2016-01-27(Wed)

なぜあの会社は安売りをせずに利益を上げ続けているのか

     P1070294_縮小

なぜあの会社は安売りをせずに利益を上げ続けているのか
                                         
                      松野恵介


産直に出しているもののPOP広告を書くコツを知るために本を探していて出会った本。
自分としてはこういった文字で」「こういった色遣いで」「どういう内容を
がメインで知りたかったんだけど、この本の中身はまるっきり違いましたね(汗
あ、どういう内容をはあってますね。
そのことについてポイントをあてて書かれている本です。

広告というと商品を売り込むことに目がいきがちなんですけど、
この売り込みというのが駄目だとしています。
例として家電量販店の店員を挙げてましたけど、
客が売り込まれているという心理になるといけないんだそうで。

じゃあどうすんのかというのが実例を挙げて紹介されていますね。
この本の中身を実際自分のところで考えると・・・・・

あれ?

打ち出すべきポイントって何だ??
意外と中からは見えないものですね。
自分たちが当たり前だと思ってることが実は資産、それがポイント。
その資産をうまく使うことで利益が上がるということ。
販促って奥が深い。

販促はコンテンツを発信して信用を得ること

さて、自分のコンテンツ発信はうまくいっているのか???
立ち位置を替えて考えるって難しいね(汗



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

自分の

商品についてのこだわりを考えればいいんじゃないの?
椎たけ夫さんの場合、無農薬とか、ね。
あとは、いろんなもの作っているから、レストランとかに売り込むとか、、だめ?w
(こじゃれたレストランと契約して送るようにするとかできないかな…w 柑橘とかペペロンチーニとか、小さいダイコンとか…)

Re: きくちゃんさん

> 商品についてのこだわりを考えればいいんじゃないの?
> 椎たけ夫さんの場合、無農薬とか、ね。
> あとは、いろんなもの作っているから、レストランとかに売り込むとか、、だめ?w
> (こじゃれたレストランと契約して送るようにするとかできないかな…w 柑橘とかペペロンチーニとか、小さいダイコンとか…)

そりゃあそうなんですけどね、売り込むための何かじゃ駄目なんすよ。
そこが難しくてなかなか考えがまとまらんのです(汗
もう1冊読んでるんでそちらものちほど記事にしますけど、
売上伸ばしてる人達ってのは考え方が違うもんです。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村