2017-03-28(Tue)

封ろうアート

今日も頑張って植菌作業だ―
って朝から頑張っていたんですがね、相変わらず封ろうの具合がよろしくなく・・・
ここ数日毎日毎日封ろうが詰まっているので、本体掃除してみたわけですよ。
そしたらまあやらかしてしまいまして、ねじ山が潰れてしまい・・・・・

本日の10時より植菌作業不能に(泣

痛いロスです。
本体が届くまで作業ができません。
これで時間もお金も大きな痛手・・・
あ―あ―大失敗。


そんなことで、ではないですが、
封ろうつながりのネタで流していきます。


植菌機ではまず錐で穴をあけ、そこにオガ菌を打ちこみ、
その上に封ろうを塗布するという形で作業をしていきます。
その封ろう、塗布する際は霧状にして塗りつけるわけなんですが、
塗り終わった後にしずくが落ちるんですよね。
その雫が垂れ、ものすごい数になるとこうなります。

P1100377_縮小

2日くらい放置するとここまで大きくなります。
2日で現在700本程度やっているので、片側平均で24回塗布するとしたら、
16800回雫がたれるということか。
1滴じゃないからここまで大きくなるんでしょうね。

P1100378_縮小

ドーンとでっかく育ったろうの塊、これは一体どうするかと言うと、

P1100386_縮小

砕いて再びとかします。
ただし、木クズなどの不純物もガッツリくっついているので、
これを再び機械で使うことはできません。
機械ではなく、

P1100387_縮小

機械でミスをしたところに手直しをする際に使います。
本来は手直しの必要がないように機械を調整するんでしょうけれど、
ウチではかなりの高確率で手直しが必要になるくらいだめです(苦笑
なのでこの手直し用のろうも結構必需品、沢山溶かしても1日でなくなることも。
うまいこと再利用できてますよ。

こうした再利用法は先にやっていた同じ管内の人からの知恵なんですが、
無駄なく使えているのでいい方法ですね。
ろうアートができる箇所が4か所あるので、うまいことまわせてます。
鍾乳石よりはるかに速い成長でろうアートはできています―


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村