fc2ブログ
2037-12-31(Thu)

いんふぉめーしょん

ブログ訪問ありがとうございます。
この記事はトップページです。更新記事は下にあります。


椎茸に関する疑問質問、または注文に関することはメールフォームからお願いします。


      ・・おしらせ・・
    
           1kg.jpg

                    椎茸の注文も随時お受けします

           取り扱い商品については こちら の記事を参考にしてください。
        椎茸の発生状況・発生品種に関しては⇒ 発生状況   最新版 10月11日 NEW!
              乾燥しいたけも随時販売しておりますー


                                                                                            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


       ※ まずはじめに見ていただきたい椎茸のことについてのページです。
              
                    ↓↓ クリックでページを開きます
      
            ・第1回   椎茸の歴史 
         ・第2回   椎茸の栄養
         ・第3回   原木椎茸ができるまで
         ・第4回   原木と菌床の違い

            ・第5回   生椎茸あれこれ

  ※椎茸自家栽培向けページ完遂 ⇒⇒  レッツトライ!椎茸栽培
                                椎茸栽培をされる方の参考になれば。




 

ランキングに参加しています。
よろしければどうぞ。
押していただけると・・・走り続ける燃料になります。(笑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村

*別ウインドウで開くように設定しました。
 気軽にポチポチしてやってください
スポンサーサイト



2022-09-28(Wed)

裸のキャベツは防除、札幌大球は順位逆転

昨日はレタスの定植と同時に余った苗を植えたキャベツの防除をしておきました。
ここまでは順調に生育して肥大していましたが、
やはりネットもせず裸の状態で育ててると虫は100%ついてきますね。

P1120955_縮小

かなり大きく育ってきたんだけど穴もだいぶ目立つようになってきた。
もっと早い段階で気付くべきだけどなにぶん他のことに気を取られてるから管理がおろそか(汗
穴空いてんなーと葉っぱの裏を見たらビビるぐらいイモちゃんズがいまして・・・・
デカいのから小さいのまで大量にいたのを指がネタつくくらいブシブシネリネりつぶしたんだけどさー
流石に全部をとりきるってのは難しいんで鱗翅目には劇的効果のフェニックスを散布しておいた。
さてさてどうなるかです。

P1120959_縮小
P1120960_縮小
P1120961_縮小

一方で防虫ネットの中で長く暮らしています札幌大球、
こちらは結構結球が進んで形になってきていますよ。
といっても思ったより大きくないんじゃね?と思うかもしれないっすけどその通りなんだよねー
実はこの結球しているのは後半定植、要するに約1か月遅れで植えた奴らなんすよ。
現在そっちのほうがしっかり育っていて前半にバカでかく育っていたやつらは・・・・・

P1120962_縮小
P1120963_縮小

う、うーーん・・・・・

ほぼすべておかしくなってしまいました。
一応結球しているようなやつはいますがまともではなさそう。
前半の好調ぶりはどこ行った?

P1120964_縮小

去年も途中からおかしくなってほとんどまともに育たなかったんだけど、
生育期間をとるために早く植えると結球期に高温に耐えられないんじゃないか説がある。
北海道以外で夏が涼しいとこじゃないと春植え栽培は難しいってのはこれなのかもしれない。
しかし・・・冬越しではここは豪雪地帯、絶対に無理な栽培方法なんだよなぁ。
つまりは札幌大球はここじゃ難しいってことだな。
でもまあ1か月ずれた奴は今順調に結球してくるという事は、
結球の時期を盛夏からずらすことができれば降雪時期にもよるけど引っ張りまくれば何とかなるか?
今結球している奴らが今年の冬までにどこまで育つか、そこが重要なポイントになるかも。

という事で余り苗キャベツのほうは防除してこれからしっかり育っていくの待ち、
札幌大球は早く植えたほうはダメダメになり後半植えたものがものになりそうな逆転状態になっとります。
このものになったやつが一体どこまで行くか、結果のほうは収穫時に。
流石に本物サイズまでは難しいだろうけど10㎏は欲しいなぁ。
収穫が恐ろしい(笑


2022-09-27(Tue)

レタス定植したので春のレタスの振り返り。

今日はようやくレタスを植えた。
台湾小白菜も定植完了になったのでこれでひとまず定植というものは今年ラストじゃなかろうか。
もしかするとまたなんぞ植える可能性もあるかもしれんけど・・・・
ま、とりあえず今ある苗としてはこれでおしまいなはず。

P1120953_縮小
P1120952_縮小

懲りずにまた3条かよ!
しかし今回は千鳥3条、少しばかり条件が違いますよ。
案の定台湾小白菜とレタスでは畝が足りなくなってしまったので残ったレタスは別の場所へ。

P1120957_縮小

先日ジャンボニンニク植えたところに間借りすることにした。
レタスは今年中だし緊急避難ってやつよ。
植えてたらスズメバチが喧嘩売ってきたので高価買取しておいた。

P1120956_縮小

帽子で撃ち落として植え付け棒で粉々にして土に返しておいた。
最近畑にいると喧嘩売ってくる奴らが多い。
今日はこれで2匹目、どちらも粉々にしてやりました。
喧嘩売ってきたら容赦しません。


さてこうしてレタス栽培秋版開始ですが、春版はどうだったのかちょっと振り返ります。


P1120013_縮小

あれこれ記事にしている奴の後のお話なので途中からですが・・・・
栽培後半になってきたレタス春版、大きくなってきた段階で結構やばかったんだけど、
さらに生育進むとレタスの形状を保てなくなってしまうものが多数出てきていました。

P1120015_縮小
P1120016_縮小

結球できずにねじれながら葉が展開していくものが多く見られ、
最早形状がしっちゃかめっちゃか。
密植が過ぎるとこんなことも起きるというなかなか珍しいものを見た感じ。

P1120014_縮小

さらに進むとそのねじれた衣を脱ぎ捨てて立ち上がって第2次結球開始(汗
なんかレタスってとんでもない奴なのかもしれないと思ったわ。

P1120163_縮小
P1120162_縮小

それをほったらかしてたらすごくいい感じに仕上がってきたわけですよ。
ここまでくるとすげぇの一言。

P1120165_縮小

収穫するとなかなかにでかくなっていい感じのレタスになった。
なんとまあ最初の奴から第2形態に進化、まさかの二度おいしいってやつだ(笑

P1120164_縮小

いらない下葉とると何とも滑稽な姿だけどー
ここまで芯が伸びてるととう立ちしそうな雰囲気あるけどそれもなくここまで仕上がった。
まさかの第二形態ですがこちらも普通においしく食べられます。
ただ白い部分がないので少し硬めにはなりますがね。

P1120360_縮小
P1120361_縮小

そこからまたしばらくしたところでようやく花が咲く雰囲気に。
意外ととう立ちして花が咲くってのには時間がかかるようだね。
これは収穫するに置いては非常にありがたい話だ。
特に形状ダメでほったらかしたら形状回復した第二形態まで採れるとはね。

P1120017_縮小

そう考えるとあっちゅーまにとう立ちしてしまった台湾小白菜は・・・・
スピーディーさが求められますね。
まあ春版というところで考えるとですが。


春版レタスは案外収穫期も長くとう立ちも遅めで結構有利だと思った。
2品種やったけどやっぱり美味タスのほうが最終的に良さそうな雰囲気があります。
あまり密植するのを避ければよいものを採れそうです。
春と秋ではまた異なった結果になると思うけど、
案外とう立ちを気にしなくていいレタスはいい作物だと思いましたねー
来年の春はもう少し量やってみてもいいかもしれない。
ま、アスパラ植えるから場所無くなるけどさ(大汗


2022-09-26(Mon)

マイタケゲットー

防除翌日、朝は楽ちんだー

ところがどっこい夕方に1日分の収穫が襲い掛かる!

これがまたこの時期の量じゃねぇ。
でもね、選別してると昨日の防除の効果が出てることに気付くんだよね。
こんなにすぐに効果を確認できるとは思ってなかったんだけど、
はっきり病斑の進行が止まってて驚きですよ。
そうは言ってもヘルシエは最悪ルートに突っ込んでいってる奴らも・・・・・

P1120940_縮小

これ収量じゃなくて廃棄量ね。
効果ありとは言っても例の症状が出てるやつがいきなり減るわけじゃないからこうなる。
ここから減っていけばよしだけど、

P1120941_縮小

最悪ルートの次世代激発に入ったやつらが出てしまってねぇ。
ちっちゃいうちからこうなるとおしまいだ。
去年はこのルートに入ったため収穫終了前に伐採開始したわけで。
今年もこれになって終わるのが出ちまうか…
結構防除効果がありそうだから何とか耐えるか。
明日以降どうなってるかねぇ。


さて本題はまた別のお話。
今日は朝が楽ちんだったので午前中に山へ行ってきまして。
YOUは何しに山へ?
それはね、マイタケの確認でございますよ。

P1120918_縮小

実は今年も原木マイタケが発生しておりまして。
しれ―ッとひとつだけ収穫してました。

P1120919_縮小

最初の一個はまあまあ大きめの舞茸でした。
これが出たのが畑の端っこなので山のものも確認しておこうと。

P1120928_縮小

んで山に行くと今年植えたナメコの原木があちこちに置かれてて環境が変わってた。
確かこの近く―と思ったけど残念ながら山の舞茸は破片しかなかった(汗
やっぱり山の奴は榾木が古くなってもう出てこれないのかもしれんね。
畑の端っこの奴らに今後期待という事にしとこう。

P1120930_縮小

山は今年も大量の杉の倒木があり、そこかしこでスギヒラタケが出ていた。
これも毒といわれるまで毎年食ってたんだよねぇ。
山もすっかりキノコシーズン入りってとこ。
そろそろ天狗の季節ですかな(笑

畑じゃなぜかオクラがダラダラとしぶとさを発揮している半面、
その一方でキノコシーズンにしっかり入って夏と秋が同居中。
なんだかんだで気付けばナメコも始まるだろうねぇ。
まーたさらに忙しくなるなぁ(大汗


2022-09-25(Sun)

前言撤回、防除を実施

今日は日曜日だ。
しかしながら朝から忙しく働いてました。
まだ真っ暗だけど4時半起き、ヘッドライトつけて朝の収穫へ。
出荷に早く行きたかったってのがあったんだけど、それとともにあることのために収穫も早くしたかったわけで。
なによ?そうよ、防除よ。
防除しないってつい先日言ったばっかじゃねぇかって話だけどそうも言ってられなくなった。
宣言して次の日からすぐにもうおかしくなって昨日でかなりヤベー状態、今日もさらにって感じでしたわ。

P1120920_縮小
P1120921_縮小

あれだけきれいだったガクに異変がたくさん見られる。
この部分だけであればなんとか販売に耐えられるんだけどそれでも厳しい。

P1120924_縮小

ヘルシエだけでなくここまで特に問題なかったダビデにも同じ症状。
防除しないと言ってから急激に症状が進んで出てきてしまった。

P1120922_縮小

上の症状が出た次の日にはさらにわけわからん症状が発生。
ダビデの溝に赤茶色のシミのようなもの。
傷みではなく何か表面に出ている感じ。拭けばとれそうだけど拭けないから困る。
こうしてどんどんわけわからん症状が進むし例の症状も強く出てきている。
ただここで防除もなーというのもあるんだけど、いろいろと考えてこれでは最後まで持たないし、
最後までの収量というのも考慮すると防除しといたほうが無難と判断。
ちなみに判断ポイントは・・・・

①気温が10月まで高め、予報では10月頭でも夏日
②去年までのデータから収穫終わりまでにまだ最低でも20キロ以上の収穫が期待される点
 特に今年は例年よりも後半収量が多いため更に収穫あると判断。
③防除効果が認められている


という事からやらないとか言いつつ前言撤回で防除実施。
そう考えるとやらないといった時点でやっとけばこの数日の無駄もなかったわけで・・・・・
後のお祭り、想定通りの後悔タイムだ(汗

P1120925_縮小

今回は3回目の混合防除、1,2回目のとは異なる薬剤です。
アミスターは前回使って効果を確認済み、トレボンは初めて使うんだけど、
カメムシに効果ありってこととあわよくばタバコガにも効果出ればという点。
夕方収穫を急いでからさっさと防除しました。
やはり葉っぱ落ちてるんで防除の量も少なくて済みます。
ピークで45リットル、前回で40リットル、今回は30リットルです。
予定通り2巡で済ませて選別作業して帰ってきましたー

P1120926_縮小
P1120927_縮小

今日の夕方にはさらに症状の進んでしまったものが多数、
これなんかガクとの境目の傷みから筋状に症状が進んでしまってます。
境目の奴だけであれば取り除けば食べられるんだけどここまできたらもう廃棄しかない。
こうやって日に日に症状が進むから非常に厄介、日曜だけど晴れなんで早速防除したってわけよ。
ただ明日明後日収穫まではまだ症状あるやつばかりでしょうね。
それ以降でおさまってるやつがどれだけ収穫できるかでしょう。
まあ…おさまる前提ですが(汗
ホントにまあこの症状は厄介極まりない、そんなことを改めて感じた今シーズンでしたね。

明日の朝は少しゆっくり、これから先気温が低い日は朝収穫なしでもいいだろうしね。
ぐだってしまったけど今回の防除でホントに今シーズンはラスト。
流石にもう最後まで何事もなく行けるでしょ。
苦労したけど最後が見えてきたねぇ。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村