
元気といっても葉がすべて枯れてしまいましたが、幹は青々しています。
ちなみにこの幹の節の部分から来年の枝が発生します。
なのでこのままにしておくと枝が結構茂って沢山実ができたりします。
去年のモルガイエローはそんな感じでした。
まあぶった切っても変わりはないかもしれないですけどね。

P1070318_縮小

越冬3年目のイエローだってこの通り。
超長生きの多年草ですね。

P1070323_縮小

枝がこのように茶色になればだめ、青々してればOK。
越冬中の良しあしの見分け方ですね。

ナスが越冬できないのは耐寒性が低いからなのか、単にナスは越冬できないものなのか。
耐寒性でいうと結果からして唐辛子の方がはるかに強いってことですし、
越冬できないなら同じナス科の唐辛子はなぜ…??
唐辛子はなぜにこんなに強いんだろうねぇ(汗
ナスは越冬させないで毎年種まきしないとだめっぽいね。

P1070317_縮小

まあ無加温で越冬できてるネギがこの中じゃ一番強いかな。
・・・ってそもそも耐寒性が違い過ぎるか(苦笑

スポンサーサイト
2015-10-23(Fri)

危機一髪、ナス掘り起こしと霜害

昨日の夜からの冷え込みはかなりきつく、今朝は真っ白に霜が降りた。
もうね、がっつりですよ。
なんせ昨日の9時時点で3度でしたから。
そのせいで完全に夏野菜は終わりました。

P1060601_縮小

まずはへちま。
終わったといってもまだ持ちこたえてる状態か。
もう少し持ってほしいというのがホントのとこ。
確実に3つは収穫できそうだからね。
この場所のはかなりひどいですが、グリーンカーテンのものはそれほどでもなく、
場所によって被害が違うんだなーと。

P1060602_縮小
P1060603_縮小

場所って言うとこのへちまの足元にあるアップルアルマやバジルは意外と無事。
なんだろ?よくわからん(汗


畑に目を向けると、それはそれは凄惨な状態に。

P1060604_縮小

オクラ終了。

P1060606_縮小
P1060605_縮小

ナス・ピーマン終了。

一晩で皆殺しとは恐れ入ったぜ。
去年はこうなってから越冬させようと試みたけどだめだったので、たぶん無理でしょうね。
あーピーマンもったいね――(泣

あと、収穫前ですが、

P1060607_縮小

管轄外・ヤ―コンも結構な被害、

P1060608_縮小

キクイモは・・それほどでもないけど・・・倒伏が・・(汗

P1060609_縮小
P1060610_縮小

黒豆も少し変色が見られますね。
まだ豆が膨らみきってないんだけど・・・

P1060611_縮小

まだ実のあるペペロンチーニは腐らないように不織布かけておきました。
まあ・・・葉が落ちたから駄目だと思うけど・・・

と、こんな具合にがっつり霜喰らって夏野菜のほとんどはご臨終です。
長い間お疲れ。
あとは秋冬物のみとなりましたね、これで。


さてここでタイトルの危機一髪の方。
実は昨日の夕方に白ナス掘ってたんですよ!

P1060581_縮小

白ナス、とったど――

株だけどね(笑
意外と根が太い。そして・・・根量が少ないか・・(汗
まあ気にしない、越冬できればいいんだから。

P1060582_縮小

とりあえず7号鉢に入れておいて越冬です。
地上部が無駄にでかいので後で刈りこんでおきます。
これでうまく越冬できれば、来年は株がでかい状態からスタートダッシュができます。
トリニダードモルガスコーピオンでもそうですが、
根の量、そして株の大きさで苗とは全く違ったスピードで育ちます。
それだけ実も・・・ウヒヒ


今回はホワイトベル2株だけ危機を逃れました。
根っこが切れたぶんちょっと怪しいですが、どうにか越冬したいところ。
そういやあトリニダードモルガスコーピオンの赤もそろそろ小屋へ移動しておかなくちゃ。
越冬準備もそろそろ本格始動ですね。

2015-08-12(Wed)

白ナス2品種収穫で食べ比べ

今年は初導入の白ナスですが、品種がわからないものとホワイトベルの2品種を栽培中。
先に品種不明のものが収穫でき、その後ようやくホワイトベルを収穫できた。
2品種とも収穫できたので、食べ比べをしてみた。

P1050868_縮小

とりあえずホワイトベルの形状はこんなの。
品種不明に比べて丸っこい形状だね。
こっちは丸ナス型、品種不明は長ナス型かな。

P1050900_縮小

白ナスは焼きナスにするととてもうまいというのがよく聞かれる。
ということで焼いてみたんですが、やっぱり評判通り、皮は茶色になってしまいますね。
輪切りで焼くのがベストだ。
輪切りだと皮の焼き目を気にしなくて済むのと、皮の方と中身との焼き加減に差ができないからね。
ということで輪切りの方がうまく感じました。

味比べですが、
どちらも焼くとホントにとろーっとした口当たりになり非常にうまいです。
紫のものと食べ比べるとよくわかります。
なかなかこういったのは珍しくてどう調理すべきかというので手を出さないことが多いんですが、
絶対これの焼きナスは食うべきだと力説しますね(笑
それくらいうまいですよ――


まだ収穫はぼちぼちですが、うまいということが分かったのでやる気出ますね。
来年はもう少し生育をよくできるよう調整して、
今年より早く、そして多く収穫できるようにしなくては。


2015-08-03(Mon)

白ナス初収穫

今日も晴れ―
再び雨降る降る詐欺にあった・・・
というかいつの間にやら梅雨明けしてたんだねぇ(汗
結局ほぼ空梅雨だった、ですな。
うーん、雨が足りない・・・


さて、今年初挑戦のナス、あ・・・一応去年も植えたんだな(大汗
でもちゃんと育ったのが初めての白ナス、ようやく収穫しました。

P1050836_縮小

ペロ―ンと真っ白なナス。
どの程度でとればいいのか分からなかったので、
10センチほどになったところで収穫してきましたよ。

P1050833_縮小

とりあえず実は7個ほどありますが、3つだけ収穫してきた。
なかなか続々収穫というわけでもないので、じっくり育ててます。

P1050834_縮小

ちなみにホワイトベルの方は今ようやく実が大きくなりだした程度です。
これも収穫まではあと1週間ほどですかね。
上のナスに比べるとホワイトベルは丸ナス型ですかね。
どちらも焼くとうまいというので、後ほど食ってみます―


ところで・・・

ナスというとどこでも困ってるテンドウムシダマシ
うちのナスにも大量について大変なようですが、
自分のナスにはほとんどいませんね。

P1050796_縮小

きれいなもんでしょ。
なにもしてませんよ。消毒なんぞ。
上の収穫したナスにも食われた後がないのがわかりますよね。

P1050797_縮小

まあ探せばいないことはないですが、ほとんどいません。
毎日駆除で大変ーなんてことはなく、様子見をした際にいたらつぶす程度です。
これが世にいう無肥料で虫が来ないってやつですかね。

肥料をやらんことで植物が健全になって虫が来ないというものらしいですが、
これって万能というわけではなく、来るものにはきますし、来ないものには来ない。
ナスや唐辛子系統、かぼちゃ、インゲン、オクラなどは来ませんし、
ニンジン、小豆、アブラナ系統は肥料なくても虫がきます。
なのでそれらに合わせた対応は必要にはなりますね。


ちなみにうちのナスの状況ですが、

P1050763_縮小
P1050764_縮小

消毒してボ―ロボ―ロ、あっちこっちが穴だらけー
ナスも食われて傷だらけー
対照的ですね(大汗


あともう一つ、実験的な小豆の混植ですが、

P1050837_縮小
P1050835_縮小

ナスもピーマンもどっちの生育も悪くないですね。
悪くはない組み合わせの様です。
そういえば落花生とナス科の相性がいいとかいうのがあった気がするね。
いろんな組み合わせがあると思いますが、小豆×ナス科もいいかな―と。

とりあえずナスも採れるようでした。
虫が来ないというのは大きなメリットだけど、生育が鈍く収量が増えないのはデメリット。
これから先は収量が増えても虫が増えないような栽培方法を考えていかないとな―
まずはその前に試食試食――



おまけ。

白いのという共通点だけで・・・

P1050831_縮小

本気を出した白ロングかぼちゃ、収穫してみた。
大きくないように見えますが、

P1050832_縮小

実際のとこはこんな大きさ。
左が3,7キロ、右が4キロジャスト。
でかーーー
やっぱり本気を出すと一味違うぜ!


2015-07-16(Thu)

白ナスの開花と白ピーマンの結実

白ナスの花が咲いていました。
相変わらず株は小さいんですが、大丈夫かね(汗

P1050557_縮小
P1050558_縮小

白ナスの花も紫でした。
葉の色は紫にはなりませんが、花は紫なんですね。
ナスの栄養状態を確認できるチャンスでもありまして、
雌蕊の長さが雄蕊より長ければよい状態とのことなんですが、
これ、雌蕊長いっすよね。
んー謎(苦笑

P1050559_縮小

株はありったけ小さく、栄養状態としてはよくないように感じるんですが、
それでも花は通常の良い状態ですよという何とも不思議な・・・
葉の色が悪いわけでもないので、低栄養状態に順応してるのかねぇ。
そういやあナスって虫がよく来るイメージですが、ほとんどきてません。
訳わからんです。


とりあえず株の状態としては悪くなさそうというのはわかったのでよかった。
1株で大した量は採れないだろうけど、白いナスが出来上がるのが楽しみだね。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村