2015-02-28(Sat)

ウラジロヒゴタイの枯れ葉処理と草むしり

昨日の大荒れは峠を越え、落ち着いた日々がかえってきた。
昨日からの雪は大体10センチばかし降ったようで、
朝には久しぶりに除雪が動いていました。

P1040236_縮小

こんなもんなんですが、湿って塊りになっているので、
道路をそのままにしておくと轍になって危ないからだろう。
今日1日で溶けてなくなってしまいましたが。
これから先ハウスがやばくなるような降雪はないだろうね。
まあもう明日から3月ですし。

あーもう3月か・・・・
今年は2月中に1度も原木来なかったな・・・
来月どんだけ忙しくなるだろうか。
んー困る!


さてさて、
最近ちょっと作業がなくなってしまって暇な時間が多くなってるんですが、
そういった時こそいろいろといじれる時間!
今回は鉢植えのウラジロヒゴタイの枯れ葉処理と生え放題の草をむしっておいた。

P1040237_縮小

あ、その前にカモミール復活です。
しな―っとへたり込んでましたけど無事立ち上がってきました。
なかなか強いですね。


P1040203_縮小
P1040204_縮小

さてこちらが作業前の状況。
去年は草むらにほったらかしにしてたので、種が入り込んで草生え放題。
また、秋に早く取り込まなかったせいで水浸しで状況は・・・
地上部になにもないような株が多く、ここまでは死んでいるものが過半数を覚悟していた。


P1040206_縮小

作業後。
いかがでがんしょ。きれいになったっしょ。
枯れ葉を除去、去年の花も除去、草はできるだけとってこれ。
結構カタバミがはびこってて大変でした。

P1040205_縮小
P1040207_縮小

本来はこうして地上部に葉があるのがいいんだろうけど、
今年はこれでも最上級の状態(汗
他のはほぼ地上部が消えてなくなってまして、1から出てくる状態でした。

P1040208_縮小
P1040209_縮小

ただ、作業をして気付いたのは、死んでしまっている株がほとんどないこと
まさかという感じでしたけど、意外なことにほぼ全部生きてました。
死んでしまってるのは株がぐらついてスポッと抜けてしまうようなものなんですが、
がっちりとしてまだまだいけそうです(笑

また、新芽が結構出てきてるんですよね。
特にベッチーズブルーは相変わらずの多発。
この品種に関してはどんどん増えますね。
育てやすさ、増やしやすさではトップだと思う。
色も濃くていい感じですしね。
いまだに1株も死んでないのはこれだけだ。むしろ増えたし(汗


ウラジロヒゴタイの品種は市販のものは大体そろえた。
あとはブルーグローだけ。
3月だし、そろそろ売り出し始まるかな―
今年で全品種揃えてしまいたいですねぇ。
種まきは何度やっても失敗するから(苦笑


スポンサーサイト
2015-02-27(Fri)

もらい種を密閉容器へ

今日は大荒れですよ。
ものすごい風です。寒いです。
ただ雪の量はそれほどでもありませんが、明日の朝にはどうなっていることか・・・
これでも気温はプラスなんですよねぇ。
いかに風による体感温度の低下があるかということですよ。

今日はあの事件が動きましたね。
面のわれてる奴らなんでしょうか。
更生なんて無理でしょう。
こんな奴らを再び野に放つのはやめていただきたいものだ。
かといっていい案ないしねぇ。
少年犯罪ってホント厄介なもんだよ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は大量にもらいうけた種についてです。

廃棄してくれということでもらってきた種。
廃棄なので袋を切ってありまして、そのまま放置はよろしくない。
ということでいまさらなんですが、自分が使えそうな種を密閉容器へ入れました。

P1040210_縮小

量があるので、100均で小分けできるものを購入してきまして。
大きい奴はこれらを収納する分のタッパーです。

ごそごそと種を選抜していき、11種類を選んだ。

P1040211_縮小

選んだ11品種は、

・日本ホウレンソウ
・西洋ホウレンソウ
・大葉春菊
・中場春菊
・紅白二十日大根
・赤丸二十日大根
・サラダ水菜
・小松菜
・雪白体菜
・聖護院大根
・泉州黄玉葱


同じものが数袋あるので、モノによっては小さいのに入らず・・・
1袋にこんなに入ってるのーって感じでした。

P1040215_縮小

多かった代表がホウレンソウですね。
西洋ホウレンソウは針がなく、日本ホウレンソウは針の種
同じホウレンソウなのになぜこうなのか、面白いもんですねぇ。

P1040212_縮小

こちらはアブラナ科の種。
これも同じ科なのに全然違うんですよねー

P1040213_縮小

聖護院大根はでかいからなんとなくわかるけど、
二十日大根も負けずにでかい種ですね。
できた作物は話にならないくらい大きさが違うんですが(笑

P1040214_縮小

こちらは葉もの。
水菜<小松菜<雪白体菜の順番で種の大きさが違う。
これも作物の大きさで種の大きさが違うんだろうかね。
比較して見ると違いがあって面白いもんだ。


一応こうして今年使えるなーってものは選んだんだけど、
もらった種はまだまだ大量にあり・・・

P1040216_縮小

ハッハ―どうすんのこれ(笑
半分は大根だぜ。
カイワレ大量生産すっか。
葉物の残りや白菜、ニンジンなんかはどうにもできん・・・
んー困ったねぇ、大量にあっても有効に使えないでよ。
いっそ全部ベビーリーフ化したらいいべが。


2015-02-26(Thu)

カモミールにダメージ!レモンバーベナは芽吹き、ステビアは音信不通

ちょっと本題の前に・・・
どうもネット上で中1殺害事件の上級生らしき情報がもろだしされてましたけど、
さらされてる6人の情報ってマジもんなのかね?
なんというか典型的だね、DQNの。
群れないと何もできないってやつですか。

少年法なんちゃらで結局事件起こそうが情報は出されず、
出所後はのほほんと暮らせちゃうんだよねぇ。
やるせないね。
まあ今じゃネット上に簡単に情報ばらまかれますから、情報隠す意味ないんだけどね―
さてさてさっぱり動きが遅い警察はいつ犯人確保するんでござんしょ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今日は朝に異常に冷え込んだ。
びっくりするくらいガリッと冷え込んだようで、
朝にハウスのボイラーに火をつけようとビニールの仕切りを開けると
パキパキッと結露が凍ってましたよ!
そのため、越冬してる無加温状態の鉢ものにもダメージが来たようで、

P1040226_縮小
P1040227_縮小

ああ!ペターッとなってしまった―――

いわいるロゼット状というやつですかね。
今までがかなり暖かかったので、ダメージが来てしまった。
枯れはしないだろうけど、目覚めてしまったものには冷え込みからのダメージが大きく出る。
これから爆弾低気圧襲来で冷え込みがきつくなってくるってのにまずいじゃないか!!
不織布でもかけておこうか・・・


一方ハウス内で越冬しているレモンバーベナは暖かさを感じて休眠打破、
枯れ枝に芽が出ていました。

P1040232_縮小
P1040230切りぬき

外見はお化けなんだけど、新芽が出てきました。
無事越冬できてたようです。
これから成長してくるだろうけど、その前に選定しておいて樹形を整えておかないとね。
放任だからひどいことになってる(汗

P1040233_縮小

同じくハウス越冬のステビアは・・・・さっぱり応答なし。
ステビアは地上部全部枯れて、次の年にまた1からはえてくるのでぶった切った。

P1040234_縮小
P1040235_縮小

スパーーーンと。
切り口は・・んー生きてるのかね?
心配になるね、こうして音信不通な植物ってのは。
ま、駄目もとで。希望的にみてハーフハーフで(笑


次々に植物が目覚め出してますね。
ただまだちょっと早いんだよねぇ…
なんせこれから大荒れになるってもんだから。
あと1週間我慢して、一足早い春の訪れを告げてくだされ。


2015-02-25(Wed)

またかよ!一輪車のタイヤがおかしい

今日も晴れ。
ただ明日から天候は下り坂。
来週は雪マークがちらほらで、今週の様にいい天気は期待できそうにない。
ま、まだ冬ですからね。
徐々に春へ向かってくれればそれで結構。

P1040220_縮小

今日は畑の写真撮ろうと思って小屋の裏に出たらフキノトウを発見。
んーきてましたね。

P1040221_縮小

雪の状況はこんなもんです。
今年はパイプぐにゃぐにゃにならないようで大助かりだね。
要するに今年は雪が少なかったということで。


さて、
肝心な原木が今月は絶望的という情報が入り、
またもや植菌作業は延び延びになりそうな気配。
どうもいつもと違うところも注文してるらしくて、結局うちが貧乏くじ引かされてる格好。
がんがん言ったもん勝ちってもんじゃないでしょうに―
配分考えてくれよ・・・

まあそれは置いといて、
ホダ木を休養舎へ移動する際に浸かっている一輪車にまたもや異変が起き始めた。

P1040198_縮小

なにが変かって?

P1040199_縮小

タイヤがはみ出しちったよ

こういったことはまああることはあるので別に驚愕な事実ということでもないんだけど、
どうも今回のは癖になっているようで、何度もはみ出てめんどくさい。
はみ出ると無駄にブレーキがかかった状態になってパワーロスだ。
原因はたぶんホイールだろうね。
何やらまた割れる気配が漂ってるから・・・
どうもこの一輪車だと前の一輪車よりも負荷が大きいのか、
積んでる量は以前に比べて少なくてもこうなるから駄目だ。
作業効率悪くて困ったもんだで。
タイヤ替えたらいいべがや。


そんでもって今よせている小屋の状況はというと・・・

P1040217_縮小

結構サクサクよせられるようになった。
ん?全然よせれてないじゃんって?

P1040218_縮小

じゃあ反対側から。
どうよ、棚があいてるでしょ。
実際のとこ、これでもかなりよせてる状態。
なんてったって先々週はこれの倍以上残ってたわけだから。

P1040219_縮小

ちなみにこれがフルの状態ね。
これからすればしっかり木を動かせてますよねー
ようやくちゃんと比較できる情報が(笑

気温が上がったことで発生スピードも上がったってことだろう。
のんべんタラりは大迷惑ですからねぇ。
今は週4の浸水で回していますが、それくらいならこれからは余裕のよっちゃんだな(笑
太陽光さまさま―


2015-02-25(Wed)

久しぶりに雪見だいふくを食ってみたけど・・・

冬にアイスを食べたくなるのはなぜか?
夏場よりもアイスくう機会が多くなる私ですが、
今回は久々に雪見だいふくを買ってきてみた。

P1040100_縮小
P1040160_縮小

イチゴとチョコクッキー。
雪見だいふく食べるのはいつ以来だろうか。
ちょっと訳あってロッテのは敬遠しがちだったんですが、
まあ久しぶりだしということで。

感想として・・

イチゴはうまかったです。
中の練乳ソースもイチゴ風味の中身も。
ただ、チョコはだめだ。
なんだこれわ
冷凍臭いというのだろうか、チョコレートがチョコレートらしからぬまずさ。
珍しいね、チョコレートでまずいと感じたのは(汗

まあこの二つのうち勧めるならイチゴですね間違いなく。
チョコは・・残念だけど。
これ食うならやっぱ以前のやわもちアイス食ってる方がいいな。
また勝手きて食べようかねぇ。


2015-02-24(Tue)

げげっサザンハイブッシュ休眠から覚めてる・・・

今日も晴れです。
んーどんどん雪なくなってくねぇ。
歩道には雪がほぼなくなっちゃったので、
そろそろ自転車の用意でもしておくかと思ってブルーベリーを越冬してる小屋へ。

自転車は案の定空気が空っぽ・・・
やっぱ口ゴムのところがおかしいんだろうね―
タイヤを全部取り換えた時、口ゴムのいらない仕組みとか書いてたけど、
経年劣化というやつなのかゴムやってやらないと空気抜けちゃうっぽい。
パンクは何度チェックしても大丈夫だったからねぇ。
今度直しておこう。


そんでもってブルーベリーの様子も見て見たんですが、
あれま、もう花芽がほころんでるでねぇの。

P1040200_縮小
P1040201_縮小

サザンハイブッシュのサンシャインブルー及びミスティーの花芽が緑に!
2月でこれかい。今年はやはり暖かいってことだね。
とはいえまだこの2品種だけ。
他にもサザンハイブッシュはあるけど、オニールもブラッデンも動きなし。

P1040202_縮小

ブラッデンも早生品種なんだけどねぇ。
何だろうこの差は?
まあ急がなくてもいいけどね。虫いないし。


いよいよもって春近し
まあ金曜日は吹雪く予報だからまだ早いけど・・・
でも間違いなくこの白い季節が終わりを迎えつつありますな。


2015-02-24(Tue)

赤のはいったアリグモと遭遇

私がアリグモの存在を知ったのが5年程前のこと。
イチゴを栽培してた時のことだ。
その時はブルーベリーの鉢の中に蟻がわくので、どうするかを探していて、
偶然にも擬態するクモがいることを知った。

一応初めて見つけた時の記事はこちら⇒アリグモ

アリグモ1
アリグモ2

初めて見つけたアリグモは完全に黒いアリグモ。
うわーすげぇと思ったんですが、1度見つけると数度遭遇。
なぜ今まで知らなかったのかなと不思議に思ってしまうほどよく見かけるようになる。

形にもいろいろあるようで、この写真のように触肢というんでしょうか、
口の先の部分を頭に見立て、一番前の足を触角にして擬態してます。
前足だけ色の違うやつもいたり、このクモのように頭の部分がこんなに張りだしてないやつがいたり
なんだかさまざまいるみたいです。
名前はさっぱりわかりませんけど(汗


で、今回は小屋で赤い色のはいったアリグモと遭遇。
初めて、というわけではなく、以前も見かけたことはあったものの写真を撮れなかったもんで、
今回初めてその姿をとらえることに成功した。

赤系アリグモ

もう完全に蟻にみえる。
でもケツから糸吐きますし、ジャンプもします。
はえとりぐものように巣を張らないクモですね。
なかなかに素敵です(笑

世の中には知らないだけでいろんなものが身近にいるもんですよね。
ちょっとピントをずらすだけでこんなにたくさんの生き物がいたのかと。
人間余裕がないと気付かないらしいですが、さて、気付くってことは余裕ってか?
の―の―貧乏暇なし、余裕なんてないぜ(苦笑

2015-02-23(Mon)

柑橘が動き出してるので石灰をまく

今日も晴れ。
昨日の夕方から降った雨も朝にはやんでました。
昨日は夕方に狐を目撃しましてね―
あらま久しぶりに狐見たわ―とか思ってたんですが、
姿は見せなくても足跡は大量に残ってるもんなんですよね。
そこら辺にいろいろいるもんです。田舎ですし(苦笑

あと・・・かなりどうでもいいけど、
今日また電話口で子供扱いを受けて・・・んーショック!!

「秋田の○○というとこですけど、え―っと子供さんですか?」
「(まあこの家からすれば自分は子供だな)はい」
「大人の方いらっしゃいますか?」
「(めんどくさいので)今はいません」
「そうですか、失礼しますー」

おれもう30近い大人ですけど―――

これ何回目よ!!
電話で聞く声ってそんなに子供っぽいかよ!
そりゃあ男にしちゃあ高めかも知れんけど、
25の時「学生さん?」って年齢聞かれる外見で、声で子供ですか・・・

TI・KU・SHOW!!

もういいよ、勝手に言っとけ。
体の中はガタガタのズタボロじじいの外見学生でぇ。てやんで―


はい、荒んでますが本題へ。


柑橘の洗浄が終わりまして、そのときに確認したレモンのつぼみ。
今日再び確認をしてみたら、ダイダイもジャバラもどうも成長の兆しがあったので、
急ぎ石灰を撒くことにしました。

P1040193_縮小
P1040194_縮小

とりあえず今はこんな感じで置いてます。
レモンがついてるので光合成の足しにするためにLEDつけて見てます。
ルッコラは結局大きくなれないのであきらめました。

P1040197_縮小

これがだいだいの芽。
ほんのちょっと、まだまだ動き始めですが、すでに休眠打破状態。
やっぱり発生舎はあったかいということだ。
なんせ昨日は外の気温は10度に届きそうなくらいの天候だったからねぇ。
ハウス内は当然…20度付近。こりゃあ動くわ。


P1040195_縮小
P1040196_縮小

フラッシュたいてるので多く見えますがそれほどまいてませんからね。
去年同様、石灰からの肥料という順番です。
なので肥料はまだもう少し後に。
いつもより1カ月強早い動きだしなので狂っちゃったね(汗

生育始まってきたのにまだ去年のレモン付きっぱなしか―
ダイダイはそんなのが普通に起こりうるのは知ってるけど、レモンはどうなんだ?
今年はコガネに注意して最低2ケタ収穫できるような管理をしていきたいですなぁ。


2015-02-23(Mon)

椎茸 Q & A いしづきって何?


Q いしづきってなに?

A キノコの軸の先端部分です。


写真を用いて見てみます。

P1040046_縮小

上の写真のように、気についている根元の部分がいしづきと言います。
いしづきは漢字で書くと上のように石突き
これはつえの地面を突く部分のことを指し、固い部分になります。


P1030814_縮小 形状

キノコの形状としては大体この様に3つに分けられ、
笠(頭)、軸(足)、石突きとなります。
石突き=軸ではなく、軸の一部分が石突きと理解すればいいかと。
調理する際に「石突きをのぞいて」というのが出てきますが、
このように先端の固い部分を除くのが正解ですね。


ここからは小ネタのようなものですが、
原木椎茸の石突きには2パターンあります

P1040174_縮小

これがその2パターン。
違いがわかるでしょうか。

正解は植菌した穴から出たものと皮を破って出たものの違いです。

P1040176_縮小

こちらは皮を破ってでてきたキノコ。
石突きは平らです。

P1040177_縮小

こちらは穴から出てきたもの。
穴から出た分根が深くなり、石突きも尖っています。
こちらの方が石突きがしっかりしていますね。

これは小ネタなので覚えていなくてもいい情報ですが・・・

ちなみに、菌床椎茸では植菌穴というものがないため石突きは平らなものだけ。
また、出荷する際菌床椎茸は石突きを切る場合があり
菌床の椎茸には石突がついていないということもあります
こんなところにも原木と菌床の違いというものが存在してます。


人によっては石突きも歯ごたえがあるということで調理したりすることもあるようですが、
木のかすなどが残ってることもあるのでやはり先端の部分少しはカットするのがベターかと。
石突き以外は食べられますので、あくまで石突きを取り除いておいしく食べてやってください。

2015-02-22(Sun)

JTが飲料から撤退するということで・・・

今日も快晴です。
今日は久しぶりに買い物へ行ったんですが、天気は雨予報だったので心配してましたけど、
なんのことはない晴れました(笑
狙ってたものはなく、やはりネット注文しないといけないようです。
こんな田舎に輸入物はなかなかないですな。
唯一の希望として私には縁遠い酒屋にまで足を運んだけど意味なかったっす(泣
これだから密林が強いんだよ――

かまくらブチ壊し

街中を走ると、先週行われたかまくらはすでにブチ壊され、
祭りが終わった途端に残骸だらけの残念な光景が(笑
まあそのままにしておくと倒壊の危険があるから早いとこつぶす必要性があるわけなんですが。
今年も終わったんだねぇ。


さて買い物と言うと、いろいろおやつを買い込むんですけども、
新商品の飲み物だったりチョコレートを試すのが好きな私。
いつもの場所に新商品があったので。

P1040108_縮小

左ネ。
桃の天然水あらごしスパークリング。
ヒットした桃の天然水の系統のものです。
桃の天然水と言うとJT、日本たばこ産業が出している商品。
最近飲料事業からの撤退が発表され、今年の秋には製造販売が終了すると。
もうJTのものは飲めなくなっちゃうんだなーと買ってきておいた。
ルーツうまいのに・・・

この桃の天然水あらごしスパークリングは、
以前出た桃の天然水の炭酸版よりはるかにうまい。
桃の天然水自体が完成品みたいなので、それに炭酸つけただけだとやはりおかしな感じになったんだけど、
今回のはうまみが濃いですね。
桃の商品は大概間違いないです。
桃すげぇ。

ルーツも桃天もあと半年ほどでなくなる。
今のうちに思い出として飲んでおこう。
あー残念だ。


2015-02-21(Sat)

テレビでのとてまりをやってたので・・・

今日も晴れ、このままいくと今年の畑仕事は早くなりそうな予感。
と言ってもまだ2カ月かかるけど―
ここまま雪降らなければ仮定ですけどね。
明日からは天気崩れそうですし。

そんな雪解け進む今日この頃、面白いもの見つけた。

P1040161_縮小

ぐるぐる。
これはこの間壊れた運搬車のスタートのひもを収納するばねだ。

P1040119_縮小

ばねって言うとスプリングのあの縦長のやつを想像しがちですけど、
こういった平面状のもばねです。
こういうのはばね仕掛けのものに使われてますね。時計とか。
このばねは中央部分が折れちゃって使用不可になってしまってました。
今は無事べつの部品で直って

P1040179_縮小

いちいち紐をやらなくてもできるように。
楽だねぇやっぱり。
でもまあ壊れた際にアナログで対応できるかできないかは大きな差ですね。
今回の件もそうですし、
修学旅行で泊まったとこの水洗便所にタンクに水がこなくて流せなかったとき、
タンクにバケツで水入れれば流せること知ってたの、班の中で自分だけでしたからね(汗
便利になりゃあいいってもんじゃない、アナログも大事ですぜ(笑


さて本題に入りますよ。


今日朝のテレビで、あの有名な原木椎茸「のとてまり」のことが出てた。
このブログでも何度か出てきてますが、
私自身は栽培してるところをみるのは初めてだったので興味深かった。
・・で、感じたことを少々。

いきなり訳わからんかも知れんですが、成形駒なんだなぁと(汗
あの発泡スチロールのふたのやつね。
これは植菌方法のことなので別にどうってことではないんですが、
木の駒を打ってるかと思ってたら、やっぱり量やる分成型でやってるんだなぁと。

あと、やっぱり袋かけか―
シイタケに袋をかけて保温して成長させてました。
画像見て外見に感じてた違和感と言うのがこれではっきりしました。
直で水付いちゃってるからなんだな―と。

直で水がつくってどういうことかと言うと、
袋がけしたものの中で結露が発生して、それが直接椎茸についてるってこと。
育ってるシイタケに直接水がつくと外見がなんだか変な感じに。
違いが微妙ですが、直接見るとわかると思います。

P1040186_縮小
P1040187_縮小

まずこちら普通に育ったもの。
1つだけ水分多め(空気中の水分量の違い)で色が違いますが、
水がかからないものはこんな感じだと思ってください。

P1040184_縮小
P1040185_縮小

こちらは浸水前についていた芽、つまり育ってたものに水がかかった状態のもの。
違いがわかりますかね。
わたしの中では水がかかってるものはツルツルしてる感じ。
表現が難しいな・・・
たぶん、水がかかる⇒その水分が乾く⇒ツルツルという感じだと。
紙に水をかけて乾かすと紙質が変わるのと同じ感じとでも言うんでしょうか。
表面がパリっとした感じ?なんとも難しい(汗


初めて見たときは、
・無加温でじっくり長い期間かけて育っているから
・品種の特性

ということでこんな形で外見をしてるのかと思ったんですが、
無加温でも生育を促進させるための袋かけがあるからではないかとテレビを見てました。
まあ外見よりも味だろうからね。
とはいえもう少し大きな袋にするとか何らかの改善はできると思うけど・・・
はは、ノーブランド野郎が超ブランド品に物申してるぜ―(笑


2015-02-20(Fri)

今年も原木遅いねぇ

今日は快晴。
非常に気温が高くなった。と言っても6℃程度ですが―(笑
でも太陽あるのとないのでは違いますからね、雪がどんどん解けまして。

P1040181_縮小

ほらね、どんど・・・・ん(笑

ウォーーまだまだ大雪原じゃーーん

そうですよ、一朝一夕にはこれが消えることはないよ。
4月までは確実に残ってますな。

まあそんな感じで今年はここ数年の豪雪から解き放たれ、

P1040180_縮小

山からの水が止まることなく、

P1040182_縮小

花粉は1,5倍に。
ん?そりゃあ関係ないか。
色が真っ茶色だよーー!
今年は大変そうだね花粉が。


さて、時期としてはもうすでに植菌始まっててもいいころ。
でも今年も毎度おなじみになってきた原木が入荷しないままダラダラと時が過ぎ・・・
まだ1度も原木がやって来ず、植菌はいつになったら始まるのかという感じです。

P1040178_縮小

機械のセッティングくらいは進んでますが、それ以外することが・・・
私は木をよせたりで忙しいですけどね、それでも時間がもったいない。
早くできればそれだけ夏菌を優位に使うことができるのに。
雪国問題と言うか、林業の問題と言うかなかなか思ったようにいかないもんで。

このまま3月まで来ないつもりかなぁ。
今年も4月半ばすぎまでか・・・
植菌終わってからの作業押せ押せだな(大汗


2015-02-20(Fri)

柑橘の洗浄全終了~

今日は少しばかり時間があったので再び柑橘の洗浄作業。
長かった葉があるものの洗浄が昨日でひと段落ついたので、
残すところは葉がほぼないスダチとカボスのみ。
葉がない分葉脈の淵についたカイガラムシを落とすなんてことがないのでスムーズに進む。

P1040183_縮小

できると思ってなかったけど、なんとまあ今日のうちに2本分終わってしまった。
やっぱ葉があるのとないのでは作業のスピードが違うな。

洗浄してて感じたのは、葉の数と根の状態は比例してるって感じなことと、
葉が多いほどカイガラムシも多いってこと。
カボスやスダチにはカイガラムシがほぼいなかったからね。
今シーズンは何らかのカイガラムシ対策を立てておかないとだめだろうな―
カイガラムシによく効くものってなんだろ??


ハウス内があったかくなってきたせいで今日マイマイガの孵化を確認・・・
洗浄こそ終わったものの、これから先ハウス内で毛虫と戦わないといけなくなる可能性が(泣
去年の大発生でいたるところにマイマイガの卵が大量にあるので、
今年は修羅の年になりそうだなぁ・・・
どうしよう・・・


2015-02-19(Thu)

現在の椎茸 2015・2・19

現在発生中の椎茸はF103。
2順目に入り多少量、大きさともに悪くなった感じ。

P1040159_縮小
P1040170_縮小

芽の数はそこまで少なくはないものの、
今回のものは2回目の方がまともに出るという話だったけど、
それほど発生量がよくなるわけではないようで。

P1040172_縮小
P1040171_縮小

大きさの方も、1度目に比べるとLサイズ以上になる大ぶりなものは少なくなった。
一応ないことはないけれど、大量発生した1回目に比べれば皆無に近い。

P1040173_縮小

大体がこの程度のいつものF103サイズなキノコという感じですね。
肉の方はいつもよりはついてる気はしますので、質はまだいい方かと。


P1040167_縮小
P1040169_縮小

発生量が微妙なことと、乾燥によってキノコが乾きすぎるので、
発生舎では水まきを行っていますし、

P1040165_縮小
P1040166_縮小

休養舎ではブルーシートで包んで保湿と保温を。

水まきは直接かけるとキノコが悪くなるので地面に。
温水パイプによって蒸発して湿度が上がります。
キノコは空気中の湿気を吸って水分を調整できるので、
こうすることで十分キノコに湿気を供給することができます。

また休養舎のシートはこれだけでも結構な保湿になりますし、
多少なりとも保温効果もあり、休養での回復の手助けに。
今の発生は休養が短いのと低温で菌の回復がしっかりできていないことが絡んでいると思われるので、
効果を上げるために簡易的努力をしてみています。
結果の方は来週浸水して発生するのがそのまた来週くらいですか。
まだまだ先のことですね・・


F103浸水は2月いっぱいはありそう。
3月半ばくらいまではこの品種オンリーとなりそうな感じです。


2015-02-18(Wed)

もうレモンにつぼみが現れ出した

暇を見つけてちょこちょこと葉っぱの洗浄作業を行っている柑橘。
ダイダイ、レモン・リスボン、ジャバラと来て現在2本あるレモン・ビアフランカの洗浄中。

P1040134_縮小
P1040135_縮小

拭き掃除はちょっと時間がかかりすぎるのでハブラシ洗浄に変更。
今シーズンのジャバラは結構葉っぱが残ってていい感じだ。
いまだ実をつけたことのないジャバラ、今年こそ実をつけることができるか?


P1040136_縮小

そして本題のレモン。
とげなしレモンのビアフランカですが、
洗浄して早々に何やら小さなものがついてることに気付く。
というか気付いたときには歯ブラシでポロっと・・・(汗

P1040137_縮小
P1040138_縮小

ちっちゃなつぼみがそこかしこに沢山。
エ―早くねっすか---

去年は4月あたりにつぼみが現れ出したので、今年は異常に早い。
やっぱり休養舎より発生舎の方があったかいからだろうか。
でも他の柑橘はまだつぼみ発生してないし、
なぜこいつだけがつぼみを出したのか全く分からん・・・

THE・謎

開花が早まれば結実も早まっていいのかもしれないけど・・・
結局生理落果で意味なしってことになるような気も。
開花は2度あるしこれはこれでどうなるか様子見してみればいいか。
どうにかなるさ気にしなーい(笑

2015-02-17(Tue)

2015年種第3弾

今日は晴れです。
晴れてわかるものすごく日が長くなったなぁーと。
朝6時の時点でもう明るいんですよね。夕方は5時過ぎてもまだ明るいし。
いやー春が近くなってきてるんでしょうねぇ。
全く実感はないですが―(爆

ちょっと本題の前に・・
今日は久しぶりに大きい地震が起きましたね。
緊急地震速報こそ出ませんでしたけど、ビビりました。
あの大震災クラスになると、余震は100年くらい起きる可能性があるという話が出て、
あーまだまだ終わった話じゃないんだなーと思った。
あれから間もなく4年、揺れるリスクはまだまだ消え去ってない・・・


さて、
今年の種注文もラストが到着。
まあ追加注文とかあり得るかもしれませんけど、とにかく第3弾到着。


P1040153_縮小

復活のみやま小蕪。
今度はもう少しまともなみやま小蕪を作ってやりたい。
うまかったけどすじっぽくなっちゃったからね。
見栄えの時代が来るまで食味でぶっちぎってたこの小蕪、今年は成功させたいぜ―

P1040154_縮小

これが例の白ピーマン。
浜ニュークリームだ。
パーマンと言うよりパプリカかな。
真っ白ではなくクリーム色のカラーピーマン。
普通のものより収量はあるようなので、沢山ならせるように頑張りたい。
ウチはピーマン栽培だけはうまくいかないので、
自家用としても、産直用としても期待。





おしまい(苦笑


まあ種は大量注文の第2弾と、残り種、自家採種にもらいもので大量在庫を抱えてますからね。
浜ニュークリームが第2弾のとこではなかったので別のとこでの注文での第3弾になっただけ。
これらを駆使して今年は利益出さないとなー
なにぶん文句言われちゃってますからね(汗
インゲンの件でちょっと再考もしないといけませんが、
種の畑配分はしっかり考えて無駄のないように栽培したいですね。
あと残すはサツマイモなんかの苗物だけだ――


2015-02-17(Tue)

これが種じゃいかんよね。

昨日いんげんの記事を出した続きになってしまうけど・・・
わたしの育てているいんげん黄莢黒三度は、若い時は黄色い莢インゲンとして、
菜豆としては黒い豆で食べられるいんげん。
つまり真っ黒いものこそがこの品種の豆になるわけですね。

で、黒っぽくなっていればいいんじゃないかというコメが入ったんですが、
いやいや、そうはいかんのですよ。
今回の豆は黒っぽく見えて変色があるんです。
なので選別作業が難航してるわけでございまして。


P1040155_縮小

どうでござんしょ。
これで見るとよさげな豆ですよね。
でも・・・・

P1040156_縮小

フラッシュたくとよくわかる茶色いものが混ざった豆。
これじゃ本来の豆ではないわけですよ。
品種を残していくんであればこれは論外というものです。

P1040157_縮小

こっちが選別した豆。
一見外見の変化はありませんが、

P1040158_縮小

フラッシュたいても真っ黒。
これぞ本来の黄莢黒三度の豆になるわけですよ。
なかなかどうして、種をしっかり残していくと考えると大変なんですね。


まあ種を残す際の最も基本的なことの
「病気がないものから種をとる」
という点からすればそもそも論外かもしれないっすけどね(汗
今回のは病変したものがホントにすくなかったのと、
とにかく全量収穫しているため、選別で選ぶほかないわけでして…
いいわけだらけですけども―

まあこうして種を残していくってのは、
交雑をさせず最もいい状態ものから種をとるのでなかなか難しいんですね。
ただ単純にできたものから種とってもそれはまた別でしょうから。
簡単そうに見えて奥の深いものでございまする


2015-02-16(Mon)

豆選別最新兵器は使えなかった・・・

今日は安定した天気。
かまくら最終日としては最高の天気かもね。
プロジェクションマッピング、テレビでやってましたがなかなかすごかったです。
見に行ってもよかったかな(汗


さて、
豆選別も佳境、残すはインゲンのみなんですが、
今のインゲン、かなり変色が多くて、しっかり選別するためにあるものを導入して見た。

P1040141_縮小

なんだかわっかりますかいねぇ。
タブレット端末じゃないでよ。

P1040142_縮小

トレーサーっちゅうやつですよ。
マンガとかで使うやつですね。
これで光当てながらやったらわかりやすいかなと思って買ってやってみたんですが・・・


NO!なにもわからへん!!


光が思ったより弱かったことと、下からじゃなく上からの方がよいことに気付く・・・
結局、

P1040143_縮小

こんなへんてこな使い方をしてすぐに撤収・・・
結構いい値段するんですが意味ありませんでした(泣
卓上ランプでも買ってきてやろうと思いました。
ま、しょうがねぇ、失敗から学ぶこともあるさ。


このあと電灯片手に作業しましたが、駄目だねこの豆は。
ありったけ変色してて、まともなのが2割くらいじゃないかと思う。
病気って恐ろしいわ―
今年はどうしたらいいべって言うレベル。
場所変えたほうが無難かねぇ・・・
そうなると植え付け計画また練り直し・・・・(泣

NO!!

今年は大転換期を迎えることになってしまうのかよ。
4年目の試練が襲いかかる・・・


2015-02-15(Sun)

BB新品種導入しちゃいます

天候変わりやすいですね。
昨日の夜またふぶいてきて心配だったんですが、
朝起きたらそんなに積もってなくて「あれ?」という具合。
ただかまくら期間中のせいか、除雪がこねぇ・・・
市内除雪に忙しいんだろうけど、国道もちゃんとやってくれよ(汗
午前のうちに来ましたけど、やっぱり祭り期間の優先順位でしょうかね。


さてそんなまだまだ冬型気候の中ですが・・・
ブルーベリーの苗が届きました―(笑

というのもですね、最近いろいろと新品種が出てきてまして、
話題になってるものがあるんですよ。
例えば熟してもピンクのやつとか、ラビットアイで500円玉サイズとか。
そういったものってあっという間になくなるんですよ。
なので今年はほしいものがどの程度残ってるか毎日ホームページチェックして
なるべく遅くなるように引き延ばし引き延ばししてたんですよ。
それでも先週にはもうこれ以上は無理だなということで注文、支払すんで今日届いたってわけです。

そんなこんなでどうにかゲットした新品種がこちら。

P1040144_縮小

4品種です。
ホントはチャンドラーも欲しかったんですが、残念ながらこれだけは売り切れ・・
この4品種のうち2つは以前からのもの、2つはホントに最近導入の新品種。
例のごとく7号鉢にヤシ繊維とヤシガラで植え付け。

P1040147_縮小
P1040148_縮小

まずはペンダー
これは前からの品種。
先に導入してるクラベンとレノアの親品種に当たります。
見た感じ直立性ですね。
また、枝色が黄色いね。これはペンダーの品種特性みたいだ。
この品種はガクが星形にきれいに開くのも特徴。
まあそれは来年確認ということになるだろうけど。
甘味系品種(早どりでもすっぱみが少ない)が少ないので導入して見た。


P1040149_縮小
P1040150_縮小

エリザベス
こちらも以前からある品種。
大実でおいしいと評判。
やっぱり大きいとおいしいは必須ですよ(笑
ペンダーに比べると開張性があるのがわかりますね。
枝色はまだ赤、まだ起きてないようです。
この品種もレノアとクラベンの交配元、2代前ですね。
そう考えると子と親とじいさんばあさんが同じとこにいるんですから面白いね。

P1040151_縮小
P1040152_縮小

これから2つが新品種、初めてのパテント品種。
まずリバティー
直立性で樹勢が強く、特に耐寒性に優れるらしい。
大粒でおいしい、まあよく聞く文句ですね(笑
交配親がブリジッタとエリオット。
なかなか簡素な交配ですね、最近の品種にしては。
高品質な大粒の果実が遅くまでとれるというのが魅力。
話によれば糖度19.7%を記録したこともあるらしい。
まだ1年生苗、あと3年くらいは我慢が続くことになろうかね・・・

P1040145_縮小
P1040146_縮小

ラストがスージーブルー
サザンハイブッシュで500円サイズの実ができるというのが魅力の品種。
500円サイズと言うのはチャンドラーの専売特許という感じもあったんだけど、
ここ最近このスージーブルー、そしてラビットアイのタイタンが500円サイズを実現。
ラビットアイはここらに向かないのでスージーブルーがほしかったわけですよ。
1年棒に振ってようやく手に入れた感じです。
今はもうタイタンの方が話題を集めてるので、そこをぬったかたちだろうか(笑

親の片方がスター
スターと言ってもにしきのあきらじゃない。
私が初めてブルーベリーを導入しようかと思って品種選びをしてた時に話題になってた品種だ。
今は売ってないのか、見当たらない・・・
そのスターが親になって、それを上回る子がスージー。
今から楽しみでしょうがないね―


ということで4品種が仲間入り。
物欲に負けた形だ(苦笑
今年はぶった切りしないといけない品種もありそうですし、
ここらで初心に戻って育成を頑張らないとね。
この4品種はとりあえず凍らないように管理しておきたいと思います。



2015-02-14(Sat)

かるぴす

今日からかまくらですね。
天候はまあまあでしょうか。昨日より荒れてません。
人来るだろうなぁー
私はそういったところにはいかない主義なのでいきません(苦笑
というか行っても車置くとこないし、さぶいし・・・
テレビ中継でもみます(笑


今日は世に言うバレンティンデ-
ん?違う?
ヤクルトの主砲じゃなくて?
発音の違い?
あーまあ気にせんと、ドレミソングチョコレートでも食ってましょう。

そんな流れですが・・・

最近カルピスの新しいのが出てたので買ってきてみた。


P1040107_縮小

白桃&黄金桃だ。

P1020943_縮小

白桃は以前からちょくちょく現れておいしく頂いてますが、
プラス黄金桃ということで買ってきた。

P1040133_縮小

今の時期はホットカルピスである。
白桃は白っぽい色ですが、これは黄金桃も入っているので黄色っぽい。
味はあの黄桃の缶詰の桃みたいな感じ。
白桃はあまり分からないかな。
でも実に美味である(笑
というか桃の商品に外れってほとんどないんじゃないのかってくらいなんでも合うよね。
桃の飲み物ではネクターが小さい時は好きだったね―
今はすごく甘くて・・・(汗
無果汁だけどファンタピーチもすき。
桃大好きだ(笑


カルピスも時期商品って結構だしてるもんで、

P1020944_縮小
P1020129_縮小

マンゴーは違うかもしれんけど、メロンはおいしかった。
あとは定番のオレンジ、ブドウとバナナもあったな。
パイナップルも飲んだ気がするが違うかな?
いろいろあって忘れちまった。
たまに外れがあったりするもんですが、カルピスはほぼうまいからすごいね。
今度は何が来るか楽しみですな。


2015-02-13(Fri)

2015年種第2弾

今日は猛烈な吹雪。
やはりやってきました。来てはいけない超猛吹雪。
朝一のキノコ収穫へ向かうときは大丈夫だったんですが、
着いてから一気にやってきて、あたりは真っ白に。

P1040120_縮小

朝飯食って再出勤時に家をでた時が一番やばかった。
視界50メートルもありません。

P1040125_縮小

ちなみに収まってるときにはこうです。
どんだけすさまじい吹雪なんだと。

小屋へ向かうんですが、前を向いてると顔が痛い。
顔に雪がつき溶け、さらに雪がの繰り返しで凍みる・・・

P1040122_縮小

前方の車かろうじて見えてますが、ホントにやばい。
こんな中車よく運転できたなと。

P1040123_縮小

最もやばかった瞬間がこれですね。
視界10メートルほどしかありません。
視線の先には見えるはずのハウスがさっぱり見えません。
ホワイトアウトの恐怖です。

今日はホントに恐ろしい吹雪でした。
停電もあったようですし、竜巻らしき情報も。
一息ついたと思いきやこれです。
まだまだまったく油断できません。

ちなみに明日からかまくらですが、今日のような天候にはならない模様。
雪は降りそうですけどね。
一応落ち着きそうで何よりと言う感じです。


・・・って吹雪の話で終わりじゃなくて―
先日頼んでおいた種第2弾が到着しましたので。


P1040126_縮小

まずは主力戦士スノースティック(白ニンジン)
今年は小袋じゃなく10000粒のものを注文。
小袋の10000粒ぶんの半額程度で買えます。
これを買うには楽天ではなかったので、直接種苗会社のとこから。

そういやあ楽天の振り込み方法がいつの間にかゆうちょ使えなくなってて最低だった・・・
そりゃあそっちは楽かもしれんけどこっちは無駄な手数料かかっていらん出費が出るんだよ・・・
自社販売あるところの中にはゆうちょ使えないってクレームきて
自社ホームページから購入すれば使えるよって誘導してるとこもありましたね。
わたしもその口ですけど、いろいろだめだね(汗


P1040127_縮小

へちま。
今年はこれでグリーンカーテン作ろうと計画。
ゴーヤは食べないし、朝顔は虫が来るらしい話なので、
これならへちま水やへちまたわしなんかが期待できる分、いいかなー
ただ種の数95粒とかいうの来て見てびっくり
どうすんの・・・こんなにあっても・・・
来年用に残せばいいかな?と言っても大量に余るんだけど・・・


P1040128_縮小

紅芯大根
長い大根は向かない畑なので短めで面白そうな奴を。
今から注文ってどんだけ先取りなのよって話ですが(汗
インゲンの後に蒔く予定。


P1040129_縮小

白ナス。
ホワイトベルは去年まいて見て発芽良好。
シロナス表記は品種名不明。スノーウィーかなーと思ってるけど、
そうであれば自家採種可能。
型の違う2種類を今年は育ててみることにします。


P1040130_縮小
P1040131_縮小

白小豆。
ホントに白い小豆だねぇ。
種の採種地が北海道だから、もしかすればホッカイシロショウズかもしれない。
品種名はよくわからん。
でも白小豆と一口に行っても結構種類あるようですね。
小豆よりは小粒な感じです。


P1040132_縮小

後は去年もまいた白オクラ。
去年と同じく7袋分ですが、自分で蒔くのは5つ、今年は家で2つ分くらいやってみるという話。
たぶん家でやった方が大量にできるでしょうねぇ。
去年より足りない分は自家採種したものが発芽したら使ってみます。
期待は薄いですけどね・・・


ということで今回は7品目が到着。
後は白ピーマンとみやまこかぶが来れば種注文大体終わり。
後は苗物ですね。
苗はまだ先なのでじっくり時が来るのを待って、と。
種が来ると今年もやったるぞーって気になってきますね―

2015-02-12(Thu)

なんだか成長始まったようなカモミール

今日は曇り、雨も降った。
なんだか雪がドカッと降ったり、こうして雨降ったり、変動激しいね。
明日はまた大雪とか言う話が・・・
むぅ・・・・


今日は越冬中のカモミール苗の話。

このところあったかくなってみたり極寒に戻ってみたりと
気候が刻々と変化していってるんですが、
あったかさを感じたのか、そんなに日当たりいわけじゃないんだけど成長してる気が。

P1030918_縮小
P1040090_縮小

上が以前、下が今回。
角度が違うから単純に比較できないけど、茂ったように見えませんか?
こんなに寒い状況下でも生育するのかこいつは――

P1040091_縮小

相変わらずオニヒトデフォルム
葉の枚数が少し増えた感じ。全体的に株が太ったような気が。
なんか感じとか気がするだけで変わってないのかもしれんけど・・・(大汗


生育なんてのが見れる時期じゃないだけにこいつらは癒しですね。
あ、にらは育ってますけどね。
少しずつですが春を感じ始めてるようです。


2015-02-11(Wed)

サツマイモ蔓越冬4ヶ月目

今日は雪が落ち着いてくれました。
どうも降ったのは昨日の夜までで、夜中はもう降ってなかった模様。
おかげでハウスは助かりました―
でもまたこうなることありうるからね・・・油断は大敵だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハウスでサツマイモの蔓の越冬を始めて4ヶ月たった。
初めはこれで大丈夫かと思ってたんですが、意外と枯れずに越冬できまして、
今現在みすぼらしいながらもどうにか越冬中。

P1040092_縮小

こちら安納芋。
たぶん水やりしなかったせいだろうけど、去年のうちに枯れこみが起きて大変だった。
ただ完全に枯れることはなく、まだ生きています。
望みはありますよ。

P1040093_縮小

こちらパープルスイートロード。
こっちの方が生きてるって感じは強いですね。
鉢の大きさとつるの長さがミスマッチですが(汗
まあそこは気にしないでおいてください。


寒い気候の中4ヶ月たっても死に絶えることなく越冬できるということから、
保温さえできれば蔓での越冬は容易にできそうな感じですね。
まあこうまでして苗をとろうとしなくても、勝ってきた方が簡単で安上がりかもしれませんが・・・
ま、いっぺんやってみたかったということで。
後2カ月ちょいで苗とり準備に移行でしょうか。
まだまだ越冬は続きますね―


2015-02-10(Tue)

アカン豪雪

別のこと書こうと思ってたけど、今日はこれのネタしかだめだわ・・・
それくらい久方の超豪雪が来てます。

まさにアカ---ン!!


昨日の時点から結構な雪だったんですが、
今日の雪はそれをはるかに超える雪。
まず朝起きて除雪、朝出勤前除雪、昼帰ってきて除雪、昼出勤前除雪、夕方帰宅後除雪です。
びっくりなのが、除雪車行った後に起きたはずなのに、
除雪されたはずの歩道が雪で埋まってる・・・
それぐらいの速度で降り積もりました。

P1040113_縮小

朝出勤の時には結構電線に着雪がありました。
一番川に近いものには30センチ以上の雪がついてます。

P1040114_縮小

再びハウスが見えなくなってきた道路側。
一番上の真っ白い雪が昨日今日で降った分。
と言ってもこれは朝なので夜までにさらに積もっています。

P1040116_縮小

午後二時半。
朝からすでに30センチほどの積雪。
残しておくとこうですが、除雪を繰り返してると、
朝20、昼10、昼20とまあ50センチほど降ってる感じです。
圧縮される分積もっていっても早々高くなりません。


P1040117_縮小

午後4時。
分かりますかね、層になってるのが。
上の層がいままでの分と同じくらいになってます。
まあ今までの分は先週の天候でだいぶ溶けた後なんですが、
だとしても2日で同じだけ降ってるわけですよ。
こればアカン大雪です。


P1040118_縮小

最後はもはや感じてくれって(大汗
雪のせいでピントぶっ飛んでますね・・・
帰ってきたら家の前やばかったです・・・
薄ぼんやり見えますが、山です山。
困った大雪だわ。


昨日は夜に降ってたので、植菌ハウスやばいかと思ったんですが、どうにか持ちこたえてくれました。
でも突っ張り棒を再び立てようとしても立たないくらい押しつぶされてまして・・・
もう少し多かったら…完全でしたね・・・
今は休養舎再びという心配もあるんですが、
明日には落ち着いてくるということなので持ちこたえてもらいたいもんです。
先週までのいい天気どこへ、先週の分までまとめて降ってるんでしょうか。
もう勘弁してくれ―――


2015-02-09(Mon)

タッパー黒ゴマプリン 「改」

ついにきました。
また「最強寒波」と言われる輩が。
こっちで最強寒波が―とかいうのはテレビはそれほど騒がないっすよね(笑
さすが東京さまは違いますよ。
雪降るとこに雪降るのは普通ですからね―

P1040102_縮小

でも久々の暴風雪、先週があまりに落ち着いていたので、かなり堪える。
真冬日ってこんなにきつかったっけ・・・
まだ続くこの寒波、明日にはどっさり積もってるだろうな・・・(泣


さて、気分を変えて。

昨日買い物に行ってきて、例のブツを買ってきた。
そう、黒ゴマプリンの素だ。
以前タッパープリンとして2個分で作ったものの、たいしたことがなくインパクトに欠けたので、
今回は4つ分を使ってタッパープリン「改」を作ってみた。


P1040109_縮小

いかがでござんしょこの圧倒的質量(笑
(400ミリリットル+プリンの素)×4=約1・6キロ

こんな巨塊をみるのは生まれて初めてじゃなかろうか。
あのメガ盛りメニューにも匹敵する量だで(爆

P1040111_縮小

中はね実は4層。(切れてる1つ分が16分の1です)
つまり1つずつ固めながら制作した。
1度に全部固まるかどうかということと、層にしたら面白いんじゃないかということで実践。
結果大成功でした。


味の方は変わらず黒ゴマプリンです。
ただ量がね尋常じゃないから・・・
これから毎日おやつはこれだ。
1回にどれだけ食べられるかやってみたい気もするが・・・やめときます(笑


2015-02-09(Mon)

現在の椎茸 2015・2・9

ひたすら続いているF103と言う品種の発生。
去年植菌した約8000本の浸水が1巡したので、再び2巡目の浸水発生に入った。
その2順目の発生が始まりましたので報告。

P1040105_縮小

まだ本格発生ではないけれど、1巡目に比べるとキノコの量は少ない。
たぶん休養期間が短かったことと、休養舎の温度が低かったことで回復が遅れたせいだと思う。
業者は今回のF103は、1回目よりも2回目の方が発生量あるという話をしていた点から考えても、
休養が不十分だったんだと思う。
こればっかりは今年の休養舎は隙間多くて温度が低いのでどうにも・・・
ちょっとこれから先は収量が落ち込むかもしれない。


後、試験菌A950の2巡目の発生も少々。

P1040103_縮小
P1040104_縮小

こちらも微妙ですね。
大きさは悪くありませんが。
先日業者が来て説明していきましたが、
最初の発生後に休養せずにすぐに再び浸水したほうが良かったかもと。
後は温度もう少しとってくれればと。
それは確かにそうなんだけど、冬場に温度とるってのがどれだけ大変なことかよくわかってほしいね・・・


まず、F103の発生は継続中です。
A950に関しては今週くらいで終わるかと。
キノコの大きさはそれほど変わらないので大きめ椎茸も取れます。
後はどれだけ量が確保できるかでしょうね。


2015-02-08(Sun)

かまくら1週間前の現地視察

今日も荒れることなくまずまずの天候。
買い物行くのには助かった。

その買い物行くついでと言ってはなんだけど、
1週間後に迫ったかまくらの様子を見てきました。


P1040097_縮小

市役所前通りには多くのかまくらがすでに出来上がっていました。
ちゃんと穴も空いてまして、開催を待つばかりという感じ。

P1040096_縮小

まだ立入禁止です。
いろんな所に巨大なものがそびえてまして、いよいよだな―という感じ。
でもその割に道路の路面がしこたま乾いているのが何とも奇妙な感じ(笑
今年はホント雪がないですな。
こういっちゃうと語弊ありまくりですけど――


横手駅前のY2(わいわい)ぷらざのところではまだ穴があいてませんでした。

P1040099_縮小

3基ありました。
毎度ここではラブかま(ハートの入り口のかまくら)なるものが作られるんですが、
今年はどうなんでしょう?
この中の一つくらいラブかまに変身するのかな?

P1040098_縮小

同じところにはベイマックスが。
徐々にお祭りの機運が高まってきました。


来週から天候は悪化するということらしいですが、
さて本番はどうなっているでしょうか。
小雪が舞うくらいであればいい感じでしょうけどねぇ。
プロジェクションマッピングのときにドカ雪なんてのは最低ですからね・・・


2015-02-08(Sun)

そろそろ収集したほうがいいかな、のニラ

ハウス越冬のプランターにら。
今年に入って伸び出してきたんだけど、結構大きくなって収穫できそう。

P1040094_縮小

と言っても細――い(汗
まあいまの時期、葉物不足な当地からすれば、十分ありがたいか。
明日あたりぶった切ってみるか。


P1040095_縮小

こちらはさすがに死んでしまったかと思ってたニラ。
これだけはわかる、ニラの「大連」という品種。
後は広巾ニラだ。
このプランターは土が流れ放題流れたことと、水やり放置しまくったせいでだめだと思ってた。
まあ簡単に言えば管理さっぱりしてなかったということか(大汗
それでも復活してきたところをみると、やはりニラって強いなーと実感する。
今年は植え直してちゃんと育ててあげよう。
こちらは今月中に1回収集できるかな?


冬場にらと言っても年越さないと収穫できそうにないね―
年がら年中収穫するには何かが必要みたいだ。
年越しても立派なものが出来さえすれあそれはとってもすごいことだろうけど。
強健なニラでも促成はなかなか難しい。


2015-02-07(Sat)

なぜこうも破壊の連鎖は続くのか・・・

今日も晴れ。
んー穏やか~
と言ってもこれは今日まで、明日から天候は悪化の一途らしい。
明日植菌に向けた買い物にでかけるというのに・・・


P1040085_縮小

着々と植菌に向けた準備は進んでいます。
奥の方に小さく見えるのが植菌機だよー
まだエアーのホースとか電源とかさっぱりやってないけど、
石灰まいて機械を持っていくことはやってたようだ。
こっちの準備は進んでも、今年も木の入荷はかなり遅くなりそう(汗
毎年のことながら、困ったもんである。


さて、
去年の12月にスプロケットがいかれ、シャフトまでだめになった運搬車。
ようやく直ってきたと思った矢先に今度はチョークレバーがとれ、
それを直したと思ったら今度はスタートのばねが折れた・・・


P1040086_縮小
P1040089_縮小

このスタートのひもを引くとスルスルと収納されるんだけど、
ばねが折れちゃって元に戻らなくなってしまった・・・
まあこれがなくてもひもさえあればエンジンはかけられるから困らないけど、
マイッタねー壊れるときは続けてくるもんですなぁ。

P1040087_縮小

ちなみにエンジンかけるときはこうして紐を巻いてかけます。
巻く方向も右左あって、これは左巻きだね。

P1040088_縮小

別のエンジンは右巻き。
これ間違えるとエンジンはいつまでたってもかからない―
豆知識として。


ばねを新しく注文しましたが、こりゃあまた何か来るかもなー
いちばん来そうなのがクロ―ラーか。
きてほしくないんだけどね・・・すげぇ高いし・・・
破壊の連鎖、ここらでストップしてもらいたいもんだ。


2015-02-06(Fri)

今年初、ブルーベリーを覗き見

今日は曇り、相変わらず雪降りません。
どんどん雪がなくなっていく感じがしてすごい。
これが例年並みというやつなんだろうけど、ここ数年の豪雪が例年となった感覚では今年が異常に見えてならない。
んー慣れって恐ろしや―


今日は久しぶりに小屋で越冬しているブルーベリーを見てきた。
今シーズンは結局ベランダにもっていかないでしまったので、
玄関先で小さい奴、残りは小屋の中で越冬。
玄関先のは毎日見てるけど、小屋のやつはマジマジと見に行ったのは去年以来だな。

P1040083_縮小

相変わらずごちゃごちゃーーーーっと(苦笑
ずいぶんあるもんだと改めて思う。
そして毎年のことながらどれが何かがわからなくなってるという始末。
今年はちゃんと名札下げておかないと。
あ、一応木のかたちやらなんかで判別付きますんでご安心を。
20種類以上あるけどちゃんとわかります。


今回見た感じではまだまだ動きはないですね。
そりゃあ2月中から動き出してたら大変だ。

P1040084_縮小

去年の時点でほころんでるような気がしたミスティーは
結局花芽展開はしてなかったです。
でも今すぐにでも動きそうな感じの色合いだね。

P1040082_縮小

後は毎度おなじみのサンシャインブルーのバカみたいな花芽。
なんでこんなに花芽つくのかねぇ(汗
今年も豊作か―

今年は去年の肥料やりのせいか花芽不足感がある。
サンシャインのようにばっちりついてるのはあるけれど、
さっぱりというものも結構ある。
今年は肥料やりに注意しつつ初年度の育成を思い出してしっかり管理したいね。
これから先はぶった切り作業が本格化か―


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村