FC2ブログ
2037-12-31(Thu)

いんふぉめーしょん

ブログ訪問ありがとうございます。
この記事はトップページです。更新記事は下にあります。


椎茸に関する疑問質問、または注文に関することはメールフォームからお願いします。


      ・・おしらせ・・
    
           1kg.jpg

                    椎茸の注文も随時お受けします

           取り扱い商品については こちら の記事を参考にしてください。
        椎茸の発生状況・発生品種に関しては⇒ 発生状況   最新版 5月13日 NEW!
              乾燥しいたけも随時販売しておりますー

                                                                          
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


       ※ まずはじめに見ていただきたい椎茸のことについてのページです。
              
                    ↓↓ クリックでページを開きます
      
            ・第1回   椎茸の歴史 
         ・第2回   椎茸の栄養
         ・第3回   原木椎茸ができるまで
         ・第4回   原木と菌床の違い

            ・第5回   生椎茸あれこれ

  ※椎茸自家栽培向けページ完遂 ⇒⇒  レッツトライ!椎茸栽培
                                椎茸栽培をされる方の参考になれば。




 

ランキングに参加しています。
よろしければどうぞ。
押していただけると・・・走り続ける燃料になります。(笑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村

*別ウインドウで開くように設定しました。
 気軽にポチポチしてやってください
スポンサーサイト
2019-06-15(Sat)

チェーンポットネギ定植

本日曇りというか雨というか…
ずっと霧雨のような晴れてるようなそんな天候でした。
そんな天候ですがとうとう当地も梅雨入り、長ーいジメジメ生活が始まりますね。

さて本日はネギ定植の話題。
こちらは昨日の午後に雨が降ってこないうちにーと急いで頑張りましたよ。

P1030719_縮小

まずは下準備として掘ってからしばらくした畑の草むしりからスタート。
とはいえこの場所は結構不毛の大地、草自体はさほど生えてはいません。
それも今のうちなんですけどねー雨が降り出すとここにはイネ科雑草がやばいことになります。

P1030735_縮小

それから肥料を振って鍬で耕した。
トラクターならガーッと1回で終わることを延々と鍬で(汗
たかだか50㎡とはいえ鍬で掘るなんてのはクレイジーだ。
文明の利器を使うに限る。

P1030736_縮小

まあそんなこんなで掘り終わったところで植え溝を掘ります。
今年はチェーンポット苗なのでさほど深く掘らず溝を切る程度で。
これもチェーンポット用の定植機があればやる必要のない作業ではありますが、
その機械が10万位するもんで手が出せませーん。
機械といっても人力でやるものですけど、これだと非常に楽なんだよねぇ。
これ含めてネギ栽培チェーンポット一式買うと20万前後というところでしょうか。

P1030737_縮小

そのチェーンポット苗がこちら。
今年も相変わらずネギ苗は一度ダメにしてからの再生で時間が無駄にかかってしまってます。
そんなもんで葉色もだいぶ悪いですね・・・・

P1030738_縮小

ダメにしてるので完全に死んでしまって穴だらけ。
結局暗がりで育ったものはどんなに姿が良くてもヒョロガリもやしっ子であるということだよ。
日に当てたらすぐにバタバタと倒れる始末だからねぇ。

P1030739_縮小

穴あき部分は詰めて間隔を調整しつつ定植を進めます。
チェーンポットというのはこのように1本の鎖状につながっています。
要するに最初を止めといて専用のやつで引っ張っていくだけで定植完了という具合。
専用のものがなくても普通に苗を植えるよりはだいぶ楽です。

P1030740_縮小

なによりねぎ苗というと定植時に根元の部分がどうしても曲がってしまいがちなんですが、
このチェーンポットだと直立状態で定植できるため、完全にまっすぐな葱を育てることができます。
定植しやすく姿もよくなるというのはかなりのメリットになります。
ただ上記の通り一式そろえると結構な値段になってしまうってところがネックですかねぇ。

P1030742_縮小
P1030741_縮小

最後に土寄せして定植完了。
チェーンポット3つで2畝くらいかと思ってたけどちょっと足りなかったです。
まあ穴だらけになったことで長さが足りなくなったのがあったので、
ちゃんと育苗できてれば大体こんなもんかなーと思います。

とりあえず今年初めてチェーンポットでやってみた感想として、
苗づくりは毎度の失敗なのでそこに注意してれば何ら問題なくできそうだったし、
定植時も思いのほか簡単にできたのでこれはよかったかなーと思いました。
根っこが思いのほか育苗箱から出てしまったので、根をとめるシートは必須かなーという点が来年への注意点ですかね。
残り種は全部消費したので来年以降どんなふうにネギをやっていくかその辺も考えときたい。
まずはこのネギ栽培がうまくいくかどうかですがねー
初めてのチェーンポット育苗葱の栽培が始まりましたよ。




2019-06-14(Fri)

くりりんの整枝はいります

今日は久しぶりの真夏日、とはならなかったけど暑かった。
ただしこの天気も今日まで、明日から3日くらい雨が降るらしいので、
畑でできることはしておいたほうが良いと家の仕事もそこそこに畑に出た。

P1030726_縮小
P1030727_縮小

本日は昨日のメロンネタからの流れではないけれど南瓜の整枝に入ります。
ただしメインを張る特濃こふきはこんな状態。
これだとまだ整枝ができる状態ではないのでこちらは放置することに。
正直ごちゃつきすぎてやる気が起きない(苦笑

P1030729_縮小
P1030728_縮小

かといってプリメラクイーンも何となく微妙。
もう少しはっきりとわかるようになってからのほうがいいかと、今日は一番伸びが良かったくりりんのみ整枝。

P1030731_縮小

くりりんはほかのものに比べると節間がある程度とれてるので整枝しやすいほうだと思う。
何本かある子づるから良いものを3本選んでいきます。
こういうのは人によって本数が変わるので、2本でも4本でもそこらへんは自在かと。
まあ株間と相談しつつというところでしょうかね。
今年は少し狭いかなーとは思いつつ80株間の3本でやってみます。

P1030732_縮小

こちらが整枝したあと。
強い子蔓以外はすべて取り除くので結構やってしまうとすっきりした感じになります。
すっきりはするんだけどはっきりとした子づるになってないとあれこれ悩むことになるので、
この作業は結構時間がかかってしまいますね。
特濃こふきはホント気が重いです・・・・・

P1030733_縮小

子づるを選ぶ際も場合によっては偏ることもあり、
こちらは偶数節の片側ばかりになった状態。
これはこれで横向かせてそのまま伸ばせばいいのでいいんですが、
子づるの出方次第でその後の誘引作業にもかかわるので選ぶのは慎重に。


P1030725_縮小

今回やって思ったのがある程度株が大きくなってないと子蔓選別が難しいなーということ。
まあ十分に大きい特濃こふきは品種的な問題でこの点論外になってますが、

P1030734_縮小

こうやって見ると右のほうはできるけど左はまだでした。
芯止めした株が大きくなって子づるに栄養が行けばということでしょうね。

P1030723_縮小
P1030724_縮小
P1030722_縮小

大体の目安が手より葉が大きいというところでしょうかね。
南瓜は大きくなりだすとぐいぐい来ますからそんなのはあっという間になってしまうと思います。
だからこそ明日から3日できないというのは・・・少しばかりやばそうだ。
この辺天気と相談でしょうけどねーやるべき時にやれないと後半が怖いわーー
来週以降死に物狂いで整枝作業が待っとるな。


おまけ。

P1030730_縮小

田圃がグライ土だって話をしたけど、掘って時間がたったことで鉄が酸化してきた。
土が真っ赤だぜーー
青から赤へ、これぞ天然の化学反応だーー


2019-06-13(Thu)

メロンの整枝をする。

今年は道楽から卒業するべく早植えしたメロン。
そろそろ株元がごちゃついてきたので子づる2本に整枝をします。

P1030707_縮小

もっさりしてますね。
南瓜に比べるとかなり生育がのんびり。
多分夜温が低いせいでしょうねぇ。ちゃんと夜にトンネルかけとけば違うかもしれないけども・・・・

P1030575_縮小

ちなみに植えた時はこんな状況。
これがごちゃーっとなってるわけでござい。
これからすればだいぶ大きくなった気はしますね。

P1030708_縮小

南瓜と違いこちらは芯止めをしてから定植。
なので残っている子づるの中から良いものを2本選んで整枝していけばいいだけなので楽です。
基本的に3本子づるがあるので、1本除けばいいだけと選択肢が少なくていい。

P1030709_縮小

大体根元の2本が強いのでそれを選んで除いて完了。
たまに根元よりも先端のほうが太いものがあったりするので、そういったものもしっかり選んでいきますよ。
このほかに子葉についてる蔓も除去する株もありますけどね。
これでだいぶすっきりしました。

P1030710_縮小

とるときはこのように離層の部分できれいに取り除きます。
こうすることで余計な傷がつかず治りも早くなるとのことだ。
こういうのって何でも言えることでトマトの脇芽かきなどでもきれいに取れるかとれないかで違ってくるわけよねー
まあ大きくなりすぎるとこうしてきれいに取れないこともあるので、
その辺の加減はうまくやらないとだめですけども。

さてこれでメロンはしばらく放置になります。
この後は子蔓がある程度伸びた段階で孫蔓除去、蔓ひき、着果節位調整などなどですね。
ちょっと現段階で病気の気配があったので防除もしておきましたが、
やはりメロンの露地栽培では病気がシビアになってきそうな気配である…
南瓜に比べると手のかかってしまうものになりますが、なんとしても収穫を迎えたいところでありまする。


2019-06-12(Wed)

赤大豆定植!

今日はいい天気、あいかわらずらずこちらは天気がいい。
なにやら少雨で農業に影響がなんていう地域も出てきているらしく、ちょっと記録的に雨が少ない模様である。
横手市の降水量に関しては並ぐらいには降ってる気はするけど、
やっぱり平年よりは少ないのかもしれないですね。
次の雨は週末らしいけどどのくらい降るのか、というか本当に降るのか??(笑


さて本日は赤大豆の定植の話題。
今年は去年より1週間早くまいた赤大豆ですが、ようやくそろったところで定植です。

P1030694_縮小
P1030695_縮小

今年は去年よりもだいぶ身長が低くしっかりとした苗になった。
これぐらいの苗が一番いいんだろうけど、ここまでうまくいったのは初めてじゃないかと思う。
自家採種の分発芽率も極良、今のところは最高の状況だ。

P1030696_縮小

畝はこちらのなんだかよくわからんスペースで。
人参の隣とかいろいろと思案した結果ここで落ち着きました。

P1030705_縮小
P1030706_縮小

いつものごとく30㎝ピッチ2株植えで定植。
畝が短い分倒伏防止線を張りやすくていいかとは思うけれど、その分畝数があるのでちょっと大変かな。
徒長してないからがっしり低めに育ってくれるとありがたいんだけど。

P1030704_縮小

少し余った分は蔓ありインゲンを植えるはずだったあまりの畝に定植。
蔓ありインゲンの出来があまりにダメなので有効利用だね。

P1030701_縮小

これだけいいのでダメ苗はシビアに。
こういった怪しげなものは姿かたちが良くても定植しないでおきます。
なんやかんやで192粒まいて174株定植できているので十分だわ。
苗づくりがこれほどうまくいったので赤大豆には期待をしたいところである。
水不足が考えられるのでそこは注意しておきたいですねー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村