2014-06-30(Mon)

ラッキョウを漬けてみる

去年の夏に植え付けたラッキョウ、
そろそろ収穫しどき、ころ合いを見ながら金曜日に掘り上げた。

P1020533_縮小

まだ葉は青いけど、下葉が枯れているので大丈夫だろうと。

P1020534_縮小

こちらは隣のアサツキですが、
このくらいになってから収穫がいいのかな?
まあ初めてだしわからん。

ラッキョウ、アサツキ、ワケギ、ジャンボニンニクと球根物を植えたけど、
ラッキョウが最も生育が良かったかもしれない。
あくまで草たけですが。


P1020536_縮小

収穫したものがこちら。
量としてはどうなのか・・・

P1020537_縮小

大きさはやはり葉が太いほうが球が大きい。
種球の良し悪しってやつだろうか。
小さいものは小さいまま分球してるので、
やはり種として使うのなら大きいものを植えるのがよさそうだ。

P1020538_縮小
P1020539_縮小

葉を刈り取って乾燥に入る。
この時点でも出来の良し悪しは・・・
ただ、1年で5~8位に分球するとかいう話もあり、
多いものでは14とかそこいらまで分かれていたので、
球の数としては優秀なのかも。
あとは大きさだろうかね・・
そこら辺は肥料分のせいもあるかもしれないけど・・・・・


さてこのラッキョウ、
1日乾かし日曜日の午後から漬ける準備に入った。
ラッキョウの漬け方というものを参考に作業を進めていきます。
これは最後のほうで工程として書いておきます。

まずは下処理。
ラッキョウをばらして洗浄。

P1020551_縮小

茎長くついてますが、
土付き状態で全量が3キロだった。
単収でみると少ないらしい・・・
まあこればっかりは初めてだししょうがないか。
1キロが3倍になった計算。本当は5倍くらいが理想。
3キロのうち500グラムは種として残し、
それ以外を洗浄したのが上の写真。
すべて洗い終えるのに5時間ほどかかった。
果てしない戦いだった。
これがまだスタートにすぎない。



洗浄後、根切りと茎切り
これにさらに2時間。
玉ねぎとかと同じく結構目にくる(泣
おまけに臭いがつく。全身ラッキョウ臭だ(汗

P1020552_縮小

この時点でようやくラッキョウらしくなる。
果てなき工程3へ移行。

P1020553_縮小

根切り茎切り後水でさっと洗い、その後塩もみ。
ここで1日目の工程終了。
かかった時間8時間近く。
恐ろしい労働だ。腰が痛くて立てなくなる(汗


ほんでもって本日漬け込み作業。

酢漬けですが、自分で合わせたほうがおいしいとのことなので、
自作の酢を作る。

P1020554_縮小P1020555_縮小

定番の氷砂糖、そして今回の酢は玄米黒酢を使ってみる

P1020556_縮小

原材料名が玄米オンリー(笑
玄米オンリーで酢ってできるのかな?
ちょっとここら辺は科学的な要素だろうけど、
なにぶん10年前の知識ではさっぱり分から(大汗

P1020557_縮小


あとはとうがらし。
丸のままの物がなかったので輪切りの物で。

P1020558_縮小

まず氷砂糖と水を煮たてて溶かし、
冷ましたものに酢を投入、そして唐辛子を加えて合わせ酢ができる。

これを塩を流し、熱処理して冷ましたラッキョウと瓶詰。

P1020559_縮小

いろいろと工程の写真がないけれど、
ようやく漬け込み完了。
2日がかかりの大仕事、何とか終わったどぉー

P1020560_縮小

なんやかんやで瓶8つ(大5・小3)
誰がこんなに食べるんだろう(汗

食べごろが3週間後位から。
それまではひたすら熟成。
いろいろ失敗した初めてのラッキョウ漬、
はてさてお味のほうはいかに???


~作業工程と気付いたこと~

材料の目安
・ラッキョウ    土付きでの重さが1キロ 処理して800グラム計算 
・塩         20グラム         塩漬け用
・とうがらし    2本分            種をとって輪切り
・ラッキョウ酢   700ミリリットル      自作可
   -自作の場合   
      ・水       150ミリリットル
      ・氷砂糖    250グラム
      ・酢       350ミリリットル
      ・とうがらし   2本        種をとって輪切り
   
    (1)水と氷砂糖を入れひと煮立ちさせる
      このとき氷砂糖はとけきらなくても可
      鍋は酸で溶けないようなステンレスかホーローで
    (2)冷めたら酢を入れ混ぜる
    (3)とうがらしを加えて合わせ酢の完成

① 下処理
  ・1キロの土付きラッキョウをばらしながら水洗い
   薄皮などをきれいにとる
  ・ひげ根は根元ぎりぎりで切る
   茎もなるべく切り落としすぎない
  このとき切り口が大きくなると酢を吸い過ぎて柔らかくなるので注意
    茎のほうは残しすぎるとすじっぽくなってしまうので加減が必要
  ・水を吸いすぎないように手早く洗ってざるに上げる ここで目安として1キロが800グラムに
  根切りをしてからは水分を吸いやすくなるので、作業は手早く

② 下漬け
  ・塩をまぶし1晩おく
   水を出し、芽の成長を止め、腐敗の防止になる
  ・1晩置いたものを水で洗い、塩を流す

③ 熱処理
  ・鍋にたっぷりの湯を沸かし10秒ほどざるごとくぐらせる
  ・湯を切って冷ましておく

④ 本漬け
  ・ラッキョウを消毒した瓶に入れる
  ・ラッキョウがよく浸るまで酢を入れる
  ・種をとって切ったとうがらしを加える
  ・2,3日は瓶をよく振る

⑤ 熟成
  ・冷暗所に置き10日後くらいから食べられる
   3週間後位から美味しくなるとのこと

気付いたこととして・・・

・ばらしながら洗うよりもばらしてしまったものをバケツなどに投入して
 ガチャガチャとこすりながら簡単に洗った後に
 1個ずつ洗ったほうが簡単に洗うことができた
 これがいいかどうかはわからないけども時間短縮する方法は考えたほうがいいかも

・熱処理の際は量があるときは分けてやったほうがいいかも
 もしくは熱処理後に分けるべきか。
 どうしても中の部分がさめにくく量があると熱がこもってゆでられてしまう
 バラしたほうがすぐに冷めるのでいいと思った

・漬けこみの際、大きい瓶を想定しているため、
 小分けしてしまうと酢が足りなくなる
 また小分けする場合は氷砂糖は溶かしきらないと瓶によって甘さにばらつきが出る
 
こんなところですね。
漬けこみ素人ですが気付いた点でした。
皆さんもラッキョウ収穫したら漬けてみてくだされーー

  
スポンサーサイト
2014-06-30(Mon)

2014年度の本伏せ完了

今日は6月最終日。
もう半年終わってしまったわけだねぇ。
月日がたつのって早いもんだわ・・・

今月からようやく始めた本伏せ、
13000本あったものがあっという間に組み上がり、本日完了。

P1020561_縮小

わらかしてくれるスピードだ。
まあハウスの外に出すのは手間がかかったけど、
ハウスの中に組むのはサクサク進むからね。
1日1000本は楽勝で進んだ結果、なんとまあ今日で完了することができた。

これでしばらくマッスルカーニバルはない(笑
私が手伝ったのは4日くらいだけんどー(汗
それでも2,3000くらいはやりましたけどね。
多分(大汗

ふぅ・・ちかれたちかれた
これから畑の草むしりと草刈り2回目が待ってるなぁ・・・
1つ終わって新たに1つ。
仕事の無限ループじゃん(汗


2014-06-29(Sun)

やきう観戦記 巨人×ヤクルト In 秋田

昨日は秋田市こまち球場にてプロ野球を観戦してきた。
帰ってきたのが11時半過ぎなのでブログ放置しました(汗
感想を少しばかり。


野球観戦の前に県展にいくため、2時前に家を出発。
雨が降るかもしれないので途中100均のカッパを買ってGO!

やってきましたアトリオン。

P1020546_縮小

こんなにでかい建物は横手にないぞー(笑
まあ県展にはオヤジさんが写真を出してるので、
オヤジさんは中で美の鑑賞、私はそこらへんうろうろすることにした。

うろうろして気付く、秋田市また変わったなぁと。
あと横手と人が違う。
美人さんは多いんだけど(笑)恰好がまるっきり違うわな。
ファッションに疎い自分でもわかる。
なんか自分が場違いな気がしてならないのは気のせいにしておく(汗



1時間後、球場へ向け出発。
やはりナイター、そして巨人戦、天候が抜群とくれば人がわんさか。
駐車場からのシャトルバスは超満員。
球場内も超満員。
ヤクルトホームだけど巨人人口多過ぎ(笑

試合内容は知っての通りヤクルト大敗。
なんとまあ自分が見にいった試合で今季2度目の完封とは・・・・
てか今シーズンヤクルト完封少なすぎだろ(汗
でもヤクルトの完封って最高で129試合連続でなかったこともあるらしい
1シーズン中1回しか完封されないってのはすごいことだわ・・・

写真撮るようなシーンもなく・・・
見事なトンネルでもとっておけばよかったか(汗
まあ撮ったのは、

P1020547_縮小

新人外国人カーペンター。
やっぱし球早いーー
中日の浅尾の投げる球も速かったけど、
150キロ台って恐ろしいなーー

P1020548_縮小

こっちはこの試合で1000試合出場の片岡。
節目の試合でエラーっていうおまけ付いた。


見ててもわくようなこともなく・・・
エラーの後にホームランとかわけわかめ・・・
巨人の外人さんのケツはものすごかったなぁとか(笑
あっ、一つわいたことといえば、

P1020549_縮小

つば九郎のはなったバズーカ砲、ゲットしちゃいました。
来ないだろうと思ってたものが自分の後ろに飛んできて、
後ろの人がキャッチ!

あーーっとはじいたーーー!!

それがなんとまあ自分の目の前に落下。
俊敏な守備でがっちりキャッチ(笑

とったどぉーーーーーーー

とは叫ばなかったけど、まさかまさかの賞品ゲット。

中身はですな、

P1020550_縮小

つば九郎のTシャツ。
ミズノ製、もののいいやつじゃないの。
こりゃあラッキーいいものもらった。


とまあ試合にはがっくり、賞品ゲットでやったぜー
そんな試合観戦でござんした。
帰りは案の定激混みで疲れてしまった・・・
今日はだから昼まで寝てた(汗
といっても大変な重労働がまってたわけだけど・・・・
それについては後日。
はぁーフラストレーションのたまる試合だったぜ。


2014-06-29(Sun)

ミント発根、バジルとカモミールも順調

今年越冬後に思いのほか枯死してしまったミント、
予備を作るために水差しにしておいたものが早速発根した。


P1020528_縮小

ミントの発根しやすさはすごい。
まず間違いなくどんなふうにしたって発根する。
だからこそ雑草化したらやばいんだろうけどね(汗
まあそんなミントをことごとく枯らす人間もすごいんだが・・・(大汗

これで3品種の予備は確保できることになる。
ケンタッキーカーネルミントは復活してるので予備の必要はなかったかもしれないけど。
枯れてしまったものの分まで順調に育ってもらいたいものだ。


そしてバジルの第2次まきとジャーマンカモミールも順調に発芽しています。

P1020529_縮小

バジル。
右の売っている種のほうが発芽が早く、発芽率もいい。
まあ去年の自家採種はほぼ失敗だったからねぇ。
それでも発芽したことに驚きだよ。
無肥料バジル、これで3年目に入れるぞー

P1020530_縮小

こちらカモミール、
双葉から本葉が出始めた。
あの細かい種だからやはり育つものも相当に小さい。
水やりに気をつけないと倒れて枯れてしまうからね。
大きい種のほうが楽だよやっぱ(笑

P1020531_縮小

順調といっても一部分ハゲ(笑
種に対して覆土が多すぎたかな?
かければかけたで問題、かけなければかけないで問題。
困ったもんだぜ。


ミントは片手間ながらも一応育ってます。
手間かけなくても育つ強健な植物ってのは楽でいいもんだ。
それでも枯らしてしまうこともあるけども、
それは寿命ということで割り切りましょう(汗


2014-06-28(Sat)

今年はクランベリーの生育順調?花ざかり

本日野球観戦のため予約投稿でござい。


3度目の正直のクランベリー。
今年植え付けてからハウスの半日陰でひっそり暮らしてもらっているけど、
これがいい環境なのか、生育は結構いい感じで、
たくさんの芽が伸び、今は花盛りとなっている。


P1020532_縮小
P1020463_縮小

1年目に花を1輪だけ咲かせたことはあるけれど、
こんなに花が大量に咲くのは初めての経験。
植え付けてすぐにこんなになるもんなのね・・・
今までは一体何だったんだ(汗


まあ花は咲いていますが、受粉するかどうかは別問題。
なんと言っても半日陰でのひっそり生活、
昆虫がいるわけでもなしに実ができるもんだろうか・・・

イチゴとのジャムを目指して栽培始めたクランベリー、
イチゴが消滅後にこんないい成長をとげるとは・・・
しょうがない、実ができたらブルーベリーとジャムにしよう。
まだできるかわからんけどーー(汗

2014-06-27(Fri)

ぶった切り効果としなりとねじれ

本日も晴れ。
でも県内で局地的な大雨があるようだ。
んーこっちには雨というものは全く降らないんですけども・・・(汗
日曜に雨らしい話ですが、果たしてどうなのか・・・
週末野球来るんだけどねぇ。
明日ナイター見に行ってきます。


そろそろ色づきの時期となったブルーベリー。
果実をつけながらも枝をビュービューと伸ばしてるものあり、
まったく成長しない株あり、それぞれだねぇ。
ビュービュー伸ばすものはやはりぶった切りしたものが多い。
ぶった切り効果ってやつか。


P1020481_縮小

ブルーレイ2世。
切ったところからどんどんシュート伸びてます。

P1020482_縮小

切った部分のすぐ下から太いものが数本分枝。
これぞぶった切り効果。
こうやって切らないといい枝ってなかなか育たないもんだ。
だからこそ思いきった選定ってのが必要なのねー


果実でみると、
やはり毎度のことながら枝が重みに耐えきれなくてしなる

P1020540_縮小

思いっきりピント後ろにあってますが(汗)下垂してます。
枝質というものもあるんですが、うちのは大抵しなってしなって・・
しなりすぎて地面に着くなんてこともあったりしてね(汗
つり上げ工法してどうにかたえないといけないです。

P1020543_縮小

こっちは初めて見る「ねじれ」
重みに耐えきれずしなるだけでは済まずに、横回転もかかってのねじれ。
見たとき驚いた(笑

P1020542_縮小

本来の位置から100度くらいねじれてるーー
支柱立ててどうにかしてやらないとだめだな(汗
まったく困ったちゃんだわ。


実をつけるようになってから毎年思うのが樹形の大切さと支柱の必要性。
樹形うまくないとこうしてねじれたりしなりすぎたり・・・
これを予防するのが樹形作りにも必要になる支柱。
放任でいい感じになればそれでいいんだけど、
なかなか思ったようには成長してくれないもんで・・・
今年もあれこれ矯正始めてやらないと重みで枝折れちまうだよ~


2014-06-26(Thu)

激闘のインゲン土寄せ

今日は久しぶりの真夏日。
いやぁやはり真夏日ってのはこたえるねぇ。
畑で鍬ふるってると余計しんどい。
今日はいんげんの話題だ。


インゲン植えてまだ10日ほど。
でもずいぶん茎が長いので、早速に土寄せして倒伏防止することに。
でも土寄せする前に草むしりからしないといけなかった。

P1020514_縮小

畝には草はないものの、畝間に草が生えてるのでこれを除去。
畑掘ってもう2ヶ月近く経ってるけど意外と草の量は少ない。
これは2年間草むしりに精を出した結果だろうか。
そう考えるとこつこつと努力するのことはやはり重要だってことだ。
地味作業だけどよくやるぜー(笑

P1020515_縮小

こちらアフター。
草一本も残さんぜーー なんて(笑
もうすでに種形成してるものがあるので、
草むしりや草刈りってのは適期に実施しないといかんですね。
たった数日があだにというのを毎度毎度経験してますんで・・・・


草むしりに2日(仕事の合間なんで)
そして今日ようやく土寄せ。
これがもうなんというか暑さと体力の限界のせめぎあい。
まさに激闘死闘、このままいったら死にますよってね。

P1020518_縮小
P1020519_縮小

30分くらいでできるかと思ってなめてました。
そんな簡単な作業じゃなかったです。
3メートルいって休憩、2メートルいって休憩・・・(笑
でもどうにかやり遂げてやりました。

P1020520_縮小

茎の長さが長いのもあれば短いのもあり、
長いものはどうしようもない(汗
こればっかりは毎年のごとく支柱でどうにかするしかないな。
もう土寄せもできないし、インゲンの頑張りに期待するしか(汗


今年はマメ科に土寄せ1回してどうか実践。
倒伏で収量落ちるのは間違いないので、
たった1回でも効果はあるのかどうか。
これから先の成長を注視ですね。



2014-06-25(Wed)

ノビル騒動ついに決着??

今日は晴れです。
梅雨の中休みというか、どうも今年も一部地域で雨雲働きすぎるようで、
今のところ空梅雨の気配プンプン。
今週末まで晴れマークしかない。
水やり注意報だな。


さて、

世間を騒がせたノビル騒動(笑

ノビルの花咲く 
あいつの正体はアサツキ?
ノビル騒動の前記事はこちら。

枯れだしたので、掘りだしてみることにした。


P1020516_縮小

相変わらず大きな株。
傷つけないようにがりがり掘ってグイッと一気に!








P1020517_縮小

球根がこれでござい。
むむむむ・・・・
この色は・・・アサツキか?


P1000623_縮小

去年買ってきた種球と比べると同じような色。
紫系統の球だ。
やはりこいつはノビルではなくアサツキということでいいかもしれないね。
チャイブがどういった球根なのか分からないのでまだチャイブ説は解明できないけども・・・


うーーん、
でっかいノビル見つけたどーーと思ったんだけどねーー
まさか花から疑義が生じて結果アサツキという判定になるとは・・・
まあ判別できたことは良かっただろう。
ただ…この球根どうしよう(汗


2014-06-24(Tue)

ニンジン発芽ー

今日は当地晴れ。
なんだか大雨になってるところもあり大変そうだけど、
それ以上に東京の雹には度肝を抜かされた。
雹が1時間とはあり得ん・・・
もう少しで収穫という農作物が・・・
ハウスもかなりやられただろうねぇ・・・・
天変地異とはこのことか。
被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。



さて、重い話からなんなんですが、
こちらの天候は雨降って晴れてみたいな小さな波のような天候。
先週からまいているニンジンにとってはいい感じでお湿りが続いたため、
保湿のためにかぶせておいたソルゴーをとってみた。

P1020511_縮小

かぶせてたところだけ黒いのがわかりますねぇ。
かなり保湿効果が高いんですね。

P1020512_縮小

ひょこひょこと小さなニンジンが列をなして発芽。
今年も順調に育ってるねぇ(嬉
草マルチの効果は抜群だ!

P1020513_縮小

だからというか、マルチ足りなかった部分の発芽は遅い。
やっぱりニンジンは保湿が大事ってことだな。
これは2年やって間違いなく感じてたことなので、
3年目の今年で確定事実となった。
来年もしっかり保湿してやらないとねー


今年は量があってどうかと思ってたけど、
まあ今のところ発芽してるので大丈夫だろう。
これから芽が出てくるものに関しては、
今週天候がいいようなので水やり管理で発芽までもっていきたいところだ。
大収穫へ向けてまずまずのスタートといったところだろうか。


2014-06-23(Mon)

ユスラウメ肥大してます。

今日は外に搬出するホダ木をすべて出し終えて疲れただー
雨降ったから大丈夫かと思ったけど、
日中は雨があがって助かった。

さてさてー
最近天候はあまりよろしくありませんが、
ユスラウメは徐々に肥大してきています。


P1020472_縮小

といってもまだまだ小さいんだけどねー
今年は結構実がついたので、収穫が楽しみだ。

P1020470_縮小

まあなった分生理落果も結構多かったんだけどね。
どのくらい受粉してどのくらい落果するもんなのかねぇ?
そもそもなんでこんなに生理落果するもんなんでしょ?
ブルーベリーはこんな風にはならないんだけどねぇ。
バラ科は多いよね。あっ柑橘も起きるか。

色づくのはまだ先、来月くらいだろうか。
今年はヒヨドリが暗躍してるから、
しっかり対策とらないとだめだな。


2014-06-23(Mon)

火野さんの走った道を走る 横手ー山内 前編

昨日は久しぶりに横手へ自転車でお出かけしてきた。
あちこち回ってみると時の流れってのを感じるねぇ(汗
ダイソーじゃない100均が閉店、あちこちで工事、
入れ替わったテナントがまた撤退とまあちょっと知らない間に様変わりしすぎ(笑
無駄にコンビニは建ってるけど、いい加減娯楽施設をどうにかしてもらいたいもんだ。
ラウンド1とか引っ張ってこいやーー
パチンコ屋乱立する必要性なんか微塵もねぇぞーー


P1020490_縮小

いろいろ回ってると去年の雪の被害というものもあった。
自転車置き場がぐにゃぐにゃ~
すごいもんだわやっぱし…



まあそんなこんなで、いろいろと回った帰り道、
去年「筏の大杉」まで火野正平さんが走った道を帰ることにした。
日野さんが走ったルートは裏道なので、いつも通ってる道とは別。



まずは横手駅から出発して大きい道を走り、
国道を渡って裏道へ突入!


大きな地図で見る

P1020491_縮小

ここから入っていきます。
農道みたいな細い道。ブドウ畑が広がる。

P1020492_縮小

P1020493_縮小

茅葺きの家があったりしてなかなか田舎だ(笑


P1020494_縮小
P1020495_縮小
P1020499_縮小

見渡す限りのブドウとリンゴ。
やっぱり雪の被害が出て樹がないところもちらほら。
毎年やられて果樹農家は大変だー

P1020496_縮小

中には支えが電柱(汗
ものすごい力でひっぱってるんだろうねぇ。
これを設えるのは相当な苦労だろうね・・・


道なりにいくと看板出現。

P1020497_縮小

ここのは入り口にもあった「旭岡山神社」
ここはかまくらと同じく行われるぼんでん奉納がされる神社。
喧嘩のように我先に争って奉納する様はなかなか面白い。

P1020498_縮小

遠くにぼんやり見える小さい社の先に奉納するところがあるわけだ。
まあ今回は別方向ですので行きませんよー


P1020500_縮小

神社とは反対方向へ進むと、
ここら辺から放送された場所が出てくる。

P1020501_縮小

杉の回廊だー
ここを抜けしばらく走れば国道に出る。
ここまでが裏道。なんでこっち走ったんかねぇ(笑


P1020503_縮小

国道に出てからはまっすぐ進み、山内で唯一稼働してる信号(笑)を右折、
山内の中心へ入っていきます。
(山内には信号が2つしかない。1つは押しボタンなので実質変わるのはここの1基)

P1020504_縮小
P1020505_縮小

山内のメインストリートを抜けると見えてくる山奥への看板(笑
三又・南郷の方面へ向かっていくと筏の大杉が見れる。




と、
今回はここまでです(汗
この続きは大杉の近くの蓮が咲くころに・・・
しかしまあこんな辺鄙な場所を有名人走ったんだなぁ。


2014-06-22(Sun)

アロニアの二次開花と実の肥大具合

去年買ったアロニア。
バラ科は相性が悪いので、成長具合は・・・(汗
今年に入っても強い枝がどんどんということもなく、
まあそれなりに生きてるかなー


そのアロニアですが、
春に大量の花を咲かせ、しっかり実もできたんですが、
なぜか二次開花をしている。

P1020483_縮小

二次開花はたった1輪ずつの開花。
大量のつぼみで咲いた最初の開花からすれば殺風景この上ない(笑
実がないから咲くのはなんとなくわかるけど、
なぜにこうして二次開花したもんなんだろうねぇ。
まあかまわんけんどー

肝心の実のほうは、

P1020484_縮小

小さいながらも肥大は進んでいます。
サクランボなどと同じく、結構生理落果があるもんらしい。
バラ科はそういうもんなのかねぇ。
枯れない程度に間引きになってるってことだろうか。
自動選別とはなかなかやるな(笑


今年は初めての収穫予定。
味のほうはあまり期待できるものじゃないだろうけど、
ブルーベリーをしのぐアントシアニンというし、
ジャムに加工して食ってみたいと思います。


2014-06-21(Sat)

購入分のニンジンまき終わり

今日は晴れ。
そして今日は夏至。
もう日は暮れてしまったけど、昼が最も長い日。
あーあーもうこれからは日が短くなっていくのね・・・
またすぐそこに暗黒世界がやってきてしまったということか。
どうせ今年も大雪だろうに・・・



さて、
作業の合間を見て種まきをしていたニンジン、
今日購入分の種ほとんどをまき終えた。

P1020485_縮小

よく数えたら畝数は17だったけど、
そのうち13列の種まき終了、のこリ4畝分は追加購入で対応。
まあ遅くとも今月中にまき終えればいいかと。
注文だからいつ届くか分からないしねぇ(汗

とりあえず種が来るまでは水やりとか管理中心。
まだ芽は出てこないけど、雨続きのせいか雑草が徐々に出始めたからねぇ。
こまめに除去しておかないと負けてしまう。
芽が出て伸び始めるまでが勝負ですね。


ついでというか、
種取り用のニンジン、どうも花が咲くのか咲かないのか(汗

P1020448_縮小
P1020403_縮小

とう立ちして伸びてきているんだけど、
蕾状態で花が咲かない。
むしろ咲く前に枯れてしまうものもある。
これが噂のF1で種をとることが難しいってやつなのか?
雄性不稔なのかな??
まだ希望はなくなったわけではないので、
もう少し様子見してみるしかありませんな。
駄目ならどうしようもないけど(大汗


2014-06-21(Sat)

果樹被害緊急警報

今年は虫の大発生によって葉やら花芽やらつぼみやら実やら・・・
とにかく虫害が多かった果樹。
しかも強風が吹き荒れたこと出鉢が倒れ、枝折れ続出・・・

そんな被害多発しているのに追い打ちをかける、
まさに泣きっ面に蜂の事態が起きている。


P1020480_縮小

ヒヨドリの襲来だ。
奴ら今年は鉢が違う場所にあるせいなのか、
容赦なく鉢に飛来、まだ実が熟していないのに、ガンガン落下。
細い枝に太いからだでのしっと止まるもんだから被害は大きくなる一方だ。

餌はたくさんあるはずなのに、目をつけると覚えてしまって
どんどんやってくるからたちの悪い鳥だ。
熟したもので言うとジューンベリーはすっかりすべて食われた…

P1020435_縮小

楽しみにしていた10粒。
なかなか大きくなってきて色づきが完了するかといったところで・・・・・
最低な野郎だ。
捕まえたら容赦しねぇ(怒
まあ捕まらないんだけどーー


今年は外的要因で大変な被害が出てしまった。
去年は天候、今年は外敵、まったく困ったもんである。
とりあえず防鳥ネットはしっかりやって、
実が色づく前に対策はしておかないとすべてやられちまうな。
カラス害はあったけどヒヨドリ害は初めて。
ひよひよと毎日鳴く声にイライラが募ってくるでぇー


2014-06-20(Fri)

本伏せ始まってます

今日は雨から曇り。
気温がぐっと下がって最高気温20度。
キノコの発生にはまあいい感じになってきたため、
発生量も落ち着いてきたかな。
真夏のキノコ栽培は厳しいということだわなー
キノコは良くても自分にとってはひやっとしてきつい(汗


さて、
畑や田んぼが一段落したので、
ようやく今年植菌した原木を本伏せし始めています。

P1020473_縮小

ドドドドドーンとまだ一部。
まだまだ始まったばかり。

P1020474_縮小

ここに本伏せしているのは今年初めて栽培する品種。
右側が秋山種菌の品種、左側が富士種菌の品種。
どちらも秋には使い始める年内発生型品種だ。

P1020475_縮小

ホダ化が早いということなのか、植菌穴にはもうすでに芽作りの様な感じ。

P1020476_縮小

普通はこのようにロウの下にオガ菌が見え、
菌が真っ白というものだけどね。
ボコッと盛り上がって菌の塊状になってるって早いねぇ。


新しい品種はこのように外に出しますが、
F103だけはハウスの中。
まあ雪の下にしてしまうと掘りだすのが大変だからね。
使う時期に雪が降ってるって大変だわ(汗



P1020477_縮小

まだまーだ本伏せは始まったばかり。
私はまだニンジンがあるので・・・・・・(汗
来週あたりから本格参戦、超肉体労働・マッスルカーニバル開演間近(笑


2014-06-20(Fri)

ノビルの花論争 あいつの正体はアサツキ??

先日ノビルの花咲くという記事を書いたんですが、
どうもノビルの花はやはりむかごの様で、
ネギ坊主状に咲くものではないようだ。
つまり以前のノビルの花として書いたものはノビルではないようだと。

じゃあ一体何なのか?

きくちゃんの情報によればアサツキではないかと。
では畑にいって花を確認してこようと、
アサツキの花を写真に撮ってきた。



それがこちらだ。



P1020478_縮小
P1020479_縮小

んーーーーーどうでしょう?

ノビルの花として撮ったものと比べると、

P1020397_縮小
P1020396_縮小

色の濃さは違うけれど、ほぼ同じではないか?
あいつはアサツキということだろうか?

だとしてもなぜあんなところにアサツキが生えたのか?
種が飛んでくるような場所にアサツキは存在していない。
誰かが球根をわざわざ畑でもないところに植えるとも考えられない。

なぜ?


大きな疑問ができてしまったけれど、
どうもあのノビルと思われたものはアサツキということになりそう。
なら球根食べるというわけにもいかないしなぁ・・・・
一応掘ってみて家のほうに移植したらいいかねぇ・・
ちょっと残念だわ。


2014-06-19(Thu)

インディアンサマーは豊作か・プチルビーは異変

今日は曇り。
昨日の夜のうちに雨が降り畑は湿り気。
ニンジンまいて発芽までの間には、こうして雨が定期的に降ってくれるとありがたい。
土砂降りでもなくしとしとと、今のところは天候は味方してくれているようだ。


さて、
今日は畑を離れて果樹の話題。
ラズベリーに実ができて今年の作柄が見えてきた。

P1020449_縮小

うちのラズベリーで最も早いのはプチルビーだ。
矮性ラズベリーで実はラズベリーというかヘビイチゴ的フォルム。
ただ大きさは大きくなれば2センチは超えるような大実品種。
まだそこまで大きくなったことはないけども。
株分けして増えたので、収量もと思ったんですが、
実がついたのは株分けした小さいほう。

花が大量に咲いた大きいほうはというと・・・

P1020450_縮小

花が咲いてめちゃくちゃに枯れた(泣
花がついてた時点で葉があまり出なかったので、ん?とは思っていたけど・・・
株自体はどうなのかはまだ分からない。
小さい葉は出てるけどねぇ。
分裂してだめになるとか意味わからんよー

プチルビーはだめだめでしたが、
今年はインディアンサマーが覚醒するのか、

P1020441_縮小

たくさん実がついてきた。
まだ色づきはしていないけど、こりゃあプチルビー以外での収穫祭が見込めそうな勢いだな。
あまり手をかけなかったせいか、インディアンサマーもサマーフェスティバルも
そんなに実がつかなかったからねぇ。
植え直しが功を奏したのかな?


最近は「あっちを立てればこっちが立たず」のような感じで、
いいもの悪いものが極端というか・・・
ラズベリーも両極端。
何もかもオールオーケー状態になるのはなかなか難しいことだねぇ。


2014-06-18(Wed)

現在の椎茸 2014・6・18

先日までさっぱりだめだった椎茸ですが、
相変わらずの状態で日々が過ぎ、
まあ出ないだろうなぁとあまり期待は持ってなかった休養舎内で散水できたF103を使用。
今発生が始まって驚き、大ヒット。


P1020460_縮小
P1020461_縮小

やっぱり散水管理って重要だってことがあからさまにわかる。
ここまで違うものかって・・・

P1020410_縮小

散水が十分できてなかったのに比べるとまさに天と地の差。
発生量ウン倍だ。

たかが水やり、されど水やり。

去年のサトイモ収穫に忙しく散水がおろそかになったことから始まったF103の失敗。
休養舎の倒壊というアクシデントもあったけど、
やはり水やりはしっかりやらないと芽作りがしっかりできないということだ。
こればっかりは管理ミス、栽培技術云々の問題だわ。
品種がーという問題ではないからね。


この発生のおかげで少しばかり持ち直し。
残ってるホダ木の量は少なめだけど、今月中はどうにか量回復できそう。
後は次のS055という品種がどれくらい発生するかだな。
来月は安定収穫したいねぇ。


2014-06-18(Wed)

白オクラの植え始め

昨日いんげん植え終わり、本日からオクラに取り掛かる。
植え始めというのがちょっとおかしいかもしれないけど、
実際のとこオクラのそろいが非常に悪く、
もうすでに植えないとやばいものから今ようやく発芽したものまでさまざまだからだ。

P1020440_縮小

大きくなってきてるものと今まさに出てきてるのが混在。
そろいが悪いってのは固定品種の特性としてあるので、
まあこういうのは織り込み済みってことで。
今日は大きくなってまずいものから植えていきました。


P1020468_縮小
P1020469_縮小

そろわないし発芽率よくないしで、
1本ポットもあればあまり種3粒まいてすべて発芽したものも・・・(汗
オクラは移植を嫌うため3粒の物をばらすことはできません。
とにかくそのまま定植。

P1020467_縮小

今日植えたのは20数ポット。
まだまだ残り大量にあるけど、すべてを植えるのは今月中にできればくらいかな。
まあぼちぼち作業を進めていきます。


2014-06-17(Tue)

黄莢黒三度、2014年度の植え付け完了

本日はいい天気。
今日からどうやら梅雨の中休みっていう感じらしい。
今週中は天候が持つらしいので、恐ろしく忙しい1週間を過ごすことができそうだ(汗

ニンジンの種まきが続く中、
待ったなしになっているのがいんげんだった。
種まき3日で発芽、1週間で茂り放題。

P1020458_縮小

毎度おなじみになってきた劇的な成長っぷりだ。
いんげんは日曜にまいて日曜に植えるというスケジュールで動くのがベストかもね。
たった1週間で定植とは恐れ入る。

発芽率も毎度のことながら極良。
正確じゃないけど97%程度。
ほぼすべてが発芽するのもすごいもんだ。

ただ、中にはちょっと別のものが混じることもあり、

P1020459_縮小

こういった黄緑の葉になるものが3株ほど。
こういうものは定植しない。
別物になる可能性を秘めているからね。
品種を固定するためには別もんはカットカットー


今日は昼休憩を短縮して作業にあたり、
どうにかこうにか今日中に定植することができた。

P1020462_縮小

去年よりまいたはずだけど去年と同じくらいの面積で間に合った(汗
マジックか?

これでまた一つ仕事を消化。
あと今週植えるのはオクラだけ。
それまでニンジンの種まきに従事。
日曜日までにすべてを終わらせることが果たしてできるだろうか・・・・
むしろそれまでに体がもつのかよ(大汗


2014-06-17(Tue)

黒豆の土寄せ

これは昨日(6月16日)のこと。
いやあ昨日は体が大変だったわー
ザ・マッスルカーニバルの後もニンジンの種まきやったり、
この土寄せもやったわけでして(汗

P1020456_縮小
P1020457_縮小

豆の土寄せって初めての経験。
普通はやるもんだろうけど、私は2年間全くやってなかった。
そのせいで大きくなってきたときに倒れることが多かったので、
今回初めての実施となった。

すでにちょっと倒れ始めな感じになってきてたので、
双葉のところまで土寄せした。
やりようがないのでこれが最後の土寄せですが、
さてさてこの効果やいかに。
倒れないといいねぇ。
倒れるのは収量減少に大きく影響するからねぇ。


2014-06-16(Mon)

ワセリンでビフォーアフター

本日肉体労働ザ・マッスルカーニバルだったので非常に非常事態。
月曜からこれはまずい。
なので今日は早くお休みします。
書くこといろいろあるんだけど明日に回します。
悪しからずーー


本日は雪害で倒れた杉を運ぶ作業をしたわけで、
ふっとい丸太を2人でわっせわっせと。

P1020453_縮小

ぶつ切りにしてあるとはいえ、持ち上げることすらかなわない丸太。
ころがしころがしどうにか軽トラに乗せ、何とか運んできた。

P1020454_縮小

最大径45センチ。
まったくアフォな太さの杉だ。
こんなに太くても今じゃ角にしたところで元とれるもんじゃないし・・・
むしろ伐れば金とられる罠(汗

そういやあ世の中にはこんな太い木に種打ってキノコ栽培してるツワモノもいるんだよね。
菌回し大変だろうねぇ。
よくやるよ(苦笑


本題はその後のこと。
作業中でになんだかねたっとした触感。
杉のやにがついてしまった。

P1020451_縮小

これって洗ってもとれない。
こすり落とすとかしない限りどうしようもない。
でも今回はワセリンを使って落としてみた。

P1020452_縮小

結果はこのとおり。
劇的ビフォーアフター(笑
ワセリンでこういった油汚れをとることができるらしいというのをどこかで見たので試したんだけど、
結果はワセリンぬってこすってるとだんだん解けるというか浮いてくる。
これには正直驚いたもんだ。
ただワセリン自体も油だからしっかり洗わないとだめだけど(汗

去年草むしりを素手でやりすぎて手の脂がどっかいってしまったので買ったワセリン。
荒れてきてる状態ではハンドクリームは論外というのを知り、
使ってみたら案外いいもんだった。
用途様々、ワセリンって使えるなぁ(笑


2014-06-15(Sun)

2014年度ニンジンまき始めます

今日も朝から雨。
朝の椎茸収穫をしたときには今日も畑は無理っぽいなと思っていたけど、
二度寝から覚めると雨は上がり、
午後からニンジンまきを実施することにした。


P1020445_縮小

今年のニンジンの種は総数約1万。
約というのは必ず書いてある量よりも多く入っているから。
やはり色の変わったものは時たま別の物が現れることがあるようで、
それ対策として絶対多めに種が入るようだ。
まあ変わったものといっても出る確率はかなり低いけどね。
私は間引きでよく当たります(笑

今年は黒ニンジンにも導入、白半分、黒半分くらいの比率。
今日は白ニンジンをまいた。


P1020446_縮小

毎度おなじみの3列密植。
コート種子とはいえ1粒ずつ間隔を考えて落としていくのは大変だ。

P1020447_縮小

まいた後散水してから去年刈り取ってとっておいたソルゴーをかけた。
沢山採っておいたと思ったけど全然足りない(汗
今年は不織布で我慢してみるしかないか・・・
一応かぶさってるのが2畝、2畝飛ばして濡れてる畝と合わせて3畝まいた。
2畝飛ばしたのはリスク回避。
今年は思いのほか石が掘れてしまったので、
白黒と交互にまいてリスク分散することとした。

今日は3畝で10袋、約2000粒まいたことになる。
たった3畝でも3時間もかかってしまった。
まだまだ先は長い。
来週中にはまき終えたいところだけど、
いんげんもオクラも定植待ち、黒豆も土寄せを急がないといけないし・・・
あー忙しいーーーーーー



2014-06-15(Sun)

柑橘の受粉具合

今年はワーーっと開花したかんきつ類。
開花しても受粉するかは何とも言えないんだけど、
ぼちぼち幼果が現れてきた。


P1020423_縮小

今年はやたらに花が咲いたジャバラ。
花が咲いた後には大量の・・・実はありません(笑

P1020424_縮小

ちょろっとねー付いてるのはある。
最低1個収穫できりゃあそれでいい。
まだまだ木の具合からすればしっかりならせるには早すぎる。


P1020425_縮小

ダイダイ。
ダイダイは台座みたいのがとても大きいのでわかりやすい。
これがヘタなのかと思ったけど、そうでもないようだ。
今年は開花結実が早目かな。
正月までに収穫できるかなーー


P1020426_縮小

カボス。
カボスは新芽が出てきたなーと思ったらつぼみも出てきた。
丸坊主がようやく復活したかと思ったら花までで咲くか。
今年は全部取っちゃうけどねー
木の状態をよくしておかないとだめだわ。


P1020427_縮小

スダチは結実率がすこぶる良い感じだ。
実が小さい分ならせる量は多めでもいいようだけど、
まだ葉の状態は良くないし、今年は2.3こなのかな?
これから先の状態いかんでしょう。


P1020428_縮小

今年のレモンは変な実ができてる。
なんだこの口の様な手の様なものワーーー
落ちちゃうだろうけど。

P1020429_縮小

ちゃんとしたのもあるけど、いったいなんだろうこの変なの。
奇形果というやつなのかねぇ。
仏手柑はみんなこんな感じだよね。
変なものもあるもんで。


越冬中に葉が落ちるのは典型的な肥料切れの様で、
つまるところ去年もおととしも肥料が少なかったということだわね。
今年はそうならないように肥料管理はしっかりしておかないと。
たくさん収穫するためにやはり手は掛けてやらないといけないもんですね。


2014-06-14(Sat)

隙を突け! ツルナ定植

今日もあいにくの雨。
まあ梅雨だからねぇ、雨降るのが仕事ってか。
畑はまた無理だなと諦めていたんですが、
午後からなんと晴れ間が出て、椎茸の作業終了後に早速畑に出た。

畑の状態は水浸しではなく濡れている状態。
これなら作業できそうと踏んで、雨が降る前にツルナの定植をすませようと敢行。


P1020442_縮小

去年は直播で失敗したツルナ。
今年は冷蔵浸水からのポットまきですこぶる発芽率がよく、
いつの間にやらこんなに育ってしまっていた。
全部で90ちょいを急いで植え付け。

P1020444_縮小

どれくらいの間隔で植えようかーとかあれこれ考えていたら雲行きが怪しく・・・・
いそげいそげーと作業するも雲には追い付かれてしまうもんで、
終わる寸前に降りだした(泣
どうにかずぶぬれは回避したものの、まったくあと5分待ってくれりゃあ・・


これで早まきしたポット物はほぼ終わり。
残すはいんげんとひもとうがらしとオクラ。
いんげんとオクラは来週、ひもとうがらしは今月末か。
ニンジンの種まきも待ってるし、今月まではあれこれ忙しそうだわー


2014-06-14(Sat)

第二次バジル種まきとカモミール再び

今年一番最初に種をまいたバジル。
発芽も一番最初だったのに、その後の成長がさっぱりおもわしくなく、
今になってようやく出荷体制が整った。

P1020413_縮小

ここまで来るのに何でこんなにかかっちまったんだ・・・
害虫が多い割に今年はハモグリバエ被害もなく、
結構きれいな状態で大きくなった。
これはいい意味での大きな誤算。

P1020414_縮小

ただやっぱり発芽後に転んで枯れてしまうもの、
発芽自体しなかったものなどなど、売り物にならないものも結構ある。
やっぱり育苗箱で発芽後にポット植えかえのほうが間違いはないね。


ということで大きくなったものを道の駅に出すので、
代わりの第二次種まきをした。

P1020412_縮小

左側が去年も種とった無肥料バジル。
右は上の苗物と同じ今年種買ったバジル。
毎度表面にパラパラとまくだけでやっていたけど、
去年まいた後に散水したら、種がみんな流れちゃって失敗したので、
今年はしっかり土かぶせました。
発芽は・・・来週あたりには出てくるでしょう


ついで、じゃないけどカモミールも種まき。

P1020430_縮小

カモミール、去年購入して種まいたものの、さっぱり発芽せず。
種は残っていたんだけど、その種が探しても見つからず(汗)、
しょうがなく別の種を買ってきた。
カモミールはカモミールとしか記述のないものもあるので、
しっかりジャーマンカモミールと記述されてるのを確認して買ってきた。

P1020431_縮小

カモミールの種は相変わらず小さい。
種はいってる袋が銀色で、なんだか市販の薬の様な(笑

P1020432_縮小

パラパラーっとやってもわかりづらい顆粒の薬を・・・
じゃなくてカモミールの種をまいた。
どこにかたまってるんだかわからなくて大変だ。

P1020433_縮小

散水しておしまい。
去年は試験畑にまいて水不足になったのが原因だろうから、
身近で管理できるものにまいてから定植のほうが間違いないはず。
さまざま用途あるから、ちゃんと芽が出てくれよー


今年ポットまきしたものはだいぶはけた。
あと大きいとこはいんげんか。
来週にはかたづくだろうから、あとは畑の管理をしっかりするだけだな。


2014-06-13(Fri)

レモンバーベナを挿し木してみる

今日は雨、昨日からようやくまとまった雨になった。
雨降ってるので外での作業するためにカッパを着ようかと思ったら、
かけておいたカッパの中からカマドウマの大群が・・・・・
かけておいた場所が悪かった(泣
おかげでカッパの中は糞が・・
洗濯して干しておいただよ。

P1020421_縮小

まいるよねぇホント。
しょうがないので中でできることをやることになった。


で、やったのがレモンバーベナの挿し木。
レモンバーベナは一応木だろうから挿し芽じゃなくて挿し木にしておきます。

P1020415_縮小

仕立てがなってないからもっしゃもっしゃとあちこち伸び放題(汗
収穫も兼ねていくらか剪定、挿し木にチャレンジ。

P1020416_縮小

挿し木といってもどんなふうにすればいいかはよく分からないので、
ブルーベリー方式を採用。
水挿しにしてみた。

P1020417_縮小

どうせならほかのもということもあって、
生きているミント(ほとんど枯死しました)のうちの3品種も挿し芽。

P1020418_縮小

プラス今年は今のところうまく成長しているクランベリーも挿し芽。
どちらも水耕栽培で簡単に根が出るので、まずは根だし後に定植。


収穫したレモンバーベナは乾燥。

P1020422_縮小

レモンバーベナの匂いってかなりいいにおいだ。
癒されるー(笑
しっかり乾燥して後々使うように保存しておこう。


この方法で根が出るかが問題。
なにぶん初めてのことだからうまくいくかは天まかせ。
ブルーベリーの挿し木の成功率が20%以下なので
この挿し木の成功率は・・・・・
まあ駄目なら駄目で(大汗


2014-06-13(Fri)

ノビルの花咲く

ノビル、秋田ではひろっこのほうが通用するけど、
道端にあったでかいノビルに花がついていたので。

P1020396_縮小
P1020397_縮小

ノビルの花はピンクなんだねぇ。
チャイブと同じか。
本体がでかいだけあって花もかなりでかい。
この球根はぜひとも掘ってみたいので、見つけて残しておいたものだ。


P1020398_縮小

こちら本体。
草刈るときに注意して残しておいた。
3・40センチはあるものすごくでかい株。
さぞかしでかい球根があるはずだ。
期待に胸膨らむでー(笑
このとき花は取り除いておいた。
種できちゃうと球根に影響するだろうしね。


秋田では雪が解け始めたあたりに出てくるまだ白いもの、
軟白状態の物を掘ってひろっことして食べるのが一般。
だからこの様に大きくなった球根を食べることはほぼない。
初めて試食するノビルの球根、どんなもんだろうか。
収穫までもう少し。


2014-06-12(Thu)

現在の椎茸 2014・6・12

現在の椎茸でござい。
夏菌の3Ⅴの収穫が終わり、現在発生しているのは、

・暑くなると出が悪くなってしまうF103
・元主力、現在戦力外通告中の5K16(笑 

この2品種。
F103はハウス倒壊に伴って散水がよくできなかった時期の物なので、
それプラス暑さでかなりよろしくなくなった。

P1020409_縮小

暑さ対策で棚の上部を使用しないようにしているけど、

P1020410_縮小

見ての通りのすっかすか(泣
散水がうまくいった部分に関して来週あたり発生が始まるので、
そこの具合いかんでしょうねー。
管理一つで地獄行きだで(汗


P1020408_縮小
P1020407_縮小

もうひとつの元主力選手5Kはまあ思った通りの発生かな。
量少ないよねぇ。
こんな品種じゃなかったのに、エースで4番がどこでおかしくなったのか・・・・
これのおかげで新エースS055を導入するに至り、
今年その新エースも引退、
今ウチでは新たなエースを探すドラフト会議中(汗
いい品種に巡り合えなければ大変な事態だ・・・

P1020411_縮小

今日夕方の収穫。
朝夕で10数キロくらいしか収量がない。
ホダ木1本あたりの収量計算する場合、1代で約1キロくらいと考えるので、
(1代というのは使い始めてから廃ホダにするまでのこと)
たとえば廃ホダまでに10回使用する場合は、
1回あたり100グラム前後の収量と考えるわけで、
今回の収量をそれに当てはめて考えた場合、

・収穫開始から収穫終了まで4日として考えると
 1日当たり25グラム・1本
 1日当たりの浸水量400本×4日分=1600本
 1600本×25グラム=40キログラム

つまり1日40キロくらいは採れる計算なんだけど、
実際その3分の1も現在収穫できてない・・・・
恐ろしいほどキノコがないってことだ。
やばいとしか言いようがない。

量より質で勝負なんて言うことがあったとしても、
はっきり言って今の量じゃ勝負にならないわ・・
これはある程度の量があってこそ言えることだよね。
現状打破はかなり難しい状態。
さてはてどうしたもんだべか・・・


2014-06-11(Wed)

定植続けー フダンソウの定植

本日もどんよりした天候。
しかし作業できる時間帯に雨は降らなかったのが幸い、
雨降ったら作業できなくなるので、今のうちにやれることやってしまうべし。
今日はそういうことでフダンソウ・うまい菜の定植。


P1020405_縮小

冷蔵浸水でポットまきしたうまい菜。
発芽率は6割くらいとやはりあまり良くない。
フダンソウはどうも発芽してくれないんだよねぇ…

種まきからかなりたってしまって、いい加減植えることにした。


P1020404_縮小

植え場所はレタスのお隣。
レタスはすでにネキリによって5株ほど消滅(泣
フダンソウは果たして大丈夫だろうか。


P1020406_縮小

2条で15センチくらいの株間で定植。
去年は直播でかなり育つまでに時間がかかってしまったけど、
ポット定植で育ちはどうなるものか。


無肥料栽培では葉物を育てるのが最も難しい。
どうしても成長が鈍く、収穫時にはすでにガチガチというのがデフォ。
ワラビでよく言う「苦労して育ったものは固い」がそのまま当てはまるということだ。
このうまい菜はまだ食べられるようなものだったけど、
雪白体菜もわさび菜もルッコラもヒユナもことごとく失敗。
葉物野菜では無肥料での1年目は収穫不可能なのかも。

種をとった上で次の年どうなるかも実験したいとこだけど、
今のところ栽培自体がうまくいってないのでどうしようもない(汗
このうまい菜がいい感じの大きさになって種とれるようになればいいんだけど・・・
根菜・果菜とは比べものにならないほど難しいですわー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村