2017-01-31(Tue)

粉制作に精を出す

今日は午後から大分暇になることが見えていたので、
家で加工作業に精を出すことにしまして、乾燥しておいた紫芋を粉末にする作業をガンガンやりました。

P1100125_縮小

本日は合計11回のコナッピー始動。
今日でようやく乾燥した大袋1つ粉にし終えた。
ようやく1つ、まだ10袋ほどある。
いや―コナッピーのおかげで作業ははかどるものの、いかんせん量が多いね。

P1100126_縮小

粉にする傍らで袋詰めも同時進行。
100グラム詰めにして密封です。
本日15袋、つまり1,5キロを製品化。
これが第一弾としてはけないことには次の袋づめができないよー
どんどん売れてくれるといいんだけどね。
去年は1キロまとめて注文されたこともあったけど、今年はどうかな?

他に先日粉にしておいた椎茸も袋詰めして、
こちらは40グラムで4袋を作成しておいた。
物によって比重が全然違いますねぇ。


P1100127_縮小

あとは例のごとく、毎日のかぼちゃ乾燥作業をして加工部門の作業はおしまいだ。
並べ方が几帳面さを出しまくってますねぇ(笑
サツマイモ粉末がひと段落するまでにかぼちゃも粉末化して袋詰めしておかないとね。
あと切り干し入れる袋買わないといけないし、紅はるかとかも粉にしないと・・・
いや―加工部門もかなり忙しいわ――


スポンサーサイト
2017-01-30(Mon)

白小豆の選別おしまい、種も確保

本日は雨、所によっては非常に暖かかったようですが、
当地は普通に寒かったっすね、
ここまでは暖かい空気がやってこなかったみたいっす。
まあ雪じゃなく雨だったという点でいえば暖かかったのかな?

さて、
指の怪我もだいぶ良くなり、ようやくニンジン洗いも再開できる程度にはなりました。

P1100089_縮小

まだ瘭その傷口がふさがってるわけではないので、大きめのやつを少量ずつ。
今はきのこが減って時間があるときなのでやれるものはガンガンやっておきたいんですよねー
そうこうしてれば植菌始まってしまうし。
その何でもの1つ、豆の選別作業を開始しました。

P1100121_縮小

まずね、一番少ない白小豆から。
休憩時間でさっさと選別して種を選びました。
下のまとめてる奴が種用の豆ですよ―
今年は110粒、だいぶ少ないですがこれだけ確保できただけでもすごいという具合だ(汗
食べるものも一口で終わるんじゃね?ぐらいしかないですから(笑

P1100122_縮小

選別したものは袋に入れて冷凍処理します。
入れ物がなかったので・・・大根の種袋です(笑
あさってあたりに冷凍庫から出して冷蔵庫で保存ですね。
虫を完全にやっつけないと種まき前に穴あきますからねぇ。
去年は処理が甘くて種まくときに穴あいてるのがありましたから。


豆はこうして休憩時間使って早速にできそうな量なので、
今年は家で黙々と作業ではなく、仕事の合間の休憩時間でせっせと終わらせてしまおうと思います。
大納言は少し量があるので時間かかるかもしれないけど、まあどうにかなるべ。
時間は有効に使わないとね―
明日は粉作りで忙しくなりそうだ。


2017-01-29(Sun)

いまさらながら初セリ

どもー
今日も晴れ、久しぶりに休日買い物に出かけました。
買おうと思っていったホームセンター、雪で培養土のところ通行不能・・・(大汗
もう少し後にすることにします。
去年買っとくべきでしたね。
あと行きつけの生態の院長が逮捕されたので今回初めて友人にマッサージしてもらった。
やっぱりね、かなりゴリゴリでしたよ。
マッサージの仕方も全然違うもんだな―とか思った。
効果のほどは明日仕事してみりゃわかるか。


さて、
もう1月も下旬、というか終わりなんですが、初セリ情報を出しまーす。
と行っても普通の生椎茸は初セリだからと行って何か変わりがあるかといえば…


「なにもない」


ま、大量生産されている一般食材は初セリだからと行って値段が跳ね上がるなんてことはないわね。
今年の初セリ、一番格の低いLSで71円ちょいでした。
おっ、これは結構いい値段。
いつもLSがこれくらいの値段であればたくさん作っても当てがある感じ。
しかし・・翌週の値段が74円ちょい・・・あはは初セリより値段いいわ――(爆
初セリといっても1週間の平均値の値段になります。
 なのできっちり70円とかでなく、70円なん十銭という値段がついてきます


そんなわけで普通に生産されているものに関しては全然並みの値段でございました。
じゃあいつものごとくプレミアつく椎茸はどうなのか。
調べてみましたよ、あののとてまり
(詳しくはこっちで⇒のとてまり 初セリ

今年ののとてまりの初セリ、6個で十五万円――――――――
去年は5個十万円1個当たり5000円アップ
うひ―こんなん誰が買うんだぁー――

1kg.jpg
P1090880_縮小

こんなん2000円とかで売ってますが何か?
ま、ブランド化していくとそうなるんでしょうなぁ。
実際形よくてでかくて(8センチ以上)肉厚で(厚さ3センチ以上)巻き込みがある(1センチ以上)
なんてのはなかなか普通にはできないですからね―
ただ・・・そこまでやる必要はあるのかってだけの話・・と言ったら元も子もない(笑
一般ピーポー向けにはいいものをある程度の値段で食べられればそれでいいんすよ。
わたしゃあんあまし高すぎるものはいらんですから、
双方で納得できるものを提供していきたいですねぇ。


2017-01-28(Sat)

越冬とうがらしも剪定

P1100117_縮小

お知らせ・インフォメーションでも出てますが、
ヤ―コンが沢山あるのでキロ500円にて販売します。
よろしければどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も昨日に引き続きやれることをやりました。
瘭疽の具合はだいぶ良くなってきて痛みが落ち着いてきたので、来週からはニンジン出荷できるかと。

P1100107_縮小

トウガラシ片づけたり、ネットの処理したりしつつ、
越冬している唐辛子の剪定作業もしておきました。
まずはトリニダードモルガスコーピオン
ここには3株ですが4株あります。

P1100108_縮小

まだ枝が緑なのでたぶん大丈夫。
切ってみて枝が空洞だとやばいんですが、

P1100111_縮小

これくらいなら大丈夫かな。
とりあえず今のとこ越冬はどうにかなっている模様。

P1100112_縮小

これが一番古いトリニダードモルガスコーピオンイエローの株。
もう完全に木ですね(笑
今年も育てば…5年くらい生きてんのかな?
なかなかに長寿命です。

P1100113_縮小

こちらはキャロライナリーパー
これは何とも言えない・・・
鉢が軽かったんだよねぇ。水切れして枯れてるかもしれないわ。
まだ緑だけど、はっきりとダメかどうかも見極めが難しいんですよね。
芽吹いてくるかどうかは・・・五分五分。

P1100114_縮小

これなんかは顕著にだめ。
2回やって2回とも越冬できなかったアップルアルマ
どうやらこの品種の越冬は難しそうだ。

P1100115_縮小

最後にロコト3種。
イエローが一番元気、他はぼちぼち。
赤の実がイエローかオレンジかっていう感じの色だったので、
正直赤はもう1回買い直しかなーと思ってます。
一番状態が悪いですしね。
これもものすごい長寿命の唐辛子なので、行ける所まで育てたい。

P1100116_縮小

現状で完全にだめなのがアップルアルマで、他はまだどうにか生きてるかな―といったところ。
切ってみた感じでは何とも言えないですね(汗
ハウスの隅っこでひっそりと今年の春を待っております。


2017-01-28(Sat)

現在の椎茸 2017・1・28 

年末年始から続いていたF103の大爆裂発生が終了しまして、
2016年度産すべてのホダ木を1度は浸水発生させました。
これから現在発生させているホダ木の2回目の浸水発生に入るわけですが、
その1つ、F613の2回目の発生が始まりました。

P1100118_縮小

F613も1回目の発生は沢山大ぶりなものが出ましたが、
やはり2回目の発生になると途端に芽数が少なくなってしまいますね。
相変わらずキノコは大きいので、芽数が少なくてより大ぶりなキノコに。

P1100119_縮小

すさまじい大きさになりますね。
これだと逆に小ぶりなものが少なくなってしまうので問題です。
大き過ぎるのも大変ですねぇ。

P1100120_縮小

収穫数は少ないのにすぐにかごがいっぱいになってくるため、
沢山採れていると勘違いしてしまいますね。
少な過ぎるというところまで行っていないのが救いの収穫量です。
まあ冬場2回目の浸水発生はこんなもんですから、収量ゼロでないだけましですね。

現状この発生が来週末くらいまで続きそうですね。
その後F103の2回目の発生に移ります。
どちらも冬場2回目、さてこれからどこまでキノコの量を維持できるかがカギだ。



2017-01-27(Fri)

クローバーの剪定

本日は雨、所によっては暴風だったらしい。
こちらも風は強くなったけどそこまでひどすぎるもんではなかったですね。
雨ですから気温も結構高かったみたいですけど、昨日の太陽に比べるとねぇ。
雨降って暖かいと太陽熱の暖かさってのは全くの別もんだわ(笑


さて、
本日は鉢植えクローバーの選定を行いました。
本来ならさっさとニンジン洗って出荷したいところなんですがね、
ここ最近手を怪我することが多くてなかなか作業が進んでおりません。
左手中指包丁で切る左親指波板でえぐる右手親指瘭疽(ひょうそ)発症
流れるように連続コンボで水洗いが不能な状態・・・・・
なのでやれることをやろうと、鉢植えに手を出したわけで。

P1100099_縮小

無加温で寒い状態の中ですが、意外とクローバーは元気です。
通常はロゼット状になってくるもんですが、普通に葉が展開してますね。

P1100100_縮小

ただ、去年鉢の外側にはみ出して生育していたものが枯れまくり、
このままだとみっともないしカビなどが発生してくるので除去作業です。
まあ今年もガンガン生育するわけですからすっきりと刈りこんでみようじゃん。

P1100101_縮小

はい、さっぱりー
鉢の外にはなにもなくなる位刈ってやった。

P1100102_縮小

ただね―内部では茎がめっちゃ張ってるので植え替えも視野に入れないといけないかな。
クローバーの鉢植えってどの程度で植えかえとかするもんかね。
この鉢でも結構大きめだと思うけどもじゃもじゃだしねぇ。
うーん、繁殖力が強いものって対応に困る。


P1100104_縮小

こんな感じで3鉢全部とついでにケンタッキーカーネルミントも刈ってやった。
鉢ごとに生育は良し悪しあるけれど、皆とりあえず生きているのでよし。
クローバーだ、生きてりゃ何とかなる。

P1100102_縮小

相変わらず5つ葉とか4つ葉とか沢山出てましたしね、
今年も加工できるように沢山生産してくれ―
そういや7つ葉も出やすい別品種があるって話だったな・・・
そっちも今年導入しようかな。
クローバーは天然から養殖の時代へ―(笑


2017-01-26(Thu)

ゲンコウを収穫

本日は晴れて気温上昇。
雪原の太陽ってのはきついもんがある。
ハウスから外に出たら・・・目が潰れるぅぅぅ―――
ほぼ目をあいてられません。
なかなか冬に晴れない当地としては太陽がないのに慣れ過ぎて太陽が怖い(笑

さて本日は天気もいいので昨日気になった箇所の雪下ろし作業を。

P1100097_縮小

通路の屋根なので大した量ではないものの、一度も落ちてないので結構積もってました。
気温上がって溶けているので滑ってもいいんですが、
斜めの通路のため壁に接触してつっかえて落ちれないんですよね。
すか―っとおろしたのでしばらくは大丈夫なはず。

P1100098_縮小

昨日に引き続いて2本目の煙突掃除も。
こっちのはたての方の煙突が詰まってたようで、煙突を燃やしました。
タールとかそういったものが付着してベトベトして固まっているので、
それを溶かして除去しないと開通しません。
燃え方からして無事除去できたようです。


P1100075_縮小

その昨日掃除したハウスの中で越冬している柑橘、
ようやく収穫できそうな塩梅になったのでゲンコウを収穫しちゃいまいた―
初栽培で初収穫です。
重さは92グラム、こんなもんなのかな?

P1100076_縮小

カボスと比較してみるとカボスはボール型、ゲンコウは見慣れたミカン型ですね。
扁平している感じの柑橘ってフォルム。
どんな味なのかはまたあとで。
今回はこの1個だけ、今年は2個くらいを収穫したいけど、これから葉が落ちるかどうかで判断です。

P1100066_縮小

なんせ初収穫したカボス、毎度よく見るハゲになってしまいましたからね(泣
どうしてここまで見事に落葉してしまうのか・・・
ゲンコウはこうならないといいんだけど。

P1100063_縮小
P1100065_縮小

あと残っているのはこのぷちまるだけですが、これもだいぶ色づいてきました。
ただ、色づいて来たと同時に落果も始まりました。
ここまで来て落果か―やっぱりしっかりした実にはなれなかったんでしょうね。
早くに開花したもののみしか無理っぽい。
開花は何度かあるんだけどねぇ。
適地じゃないからその時期すら大事だ。


今シーズンはほかの柑橘の落葉具合が比較的ましな方で、
今年の収穫はいくばくかの希望が持てそうな感じがしています。
ま、レモンは今年も養生の年、ダイダイとジャバラが開花するかどうかでしょうけど。
なかなか秋田での柑橘栽培なんて情報がないだけ手探りですけど、
ちょっとずつ経験値はたまってきているかなーという具合。
毎年じゃんじゃん収穫できる日はいつになったら来るだろうね(汗


2017-01-25(Wed)

煙突掃除します。

本日も真冬日となった当地。
寒いですからね、ハウスでは常時暖房入ってるわけですが、
どうも最近ハウスのボイラーの煙突が詰まってしまったようで、
燃え方がよくない&煙の逆流が出てきましてね、
あまりにもひどいので本日煙突の掃除を敢行しました。


P1100090_縮小

まずね、ハウスの中が煙でこうなるわけですよ。
PM2,5警報出るレベル。
どこの中国だよ(笑
アイヤー煙で目、喉痛くて作業できないアルよー
そんなわけで煙突清掃ですよ。

P1100092_縮小

このハウスの煙突は遠いので雪中行軍しないといけません。
屋根から落ちた雪の上を通って煙突まで進みます。
ぬかりますから、合羽ズボンはいて膝をつくように進みます。
圧力分散しないと足が抜けませんからね―

P1100095_縮小

ありたけ体力使ってようやく煙突へ。
でもここまで数十メートルなんですけどね―

P1100093_縮小
P1100094_縮小

下のほうを見渡せば畑がただの雪原。
相変わらず雪積もってますねぇ。
今日も20センチオーバーの雪でしたが、やっぱりそれほど降った感じでもないのはおかしい奴らな証拠(笑

P1100096_縮小

立ち上がりの蓋とって煙突を叩いてカスを落とします。
また、中に入ってボイラーの中から横に詰まっているものも出します。
今回は横にあるもののほうがひどかったですね。
ほとんどふさがり加減でしたわ。
ま、燃料が廃ホダですから、水分多いせいでしょうね。
定期的に見てやらないと必ず詰まります。

P1100091_縮小

帰りにでかいツララを落としつつ煙突の掃除は終わりました。
煙ので具合がよくなった感じなので大丈夫かとは思いますが、
明日の朝に燃やしてみてどうかでしょうね。
ハウスの内部にあるボイラーなので、こんなこと毎日続くと燻製人間になっちまうぜ―(笑



2017-01-24(Tue)

2016年度産F103、2順目入りました―

どもー
いや―中国地方とかですごい雪ですね。
こっちとほぼ同じだけ降ってますよ(汗
立ち往生するのはなんか前に山梨のときでも同じ光景だった気が・・・・
降らない地域ではおんなじことが起きるもんだねぇ。


さて、こちらは真冬日で、朝までに20センチというまあ並みの降雪量。
20センチで並ですから感覚がおかしいのは承知の助。
ドカ―っと降ってるようで今年は雪が少ないね―は豪雪地帯の感覚だ(笑
その寒―い中、再びF103に浸水がリピート開始です。

P1100083_縮小

なんかついこの間浸水始めたばっかりかと思ったけど、
短期間で再び浸水開始しないといけないくらい今使えるホダ木ってのがないわけだね。
そこらへんもう少しうまくやれればいいんだろうけど。

P1100084_縮小

反対側ではまだ発生終了したものをもってきている最中。
つまり浸水と休養が完全同時進行中(汗

P1100085_縮小

現状これくらいの間隔があいてますが、
休養舎へ運んでくる量が少なくなればどんどん詰まってしまいますね。
そうならないように浸水量より確実に多くなるように運んでます。
頑張って運ばないといかんのです。

P1100086_縮小

浸水し始めたホダ木には追いばえもちらほらと。
果たしてこのホダ木がまたある程度の量出てくれるかどうか。
心配ですがそれがわかるのは・・・来週以降だ。


P1100088_縮小

発生舎では1巡目のF103の爆裂発生がラストを迎えています。
明日あさってには発生終了。
そうなれば冬場の開店休業状態が来ちまうなぁ・・・・・
1回目の発生量は大量、その分2回目が早くなって発生が皆無。
波のないような発生が求められるけども、なかなかうまくいかないもんだ。


2017-01-23(Mon)

2016年度産小豆の殻むきも完了

今日は雪、時折吹雪いて視界が悪くなる位の雪。
明日の朝までにまたどかっと積もるような感じらしいので、明日の朝の雪寄せは忙しくなりそうだ。

P1100062_縮小

今日は歩道の除雪がガッツリえぐっていってくれたので、
家から出るのにものすごい段差ができてしまいまして(大汗
軽トラがガッタンゴットン飛び跳ねる感じになりましたよ・・・
削るのはいいんだけど、ちと考えてほしいね。
ならすのに苦労しました。


さて、
先日のインゲンに続いて、小豆の殻むき作業も終えましたよ――
これで残すところ選別するのみとなります。

P1100069_縮小

去年の小豆は実が入らずにさっぱり。
それでもまあ莢の数だけはある感じなので黙々と作業。
やってみるとまあ実の入ってないもの、しわだらけ、
まともなものがねぇじゃねぇーーか

いいものを頑張って収集した結果がこちら。

P1100072_縮小

大納言はとりあえず1回分くらい食べられそう、
白小豆はかなり少なくて駄目さ加減が半端ない。

P1100071_縮小

収穫時は種用のものすら危ういかと思っていたけど、やってみたら意外と量が多くありました。
これで多いとか言ったら鼻で笑われるほどですがね(汗
最初の年とかめちゃくちゃとったわけだし。
大変だから少なくした結果がこれだったら多くやった方がましだ―


まともなものが少なかった分、こうしてからむいた段階で大分選別はされているものの、
ここから虫食いとかを選別して今年蒔くものを選びます。
今年はいつもどおり早まき勝負で確実な収穫を目指すべぇ。
白小豆がことのほかうまいからね―今年は白小豆を沢山採りたい。
あ、大納言も重要ですから頑張りますよ――


2017-01-22(Sun)

始動!コナッピー

今日はずっとぐうたらして体力回復。
雪がちらほら程度だったので、雪をやりに外に出ることもなく家の中に引きこもり(笑
ぐうたらできるって素晴らしい――

さて、
さつまいもの加工も済み、大根もほぼ終わり、
干し野菜作りもだいぶ終わりに近づいてきてはいますので、
いよいよ粉末化して販売する手順へ着手。
今回は大きな投資をしてミルサー購入しましたので、ついに始動となります。

P1100077_縮小

始動!コナッピ――

今までは家庭用の小さなミルサーでやってましたけど、
それだと終わりが見えない量になりましたので、大きめのものを購入。
お値段なんと36000円(汗
この手の業務用になってくると値段がとんでもなくなってきますね。
これでもかなり安い方だ。

P1100078_縮小

まずその性能を確かめるべく、ここ最近出たホダ木を移動する際に出た椎茸の芽の乾燥を粉末に。
こういった芽ってただのゴミとして捨てられる場合が多いので
こうして利用できればロスが少なくなっていいですよねー

P1100079_縮小

結果、30秒でものすごい粉末に!
小さい奴だと必ず粉末になりきれないものが出ましたが、
これだとふるいにかける必要もないほどに微粉末になりました。
すげぇ威力!買って正解だわ。

P1100081_縮小

早速袋詰め、椎茸粉なのに茶色くない。
だけどものすごい椎茸の匂い(笑
これは使いようがあるってもんだ。
くずキノコはこうして粉末にして売ろうかねぇ。

P1100082_縮小

紫芋の方も粉末化。
こちらもふるいの必要がないほどの粉末に。
ただ、何度もやってると容器が熱くなるので今日は5回の作業で終了。
1度やったら30分不能とか言うこともないけれど、まあ最初だから大事をとってね。
1度の作業時間が短いし、量も作れる、強大な戦力補強となった――


これで様々なものを粉末化していけそうです。
唐辛子とか、かぼちゃ、やろうと思えば何でも粉にできる優れものだった。
値は張ったけど、いい買い物をした次第。


2017-01-21(Sat)

乾燥野菜の歩留まりの違いを見てみた。

いろいろと野菜の乾燥をしてみていますが、
物によっては乾燥した後の重量がやたらに軽くなるものがありますね。
こういうのって、加工後の値段を考える際に重要になってくるので、
今回は乾燥前と後の重さを調べてみることにしました。

P1090801_縮小

まずは大根。
ざるの重さを引いて約1200グラムちょい。
これをカラカラに乾かすと、

P1090815_縮小

できたのが88グラム
何度か試すと、100グラム超えるものも出たりするので、
大体12から13分の1程度に乾燥するようだ

P1090930_縮小

次にかぼちゃ。
これはそのもので1キロ。

P1090931_縮小

乾燥後221グラム。
約5分の1に。
大根に比べ水分が少ないので重量も軽くならないようだね。

P1090994_縮小

ついでニンジン。
カット重量416グラム、

P1100005_縮小

乾燥後47グラム。約9分の1
ニンジンも意外に水分がある。

P1090803_縮小

サツマイモは乾燥前の写真を撮り忘れたので乾燥後だけ。
乾燥前で約1,3キロ、乾燥後313グラム。
こちらも大体4分の1程度。
自分が乾燥したものの中では最も歩留まりが良い。
乾燥加工する上では非常に優秀ですね。

トマト、ペペロンチーノも乾燥しましたが、実験する前に作業を終えていたためデータなし。
トマトもかなりの水分量のため、歩留まりは悪いですがね。

今回の実験で、乾燥した歩留まりが良い順に、

①サツマイモ 約4分の1
②かぼちゃ 約5分の1
③ニンジン 約9分の1
④大根 約12~13分の1


といった感じ。
こうしてみると値段のつけ方もいろいろ考えないといけないですね。
特にかぼちゃは加工前に処理もあるので、完全1個重から乾燥加工終了まで考えると
上の数字とはまた異なった数字が出てきますしね。
そこらへんしっかり考慮して値段を決めていこうと思う。


実際こうしてあれこれデータとってものの値段考えると、
ものすご―ーく面倒な作業になりますね(汗
野菜ごとに単価も違うし、重量、加工前の処理で減る重量、乾燥での歩留まり率・・・
一律ペイペイ値段考えてましたが、改めて加工品の値段の付け方ってのは難しいことを理解した次第。
6次産業化とかパンクするわ・・・


2017-01-20(Fri)

晴れてようやく屋根から雪が落ちる。

どもー
今日は定期的にいっている唯一の医者、歯医者へ定期検診に行ってきました。
案の定?、虫歯はなく、

(意訳) あんたは特に問題ないから半年くらいでいいよ。

をいただきました(笑
今回もしっかり磨けていたようで、状態は良好とのことだ。
まあね、磨き方に関しては歯並びの関係でしこたま言われましたからね―
風呂入りながらババンババンバンバン~ってしっかり磨いてますよ。
あ、そうそう今回はみがき粉に使ってるか聞かれたんですが、
顆粒入りのものは歯周病を起こす可能性があるから使うなって言われました。
なんかどっかで聞いたことあったけど、そういう指導が来ることもあるんだね。
ま、私が使ってるのはクリ●カだから問題ないけど―
とにかく歯は大切にしたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、
本日も晴れまして、ついに小屋の屋根の雪が落ちてきました。

P1100058_縮小
P1100059_縮小

ずり下がって電線に引っ掛かってます・・・
これが横につくまぶの怖さなんだよなぁ。
このせいで何度か電線に力かかって引き込み部が破損してますの。
これも取り付けるときに説明したんだけどね―やってくれなかったわ(汗

P1100060_縮小

こういうときは裏側からアタック!!
無事落下成功。

P1100061_縮小

落下した時の電線の揺れ方が半端ない。
断線する可能性もあるくらいのパワーだ。
こんな重いものが滑り落ちるんだから屋根からの落雪ってのは注意しないといけないね。


今シーズンは降るとき降って止むときはかなり穏やかという両極端な感じのシーズン。
つまり緩む期間がしっかりあるってことで、落雪には注意しないといけないってことだ。
この間雪ぴ落としてて落ちて死亡した人が出てましたし、
雪に関する事故には十分注意しないといけないね。


2017-01-19(Thu)

ようやく豆始動、まずはインゲンから

さすがに体がだるくなってきました。
雪おろしときのこの大発生、ホダ木の管理、しこたま酷使してますね。
まあ雪が降って無いだけ疲れる要素が減ってるのが救いか。
早く休んでるんですが、なかなか疲れが抜けないのは年食った証拠でしょうか(笑


本日はそのキノコの大発生もだいぶおちついてきたため、
ある程度の時間を作ることができたんですよね。
その時間を利用して、ようやく2016年度産の豆選抜を始めました。
本日はまずインゲンの殻むき作業から。

P1100054_縮小

去年どれくらい収穫したかすら覚えてないレベルですが、
置いてたものを出してきたらこれくらいありました。
インゲンに関してはぼちぼち取れたかな―って感じでしたので、
自分が栽培している豆の中では優秀な豆になりますね。

P1100055_縮小

これを1時間半程度かけてようやく殻むき作業を終える。
ただ単にばらばらとやれればいいんですが、未熟なものを収穫したものにかびがついてましてね、
それらを選びながらやったので時間がかかりました。
私の殻むき作業って無駄に時間がかかるんですよねぇ(汗
まあ後々の選別を楽にしていると考えれば時間かけるあてもありますが・・・

P1100056_縮小

去年は蔓ありとつるなしを育ててみたんですが、
えーっと、普通は蔓ありの方が収穫量あるはずだよね(大汗
黒いつるなしの方が圧倒的に成績が良いのはなぜか・・・
成績がいいといってもよくみると豆が小ぶりで、いつもよりはだめなんですがね。
ほんと去年は豆大不作だったわ―

P1100057_縮小

蔓ありインゲンのリンガディフオーコ、使える豆はほんのわずかですね。
食べることは今年にかけて、使えるものは種にしましょう。
今年だめなら蔓ありはやめだ――


これでまずインゲン完了、選別はまだだけど。
残りの小豆もからむいたらほとんど実がないかもしれないなぁ・・・
去年はだめな方の勉強になった年だったと改めて実感。


2017-01-18(Wed)

椎茸ホダ木のエノキ、その後

本日も晴れ、日差しが暑い!
太陽熱ってすげぇ、焼ける―(笑

P1100037_縮小

おかげで屋根の雪もどんどん落ちた。
一番でかいところはしぶとく上がってますがね・・・
やっぱり後ろの松脂のせいだろうねぇ。
もうしばらく晴れない限り落ちないでしょう。

P1100038_縮小

畑の方を見ると、なめこホダ場の支柱が大体半分ほど埋まってました。
まだまだ余裕ですが、全部埋まると確実にパイプが死にます。
余り続けてどかっと来てほしくはないです。


さて、
先日椎茸のホダ木にエノキが生えていたと記事にしましたが、
そのホダ木を発見、椎茸の出具合とエノキが出てくるのかを経過観察してました。
その結果、現状ではこんな感じになってます。

P1100039_縮小
P1100042_縮小

上の白くなってるところがエノキが出たところ。
周りで椎茸が出ている時点で、エノキの部分は少ないようだ。
まあね、椎茸沢山植えるわけですから、エノキが沢山侵略してちゃ困るわけですよ。
なのでこの結果には一安心。

P1100041_縮小

ちなみによく見ると椎茸を植えた穴の部分が白くなってました。
つまり、最初見つけた時は植えた後にエノキがついたと思っていたんですが、
どうやら最初からエノキがいたところに椎茸を打ったが正解みたいだ
打ち込んだ場所が枝の部分、つまりは枯れた場所。
最初から別の菌がいてもおかしくないですからね。
これから見ても枯れ木に植菌をしないというのがわかりますな。
先客いたらいくら後から来ても無駄ってことだ。

今回は珍しく食用菌同士が陣取りをした事象でしたけど、
大抵ホダ木には害菌が侵略してくるケースの方が多いですね。
もしかして浸水でエノキが出るかと思ったけど出なかったし、
偶然の産物だから栽培種とは違うんだろうな―という結果を得ました。
貴重な情報だ―


2017-01-17(Tue)

キノコの大収穫と雪おろし1巡

どもー
アパホテルを見なおした椎たけ夫です―(笑
そういや私が一人旅した時アパ使ったことあったけな。
なんやかんや言われた時期あったけど今回の対応はすごいと思った。
それにしても自分らの気に食わないことに関しては弾圧するんだよねぇ…
自分たちはすぐに差別が―とかいう割に(苦笑
わらかしてくれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、
本日はかなりいい天気になりましてね、気分もいい。

P1100043_縮小

朝から快晴、冬晴れだ。
その分冷え込みましたが、以前の真冬日からすればたいしたことはない。
やっぱりお日様の力は偉大である。

お日様のおかげ、ではないけれど、本日キノコが異常に大量発生。
午前中は収穫だけで大忙しだった。

P1100044_縮小

普通朝の収穫は8時までで大体終わるんですが、
今日は8時の段階でまだまだ大量に残っていました。
かごからかごの間の部分、まだ未収穫、飯食ってきた後に再び収穫作業。
結局朝の収穫は13かご、11時近くまでかかってしまった・・・

P1100045_縮小

なんといってもこの量。
恐ろしい量が一気に収穫期を迎えた感じ。
どの程度の量になるかというと、

P1100046_縮小

はい、この1か所の収穫だけで1かごいきます(大汗
この部分で50本くらい、それで1かごだからたまったもんじゃない。

P1100047_縮小

あーあーあー全く捌けない量が一度に・・・
今回はハウスの中の温度のムラが要因でしょうね。
後に並べたものが熱源の近くで早くに育ってしまったためでしょう。
ときたまこういうことはある。
小屋からハウスへの移行期とかハウスの熱源の関係とか。
広いハウスでは絶対温度が均一にはなりませんからね。
ま、しょうがないといえばしょうがない。
一時的なものだから頑張るほかないけど(汗


午前中キノコと格闘した後、このいい天気、午後から最後の雪下ろし作業にも着手。

P1100048_縮小

一番広いところ、両親はキノコで忙しいので私一人で作業です。
雪止めのところからどんどん落ちてて今回は怖かった―
ガッツリ断崖絶壁ってヘタこけません。

P1100049_縮小

ただやり始めるとスイッチが入る。
まず端っこを10分で開通(汗

P1100050_縮小

その後半分おろし終えて40分。
尋常じゃないスピード。
雪おろしは無理せずにと言われるけれど、歯止めが効かなくなってしまう――(笑

P1100051_切り取り

一応一服はしてますよ。
この時点で上着脱いで腕まくり状態。
このいい天気だと暑いっすね―
雪下ろしで痩せるわ(笑

P1100052_縮小

ドーンと全部終わって2時間弱。
このタイムは周りからクレイジーだと言われてもしょうがない(笑
なんせ同じような面積の家、本日丸1日かけて2人ががりで終わらせてましたからね。
うん、いかれてるのは自覚してる(爆


じわじわと終わった後に疲労が来てますが、この後にまた収穫作業へ。
本日は収穫量が20かごに到達するホントきのこの収穫で1日が終わった感じ。
きのことって雪やってキノコ採ったら1日が終わってしまった―
ま、こんな日もあるよね。
明日は確実に筋肉痛だ―――


2017-01-16(Mon)

ブルーベリー7号鉢、自室窓際に避難

当地の寒波は大分弱まりました。
今日も昨日に引き続き雪がほぼ降らず、そして晴れ間が出て気温がプラスに。
気温がたった2度とはいえ、プラスってのは全然違いますね
これでも雪は溶けるし大分楽になりました。


しかしながら最低気温はまだまだ低いわけで。
マイナス2ケタまで行ってしまうと結構怖いものがあります。
特にまだ小さい7号鉢のブルーベリー、このままでは凍害が起きかねないと、
いまさら何ですが部屋の窓際に避難させました。

P1100032_縮小

ガラス1枚隔てただけですからそこまで暖かくなるわけではないですが、
マイナス2ケタを直にくらうことはなくなるので劇的に違いますね。
本当はベランダ越冬させるべきなんですが、ここ2年ほど水切れをやらかしているので、
今年はすぐ確認できるところで管理することにしましたわ(汗

P1100034_縮小

特にこの落葉もしないサザンハイブッシュ系は厳しい。
見た感じではまだ大丈夫そうだけど、鉢がカチコチ(大汗
影響がないといいんだけど、育てなおしのサファイアを連続でやっちまうと・・・
ま、外のハウスで越冬してるサザンもあるし大丈夫でしょー
楽観視楽観視―


ラビットアイではないから寒さに関しては直でなければ大丈夫かと思うけど、
鉢が凍っている時点で結構やばい環境だったな―と反省。
こいつらが動き出すのはあと2カ月ちょい後なので、それまではしっかり見てやらんと。
秋植えはまだ根っこもないし気をつけないといけないね。


2017-01-15(Sun)

2016年度産サツマイモすべて終了―

どもー
今日は雪がほとんど降らなかった当地、ただしものすごい冷えかた
小さい水槽が凍ってます・・・コメットがやばい。
他の地域でも雪がすごいですね、いや―最強寒波恐るべし。
皆さん明日までは要注意ですよ―
ウチも午前中に水道凍ってましたからね―


さて、
そんな寒さ本格化した中、本日をもって去年収穫したサツマイモをすべて処理し終えました――
長い長い闘いでしたが、無事どうにか作業を完了しましたよ。

P1100006_縮小

まずは使えるものと使えないものの選別からスタートしまして、
クズ芋としておいといたもの、大したものじゃないよな―と思い選別したんですが、
紅はるかは思いのほか大きいものが残ってまして・・・

P1100007_縮小

結局こーんなに使えそうなものが。
ほとんど割れとかではじいたものなので、くずと言えなかったですね・・・
これはもっと早くにやるべきだった。

P1100009_縮小

一方の安納芋は最初から小さいものばかりだったので、
こっちの場合は本当にクズ芋ばかりでしたよ。
・・言っておきますが使えるのは多い右じゃなくて左です(大汗
ほとんどが傷んで柔らかくなってしまっていました。

P1100010_縮小

少しずつ洗って加工していきました。
さすがに平日にいっぺんに作業はできませんからね。

P1100011_縮小

残りは傷みが進み過ぎないようにハウス内に取り込んでなるべく暖かく。
これがよかったかどうかなんですがね、だんだん臭いが(汗


まずくずから先に、と安納芋から加工し、今日紅はるかを一気に。
しかしそれがどうやら間違ったようで、

P1100035_縮小

発泡スチロールいっぱいにあった大きな芋も大半は中が黒くなってだめでした(泣
むしろクズ芋の小粒の安納芋の方がましだったんですよねぇ。
どうしてこうなったという感じ。
結局紅はるかのラストは安納芋の3分の1程度しかなかったです・・・

P1100012_縮小
P1100036_縮小

いつも通りカット、蒸かしてつぶして味を調えて水分飛ばして加工は進みます。
今日は紅はるかをすべて使って芋ようかん風に仕上げてみた。
まだラップで押す前ですが、しっかり水分飛ばしたので固めの仕上がり。
明日以降のおやつになる予定です。
傷みまくって本来ならすべて廃棄でもおかしくないようなものからこれができたとは。
もったいない魂全開フルスロットル(笑

というわけでようやくサツマイモ加工が終わった。
収穫が遅いとどうしても長引いて傷んで廃棄が多くなってしまうねぇ。
そうならないようにしっかり育てるところから頑張らないとね―
さあこれで残ってるのはニンジンと大根とかぼちゃ、そして・・・豆だ(汗
うひ―まだまだ加工作業は当分終わらねぇな――


2017-01-14(Sat)

雪おろし1クール目入りまーす。

相変わらず雪が降りますなぁ。
しかも寒い。かなり寒い。顔が痛い(汗
この寒気は月曜あたりまで続くらしいけど・・・勘弁してくれ――


この寒気のおかげで雪がどかっと積もってしまいましたからね、
ついに今シーズンの雪下ろし作業が開始されました。
「開始された」、意味深ですが簡単に言えばおろす場所が多いから1度には終わらないためですね。
今日は2か所を手分けして作業しましたよ―
私が担当したのはキノコ小屋の方です。

P1100024_縮小

ま―たもりもりと積もった小屋にはしごをかけいざ作業スタート。
ここは一応勝手に落ちるような屋根だったんですが、
あまりにも裏に生えている木の樹液のせいで落ちなくなってしまったので、
今はストッパーをつけて落ちないようにしてます。
なので作業をしてて滑り落ちるっていうことはないですよ。

P1100025_縮小

ちなみに発生舎の方の屋根は勝手に落ちてます。
といっても気温がなくてなかなか落ち切れてませんが(汗
あまりこうしてキレが悪いと屋根がひん曲がってしまうからよくないんですがね・・・
さっさとおちてほしいのが本音。

P1100026_縮小

さて作業する前にどの程度の雪か計ってみようと、
畑で使っている150センチの支柱を差し込んでみましたよ。
どうよこれ

P1100027_縮小

30センチずつ印つけているんですが、出ているのは最後のしるし、
つまり120センチ以上のってます(大汗
一応ね、登る前に120センチくらいのってんぞ、って話してたんですがまさにドンピシャ。

P1100028_縮小

削った後にもう一度立ててみるとこんな感じ。
斜めにたってるのでほんとじゃないですが、マジもんで120センチがのってます。
1立方メートルの重さが数百キロだから少なくとも数トンの雪だわな。
さっさとおろしてやろう。




作業開始40分

P1100029_縮小

あらかた終わった。
まずは大きくおろし、最後に仕上げで薄く削って完了。
最初から屋根の際まで削ると滑るので厚くやってから薄くするのがコツ。
屋根が見えるまできれいになんてやる必要はない。

P1100030_縮小

これがのってた雪の約半分。
とんでもない量だけど、これを数回おろすんだよな―
ほんと雪国豪雪地帯の人ってのはクレイジーだ(笑

こうして本日はここと家の小屋の2か所の雪下ろしが完了、
明日車庫やって暇見つけてでかい小屋の雪下ろし。
サツマイモ加工がひと段落するので暇を見つけるのは来週なら簡単になるはずだ。
なんとも骨の折れる作業ですが、雪国に住む宿命、頑張らないとね―


2017-01-13(Fri)

大雪の誕生日

どもー
13日の金曜日、不吉な日がやってきました―
当地大荒れ、朝起きたらものすごい大雪でした。

P1100022_縮小

朝の段階でもう40センチ以上降った感じ、
昨日夜から昼までに60センチはオーバーした感じの降りかた。
これはさすがにまいるね。

P1100018_縮小
P1100019_縮小

屋根にも一気に積もった。
特にまぶ(雪ぴ)の張り出しがすごい。
下から見てると大きさがわかりにくいけど、1メートル近い張り出しなんだよね。
このまま降るともっと巨大化、落ちたら・・・やばい。

P1100021_縮小

ハウスも雪だるま、どんどん火を焚かないと潰れてしまう。
まだまだ完全に隠れるほどの雪ではないものの、連続でこう降られると厳しいものがある。
その傍らで、今まで暇してた除雪隊がガンガンうごいてますね。
今日なんかロータリーが4台連なっていきましたからね。
でかいの中くらいの小型の、異様な光景でした(笑
やはりでかい奴の馬力が違うなーと思いましたね。

P1100020_縮小

明日はこんな中でセンター試験。
ウチらのときはまだ会場が秋田だったので、大変だったのよねー
今は横手会場もあるので、この天気でもどうにかこうにか行けるでしょ。
ただ明日は最強寒波襲来予報、最低気温は氷点下10度。
つるっ・・おっと、こけ・・・・おっとっと、とにかく注意してほしいもんだ(笑

そんな大荒れの中ひっそり誕生日を迎えました。
ついに大台に乗りました。
振り返ると20代はしょっぺー10年間だったかなぁ(大汗
今日からまた新しいスタートを切ります。
これから先はしっかりがっつり大きな実りがあるといいねぇ。
ハッピーバースデー俺。

P1100023_縮小


2017-01-12(Thu)

らしくなってきたスプラウト

寒いっすね―
やっぱり暴風雪で真冬日ってのはきつい。
もしかして除雪が動かなくなるかも・・と思ったりしましたが、
今まで全然出動機会がなかったからなのか、今日は夜中からガンガン動いてましたね(笑
稼ぎ時だ―ってか。
まあ国道はしっかり除雪してくれないとね、いつかのようにトラックスタックして大渋滞とか勘弁。
雪道の渋滞ってのは故障車が多く出ますからねぇ。
暴風雪のときは出歩かないに限る。


さて、外は暴風雪でもキノコの方は順調に発生。

P1100017_縮小

こちらではかごが渋滞しています(笑
こんな中でもこれだけの量がとれるってのはありがたいことだ。
F103様様だで。

という現状報告は置いといて、
正月に利用しようかと去年の年末に種まきを久しぶりにしたスプラウト、
今ようやくらしくなってきてくれましたよ。

P1090960_縮小
P1090961_縮小
P1090976_縮小

初めはクレソンが発芽、その後にまいたものほぼ出てきてくれたんですが、
発芽が遅かったことと、気温がとれなかった時期があって生育が遅れたこともあり、
今ようやく長くなってきたところです。

P1100014_縮小
P1100015_縮小

サンゴカイワレと紫キャベツ、順調です。
やはりサンゴカイワレの方がしっかりしてていいんですよね。
他のアブラナ科のものは細すぎてまさにもやしっ子。
いや、もやしより細いから針金か(笑
もう少ししたら収穫を迎えます。

P1100013_縮小

一方でやはり種が古くなっているので発芽しないものも多く、
ワーッとカビで白くなってしまってるところも。
特にクレソンはひどいことになってますねぇ。
こうなったらクレソンは少し大きくして普通にクレソンとして利用しようかな―
ま、カビに負けなかったらですが(汗

発芽温度が必要な青シソはいまだ動きなし、玉ねぎも同様。
白菜は種が駄目なのか全く音沙汰なしでした。
それでも一応今回もスプラウト栽培はぼちぼちできてます。
冬場でもこうして育てられるありがたい作物ですねぇ。
もう少ししたら2回目の種まきでもしようかな。


2017-01-11(Wed)

ああっ!トマトの水煮が傷んだ―

どもー
いや―大荒れっすな。
真冬日で大荒れ、これはもうホワイトアウトフラグですよ。
冷えるから粉雪、そして吹雪、朝方には時折真っ白になることも。
こういうときは出歩かない方がいい。
・・・なんかセンター試験近くにはよくこういうことがありますねぇ(汗
試験日はそこまで荒れないといいんですが。


さて、
去年の秋にどんどん傷んでいくトマトの処理に困って作った水煮、
今までずっ使うことなくと保存状態だったわけですが、
ロールキャベツもどき作るってので使用許可したんですよ。
んで、モノの確認をしてみたら・・・

P1090997_縮小

あらー1瓶白く濁ってる―(泣
他は無事でしたが、この1瓶だけ白くなってだめになってしまっていました。
どうやら蓋をする際の煮沸が不十分だったようだ。
まあ2回目は煮詰め方も少しばかり足りなかった感じがあるからね。
水煮だからこんなこともあるか。

P1090990_縮小

ロールキャベツならぬロール白菜でしたが、
スープにトマト水煮をプラス、意外とおしくできました―
そうだな、トマト鍋とか利用できる時期だな。
今度の休みにでも一人トマト鍋でもしよう(笑
傷んでしまったものはもったいないけど、また作る際の教訓にしときやしょうね。


2017-01-10(Tue)

ウラジロヒゴタイ枯れ葉処理

午前中は晴れ間も出て気温上昇、休養舎の中が17度まで上がりましたが、
午後から一転荒れてきましたね―
明日はついに真冬日、寒さと雪が本格化しそうです。
いよいよ冬本番が来てしまいました。


そんな中春を待つ鉢植えの花、無加温の場所でじっと耐え忍んでいますが、
その中のウラジロヒゴタイの葉っぱがかなり枯れこんだので処理しておきました。

P1090969_縮小

地上部が残ったまま越冬できればそれに越したことはないんですが、
大抵はこのように枯れ放題枯れてしまうので、取り除いてやります。
そうしないと残っている芽までカビが発生して枯れてしまいますからね。

P1090970_縮小

アフターでだいぶすっきり。
枯れ葉と雑草の除去もしておいた。

P1090971_縮小

ぽとぽち見える紫のところが新芽ですね。
今年は株分けが必須なものもいくらかあり、栽培始めて2回目の株分け作業が待っています。
それはもう少し後になってからですが、死に絶えてしまった分の補てんがいくらかできるといいなーと。
・・といっても株分けできるのは強いタプローブルーとベッチーズブルーがメインだからほぼ同一が増えるだけなんだけど(汗

P1090972_縮小

大分白花系がなくなってしまったので、今年は注文しようかと画策中。
でもなかなか白花を売ってないんですよねぇ。
現在予約できそうなところを発見したので、検討して注文しておこう。
唯一まともに育つ宿根草ウラジロヒゴタイ、全種類大事にしていきたいじゃんー


2017-01-09(Mon)

現在の椎茸 2017・1・9

年を越しまして、新年最初の現在の椎茸の状況です。
現在正月早々からF103の大量発生が続いています

P1090998_縮小
P1090999_縮小

毎度おなじみの光景となったF103の初回爆裂発生。
外に置いてあったホダ木のキノコがいつもの状態と違っていたため心配したものの、
そんなことどこ吹く風、ハウスの中のものの発生が始まったらいつもの爆裂発生でした。
いつもの発生なので、キノコの質は劣っています。
大ぶりなものはほぼなくなってしまいましたね。

P1100001_縮小

また、温風機を回すため、かなり乾燥も進んでいます。
これは場所によるものなので、発生位置が変われば解消されますが、

P1100002_縮小

散水をして湿度を高めるようにして対策をとっています。
このときの散水は直接かけずに、

P1100003_縮小

室内の湿度を高めるように周りにたっぷりと。
椎茸は周りの湿気を吸い水をもつのでこれで十分です。
ここでの発生があるうちはしっかり乾き過ぎないように気を配りたいと思います。


P1100004_縮小

このF103の発生も今日の浸水が最後となりましたので、
爆裂発生があるのは20日過ぎあたりまでとなりそうです。
これをもって2016年度産のホダ木がすべて1順したことになります。
次の発生品種がなにになるかはまだ未定ですが、
もうしばらくはこのF103の発生が続きます。


2017-01-08(Sun)

サツマイモ餡作り第2弾

本日お休み、ぐうたら生活。
白ニンジンは無事出荷、即完売とすんなり売れてくれました。
意外と人気あるもんね。
やっぱりここでしか買えないですからね、レアもので使いようがあるものは売れますなぁ。
ただのレアものだとなかなか売れませんがね(汗
保守的な使い方のできるレア商品がここらでは売れるようです。


さて本日サツマイモの加工をがっつりしましたの。
なんせサツマイモ、この寒さで大分腐ってきてしまいましてね、
食べられるものの方が少なくなってしまっている状態に(汗
家で出荷用に洗って出荷不向きでとっておいた芋なんかやばい状態でしたよ・・・
さっさと全処理してしまおうと奮闘しました。

P1090991_縮小

傷んだ部分がっつり削っていくとほとんど可食部がない(大汗
特に安納芋は傷みとすが入りだしているのダブルパンチ
塩水にさらすとぷかぷかと浮きます。
これ大丈夫かよ・・・とまあ蒸かしてつぶして前と同じくサツマイモ餡作り。

P1090988_縮小

こっちは紅はるかですが、削って丸くなってる分もろジャガイモ(笑
傷みまくってたので味が心配でしたが十分にうまい。
サツマイモは傷んでくるとくさみが出ますからね、それがなかったので一安心です。

P1090996_縮小

で、結局家にあったもの全てを処理、あった分の重さの半分以下だと思いますが、
サツマイモ餡として3キロ超できました。
以前作ったものと合わせれば5キロ以上、ストックが大量だ(笑
今度もう一つかぼちゃ餡も作って3種類のおやつを作ろうと目論んでおります。
それができるのは・・・来週以降だね―

P1090995_縮小

後はいつも通り野菜の乾燥作業をして本日は調理終了。
野菜ローテからサツマイモが消えてなくなって楽になったなー
とはいえまだ小屋にはクズ芋が大量に・・・
期待は持てないけれど明日様子見てよさそうなものだけピックアップしてこよう。
やっぱりサツマイモの保存って寒さよけしっかりしてないと一気に腐っちまいますねぇ。


2017-01-07(Sat)

白ニンジンの出荷再開―

どもー
今日は七草、七草粥を食べましたよ。
とはいってもちゃんとした七草じゃないんですがね(汗
これで大体正月ってのも一息ってところでしょうが、今日からまた3連休・・・
んー正月ボケが抜けなくなるぞ――(笑

そういや正月早々またいらんことがネット上で炎上してましたね。
お寺で初詣のベビーカー自粛のお願いってやつ。
背景知ると結局はベビーカー優遇を悪用する馬鹿どものせいなんだけどねぇ。
最近はこういった優遇・権利を得るために何でもする輩が多い気がするね。
そういうのって必ず差別が―って言ってる気も(苦笑
あ、最初のツイ―トした人もよく見ていくと差別が―でしたね・・・
はぁ、世知辛い世の中になったもんだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて本日、年明け初のニンジン出荷準備をしました―
簡単に言えばコンテナで保存しているニンジンを洗ったということだね。

P1090985_縮小

出荷する小さいニンジンと加工するでかいニンジン、そして聖護院大根を洗った。
なぜに今日かというと、かぼちゃ加工してる際に包丁で指切ってしまいましてね、
軽症ながらそれが治るまで泥水にふれたくなかったからですよ。
今日まだ治りきってませんでしたが、大丈夫と判断して作業を開始です。
明日から出荷できるようになりました。
あとコンテナで2つ半ですね。

P1090986_縮小

それにしても洗ってみるとスノースティックのできそこないが小さい(大汗
キャロットブランのさほどよくないものと比較してもサイズが・・・

P1090987_縮小

こうですぜ。
参っちゃうね(苦笑
最低でも100グラムくらいでまとめたいところだわ―
まあそれだと売れ行きが悪くなるんだろうけど・・・・・
結構ね、一袋に本数はいるって大事よ。同じグラムで20本と5本じゃ見栄えが全然違うからね。
そういうことで考えるとこの小さいニンジンってのはできそこないの割に値段がとれるわけで。
なかなか見た目とグラム単価の考え方ってのは難しいっす。

加工の方もかなり進んでますし、生売りももうすぐゴールが見えてきた。
いや―冬の間は仕事減るなんてことなくむしろ増加ってのはいいような悪いような(汗
なんにせよ忙しいことはありがたいことと考えておこうじゃんー


2017-01-06(Fri)

椎茸ホダ木にエノキが生えてました

いや―寒い。
寒に入った途端にがっつり冷え込みました。
日中陽も出てたんですけどね、全然暖かくならないの(汗
来週はついに真冬日が到来する予報。
いや―暦通りに進んでますなぁ。

P1090973_縮小

雪が降らなかったので珍しく獣が近くに来た足跡がはっきりと。
獣はよく歩いてますけど、小屋近辺では珍しい。

P1090974_縮小

歩いた感じがね、どうもウサギじゃないかと。
足跡の大きさ、特徴的な歩様、猫とか狐とか狸のような感じではない。
結構そこらじゅう走りまわった様子、ウサギが来るのは珍しいね―
真っ白だったんだろうなぁ。


さて本日、発生操作の新ホダ浸水作業をしていたらですね、
ホダ木に何やら細い小さなキノコが生えているのを発見。
まあそういった害キノコが生えるのは珍しいことではないので引っこ抜いてから気付く。

P1090979_縮小
P1090980_縮小

あ・・・これエノキだ(大汗
小さいですしゴミまみれにしちゃいましたけど、
特徴的な軸の黒さ、や傘の色合い、間違いないね。
でも椎茸のホダ木に出るのは初めてのこと、非常に珍しい。
生えてるところを撮らなかったのが悔やまれる(苦笑

P1090981_縮小
P1090982_縮小

まわりにも害菌がついてるものは見受けられますし、
菌ってのは仁義なき陣取り合戦するものですからなにが出てもおかしいことはないわけで。
ただまあエノキってのは珍しかったなーと思った次第。
そういやあなめこのホダ木にもエノキが出てたな・・・
もしかしてあのリンゴに出ているエノ木から胞子が飛んでるのか??
もしかすれば小屋の周りにエノキがそこかしこに生えてるかも知れん。
ははっ、天然エノキ勝手に増殖中ってか―


2017-01-05(Thu)

レジン加工したクローバーが日焼けする

寒の入りですね。
確かに今日は風が非常に冷たかった。
今現在もいつもよりも冷え込んでいるのがわかります。
さ―てこれから冬本番ってところか―
どれくらい雪降るのか、それが問題だ。


さて、
去年の大みそか、そんなときに大掃除するなよって話ですがぎりぎりで大掃除しましてね、
部屋をきれいきれいしてたら、窓際に置いてあった失敗作のレジン加工クローバーを発見。
よく見たら葉っぱの色素が飛んでるじゃないの。

P1090953_縮小

アルミケースにやったらとれなくなった失敗作、
窓際で紫外線ガンガンだったんでしょうね、見事に緑が消えてなくなってる。
へぇ・・・レジン加工もこんなになってしまうのか。
いつも紫外線に当たることはないとしても、経年劣化でこうなるとすれば、
こういうストラップ作るのってどうしたもんかってなっちまいますね。
紫外線防げるような加工方法ってのはあるのかな?

P1090954_縮小

ちなみにこっちは同じ時期に作ったものですが、箱に入れてたので無事。
上と比べると色の抜け具合がいかにひどいことになるかがわかりますね。
こういった既製品ってどういう方法とってるのかねぇ、気になる。


多葉が出るクローバーがあるので、安定的にこうした加工をする原材料はあるものの、
加工した後の問題が見えてきたのでちょっと調べてみないといけないですね。
人工物ならこんな風に考えなくてもいいんだけどね、
自然のものってのはずっとそのままを維持するのって難しいのね。


2017-01-04(Wed)

2015年度産ホダ木、生産終了します。

どもー
今日は久しぶりに積もる雪が降りました。
正月3が日を過ぎ、今日から仕事始めの人もいるかと。
今年も頑張っていきやしょ―(笑


さてさて、
本日、ついに2015年度植菌のホダ木をすべて廃棄しました
これで使用するホダ木はすべて2016年度産に切り替わります。

P1090964_縮小

この立っているホダ木が2015年度産の残り。
とっくに発生は終わってるんですがね、年末であれこれ忙しくて特に邪魔になってなかったので放置してました(汗
今日少し余裕があったのでついに撤去です。

P1090967_縮小

古ホダを積み上げた場所にじゃんじゃん廃棄、古ホダ城が完成(笑
実際この場所に積んだ物を薪に使い終わって又積みあげたので、
最初よりも低い山になってますね。

P1090968_縮小

奥の方を見れば別に積んだ物をどんどん消費している状態ですし。
古ホダがどんどんなくなっていってます。

P1090965_縮小

一方で2016年産のホダ木は、休養舎の中にどんどん移動されていっています。
本日ようやくF309のホダ木をすべて休養舎へ移動。

P1090966_縮小

すでに休養舎の中にあるF206やA560はブルーシートで覆って来年まで待機。
ブルーシートで覆うのは保湿と保温ですね。
冬場は散水をしないので、春まで乾ききらないように保湿がメインです。
なんせ温風機がガンガン回るのでかなり乾いちゃうんですよね。
冬場も発生をするものに関しては浸水で水を吸うので水抜きをしなくてはいけないので覆いはいらないんですが、
休養期間が長いものはこうして冬越しです。


P1090955_縮小
P1090959_縮小

F613の移動も開始、ただ遅くなってすでに追いばえが・・・

P1090956_縮小
P1090957_縮小

こんな芽がどんどん出てくると・・・・
休養舎へ移動すれば確実にキノコがどっさりだな(汗
この追いばえが冬場の問題なんすよねぇ。

P1090958_縮小

すぐそこに芽が大量に出ている次の発生待ちのF103が控えてるってのに、
追いばえで移動できないとは・・・困ったもんだ。

P1090962_縮小

2016年度産の1順ももうすぐ。
現在大量のきのこのF103と格闘中。
2015年度産も最初はこんなだったなぁ・・・
始まりがあり、終わりがある。
2017年の始まりで、2015年度が静かに幕を下ろしました。


2017-01-03(Tue)

スプラウト、ようやくですが育ってます。

今日はウチに人が集まる日。
といっても最近はめっきり来る人が少なくなりましてねぇ、
親戚付き合いも代替わりしたりしてそういったことは希薄になってきた感じですね。
まあ私自信もあまりそういうのは得意じゃないですから(汗


P1090952_縮小

そうそう、そろそろ年賀状来た人に送ってやらないと―と思ってたら、
なにやら私あてに届いたものがありましてね、
あけてみるとお守りが入ってました――
わざわざありがとうございます、だっちゃねえ・さん。
これで今年一年いいことあるぞ―(笑



さて、
去年種まきしてみたスプラウト、期限切れですしダメかな―とか思っていたんですが、
徐々に発芽が進んできていましたよ。
中でもクレソンの発芽率はかなりいい。

P1090941_縮小

言っとき暖房切っていたので気温がなくて正月に利用する予定は間に合いませんでしたが、
その気温低い状態でも真っ先に芽が出てきました。
クレソンは発芽温度が低めですね。今の時期にはありがたいことだ。

P1090948_縮小

現状は根っこがもさもさ―っと出て葉がちらほら出始めました。
発泡スチロールを重ねておいているので、暗い部分はどんどん根が広がってますね。
一度根締めしたほうがいいかも(汗

クレソンは別格ですが、アブラナ系のものも一応動きあり。
まだ青紫蘇はさっぱり、玉ねぎはどうだろう・・・
生育温度より発芽温度の方が高くて難しいね。
ま、今日で正月の生産調整も終わりだろうし、これからは気温ガンガン上げてOK。
今月中にはスプラウト天国、いや地獄か?がスタートできるでしょうよ。
他のものも生育がそろってきたら記事にしていきまする。
いや―ハウスの中がクレソン臭いぜ(爆


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村