2017-02-13(Mon)

ニンジンはどう干すのがベストかな?

今日の朝の雪はしんどかった。
とんでもない湿り気、重すぎて朝からくたくたでしたわ。
最近ちょっと気温が高くて雪の質がよろしくないですね。
除雪で一番厄介なのが湿った雪、こういう雪はどかっと降らないでほしいですねぇ。

さて、
かぼちゃ乾燥も結構進みまして、そろそろ白ニンジン加工にも着手。
できそこないは生売りするとして、でかくなったキャロットブランを干します。

P1100198_縮小

左のものが生売り用のできそこないスノースティック。
キャロットブランのサイズがかなり異常(苦笑
こうやってでかいと逆に生売りするのが難しいので、加工しようかとね。
で、いろいろと干してみたんですが、

P1100186_縮小

ニンジン干してわかったこととして、パリッと干せないってこと。
いや、やり方によってはしっかり干せるんですがね、
いつまでたってもグニャ―っと水分もったような感じで乾燥しきらないことがありました。
なので干し方をいろいろとやってみたんですよ。

P1100187_縮小

まず基本的な輪切り。
1ミリ程度のかなり薄切りです。
これくらいだとパリッと乾きますね。
逆に厚くなるとグニャ―が始まります(汗
煮物で使えるような厚さを求めてやったところ全くだめでしたね。
このニンジンの特性かねぇ。

P1100188_縮小

次に千切り。
緑化した部分も混じってますが白ニンジンです。
これもかなり細くしないとだめでした。
細くしたのに乾かない場合もあったりして、切り干しニンジン作りもなかなか難しい。
大根が簡単なのにニンジンが難しいのはなぜだ・・・

P1100189_縮小

最後にピーラ―でそいだもの。
白い部分だけと混ざりの2パターン。
これは薄さがすごいのですぐ乾きます。
ただこれをどう使うのかと言われると・・・
おまけにパリパリなので粉末になってしまいやすいですしねぇ。
逆にこれを沢山やって粉末にするのも手かもしれないけど面倒だ。
なかなかニンジン乾燥がうまくできない。


とりあえず最も量をこなせる輪切りの薄い奴で進めて行こうと思いますが、
どうして同じように乾かしてて他のものと違って乾きにくいのかがわからないと
大量にあるのでなかなか加工が難しくなってしまいますね。
1センチぐらいのぶつ切りで乾かせたらいいんだけどねぇ。
ニンジン干しには手を焼きそうです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村