2016-03-09(Wed)

干しかぼちゃを煮てみる まとめ

干しかぼちゃを煮る実験、いろいろと試行錯誤した結果ある程度区切りがついたのでまとめてみる。

P1070468_縮小

戻し時間でどうなるのかという時間変化での様子見をしてみたんですが、
3時間ほど戻した結果、大分身のふくらみがよくなった。

P1070469_縮小

しかし皮の方は完全には戻らないようだ。
もう少し時間をかけることで完全になりそう、ということで4時間に変更。

P1070498_縮小

4時間も戻す時間をとるとさすがに膨らみ方が全然違う。
なんというか戻さずに煮たものに比べるとパンパンになっている感じ

P1070499_縮小

それでもまだ完全に芯が消え去ることはなかった。
ということは皮の方まで完全に戻すことを考えると、5時間くらいはかかるということになりそうだ。
これでは時間短縮なんてものは全くない。
干し野菜=調理時間短縮は残念ながら成り立たないことになった。
時短時短言われるのは一体どういうことなのだろうか。


とにかくこれまで実験したことをすべてまとめてみると、

・かぼちゃを干す際は完熟したものがよい
  ⇒戻り時間が短縮、煮た時によりふっくらと仕上がる
・戻す時間は3~4時間程度でほとんど芯を感じなくなる
・煮るときに砂糖はほとんどいらない


以上。

干した分だけ甘味は強くなるというのは本当だ。
ただ調理時間の短縮はできるかというとそうでもないというのが今回の実験での結果。
あくまで干す際の切り方(厚み)の違いもあるだろうけど。

とりあえずのところ保存食としての価値は十分にあるということはわかったし、
砂糖を使わずに煮てもおいしいのは砂糖を控えないといけない人にはもってこいだな。
今回は煮ることに重きを置いたけど、戻したもので天ぷらとかもできそうだ。
干しかぼちゃの基本調理という点の考察はこれにて終了。
やはりなれない食材を使う方法を知るのは大変なことだね(汗



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

カボチャの研究お疲れ様。おいしいものを食べるには時間がかかるんだね。甘みが増すのは魅力ですね。

桜の木になめこ植菌したよ。たのしみだ~

Re: だっちゃねえ・さん

> カボチャの研究お疲れ様。おいしいものを食べるには時間がかかるんだね。甘みが増すのは魅力ですね。

普通に煮るのは簡単ですけど、乾燥したものはどうするべきなのかがはっきりしないので・・・
今回の実験でいろいろわかってよかったです。

> 桜の木になめこ植菌したよ。たのしみだ~

おっ始めましたね―
うまくなめこがとれるといいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村