2013-04-26(Fri)

植菌とは? 実践!コマ打ち編

道具の準備ができたらあとは実践です。
難しい事はありません。


まずは原木に穴をあけていきます。
これができれば後は何一つ難しい事はありません。
これが一番の難関ですね。

穴のあけ方にも種類があるんですが、
今回は4穴の千鳥での穴開けを紹介します。


IMG_4064_縮小a

まず横の間隔ですが、この通り25センチ程度でいいです。
これが5穴であったり6穴だともっとせまくなりますが、
4穴なのでこれで十分。

4穴千鳥

また、原木の端については、千鳥ですので
右端を狭くしたら次の列は左端を狭くというふうにして穴をあけていきます。


IMG_4063_縮小

縦の間隔は穴をどれくらいあけるかで変わってきます。
同じ太さの原木でも5列にするか6列にするかで変わります。
円周を計算すれば分かりやすいですが、
そこまできっちり計算する必要性はありませんね。
一番簡単な穴の個数計算は、原木の太さ×4穴ですね。
これくらい駒を打ち込めば間違いはありません。
この計算を元に、どれくらいの列になってどのくらいの間隔で穴をあけるか考えればいいでしょう
実際のところは20センチ未満の原木であれば
40前後の穴数で十分な数であるといえますが。

IMG_4066_縮小

穴を開けたらいよいよコマ打ち。
まずは穴に駒をセットします。

IMG_4067_縮小

それを金づちで打ち込んでいきますが、
このような状態ではまだ足りません。

IMG_4068_縮小

しっかりと平になるまで打ち込みましょう。
こうしないと駒が露出状態になり、乾いて菌が死んでしまいます。

コマ打ちで注意すべき点はほかにもありまして、
穴をあけたところにはきちんと打ち込むという事。
基本ですが、穴開けた分の駒が足りないとか、
打ちミスで気がつかずに終了するとかで
穴が空きっぱなしになってしまうのは避けたいですね。
その部分から雑菌が繁殖してしまうと
完品に雑菌がついたときよりも内部進行が早くなり
結果せっかくの苦労が水の泡となってしまいやすくなります。
そうならないように、終わり際には種の個数をしっかり確認するとかで対策を取りましょう。

こうしてすべての穴に駒を打ち込めば完了。
100コマで大体2・3本くらい打てます。
原木の太さを見てどの程度必要になるか考えて駒を購入して下さい。
あと買った駒はなるべく早く使い切ります。
長く置いておくことはできません。
余ってしまったら、原木ある場合はそちらへ(あまりに足りないのはNGですが)
ない場合は打ちこんだ原木にさらに穴をあけて打ちこんでしまいましょう。


という事で植菌については終わりです。
次は原木をホダ木にするための伏せこみについて。
次回へ続きます。

2013-03-21(Thu)

植菌とは?初めての原木栽培 道具の準備

原木については終わりにしまして、
今回は必要な道具について。


まずは種菌。
これがないと木があっても何もできないですよね。
この種を買う時に気をつけてほしいのが
検査日
というものです。

この検査日というもは、いわば出荷日という事。
つまり、この検査日から日数がたっている物ほど
種が熟し過ぎてよくないという事になります。
これは畑に植え付けると同じ考えですね。
老化したものは定植後の成長がよくないのと同じです。

IMG_3782_縮小

これは2月の20日に来た種菌。
検査日時が到着日に近いほど若くて良いとされます。
ただ最近は、原発事故の影響で
原木栽培が敬遠されているようで、
種菌会社では種あまりが起き、
この検査日からやけに日数が経過したものが届くことも。
ホームセンターの物は結構過ぎている物がありますので
確認してから購入しましょう。


IMG_1142_縮小

これが種駒というものです。
こういったものが確立されるまでは運任せの栽培だったわけで、
うまく胞子が飛んで来れば大儲け、
駄目なら破産的なものだったそうです。
これができて原木栽培は確実になったという事ですね。

さて、この種駒にも注意点。
これもいろいろなサイズというものがあります。
なので穴をあける「キリ」というものもしっかり選ばないといけません。

IMG_3724_縮小

これが種駒用のキリ。
様々大きさがあります。
種駒の寸法に合わせて購入しましょう。
穴が大きいと種駒がとれてしまう事もありますし、
逆に穴が小さいと打ち込めませんからね。

IMG_3725_縮小

ちなみにオガ菌、成形駒用のキリはこちら。
螺旋形と半月型があります。
まあ穴をあける事には変わりありませんが、
木くずの飛び散り方が違います。

IMG_3726_縮小

種駒用のと比べると結構大きいです。
種駒用が9ミリ前後、オガ菌のは12・5~9ミリというサイズ。
こちらの方が種菌を多く使うというのが分かりますね。
こうして菌の回りを早めるという事ですね。


IMG_3898_縮小

そして肝心なドリル。
これはパワーのあるものでないといけないですね。
後、キリをつけられるものですね。
しっかり固定できないときりが外れて穴があきません。

IMG_3901_縮小

ドリルを使わないで穴をあけるという事もできるにはできます。
それがこの穴開け機。
とがった方で木を「ガツッ」とやると、
丸い穴から木くずが出て穴があくという仕組み。
穴を開けたら反対側で駒を打つというものです。


とまあ上記の物があれば植菌作業は出来ます。
他にも原木を置く台なんかがあると作業は楽になりますが。
さて次はいよいよ原木に駒を打ちこみます。
それについては次回へ続きます。



2013-03-16(Sat)

植菌とは? 初めての原木栽培 木の準備その3

木の準備第3回。
今回で原木についてはラストです。


⑤木の長さについて


原木の長さに決まりというものはありませんが、
大体90センチが基準となっています。
人によっては1メートル以上にしている人もいます。
扱いやすい長さにするのがいいと思います。

ただ、短すぎるとその分菌の栄養となるものが減ってしまい、
使える期間が短くなってしまう可能性があるので注意してください。


⑥枯れ木について


切った木について「枯れ木」というなというのは変な感じですが、
ここで言いたいのは「切る前に枯れている木」という事。

原木というものは大体、

秋に休眠に入った木を伐採する

ある程度の長さに切る

植菌するまで水抜きをする

といったサイクルで作られます。
この時点では生きている木を切っているわけです。

で、問題の枯れ木、

IMG_3779_縮小

こうしてみてみるとパッと見では分かりません。
でも、

IMG_3780_縮小

黒い斑点がある事が。

IMG_3781_縮小

最も判別できるのは木口(切り口)
右の原木の上の部分が変色しているのが分かるだろうか。
この部分が枯れてしまっている部分です。
切る前に枯れてしまったところには、
雑菌と呼ぶ栽培にはよろしくない菌が繁殖していることもあり、

IMG_3878_縮小

表面に別のキノコが発生している事があります。
こういったものに植菌すると、椎茸菌が負けてしまい、
結果意味の無い作業をすることになります。
なので最初から枯れている物には植菌しない方がいいです。


とまあ原木についてはこれくらいです。
次は道具を準備していざ植菌作業!


                  という事で次回に続きます。


2013-03-15(Fri)

植菌とは? 初めての原木栽培 木の準備その2

前回に引き続きレッツトライ原木栽培です。


③皮の厚さについて


木の品種や樹齢、環境によって木の皮の状態というものは変わります。
なので、たとえ同じ品種の木でも、
生えている所で木の状態というものはまるで違うものです。

IMG_3730_縮小
IMG_3732_縮小

まずはこちら、皮の薄い代表格「ミズナラ
ミズナラはいろんな樹皮状態の物があります。
皮がめくれ上がりブサブサ状態の物、
ガッチリ皮が厚くなったもの、
そしてこれのような薄――い皮をしたもの。
樹というものはいろんな表情を出します。

さて、これの皮の部分を見ていただきたいのですが、
表面をホントに薄く覆っているのが分かるかと思います。
このように皮が薄い物は、表面の皮を破ってきのこが発生しやすい木です。
つまりいろんな所からキノコが発生しやすい木だといえます。
それは逆にいえば表面を覆うものがなくなってしまいやすいという事で、
早くに使えなくなってしまう可能性があるという事。
皮というものはある意味バリアですので、
薄い皮は発生によってなくなってしまいやすいという欠点もあります。


IMG_3736_縮小
IMG_3735_縮小

お次は皮の厚めの物。
これも一応ミズナラ。
同じ木でもこれだけ違うんだよね。

皮の厚い物はなかなか皮を破ってきのこが発生しにくいといえます。
といってもかなり厚い場合の話ですが。
ある程度までであれば破って発生する事は出来ます。

IMG_3746_縮小
(茶色い部分は穴から発生した部分。皮を破れないと穴からがメインに)

皮を破って発生できない、という事で皮の厚い物のメイン発生は「穴発生」になります。
穴発生というのは植菌する際にあけた穴からキノコが発生するという事です。
穴発生は何度も同じ場所から発生させることができるため、
管理する場合は、植菌穴をなるべく乾かさないような管理が必要になります。

皮の厚い木というのは皮の薄い物から比べると耐用年が長いように思います。
バリアが厚いためという事もあると思います。
ただその分表面発生が少ないという欠点もあります。
どちらも一長一短があるという事を覚えていただきたい。


④心材と辺材について


木には「心材」というものと「辺材」というものがあります。
心材は木材の中心部分の色が濃い物をさし、
辺材は外側の白っぽい部分を指します。
椎茸菌は辺材の方を餌にします。
なので、辺材が多い方が餌が多いため有利であるとされます。

IMG_3727_縮小

このように心材がない様な木というものが理想的。
これだと沢山餌があるため、椎茸菌が長く生きる事ができ、
長く収穫できるわけです。

IMG_3728_縮小

こちらは心材の多い木。
これだと餌が少ないのであまり良くはありません。

これはホダ化をしてみると分かりやすいんですが、

IMG_3770_縮小
IMG_3769_縮小

中心部分の白くなって居るのが心材。
その部分には菌が回れないため、そこだけ色が違います。
このように心材が多い方が菌が回る部分が少なくなってしまうため、
あまり適した木ではないと言われます。

ちなみに、
心材を分解できるきのこというものもあります。
それが「クリタケ」や「マイタケ」です。
これらはほかの菌よりも菌が蔓延するスピードが遅いので、
他の菌に占拠されてしまう事の方が多いため、
他の菌が使えない心材を分解できるようになったんじゃないかと言われます。

クリタケとはよく言ったもので、
栗は皮が厚く、芯材が多い木です。
ものすごい固さでなかなかキノコ栽培には向かないのですが、
それをうまく利用するのがクリタケという訳だ。
生物というものはなかなかおもしろくできているもんだ。


今回は以上、長いので次へ続きます。

                 パート3へ続く
2013-03-14(Thu)

植菌とは? 初めての原木栽培 木の準備その1

レッツトライ原木栽培!!


今回は一般向け原木栽培について細かく紹介していきたいと思います。

前回の植菌とはでは機械植菌についてふれましたが、
今回のは手作業での植菌についてです。
ホームセンターからホダ木を買ってきて育てるという手もありますが、
1から育ててみた方が、椎茸が出た時の喜びは大きいというもの。
なるべくわかりやすく説明していこうと思います。


・植菌する原木について

①木の種類は何がいいか??

原木栽培は伐採した木を使います。
ただ、どんな木にも植えられるという訳ではありません。
椎茸菌がうまく利用できる品種の木で無いと、
椎茸は発生してくれません。

どんな品種がいいか。
椎茸菌の会社が出している物を参考にすると、

・アベマキ
・カエデ類
・カシ類
・カシワ
・クヌギ
・クリ
・クルミ類
・ナラ類
・サクラ
・シイ類
・シデ類
・タブノキ
・ハンノキ
・ブナ
・ヤナギ類
・ミズメ

などなどです。
上記の物はあくまで種菌会社の表を参考にしています。
この木に打ったけど出なかったという事はあるかもしれません。
のちの項で紹介します。

ちなみにウチでは「ナラ」の木を使います。


②原木の太さについて

さて、品種が決まったら次は太さというものを考えます。
太すぎると菌が回らなくてホダ化させる事が出来ないまま無駄にしてしまうという事があります。
かといって細すぎると穴をあけた際貫通してしまい、
種を打つ事が出来なくなってしまいます。

IMG_3764_縮小
IMG_3763_縮小

太さの上限はこれのような20センチくらいだと思います。
これ以上太いとなかなか菌を回すのに苦労すると思います。
また作業する(天地返しなど)のも非常に大変です。

IMG_3768_縮小
IMG_3766_縮小

そして細さの下限は4センチ程度だと思います。
これだと両側から穴をあけても大丈夫な細さだと思います。
あくまで細い木は余ったものを打つためにという考えがいいかと思いますね。


さて長くなってしまうのでいくつかに分けたいと思います。
次は皮の厚さなどについて紹介します。
             
                        パート2へ続く
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村