2016-10-29(Sat)

恐怖の環境テロリスト

     P1080596_縮小

       恐怖の環境テロリスト     佐々木正明 


今年も読書週間に入ったのでぼちぼち読んだ本をご紹介―
この本を読むきっかけは、ゴールデンライスという遺伝子組み換え米に関するニュースを見てから。
ゴールデンライスというのは遺伝子組み換えでベータカロテンを含むようにした米のことで、
世界で2億5000万人いるとされるビタミンA欠乏症を軽減、もしくは根絶する可能性のある米のこと。

これについてグリーンピースが抗議をしているっていうニュースだったはず。
確かに遺伝子組み換えっていうと拒否反応が出ますけど、
この遺伝子組み換え米ってのはある意味画期的なわけで、
これに関して「あ―だめだめ議論の余地なし」ってのは少し違うかなーと思ったもんだ。

まあ遺伝子組み換えの話は置いといて、この件で気になったのはグリーンピースやら
シーシェパードやらの活動ってなんぞやってこと。
環境保護団体とか反捕鯨団体とか言うのは知ってるけど、じゃあどういうことをしでかしてるのかね?
そういうのが気になったので探した結果いきついたのが恐怖の環境テロリスト。

反捕鯨は序章に過ぎない、なんて帯に書かれているとおり、
出てくるのはより過激な行動をする団体。
まさにテロ集団ってやつ。
思想のためなら何やってもいいっていう過激派だね。
うまいことメディアを使い、ネットを使い、さまざまな手を使って相手を追い詰める。
日本も捕鯨に関して餌食になっているけれど、
海外では施設の放火や実験動物を逃がすなどのとんでもない被害があるみたい。
犯罪を犯しても構わないってのがたちが悪い。

つい先日某元女優が大麻で捕まったけど、
あれと同じく、あることに関して傾倒し過ぎるとこうした越えてはいけないラインを超える集団が出てくるんだろうね。
宗教や環境保護、動物愛護、食べ物に関すること・・・
行き過ぎた考えってのは極端に視野を狭める。
・イルカやクジラは頭がいいから殺しちゃダメ
 ⇒豚も頭いいけど。それにカンガルーを食べたりコアラを間引いたりするのはいいの? 
  イルカやクジラによって漁業被害が出てても駆除すらだめなのか?
  スポーツハンティングとして金払えば希少動物殺すのはいいの?

結局のところ「俺が、オレが!」って相手の主義思想を理解しない、
自分のとこの文化はいいけどよその文化なんて知ったこっちゃないって言ったらぶつかるのは当たり前だ。
自分たちの主義思想を通すためなら何でもやる奴らってのは困ったもんだなーと思った。
日本はなあなあで済まさずに毅然とした態度で臨まないとだめだね。
あと、個人的にはアニマルプラネットがこういった環境テロリストの片棒担いでたってのがショックだったわ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村