2016-02-27(Sat)

椎茸 Q & A 椎茸栽培に連作障害はあるの?


Q 椎茸栽培に連作障害はあるの?

A あります。


畑で同じものを長期間作っていると起こってくる連作障害
様々な原因で作物がうまく育たなくなるんですが、
では椎茸栽培での連作障害というものはあるのかどうか。

結論から言うとあります。

キノコ栽培は原木や菌床で行われていますが、
原木でいえば伐り出した時に他の菌がいなければそれは無菌状態ですし、
菌床はそもそも高温で殺菌するため、菌を植え付ける前は無菌状態になります。
そのため木1本1本、菌床1個1個という単位では連作障害というものはありません


ではなにをもって連作障害というのかですが、
これはホダ木を管理する場所で起きうるものということになります。
管理する場所=畑という感じでしょうか。

椎茸栽培に限ったことではなくキノコ栽培で言えることですが、
管理する場所の衛生管理が悪いと害をなす雑菌が増殖します。
促成栽培ではハウス栽培になりますから、同じ場所で何度も発生や植菌が行われるため、
その都度残渣と言うものが発生します。

P1070371_縮小

例えば植菌では穴をあける際に出る引き屑だったり、

P1070416_縮小

ホダ場では収穫の際に出る木くず、キノコの破片など様々。
こうしたものが雑菌の餌となり原木・ホダ木に影響を与えるようになるのが
キノコ栽培における連作障害と言うことになります


P1070370_縮小

これらを防ぐために残渣は除去したり、消毒が行われることもあります。
特に植菌作業では雑菌よりも早く椎茸菌を木につかせるために消毒はしっかり行われます
バーナーで焼いたり石灰をまくなどかなり気を使います。
菌床の場合は原木よりも菌に弱いためにさらに気を使っていると思います。
原木においてもマイタケの様に弱い菌に関しては気を使いますね。


上記のように長年同じ施設での栽培を続けていると害菌が蔓延する可能性は高くなります。
そうならないように害菌の密度を下げるような努力はしないといけないのは畑と同じですね
家庭栽培の様に量が少ない場合はそれほど神経質になる必要はいないですが、
キノコ栽培でも連作障害と言うものはあるということです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村