FC2ブログ
2037-12-31(Thu)

いんふぉめーしょん

ブログ訪問ありがとうございます。
この記事はトップページです。更新記事は下にあります。


椎茸に関する疑問質問、または注文に関することはメールフォームからお願いします。


      ・・おしらせ・・
    
           1kg.jpg

                    椎茸の注文も随時お受けします

           取り扱い商品については こちら の記事を参考にしてください。
        椎茸の発生状況・発生品種に関しては⇒ 発生状況   最新版 5月13日 NEW!
              乾燥しいたけも随時販売しておりますー

                                                                          
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


       ※ まずはじめに見ていただきたい椎茸のことについてのページです。
              
                    ↓↓ クリックでページを開きます
      
            ・第1回   椎茸の歴史 
         ・第2回   椎茸の栄養
         ・第3回   原木椎茸ができるまで
         ・第4回   原木と菌床の違い

            ・第5回   生椎茸あれこれ

  ※椎茸自家栽培向けページ完遂 ⇒⇒  レッツトライ!椎茸栽培
                                椎茸栽培をされる方の参考になれば。




 

ランキングに参加しています。
よろしければどうぞ。
押していただけると・・・走り続ける燃料になります。(笑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村

*別ウインドウで開くように設定しました。
 気軽にポチポチしてやってください
スポンサーサイト
2018-09-21(Fri)

パースニップは収穫サイズになれるか?

今日は防除してきて目がしばしばする椎たけ夫ですー
マスクはもちろんだけど、ゴーグルも必要だねぇ。
いくら曇って涼しくてもハウス締めきってやってると汗がやばいね(汗


さて本日はあのパースニップの話題。
パースニップは去年まいて全然ダメだったリベンジで再チャレンジしたものの、
今年も結局のところさっぱりだったわけで・・・・
ただし
何とか数本だけは育ってくれましたのよ。

DSCF7213_縮小
DSCF7214_縮小

育ったといっても現状でこの程度。
んーー播種から3か月でこれはひどいな(大汗
姿かたちは三つ葉に近いですね。
耐寒性はあるのでまだしばらくは大丈夫なはず。
最後の最後までで食えるくらいになってくれるかねぇ。
厳しいか・・・・


DSCF7189_縮小
DSCF7190_縮小

同じ根菜でも大根は順調だ。
やっぱりパースニップはうまく育たないねー

DSCF7191_縮小

場所的問題もあるのかもしれないけどね。
大根だってパースニップの近くのところはよろしくないし。
土・虫、様々要因はあると思うけど、今年パースニップが取れなければやめだな。
あうあわないはやっぱり存在しますわー


2018-09-20(Thu)

着果リミットいっぱい

もう9月も20日です。
あっという間に9月も終盤に差し掛かってきました。
抑制南瓜の着果もそろそろ限界リミット、というかすでにリミット超えちゃってるんですがね(大汗
かなり厳しい状態の現状です。

DSCF7272_縮小

いつまでも実がつかないのでジャングルを超えているような感じ。
作業をするのだって容易じゃない非常に面倒なことになってます。

DSCF7222_縮小

一応下はきれいにしたんですが、芯止めをできないでいるもんだから次の日には…
無駄な作業ばかり増えてやる気はどんどんなくなっていくーー

DSCF7241_縮小
DSCF7242_縮小

結実したものに関しては芯止め、脇芽欠き、摘花と作業は完了状態なんですけどねー
全てがこうなってれば何ら問題なくあとは大きくなるのを待つだけという具合なんだけども。

DSCF7269_縮小
DSCF7270_縮小

大きくなってきて擦れ傷が出るのでまた新聞をやってはおきました。
これをやりつつ数を数えたところ、現状で80個前後の結実でした。
結実率として2割にも満たない散々な現状です。

DSCF7274_縮小

そんでもって、物になる早めに結実したものでないリミットいっぱいで実がつきそうなのがこちら。
リミットいっぱいというかこれは実がついても完熟までは持っていけないだろうなーというやつ。
蔓が下まで下がりきってようやく実ができ始めた。
ここまで流れてしまうかーというのが率直なところです。
まあ実がつかないからといってもうやめるというわけにもいかないですから、
やれるだけのことはやってみたいと思います。

DSCF7273_縮小

そうなると問題は蔓の処理なんだけどね。
下がって通路にまで進出、これを再び吊ることは無理だから、
だましだまし収納するしかないんだけど・・・・
通路にあると防除もできないし、実ができないのと同じくらい厄介な問題になってしまってます。
ホントごたごたばかりで大変だーー


うどん粉もなかなかしぶといし、抑制はやめたほうが無難であると。
こうした施設よりも露地放任のほうがよっぽど楽にできそうだ。
来年は露地の早めと露地の抑制と年間通じて少しずつやってみようかしらー
とりあえずハウスはしんどい…(汗


2018-09-19(Wed)

サツマイモは草をむしっとけば大丈夫。

どもー
今日は当地一番の冷え込みだった。
ハウス内の温度計も9度を記録、結構ガツンと冷え込みましたね。
陽が落ちるとかなり冷えがきついのを実感できます。
寒暖差がはっきりしてきました。


さて本日はサツマイモの話。
サツマイモももうすぐ収穫期、自分の芋は10月に入ってからだと思いますが、
霜が本格化する前にはやってしまわないといけません。
草を完全に処理してからしばらく、その後の状況はこんな感じ。

DSCF7236_縮小

一応言っておきます。
ここは畑です。葛とかの生えてる原野じゃありません(笑
草を早くむしっておいたパープルスイートロードのほうがこんな状況。
やはり草をむしっておけばどうにでもなるみたいね。
ここまで茂るとは思ってもみなかった。

DSCF7237_縮小

これだけ見ると近年まれにみる茂りっぷりという感じ。
やっぱサツマイモはしっかり日が当たってないとだめですな。
根付くまでは曇り、それからはしっかり日光浴そんな感じがいいみたい。
ちょっと収穫が楽しみになってきた。

DSCF7238_縮小

一方草だらけのほうはやっぱりあれからでは生育ができないですね。
はっきりと、そりゃあもうはっきりと結果が出てます。
こっちのほうは収穫量は…
遅くなってからの草むしりはやってもやらなくても同じかねぇ。
多少の違いはあるかとは思うけど・・・・・


というわけでサツマイモはやはりしっかり草むしっとけばどうにかなりそうだ。
来年からはそこまでの量はできなくなるだろうけど、育てるなら草対策必至。
だからこそのマルチなんだろうけどー(汗


おまけ

DSCF7249_縮小

何もしてない菊芋が一番育ってる・・・・・
やはり最強は菊芋だな(大汗


2018-09-18(Tue)

キノコシーズン

昨日は久しぶりに山へ行ってきた。
キノコの確認というか、シオデの実があるかないかの確認がメイン。
山に入ると早速奴らがお出迎え。

DSCF7257_縮小
DSCF7258_縮小

何タケだろうか、入って早々群生してました。
雷でも落ちたのかってくらいたくさん。
キノコシーズンが本格化していましたよ。

DSCF7260_縮小
DSCF7261_縮小

他にもかなりの数のキノコが生えてました。
恒例のテングタケもありましたけど、それは少し過ぎ加減だったので没にしてます。

DSCF7263_縮小
DSCF7262_縮小

椎茸はまだのようです。
今年植菌したものは一番最初に置いた原木が朽ち果てた場所に再び置かれてました。
鎧伏せなんて久しぶりに見たわ。
かなり前に山に置いてた時はこれだったなぁ。

DSCF7246_縮小

ちなみに山だけでなく平地でもキノコは生えてましたよ。
苗ものを片付けた時にホウキタケが出てきたし。
寒暖差も出てきてキノコにはもってこいの時期がやってきた。

もう間もなく椎茸の自然子の発生となめこの大発生がやってきますね。
キノコのお仕事はずっと手を付けてませんけど、忙しくなる時期だなぁ。
本職だったらかき入れ時、いい季節がやってきた。



・・・・・ちなみに。


DSCF7254_縮小

シオデの実はなかったです。
かわりにアマドコロの実をゲット。
さてこれはどうすればいいのかしら??
まいとけば出てくるもんかねぇ。

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村