2015-03-31(Tue)

植菌じゃなく通常作業に勤しむ

今日は晴れ、全国的にかなり暖かくなったようで。
暖かいと言うか暑い状態だろうかね。
今日はハウス内もかなり気温高くなって半袖でも作業できるような状況でした。
ただ、作業と言っても今繁忙期であるはずの植菌作業ではなく通常のホダ木の業務。
なぜだ・・・

今シーズンここまで遅くなってる理由というのが、
別なところから原木の注文が来たせいというものだけど、ただ注文増加したせいというか、
受注側も発注元もなんだかな―というのが大きいと思う。
受注側は大量注文を期日中のしっかりさばけるかどうかというのが適当な感じで、
発注元は金に物言わせてどんどん持って行ってる感じ。
この別発注がなければ普通にきてるはずなんだけど、
金払ってんだからさっさとよこせ的に順序関係なく持って行かれちゃうとね・・・
隣の爆買いしてく客が大金払うんだからって平気で割り込んでくる感じか。
業者も業者で安請け合いすると客失うんじゃねぇの?
運ちゃんが中間管理職的立場になっちゃって愚痴もらしてましたよ(汗
ウチらもこんなに来ないと愚痴しか出ねぇよ。
あーあ、厄介なことになったもんだわ―


かなり愚痴りましたが、作業はしっかりします(苦笑

P1040440_縮小

今日はハウスの一番奥のホダ木をガンガン寄せていきましたよ。
F103の3順目のもの、試験菌A950をほぼ全て。
とにかくキノコの量もないし、やれることやるだけやっておきます。

P1040441_縮小

左側の手前から順序に浸水したホダ木を並べていっているので、
よせたらすぐに棚が埋まる状態なんですけどね。
結構キツキツだったりして(汗

P1040429_縮小

あと、朝方はかなり冷え込んで、日中暑くなるせいでかなり湿気が。
ホダ木に結露が起き、所謂木が汗をかいた状態に。

P1040430_縮小

軍手が真っ黒になっていきます。
これは植菌する原木にも起こるので、朝にがっつり冷え込むのって好きじゃありません。
今は暖かくなって勝手に乾きますが、寒い時期はヒーターたかないといけませんしね。
無駄コストです。

こんな感じで今日はずっと木を動かしてました。
結構汗だくになりまして、あっつくなったなーと。


暑くなってくるとキノコのでも改善されてきます。

P1040431_縮小
P1040432_縮小

徐々にですが数がよくなってきました。
先週末あたりからひどいことになってたんですが、
気温上昇のおかげなのか、芽の数が回復傾向になってきました。
やはり20度の壁というものは大きいですね。
休養にしても発生にしても20度というのが促成栽培では重要な気温となりそうです。
自然発生では全然気にすることもないんですけどね(苦笑


こうして今日1日あれこれしてました。
年度末ということですけど、忙しいはずの時期に暇ですな(汗
あ、そういえば木のほかにバジルもまいておいたんだった。

P1040447_縮小

12ポットだけ。
春の苗物商戦にのせるものをまいとかなきゃ。
暇なりに忙しくて今日は12ポットということで。
暇なのか忙しいのかなんだろうかね(笑
あー明日は原木来るべがや―


スポンサーサイト
2015-03-31(Tue)

ブロッコリースプラウトとサンゴカイワレが発芽しだした

少し前の植菌が休みになった日に蒔いたブロッコリースプラウトとサンゴカイワレ。
どんなもんなのかという試しまきだったんですが、発芽が始まって来ていました。

P1040390_縮小
P1040389_縮小

ブロッコリースプラウトの種はアブラナ系特有の種という感じだけど、
サンゴカイワレの種は大きい。
どちらかというと大根系、ラディッシュの種に近いと思う。
あけてびっくりだったけど、違いがあるもんですね。
というかこれが大きくなったら何になるのかが最大の疑問になってきた(汗
ラディッシュ系のものになるのかな?
ちと畑に試しまきしてみたいところだ・・・

P1040391_縮小

大根のカイワレ後のプランターに半分ほど試しまき。
あと小さいポットに半分くらい土を入れてポット栽培も試す。
これを行ったのが数日前のお話。

現在

P1040425_縮小

発芽が始まってきてます。
この時点でかなりの違いがあることが分かった。
左側がブロッコリースプラウト、右がサンゴカイワレ。
ブロッコリースプラウトの方が発芽が早い。
そして最大の違いがサンゴカイワレの色。
もう発芽して早々赤いんだね―
こりゃあ驚き。
たまに見えてる緑のは大根の発芽しなかったやつが今発芽した奴なので別もんです。
種の大きさもあるせいか軸はやはりサンゴカイワレの方が太い。

P1040426_縮小

また、ポットの方ではかなりの差が出ている。
土かけてもからかぶってでてきちゃうね・・・だめだ・・

種の袋に書いてあるものはいい感じに見えるんですが、
ブロッコリースプラウトは結構というかかなり細いので、
大きめのものに大量にないと残念な感じになってしまいますね。
どれくらいまけば適正なのかを考えてみたいと思います。
サンゴカイワレは種が大きいので大根並みでいいかと。
ためしまきで結構いろいろな情報が得られました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1週間前にまいた大根およびからし菜のポット試験ですが・・・

P1040427_縮小

こんなんになりました。
土の量は多くなくても大丈夫だと思う。
あとはポットにどれだけの種をまくかでしょうね。
からし菜は1つ試食しましたが、大根のカイワレと風味が違いますね。
これはなかなかおもしろかったです。
他のスプラウトも試食して違いを確かめてみなくては・・・


2015-03-30(Mon)

一番早いのはこいつらだった +オニールのこれって何??

連日のブルーベリー投下。
植菌してるとネタが切れやすい!
勘弁してやってくだせえ

さて、では昨日の続きのようなお話ですが・・・

昨日肥料をやっているときに気付いた。
ミスティーやサンシャインブルーよりも進んでいる奴が言うことに。
それがこいつら。

P1040424_縮小

小さいですけど、レノアクラベン
全然いい生育にならない貧弱株ですけど、

P1040421_縮小
P1040423_縮小

花芽ががっつり展開中、葉芽も少しばかり動きあり。
一番早く成長がはじまってました。
まあ小屋の中と玄関の雪囲いの中では気温が違うだろうから、生育に差が出るのは当たり前ですね。
同じ気象条件ならほぼ差はないでしょう。
去年のベランダ越冬隊がやたら早く目覚めたのと同じですね。

でも同じ場所にあったノ―ザンハイブッシュ系はそうでもないところをみると、
やはりサザンハイブッシュの目覚めの早さが際立ちますね。
いいとも悪いとも言えませんけど――


かわってオニールのお話。

P1040419_縮小

オニールの現在はこんな感じです。
日のあたる方向をいつも同じにしておくとこうして偏った姿になりますね。
今年は植え直しが必要だべー

そのかたよったオニールなんですが、株元に不思議なものができてきています。

P1040420_縮小

こぶ、ですよね。
悪いこぶって言うわけでもないと思いますが、なんでしょう?
去年あたりからだったかな、でき始めたの。
徐々に大きくなってきて現在こんな感じです。
何か生まれてくるんだろうか(笑

育ててみると様々なことに遭遇しますね。
株元からの花とか、クサギカメムシの卵と孵化、テングイラガやコガネムシの襲撃…
そういえば去年はマイマイガが大量にやってきたんだった。
なんかいろんな経験させてもらってますよ(笑


2015-03-29(Sun)

ブルーベリーに施肥と剪定を少し

今日は朝に霜が降り、
あれ?今日霜も降るって言ってたっけか?
という寒い朝を迎えたんですが、
晴れるかと思いきや曇ってきまして、これから雨になる予報です。
今日は意外と暖かくありません、むしろ寒いですね。


さて、今日は予定通りブルーベリーの剪定と肥料まきを行いまして。
肥料は全部にやったんですが、剪定は時間がかかったので半分ほど。
その中でがっつりやったのとそうでないのがあるのでご紹介。


P1040409_縮小

まずがっつりやったのがこのブルークロップ。
この株だけかなり生育が悪いですね。
水切れはほかのでも起こしていますが、これだけ状況が違います。

P1040410_縮小

枯れてるんですよ。半分ほどですけど。
なので持ち直しのために今年は強剪定でがっつり刈りこむことにしました。

P1040411_縮小

枯れてる太いとこは全然生気がありません。
完全に枯れてます。
去年切ったとこも結局枯れてたので、都合太いとこ2本死んだことになります。
管理良くないね―

P1040412_縮小

こっちが生きてる太い奴をがっつり切った後。
やはり中身は緑なんす。
生きていれば緑、枯れてれば茶色、これでわかります。
この切り口にはボンドをぬって乾かないように。

P1040413_縮小

どうでしょう、ガッっつり刈りこみましたね。
もったいないで殺すよりはこうしてもったいないけど切ることができないといけませんので。
ダラダラ衰弱を待つよりかは100倍ましですね。
勇気をもって決断しないと(笑
ということでこれは今年養生株へ。
これくらい切るのはほかにありませんが、最も古い株はそろそろ更新しておいた方いいかな―とも思ってますので、
もしかすればぶった切る可能性も。
それはまた今度ということにしておきます。


次はそうでもない選定の方。

P1040414_縮小
P1040415_縮小

これはポラリス。
枯れてもいませんし、荒れてもいないので選定はほどほどに。
花芽も充実してますから、今年はいくばくかの収穫が期待できそうな若い株です。

P1040416_縮小

これに関しては株元の弱小枝や内向きの細い枝を払う程度の剪定。
真ん中の太いシュートを切ってもいいんですが今年はやめておきます。

P1040417_縮小
P1040418_縮小

剪定後。
パッと見はあまり変わりばえがありませんが、細かい部分がすっきりしました。
株元がごちゃごちゃしてると虫が来た際にわかりづらいと言うこともあり、
あまり地際をごちゃつかせないようにします。


こんな感じで半分ほど選定しました。
ほとんどが若いもの、古参はまた来週あたりでしょうかね。
古参の大株は剪定が難儀ですんで・・・
まだ完全な目覚めまで時間があるのでゆっくりやって行きましょう。
なんせ去年は4月の後半にやってたわけですから―
1カ月先取りしてみました。


2015-03-28(Sat)

あと10000切ったぜ!!

快晴快晴、暑いね―
今日はハウスの中に暖房つけなくても20℃こえてましたよ。
でも温水暖房はいらないとナス科の温度上がらないからあまり嬉しくもないんだけど・・・
と言っても温水やってても20度ちょいにしかなってなかったから変わりないのか?
30度欲しいけど難しいねぇ。


今日は朝イチで原木が来て、やいのやいの。
植菌作業し始めたと思ったら原木をトラックから降ろすのを手伝い、
ちょほいといらない体力を使ってしまった(汗

で、その後今日来たものに即植菌に入り、本日ようやく3000を超えました。

P1040407_縮小

機械の位置も2度ほど動いたので、だんだんと奥の扉が遠くなっていきます。
あと変わったのが上に日よけがかかりました。
さすがに直射が当たるのはまずいので。
日差しが強くなってきてますからねぇ。
日よけがかかったのはここだけじゃなく、

P1040408_縮小

発生舎にもシェードがかかりました。
うーん薄暗い(笑
カイワレがさらに徒長するに違いない!


3000超えたので列数は8列目、残すところあと10000本切りましたね。
まだまだ全然終わらないってことじゃーーん(大汗

どうにか今月中に4000は超えられるかも知れん。
そうなると4月で9000、500平均なら実働18日か・・・
ヘタすると真面目に5月考えないといかんかも知れん。
あぁーヤバシ――




2015-03-27(Fri)

目覚めの早いブルーベリーを日光浴させる

今日も晴れ、非常に暑い(笑
気温が2ケタに達するようにな日もでてきたので、
小屋の中で越冬しているブルーベリーも徐々に目覚め出してきた。
その中でも目覚めの早いサンシャインブルーとミスティーを外に出した。

P1040402_縮小

なんかこうして見ると明らかに頭でっかちだね(汗
特にミスティーは立性だから余計頭でっかち状態だ。

P1040404_縮小

そして相変わらずの花芽。
サンシャインブルーの花芽の多さといったらすごいもんだ。
今年は花芽のいいもの悪いものはっきりと差が出ていて、
実をつけすぎてるようなのは、今年の収穫はあきらめざるを得ない感じ。
肥料不足があるのかもしれないので注意しないといけないね。


大体のものが目覚めてきているので、本来は選定してしまいたといことろだけど、
まだ植菌全然終わってないしねぇ・・・
時間がなくて駄目だわ。
とりあえず日曜日に肥料やって選定できるもんしておこう。
春先は作業がどんどんやってくるから大変だ――


2015-03-26(Thu)

バルブ交換

今日は晴れ、久しぶりに暖かい。
今日原木きまして、明日から再開です。
今年は原木の奪い合いが熾烈なようです(汗
終わるめどが立ちません・・・


今日も植菌が休業したので、やれることをやっておきます。
その中の一つ、自転車のバルブ交換をしておきました。

自転車のタイヤとチューブを丸ごと替えたのが3,4年前。
最近パンクしてないのにもかかわらず空気が抜けてしまう状態になり、
どうもバルブが駄目になったようなので交換をしようと画策。
でも普通のバルブは虫ゴムを交換すればいい話だけど、今のバルブは虫ゴム不要なもの。
交換できるのか分からなかったんだけど、調べてみたらダイソ-で売ってるらしい。

P1040392_縮小

探してみたらホントにあった。
その名もスーパーバルブ
虫ゴムの10倍長持ちって書いてますが、
虫ゴムのだってそうそう悪くならない。
今までのだって数年大丈夫だったからこれなら数十年ってことなのか?
そんなわけないだろ~

P1040393_縮小

これがスーパーバルブ。
普通のは先の方に虫ゴムつけますが、これは内部にゴム栓が入っているようで、
空気を入れる際はゴム栓が圧で下がって空気が入り、
普段はタイヤの空気圧で持ち上げられて栓をしている状態になるらしい。
空気が抜ける原因はそのゴム栓にかすが詰まったりする場合らしくて、
しっかり密封できなくなるからのようです。
たぶんパンク修理とかのときにカスが入っちゃったんじゃないかな―と思ってます。

P1040399_縮小

交換は別に時間かかりません。
バルブはずして空気抜いて、交換後にまた空気入れればいいだけ。
蓋がグレーから黒に変わりました。

これで悩まされたスローパンク状態から解放だね。
常にパンパンな状態で走れるぜ―
空気圧って大事、転がりが全然違うからね。
燃費ってなもんじゃないけど、楽になるってもんだ。
このバルブを交換するのは何年後になるかねぇ(笑



2015-03-26(Thu)

現在の椎茸 2015・3・26

現在、F103という品種の3順目の発生中。
かなりキノコの量は少なくなってきています。

P1040378_縮小

どこにキノコがあるんだ、というくらい開店休業な感じですね。
労働する分赤字垂れ流しでしょうか・・・
いつもの程度であれば何ともなかったのに、菌の良し悪しはでかいです。
5Kから始まった悪い流れはなかなか断ち切れませんね。

間に試験菌のA950という品種の3順目発生もいくばくかあるんですが、

P1040377_縮小
P1040376_縮小

出ているものとそうでないものがありますね。
この品種に関してはホダ木に問題はないので、休養時の気温や散水、
発生舎の温度などのことで発生が少なめなんだと思います。
要は管理不足でしょうかね。
休養舎が寒いのはやはり絶対改善が必要です。


こう開店休業状態だとキノコの量もかなり少ないんですが、
少ないなりにも本数を考えれば多少はどうにかあるもんで、

P1040401_縮小

1日に10数キロはとれています。
これでもかなり少ない状態、F103の初期の爆裂発生からすればないに等しい量ですね。
困りもんです。

今年の植菌では品種分散させてリスク回避に動いていますが、果たしてどうか。
1つこけるだけでも大けがでは済まない状況に追い込まれるので、
自分たちもそうですが、種菌会社の方でもミスのない様にしていただきたいですね。


2015-03-25(Wed)

あれから6日

今日も雪が舞う天候、明日からは晴れが続くようで春復活か。
寒いのはもういいからさ、さっさと春移行しようぜ―

今日も天候のせいか原木来ず。
やはり明日、休みになってしまった・・・
3月中に5000も行けないねこりゃあ。
困ったもんだで。


さてさてー

そういうことで久しぶりにホダ木移動のお仕事をしたわけですが、
こっちのお仕事6日ぶり。
あれから40年、じゃないけどいろいろと変わってることがったので戸惑う。

P1040382_縮小

まずF103の2順目の発生がほぼ終わってたこと。
2順目の休養舎への移動もほとんど終わってたってことですね。
それはつまるところ、3順目の休養舎への移動も始まってると言うことであって、

P1040381_縮小

矢印から先が3順目発生のホダ木、混ぜてはいけない。
最初と終わりを一緒にしちゃうと回数がおかしくなっちゃうからね。
ここは気をつけないといけない。

P1040384_縮小

まだ3順目の移動は始まったばかりなので、ちょこんと。
低めに置いてハウス半分を制圧する予定らしい。
知らん間にいろいろ作戦が進行してやがる(笑

P1040383_縮小

あとはF206のハウス内展開が終わってました。
こうやってみると沢山あるよね。
でも量としては2000本程度だからそうでもない。
今植菌した数だって2400だからね、そんな大したことはない。
一時的に考えれば本数が全部で3万を超えることだってあるわけですし。
職業ってこんなもんですよ―


こんな感じでたった6日でも様々と変わってしまって混乱が起きるもんだ。
植菌がずっと続いてれば1カ月くらいノ―タッチ状態になるから、
ハウスの中身丸ごと知らん状態になることもあるんだけどね。
今年は異常事態だから数日ですんでるようなもんで。
お仕事ブランクはちょっとでも怖いもんです。



おまけ

あれから6日、こっちはあれから18日、上の3倍だ。
そう、畑の雪の量調査隊でござる。
以前畑の雪を調査したのが3月7日、その時の記事はこちら⇒畑はまだ豪雪に覆われていた
あれから18日がたち、だいぶ溶けたもんだろうと畑で調べてまいりましたよ。

P1040385_縮小

雪が降ってフキノトウがさぶそうだ。
斜面では土の見えてるようなところもあるが畑は果たして残り何センチの雪があるのか?

P1040386_縮小

到着、相変わらず白い土の雪原でござい。
変わったことと言えば、後ろのカキの木がいつの間にか剪定されてました。

ではいざ支柱をぶっ挿します。


P1040387_縮小

おお!明らかに以前より雪が溶けてる!
抜いてみてどのくらいかを確認。

P1040388_縮小

残り、1メートルで―――す(大汗

なんだよ、たった40センチしか溶けてないのかよ!
あれだけ天気よくてあったかかったと言っても18日で40センチかよ!
全部溶けるのにこのペースが1カ月じゃねぇかよ!
結局去年同様4月後半かよ!
か―雪少ないと思ってもなかなか溶けないもんですねぇ。
こりゃあ今年も畑は押せ押せかね・・・


2015-03-24(Tue)

新着スプラウト用の種とポットまき実験

今日も雪です。
朝までに10センチほどの雪が降ってました。
今日の夜からは多い所で30センチほどの予報。
んーそんなに降らんでくれ・・・・
最近はしかも必ず風とセットだからいやなんだよねぇ。
暴風雪、最も好ましくない天気だ。
明日を越えれば晴れ続きらしいが、これで最後の冬の嵐になってくれよ――


さて、植菌作業は相変わらずですが、天候のせいか今日は原木が来ずに明日は休みに。
頼むから明日だけにしていただきたいもんだが・・・
こう連休はいるようじゃ終わるの5月だで。

おっと違う違う、きょうはまた新たに到着した種のことだ。
注文していたスプラウト用の種が到着してました。

P1040359_縮小

まずはブロッコリースプラウト。
野菜の中で最も抗酸化能力が高いなんて言う噂のもの。
スルフォラファンという物質がいいのだそうで、様々な効果が期待できるそうだ。
スプラウトをやるならこれは外せない。

P1040360_縮小

マスタードスプラウト。
マスタードって言えばあの黄色い奴ですよ。
その大きくなったものがからし菜なわけですが、これはそれのスプラウト。
ちょっと漫画でこれを知ってたもんで実験。

P1040361_縮小

レッドキャベツスプラウト。
色つきのものがないかというとこれが見つかった。
紫キャベツのスプラウトだね。
カイワレで紫って珍しいよね。色どりを添えると言う点で。

P1040363_縮小

色というとこっちの方が珍しい、サンゴカイワレ。
これは一体何のスプラウトなのか・・・
全部が紫ってなんだか怖いけど・・・面白そうという興味が勝ちました(笑

P1040362_縮小

色じゃないけど珍しい青じその芽。
へー青紫蘇もスプラウトにできるんだ―
あまり紫蘇を食べるって機会ないけど、果たしてお味の方は・・・

以上5種類のスプラウト用の種が届いた。
今は忙しくてまく暇がないのでまだ種まきはしてませんが、
生育が早いのでそう焦らなくても大丈夫でしょう。


そしてそして・・・

ささげくんさんがやっていたポットまきでのカイワレ栽培。
土の割合などどんなもんにすればよさそうかなという実験も兼ねて
少し前に種まきしていたものが成長してきていますので報告を。

P1040350_縮小
P1040351_縮小

まずまいたのは山形掘込大根と黄からし菜。
からし菜は結局マスタードスプラウトってこった。
まあ先に実験ですな。
今回はポットに少量の土を入れて種まきをしてみました。

P1040366_縮小
P1040367_縮小

種まきから5日後に発芽。
プランターまきのものよりも遅い。
やはり土の量が少ないので、地温が安定しなかったせいだろう。

黄からし菜の種は小さいので芽も小さい。
もう少し多めに種まいても良かったかな。

P1040379_縮小
P1040380_縮小

それから2日後の今日。
黄からし菜の方は発芽が順調みたいだね。
細―い奴がひょろひょろと伸びてきています。
これは少しばかり誤算か。細すぎじゃね?食べ応えないじゃん(汗
大根の方は発芽があまり良くないね。
種自体のせいかなんなのか。まあ実験だしどうでもいいか。

今週中には収穫サイズになると思うのでそれまでは様子見。
この実験でどう育てていくか考えないと―
種はたっぷりあるし、いろいろと試行錯誤していこうかね。



2015-03-23(Mon)

F206の植菌完了しました

本日雪。
天気予報通り雪でござんす。
東京じゃ桜咲いたなんて言ってましたけど、こっちには再び冬の嵐ですか。
風が強くてさんび―よ――
明日までは寒さがぶり返すようでまだまだ完全な春ではないですなぁ


さて、本日植菌日数6日目となりますが、ようやくF206という品種の植菌が終わりました。

P1040371_縮小

毎度変りばえしない感じの写真ですが、
どんどんと自分のほうに近づいてきてますよ―

P1040373_縮小

カウント合計は2187。
ただ停電になってカウントしてないのもあるので合計は2188本ということになる。
ようやく2000本超えてきましたね。

P1040374_縮小

明日からは品種変わって秋山種菌のA910という品種。
朝に掃除して機械を移動してから品種変えてのスタートということになります。
菌混ざるとだめだからね、掃除はしっかりしないと。

3月も下旬に入ってまだ2000か。
去年は今の段階で5400超えてたので倍以上遅いってことか・・・
ただ植菌した数をみるとフル操業始まったが4月に入ってから。
今年はこれからどんどん木が来れば追いつけるか?いや無理か(汗
あと10000と700。
まだ6分の一を超えたばかりの植菌作業でござんす。


2015-03-22(Sun)

2015ナス科の種まき

本日再登板。
原木来たからお仕事してくるって言うことで一時退避したんですが、
すんません、原木やってません。
種まいてました。
いや―時間あったら手伝うつもりだったんですが、モノごっつい時間かかってしまって・・・
でも今日のがすと種まきする暇がない可能性もあったので、
とにかく必死で種まいてきました。


今日種まきしたのはタイトル通りナス科の植物。
ウリ科は成長が早いのでもう少し後、ナス科はひたすら時間かかるので早めに種まきます。

P1040365_縮小

・・・まき終わりました。
札がやたらに立ってますが、上の2つの育苗箱の土が去年ふるいにかけた植物堆肥。
そのほかがいつも通りの種まき培土だからですよ―

今回まいたナス科は次の通り。

・ナス(ホワイトベル)       4-7  11ポット
・ナス(白ナス)         12-50  62ポット
・ピーマン(浜ニュークリーム) 12-51 63ポット
・ペぺロンチーニ(エトナ)     6-10 16ポット
・ペペロンチーニ(ストロンボリ) 6-10 16ポット
・甘唐辛子(フロリネス)     8-11 19ポット


以上合計187ポットでした。
堆肥用土は一体どの程度生育がいいかわからないため、各種とも少なめにまいてます。
これは以前記事にした土で差が出るでも書いていますが、
種まき培土によって生育が全然違ったりするためですね。
よかったら次から普通に蒔こうと思いますが、
発芽はできそうなことが分かっているけれど、生育が悪かったら元も子もないですからね。


これらは温度が高くなる場所に移動しました。

P1040368_縮小

棚の下じゃん(汗
これでいいの?と思うかもしれませんが、

P1040369_縮小

下に走っているのは温水パイプ。
30~40℃程度の温水が回っています。
今はまだこれが稼働しているため、発芽まではここで加温すると言うことですね。
一応直接触れ過ぎないようにパイプを敷いて底上げはしてます。
明日の昼に温度がどの程度になっているかを確認してまた加減ですね。


今年はいろいろなものがあるので、去年までやってた人肌催芽はやりません。
代わりに温水でどうにかしてもらいます。
これがうまくいけば来年以降は簡単にできるしね。
とにかくここでは大変なナス科の育苗が始まりました。


2015-03-22(Sun)

インゲン選別用ボックス製作

今日は買い物に行ってきましたです。
ここらじゃないコストコフェアなるものがスーパーであって、
以前冷凍で通販購入したことのあるティラミスのでかいやつ買ってきた。
植菌終了後のご褒美として冷凍しておこう。
食うのは1ヶ月後かよ(大汗
いやー山と違って街は雪なかったっす。
葡萄棚の下にはあと2,30センチしかないように見受けられました。
今年は被害なかった分、豊作になればいいねぇー

それはそうと、今日日曜なんですが原木来たのでこれが終わったら仕事です。
明日雪降るって予報だから今日のうちにハウスに取り込んでおかないとね。
つまり明日も通常作業だ―がんばっぺ。


さて、
もうすでにかなり前のことになってしまうんですが・・・・
インゲンを選別するための仕組みを工作しまして。
なんせせっかく買ったトレーサーはさっぱり役にたたずにお蔵入りしたもんで、
LED電球でこうこうと照らすためのボックスをこしらえたわけですよ。

P1040322_縮小

段ボールカットしてソケットぶち込んで完成。
なんとも安直ながら無駄な光のロスもなく結構いいもんだ。

P1040323_縮小

中はこういった感じになるわけですよ。
大体の粗選別は可能になりました。
ただ、やはり微妙な色の違いはわからないので、
いったん選別後にLED電灯で1つずつチェックが入ります。
面倒なのはどうにもならんか・・・

今は日曜しか選別する暇ないからまだまだしばらく作業は終わらないけど、
種まきまでに終わることできるかねぇ・・・
去年の豆がまだ選別できてないってどうよ(汗
サボったつけは大きいなぁ。



2015-03-21(Sat)

エドデス

植菌作業計5日目。
今日で1790、原木3回分ほぼ植菌してしまったので、月曜は半休か休業か。
月曜には原木来るらしいけど、天気予報は
早速できる状態じゃないだろうから休みになっちゃうかな―
進まんのう・・・

今日もネタ切れ状態なので、小話でも。


先々週のことか、ブックオフで漫画を買ってきて読んでたんだけど、
ある漫画の中に椎茸菌のことがでてきてた。
その時初めて知った椎茸菌の学名。

Lentinus edodes
(レンチナス エドデス)

椎茸って外国でもシイタケで通用するキノコ。(ShiitakeとかShiitake mushroom)
日本産のキノコってことなのか。
で、そういったこともあってなのか、学名もエドデス。
エドデスは江戸ですに由来するとかしないとか・・・
そうならなんて安直な・・・
まあ学名にしろ和名にしろ英語にしろエ――って思う名前は沢山あるから、
特段驚くほどのことでもないかも知れんけど。
私が一番エーってなったのはスッポン茸の学名(Phallus impudicus)かねぇ。


ちなみに・・・・

椎茸の抗癌成分レンチナンはたぶん上のレンチナスからきてるんだろうねぇ。
調べてみるといろいろわかるもんだで。


2015-03-20(Fri)

お疲れちゃんは早く寝ろ

はいどうも、今日は少しばかり張り切って仕事したためお疲れです。
週末だってのに忙しいでござんすよ。
ちうことで今日早く寝ることにしませう。

P1040364_縮小

取り急ぎ?本日1400まで到達。
暗いのは6時までやってたからだよ。くたびれた・・・
4列目に突入中でござんす。

今日も原木来たので明日もできるぜ―
でも明日も今日くらいガツガツやるとまた月曜休業かな・・・
頑張れば休業が、頑張らないと進まない、
んー板挟みっ
まあとにかく目の前の作業をこなすのみ、明日も頑張るために今日は体力回復だ――


2015-03-19(Thu)

ネズミ発見遭遇

植菌再開です。作業日数今日でまだ3日目(汗
ちゃんとやってりゃ今日で1000の大台は突破してたんですが、
いろいろやったせいで985で本日終了。
明日にはすぐに大台突破ですね。
と言っても13分の1・・・果てしね――

今日は植菌で忙しかったんで特にネタもなく・・
ということで昨日遭遇したネズミのことについてでも。

昨日浸水作業をしていたところ、積んでいるホダ木にネズミの巣を発見。
最近所々で木を削ったり、皮をはいだりしている個所があったので、
近くにあるんだろうな―と思っていたんですが、やはりいました。

P1040356_縮小

ちょうど曲がった木の隙間に巣をかけます。
あっちこっちから材料を集めてきて作ります。
草があれば草を、ビニール紐やビニール片、ホダ木をかじり放題かじったかす、
様々利用して巣をつくります。

P1040355_縮小

驚いたことに、こいつはかなりふてぇ野郎で、ガタガタ作業してるのにちっとも逃げません。
普通は人の気配を察して一目散に逃げるんですけどね―
口笛吹いてようが、運搬車のでかいエンジン音だろうがお構いなし。
捕まえようかとしたときにようやく逃げました。

P1040357_縮小

ありったけ木の皮をはいでやがります。
椎茸栽培に置いて害獣というと猿やイノシシなんかが挙げられますが、
当地には猿もイノシシも見受けられませんので、
一番の害獣はこのネズミだったりします。
ホダ木がかじられると結構痛手です・・・

今回は子供がいなかったので逃げ得ですが、子供がいると親も一網打尽にできます。
捕まることが分かってようが助けにやってきます。
ある意味人間より親がしっかりしてんのかね(汗


大害獣ネズミが確認されたので、これからまたネズミに悩まされるんだろうねぇ。
まだ蛇はねてるだろうし、用心棒はいない。
ホダ木だめにするのは勘弁していただきたい。


2015-03-18(Wed)

ノビル?いやいや、アサツキだよっ!

今日も晴れ、昨日ほどではないものの暖かかった。
そして・・・
15日ぶりに原木が来ました――
明日からまた植菌作業です。
作業は先週の火曜日以来なので超久しぶり。
こんなに休んだこと今までないでよ(汗

P1040358_縮小

心配になって菌の状態見に行ったら案の定だめになってましたよ・・・
仕方ないので全部掃除して明日に備えました。
あ、ここでいうだめになってたので機械に残ってたぶんね。
こんなに休むと思ってなかったから残してたんですわ。
菌糸が伸びてるやら腐ったものがあるやら発酵臭するやらすごいことになってましたよ。
写真の状態はフカフカの塊。びっくりした。

まあ何にせよようやく再開だ。
入口に入ったのに一向に進まない、それはまさに、
修学旅行で並びに並んでようやく入ったアトラクションが物の5分で故障で終わったような
開始早々とんでもない事態だったね・・・
あさっても来るらしいし、とりあえず今週は植菌作業が忙しそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、
かなり気温が上がり雪解けも進む。
斜面には土もでて、福寿草の姿もちらほらと。
その雪解けした側溝の近く、あるものが発生しているのを見つけた。

P1040352_縮小

何やら緑色の草が生えてきている。

P1040353_縮小

よく見たらひろっこ、標準語ではノビルじゃないか。

いや、まて!

そうだ思い出すんだ。
ここにあったのは去年騒動を起こしたやつじゃないか。
こいつはノビルじゃない!アサツキだ!!

そう、去年ノビルの花咲いた―と記事にしたことから始まったノビル騒動。
詳しくはこちらから⇒ノビルの花咲く ・ ノビルの花論争 ・ ノビル騒動決着

結果的にみてなぜかこんなところにアサツキが生えているってことになったんですが、
今年もまた生えてきてたんですね―

アサツキもノビルなどと同じように若いうちから食べれるようなので、
採って食ったらいいべがな―
ノビルはまだ白い状態のものを酢味噌和えなんかで食べることが多いんですが、
アサツキも同じように調理できんのかね?
辛くないのか?
いろいろ疑問出てくるな(笑


2015-03-18(Wed)

トリコが襲いかかってきた

どうもトリコが襲いかかってきているようだ。
トリコ? ああ、あの3色のやつね。

ちが――う!トリコロールじゃな――い!!

?じゃあのジャンプの漫画の・・・

ちが――う!トリコだけどちが―――う!!

はい、ひとり漫才はこれくらいにして、
トリコってのはトリコデルマ菌のことですよ。


P1040310_縮小

普通はね、椎茸菌ってこんな風に真っ白で、

P1040324_縮小

露出した場合時間経過で褐色に変化していくんだけど、

P1040326_縮小
P1040327_縮小

露出した部分がこうして緑になっちゃってるのがちらほらとでてきてるんだよね・・・
トリコデルマはこうしたかなり濃い緑色を発色するのでわかりやすい。
椎茸栽培では厄介な害菌だ。

P1040318_縮小P1040349_縮小

菌が露出した部分もそうだけど、
植菌穴の封ろうの上や、ホダ木表面だって結構見受けられる。
感染が拡大して行ってる感じだ。

去年の夏の時点で、仮伏せ中のトリコ蔓延が起きていると言う情報があったんだけど、
その時はうちは問題なかったんですよね。
ここにきて菌の疲弊とかでなのかトリコ感染したホダ木が多くなってきてます。
よくありません。
と言ってもやはり感染が多くなっているのは問題が起きたF103なんですけどね・・・
他のホダ木には問題ありませんから。


P1040335_縮小

椎茸菌って結構抵抗力はある菌らしいですが、
トリコはそれとは関係なしに攻撃してくる強い奴。
上の写真では黒こぶ菌(黄緑の菌と黒いこぶ状のもの)との拮抗状態にある椎茸菌ですが、
こうしてたいがいのことには抵抗する椎茸菌もトリコにはガツンとやられてしまいます。
やっかいものです。


菌がおかしい⇒ホダ化が未熟⇒ホダ木がよくない⇒抵抗力弱い

たぶんこうした流れなんだろうけど、今回のF103は散々なことになってるな(泣
今年植菌する分は大丈夫だろうか。
心配が大きくなってくる事態になってきたで・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちなみに小ネタですが、
トリコデルマは他のカビを減らす作用と言うのがあるらしく、他の菌の生育を妨げるらしい。
それを利用して畑の土壌にまくことでカビによる害を防ぐと言う方法が確立されています。
一方ではこうして有効利用もできると言う話です。


2015-03-17(Tue)

日向へGO!GO!

今日も快晴ー
気温が平年の2倍にもなり、15度くらいになった。
いやー暑い(笑

そんなあったかくいい天気なので、鉢植えを外にだした。

P1040343_縮小

今年は玄関越冬してたラズベリーのプチルビー
去年株分けで3株が6株に増えて1株枯死して現在5株。
水やりするのにじょうろが奥深くへしまわれているので、
雪をへらですくってぶっかけておきます(笑
越冬中はカラカラになっているのに良く枯れずに越冬できますよねー
さすがラズベリーという感じです。
去年は実がさっぱりだったので、復活を期待して日にガンガン当てておきましょう。


そのほかにも、

P1040344_縮小

先日買ったブルーグローも日光浴。

P1040346_縮小

外には直接出してないけど玄関越冬ズ。
これにも雪かけておきます(汗

P1040347_縮小
P1040348_縮小

ブルーベリーもジューンベリーも芽が動き出していました。
置き場所によってやはり気温差があるんでしょうね、
いろいろと動きに差があることがわかります。
無加温で一番動きが早いのはやはりベランダですね。

明日もこうした天候らしいのでまた日光浴だね―
ほんとならブルーベリーも小屋の中から出して日にあてたいけど、
なんせ数が・・・
おまけに邪魔ものがあって出すのが面倒だしね・・・
もう少ししっかりあったかくなってからでいいや。
3月も後半だし、もうちょっとで今年も雪はなくなるだろう。



・・・ところでですが・・・
先日の記事、続々動く柑橘とレモンの収穫で、続々動く柑橘なんて書きながらレモンしか記事にしてなかったね(大汗
今日思い起こして、あれー?スダチとかの写真使ったけか―?と思案して見てみた結果、
案の定記事にしてませんでした――――
あーだめだ・・私の頭ん中容量足りてねぇ・・・
ということでここに写真張られていただきやす。

P1040316_縮小

スダチに新芽(葉芽)です。
これで動きのない柑橘はカボスのみとなった。
やっぱりカボスは一番遅いんだよねぇ。
カボス晩生説か。

P1040317_縮小

レモンビアフランカのつぼみがかなり大きくなってきた。
まだハチいないんだけど・・・
早期開花したら人工受粉してやらんといけないな。
ハウス越冬で早いお目覚めはこうしたデメリットあるのが駄目なとこだね。
2次開花で結実するなら問題ないかも知れんけど―

とまあこの場を借りて追記とさせてもらうことにしますです。
もう年だな・・・・(大汗


2015-03-17(Tue)

F206をハウス内で展開する

夏菌のF206、秋まで使ってその後ずっとハウスの中で養生中。
養生してるはずなのにやたらと発生を繰り返し、全く無駄な労力を使っている。
採れればまだいいけど、大量の腐ったキノコを出して、
暖かくなってきたおかげでキノコバエ増殖中(汗
まったく困った特性だ。

その夏菌F206、まだ使える時期ではないんだけど、
春先に自然発生が出るらしく、このままではさらに大量のキノコが無駄に。
それを考えてか、休養舎内のあいているスペースに展開し始めた。

P1040336_縮小

ずらずら――っと。
こうしてスペース開けて積めばキノコが出ても採れるってわけだね。

P1040338_縮小

間も開けて2列仕様。
これなら人一人くらい入っていけるので、収穫には問題ない。
ただかなり高いのがネックかな―

P1040337_縮小

これは途中図なので、今はもう半分以上終わってますが、
こうして棒積みになっていたものを展開してるってわけです。
スペースがあるってことと、植菌が全く進んでないことがあるのでできる芸当か。
いいような悪いようなだね・・・


夏菌や冬菌ってこうしてその時期だけ使える品種だから、
使わない時期の対処が問題なんだよねぇ。
冬菌はまあいいんだけど、夏菌がこうして使えないのにやたら出るってのは大問題でしかない。
様々品種やってみると、いろいろと問題見つかってきますね―


2015-03-16(Mon)

カイワレ1弾全撤収

今日は快晴、気温が2ケタ、ずいぶんと暑い。
明日、明後日までは好天らしい。
これでかなり雪が溶けそうだ。


さて、
暖かいとはいえまだまだ畑作業までは程遠い当地。
ハウス内でちょびちょびとカイワレ実験してみたところ、面白いほどよく育った。
全くといっていいくらい辛みのないカイワレができ、なかなかよさげ。
そのかいわれも3度目の収穫を持って全収穫となった。

P1040339_縮小

さすがに2週間ともなると伸び放題。
かなり大きくなってしまった――

P1040340_縮小

15センチくらいまで伸びてますね。
さすが、徒長させるプロ!!(爆

P1040341_縮小

きれいさっぱーり取り除いた。
思ったほど根が伸びるもんではないんだね。
おかげで引っこ抜くのも楽チン、根こそぎ収穫できた。

P1040342_縮小

まだ大体3回分くらい利用できる量だったけど、
残しておくとどこまでも伸びちゃいますし、次に向けて準備もしておかないといけないしね。
本日をもって第1回カイワレ栽培は収量となりました。


畑を使えない中で簡単にできるものとしてカイワレはかなりいいと思った。
ということで新たにカイワレ用の種も注文したので、次は一体何を育てようかねぇーと。
ささげくんさんがやっていたポットでの栽培も実験してみないといけないし、
カイワレ栽培もいろいろとやってみることが多いぞ―


2015-03-16(Mon)

現在の椎茸 2015・3・16

現在発生中なのは相変わらずF103という品種。
F103の2順目の発生も終盤に差し掛かり、3順目の発生との境になっています。

P1040333_縮小
P1040334_縮小

2順目の発生は悪いながらもぼちぼちというところ。
ビニールハウスから小屋へ発生場所が移って、温度不足からか発生速度がスローダウン、
収穫量が激減しましたが、持ち直しつつあります。

ただ、次の3順目がどうやらよくない。
クッションとしてはさんで試験出しをしたS055の発生も良くないので、
これから先はかなり厳しい発生となりそうだ。

P1040328_縮小
P1040329_縮小

S055は完全に出ないというわけではないものの、ほぼ皆無、
まだ少し温度的に早いのかもしれないけど・・・
これでは本格的に使うことは難しい。

P1040330_縮小
P1040331_縮小

かといってF103の3順目なら大丈夫かといえばだめですね。
やはりぶっ通しで3順目に入ってる感が否めないし、
ホダ木の状態そのものがかなり良くないようだ。
同じ管内で使っている人も、段々と木が死んでいくと言うように、
だめになってきているホダ木も見受けられるようになってきた。
何やら以前の5K16という品種的な状態になってきている感じですね。


浸水からすでに2週間がたとうとしているんですがまだ完全に発生という感じではありません。
菌も疲れて生育が鈍くなっているのかもしれませんが・・・
もう少し経たないとよくわからないかな。
希望は薄いと思いますけど。
毎年のことながら2-4月くらいに発生鈍ってしまうのが駄目だなぁ。



2015-03-15(Sun)

追加!2015年種第4弾

2015年度の畑に蒔く種はすでにそろったはず、だったんだけど、
とうがらしの苗注文をするために見ていたら面白いものを見つけてしまって、
いろいろと調べてようやく種を発見、注文してしまいました――

P1040320_縮小

イタリアの唐辛子、ペペロンチーニです。
同じ袋に見えますが、左がストロンボリ、右がエトナという品種です。
ペペロンチーニってスパゲッティーのやつじゃねえの?
そうですね。そのペペロンチーニです。

そもそもスパゲッティペペロンチーノは
アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
というのが正式名称で、ニンニク・オイル・とうがらしを意味するパスタってわけで。
で、そのパスタに使われてるのがこのペペロンチーニ、
日本では鷹の爪を使うと思いますけど、これが本場の唐辛子ってやつの様ですね。
なのでどう違うのか確かめるべく買ってみました。
小さめの唐辛子で辛い様です。


また、ここのサイトで調べてみたら、面白いものを発見

P1040321_縮小

青首大根。
じゃなくて白ニンジン
以前野口種苗で扱っていた種の採れる白ニンジンにとてもよく似たもので、
生産国も同じフランス、こりゃあもしかしてですよ。
ただ、長さが4,50センチにもなるものらしく、ちょっと大丈夫か?という気も・・・
あまり長いと絶対根詰まりしちゃうからね―
とりあえず長さは置いておいて、種がとれるかどうかが一番だね。
採れればもう種買わなくてよくなるから。重要な作物だ。


注文したのはこれだけだったんだけど、
なんとまあたった3袋でもプレゼントなんてのがついてきまして。

P1040319_縮小

ペッパーflorines
古代王国マケドニア一体に広がった有名なペッパーらしい。
辛くない品種らしいけど、たまに辛いのもあるとのこと。
甘唐辛子という感じでいいのかな?
でもペペロンチーニ2袋より種はいってるって、どうすんだよ(汗
こんなに唐辛子ばっか育ててられねぇよ(苦笑


とまあこんな4袋が追加になりました。
唐辛子は鉢植えか、もしくは完全に囲って畑栽培か・・・
ピーマンあるからどうすっか考えておかないとね。
今年分種第4弾になりましたけど、実はスプラウト用の種も考えてるとこなので5弾もあるね。
相変わらず種めっちゃあるわ――(苦笑


2015-03-14(Sat)

続々と動く柑橘とレモンの収穫

あれ、本日雪です。
なんだなんだまだ降るのかよ。
週末よくなるような話だったんだけどねぇ。
風が収まった分問題にならない降雪ですけどね。
といってももうそろそろ春に向かった前進してもらいたいんですけどね―
ゆきはもういいよ。


本日も原木がこなかったので、今週たった2日の操業しただけで植菌作業がストップ状態。
今日来ない=来週の月曜日も休業状態。
タハ―困った。こんなに来ないのって久方ぶりだぞ。
去年は来ない来ない言っても今の段階で3000くらいやってたからね。
現状、明日原木きて月曜から500ずつやれたとしても最短で4月20日。
こりゃあマジで5月覚悟しないといけないレベル、日曜操業も覚悟しないといけないな・・・
あーくそーやってられねーーーチクショウめ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあそんなこんなで植菌がないとかなり暇なレベル。
騙し騙し作業をしつつ、鉢植えに手をかけたりなんかして・・・
その鉢植え柑橘なんですが、去年のレモンをようやく収穫しました。

P1040312_縮小

コガネの影響で実の肥大が遅れ、色づきも遅れたので、
去年より1カ月ほど遅い収穫となった。
やはり実の大きさは大したことがない。

P1040313_縮小

3つだと思ってたら4つついていて、全部収集。

P1040314_縮小

最大でも63ミリ、んー小さい。
今年はもっともっと大きいのが収穫できるように手をかけないとな。


年々実の大きさは大きくなり、数も採れるようにはなってきた。
あとはコンスタントにバカでかいのを採れるようになるだけだね―
これらは今度ブルーベリージャム作る材料にでもしよう。
砂糖以外は自家製か― いいね(笑


2015-03-13(Fri)

ポテトチップス いぶりがっこ味

先日の3月9日、カルビーより、
ポテトチップス いぶりがっこ味
なるものが発売されました。

いぶりがっこと言えば発祥は山内
これは食わない手はないということで、試食してみましたよ――


P1040308_縮小

パッケージはこちら。
秋田の竿灯がパッケージになってます。

さてお味の方は・・・・

あぁ、燻香がちゃんと感じられるね!
漬けものの少し酸っぱい感じとか結構うまく作られてると思います。
ただまあジャガイモですから、んーという感じもないことはない(汗
味わいというより、燻り臭さみたいな方がよくできてるかなーと思いました。
燻香のあるポテトチップスというのはなかなか面白いかも知れません。


このポテトチップスは限定生産らしく、売り切れ御免ということみたいです。
興味のある方はぜひぜひ食べてみてくだされーー


2015-03-13(Fri)

タイベリーも動き出す

ようやく吹雪が終わったけど、まだ少しばかり風が強い。
今週は三寒四温から冬に逆戻りという感じだったね。
まあ今日は晴れ間が出て暖かくなったから、その冬も終わりかなー

さて、
晴れたということで吹雪のときに持って来なかったものを記事に・・・

P1040261_縮小
P1040262_縮小

あったかくなったおかげでカモミールがものすごく大きくなってきた。
雪解けまでに大きくなりすぎるんじゃないのかと心配もあるけど・・・
無加温でも春を感じて生育する季節ですね。

ただ、春を感じるのは植物だけではなくて、

P1040240_縮小

ハウス内ではマイマイガが動き出しています。
奴ら卵の状態なら24時間浸水しても死なないようです。
たまごってつえ――
案の定かんきつ類につきだしたので、見つけ次第すりつぶしです。
こんな感じだと春先の大発生が心配でなんねぇ・・・・


そんな心配はさておき、
来てからさっぱり生育がよくないハイブリットベリーのタイベリーに芽吹きです。

P1040281_縮小

1月にぶった切ったタイベリー、残った枝から新芽が出てきました。
ぶった切ってもまだ死んでいる枝もあるようなので、さらにぶった切る必要性がありそう。
ハイブリットで強健と言われてる割に細い枝が伸びるだけって何だろうねぇ。
育て方が全然なってないってことかねぇ(汗
肥料食いってやつなのかもね―餌が足りんってか。

今年は一度植え直しも考えてみないとだめかもと思ってます。
なかなか実にありつけませんけど、今年は試食くらいはしてみたいねぇ。
ガンガン成長してくれよ――


2015-03-12(Thu)

カイワレ収穫期

今日も吹雪です。相変わらず風が強い。
でも今日で越えるかな、雪はあるだろうけど風はおさまってくれるはず・・・
とにかく風だけはやめてくれないとハウスが・・・

3日連続の暴風(雪)で天候は最悪、今日も原木は来ません。
明日も植菌はおやすみ、あーあまた遅れる。
なんか2万本の悪夢再びじゃないかしらー
あんな休みなしで28日間連続出勤なんかもう勘弁だ―――
早く原木持って来んか――い


ふぅ 落ち着けー落ち着け―血圧マックス!

まあ愚痴りたくもなりますが、天候は仕方のないこと、我慢するしかあんめぇ。
秋田県人の忍耐力なめんな(笑



はい、前半意味不明に盛り上がりましたけど本題。

カイワレ化した大根がいい具合に伸びまして、収穫期となりました。
いざ!収穫して実食だ―


P1040294_縮小
P1040295_縮小

種をまいて9日目でこの程度まで成長。
辛み大根の方が生育は早かった感じですね。
また、色合いも少し濃いかな、と。

P1040303_縮小

それから2日たったらこう。

P1040304_縮小
P1040305_縮小

すっごい伸びっぷり。
立派なカイワレとなりました。
立派なというより見事な徒長っぷりというのが正しいかもね(汗
この量1回に食べるということはできないので、少量ずつ収穫食べ比べ。

といっても料理は自分じゃないので・・・
今日は辛み大根の方から頂きました。
大根自体は辛み大根なので辛いんですが、
カイワレで火を通した調理だと辛みがほぼないですね。
生は食べてみないとわからんですが。
ちょっと意外です。


徒長ものを作るのは大得意なので、(汗
カイワレ作りは自分にとっては簡単な作業かなーと感じてます。
これを売り物に―というのはもう少し何かいいアイデアがないと難しいですが、
今度はいろんなスプラウトを育ててみたいと思います。
メインは最強の野菜ブロッコリースプラウトだな。


2015-03-11(Wed)

異常の異常か

今日は原木がないので植菌お休み。
肝心の原木は今日のような大荒れのときには期待することもできず、
明日も植菌はお休み。こればかりは仕方ない。

ということでいつも通りの作業をしたんですが、全然疲れ方が違いますね(汗
なんというかこんなに楽だったんかと。
植菌半端ねぇ

さて、ハウスの中ではF103という品種の2回目の発生が終了に近づいていまして、
続く3回目の発生がかなり怪しく、収量激減中。
また、キノコに異常が現れてきた感じがあります。


P1040269_縮小

見た目は普通のキノコ。
でもさわるとおかしい。

P1040271_縮小

石突きが赤黒いのがわかりますかね。
どうも元の部分からおかしくなっている模様。

P1040274_縮小

軸の中も赤黒くなり、外見はまともでも中から腐って行っている感じ。
F103のキノコは笠が腐るなどのことがあることはあるんですが、
こんな風に根元から完全にいかれてくるのは珍しい。
珍しいというか初めて見たかもしれない。
異常が起きたとされるホダ木でさらにキノコの形質異常ですか?
全部が全部じゃないけどなんだか不気味だ。

P1040275_縮小
P1040276_縮小

採った後の根元(ホダ木)。
上が今回の異常な奴、下は正常なもの。
正常なものは白く菌糸があるんですが、異常が起きてるのはここからして赤黒い。
ホダ木の菌糸からもうおかしいということなのか?
困ったもんだ。


P1040277_縮小

こんな風に大きくなってきてるのに腐る。
なぜに成長過程で腐るのか。
ちょっとした異常かと思いきや結構な大ごとなのか。
これ以上だめっぷりが拡大していかないといいんだけど・・・

2015-03-11(Wed)

ついにそろった!ブルーグローの植え付け

春の兆しーなんて感じだったけど、ちょっと荒れ模様なのでその記事はまた別の機会に・・
ということで今日は新たに仲間入りしたブルーグローを植え付けたことを。


いやー荒れてますよ、大荒れ。
ハウスは飛んでませんでしたが、吹き溜まりがすごいのなんの。

P1040301_縮小
P1040302_縮小

なんか白すぎて積もってる感じが伝わらないけど(汗
積雪量は20センチくらいでそれほどでもないんですが、
1か所にもりっと積み上げられて大変。
特に壁があるところはまさに小山が形成されてました。
おまけにものすごい風は収まることはなく、ホワイトアウトし放題。
朝に歩いて小屋まで行ったら、縁石にタイヤをこすりながら走行した車がいたようでした。
幸い事故にはなってませんでしたが、いたるところで事故が起きてたようですね。
今シーズン何度目の爆弾低気圧か知りませんが、もう勘弁していただきたいものです。


さてそんな大荒れの天候をよそに、春の苗植え付け第1弾となったブルーグロー植え付け。
ウラジロヒゴタイの中で唯一なかった品種がようやく手にすることができました。


P1040306_縮小

春先ですのでまだ苗は小さいですが、間違いない草姿。
ブルーグローは
Echinops bannaticus blue glow
(エキノプス バナティクス ブルーグロー)
という青花の品種。
ただ同じバナティクスでもスターフロストは白花。
いろいろあるもんですね。

P1040307_縮小

植え付けはほかの苗と同様に7号鉢へ。
用土は赤玉と園芸用土を同量で混ぜ、それに燻炭を入れてます。
ウラジロヒゴタイは酸性を嫌うもんで。


今回のブルーグロー購入で市販されている品種は大体そろえたと思います。
白花2種、青花6種の計8種類。
やはり残り1個となるとコンプリートしたいのがコレクター(笑
沢山鉢あるしいいじゃないのってわけにはいかんのです!
これで青花系の違いを全部比較できるな―
夏が楽しみですぜ。


2015-03-10(Tue)

600本打ちきる

風が強いです。
超がつく暴風です。
やばいっす、明日までにハウスなくなってなきゃいいですが・・・

さて、
先週1度だけ来た原木600本、昨日今日ですべて植菌してしまいました。

P1040299_縮小

今日丸1日かかりましたが、終わらせることができました。
下がぬかるんでますが、どうも昨日の夜に大量の雨が降ったらしくて、
朝来たら水浸しでしたよ・・・
コード類が浸水してなくてよかったです(汗

P1040300_縮小

機械をとり囲んでいた原木はすべてきれいさっぱり。
いやー600本ですけど終わりましたね。
あとは・・12400か。
うーーん果てしない――(苦笑


昨日はマジもんでくたくたになって10時に寝ました。
でも早く寝るのにどうもなれないのか寝つきが悪かったり何度も目が覚めたり(汗
結局早く寝たのに良く寝てないって感じですか・・・
寝るってのも大変なお仕事っすね(笑
今日も早く休んで疲れをとらんと。
明日はそういうことで植菌お休みだ――


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村