2012-07-31(Tue)

トマトが枯れた

IMG_1910_縮小

ここまで順調に育ってきたトマト。
昨日の昼に行ってみると、1本萎れ塩梅。
ここのところの晴れ続きで水切れでもしたのかと、
水をやり草マルチを厚めにしておいたんですが・・・

IMG_1912_縮小

今日の夕方にはさらにひどくなり、枯れてしまいました。
実もついてたので残念です。

これが噂の「青枯病」ってやつか?
だとしたら早急に手段をとらないと、他のトマトも枯れちまいますね。
まずいまずい!!
明日の朝一で除去作業を行いたいと思います。
スポンサーサイト
2012-07-31(Tue)

オニイグチ

夏場に出るきのこはそう多くはありません。
その中でも最近よく出てくるのが「オニイグチ」

IMG_1901_縮小

いや、でもこれが本当に「オニイグチ」かはわかりません。
なぜなら、「オニイグチモドキ」という非常によく似たやつがいるからです。

まあそれは置いといて、このオニイグチ、
きのこ小屋の裏にある雑木林に出てきます。
図鑑では「食用」となってますが、食べた事はありません。


IMG_0162_縮小

これは3年前くらいにとって来たやつ。
結構大物キノコ。食い応え有りそう。

IMG_0163_縮小

裏を見るとイグチ系だとすぐわかる「管孔」
ただ、問題なのが・・・

IMG_0164_縮小

触ったところがすぐに黒ずむってこと。
かなり気を使わないとだめってことか?


オニイグチは椎茸と違って「菌根菌」です。
なかなか面白い研究がされてるというのをこの間見つけたんですが、
詳細は難しすぎてわからなかったです(笑)

これを食べた事のある方いますかね?
どんな味がするのか知ってる方教えてください。
2012-07-31(Tue)

高温注意

今日の当地は非常に暑かった。
気温は午後の方が高くなりそうだけど、実際暑かったのは午前。
午後からは幾分湿度が下がって涼しくなった。
あと、夏特有の天気というか、夕方は雷鳴が鳴りまして、
一雨きそうな天気でしたが・・残念ながら降りませんでした。

さて、今日のハウス内の温度は・・・

IMG_1903_縮小

10時ころで36度
このあと38度まで上昇しました。

でも、この温度計があるところはまだ低いところ。
ハウスで暑いところといえば上の方ですよ。
という事で実験してみましたら・・・

IMG_1911_縮小


なんとまあ43・5℃を記録。
道理で顔のあたりは尋常じゃなく暑いはずだ・・・


こう暑いとですね、きのこが高温障害を起こします。
気温が下がったときに芽が出て大きくなり始めるんですが、
気温が高くなると、形状に異常が出てきます。
写真がないのであれですが、おもに軸がおかしくなります。

比較的暑さに強い夏菌であれば、そうでもないんですが、
夏菌は暑くなると成長が早くなりすぎて肉がつかないので駄目です。

そもそもですが、夏場に椎茸作る必要はあるのですかね??
このくそ暑い中どうにか育てた椎茸も、
市場に出せば底値底値。

「夏だ!!そうだ、椎茸を食おう!!」
なんてなりませんしねぇ・・・
バーベキューで椎茸焼いて食えばおいしいんですが・・・
夏にあう椎茸の食い方なんてあるもんでしょうか?
2012-07-30(Mon)

水かえ

フナを入れてる水槽の水かえを行いました。
ろ過装置もエアーもない水槽。
金魚が「鼻あげ」をしだしたので水かえをする事に。
鼻あげしだしてからエアーをやったり水を足したりしても意味がありません。


50リッターはいる水槽の7,8分まで水を入れているので
重さが35キロ以上。重い・・・
どうにか外へ運んで水を捨て、洗ってまた水を入れて完了。
1日置いて入れると落ち着いたようです。

さて、この間買ってきた「コメット」ですが
1匹浮き袋がおかしくなったのか沈めなくなりました。

IMG_1880_縮小

白と赤のきれいな奴なので気に入ってたんですが、
おかしかったのですぐに薬浴。
すぐに沈めないのは収まりました。
もう少ししたら戻してやりたいと思います。
どんな事でも日々の観察が大事だなと思います。
2012-07-30(Mon)

このトマトは成長不良なのか?

IMG_1891_縮小

この画像を見て、これは成長不良であると思う方いますでしょうか?
これだけじゃわからないというのもあると思いますが、
この間読んだ本では
「花から花までの間に葉が5枚以上あるのが良い」
という記述がありました。

この写真の実がついてるところから上の花まで3つしか葉がありません。
他の株も大体は3枚か4枚。
これは成長不良なんでしょうか?
葉の色は悪くなく、株もどんどん大きくなっています。

IMG_1888_縮小

今回4回目の誘引をしたんですが、このように脇芽がたくさん伸びます。
2,3日でもうあたらしい脇芽が大きくなっていて、
知らない間に「これ脇芽か??」くらいなることも。


IMG_1892_縮小

近くに植えたバジルはまるで駄目になってますが、
そのおかげなのかトマトには虫もつかず青々としています。
だけども本では成長不良ですよ・・と。
本当にこれで成長不良なもんでしょうかね?
2012-07-30(Mon)

納涼祭は大変だった。

昨日行われた納涼祭にスタッフとして駆り出された私。
担当したのは「焼そば」でした。

納涼祭が始まりともう、馬車馬のごとく働かなくてはならなくて、
麺をほぐし水を切り、パック詰めやらトッピングやら・・・
もうね忙しいにもほどがありました。


予定してた100人前は出なかったんですが、
70くらいは売れました。
地域の小さなお祭りにしてはよくできた方かな?


さて、お祭りが終わったのは9時。
ジャイアンリサイタルならぬ、ジャイ子リサイタルあり
金魚すくいではしゃぐおじさんありなかなか盛り上がりました。

その後片付けやって、そのまま反省会。
10時近くからなのに宴会が始まります。

ぶっちゃけ始まる前から飲んでましたから、
反省会あたりじゃみんな出来上がってるんですよねー
私は下戸なので頑なに断りを入れましたけど、
11時まで宴会が続きました。

宴会の片付けとかで帰ったのが11時半過ぎでしたので
風呂入って寝たのが12時過ぎ。
日曜と余裕こいてオリンピック見て、2時就寝だったので
連日夜更かしは結構こたえました。

今日はそんな体にはきつい猛暑。
肉体披露時いや肉体疲労時に飲むものでなんとかやり過ごしましたけど・・・
明日に引きずらないように今日は早く寝たいと思います。
2012-07-29(Sun)

納涼祭

今日は地区の納涼祭。
まだ暑さが始まったばかりですが、「涼を納める」らしいです。(笑)

地区では「サマーフェスティバル」というものをやってたんですが、
2000年あたりから大雨だったり、不幸があったりで
いつの間にやらなくなってました。

そのかわり?なのか、また小さく集まり始めまして、
去年に続いて今年も納涼祭を行う事になったようです。


私も準備人員としてこれから3時ころ向かいます。
同じ年代がいないので、何というか居づらいんですが、
地区に住んでて地区の集まりに行かないのもねぇ。
何を担当するのかは連絡が不行き届きで分かりませんが、
がんばってきたいと思います。
2012-07-29(Sun)

〇〇虫の季節

昨日、オリンピックを見過ぎて寝不足です。
体操予選見て寝たんですが、左足がずきずきと痛くて
なかなか寝付けず、ようやく寝たのが多分2時過ぎ。
眠いです・・・


オリンピックもねぇ、柔道は残念でしたし、
体操の予選もいまいちピリッとしませんでしたね。
内村があんだけミスするんですから、オリンピックには魔物が住んでますね。
エアピストルのお巡りさんも予選敗退・・・無念。

でも、重量挙げの銀、400メートルメドレー銅と、
すごい結果が出てる事はすごい事です。
やっぱし、期待しすぎも問題ありますね。



さて、長くなりましたが、きのこ小屋にあの虫が現れ始めました。

IMG_1867_縮小

クワガタです。
産卵するのが目的のためか、現れるのはメスが大半。
薄暗い所で地面を歩いているので、気がつかず踏んでしまう事も。

IMG_1877_縮小

あとね、こいつら。
こっちもメスばっかり。
捕虫器にどこからともなく飛んできます。


そして珍しくこんなのも。

IMG_1868_縮小

蝉が羽化してました。
この写真撮る数分前まで、ぬけがらがすぐ下にあったんですが、

IMG_1869_縮小

落ちちゃってました。
惜しいチャンスを逃しました。

IMG_1870_縮小

全体を見るとずいぶん高くまで上っているのがわかります。
こんなに高く登る必要性あったのか?
この1時間後くらいに見たらもう飛んでいってました。
蝉の短い一生の始まりですね。

こんな感じで、子供の頃ならわくわくするような虫がたくさん出てきます。
まあ、害虫と呼ぶ虫もたくさん出てきますが・・・
まだまだ自然豊かなところです。
2012-07-29(Sun)

カボチャに実がついた

畑に最も早く植えたカボチャ「甘龍」
苗の老化とかで、なかなか大きくならなかったんですが、
見廻りに行くと実がなってました。

IMG_1873_縮小

流石、長いカボチャなだけあって一発でわかります。
全く知らない間に花が咲いてたんでしょう。

でもよく見ていくと、
IMG_1893_縮小

他にも「雌花」がちらほらありますし、

IMG_1894_縮小

株元付近には「雄花」もあります。
成長初期には雄花が咲きまくって、意味のない状態でした。
最近ようやく雌花が出たのであとはお任せ。


IMG_1896_縮小

全体像で見るとそんなにまだ大きくなってない感じですが、
部分部分ではつるが2メートル近く伸びてるところもあり、
最初の成長の無さからすると、ずいぶん立派になりました。

このかぼちゃがしっかり大きくなって、
うまいカボチャになってくれれば万々歳ですね。
2012-07-28(Sat)

イタリアントマトが肥大してきた

IMG_1871_縮小

イタリアントマトが肥大してきました。
最近のトマトの成長っぷりはすごくて、
毎日見に行ってるんですが、毎日大きくなってるのがわかります。

でもこの形、本来の形なんでしょうか?
もう少し、「シシリアンルージュ」に近い形だと思ったんですけど、
なんだか下膨れ・・・

でも、こんなのよりましか。

IMG_1889_縮小


なんかおまけついてるーーー(笑)
花がうまくとれなかったせいだと思いますが
こんなのありか・・・
これがどのくらい大きくなって色づくのか、
さらに観察を続けます。
2012-07-28(Sat)

7つ葉の日

今日は7月28日。
7つ葉の日であります。

今年はまだ7つ葉は見つかっていませんが、
去年見つけたものがあります。

IMG_1819_縮小

葉っぱが7枚ある事がわかるように広げるのが難しい。
右のが初めて見つけたのもの。
茎が邪魔でとっちゃってます。

IMG_1820_縮小

左のを拡大すると分かるんですが、
茎がものすごく太いんですよ。
見つけた時は茎が2本分ありました。
(4つ葉に3つ葉がドッキングした感じ。)


本当は3枚見つけたんですが、
友人に1つあげちゃったので手元にあるのが2枚。
今年も見つけられればいいんですが、
去年見つけたところは今年はいまいちでして、なかなか見つかりません。

今年も案の定多葉ネタが新聞に載りましたが、
しょっぱなから9つ葉・・・
もうどう仕様もありません。
ここら近辺にもそんな多葉あるんでしょうかね?
2012-07-28(Sat)

巨大果の収穫

待ちにまった巨大果の収穫。
一般的に大きいとされるのは「チャンドラー」だけど、
ウチの巨大果は「チッペワ」

チッペワが最も大きいなんて聞いた事がないんだけど、
実際今年なってる実はどれも大きくて、

IMG_1847_縮小

この一番手前のが最大果。
この裏にも負けず劣らずのがあります。


さて収穫したのがこちら。

IMG_1878_縮小

結構大きめなのが採れました。
大半がブルーレイ。味も大きさも満足満足。優秀です。
そしてこちらが最大果。

IMG_1879_縮小

25mm。もう少しで500円サイズ。
ブルーベリーのブログではよくネタになってる大きさですが、
自分でこの大きさを目の当たりにするとね・・
非常にテンションあがってきます。
まだスカー付近がピンクなのでもう少しおいても良かったか?

どうしても落下被害やら、虫被害やらで置いておけなくなっています。
もう一個ある巨大果はじっくり我慢してみます。
2012-07-27(Fri)

枯れても丸い

満開の花もすでに枯れてしまいましたが、
面白い事に丸い物はまだ存在しています。

IMG_1866_縮小

そうそう、花1輪見るとこういったもの。
花弁は5枚。
いまいちどれが雄蕊でどれが雌蕊かわかりません。

IMG_1864_縮小

抜いてみるとこうなってます。
結構長いんですよ。
球体につながってたところに種があるはずなので、
残ってる丸いやつには種がびっしり入ってるはず・・・

だけども枯れるわけでもなし、
花が終わっても華があると言ったところでしょうか。
なかなか面白い花のようです。
2012-07-27(Fri)

夏が来た

北東北の梅雨も明け、本格的な夏到来。
今日もムシムシと非常に不快な一日でした。

夏が来た、と実感したのがラジオから流れてくる
「夏休み子ども科学電話相談」
毎年聞いてますがこれが始まると夏だなぁと。


そうそう、世間じゃもう夏休みなんですよねぇ。
高校卒業してから全く長期休養なんて経験してませんから、
夏休みに限らず、ゴールデンなんとかとか知ったこっちゃありません。

夏が来たけど、どこかに行くわけでもなく、
ただ黙々と仕事の日々。
こんな生活に慣れてしまったんで、別にどこか行きたいとかもないんですけども・・・
ハァ詰まらん生活送ってんな・・・


でもまあ、今年はオリンピックがありますからね。
深夜帯ですけど・・・
ちょっと気になった、エアピストルのおっちゃんを応援します。
がんばれニッポン。
2012-07-26(Thu)

一向に出ない芽

今年はいろんな種をまいているんですが、
その中でも一向に芽が出ないものもあります。

IMG_1719_縮小

芽が出てるのは「瑠璃玉アザミ(ウラジロヒゴタイ)」
空いている所は、「スカビオス」「キューピッドダーツ」です。
宿根草というので買ってみたんですが、
発芽率はいまだゼロ。全く発芽しません。
種がだめなのか、管理がだめなのか分かりませんけど、
こんだけ芽が出ないものも珍しい。

何かコツが必要な種だったんでしょうか?
育てた事のある方、情報を下さい。
2012-07-26(Thu)

焼けたホダ木

ホダ木は直射日光が大嫌い。
だけど直射が当ってしまう事もあるにはあります。
それが雪解けの時です。

冬場はシェードをはずしておくんですが、
雪が完全に溶けるまでシェードを張る事が出来ないんですね。
そのためとけ切るまでは完全に直射日光が当たりまくり。


この間、今年使う夏菌の天地返しをしていたオヤジさんが
「ホダ木が焼けている」
というので見てみましたところ・・・

IMG_1844_縮小

この白くなっている所が焼けている所。
直射日光でこうなったのではなく、
直射日光によって椎茸菌が死滅してしまったため、
そこに雑菌が繁殖してしまったのでこうなった。

IMG_1843_縮小

丸く縁取ったみたいなところがありますが、
植菌穴に対して縁取ったようになって雑菌がついています。
こうなると残った椎茸菌がある内はきのこが出ますが、
すぐにホダ木がだめになってしまいます。


春先にホームセンターでホダ木を売ってますが、
このように直射の当たるようなところにおいてあるものは避けるのが賢明。
買ってきたり、自分で植菌したりしたものでも
ホダ木を置く場所には十分注意しないとこうなります。
長期間の収穫を楽しむなら管理は万全に。
2012-07-25(Wed)

所詮見てくれ

この前道の駅に出した「バジル」
初期の10個は完売。
育苗箱にまいて鉢上げした後期のものも売ったんですが・・・
やっぱし「ハモグリバエ」の被害があるせいか売れず、売れ残りました。


鉢上げした際、それでも被害の少ない物を選んだんですが、
やっぱり「虫食い」というだけで手を出しません。
これから大きくすればいくらでも葉は出てくるんですが、
「今」現在の状態が気になって気になってしょうがないらしい。

IMG_1845_縮小

売れ残ったものと一緒に鉢上げしたもの。
現在はこれくらい大きくなってかなり葉がつきました。

んで、売れ残りもこんだけ大きくなって葉が出たので、
被害のある葉を落として再び出したわけですよ。


売れたんですよねーー
やっぱし見てくれなんですよねーー

現代日本人は、「作物を虫に食われないように育てることの難しさ」
を知らな過ぎなんですよね。
しかも無農薬でという注文までつきますし。

米にしろ野菜にしろ、普通に育てりゃ虫食って当たり前のもの。
見てくれのいい物だけが本物じゃないでしょうに。
2012-07-25(Wed)

果実に害が発生

ブルーベリーに虫害?が発生し始めました。
気付いたのは収穫してた時。
なんでかアリが大量にたかってたんですよ。
見てみると果実に穴があいてて、それをありが食ってたってやつ。

まあアリは食害された果実を処理してたわけですからいいんですが、
その前に害したやつがいるのが気に食わん。

その後もアリによる処理行動が見られたんですが、
落下してたやつに吸汁したような跡が!!
思い返せばパトリオットのつり上げをしたときに、
緑色した「カメ虫」がいたんですよねー

IMG_1261_縮小
(これは春に柑橘についていたカメムシ。このあたりではこのカメムシが大量に出る)

カメムシってえとイネにもつき、豆にもつき、そして果実にもつき。
おまけに臭いにおいを出すひでぇ害虫。
秋田県では「アネコムシ」の別名でも呼ばれる虫。
とにかく都会で言う「ゴキブリ」並みの害虫。
何にも役に立たないこんな虫、なんで大量にいるんだか・・・

IMG_1810_縮小

これが多分吸汁された後大きくなったもの。
穴が大きくなってるので、被害果かどうかわからないですが。

IMG_1812_縮小

これは何かほかの虫にかじられたものと、吸汁被害果(右)
刺されたところが腐ってしまってます。


さて、この腐ってしまっているというのが今回大問題なんです。
収穫中なぜか果実がぽろぽろ落ちるんで不思議だったんですが、
その果実を見ると腐ってるんです。

IMG_1823_縮小

熟しすぎて落下してしまったとかなら分かるんですが、
落ちたものはすべて果柄も一緒に落ちます。

IMG_1824_縮小

そんでもって触ればぐにゃぐにゃ。
付け根から腐った汁が出てきます。

問題はここから。
腐っただけならまだしも、

IMG_1821_縮小

分かりますかねー、「ウジ」がいるのが。
腐った果実1個に1匹ウジが入ってるんですよ。

IMG_1822_縮小

どこからこんなウジが入ったのかわかりません。
傷もなく果実に入っているのが不思議でなりません。
しかも結構多く被害があります。
レカ・ブルーレイ・デューク?に被害が出ています。
大きい果実にも被害があってもう最悪です。

現在、500円玉サイズにかなり近い実の収穫間近。
この実が被害を受けたら発狂してしまうでよ・・・
2012-07-25(Wed)

長靴をとりかえる

小屋での作業中はいつも長靴。
晴れの日、雨の日、雪の日だって長靴。
だから長靴の耐用年数が短い。
去年の長靴がだめになったので交換する事にしました。

IMG_1825_縮小

ぱっと見まだ大丈夫な感じですが、
良く見てみると・・・

IMG_1826_縮小

親指のところがひび割れ。
ここは毎年必ずこうなります。
ここがひび割れたら大体交換時期。
雨降りの時とか水がしみてきますんで。


IMG_1827_縮小

んで今年は珍しくかかとの部分も割れてました。
安モン買ってきたせいだろうか・・・
今回の長靴も1680円。
また1年持てばいいといったものです。


IMG_1828_縮小

底はあんまりすれてません。
意識してズリ歩かないようにしてますんで。
着地の際のかかとの部分がちょっと擦れてますけども。

やっぱり1日数千歩も歩いてりゃすぐダメになりますわな。
こればっかりは消耗品として割り切るしかありません。
2012-07-24(Tue)

たまには自然でも眺めようか

IMG_1851_縮小

小屋の裏に広がる風景。
モミジ、桜、杉、松、朴の木・・・
ザ・雑木林が広がっている。
いまは蝉が鳴き放題。鳥も鳴き放題。


小屋のすぐ裏に行くと、
IMG_1852_縮小

ミズナラの実、つまりどんぐりがなってました。

IMG_1853_縮小

まだまだ若い実ですが確かにどんぐりです。
どんぐりが不作で、なんて言いますが今年もここではちゃんとなっています。
何が悪くてならないのかはわかりませんが、
ここらでは普通になるみたいです。

やっぱり山内は大自然ですね。(笑)
ド田舎ーとかいうのはやめてーー(笑)
2012-07-24(Tue)

暑さ対策

今日もかなり蒸し暑い当地。
雨が降る前というかなりの湿度コンディション。
ハウスの中は結構な高温になります。

という事で、ホダ木の暑さ対策をしています。

IMG_1858_縮小

棚の下段にだけ並べてます。
これやると通常の2倍以上棚を使うんで、私の作業は大変になります。
ただ、上段と下段の温度差が結構あるので仕方ありません。

IMG_1859_縮小

ずらっと奥まで下段だけ。
結構効果はあるようで、

IMG_1860_縮小

こちら一昨年の夏菌「優実」
古ホダですけどまあまあの大きさ。
夏菌はえてして肉がつかなくなるんですが、これはまずまず。

IMG_1861_縮小

ずーむあっぷ!!
なかなか大きいきのこになっています。


IMG_1863_縮小

そんでもってこちらは055。
5kに代わるキノコ。
流石に肉があって大きくうまそうです。

ただ、上段に並んだのはやっぱり高温のせいか出が悪い。
(2枚目の写真の左隅に写ってる)
椎茸菌は30度を超えると動きが悪くなるらしい。
まだこちらは梅雨が明けてないので、真夏はまだこれから。
まだまだ暑さ対策をしていかないとなりません。
2012-07-24(Tue)

ネキリとコガネ

昨日ニンジンいじりをしていたらこんなのがありました。

IMG_1832_縮小

むむっ!!
こいつは例の「ネキリ」とかいうやつか??
枯れたニンジンのところを掘って見ると出ましたよ。

IMG_1834_縮小

実はうちの婆さまが「ネキリにやられて困っている」
という話をしていた矢先に私の畑に出現。
噂をすれば・・・なんてよく言いますが、出なくていいもんは出ないでほしい。


このネキリムシ。
カブラヤガとかタマナヤガとかいう「ヤガ(野蛾)」の幼虫らしい。
こいつにかかればネギだろうがニンジンだろうがお構いなし。
どんどん地際を食われて枯れてしまいます。
土の中にいますから対策も難しいですね。(農薬使えば別)


さて、対するコガネ。
鉢植えに入られると甚大な被害になりますが・・・

IMG_1849_縮小

にらを植えてあるプランターの土が妙に浮いてると思ったらいました。
しかも大量。掘ればいくらでも出てきます。
でもね、にらは枯れてないんですよ。

IMG_1850_縮小

このように、にらの根元を避けて掘ってます。
つまり、ネキリのように枯らしてしまうようなことはないってこと。
まあ植物を食うネキリと、土を食うコガネの違いですが・・・
(土を食う過程で根も食害してしまうんですね)

このままにらが枯れなければ何か手を打つことはしません。
むしろ土が掘れていいのかも・・・
まあでも、被害が出てからの対処よりも事前の対処の方がいいんでしょうけど。
2012-07-23(Mon)

ゴムタケが生えていた

今年植えたナメコの様子を見に行きました。
草ぼうぼうの中ホダ木を見に行くと・・・

IMG_1761_縮小

生えてましたよ生えてましたよ――
このゴムタケ、実は意外にも食用。
でも食った事はありません。
触った感じはまさにゴム。
似たような毒菌がないので食えるきのこでは安心なのですがねぇ。

IMG_1762_縮小

こんな感じでいたるところに出てました。
ゴムタケは害菌とも言われますが、
植菌した菌の周り具合を知る指標にもなるそうです。

これが出るってことはよい状態なんだそうで、
ナメコの菌がしっかり回ってるんだと思います。
来年はがっつりナメコが出てくれよー
2012-07-23(Mon)

ニンジンいじり

ニンジンの中耕と除草、あと間引きをしました。
除草は見つけ次第やってたんですけど、
地下茎で現れるやつとか、ニンジンのすぐわきに出たりで見落としもあり、
今日いっぺんにこなしました。

IMG_1835_縮小

芽出しがうまくいったので、はじめてにしては上々の数。
ただ、土が硬くなりすぎるので中耕が大変。
(以前に1回中耕した後だけど雨降ってがちがちになった)
どうにかこうにかレーキで土をこなしました。


ここのニンジンは紫と白のニンジン。
だんだん特徴が出てきまして、

IMG_1836_縮小

これは紫のニンジン。
茎まで紫になってます。

IMG_1837_縮小

こちら白ニンジン。
一見普通のニンジン。
だけど・・・

IMG_1833_縮小

間引いたやつは確かに白ニンジン。
結構成長してるようです。


IMG_1838_縮小

上から見たもの。
左が紫ニンジン、右が白ニンジン。
どうも白ニンジンの方が生育がよさそう。

もう1回間引いたらあとは収穫。
どれくらいの収穫があるのか楽しみです。

2012-07-23(Mon)

カシスの日

今日7月23日はカシスの日。
なんで今日がカシスの日かといえば・・・

カシスの収穫は真夏。
そのため、夏の暑さという事で24節気の「大暑」に当たる7月23日に制定されました。
(今年は22日だったけど、年によって22か23になる)

ウチのカシスはすべて収穫済みなんですが、
カシスってこれからが最盛期なのかな?
一応品種が色々とあるようですし・・・


さて、カシスは真夏に収穫するとはいえ、強い日差しが苦手。
ウチのカシスもブルーベリーに囲まれてるとはいえ、どうも最近バテ気味。
あまり虫がつかないとか、メリットはあるんですが、
夏の過ごし方が問題ですね。

今日の「カシスの日」みたいな記念日とは裏腹に
樹自体はそんなに暑さが好きでないというのはなんだかねぇ・・
2012-07-22(Sun)

イチゴ最終年 花は咲けども実は食えん

さて、もうすでに栽培終了してしまいましたイチゴ。
過去ネタで盛り上がりたいと思います。

IMG_0489_縮小

これは房の香。(多分)
たしかホーマックで買ったやつ。
ずいぶん立派な苗でした。
うどん粉に強いとか書いてありましたけどね、やっぱりね・・・


IMG_0403_縮小

こちらはカラン。
四季なりイチゴ。
四季成りはこれが初めで最後。
八重の花でした。実もまずまずなったのかな?


IMG_0494_縮小

そんでもって桜香。
ピンクの花のイチゴ。
これは意外と優秀で、大きい物が結構とれました。
今年も期待してたんですが、全滅してしまいがっくし・・・


あとは女峰とか幸の香とか色々あったんですけどね・・・
花が咲いても実が・・ついてうどん粉・・ひどいわーーー

苦労に苦労を重ねた末の収穫できず。
全くイチゴは割に合いません。
2012-07-22(Sun)

作業紹介 木を浸水する

木をよせる、木を並べると来て、最後は木の浸水。
日常の作業でこれをしないときのこは出ないという重要な作業。
今回はその内容をお伝えします。


まずは、木を浸水する水槽。
IMG_1535_縮小

枠が4つはいるくらいの大きさ。
水面に浮かんでいるのは「封ろう」
水深は約1,5メートル。
両はしは浮かばないように止める事が出来るんですが、
中2つは止める事が出来ないので特殊作業が。

IMG_1459_縮小

こうやって前の日浸水したホダ木がおもしになるわけです。
なので、浸水したものは1日置いてから並べる事になります。


さて、肝心なホダ木を枠に詰め込む作業。
まずは空の枠を運搬車に乗せ、休養舎へGO!!

IMG_1737_縮小

今回浸水するのは右に見えますホダ木。
枠になるべく偏らないように入れていきます。
注意するのは、端に曲がった木を入れないようにすること。
浸水した際、隣とぶつかって皮が剥げてしまうからです。


IMG_1740_縮小

うまい事調整して隙間なく上まで入れます。
隙間があると浸水した際、ホダ木が遊びます。


IMG_1741_縮小

中央寄りに入れます。
片側が長いと吊り上げた時アンバランスになります。
多少どっちかによっても問題はありませんが。

これをチェーンブロックで吊り上げ、浸水します。
これを1日4枠分。多いと6枠分。
(この水槽の隣に3枠はいる水槽がある)


浸水時間はホダ木の状況で違います。
初回の浸水は短め。(4~6時間。)
うちでは通常は夕方浸水、朝水揚げというパターンです。(約15~18時間)
冬場には長めになります。(24時間前後)

IMG_1619_縮小
ホダ木が軽いとこのように水を吸います。
これでホダ木がどんな状態なのか推測できます。


浸水には、
・窒息による生存の危機
・温度変化による刺激
という2つのことできのこを発生させるとされます。
温度変化を持たせるため、夏場はクーラーで水温を下げます。(13度くらい)

ただ、浸水発生のキノコは自然発生のものに比べ劣ります。
家庭で管理する場合は浸水発生はしない方がよいと思います。
(ホダ木のサイクルが崩れて自然発生がおかしくなる可能性がある)
2012-07-21(Sat)

トマトに実がつき始めた

今日は快晴。
日中は日が照って暑いんですが、夜は放射冷却がすごくて
最低最高の気温差がかなり大きくなります。
これできのこがいい物が出てくれば・・・とか、
ブルーベリーに甘みがのれば・・・とか考えてしまいます。

作物管理注意情報なんかが発令されたりしますので、
イネやら何やらは注意しないといけませんが・・・


さて、今回はトマトネタ。
4月に種をまいて6月に植えたトマト。
IMG_1816_縮小

実がついてました。
まだできたてほやほやの小粒ちゃん。
ちゃんと大きくなればいいんですが・・・

株の方はといえば、
IMG_1815_縮小

昨日わき芽とったのに、また出てました。
成長は一応順調のようです。

IMG_1817_縮小

葉っぱにも病気や虫害なんかもなく良好良好。
コンパニオンプランツとして植えたバジルが良かったのか?
バジル自体は虫に食われまくってますが・・・


実はこのトマト、無肥料で育ててます。
「無肥料栽培」というもので、調べてて面白そうなのでやってみる事に。
この栽培法は謎が多いんですが、気になる方は調べてみてはいかが?
2012-07-21(Sat)

糖度計を買った

IMG_1818_縮小

ブルーベリーがたくさん採れますんで、
一応指標となる糖度を計ろうと「糖度計」を買いました。
同じものが1万円台だったり3000円台だったりよくわからんですが、
これは2980円で売ってました。
実質送料手数料でもっとかかりますが、別なモンも注文して分散。
(本当は酸度計も一緒に頼みたかったけど、片方ずつしかなかった。)


早速調整して、計ってみました。
朝の忙しい時だったので、落下しただめなブルーベリーと
収穫忘れでしわしわになったカシスを計って見ました。

駄目になったブルーベリーは糖度8%でしたが、
カシスは・・・驚きの28%

IMG_1814_縮小
(あまりに汁気がなくてもう1回塗りたくったためちょっと数値が・・・)

もう水分がなくてようやく絞りだしたもので見たんですが、
こんなに糖度高くなるもんなんですね。

明日あたりとりたてのブルーベリーで試してみたいと思います。
2012-07-21(Sat)

アークティックグロー全開花

先日咲き始めました「アークティックグロー」
頭頂部からだんだんと下に開花していき、全開となりました。

IMG_1753_縮小

ホントまん丸の花です。


IMG_1770_縮小

斜め下から見ると、茎のところまでびっしり花が咲いています。
咲きたては飛び出たものが青いですが、
だんだん灰色になってきているのがわかります。
一斉開花ではなく、上から順に咲くからですが、おもしろいですね。


IMG_1808_縮小

いまのところ全開なのはこの2株。
他のもだんだんと咲き始めてますが全開まではもう少しかかりそう。



IMG_1801_縮小

さて、この時期花が少ないとかなのか、
蜂に大人気の様で、朝から晩までずっと来ています。

IMG_1806_縮小

同じ花に2匹いることも珍しくなく、
ときには3匹同じところにいる事も。
そんなに蜜あるもんなんでしょうかね?
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村