2017-02-11(Sat)

サツマイモ粉末完成

どもー
今日から大荒れなんて予報でしたが、ところがどっこい本日晴れ間アリの穏やかな天候。
雪は降りましたがね、荒れたーってほどじゃない。
秋田市あたりは結構ひどかったようですが、当地は穏やかでしたわ。

P1100184_縮小

荒れてどっかり乗るとまずいということで雪おろし2回目に入ったんですが、
晴れたので作業は楽、代わりに暑い(汗
ちょっとやるだけでも汗がじわじわと・・・

P1100185_縮小

あまり急いでやるとうまくないなーと、じっくりやってきれいさっぱり。
終わったあとは除雪機でぶっ飛ばして雪下ろし完了―
今シーズンはまだ2回目入ったばかり。
雪は少ないですねぇ。


さて、
午前中はこうして雪下ろししたりしまして、午後からは家で内職。
なんせ小屋の作業が暇ですからねぇ。
内職の方がかえって忙しいわ―

P1100166_縮小
P1100167_縮小

本日はサツマイモの粉末化作業を完了させました。
サツマイモと言っても紫芋じゃなく、紅はるか・安納芋の乾燥した奴ね。
上が紅はるか、下が安納芋、やっぱり粉の色合いが全然違います。
安納芋はかぼちゃの粉に近い感じかな。
紅はるかは白いです。

P1100190_縮小

紅はるかと安納芋は普通に生売りしましたので乾燥自体少なめ。
なので粉末にするものも少ないので、ブレンドしてサツマイモ粉を作成。
違いを比べてもよかったけど・・・まあブレンドするから別にいや、と。
安納芋の方が少なかった割に安納芋の色合いが強く出ますね。
これは後日袋詰め出荷だ。


明日何かこれを使って物を作って使いようを確認してみます。
なので今日はレシピ調べに精を出さないと―
使い方ないと売れにくいですからね、そこんとこはしっかり。
何かこれぞってのがあればご教授いただければ。


2017-02-03(Fri)

かぼちゃも粉末化開始

先日より粉末作りを開始して椎茸、紫芋とやってきていますが、
3つ目の粉末化、かぼちゃに取り掛かり始めましたよー

P1100131_縮小

粉末化すると意外と色が薄いですね。
もっとオレンジになるかと思ったけどそうでもないようだ。
去年は実験的に乾燥・粉末をやってみたんですが、
乾燥したものが坊っちゃんかぼちゃだったのでこの粉末よりも色が濃かったですね。

P1100133_縮小

一つの要因としては若いものがあって実の色が薄いことがありますか。
完熟してると結構オレンジ色が濃いんですが、若いものは薄いし緑も混じる
完熟してても乾燥すると色があせちゃいますしね。
ロングかぼちゃはガッツリ色を出すのには向いてないかも。

P1100132_縮小

おかげさんで若いものが混じると緑っぽい粉もできます。
なのでしっかりと熟したものとブレンドして均一化しておかないとね。
味にも影響出ちゃうし。


去年はサツマイモ粉の販売実績はあるんですが、かぼちゃ粉は今年が初出品。
サツマイモは味の良し悪しってのはそこまで強くなかったけど、
かぼちゃは未熟のものと完熟のもの、個体差で結構差があるんですよね。
すべて粉末化して完全に混ぜ合わせればいいんだろうけど、そうもいかない量だしねぇ。
ま、売り出す前に一度調理して確かめてから出品ですな。
かぼちゃ粉を使った何かいいレシピあったらご教授願いまする。


2017-01-31(Tue)

粉制作に精を出す

今日は午後から大分暇になることが見えていたので、
家で加工作業に精を出すことにしまして、乾燥しておいた紫芋を粉末にする作業をガンガンやりました。

P1100125_縮小

本日は合計11回のコナッピー始動。
今日でようやく乾燥した大袋1つ粉にし終えた。
ようやく1つ、まだ10袋ほどある。
いや―コナッピーのおかげで作業ははかどるものの、いかんせん量が多いね。

P1100126_縮小

粉にする傍らで袋詰めも同時進行。
100グラム詰めにして密封です。
本日15袋、つまり1,5キロを製品化。
これが第一弾としてはけないことには次の袋づめができないよー
どんどん売れてくれるといいんだけどね。
去年は1キロまとめて注文されたこともあったけど、今年はどうかな?

他に先日粉にしておいた椎茸も袋詰めして、
こちらは40グラムで4袋を作成しておいた。
物によって比重が全然違いますねぇ。


P1100127_縮小

あとは例のごとく、毎日のかぼちゃ乾燥作業をして加工部門の作業はおしまいだ。
並べ方が几帳面さを出しまくってますねぇ(笑
サツマイモ粉末がひと段落するまでにかぼちゃも粉末化して袋詰めしておかないとね。
あと切り干し入れる袋買わないといけないし、紅はるかとかも粉にしないと・・・
いや―加工部門もかなり忙しいわ――


2017-01-22(Sun)

始動!コナッピー

今日はずっとぐうたらして体力回復。
雪がちらほら程度だったので、雪をやりに外に出ることもなく家の中に引きこもり(笑
ぐうたらできるって素晴らしい――

さて、
さつまいもの加工も済み、大根もほぼ終わり、
干し野菜作りもだいぶ終わりに近づいてきてはいますので、
いよいよ粉末化して販売する手順へ着手。
今回は大きな投資をしてミルサー購入しましたので、ついに始動となります。

P1100077_縮小

始動!コナッピ――

今までは家庭用の小さなミルサーでやってましたけど、
それだと終わりが見えない量になりましたので、大きめのものを購入。
お値段なんと36000円(汗
この手の業務用になってくると値段がとんでもなくなってきますね。
これでもかなり安い方だ。

P1100078_縮小

まずその性能を確かめるべく、ここ最近出たホダ木を移動する際に出た椎茸の芽の乾燥を粉末に。
こういった芽ってただのゴミとして捨てられる場合が多いので
こうして利用できればロスが少なくなっていいですよねー

P1100079_縮小

結果、30秒でものすごい粉末に!
小さい奴だと必ず粉末になりきれないものが出ましたが、
これだとふるいにかける必要もないほどに微粉末になりました。
すげぇ威力!買って正解だわ。

P1100081_縮小

早速袋詰め、椎茸粉なのに茶色くない。
だけどものすごい椎茸の匂い(笑
これは使いようがあるってもんだ。
くずキノコはこうして粉末にして売ろうかねぇ。

P1100082_縮小

紫芋の方も粉末化。
こちらもふるいの必要がないほどの粉末に。
ただ、何度もやってると容器が熱くなるので今日は5回の作業で終了。
1度やったら30分不能とか言うこともないけれど、まあ最初だから大事をとってね。
1度の作業時間が短いし、量も作れる、強大な戦力補強となった――


これで様々なものを粉末化していけそうです。
唐辛子とか、かぼちゃ、やろうと思えば何でも粉にできる優れものだった。
値は張ったけど、いい買い物をした次第。


2017-01-21(Sat)

乾燥野菜の歩留まりの違いを見てみた。

いろいろと野菜の乾燥をしてみていますが、
物によっては乾燥した後の重量がやたらに軽くなるものがありますね。
こういうのって、加工後の値段を考える際に重要になってくるので、
今回は乾燥前と後の重さを調べてみることにしました。

P1090801_縮小

まずは大根。
ざるの重さを引いて約1200グラムちょい。
これをカラカラに乾かすと、

P1090815_縮小

できたのが88グラム
何度か試すと、100グラム超えるものも出たりするので、
大体12から13分の1程度に乾燥するようだ

P1090930_縮小

次にかぼちゃ。
これはそのもので1キロ。

P1090931_縮小

乾燥後221グラム。
約5分の1に。
大根に比べ水分が少ないので重量も軽くならないようだね。

P1090994_縮小

ついでニンジン。
カット重量416グラム、

P1100005_縮小

乾燥後47グラム。約9分の1
ニンジンも意外に水分がある。

P1090803_縮小

サツマイモは乾燥前の写真を撮り忘れたので乾燥後だけ。
乾燥前で約1,3キロ、乾燥後313グラム。
こちらも大体4分の1程度。
自分が乾燥したものの中では最も歩留まりが良い。
乾燥加工する上では非常に優秀ですね。

トマト、ペペロンチーノも乾燥しましたが、実験する前に作業を終えていたためデータなし。
トマトもかなりの水分量のため、歩留まりは悪いですがね。

今回の実験で、乾燥した歩留まりが良い順に、

①サツマイモ 約4分の1
②かぼちゃ 約5分の1
③ニンジン 約9分の1
④大根 約12~13分の1


といった感じ。
こうしてみると値段のつけ方もいろいろ考えないといけないですね。
特にかぼちゃは加工前に処理もあるので、完全1個重から乾燥加工終了まで考えると
上の数字とはまた異なった数字が出てきますしね。
そこらへんしっかり考慮して値段を決めていこうと思う。


実際こうしてあれこれデータとってものの値段考えると、
ものすご―ーく面倒な作業になりますね(汗
野菜ごとに単価も違うし、重量、加工前の処理で減る重量、乾燥での歩留まり率・・・
一律ペイペイ値段考えてましたが、改めて加工品の値段の付け方ってのは難しいことを理解した次第。
6次産業化とかパンクするわ・・・


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村