2017-05-23(Tue)

ごぼう再戦

2015年度に袋栽培でやってみたごぼう。
結局肥料をやらなかったこともあり、さっぱり育たなかったわけで、
無駄な労力使ってこんなもんなら・・・と終了宣言したんですけどね、
今年はあまり手をかけるものを育てられないこともあり、
根菜重視で見ていった結果・・・ごぼう復活再選となりましたわ。

というわけでごぼうとの再戦、リターンマッチ開始だ。


P1100702_縮小

まずは畝作りから何ですが、今回は波板栽培にチャレンジですよ。
袋栽培をやった時も波板でいくらかやったんですが、
そちらの方は芽が出ることもなくひっそりと終了(汗
やり方がまずかったので、今回リベンジです。

P1100703_縮小

波板を敷くところに傾斜をうまくつけて均してます。
結構この均し作業までで一苦労。

P1100704_縮小

全部を波板でやろうと思っていたんですが、
波板を入れるための溝掘って盛り上げてたら、このままいけるんじゃね?というくらいの高畝になったので、
いくらかはこの超高畝栽培でやってみます。

P1100718_縮小

畑の準備ができたところで波板のカット。
文明的なものを使わなかったので、人力で全てカットしましたよ。
初めは4等分でいいかな、と思ったんですが、
あまりに短くなりそうだったので3等分約60センチでカットしました。

P1100719_縮小

これを敷き詰め、

P1100720_縮小

根が伸びていく部分の石を除去しつつ覆土、

P1100721_縮小

そして全体の埋め立て。
とりあえずここまでで種まき準備は完了ですよ。
ここまでは日曜日に完了させておきまして、天気を見つつ種まきを待っていたわけで。

P1100733_縮小

明日の天候が崩れそうだということで、本日種まき。
種は1日浸水しておいて発芽がしやすいようにしてます。
ただし、こうして濡れてると種まきはしにくいですね。

P1100734_縮小

1か所3粒の点まき方式でいきます。
波板なので条まきでもいいかもしれませんが、
今回は15センチ間隔での点まき方式でやることにしまいsた。

P1100735_縮小

まき終わって水をかけて完了。
簡単な栽培を求めて準備にしこたま苦労するという何とも訳わからんことに。
怠惰を求めて勤勉にいきつくってか。
何事もそんな感じになるのかもしれないねぇ。


本来はわらなどで波板の上の部分を覆っておけばいいんでしょうが、
現在まだ草刈りもしていないため覆うものがない・・・
ヘアリーベッチでもまいてグランドカバーにしておけばいいだろうか?
まあとりあえず、明日以降の天候を見つつ対策をとっていこうと思います―

スポンサーサイト
2015-11-19(Thu)

大浦太ごぼう全部掘った

今日は晴れまして、ハウスも温度上がり、外も作業するにはいい状態。
目の回る忙しさも峠を越えたので、久しぶりに畑やらなにやら作業がはかどる。
その中の一つ、ごぼうの収穫と片づけをしましたので。

P1060867_縮小

袋栽培で挑戦した大浦太ごぼう
頑張って袋を設えたってのに、結果はさっぱり(泣
なにもないようなものを撤去したので、残っているのは収穫を見込める物のみ。
うちでもごぼうなどの根菜の収集が始まっているので、自分のものもいざ収穫だぁー―

P1060868_縮小

こちらの一番大きい葉が着いたものは最後のお楽しみとしておいといて・・・
小さいものから行くぜ!!


P1060869_縮小

はい、残念な棒きれ、いや、なんと表現していいのか分からない細いものがとれました(苦笑
んーこれは前に袋除去した時に出たものよりは大きいけど似たようなもんだな。

P1060870_縮小

指より細い。
私の指が特別太いわけじゃないからね。
いたって普通、むしろこんな作業してる割には細い指だで(笑

こんな細いものをとり終えた後はお楽しみの太っいブツだ。
ごぼうは太くなきゃいかんでしょう。

P1060872_縮小

どら―すりこぎぃ――
葉っぱの枚数は少なかったけど、少しでも大きな葉があったものは総じて太めに育ってくれてました。
これくらい育ってくれないとやった意味ないやな。
1本でもいいサイズがあってほっとした。

P1060873_縮小

ただどうも表面が割れてる感じ。
虫が食ったような感じだけど、そういうものじゃないようで、ミリミリと裂けていったような様子です。
ちょっととり遅れでしょうかね。
まあ食べてみてどうかでしょうけど、これくらいは問題ない・・ハズ。


P1060871_縮小

これが太いもの。
1,2、・・・・・ん??

P1060875_縮小

これはまた見事なまっかごぼう――(まっかは二股とかのことね)
4つ、3つ、2つとかぶらずに分かれてるし。

P1060874_縮小

自然の造形美だ。
というかなんだこいつら、すね毛濃いな(笑
間違いなくわたしがつくったヤローだなこりゃ。

原因はたぶん草だろうね。
土はふるいにかけたので無駄なものはないはずなので、
大量に生えた草、なかでも直根のスベリヒユの根っこにぶち当たったせいだと思う。
袋栽培の欠点だね。普通なら草の根っこでこうなるなんて考えられないから。
まさかまさかですよ。


このあと支柱やら袋やらを片づけてごぼう栽培はおしまい。
ここの畑で栽培するのは難しいので今年でごぼうは終わりかな―
自作ごぼうはもう食えないと思えば、このまっかごぼうもいとおしい(笑
しっかり味わって食ってやるから覚悟しとけ――


2015-11-07(Sat)

ごぼうの袋撤去開始

今年もっとも準備を頑張ったであろうごぼう栽培。
作土層の浅いこの畑ではうまく育たないだろうと、必死こいて設えたのにもかかわらず、
生育はさっぱりという悲惨な結果。
そのなにも生えていない袋、このまま放置するわけにもいきませんので撤去開始です。

P1060749_縮小

袋を支えていた支柱を抜きつつ、袋を持ち上げて入っている土を畑に出します。
すんなり出るかと思いきや、袋の表面にコケが生えて滑りが非常に悪く、
思いっきり振り回さないと土がでない・・・
また無駄な肉体労働をしつつ、収穫待ちのもの以外を撤去。

P1060752_縮小

ものすごい土の量。
隣の大根の畝よりも高くなる。
これだけ頑張ってふるいにかけつつやったのにねぇ・・・
努力に結果が伴わないって散々だわ。

P1060753_縮小

奥の方に潜んでいるのが収穫できそうかなーというもの。
さっさと収穫してもいいんですが、まだ周りで掘ってませんので置いときます。
その間に育つかといえば…ないだろうけど・・・(汗

P1060750_縮小

ちなみに一応生えていたクズごぼう。
意外と長さはあるようですね。
太さは地上部見ればそりゃそうかって太さなので、予定通り(苦笑
葉っぱがあるのはぼちぼちサイズになってるようなそんな感じを受けるクズごぼう。
これはよさげなのもだけ食ってみることにしよう。
大物は・・・あとのお楽しみ―
また一ついらないものの撤去が終わりましたよ。


2015-09-04(Fri)

気温下がってごぼう復活?

袋栽培で育ててみたごぼう。
さっぱりさっぱりだめで、今年でチャレンジおしまいというレベルなんですが、
夏の猛暑がおさまり、雨が降り続けているせいかどうも復活の兆し。


P1060093_縮小

これでか?とか言わないでね。
これだけ葉が青々してるのはホント久しぶりなんですよ―
どうも葉が大きくなれないし虫にやたら食われるし、きれいな葉なんて何ヶ月振りか(汗

P1060094_縮小
P1060095_縮小

大きい奴らはこんな感じになっているものもあり、
どうやら時間さえかければ今年中に数本の収穫は望めそうだ。
ふっといごぼうは無理だろうけど、希望が出てきたのは正直うれしい。


こういうのを見ると来年も・・と考えなくもないけれど、
やっぱり作土層の浅い所でゴボウは難しいし、袋を毎度設えるのもきつい。
一番のネックは今年のような天候では暑過ぎて袋栽培は厳しいってことだ。
どこぞいい場所があって確実にうまくいくようならやらなくもないけど、
この場所では無謀なようなので収穫しておしまいということにしよう。
収穫祭りまでは随時観察してごぼうの生育をぬるーく眺めていよう(笑


2015-08-06(Thu)

袋栽培のごぼうはだめぽ

これも初めて栽培するごぼう。
畑の作土層がないため、袋栽培でのチャレンジとなったんですが、
発芽の時点から失敗、雨も降らず、高温が続いている状態では、
袋の中は大変なことになるわけで。
さっぱり成長しとりません。

P1050819_縮小

一番大きい奴でもこの程度、葉が全然茂りませんね。
なぜかものすごく虫が食いますし。

P1050820_縮小

小さいのは発芽してから全く動きなし状態。
これはあかん。

P1050821_縮小

波板栽培もやってみましたが、こっちは発芽すらせず。
あきらめて草はやしてます(汗

P1050838_縮小

まあ草はしっかり除草しましたけどね。
ごぼう以外はぼちぼち育ってきているので、だめっぷりがひどい・・・
とりあえず1本でもいいからまともなのができてほしいという程度の淡い期待しかないね。
ちょっとごぼうは今年限りで撤退、わたしには無謀だった・・・


P1050805_縮小

ちなみに同時期に家の畑にまいていたごぼうはこんな状態。
やっぱり地下ものはニンジンくらいの大きさまでですね。
長いのは無理だわ―


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村