2016-10-26(Wed)

イタリアントマトを撤去しました

どもー
昨日の夜は結構な雨が降ったようでしたが、本日は晴れ。
雨のせいか最低気温が二桁というここ最近ではない暖かい朝。
最高気温も20℃を超え、かなり暖かい1日になりましたね。
ただまあ、これが今年最後の暖かさってことかもしれないんですが――


さて、
本日はペペロンチーニ・エトナの収穫の残りを済ませた後、
イタリアントマトの撤去に着手しましたよ。

P1090546_縮小

かなり粘ったイタリアントマトなんですが、葉っぱがなくなってしまったもんで、
これ以上置いておいても仕方ない状態になってしまいましてね、
これから先あれこれ忙しくなる前に撤去してしまおうかと。

P1090547_縮小

原因は昨日の霜なんですがね。
葉っぱが完全に霜焼けです。
これではもうどうにもなりませんね。

P1090548_縮小

一応まだまだ熟していない実が沢山あるんですが、
残しておいてもしょうがないですし、傷んでないものをとりあえず収集しながら撤去。

P1090556_縮小

そうしたらまあ実がまだこんなにあったよ。
傷んでいたものや小さいものを合わせればこの3倍くらいあったかな。
ぶっちゃけかなりもったいない(汗
これは日に当ててたらしっかり色づくのかな??
まあ寒さに当てないようにしばらく置いてみますわ。
ダメならだめだしね。

P1090555_縮小

根っこの状態はこぶもなく悪くはなかったようだ。
毎度おなじみの根っこという感じ。倒して植えたところかもしっかり根が出てましたね。
地下部の状態が悪くなかったんだからあとは栄養の面でしょうかねぇ。

P1090557_縮小

実を収穫し支柱を引き抜き、株撤去して傷んだ実の片づけをして完了。
こうして2度目のイタリアントマト栽培は終了となりました。
今年の総括はまたあとでするとして、今年はイタリアントマトをしっかり収穫できた点は良かったかな―
前は収穫できなかったからねぇ。
種はまだたくさん残っているし、来年度はさてさてどうしたものか。
・・・ってもう来年の話か(笑
気が早過ぎ―――

2016-10-08(Sat)

しぶといトマト

今日は朝から雨でした。
しかもめっちゃ寒い――
本日居間でストーブ点火。がっつり冷え込んでいます。

さて、
気温は低くなってきているんですが、意外とトマトがしぶとく頑張っています。

P1090369_縮小

大分枯れこんでいるんですが、いまだに生育を続けて花をつけるものも。
まだ実をつけるつもりのようです。
なぜか自分がナス科を育てるとこういう感じで延び延びになりますね。
唐辛子もまだまだ花咲いてますし。

P1090370_縮小

全体的に見ても赤くなってる実はほぼなくなってきているように、
最初に育った部分は枯れてしまっているんですよね。
でも部分的に青々しているのがわかるように、新たに伸び出しているものも。
んー気温低くなってるのにしぶといね。

P1090371_縮小

色付きは気温低下と天候悪化でかなり遅くなっていますけど、
それでもなかなか取れるってはありがたい。
もう完熟の真っ赤なものは難しいですが、まだトマトが採れるってだけでも大したもんだで。

まあこれから先の気温低下のスピードを考えると、今からの開花のものは難しいだろうけど、
それでも春植えで周りでは栽培終わってるのにもかかわらず実がついてるトマトって・・・
かなりしぶといトマトですなぁ。
もう少しばかり頑張ってもらうべぇ。


2016-09-18(Sun)

祭りがあってもトマトと戦う

今日は地域の最大のイベントいものこ祭りだ。
今年はテツトモが来るってのでそれだけを見に行ってきた。
写真撮れるだろうなーと思っていたけれど、
なんとまあついてびっくり人垣で全くと言っていいほど見えん(大汗
テツトモ人気あんだなーと思ったわ。
なんでだろう(笑

P1090172_縮小

唯一とってきた芋の子汁。
やっぱりとろけてうめぇ。
そういえばお隣の県でもでかい芋煮やってたな―
絶対規模じゃかなわないけど・・・(汗


さて、
そんな一大イベントがあるってのに、本日はトマトとの戦い。

P1090168_縮小
P1090169_縮小

まずはドライトマトから。
こんな時ですし、さっさと袋詰めして産直に出そうとばかりに、戻して試食。
戻し方はいろいろあるようですが、お湯+酢で15分を実践。
一応戻った。
戻し汁もかなり風味の強いだし汁になり、ドライトマトでスープ作るのは味が強くてよさそうだ。

P1090170_縮小

戻し汁と戻したトマト、それにコンソメ加えただけなんですがものすごく濃い(汗
濃すぎて逆に食いづらい(笑
濃縮されますね―

こうして得たことを説明と写真で出して8袋800グラムほど出荷した。
さて売れるかどうか。


その後やはりストック多過ぎるので再び水煮。

P1090173_縮小

なんせこれだ、8箱まだある。
どんどん選んで湯むきした時点でテツトモ時間だったので作業切り上げて見に行き、
その後帰って来てからぐつぐつ煮まして完了。

P1090171_縮小

箱買いしてきた瓶を使いまして瓶詰め作業だ――
どこぞの業者か・・・

P1090174_縮小

右のものが本日作成したもの、9本つまり4キロ以上作ったんだなぁ。
先日のものと合わせれば7キロ弱水煮があることに・・・
あはは、当分トマトにこまらねぇわ。

このあとにさらにトマトをスライス乾燥して本日のトマト作業は終わった。
それでもまだまだ大量にトマトはある。
明日にはまた収穫で1箱増えるだろうし―
今月いっぱいはトマトにうなされる日々が続きそうだねぇ。


2016-09-14(Wed)

トマトはやっぱり病気になってるらしい

乾燥機2台目が来てからは毎日加工しているトマトですけども、
傷む速度も加速度的に早くなり、なかなかにやばい(汗
明日にはまた収穫しなきゃいけないし在庫抱えて爆死にならないようにしたいところだ・・・

そのトマトなんですが、
病気について調べてみたら、いろいろと自分のトマトにヒット(大汗
やっぱりおかしいのは病気が原因らしい。


P1090118_縮小

このトマトの表面の黒ずみ、どうもすすかび病みたい。
アブラ虫が原因で起きる奴らしい。

P1090119_縮小

確かにこうして茎も黒ずんできているんですよね。
でも・・・アブラムシ見てないけどねぇ。
気付かなかっただけかな?
とりあえず湯むきするとかでどうにでもなるからいいんだけど。

P1090122_縮小

どうも青枯れ的な枯れ方をする株もすちらほら・・・
以前イタリアントマトを育てた近くなんだよな(汗
その時は青枯れでどうにもならなくなったけど、もう4年前なんですがねぇ。
土壌細菌は長生きだ・・・(泣

P1090123_縮小

あとはこの茎のいぼいぼ。
これは環境がそもそも悪いようで(大汗
根から養分が来なくなるとこうして茎から根を出そうとするみたい。
んー大分ビップ待遇だったんだけどなぁ。

P1090121_縮小

そんなこんなでもまだ花ついてたりして実はたくさんついています。
あれやこれやと病気はおきながらも一応しっかり収穫できているので、
それなりの管理ができればもっと収穫量や品質はアップできる余地ありってことだね。
ちょっと、やる気の出るネタだ(笑

まだ種は沢山あるし、来年もたくさん育てて沢山採ろうじゃないの。
まずはこの大量のトマトをどうにかしてやりくりすることが第一だけど―(苦笑


2016-09-11(Sun)

トマトの水煮と2台目の乾燥機が来たぞ―

どもー
今日は午前中ブルーベリー作業後はゴロゴロ(汗
とはいえ注文した物が来るためどうしても家にいなきゃいけなかったですからね。
その注文したものというのが「食品乾燥機」
今まで使っていたものと同じもの、2台目を購入してしまいました――

P1090109_縮小

早速稼働していますよ。
去年のものと間違えないように年号ふっておきました。
少しばかり前のものよりも温度調整つまみが渋いです(汗
まあこれで作業効率は倍以上に。頑張るぜ。

P1090110_縮小

すでにドライトマトは結構な量できてきているので、
次の週末あたりから出品しようかなーと画策中でござい。
まだまだ大量の在庫抱えてますからね。
毎日干せるようになるからどんどん消化していかなきゃ。
明日には次の収穫もあるしなぁ・・・


乾燥作業は頑張っているんですが、どうしても量がはけないまま傷む速度が加速してしまう。
なので思い切って大量に家庭用にも加工することに。
このあいだ話題に上がったトマトの水煮をこしらえてみた。

P1090100_縮小

まずは洗って傷んだ部分を取り除く。
この時点で4キロほどの量にしていますよ。

P1090101_縮小

そして湯むきしてざく切りにしたものを煮詰めていきます。
煮始めて早々に大量の水分が出てきますね。
煮ながら灰汁をとり、ある程度に詰まったところで完成です。

P1090102_縮小

今回は450瓶4本、300瓶3本という大量の水煮が出来上がった。
これで保存食としてトマトのストックは十分だな(笑
塩味だけは付いているので水っぽいけれども十分にうまい。

作るために調べてみると、水煮ってのもかなりいろいろあって悩んだ。
ピューレかと思ってたけど、ピューレって「すり潰した後、細かな網状のピュレ用器具(裏ごし器)を通過させて、
とろみのあるやや滑らかな半液体状にしたものを指す
」ということで、
原料からすると出来上がりのものがぐっと減るものらしいね。
形の残ったホール状のもの今回みたいにざく切りのものソース状になったもの
いや―一口に水煮って言っても種類あるもんだねぇ。
加工するようになって料理っていろいろあるもんだなーと感心した次第(笑
ちょっと興味がわいてきたかなー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村