2016-12-30(Fri)

2016年振り返り 果菜編

2016年度の果菜編、今年は絞り込んで大量生産を実践してみました。

・ペペロンチーニ (エトナ・ストロンボリ)
・ロングかぼちゃ (白皮自家採種)
・イタリアントマト (リオグランデ)


今年は種取り用のかぼちゃを除けばペペロンチーニとイタリアントマトしか育てていない。
オクラのスターオブデイビッド煮挑戦はしたものの、1つも発芽せずじまいだったこともあり、
今年のメインはペペロンチーニだった。

P1070932_縮小

今年は大量生産実践のため、1500株目安で種まき、できたのは1300株程度でした。
毎年育苗に時間がかかり過ぎ、収穫時期が遅れ収量が少なくなってしまうため、
今年はポットを小さくして早植えをしようと育苗をしてみたんですが、
やはり生育が遅れ、植えたのは例年並み。
種まきが遅かったこと、量が多くてなかなか温度をとることができなかったことがあった。
夏野菜を種から育てる場合は発芽させる設備が必要になることを痛感。
簡易でもいいので、発芽まで20℃以上の温度を採れるシステムを考えないといけないなーと思った。

P1080622_縮小

また、今年は大量に植え付けたため、草の抑制やマルチを考えるためにヘアリーベッチを混植。
実施した区域とそうでない区域での株の大きくなり方に差が出たことから、
ヘアリーベッチの効果はとても高いものがあると感じましたね。
ただ、あまり放置しておくと株に絡まり、重さで株が折れてしまうことがあり
定期的に踏みつぶして繁茂を押さえないといけないようでした。

P1090330_縮小

さすがに大量の株を植えた以上収穫量は大量。
乾燥機を使いつつ乾燥をしていきましたが、すぐに傷んでしまうわけではないため、
気温のあるうちは干しかごを使うなど、節約できるところは節約できそうだった。
ただし、気温が低下してからだと傷みが出るため、
収穫後はさっさと干したほうがいいみたいでしたね。
特に直接ではなくても霜が当たったものの傷み方は早いです
やはり夏野菜は霜が降りるまでが勝負と考えたほうがいいのかもしれない。
そう考えればっぱり植え付けを早くする必要性にかられますね。
毎年のことながら育苗がすべてみたいだ。


P1080618_縮小
P1080777_縮小

ロングかぼちゃは今年も種取り用とあいている畑で出荷用と2つ栽培。
しかしながら種取り用がさっぱり育たなかったため、来年用の種は出荷用のいいものから選抜することに。
やはりかぼちゃも肥料分で全然違いますね。
相変わらず皮の白いロングかぼちゃがしっかり栽培できているので、
品種固定はうまくいっているようです。

普通まきのほかに遅まきも試してみましたが、こちらの方は生育が不順になりいい実はあまりとれませんでしたね。
開花期に高温になるからかもしれません。
時期をずらすとしても普通にまいてから1週かそこらが限度かと。
まあ前後で考えれば2週以上の余裕はできそうですね。


P1080454_縮小

イタリアントマトは4年ぶりに挑戦。
今回のものは支柱のいらない背の低いものをチョイスしたので、もっさり茂る感じでした。
ただ、実がつくとやはり重くなって倒れてしまうため、支える支柱は必要みたいでした。

P1090039_縮小

収穫始まると一気に大量に収穫が来てしまいなかなか大変。
完熟をさせるために数日おきの収穫でしたが、加工向きのトマトということもありはけなくて大変でしたね。

P1080839_縮小

主に干しトマトに加工しましたが、やれる量に限りがあるため傷みが進んでしまい、

P1080921_縮小
P1090102_縮小

その時はトマトソースを作ったり水煮にしたりいてどうにかやりきりました。
きれいな完品がなかなかうまくできず、どこかしこキズや傷みが出るものが多かったことも要因でしたね。
そのため生売りもほとんどできませんでしたし。
トマト農家さんってすごいな―と思ったトマト栽培でした。


こんな感じで今年の果菜は少数精鋭大量生産を実践したわけですが、
まだまだ栽培技術が未熟で、採れたものがとれなかったというのが非常に多かったですね。
うまくできればかなり優秀な作物になりそうな気配はありました。
また、今年は油かす投入、アミノ酸液肥冠水など多少の肥料を与えてみましたが、
その効果は絶大だったのかなーと。
慣行栽培のような肥料の量ではないですが、あれこれと自己流の施肥でも十分うまくできそうな感じをつかみましたね。
今年の大量栽培は後につながるよい経験になりました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村