2016-11-03(Thu)

もやしもん

       P1090576_縮小

           もやしもん  石川雅之

今日はマンガの日っていうこともあって漫画のご紹介。
もやしもんは知っていたけど読んだことのなかった漫画。
特にどんな内容なのか興味もなかったしどうでもよかったんですけど(汗)、
購読していたマンガが連載終了して何か面白いまんがないかな―と調べた結果、
意外とこのもやしもんが面白いというのがあったのでブックオフあさって買ってきたわけだ。

タイトルのもやしもんですけど、あの家計の味方のもやしじゃなくて、
種麹のことを指す言葉なんだってね。
いまも酒造メーカーではもやしって呼ぶみたい。

菌が肉眼で見える麹屋の子供の主人公と友人の酒蔵の子供が農業大学に入って
いろいろと発酵に関することをしていくってところなんですがね、
酒造りがメインっていう感じですねやっぱり。
ビールやらワイン、最後は日本酒。
やたら酒のうんちくが仕入れられる(笑
発酵がテーマだからしょうゆやみそ、漬物なんかも作ったりして、
身近なものがどういう風にできているのか知ることができる。
発酵ってのはすごいもんだ。

ここ横手市も発酵を打ち出している町なので、
私がこれを読む前に横手市×もやしもんでコラボしたりしてたみたいですが、
まあそのあたりはね、どうでもいいよって感じだったからね(汗
実際今ニンジンとか大根を漬けたりしているので、
もうちょっと早く知ってれば―って感じだ。
ま、知ってたからって何か変わるわけでもないけども。


途中食料自給率がどうたらってネタがあったんですが、地味にそれがいちばん興味深かったかなぁ。
生産してる側からするとなんかそうなのよねぇって重かった。
あとは・・・椎茸の学名がエドデスってのおもろいネタだったね(笑


ちなみにここ横手は日本酒ありワインあり、ビール用のホップあったりどぶろく特区になってたり・・・
いぶりがっこ発祥の地だったりまあ様々ありますね。
それもやっぱりコメどころであり麹文化ってのがあるからでしょうね。
発酵の町で発酵の漫画を読む、頭に入れておいて損はないね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村