2015-05-31(Sun)

どらーー サツマイモ大量植え付け

今日はサツマイモの植え付けには最適の曇天(笑
昨日の暑さはどこへ、最高気温が20度前後で10度も気温下がった。
まあ作業するにはちょうど良くてよかったんですがね。


今日は予定通りサツマイモをの植え付け作業です。
午前中に注文していた苗が予定通りに届き、まずは中身を確認。

P1040979_縮小

んーよしよしーー

やはり去年同様にいい感じの苗ですねぇ。
今年はしおれ具合がそれほどでもなかったので、このまま植え付け。
水を吸わせるために家に届けてもらったんですが、
ヤマトのあんちゃんが小屋にもっていきますかって聞いてくれたのを素直にお願いすればよかったかな(汗
こっちの運ちゃん、顔見知りのせいか結構融通きくんですよねーー


今回ここで注文したのは安納芋とパープルスイートロード。
他に紅はるかも頼もうとしたんですが、残念なことに注文時に売り切れ(週単位で数決まってる)だったので、
紅はるかだけ別口で注文になってしまいました。
それが結局あだになりそうで、届くかビミョー
しかも苗がかなりよろしくないという評判・・・(泣
実は今週に注文していれば一緒に注文できるようになってたんですよね・・・
遅くなれば注文多くなって売り切れるという読みが外れ、大失敗になりそう。
今日全部到着予定だったんですが、生育に問題あって来週以降という話だし。
通販の業者選択ミスは大きいですね。
これで業者選択ミスは2回目かな。
1回目はエキノプスのやつでしたね―サイト閉鎖されましたけど(苦笑


まあそんなこんなで今日は届いた分を植え付けます。

P1040980_縮小

しっかりゴムで色分けされてます。
こういった業者用のゴムってあるんですかね。
品種に合わせて様々な色のゴムがありました。
特殊で作られてんのかな?おもしろい。


肝心の畑、
昨日雨が降るか微妙になったということで1時間くらい水かけたんですよ。

P1040966_縮小

そうしたら夜中に降ったらしくて、

P1040967_縮小
P1040975_縮小

桶には1センチくらい、つまり10ミリほどの雨が降ったらしい。
結構降ったんですね。
まあ無駄にはなったけど、いいお湿りがジャストできて最高ですね。

P1040981_縮小

苗は35センチで植えていきます。
これで1畝に大体25株になる計算です。

P1040982_縮小

まずはじめはパープルスイートロードをすべて。
これで50株ほどになります。
向き逆になってるのは気にしないで――

P1040983_縮小

最終的に安納芋も植えてこうなりました。
今日は全部で350株植えましたよ。
でも植えてる最中に気付く。

あ・・・畝19じゃなくて20ある・・・・

もうだめだ・・・数も数えられないらしい・・・
なんだよ―500株植えられるじゃー―ん。
失敗したわ。
ということで内緒にしてましたが、今年は全部で470株植える予定となっておりますよ―
(紅はるかが120株の予定、来るのかどうかはわからん)
1列損こいたので、豆に回せますね。

植え付けは3時間ほどでできたんですが、これで終わりじゃない。
ここからが問題だった。
草マルチに時間かかりまくり。
もう日も暮れて体力も限界にきてたので、途中で帰宅しました。

P1040984_縮小

かなーり中途半端ですが、草を積んだ方向からやっていってたのでこんな形に・・・
全部やってる暇なくなったので、とりあえず草を端っこに準備するのだけは終わらせました。
明日の朝、そして午前中に終わらせたい。
なんせ明日からまた晴れだからね。
マルチしてるとことしてないとこに差が出てしまわないように早めにかけ終わらないと。
んー今日500きてたら丸1日かかっても無理だったかもね(汗


本日はこうして中途半端に投げ出して終わりになりました。
ま、明日どうにでもなるか。
問題は残りの紅はるかがどうなるかだね。
はぁ、大失敗をしてしまったか・・・
来年はちゃんと早めに注文しておいて苗の確保は早めに終わらせておこう。
皆さんも変な業者に当たらないように注意してくださいね・・・


スポンサーサイト
2015-05-30(Sat)

今年の果樹は実付きが悪いなぁ

今日も連日の真夏日。
明日の雨もほぼ期待できないような感じですね。
まあ曇りはサツマイモの植え付けにはちょうどいいかもしれませんけども。
雨が期待できないようなので、畑に水まいてきましたよ。


さて、
今年は異常気象という感じですが、異常気象以上にきつかったマイマイガの大発生。
それもそろそろ蛹になるために移動を開始し始め、
つぶす量は日に日に減少してきていますが・・・
今年はすでに2,3000匹はつぶしただろうねぇ。


そんなにやってもブルーベリーの収量はかなり厳しい。
とりあえずどうにかなりそうなのは、

P1040935_縮小

ポラリス

P1040941_縮小

ブルーレイ

P1040942_縮小

品種X

P1040943_縮小

サミット

P1040944_縮小

パトリオット

P1040945_縮小

ブラッデン

といったところ。
あと、隠しておいたサンシャインブルーやミスティーは結構いいかもしれない。

P1040751_縮小
P1040753_縮小

こんな状態のがほぼ実になってるわけですからね(汗
虫に食われることを想定していたので、摘蕾しなかったわけで・・・
これから大変そうですね・・・

やっぱり何らかの対策をとらないと、あの大発生は止められん。

P1040932_縮小
P1040933_縮小

ハエがいたので、ん?と思ってみたら襲われてましたが、
益虫のクモたちも対処しきれる量じゃないからね・・・
飛来さえ防げればどうにかなるかも知れんけど、難しいだろうね。
落ち着くまでどれくらい年かかるんだろか・・ハァ


これ以外の果樹もあまりよくありませんね。
虫もあればそうでもないものもあり、

P1040938_縮小

ユスラウメは1粒のみ。
これはマイマイガにやられました。

P1040939_縮小

カシス数粒。
んー肥料のせいかな。
カシスはテッポウ虫以外それほど虫がつかないので、
どれだけ花を咲かせられるかが勝負になるんでしょうね。

P1040940_縮小

ジューンベリーも数粒。
こちらもマイマイガに果実をかじられててほぼ収穫不可。
ジューンベリーもあまり育たないし、肥料もあるかな・・

P1040936_縮小

ラズベリー・プチルビー
今年は数粒収穫できそうなものがあります。
ただ、花咲いても実にならないんですよねぇ。
調子は悪くないんですが、よくわからんです。
他2品種はまだ開花前か開花中なので実はまだ。

P1040937_縮小

今年は期待できる唯一のものというのがアロニアですかね。
実をつけて今年で2年目ですが、生理落果があまり起きなくなりました。
開花がマイマイガの大量発生後期だったため、被害が少なかったのがよかったか。
生育(開花)が早いものほど被害が大きいですね。
その点でいくと棗が最強になるのか(苦笑


そんな感じで今年は果樹の収穫量はかなり厳しい。
地域によってこういった被害ってかなりまちまちみたいですね。
当地はひどいです。
無農薬での害虫大発生の対策の難しさというのを痛感します。


2015-05-29(Fri)

ロングかぼちゃ3年目の植え付け

いやー暑い、真夏日はきついもんがある。
何やら日曜も天気が持つ可能性も出てきて、サツマイモ植えはできそうかな。
ただ・・・
そうなると水問題が出てくるんだよな― 動噴引っ張ってきてやらんとだめか・・・
雨が恋しい今日この頃。

こんな暑い日ですが、やっぱり畑でお仕事はあります。
こんな暑い日の方が虫がわいてこないので、草むしりにはもってこいだと自分は思ってます(笑
なので今日はかぼちゃを植えたんですが、
植えるのは少し涼しくなってから、それまではラッキョウの草むしりをしてました。

P1040961_縮小

思ったほど草生えてませんでした。
らっきょう周りにはそれほど草生えないのかな?
それとも一応草むしって管理してるからかな?
まあそんなもんで少ないほうのラッキョウの畝は草むしり終わった。


ここから本番、かぼちゃを植える準備をして植え付けていきます。

P1040959_縮小

まずは計測ですよ。
いつぞやの計算ではじき出した、40株という株数を植えられるように測っていきます。

ところがどっこい、さっぱり無理じゃねぇの。
それでも密植えになってしまうものの35株を植える算段を付けた。

P1040960_縮小

こ――んな感じで鞍付きもどきを軽くこしらえて準備完了。
小屋で42株の中から35株を選抜して持ってきて、
穴を掘る⇒水を入れる⇒植え付け⇒水かけ⇒草マルチ
の順番で作業を行いましたよ。
とにかく今は水がないので、しっかり水を含ませての植え付けです。

P1040962_縮小
P1040963_縮小

すべてが終わればこんな感じ。
今年はマルチ利用をしっかりして見ることにしました。
今は株元だけですが、後々つるが伸びてるところはしっかりカバーしてやろうと思ってます。

P1040964_縮小

その材料になるであろうソルゴーは順調に育ち始めています。
時間はかかるだろうけど、あと1カ月もすれば1回目の収穫はできるだろう。


今日はこうして3品種目の植え付けが終わりました。
ホントはこのあと草刈りも予定していたんですが、
ここの畑の持ち主が来て草刈っていってしまったので、おやすみ。

P1040965_縮小

すかっと刈っていただいてしまって・・・
労力の浪費は避けられてありがたいんですがね(汗
やっちまったな―という感じも。
この分の体力は明日の作業にとっておこう。
体力を温存しておくのもこれからは大事だぜっ!


2015-05-29(Fri)

タイベリーの不調の原因はこれなのか?

なかなかブログネタとして登場しないタイベリー。
それもそのはず、ハイブリッドで強健と言いながらさっぱり大きくならないからね(汗
肥料はやってるし、水やりもちゃんとしているはずなんだけど、
なぜか細いものがひょろひょろ―の残念状態。

P1040928_縮小

こんな状態で花も実も期待できないんじゃ紹介することもできない。
で、観察して見ると毎度おかしいことが起きてることに気付く。

P1040929_縮小

水切れを起こしてないのに葉が枯れ気味になるんですよ。
こんなのおかしいよねー

この原因は何かと見て回ると、
今年選定した際にもあった白いものがたくさんついてることを思い出す。
もしかしたらこれが原因なのか?

P1040930_縮小

株元から大量にある白い物体。
カイガラムシの一種とかなのか?
はたまた何かの病気なのか?
徐々に上の方に来ている感じからしていきものかもしれないが・・・

P1040931_縮小

歯ブラシ後こすると粉状になって落ちることは落ちる。
全体的にとれるものはこすり落としたけど、これで変化が出てくるもんかね?
少し様子見ですね。

育て始めて3年目かな?
いまだに果実食ってません。
いい加減食べたいんですが、いつになれば食べられるもんでしょうかね。
不調を脱出するのには相当時間がかかるかも(大汗


2015-05-28(Thu)

ニンジンの畝作りと草刈りの毎日

今日は昨日の曇り一転快晴。
明日はさらに気温が上がるらしいが、5月にいったい何回真夏日になれば気が済むのか・・・
ここ、秋田ですぜ(大汗

さてさて、
田植えも終わったし、サツマイモの畝作りも終わったし一息、
なんて甘いことはさっぱりありませんのよ。
まだまだ作業は山積み、畑もそうだけど、今年植菌した原木を本伏せし始めないといけないし。
1個できたら2個増えるってか――
まあ一つずつぶっつぶしていきますがね。
今日はニンジンの畝づくりをしてきました。


P1040811_縮小

今年はこの部分に畝作っていきます。
去年はうまい菜とかツルナとかを植えていた場所。
今日確認して見たら、

P1040954_縮小
P1040955_縮小

去年ツルナを引き抜いて焼却した場所に大量のツルナの芽が・・・
あちゃ―やっちまった―
というか焼却したのにもかかわらず種生きてるってつえ――
ポットまきしたやつよりしっかり育ってるし(汗
もったいないけど混ぜ込んでおきまして畝作りを開始。

P1040956_縮小

3列作って休憩。
長さがあるのでこれだけでも結構な労働。
おまけにいちいちでかい石が大量に出てくるので、除去しないといけなし。
こんな石だらけのところで本当にニンジン育てられるのかよ・・・
と思ってはみても、去年一昨年の場所はここより石あったにもかかわらず育ってるので、
まあどうにかなるかねぇ。

P1040957_縮小

4つ畝作って草刈った後がこう。
畝作りに1時間半程度、草刈りは1時間ちょい。
気付いたら6時20分過ぎてるし(汗
草刈り1時間ちょいやっても畑1枚とちょっと分しかできないですからねぇ。
なんというか草刈りしないといけない場所がありすぎて、これから毎日のように草刈りしないと。
草伸び過ぎだべやー


今日でニンジンの畝できたので大きい畝作りはほぼ終わり。
あとはとうがらしは植えるまでに作ればいいし、
かぼちゃは明日やって植えてしまおうかな―
草刈り以外の忙しさはとりあえずひと段落ですかね―


2015-05-28(Thu)

椎茸 Q & A ざらホダってなに?

Q ざらホダってなに?

A ダメになったホダ木のことです。

椎茸栽培では~ホダというものがいろいろとあります。
ホダというのはホダ木のことで、前につくものでいうと、

・丸ホダ 菌がしっかり蔓延したホダ木
・上ホダ(うわホダ) 表面付近にしか菌が蔓延していないホダ木。
          年内発生させる品種の中にはこの状態から徐々に丸ホダを目指していくというのもあります。
          しかしながら、うまくやらないと菌が蔓延しなくて早々にダメになることも・・・

他にもありますが、今回はその中のざらホダというものについて。

P1040773_縮小


ざらホダというのは簡単に言えば菌が死んでしまいだめになったホダ木のこと。
これがなぜざらホダと言われるのか。

木は外側から「外樹皮」「内樹皮(師部)」「辺材」「芯材」となっていまして、
椎茸菌が死滅してしまうと、皮のすぐ下の部分、つまり内樹皮がざらざらした状態になります。

P1040774_縮小

この写真の様に触るとボロボロと粉状に崩れ、例えると砂のような感じ。
そのためざらざらした感触になり、ざらホダとなります。
感触からきてると言うわけですね。

原木とホダ木の違いの様に知っておくべきことではないので、
あまり一般的なものでもないため、こういった呼び方をしている程度に覚えていてください。


2015-05-27(Wed)

ツルナがやっとまともに出てくる

今日は田植えでしたが、3年連続3回目の苗作り失敗に伴い、
植えるのは別の人にやってもらうこととなり、忙しくはなく…
おまけに今日は天候がいまいちだったので、きつい―ということもなく。
一番きつかったのは畑の草刈りだったわけで(苦笑
そういうわけで整体いってきたので、いつもより遅い更新ですね。


きつくないとは言っても疲れはたまってきてるのでちょこっとネタでご勘弁。

結構前に蒔いていた自家採種のツルナ。
ツルナは芽が出るのが遅いと言うのはあるんですが、
ようやく芽が出始めてきました。

P1040923_縮小

1次2次と結構大量に蒔いたんですが、
今出てきているのはこれプラス10株程度。
ひたすらに時間かかるね―
まあ自家採種だから死んでなかっただけありがたいということにしておくべきだな。

P1040925_縮小

大きい奴はツルナ特有の質感がはっきりとわかりますね。
この舌触りが非常に独特で面白いんですよこれは。
味は癖ないしおいしいですからね。
夏場の葉物としては重宝する野菜になってます。

P1040926_縮小

まだ発芽してないのがこんなにあるからねぇ。
どれくらいちゃんと出てくれるかな?
これも酢につけてまいてみればよかったね(汗


2015-05-26(Tue)

サツマイモの畝が出来上がったぞ!

連日の猛暑。
昨日ほどではないような気もしなくはないけれど、日差しがきつい。
腕がだいぶ焼けてきましたね。

ちょっと本題前にですが、
またコアラを間引きしたらしいですね。
こっちにはクジラが―イルカが―言いますがコアラはいいんですね、ふ――ん。
所詮はそんなもんですよ。
そうやってなんやかんやを絶滅させてきてるわけですから。
人間様って言うか白人様だね。
ぐうの音も出ないデータ出してもだめなもんはだめなんでしょう。
いかれてますね、ハハハ


さて、明日田植えなので畑はできません。
なので今日できることは今日やってしまいます。

結果、

P1040948_縮小

サツマイモを植えるための畝全部完成――
思った以上にヨモギの根っこが多くて大変だったわ―
まだたくさん残ってて、畝間とかから新芽がどんどん出てきてますよ・・・
まあ芽が出れば除去する目印になりますから、出てくると簡単でいいんですがね。

あと、サツマイモの畝の隣の豆の畝もついでに。

P1040946_縮小

測っていったら、最初に適当に蒔いたソルゴーのせいでかなり斜めになってることが発覚(汗
おかげで予定していた畝1つ潰れてしまった―

P1040947_縮小

しょうがないのでできた4つでどうにかするほかない。
ここも実際長さが全然足りてなくて、畝の数が3つくらい足りてない(大汗
ここは小豆と黒豆なので、足りない分はサツマイモと同じくまいとけばいいや。
サツマイモ小豆は以前やって悪くはなかったですからね。
ちょっと見通しが甘かった・・・


P1040949_縮小

全体像で見るとこんな感じになってます。
う――ん広大(笑
植え付けは日曜、予報は雨(泣
天気よくなってくれよな・・・


これで大きな部分は終わった。
あとニンジンとかぼちゃだね。

P1040950_縮小

かぼちゃもそろそろ植え付け適期。
あさって準備して植え付けちゃおうかな―
作業押せ押せ、忙しいですだ。


2015-05-26(Tue)

熟成?去年のラッキョウがまだあったんだ・・・

他のブロガーさんがっ今日の話題を出していました。
去年はいつ収穫したんだっけな―と去年のことを読み返してみると6月中だったんだね。
もうすぐ収穫のラッキョウというわけだ。

・・・・そこでふと思い出した。

去年のラッキョウまだあったんじゃなかったっけか・・・


自分の記憶では確か1瓶だったはず、と思って保存してた場所を確認して見たら、

P1040922_縮小

なんと2瓶でかいやつ・・・(大汗
去年は1キロ植えたもの全部漬けたもんだから大量にあったわけで、
2瓶ほど親せきに分けたけど、まだまだ大量にあったんだよねぇ。
毎日毎日食ってるとさすがに飽きるので、まあその内と思ってずっと食わなかった結果・・・

肝心の中身は白くなっていないところをみると大丈夫そう。
恐る恐る食べてみると、

ボリボリボリ・・・

お―全然大丈夫じゃーーーん!

ということで約1年も熟成されてしまったラッキョウ漬、
新ラッキョウを収穫するまでの間に消費してしまいたいので、再び毎日のように大量消費が始まるぜ―
夏バテなんか関係ないなこりゃ(笑


その今年収穫するラッキョウの様子ですが、

P1040920_縮小

まあまあでかくなってきてるようですね。
去年収穫したやつと新しく買った種ラッキョウとの差はあまり見受けられなくなりました。
今年はどの程度収穫できるもんか・・・
まあ全量漬けるなんてのはさすがにもうやりませんけどね――
ちょこっとでいいよ(苦笑

残りのネギ科は、

P1040918_縮小

全くどこに生えてるか分からなくなってしまったワケギ、

P1040919_縮小

もうすぐ開花のチャイブ、

P1040921_縮小

相変わらずバカでかいアサツキ(中央、左右はラッキョウ)
てな具合です。
ワケギだめだわ、もうアサツキと交代だね。
いろいろやってわかった、ラッキョウとアサツキはとても簡単だと言うこと。
ワケギはだめだと言うことだね。
同じネギ科でもこう差が出るとすごいもんだわ。


2015-05-25(Mon)

ホウキタケが生えていたよというお話。

今日は久しぶりにフレンチのシェフがやってきましてね。
私は来てるのは知ってましたが実際に会ってないので、誰だかわからず、
このおっちゃん誰だ?という感じでスルーしてしまったんですが(汗
(小屋の入口に車とめて向かいの家に行ったので・・・)
どうも電話番号消去してしまって連絡つけられなくなってしまってたらしい。
他のキノコ騙し騙し使ってたけど、やっぱり原木がいいと。

今日聞いた興味深い話では、
フランスでもシイタケがかなり広く使われるようになってるらしい。
ただ、やっぱり栽培が簡単な菌床物が多く、
どこの国でも栽培が楽なものの方が多くなってるようです。
まあの機械栽培で収穫するトマトとか、完全に手間をかけずに栽培するという方向性ですからね。
質というものにかなり力の入る日本の生産とはまるで違いますよ。
そう考えるとTPPやってどうなるんだろうねぇ・・・


さて、本題の方ですが、
先日山のキノコが盛りで収穫したと言う話にくっつけるはずだったんですが、
どうも記事書くとホッとして抜けてしまってど忘れ(大汗
そんなわけでちょっとした小ネタ的に・・・

P1040889_縮小
P1040892_縮小

初めて生えているのを見たホウキタケ
色からしてホウキタケでいいと思うんですが、
これの種類にも毒キノコがあるので収穫はしてきませんでした。
ホウキというか、拡大するとサンゴの様なフォルム。
自然の造形美でしょうか(笑
不思議だよねぇ。わざわざこういった形になるんですから。
何か利点があるのかないのか。おもしろい。
そんな珍しいキノコが生えてましたよという息抜き的な記事でござんすよ。
暑さで頭沸騰しそうなので今日はここらでお開きです。



2015-05-24(Sun)

初挑戦のごぼうの種まき

今日は快晴、暑い、日差しが痛い。
風も今日に限ってそれほど吹かず、なんだこりゃ。
鉢を起こせば風が吹くらしいぞ。
明日は鉢起こすけど、風吹いたら本物だ・・・

さて分けての投稿2記事目、ごぼうの種まきの方です。

昨日ようやく袋に土を入れる作業が終わり、
本日はそれと波板に種をまきます。
種まきのことでちょっと調べてみた結果、種が固いので水に浸しておく・・・・・と。

ちょちょちょーー

今日蒔くのに準備できてないよ!
しょうがない、裏技だ。
ついこの間知った、「酢に30分つけるだけで発芽がよくなる」をやりました。

P1040914_縮小

30分経過した種。
ちょっとふやけたかな?
水洗いして水切ってから種まきです。

P1040916_縮小

1袋に5粒か6粒ほどまいてみました。
よく考えてみると、この袋栽培ってのは1袋で何本とれるもんなんでしょ?
沢山採れるのかね?
ただ、この大浦太ごぼうは太くなるので、せいぜい2本とれればという考えなんすけども・・・
生育を見て判断したらいいべがや―
まずその前にしっかり発芽するかどうかなんですがね(汗


P1040917_縮小

種をまいたら水やり―
これが一番大変な作業ですね。
これから毎日のように水やっていかないと晴れ続きですから・・・
ヒー何往復しにゃならんのよ――
どこもそうだと思いますが水問題はなかなか大変な問題ですよねー

以上、今日はショウガおよびごぼうの作業をしましたよ。
サツマイモの畝も1つだけ。
あとはヨモギの除去してキノコ収穫して帰りました。
とりあえず2つ終わり、あとニンジン、カボチャ、豆にサツマイモ、草刈り・・・・

ぐほ―作業多い―――(泣


2015-05-24(Sun)

初栽培、ショウガを植え付け

今日は予定通りショウガとごぼうの作業。
カテゴリ上分けて投稿ですよ。ご了承くだされ。

今年初めて挑戦するショウガ。
芽が出るまで時間がかかると言うことで芽出しをしておいたんですが、

P1040910_縮小

さっぱり芽が土から出てきてません(汗
もう少し早く買ってきた上で芽出しするべきだったね。
これはいい教訓だわ。

P1040911_縮小

出してみると新芽が発生してはいたので、
最初っから育たずに腐ってしまうと言う状態は回避できそうな感じですね。
いくらか芽が出てないものもありますので、それは心配ですが・・・

P1040912_縮小

以前作っておいた畝を掘り上げて溝を作り、30センチ間隔で並べていきます。
栽培方法調べるとホントいろいろあってよくわからんもんですね(汗
今回は30センチ間隔で栽培です。
写真奥の方があとから買ってきた100グラム前後に分割した大きいショウガ、
手前の方が最初に買ってきて50~70グラム程度でわけたショウガです。
生育に差が出るのかどうか興味ありますね。

P1040913_縮小

ちなみに並べるときは畝と垂直とかなんとか。
よくわからんので、写真の通りに。
これもまた説明が難しいのでなんといったら正解なのか・・・
切り口の方を溝が伸びている方に向けると並行なのかね?
どっちかに向けて育つ特徴があるらしいけど、これがあってるかどうかは収穫時にでも確認すればいいか・・・

P1040915_縮小

土をかぶせ、水をかけて最後はクローバーをマルチ替わりに。
なんだか一見畑なのか周囲なのか分からんほどカムフラージュされてる(笑
とにかくこれに手ショウガの植え付けはおしまい。
あとはしっかり芽が出てくるまで水管理をしっかりするだけ。
出てきてくれよ――
ショウガ栽培始まり始まり。


2015-05-23(Sat)

リミットぎりぎり!ごぼうの準備が終了

今日は晴れて暑い上に暴風、つまり非常に乾く。
目やら鼻やら皮膚やらきっついね。
キノコも乾きすぎちゃうからあまり乾くのはよろしくないんだけど・・・
畑の土が乾いてくれたのは助かりましたけどね(汗

乾いてくれて助かったと言うのはごぼうの土入れ。
乾かないとだまになって異物を取り除けないからね。

P1040907_縮小

ずらずら―っと55袋。
袋に土を入れるのがここまで難儀だとは思わなかったですよ・・・
あっちこっちから土を動員してきてどうにか完成。

P1040908_縮小

おかげでお隣の土がすこし減りました(苦笑
まあ石も取り除けたので悪いことではなかったんですけどね。
来年もこうしろと言われてもどうしたもんか・・・
石ばかりじゃなかったら楽なんでしょうけども、難しいですこの畑。


この作業後に余った時間はサツマイモのところの草除去ですよ。

P1040902_縮小

あと5畝分。
それが大変。

P1040903_縮小

ここら辺が一番ヨモギが多くて、全体的に掘り返さないとだめ。
ヨモギ除去を徹底しなかった初期の畝からはヨモギ復活してきちゃってますし、
畝作りよりもこっちの方に神経を使いますね。
畝なんて邪魔なものなければさっさと終わらせられますし。
これがヨモギの超めんどくさいところですよ。


あと畑の様子をみていくと、

P1040904_縮小
P1040905_縮小

隣の使ってた畑では、今年から母さんがいろいろ担当することになった。
結局ここは石がありすぎて芋の子は無理と。
行き当たりばったりで困るもんですぜ(汗
今植えられてるのはチョロギと菊芋。
菊芋はちょっと活けてる状態、のちに畝立てするはず・・・
なんせ菊芋は初めてで勝手がわからないのが正直なところ。
チョロギは苗買ってきて放置してたぶん根付くかビミョー
家の裏手で勝手に増殖始まってたので、それも植えるつもりらしいが・・・

P1040906_縮小

自分のとこは、ようやくソルゴーが伸び出してきまして、
種を新規購入しなくても済みそうです。
これで今年のマルチは確保できると思う。
ただ時間かかるのでニンジンまでに間に合うかどうか。
無理なら草マルチでどうにかするほかないっすけど。

P1040909_縮小

自分担当で元も早く収穫できるだろうと言うラディッシュは今ようやく本葉が展開中。
いまのとこは青虫類が繁殖していないため虫食いだらけということはないですが、
これから先は注意してないと収穫どころじゃなくなるからね。
モンシロチョウ飛びまくってるし(大汗


以上、こんな感じで作業はぼちぼち進んできています。
まだまだ植え付けもされてなくて殺風景ですけどね―
明日ゴボウやショウガやって、来週はサツマイモやかぼちゃ、
来月になれば豆やらオクラやらナス系の植え付けと忙しくなりますねぇ。
畑が埋まるのもそう遅くないな。


2015-05-23(Sat)

新入生のスパルタンとデュプリン

現在29品種ほど育てているブルーベリー。
今年はパテント品種を購入したりして4品種増加、30品種まですぐそこまで来ている状態。
30ってきりもいいし、巨大果で名高いチャンドラーを買って・・・と思っていたんですが、
パテント品種の際も探したのに見つからず、
どこのサイトもバカ高い値段のものばかり・・・
いろいろと探しまくってようやく見つけた某県のブルーベリー園。
それが2月のこと(汗

苗販売が3月からということでその時は待ったんですが、
そこからは植菌があって注文ができず、そうこうしている間に売り切れ・・・
問い合わせるともう再販しないと。
おまけに閉園すると(泣
でも値段が格安で、他にもいいのがあったので注文して、
ようやく届いたのがスパルタンとデュプリン


P1040880_縮小

スパルタン2株。
この品種はブルーベラ―なら知らない人はいない?
おいしいって有名な品種。
ただ、かなり気難しいのでも有名。
突然死が起きると言う何とも怖い品種でもあるわけで。
そういうこともあって今まで手を出さないでいたんですが、
安く手に入るし、保険をかけて2株注文です。

P1040881_縮小

こちらがデュプリン。
サザンハイブッシュ系でもおいしいと言う品種。
サザンハイブッシュ系では特に目立つと言う品種でもなかったので気にかけてなかったんですが、
意外といろんな所で評価が高いので購入。
苗はかなりひん曲がってますね(汗

P1040882_縮小
P1040883_縮小

これらを例のごとく初期の7号鉢へ植え付け。
私は7号⇒9号⇒10号で大体終わりですね。
12号も準備してますが、根っこの状態を見て今年植え替えするか判断しようと思ってます。
まあこれらがそういった大株になるのにはまだあと3年くらいはかかるでしょうね―
じっくり育てていきましょう。


これら到着時には花芽もなく初期成長もしっかりしてました。
さて、では今年注文したほかの4品種はどうなっているのかもチェック!

P1040894_縮小

エリザベス。
葉色がいまいちですね。
かなり開帳してる感じ、支柱立てておかないと・・・
マイマイガの被害で葉が少ないですね。

P1040898_縮小

ペンダー。
エリザベスと比較するとかなり直立性だと言うことがわかりますね。
これも支柱立ててある程度広がるように誘引してやらないとだめですね。
立ち過ぎてもだめ、広がりすぎてもだめ、難しいです(汗

P1040899_縮小

葉っぱがかなり長めですね。
4品種の中でも最も良い成長かも。

P1040895_縮小

パテント品種スージーブルー。
これも結構な開帳系。
ただ、一番乗りで2次成長が始まってきています。

P1040896_縮小
P1040897_縮小

調子は悪くありません。
パテント品種だから身がまえそうですが、なんのことはなくいい育ちっぷりです。
葉がかなりシャープな印象を受けますね。

P1040900_縮小

最後が同じくパテント品種のリバティー。
リバティーは動きが遅いと記事にしましたが、それどころじゃないね。
なんだろう、全然成長しません。

P1040901_縮小

やはり1年物ということもあるせいかようやく葉が動き出した程度、
うーん大丈夫かって思っちゃいますね。
こいつは特に気をつけて育てないとマイマイガにやられる可能性ありますね。
パテントですし、厳重に警備しなくては・・・

こんな感じで先に来た4品種の方が若干育ってるかな。
あ、3品種か、リバティーは論外だし(汗
一番最初に導入したものは、1年目で170センチくらいまで伸びる爆裂成長を見せたんだけど、
手をかけないせいか最近導入のは全然生育しないですねぇ。
今年導入したものは初年度のものと同様に大きく育ってくれればいいけども。
手をかけたぶんいい成長するのは違いないので、
こまめにしっかり見てやりたいね。
これで31品種、ずいぶんと増えてしまったもんだわ(笑


2015-05-22(Fri)

山のキノコが盛りでした。

今日も強風、また朝に起こした鉢が全部ぶっ倒れました・・・
なんなんすかねこの強風続き、お隣の簡易ビニールハウスも再びブッ飛ばされましたしね。
風が強いと困るもんですよ。
まあ風が強いおかげで蚊や蚋が襲いかかってこれないという小さな利点はあるにはあるんですが(汗


今日は再び山へキノコ採りに出かけましたよ。
月曜に採りに行き、火曜は雨で水曜乾かして木曜収穫ー
なんて予定立ててたんですが、よもやまさかの昨日の雨・・・
ということで1日流れて今日収穫へ。
乾燥しいたけを作ってる本職なら、たった1日でパーということにもなりかねませんから、
なかなか乾燥用の椎茸採集というのは大変なことですよ。
ウチはそんなのお構いなしなんですがね(大汗


先日見に行ったときには新芽が出ていることは確認したものの、
そこまでの量ではないだろうとたかくくってきた今日。
残念ながら本日盛りでした――

P1040884_縮小

OH!結構いっぱい出てんじゃん!!
これは時間がかかりそうだ。

P1040885_縮小
P1040886_縮小

朽ちてきてる古いものにもまだこうしていいキノコが出てる―
息が長いぜ。

P1040887_縮小

更にこんな朽ちた最古のホダ木ですら、

P1040888_縮小

出る奴は出る。
ちなみにこの最古の原木、たぶん7年くらいたってる奴です。
条件さえよければこうして長生きするもんですよ。
これを考えればハウスで生シイタケ作ってるホダ木って超短命だね。
絞り出してる感がすごい・・・

おまけで言えば、今日結構出てたホダ木は3年くらいのやつから5年くらいのやつ。
去年一昨年のほうが若くて元気かと思いきや、
一昨年のはぼちぼち、去年のはさっぱり。
まあ森産業の3年発生を考えればそんなもんなのかね(苦笑
出ないわけではないので乾燥用椎茸としては使えます。


P1040893_縮小

こうして今日は約8かご収穫、帰って来てから即乾燥。
スライスにするような開いたものと、そのまま乾燥できるものと分けてやります。
今年は盛りが来るのが遅すぎて虫の発生がちと心配ですがね。
案の定開きすぎたものをスライスするとキノコバエがいっぱいなんてことも。
これからは取り遅れないようにたびたび見に来ないとだめですね。
天候次第だけど。


今年はあの異常高温に乾燥でだめかと思ったけど、
ここ数日気温が下がってきてることと、降雨でいい感じに盛りが来ました。
路地では雨降らないとやっぱり厳しいですね。
天気次第で不作というのは野菜と何ら変わりありません。


2015-05-22(Fri)

今年は期待できるか?大株化してきてるウラジロヒゴタイ

ウラジロヒゴタイを育て始めて数年、
毎年花は咲くんですが、数が少ないわけで。
おまけに咲いた後に枯れてしまう株もあり、初期から数株消えてなくなってしまった。
去年初めて株分けをして増加したものもあったのに結局プラマイゼロですね(汗

今年はブルーグローを入手して市販されている株大体そろったわけなんですが、
全種揃ってパワー全開?
どうも今年は株も大きくなり方が違いますね。

P1040846_縮小

もじゃーっとごちゃ―っと、こんなに茂ったのは初めてですよ。
これは花に期待が持てそう。

P1040847_縮小

右下3株が今年買ったブルーグローなんですが、
茂り方が全然違うのがわかりますね―
芽が多くなったからかな?
こうなると必然的に芽が大量に出るベッチーズブルーの花の数が多くなると言うことになるんですが・・・
夏が楽しみですね。

P1040848_縮小

こっちの方も大量大量―
肥料はやったのとやらないので違いがない感じなので、
肥料分でこうなってると言うのは違うかな?
環境が今年はいい感じなのかね。
まあ何にせよいい感じで育っていることは良いことです。

ただ・・・

P1040849_縮小

今年はいろいろと当たり年ですが、
バッタも当たり年みたいで多いんですよね・・・
ウラジロヒゴタイはあまり害虫はいませんけど、バッタはよく葉を食べるんで、
被害が大きくならないうちに対策をとっておかないとね。
と言ってもマイマイガと同じくつぶすほかないんですがね(汗


株分けの効果が今になって出たのか、
はたまた今年の気象が生育に適しているのか、理由はわからんですが生育は順調。
今年の夏は全種花の共演だ―



2015-05-21(Thu)

明暗分かれる

今日は晴れるかと思ってたのに、午前中降って止んで降って止んでドザーーー・・・・・
おかげで予定してた山のキノコ採集も無理、ごぼうの土入れも無理、散々だ。
おまけに連日の暴風で、朝に起こしておいた鉢がまた根こそぎぶっ倒れて・・・
いい加減にしろよこのくそったれ天気、とブチブチ文句言ってしまいますね(泣


ブチブチ、ではなくぼちぼち作業はしてますが、
なんだか作物に明暗がはっきり分かれるものが現れてきましたね。

P1040850_縮小

3種類まいたベルガモット
んー発芽が・・・だめだ・・・

P1040851_縮小

まともに発芽したのがベルガモットレモン(桃色花)
これは以前にも1株だけ育ったやつですね。
今回初めてといっていいほど発芽がそろいました。
3度目の正直というやつですか、今回は多く苗作れそうです。

P1040852_縮小

多少出てるのはベルガモットビーバーム(赤花)
出ているだけまし。
やはりタイマツ花とも言われるものですから赤い花は見てみたいですね。
出ていないのがベルガモットワイルド(紫花)
ここまではっきり三者三様とはね・・・
今までもこんな感じだったから驚きはないんですが、
相変わらずベルガモットは発芽してくれないね(泣

P1040875_縮小
P1040876_縮小

の方ではあとはチャイブがようやく出てきましたね。
ネギ科の特徴的な出かた。
遅いので心配しましたけどこれで苗物追加ですね―

P1040874_縮小

あと、先日追加まきしたバジルも根が出てきていました。
バジルはしっかり乾燥させないようにしておけば出ますね。
土もかぶせなくてOK。乾燥注意ですな。

P1040853_縮小

の方というと、徒長しすぎたディルが水やりで倒れ、
そのまま少しばかり日に当てたら大変なことに・・・
復活してるのは復活してきてますが、強い奴が残る分にはまあいいかな・・・
発芽率がよかったし、種が余ってのでポット直播でも十分そうです。

P1040877_縮小

チャイブとともにまいたパセリは・・・発芽ゼロ。
種が古くなってしまったか、はたまたこれからなのか分からんですが・・・
今のとこは雑草が生い茂ってきてます(汗


究極の明暗はミント。

P1040867_縮小

今年買って摘芯したホワイトペパーミント、枯れました(大泣
ミントこんなに早く枯らすなんてプロですね。
マイマイガがついたので摘芯、その後雨降ったり晴れたりするなか外に置いておいたら枯れました。
がっかりだよ。

P1040868_縮小

また一人ぼっちになったケンタッキーカーネール。
こいつだけはもじゃもじゃ―っと伸びてかなりのミント臭を出してるんですが・・・
ミントって強いってのは私には当てはまらないんかね。
もうこのケンタッキーカーネルミントだけじっくり育てていきますよ、ちきしょう。


こんな感じで最近は明暗分かれるものが出てきました。
そういえばブルーベリーにもそんな感じの品種があったな・・・
育ちのいいもん悪いもん、さまざまあります。
育たないもんは私には合わないってことで理解しておこう。



2015-05-21(Thu)

原木椎茸ってかなり希少?

P1040801_縮小

先日種菌会社の人が来て冊子を置いていった。
年4回発行されているこの冊子、中を見たら最後の方に面白いものがあったのでご紹介。

P1040802_縮小

平成25年度の特用林産物の生産動向発表
こういったデータってまとまるのに時間かかるんすね。
去年じゃなくておととしのデータがまとまったと。
見ていくと、まずはキノコの国内生産量の推移というものが。

キノコで最も生産されてるのが・・・エノキ(133,509トン)
次いでぶなしめじ(117,363トン)、その次が生椎茸(67,945トン)となっていました。
ちなみにその後はなめこ、マイタケ、ヒラタケと続きます。

生産量は上記の通りなんですが、単価にかなり違いがあって、
大量生産されているエノキが安くなるのはそうなんですが、
最も単価が高いのがやはり椎茸!
キノコの中ではやはり椎茸って高いんですよ。
これ見てもやっていく価値はあるよなぁと・・・(笑


その椎茸、原木椎茸と菌床がありますが、
その比率がついにすごいことになってきてまして・・・・
原木の割合が11,3%なんだそうです。
25年度で言えば67945トンのうち7707トンしかないそうで・・・
グワーついにここまで来たかって感じですよ。
一昨年で11%ですから去年はもっと低くなってる可能性も・・・
原木から始まった椎茸栽培、そのキノコは1割もなくなるような時代になってしまったんだねぇ。
超貴重品になってきてるんじゃん。
これもまた原木栽培やる意義ってもんですぜ。


ただ、原木栽培といっても明暗は分かれているらしく、
生シイタケは少しばかり単価上昇があったようですが、
乾燥しいたけはガタガタに値下がりしたそうな…
やはりまだ原発問題が大きく尾を引いていますね。
乾燥はどうしても外で採れたものを利用するため、影響が生に比べて大きいんだと。
大変な問題ですね。


これらの重要なデータのほかにも、調達場所とかの様々な情報がありなかなかおもしろかったです。
菌床の中にはどっかで作られた菌床でできたキノコを国産にしてしまう、
奇妙なルールがあってよろしくないと言うのもあり・・・
(外国産でも培養期間が外国にいた時間より長ければ国産を名乗れる)
まあやっぱり原木栽培でよかったなとか思ったりしてね。
これから先も続けられる限りは続けていきたいなぁとそんな事を思ったりしました(笑


2015-05-20(Wed)

やけ食いスプラウト

今日から田んぼの代かきが始まり、私は田んぼの畦に除草剤をまく任務を。
なので天気回復したのにろくに畑で作業できませんでした――
まあサツマイモの畝は3つほど進みましたけどね。
残り8つか・・・多いな(苦笑

さて先日、
道の駅にスプラウトのポットを出してみたんですけども、
案の定さっぱりでしたね(汗
まあ今はこんなの買う必要性ない時期ですけぇ。
がっかりと言えばがっかりですが、まあ妥当な線ですか・・・

売れ残りは処分というわけにもいかないわけで、
自分の胃袋へ処分ですよ(笑

P1040860_縮小

ポットから抜いたのが9つ分。
これを切って収穫、水洗い。

P1040863_縮小

水洗いし終えるとこんなもん、結構あるね―
これをまずはサラダで食おうじゃねぇの。

P1040864_縮小

サラダという名の生かよ。
マヨネーズかけて食ってみましたよ。
思ったより生だと辛みが来ますね―
今までは酢で和えられてたから辛くなかったのか・・・
つーんと来るこの辛さ、やっぱりカイワレですね。

こうしてあっという間に9ポット分は家族で食ってなくなりましたとさ。
ものを作って売るってのはなかなかに難しいことだよってのを再認識させられますね。
カイワレ栽培は冬場の自家消費の足しに栽培する程度に縮小ですかな・・・
残りの種でなにがおいしいかの実験はやってみますけど―


2015-05-20(Wed)

品種 「X」 の品種同定をしてみるが・・・

ブルーベリーを栽培しだして今年で7年目に入る。
もうそんなにたったのかと印象ですが、まだまだわからないことは多いもんです。
その中の一つが品種のこと。
品種にこだわらずに2,3本育てているような場合は気にしなくてもいいかもしれませんが、
やはりちょこっとかじりだして様々品種を育てだすと、
これが本当にその品種なのかどうかということは気になるもの。
なんせ、最初に買ったブルーベリーのほとんどが違う品種でしたからね・・・

今回はその最初に買ったブルーベリーのうちの1つ、
いまだに品種名がわからない品種「Ⅹ」について特徴を並べてみたいと思います。
もしこれでこの品種だとわかるような方はご一報を―


P1040761_縮小

全身。
樹高は1,5メートル程度です。
地際からのシュートは結構伸びる方ですね。
初めはひょろひょろしたシュートかと思っていても、後々がしっとなります。
樹勢は強めかもしれません。

P1040762_縮小

また、分枝が激しいですね。
短果枝が多くなります
内側でもじゃもじゃっとなることも。

P1040755_縮小

・枝
若いと結構な軟毛が。
これもかなりの特徴でしょうね。

P1040756_縮小
P1040757_縮小

葉は細長めで内側、または外側に丸くなる、いわいるスプーン型の葉になるようです
ただ、サミットのようなきれいな丸さということではなく、
葉の長さもあってシャープなイメージですね。
また葉には鋸歯が現れます
葉色はあまり濃くなく薄め、葉の厚さも薄めでしょうか。

P1040754_縮小
P1040770_縮小

花は少し長めの白い花
雌蕊の長さは短いです。
1つの花芽に7個前後の花がつきます。
花芽の数は多めなので豊産型品種かも。
自分の中ではプルの花に似ている気がしました。

果実・・・
現在実がついていないので写真はありませんが、
小粒から中粒くらいの丸い果実です。
味は甘味系、酸味は抑えられています。
熟期は早く、早生系だと思います。

P1030390_縮小

紅葉は基本的に赤だと思います。
休眠期の枝の色も赤
しかしながら、以前黄葉をしたこともあり、どちらが本来の姿なのかはわかりません

IMG_0749_縮小
IMG_0750_縮小

日当たりなどで変わるのかもしれませんが、よくわかりません。
最近は赤で落ち着いているようです。


上記のような品種です。
私には全く思い当たる品種がなく、何かの実生なのかな―と。
初め購入した際はパトリオットとして購入しました。
パトリオットやプルが混じったような品種、さてこいつは一体何なのか?
分かる方は是非!


2015-05-19(Tue)

リーキも球根形成するのか?

今日は曇ってますが、雨の影響で畑には出られず。
草刈りもしないといけないような時期に来たんですが、
水吸った草はかなりきついのでこれも無理。
仕事が・・・という中、家に作った試験畑が大変なことになってたので整備した。

P1040855_縮小

種採り用や、試験的に栽培をするときに使おうと開拓した場所。
いちいち全部の土を篩いにかけ全く邪魔な石を排除した苦労の結晶。
なので土の量はかなり少なくなってますが・・・
そこがはじめ大和真菜とかを栽培して以降ほぼほったらかしになってしまい、
結果最悪なものがはびこってしまいまして。

P1040856_縮小

隣からこんにちは―どくだみですぜ。
こいつらも有名な地下茎植物。
ただぶち抜いただけでは除去できないので、まるっと掘り返して除去しましたよ。

P1040861_縮小

地下茎が白く太いのでわかりやすいのはいいんだけど、
周りにどんどんはびこってきているので、こうして除去してもまた・・・
めんどくさい奴が増えだしたもんですよ・・・
あっちに行ってもこっちに行っても地下茎植物には頭を悩まされます。


さて、

この畑ですが、実は何もないんじゃなくて、モノが植えられてたりします。

P1040857_縮小

まず最初の写真でも写ってます、ノビル騒動のアサツキ(笑
こいつ、掘り起こしてから去年ずっとハウスの中にしまいこんでしまっていて、
今年の春に見つけたので、適当に埋めておけ、とやっておいた結果復活してました――
なのでこんな中途半端な位置にあるんですぜ。


P1040858_縮小

そして、長いことここに住み込んでいるのがリーキ
2弾ネギ坊主なんて記事も書きましたけど、
そのリーキがいまだに越冬を重ねて生存してるわけなんですねぇ。

これ、畑やり始めた時にトマトとかかぼちゃとかと一緒に蒔いたもの。
ということは4年物か・・・
意外としぶとく越冬できるもんですね。
たださっぱり大きくはなりませんけどね―――

草の除去でこうして引っこ抜いた状態ですが、
よく見るとおかしいものが混じってる。

P1040859_縮小

球根??
リーキって球根形成するもんなの?
これじゃノビルじゃないか――

リーキは太くてずんぐりしたネギ。
下仁田ねぎみたいなやつだね。
だから球根が・・・できるのか??
全く謎ですな。
年食って球根作り上げたのかねぇ。


P1040862_縮小

まあそれはいいとして、掘り返してすっきりした畑に埋め戻しておいた。
今年は少し手入れしてこのリーキを収穫サイズにまでもっていけたらねぇ。
4年生きたネギの底力を見せてくれ!

2015-05-19(Tue)

たぶんイタヤムラサキトビムシ

昨日山のキノコをとっているときに、よく見る虫がまた付いていることに気付く。
ひだの方に沢山細かい虫がついていた。
こいつは一体何なのか?
いろいろ調べてみた結果、イタヤムラサキトビムシじゃないかと。


P1040831_縮小

ひだの隙間に黒いものがいますが、こいつらのことですよ。

P1040834_縮小

息を吹きかけるだけでわらわら――っと出てきます。
大量です。

P1040835_縮小

ただこうして息をかければ勝手に出てくるので、除去は簡単。
実際大した食害も見当たらないため、大きな害虫というよりは、
ついていたら「わっ虫ついてる!!」程度の害虫でしょうかね。

トビムシにもいろいろ種類があって、
結構な食害を起こすものもいて、一概に大したことのない虫ということではないんですが、
今回の虫に関しては大量にいるものの大したことはないってことですね。


こいつらは湿度が高いことを好むため、先日の雨で活動したものと考えられます。
以前はカンカン照りが続いて乾ききっていたために見つからなかったんだと。
ホダ場が乾燥していれば早々被害に遭うことはないと思います。
湿ったようなところでは注意したほうがいいかもしれませんね。
ついていたら吹き飛ばしましょう。


2015-05-18(Mon)

山のキノコ>休養舎の追いばえ>ハウスのキノコ・・・

今日は晴れ、明日雨ということでいろいろと忙しい。
ごぼうのこともそうだったけど、山のキノコも見に行かなくては・・・
ということで昼前に袋1つもって行ってきたわけなんですよ。

P1040826_縮小

山の入り口付近にはどうも何やらのトイレがあるようで、
毎度毎度同じ所で用を足してるんですよね。
ついこの間、そこで面白いのを見つけまして、

P1040828_縮小

以前見つけたこともあるセンチコガネです。
ようはふんころがしの仲間ってやつですかね。
さすがにウ●コの周辺に沢山いました(笑
メタリックカラーですごいですよねこいつ。

P1040833_縮小

またいろんなカラーがあるらしく、初めて黒光りする奴も見つけました。
テカッテカでかっちょいい(笑
ウ●コ食ってんすけどね――


まあそんな話は置いといて・・・


山に到着、どうも以前の大雨が効いたのか、
今までさっぱりだった新芽がちらほら見えてきました。

P1040830_縮小

明日の雨でさらにいい感じになってくれるはず―
時期的には遅くなったけどようやくまともな発生が始まるか??
木曜あたりにまた来て見ないとね―

P1040832_縮小

普通に発生すればこうなんですよね。
雪下の芽とは大違いのしっかりしたキノコの形状です。
こういったのが大量に出てくれれば最高にいいんですけどね。

P1040836_縮小

なんやかんやで意外と大量にあって、袋1つじゃ足りん!
詰め放題方式をとってフラフラしながらチャリこいで帰ってきた(笑
袋が張り裂けそうだ・・・

P1040837_縮小

濡れているのが多かったので一時天日干し。
大きいのはスライス、中程度まではそのまま乾燥です。
こうして山のキノコはすべて乾燥しいたけとして利用されるわけですねぇ。


さてさて、

対する生椎茸の方なんですが、
ちょうど今谷間に入っているため発生量はごく少量。

P1040845_縮小

どうすんのこれ・・・・・・
今日の夕方はこれだけ。
まあ浸水休んでたからね、こればっかりは仕方ない。

P1040844_縮小

ただ浸水再開後のF103は以前より発生量が多くなったので、
明日あさってからは並の量とれるんじゃないかな。
ようやく生シイタケの量が回復し始めたね。
ちょっとF103を駆使しすぎたんでしょうか。
休養って大事よ。

その生シイタケの量よりも、休養舎で勝手に追いばえしてきてるキノコの量が多くなった(汗

P1040824_縮小
P1040825_縮小

まさかこんなに出てるとは思わず・・・
休養中は黙って休んでいてくれると助かるんだけどね。
今が一番ちょうどいい時期だからこうした発生は止まらんのでしょう。
もう少し暑くなるといっさい発生しなくなりますがね。
温度に結構敏感です。


こうして今日はまさかの

山のキノコ>追いばえ>栽培物

という順位になった・・・
こんなことってまずないんだけどね。
外の自然発生が爆裂過ぎて栽培物の10倍近くになったことはありますけど(汗
今やそれも遠い日の思い出…
何とも懐かしい。
ってわけぇモンがなに言ってんだか―― ハハハ・・・


2015-05-18(Mon)

ごぼうの波板栽培追加と土入れラストスパート

ごぼうの袋栽培を種全部やろうと思っていたんですが、
実際袋を立てていってみると完全に土が足りない。
その量は半端な量ではないので、1列分で不可能と判断、
残りの分はいろんなブロガーさんが実践している波板栽培をやってみるとことした。

波板栽培ってのは、波トタン、もしくはポリカ板を使って栽培するもの。
これなら斜めに育つので、直下の深さが必要なくなる。

P1040838_縮小

まず波板を切ったものを用意、ぼろい奴を見つけてきて切ったので、かけてますが・・・
長さを測って印をつけ、奥の方を深く掘って行きます。

P1040839_縮小

こうして斜めにしつらえてあとは土をかけるだけ。
この板の部分にごぼうが這っていって成長していくと言うことだ。
なので深くないので抜くときも楽チンという何ともいい栽培方法。
これの応用で長いもも作れるらしいですね。
まあうまくいってるのもあれば失敗してるのもあり、
絶対うまくいくかどうかは何とも言えませんけどね―

P1040840_縮小

これを3つ分作っておしまい。
こっちの方が作業が簡単で楽チンだわ―
ただ土をしっかりふるっておかないと、伸びていく先でぶつかってしまえばそこでおしまいですからね。
数センチはしっかりふるっておくのがベストだろう。
残りの土は適当でも―


こうして余る分の波板栽培分は簡単にできましたが、
袋栽培の土はなかなか苦労してます。

P1040841_縮小

隣の部分の表面の土を利用しながら残りあと11まで来た。
どうにかなるかもしれないなこのペースなら。
今週末に種まき予定、ラストスパートだ。
2通りの栽培方法を実践するのでいい方を来年もかな。
ただ袋詰め作業はもう勘弁というところだけど―(苦笑


2015-05-17(Sun)

サツマイモの畝作り開始

今日は晴れ、どうも最近日曜にせかせか動いているせいか曜日感覚がおかしい。
疲れが出てきているので、今日ばかりは午前中だらついてやったわ。
おかげさんで少しは回復、午後からは予定通り畑に出てお仕事。
今日はサツマイモの畝を作りに行ってきた。


今年はサツマイモを増やす計画。
ホントはいつもの場所に植えたかったけど、新たに掘った場所へ移動することになった。
昨日のうちに一番端のところをやってみたんだけど、
少し水っぽかったのでそこで終了しまして。

P1040810_縮小

ここからどら――っと畝を作っていきます。
間隔は1メートルくらいです。(30-70)

この場所はしっかり邪魔なものを除去しないで掘っているので、
時間がたってやはり出るものが出始めてよろしくない。

P1040812_縮小
P1040813_縮小

案の定切り裂かれたヨモギが増殖。
ちょっと地下茎あればどんどん出てこれるから、ヨモギはだめなんすよ。
だから言ったんですけどねぇ。

P1040817_縮小

また、どうもコガネムシを呼ぶんですよね。
ちょっと掘っただけでもどんどん出てきます。
去年も開拓してるとヨモギ周りに幼虫がどんどん出てくる状態だったので、
増殖&害虫というコンボ能力を持ってるのがヨモギの厄介なとこ。
コガネムシはサツマイモの大害虫になり得るしね・・・困った・・・

P1040815_縮小
P1040814_縮小
P1040816_縮小

他にも言ったススキが復活しだしてたり、でかい根っこがそのまま残ってたり、葛の根っこがごろり…
んー簡単に作業は進みませんよ(汗
これらの除去をしながらえっちらおっちらと。

P1040818_縮小

今年はくん炭を使ってみます。
本来は草木灰、というか草の灰を使いたかったんですけど、
用意してなかったので仕方なく。
くん炭にはカリ分がほとんどないので肥料成分としては意味ないかもね・・・
でも使ってるとこは使ってるし、効果のほどは・・・収穫後か。

P1040819_縮小

こんな感じで畝作っていきます。
草さえなければ簡単なんですがね(汗

P1040820_縮小

5時半にて作業終了。
今日は途中までになった。まあ仕方ない。
サツマイモを植えるのは5月31日の予定だからそこまで焦る必要性もないしね。
今はごぼうの方が忙しいか。


あと何列だろうね。
これでもまだ半分・・・くらい。
今年は一体何株植えるかは内緒でござい。
あてた方には・・・拍手します(笑
早いとこ注文しておかないとね―


2015-05-16(Sat)

黄色い悪魔、3年目の植え直し

今日は晴れたけど、昨日の土砂降りで畑は無理。
なのでできることをちょこちょこやっておいた。
種まきもそうですが、鉢植えになっている黄色い悪魔の植え直しをした。


P1040795_縮小

黄色い悪魔、トリニダードモルガスコーピオンイエロー
レッドは越冬前に芯くい虫にやられ死んでしまったので、今残っているのはこの1株のみだ。
今年で3年目、ナス科はこうして越冬できるもんで、
鉢植えにしておくと何年も楽しめるもんである。
と言っても何年も同じ鉢に入れっぱなしでは生育が悪くなるので、
根鉢を崩して植え直しをしてやった。

P1040796_縮小

3年目に入ってますが、そこまで根っこでいっぱいというわけではなかった。
あまり生育は良くなかったということかね?
これの外周をカッターで削ってその分新しい土を入れます。

P1040797_縮小
P1040799_縮小

こんなかんじ。
根っこの状態は悪くありませんね。
これなら今年の生育も期待できるでしょう。
あとは肥料分に注意して大きくすることを目標に。

P1040800_縮小

土を入れ直し水やって終了。
今年はぶった切らないでしまったので、強い枝が出るかどうか微妙…
もしゃもしゃ茂るだけだとあまりよろしくはないだろうからねぇ。
間引きは必須になりそうですが、まあ頃あいを見て。
すっかり多年草になったトリニダードモルガスコーピオンでござんした。


2015-05-16(Sat)

何度めの種まきだよ?バジル種まき再び

今年はバジルの発芽が非常に悪い。
所詮ホームセンターの種ということなのか、2年目でここまでだめだとは・・・
仕方ないのでまたホームセンター種を購入してきまして、
蒔き直しでございますよ。

P1040805_縮小

スイートバジルとバジルの違いって何だ?
こっちは2500株できるよって言うので、スイートバジルは60株だったかな。
どんだけ差があるんだって、量多い方に飛びつきましたけどね(笑

P1040806_縮小

現在まともに発芽してるのってこの程度。
しかも下の方のやつは1つだけなので、後々合体させないといけないし。
ここまでバジルが発芽しないのは初めてだ。

P1040807_縮小

今日まき直したのは以前出なかった分のみ。
ポットを足すと言うことはしてません。
それでもこれだけ発芽してないんだから困ったもんだ。

P1040808_縮小

これだけ発芽のいいかぼちゃを見習ってほしいもんだで・・・
なんで今年はこんなに悪いのかねぇ。
よくわからん。

P1040809_縮小

たぶん種のせいなんだろうけど。
2年たっても自家採種の未熟種ですらこれだけ発芽してるわけですから。
時間云々ではなく、そもそもの種がどうなのかって奴でしょうか。
種自体に香りがほとんどしませんでしたからね。
自家採種すると馬鹿みたいに臭いんですよ(笑
気分が悪くなるくらいに。
この時点でちょっとおかしいんだろうね。
やっぱ所詮はホームセンターか・・・


苗物ではよく売れるバジルなんですが、今年はつまずいてますね。
なんだか今年も悪い流れを引きずってんのか?
今回はうまく発芽してくれよ――

2015-05-15(Fri)

量産カイワレがもじゃっと

今日は日中天気がもったんですが、夕方カミナリからのスコール。
久しぶりの豪雨って感じですよ。

P1040804_縮小

今日は昨日買ってきた支柱で袋を立てる作業して、

P1040803_縮小

草堆肥全部ふるい終わったんですが、
まさにこのあとすぐにドガシャ――っと降ってきまして。
どうにかこの作業まではもってくれましたが、ニンジンの畝づくりまで・・と思ったところで(泣
雨に降られてしまいました。
よく持ってくれた方です。今日は作業できないと思ってましたからね。
この雨だと明日は無理だから、またしこしこ種でもまいていよう(笑


さて、
何度か育ててこつをつかんだスプラウト栽培。
ついに量産化にまでこぎつけたんですが、
種蒔いてしばらく見に行かなかったら、昨日大変なことになっているのに気付く。

P1040791_縮小

おっとと、もじゃもじゃになってるじゃないの――

P1040792_縮小

これはいいね!
これなら見栄えという点では悪くないです。
小さじ半分は量として抜群だ。

P1040793_縮小

こちらは小さじ1杯分くらいにしたサンゴカイワレ。
やはり別の人も書いてましたが、いくらか緑のが混じるようです。
でも2色カイワレとして受けそうですね。
こちらも量としてはまずまずかな―
もう少し伸びればよさげです。


ただ・・・

一つ問題点も浮上してきました。

P1040794_縮小

種の量が多いため、覆土を持ちあげちゃうんですよね。
茎が密集してるため、水で下に落とすこともできず、よくないね・・・
土を使った栽培である以上、洗ってから使うことになるので、そこはしっかり説明しないとだめかな。
もしくは覆土なし、または持ち上がらないような土を使うか。
持ち上がっても根締めみたいにしっかり初期段階で下に落とせるかどうか。
まだまだ改善点はありそうですね。
次に生かしていこう。


しその芽は相変わらず遅いのでまだ発芽もしてないけど、
アブラナ系はすっかり大きくなったので明日あたり道の駅に出してみることに。
果たして反応やいかに・・・


2015-05-15(Fri)

へちまって芽が出にくいのね・・・

かぼちゃと同日に蒔いたへちま。
ウリ科だし簡単に育つだろうと思っていたんですが、いやはや全然発芽しないのね(汗

P1040784_縮小

最初にポッと1つだけ発芽して、その後ジワリジワリと芽が出始めてる感じ。
このままだと予定してた数に達しないよ・・・
やっぱり種の質が全然別もんなんだろうね。
もう少し調べればよかったな―


かぼちゃは1つ腐った以外発芽の43分の42と相変わらずの発芽。
かぼちゃは楽だねぇ(笑
固い種は酢に30分ほど漬けてまくと発芽が速まると言うのを他のブロガーさんが書いてましたが、
今度試してみたらいいかねぇ。
このまま黙っててもいいことないだろうし。
へちま栽培、しょっぱなからつまずいてます(泣


2015-05-14(Thu)

ラディッシュの芽が出てた

今日は整体いってきた。
ごぼう用の支柱が足りないこともあってついで(笑
更についででいろいろと買ってきたんですが、前回に続いて今回もコメリにてハプニングが起きまして。
前回はフライパン買ったんですが、買ったはずのフライパンの上に別のものが重ねられてたらしく、
(買ったのは深い方だったんだけど普通のが重ねられてた)
値段が違うことを指摘したらこっちですよと。
なんか自分が間違ったような感じに言われるのは癪に触るなぁ(汗
んで今回は金魚の餌の袋が空いてたことに気付かずにレジへ行き、
袋詰めの際に餌がばらばら・・・(汗
交換してもらいましたけど、何だかこう続くといやなものがありますね。
買い物で一番腹たったのはエキノプス買った時の店の対応がさんざんだった時ですけどね。
まあ人間生きてりゃいろんなことありますよ。


さてさて、
最近は天気がころころと変わって安定しなくなってきまして、
今一番忙しいのに畑で作業が進まないと言うイライラが出てきてるんですが、
今日はどうにか草堆肥を篩いにかけごぼうの袋に土を詰めてきまして。

P1040787_縮小

山の様にあったたい肥ももうわずか。
意外とあった言う間だった・・・
それでもあと15袋くらい土が足りないので困ったもんですぜ。


そしてそのごぼうの袋の隣では、ようやくラディッシュが育ち始めていました。

P1040789_縮小

ちょっとカンカン照りの時だったから水分不足で発芽まで時間がかかってしまったかな。
今のとこは加害されるわけでもなく順調に展開中。

P1040788_縮小

でも思ったより発芽しなかった・・・
これはやっぱり水不足が大きな問題だったかな。
今なら問題なく発芽しそうだけど。
場所によって出てるってことは種に問題があるわけではないだろうしね。


5月3日に蒔いたからもう12日。
二十日まであと8日、急激にでかくなるのか?
ウチの二十日大根はのんびりさんです。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村