2015-08-31(Mon)

なめこ草取りと初物収穫

今日もどんより曇りから小雨。
天候がよくない。秋雨前線が来てるとかなんとか言われてますけど、
豆の収穫期にこうした天候は嫌なのよねぇ。
結局今年も腐りそうな予感・・・・(汗


さて、
なめこといえば秋のキノコですが、意外と早くから出てきたりするもんでして、
去年もおととしも初物を取り損ねて腐らせてしまうという失態を犯したんですよね(汗

今年は同じ轍を踏まないようにまずホダ木の周りに生えている邪魔な草を取り除いて
発生したらすぐわかるような状況を作ります。

P1060069_縮小

なめこのホダ場は元椎茸の人工ホダ場のため、場所柄草が生えやすい。
ほったらかし状態で過ごすため、収穫期近くにはジャングル化するんですよ(大汗
それをしっかり除去しておかないと、いざキノコが発生してもわからず腐らせてしまうわけで。

P1060073_縮小

ということで今年は8月中に草むしりをして準備したわけですね。
私は畑で草むしってるのでこちらはやってませんが(汗

そしたらですが、8月なんですがもう初物が出ていたらしく、
収穫して処理、家でいただくこととなりました。

P1060074_縮小

採り遅れですね。
要するに8月後半にはすでに初物が出てきているということだ。
あほみたいに暑い日々が続いたのにもかかわらず、
秋物キノコが8月中に出るとは驚きだ。
特殊ケースだろうから、今からすぐになめこシーズンインというわけではないだろうけど。


例年なら9月半ばくらいから収穫が始まるようですね。
収穫が始まるとナメコ洗い地獄が始まるので大変だ―
それまでに畑は楽できるようにしておかなくちゃ!


スポンサーサイト
2015-08-31(Mon)

らっきょう更に1キロ追加

昨日雨の上がった隙をついてちゃりんこでラッキョウ調達へ走ったものの、
結局ずぶぬれで帰ってくるはめになったわけですが、
どうにか最後の1袋のラッキョウ1キロをゲットしてきましてね、
本日追加ラッキョウを植えてラッキョウラストへ。

P1060075_縮小

1キロだと3キロひとまとめに比べるとやはり少なく感じますね。
さすがに3キロは大量だったわー

P1060076_縮小

店頭購入のものでもいいんですが、
やっぱり注文した奴の方が大きいんですよね。
こればっかりはしょうがない。
小ぶりということは結局のところ種球の数は多いということになるからね。


いざ植え付けへ。


P1060077_縮小

あんれ―2列に届かないじゃないの

12球ほど足りませんでした。
マジか・・・これでも足りないのか・・・


P1060078_縮小

まあとりあえず今年はこれで最後、2列全部には届かなかったけど、沢山あるからいいや。
注文種3キロ、追加1キロ、自家物1キロちょいで5キロ以上植えたことにはなるんだけど、
2列全部埋めるには6キロは必要ということかねぇ。
来年の参考にしておきましょう。


予定では2列以上になって、残ったところにニラやらチャイブやらアサツキやら植えるつもりでしたが、
結局1列丸ごと残ってしまいましたし、アサツキ植える分がまた増加する羽目になるのか・・
キロと種球の数がいまいちしっかりわかってないのが問題だね。
何せ大きい奴と小ぶりのじゃ全然数違いますし。
確実に何球以上になるように計算して入れてくれないかな―とか思ったりして(汗
種袋のml表示も似たようなもんですがね(大汗


2015-08-30(Sun)

地植えから鉢植えのローズマリーとミント増殖

今日は雨ですので畑休みです。
今日はニンジンとかラッキョウとかいろいろ画策してましたけど、残念ながらすべてダメでした。
あ、ただ雨の合間にラッキョウ1キロ追加で買いに行って雨に降られて帰ってきましたが(大汗

さて、
本日は少し前の話になってしまいますが、
草刈りをするときに地植えになっているローズマリーを鉢植えに移行したちょっておはなし。


P1050997_縮小

今年購入して畑の隅に地植えにしたんですが、
全く育つ気配のないまま草に埋もれている状態。

P1050998_縮小

印つけてなかったらどこに存在してるかすらわからないよ(汗
何度か踏んでしまいそうになったし・・・

ということでね、このままここに植えていてもらちが明かないので、
掘って鉢植えに仕立てなおそうと。
みすぼらしいけど根っこはあるはずと思って掘ったんですが・・・

P1050999_縮小

うん、買った時のまんまだね。
てかむしろ根鉢にスイバやらスギナやら厄介なものが侵入した分だめになったわ(汗
このまま鉢植えにすると厄介なものが増殖するのが目に見えているので
根洗いして地下茎をすべて取り除いてから鉢植えに仕立て直した。

P1060013_縮小

根っこの色が違うのでわかりやすいんですが、
なかなか深部に入ったものを取り除くのは大変でした。

P1060014_縮小

今年はもう時間もないので、5号鉢で生育させます。
来年の春には7号くらいにアップして最終的に8号くらいにしようかな。
でもローズマリーって結構でかくなるんですよね。
小さくコンパクトにまとめられるかが課題になりそうだ。

そのほかにですけど、

P1050800_縮小

初めてミントを増殖させてみた。
去年は水挿しで根が出るのかどうか実験はしたものの、ポット上げはしなかったので
今年挿し芽で初めての増殖。
何せケンタッキーカーネルミント1鉢しかなくなっちゃったからねぇ。
保険をかけておいて損はないはずだ。

P1050976_縮小

親株は今こんな状態になっちゃってますが・・・
死んじゃいないので復活してくるはず。
ミントの強健っぷりに期待して・・・あ、そのミント10数鉢枯らしてんは俺だった・・・・
大丈夫かよ・・・(汗


なんだかハーブでまともに育ってるのってないな(大汗
意外ってかかなり厄介・・・
ハーブって大変なのね。


2015-08-30(Sun)

ユスラウメがカミキリムシの被害に遭う

今年はマイマイガのせいで収穫ができなかったユスラウメ。
収穫はできなかったけど、どうにか枝葉はしっかり確保できたので、
来年に向けての充電と考えればよいとか思ってたんですが、
今度は何やら葉が枯れだしてきまして、あーやばいと。

2本新たに買ったものが1年目で同じようにだめになったので、
もう1本だめになったのか・・・と鉢をよく見えるように出してみると・・・・・


P1060016_縮小

あれま!
皮がなくなってます。
せっかく伸びた枝の表面が削られてしまい、葉が枯れてしまったようです。
これは以前柑橘でもやられましたが、カミキリムシですね。最低です。
幸い穴をあけて産卵ということはないようなので、全部が駄目ということではなさそう。

P1060015_縮小

とはいえ生育のおそいユスラウメ、枝1本だって痛い・・・
充電どころじゃねぇよ(泣

大きいユスラウメの陰になってたので気付くのが遅れてしまった。
ちょっと油断するとすぐこうだ。
一大襲撃をかわしたのに第二陣かぁ・・・まったく・・・
このユスラウメはどこまで枯れるかまだわからないけど、大きいほうの期待するしかないな。
カシスといいユスラウメといいカミキリムシ害は痛すぎる――


おまけ。

カミキリじゃなくカマキリだけど。

P1060039_縮小

脱皮失敗したであろうカマキリがいた。
あまりこういったのを見る機会がないので珍しい。
脱皮失敗すると大変だね。


2015-08-29(Sat)

ホウレンソウ種まき

今日は朝まで雨が降っていました。
そのため午前中はホダ木移動とアサツキ分解に時間を費やし、
午後から畑作業に入った。

P1060063_縮小

雨が降って土が黒くなると大根の芽が強調されますね。
やっぱり聖護院大根の方が芽がでかくて目立つ。

P1060064_縮小

そろいはいい方ですが、ところどころない場所もありますね。
芽が出るところで食われるとこうなってしまいますね。
やはり土の中に害虫は存在してますよ―
土の中にいるものほど厄介なものはないね(泣


さて、
再びカテゴリーが増えまして、ホウレンソウをまきました。
初挑戦でございますよ―

P1060070_縮小

蕪・二十日大根の畝の一番はじにでかい畝を作っておきましたので、
そこに15センチ間隔で溝を作って種まきです。
90センチ畝なので5条まきになります。

P1060071_縮小

ホウレンソウの種は売るほどあります。
左が丸い種の西洋ホウレンソウ、右が針のような突起のある種の日本ホウレンソウ。
西洋と日本のものと違いは様々ありますがそこは置いておきます(汗
本来は水に浸して芽を出してから―というのでしょうけど、
まあ適当にたくさんまいておけばどうにかなるさ(投げやり

P1060072_縮小

ということで沢山筋まきにしておいた。
日本ホウレンソウを3条、西洋ホウレンソウを2条分種まき。
どうなるかは・・・分からん(汗


ホウレンソウは無肥料で育てるとすごくうまくなるとかいう話もあるようですね。
あと、ホウレンソウの旬は冬、これからだ。
寒じめホウレンソウなんてのもありますが、そこまでに収穫できるかね・・・
かなり不安要素だらけのホウレンソウ栽培が始まりました。


2015-08-29(Sat)

ようやくF206新ホダの休養入り

今年植菌したF206という夏菌、時期が来たので発生させ、
その後すぐに休養で1ヶ月サイクルの発生へ入るのかと思いきや、
今年は夏にあまりにも発生がよくなかったため、そのままW浸水へ。
W浸水ってのは休養させずに発生させた棚から直接2回目の浸水をすることですよ。
酷使になるので休養も長めになってしまいます。

その酷使からようやく発生が終わり始めたので、
急いで休養させるべく移動開始です。


P1060056_縮小

例年通り最初の浸水後は外の人工ホダ場へ移動。
例年通りといってもまだ2年目なんですが―(笑
まだ休養舎に空きがないので今の時期は外に運び出すほかありません。

P1060057_縮小

まだ運び出し早々なので奥の方に少しだけ。
2000本ちょいなので5日くらいでの運び出しですね。
その後は古いホダ木を使い終わるであろう2週間ほど後に3回目の発生になるかと。
今年は年内4回発生になるのかねぇ。


発生の方は今年の植菌が遅れた影響を心配しましたが、結構な量出てくれました。

P1060059_縮小
P1060058_縮小

現在はW浸水、2回目の発生となりますが、
それでもかなりの芽数があり上々ですね。

P1060061_縮小
P1060060_縮小

キノコも大ぶり、ただ夏菌のため開くのが早くて、
1日に朝昼晩と3回収穫しないと開きすぎてしまうのが困ったところ。
1回目の浸水では夜10時過ぎから4回目の収穫なんてこともありましたね。
夏菌×暑さは猛スピードでの開きを実現するので大変です。
量とれるので大変でもありがたいんですけどね―


8月はこの品種があってどうにかなるようになった。
あと7月をどうするかというのが問題ですね。
7月から発生させるために植菌を早めたいんでしょうけど、原木来ないし(大汗
発生の「穴」を埋めるための品種選びは難しいです。
このホダ木も今年酷使しすぎて来年パーとならなければいいんだけど・・・・・


2015-08-28(Fri)

大納言の収穫を始めました。

今日は晴れ、久しぶりに暑いなーと感じる1日だった。
ここ最近あまり気温が上がらず、寒いと感じる日もあり、
秋がかなり近づいてきている感じです。
観光ブドウ園もオープンしましたしね―食欲の秋近し!


さて、
白小豆の方は少し前からぼちぼち収穫始めているんですが、
本日大納言小豆の方も収穫を開始しました。

P1060054_縮小

右が大納言、左が白小豆です。
初収穫ということもあって、今日は大納言の方が沢山ありました。

P1060055_縮小

大きさは・・・いい白小豆相手だとどっこいどっこいという大納言の名に恥じる小豆(笑
ま、わたしの大納言は小粒っこだからしょうがない。
自家消費だし、別にいいさっ

小豆の畝のところのもよかったんですが、

P1060052_縮小

まき切れなかった分をかぼちゃの隙間にまいたのが意外とよくて、
やっぱりほったらかしの様なものの方がいいものができるのかねぇと(汗

P1060053_縮小

かぼちゃそばだからこんな風になりますが。
かなりごちゃついてしまってます。


今年は蛾の食害は少なく、カメムシは並ですかね。
意外な伏兵としてはとが食害してるのは計算外でしたが・・・
まあぼちぼちの出来、例年並みですかね。
これから収穫に殻むきに忙しくなるな―


2015-08-28(Fri)

久方の登場!みやま小かぶを蒔く

昨日作り上げた畝に種まき開始。
久しぶりに登場、みやまこかぶです。
畑最初の年に作ったんですが、まきどきが遅くてうまくできなかったのでそこで休止、
今回再びチャレンジですよ。

P1060046_縮小

まず畝に蒔くためのくぼみをつけていきます。
株というと筋まきにするかと思いますが、私は筋まきをほとんど利用しません。
どんなものでもですね。大抵点まきです。
そのため、今回も2条の点まきで印をつけていきました。

P1060047_縮小

とりあえず今日は4畝分。
こういったマルチありますよね。見えないマルチを敷いてるんです(笑

P1060048_縮小

種は1袋約2000粒。
入れ物に入れると・・・少ない・・・・
くぼみの数が1列約320で、3粒まきすれば960、3列分もない計算。
あれ―困った―――

ちうことで少しばかりの足しにでもなればと、
以前自家採種試験したものの種があったので引っ張り出してくる。

P1060049_縮小

すくね―――(苦笑

ま、そんなもんさ。
とにかく蒔けるだけまいていきます。


P1060050_縮小

まいていくと・・・小さくてこれが大変
3粒ずつしっかり蒔くのでなかなか根気のいる作業だ。
大根のようにはいかないね。
よーく見ると3粒まいてるのがわかると思いますが・・・分かりずらいよねぇ(汗

P1060051_縮小

こうしてひたすら細かな作業をしていったら、意外と3畝分くらい種がありました。
2畝と奥のラインが購入、手前のラインまでの少量が自家採種のもの。
あとたった8点で3畝全部だったね。
中途半端がもどかしい(笑


これでみやまこかぶの種まきはおしまいです。
9畝分の3畝、残りラディッシュでもあまりますね・・・
あまった畝には葉物野菜の種が腐るほどあるのでまいておこう。
小さいものはやはり沢山まけちゃいますね―


2015-08-27(Thu)

蕪・二十日大根の畝完成

月曜日にこれからの大事業は大根の反対のところに畝を作ることと書いた。

P1060012_縮小

この場所だ。
ここを火曜日から作業開始しましてですね、
本日畝立てまで完全に終わらせることができましたよ。


P1060017_縮小
P1060018_縮小

草の中には2年前にまいたツルナやヒユナのこぼれ種が発芽し育っていました。
ヒユナなんかまいたはいいけど食いようがなくて1年で辞めたんですが、
最初の年にできた種がつながっていって3年目の今年もいい感じで大きくなってます。
もったいないのでこれは放置しておきました。


P1060019_縮小

で、ちょっと本気を出して1日で草むしり終了。
それから昨日今日で畝立てをしたわけで。

P1060035_縮小

昨日はまず4列を作り、その後ラッキョウをとりに行き、

P1060040_縮小

今日残りの部分を完成させました。
右端の大きいのは90センチ畝でホウレンソウでもまこうかと。
30センチ畝は合計9列になりました。

P1060042_縮小

結果この草だらけだった畑はものすごい勢いで合計23列もの畝がひしめく大産地に早変わり(笑
内、自分のものは20列ですよ。
3列はチョロギ、ヤ―コン、キクイモで母さんが適当に植えたものです。

明日から今度は種まき、まだまだ忙しいけど、
今年の畝作りはこれでおしまいだね。


ちなみに・・・

P1060036_縮小

大根発芽してます。

P1060037_縮小

ツラ―っと発芽してると、うわぁってなります(笑
とり合えずここまでは順調ですね。

P1060038_縮小

やぱり聖護院大根の方が芽が大きく、紅芯大根は茎が赤いんですね。
これは発見です。
遠目に見ると聖護院大根がよく見えるので、紅芯大根は発芽してないのかと心配になります(汗
ちょっと地味ですね。

秋野菜種まきリミットもどんどん削られていきますが、
どうにか8月中に種まきを終えることはできそうな感じです。
んー頑張った―
腰は痛いけど――(泣


2015-08-27(Thu)

注文したラッキョウ3キロを植え付ける

昨日注文していたラッキョウを買ってきたので、早速植え付け。
去年は2キロ注文で、1キロずつ袋に入っていたんですが、
今年は3キロを1袋にまとめて入れられてました(汗

P1060029_縮小

でけえよ(笑

さすがに3キロの袋を持って走って来られた時はえっと思いましたね。


P1060030_縮小

そして今年も種球がでかい!
左端のやつが普通サイズですよ。
どうやったらこんなにでかいラッキョウになるのかねぇ。
こんなでかいラッキョウ食うのも大変じゃん(笑

注文した奴は去年もそうでしたが店舗にあるやつよりでかいですね。
安いやら種球でかいやらやはり注文したもののほうがいいと思います。


これを前に植え付けたところの続きから植えていきます。
時間がたってしまったのと強い雨のせいで土が硬くなってて植えるのに苦労しました。

P1060034_縮小
P1060031_縮小

赤枠のところが今日植え付けたところ。
3キロありましたがちょうど1列分にしかなりませんでした。
種球がでかいぶん数が少なかったですね。
足りなくなってしまった・・・・
また買ってきたらいいべが…
3列目なんか全く触れられてねぇじゃんか――(大汗

P1060032_縮小

相変わらず15センチ間隔の2列、あんまり深植えにはしません。
といっても種球がでかいので隠れるまでとなると必然的に深くなってしまうのだけど。
でかいのも困りもんかね(汗

P1060033_縮小

以前植えたのはすでに伸び出しています。
まだまだのんびりですけどね。
これから涼しくなればどんどん伸びてくるでしょう。
ちょっと草もむしっておかないといけなくなってきましたね。


合計で4キロもあれば十分だと思っていただけに、
自家採種分1キロと注文3キロで2列に届かないというのは驚き。
んーキロよりも個数合わせてくれると計算しやすいんだけどな―
なかなか思ったようにはいきませんね。
来年は6キロ注文しとけば間違いないか。
ラッキョウの作付数どんどん増えてます(汗


2015-08-26(Wed)

イタリア唐辛子、分枝で実がもさもさ

今日は朝まで雨でしたが、午後から畑で作業できました。
もう少しで蕪・二十日大根の畝ができそうなので、それはまたの機会に。
あと、今日は注文してたらっきょうをとりに行って整体いったので少し遅めですね。
鍬ふるい過ぎて腰がやばい・・・
電気めちゃくちゃ強くかけてもほとんど感じなかったよ(苦笑


今日はイタリア唐辛子のおはなしですよ。


ペペロンチーニとしてカテゴリーしてますが、イタリアの唐辛子。
形も色もいろんなものがあるようですが、今回のは小さめの赤系とうがらし。
実が小さいということで株自体も小さいようでして、
他のものに比べるともしゃもしゃっとブッシュ系ですね。

P1050918_縮小

分枝をして1段目、2段目という感じの形状に。

P1050919_縮小

上から見ると星形に分かれてる感じですね。
1枝ごとに花がまとまって咲き、実がつきます。
ここら辺鷹の爪も同じかな?

P1050863_縮小
P1050852_縮小

実の大きさは3,4センチ程度の小さいとうがらし。
島唐辛子に近いと思います。
沢山なってきていますが、まだ赤くはならず、収穫はまだまだ先ですね。


今年はエトナとストロンボリという2品種を育てていますが、
今のところ形状の差はほとんど感じられません。
似たり寄ったりですかね。
ペペロンチーノにはこれというとうがらし、収穫までもう少し―


2015-08-25(Tue)

台風対策?黒豆倒伏予防

台風が嫌な進路を通っています。
めったに当地には台風の右側が来ませんが、今回のは来ないにしても影響はありそうだ。
被害でかいっすね、被害のあるところの方々にはお見舞い申し上げます。


P1060020_縮小

さて、
昨日草刈りをしてソルゴーを刈り取ったため、風避けのなくなってしまった黒豆。
今日も結構風が強く、左右にゆすられていました(汗
台風接近でこれ以上の強風にさらされるとまずいので、
倒伏しないように線を引っ張った。

P1060022_縮小

黒い線を引いてるのわかりますかね。
今年は去年よりきちっと倒れないようにしてます。
多少のことでは倒れないと思います。

P1060021_縮小

ようやく花も咲きだしまして、これから実ができてきてくれるはず・・・
相変わらず遅い。


そういえば去年も8月25日に倒伏予防線を張ってたんですよね(汗
去年の記事はこちら⇒倒伏予防線を張る
去年よりも株が大きくないし、開花も遅れてる。
まあ種まきの時期が違うからその分の差だろうけど。
早くまこうが遅くまこうが結局丹波黒豆は実ができるのが遅いことには変わりなさそうだ。
来年は早まきしてもいいかな・・・どうしようか。
この豆はなかなか当地では難しいですね。


おまけ。

黒豆じゃないけど黒い豆。

P1060023_縮小

今年はインゲンの莢が悪くならずに熟してきました。
場所をずらしたのがいい影響だったか。
やっぱり連作でのあの病気が強く出てしまったんだろうね。
今年は比較的いい豆を収穫できそうで何より。


2015-08-25(Tue)

蟻地獄は何でも食べるのね

ちょいと息抜きネタでも。

だいぶ気温が下がってきてまして、朝晩は涼しいというか寒いと感じるようになってきました。
夏の間畑にいると厄介な存在だったアブもだんだんと数を減らしてきていますが、
ストーカーの様にひっついてくるそのアブを捕獲しても、
クモの巣に与えても気付きませんし、なんだかもったいない気分(笑

そこで、小屋に大量にいる蟻地獄に投入してみたわけなんですよ。
暇だな―とか言わんといてね(笑


P1050894_縮小

どうもうちの小屋には蟻地獄が住み着いてましてね、
ひしめき合って巣を作ってるんですよ。
そこへぽとりと投入した結果、

P1050893_縮小

下のほうが埋もれてますように、がっつり食い付きました。
蟻地獄は落ちたものなら何でも食うようですね。
以前クモを落としたこともありますが、やはり食いましたし、
ワラジムシの様なものでも食います。
蟻地獄なんて名前ですが、巣に落ちてくるようなものならオールオーケーのようで。
ヤスデとの戦いはすごかったですがね。
残念ながらヤスデはでかすぎてスから脱出してしまいだめでした(苦笑
あ、おめぇ暇人だなと思うのはやめてね(爆


他にもね、さまざま実験的なことをやってますが、
暇人認定絶対されますから表沙汰にはしません(笑
好奇心があるといってください。
いろんなことに興味を持てるのはいいことですよ。って自分が言うなってね(汗


2015-08-24(Mon)

白ニンジン間引き 品種違いで大きさに差がある+やはり出た黒葉枯れ病

今日は再び畑仕事再開。
一大事業が終わったので、まず畑周囲の草刈りをすることにした。

P1060001_縮小

すさまじい勢いで伸びているので、さすがに刈っておかないといかんですね。
草を刈る以上に草むしりやら種まきやらが忙しかったので、後手後手でここまで伸ばしたのが原因ですが。
1時間半かけてきれいさっぱり刈り取った。

P1060002_縮小

ぼさぼさに伸びた髪を丸坊主にしたような快感(笑
草のほかにソルゴーも刈り取った。
さすがにソルゴー以外のイネ科雑草が伸び放題になってしまっては、
このまま放置するわけにもいかなくなりましたので。
これらは干して来年使います。
その他の草は集めて堆肥化ですね。

P1060008_縮小

以前山積みにしていた草はすっかり縮んでしまったので、
再び積み上げておかないとね―
意外と分解が進んでいますよ。

あとは、草刈りは今年終了かな。
目下の大事業として、

P1060012_縮小

大根まいた畑の反対側のところの草むしりからのラディッシュ・蕪の種まきかな。
これも結構忙しい。9月頭がリミット、急がねば!!


さて、ここからようやく本題ですね。


本日いろいろと思案して動いた結果ニンジンの間引きをすることになった。
遅いだろうと思うかもしれんですが、毎度そんなもんで(汗
今回はいつもと違う種をまいたものがあるので、そちらの間引きがいつもと異なってちょっと狂った。

P1060003_縮小

いつもは白ニンジンのスノースティックをまいていますが、
今年はキャロットブランという別品種も1畝分まいたわけですよ。
そのキャロットブラン、馬鹿みたいにでかくなっているわけでして、
葉の高さ50センチ以上はゆうにあるんですよね・・・・
こんなに地上部がでかいのは初めて見る。

P1060004_縮小

間引いたものは20数センチあり、この時点でスノースティックの収穫物の長さになってる。
50センチくらいに育つ品種というのはあながち間違いではなさそうだ。
とはいえ、地上部がこれだけ伸びてもまだこの程度というのはいただけないのですがね・・・

P1060005_縮小

一方のスノースティック。
だいぶ右2列が殺風景になってしまいましたが、去年に比べればまし。
一応生育は順調に進んでいます。

P1060006_縮小

地上部は20センチちょっと。
キャロットブランの半分くらいだ。
でも地下部分は太っているようなので、この程度で十分な大きさなのかも。
品種違えば特徴も全然違いますね。

ところがその順調に見えるスノースティックですが、
去年猛威をふるって絶望に追い込んでくれたニンジン黒葉枯れ病が発生してしまっています・・・・


P1060007_縮小

去年は生育初期からだったので絶望でしたが、
今年は後期のため、収穫には持って行けそうですが、肥大に影響は出てしまうでしょうね。
またこいつかとかなりがっかり(泣
今のところ全体ではなく部分部分での発生なので、
定期的に罹患部分を除去してやり過ごさないとだめですね。

キャロットブランには黒葉枯れは出ていませんので、
スノースティックはかかりやすいのかな?
場所を変えても再び出たということはちょっと問題が大きいですね・・・
来年どうしようか。根本的な対策を調べてみないことにはニンジンやっていけないよ・・・
ここ数年は病気が強く出てきましたねぇ。
無農薬の病気対策は難しいです。


おまけ。

P1060011_縮小

今日の収穫を。
あれだけ株あってこんなもんですからね(汗
ナスは最近結構なりだしました。
夏野菜じゃなく、すでに秋ナスの季節なんですがね(大汗
秋ナスメインで育ってます・・・
ま、毎度の肥料なしの超スローペース生育ですからしょうがない。
ピーマンもオクラもそんなもん、量は望めないね(汗


2015-08-24(Mon)

ぷちまるに実がついてました。

今年購入した種なしきんかんのぷちまる。
かなりいい苗だったので最初から10号鉢に植え付け、
そこからは目立った動きはなかったんですが、突然大量開花、そしてそのまま結実と相成りました。

P1050967_縮小

うへ―マジかよ―
まさか結実するとは思ってなかったわー
花の数からいえば少量なので実をつけても大丈夫だとは思うけど、
柑橘も木の大きさにかかわらず1年目から結実するもんですねぇ。
スダチもそうだった。収穫できたし(汗
木の状態はいいので今年はこのまま数個収穫することにしてみますわ。
来年は・・・知らん(苦笑


P1050972_縮小

その他どんどん肥大が進んでいるかんきつ類ですが、
レモンの一番でかいやつは縦じゃなく横に太ってきましたよ。
なんだか球形に近い形状に(汗
先端に異常あったんかね、潰れた感じになってしまったな・・・

P1050973_縮小
P1050974_縮小
P1050975_縮小

その他はとりあえず大きくなったよ―ってだけ(汗
ダイダイやスダチの肥大は日に日に目に見えて大きくなっていっています。
これはなかなか楽しいですよね、大きくなるのがわかるのは。
ジャバラの肥大は遅いです。


肥料管理のおかげか、今年は例年になくまともに育っている感じです。
ただ枝葉がなかなか茂らないのは毎度のことなんですが・・・
実をつけつつ枝葉をうまく茂らせるのはなかなか難しいようで。
まだ修行が足りません(笑



2015-08-23(Sun)

宿根草いろいろポット上げ

今日は晴れ、ちょっと今週というか先週というか頑張ったので今日はだらけた休養日に。
体を休めるのも仕事だで―

ということで寝てよう日だったんですが、
とりあえず、午後からはほったらかしになっている宿根草のポット上げを進めることにした。


P1050977_縮小
P1050978_縮小
P1050979_縮小
P1050980_縮小

上からアキレギア・ピンクペチコート、ウイリアムギネス、
ジギタリス・ミルクチョコレート。
そしてエキナセアです。

この受け皿まきしたのはこれしか芽が出ていません。
アキレギア5種とエリンジウムは発芽ゼロ、やはりアキレギアのあの種はくそでした(苦笑
やっぱり発芽させるのが難しいんだよねぇ。

P1050990_縮小
P1050991_縮小
P1050992_縮小

次いでオーブリエチア赤と青、ジギタリス2種。
オーブリエチアはカブラハバチによってかなりの痛手を受けましたが、どうにか復活を遂げたようです。
ジギタリスの大きい奴は発芽がかなり良く、矮性品種は発芽ゼロ。
この差は何なのか・・・
まいて思うのは、やはりいつもお世話になるフランスの種の発芽率が抜群に良いということだ。
エキノプス、ジギタリス、オーブリエチア、ルピナスと、そのフランスの種に関しては発芽率極良。
なんだろうね―自分にはおフランスの種があってるんでしょうか(笑


P1050993_縮小

とりあえず全部ではなく大きいもののみ。
9センチポットにしたものと7,5センチポットにしたものとあります。

P1050994_縮小

エキナセアやアキレギアは9センチポットで。
アキレギアかなり徒長気味だけど、まあこれからどうにかなるさ(汗

P1050995_縮小
P1050996_縮小

オーブリエチアやジギタリスは7,5センチに。
どちらも見たことがないものなので、苗が似通ってて迷う(汗
というか雑草混じってたとしても気付きそうにないのが怖いね(大汗


エキノプスはポット上げしてすぐに大失敗になってしまったのですが、
今回はヘタこかないように慎重にやったつもり…
これでまた大量死を起こしたら自分に花は向いてないということを痛感するだけの年になりそうだわ。
頼むからうまく育てよ――


2015-08-23(Sun)

薄皮クラウンメロンクリームパン

昨日久しぶりにスーパーへの出荷をまかされたので、
スーパーに入って椎茸の売れ行きと恒例の薄皮パンの新商品探しをしてみた。
椎茸は見当たらなかったので売れたんだなーと一安心、
肝心の薄皮パンは、最近ネタに困ったようで全く新商品を見なくなっていたんですが、
今回新たなパンを発見したので買ってきた。

P1050982_縮小

薄皮クラウンメロンクリームパンだ。
薄皮マスクメロンクリームパンは一昨年だったかに発売されましたが、
今回はクラウンメロンクリームパンが出ました。
まあコーヒークリームの産地を変えて出しましたという手法の延長だわね(笑
とはいえメロンも沢山ありますし、果肉の色も異なるので、様々出そうな予感ですね。

P1050983_縮小

クリームは薄緑色のメロンクリームです。
マスクメロンの記憶もかなり前になってしまったので何とも言えないんですが、
このクラウンメロンクリームは結構メロンが強いです。
表現が難しいんですが、メロンを食べた瞬間の風味やあと味なんかが結構しっかり感じられると思います。
なかなかうまい。
まあメロンと桃に関してはどうやってもうまいと思うので、(あくまで自論)
はずれはありませんね(笑


今年は新商品が少ないですが、今年一番のあたりに出くわした感じ。
捻ったもんはもう出ないかもしれないけれど、また新たなものに知恵を振り絞ってもらいたいもんだ。


2015-08-22(Sat)

春菊を蒔く

今日は雨から晴れ・曇り。
今日は大曲の花火があるため道路が混むなぁと思っていたんですが、
今年は107号線が使えないため(西和賀町の土砂崩れの影響)国道の方はあまり混まなかったですね。
今は高速道路(秋田自動車道)ができたので国道は渋滞になりませんが、
できる前はすごかったですよ。なんてったって大曲から岩手までつながってるわけですから。
そこまでしてよくいくもんだと関心したもんです(笑


さて、
大根まきもひと段落、秋まき野菜の種まきをチェックしていくと、
どうも春菊もまいておいた方がよさそうなので、早速まいてきた。

P1050984_縮小

まき場所は波板ごぼう跡地。
とりあえずきれいに草むしって整えておいたので、あとはまくだけ状態。

P1050985_縮小

種は去年貰った期限切れのもの。
3袋だか4袋だかあったので、タッパーがパンパンになるだけ種がある(汗
中葉春菊と大葉春菊と2品種まいた。
春菊を調べると小葉・中葉・大葉と3つもあるんですね。
しかも形が違うし。いつも食ってるのは中葉のようですね。

P1050986_縮小

3条まきで、半分から奥は中葉、手前は大葉。
適当です(苦笑

P1050987_縮小

種は無駄に沢山ありますし、どんどんまいておきました。
発芽するかどうか分からないですしね。
保険も兼ねてたくさんまいとけば大丈夫でしょうよ。


こんな感じで種をほとんど消費できなかったけど、種まき完了。
残った種は何年分あるのか・・・・
沢山あっても困りもんだわ。かと言って春菊たくさん食わんし・・・
はてはてどうすべ。


2015-08-22(Sat)

赤い悪魔に実ができて黄色い悪魔は色がつく

今年新規購入したトリニダードモルガスコーピオン「レッド」に実ができてた。
2年前は実ができたけど虫に食われてだめだったので、
今年はちゃんとしたものができるといいんだが。

P1050965_縮小
P1050966_縮小

今年は肥料結構多かったようで草丈だけはやたらにいい。
代わりに実ができるまでにひたすら時間かかったけど・・・
ようやくまともな実が見れました。
とはいえ3株あるうちの1株だけ。
しかも、以前赤2株が色付いたら赤1株だったというオチもついたので、
色づくまでは油断できないんですよねぇ。
色付きまであと数週間くらいか、結構長い。


変わってトリニダードモルガスコーピオン「イエロー」の方はもうすでに色づきだした。

P1050670_縮小

今年は大ぶりな実ができたなーと思っていたんですが、

P1050960_縮小

ついに悪魔の色づきです(笑
大きいので結構インパクトあると思います。
さてどうしてくれよう・・・・・


こういったキワモノは作っても利用ができないと困るもんですね。
まあストチューの最強版に利用する手があるので問題はないですが。
度胸試しするようなクレイジーな奴ここらにいるべがや―(笑


2015-08-21(Fri)

大根まき終わり、あと間引き

今日は晴れからの雨。
種をまき終わってからの雨なのでナイスタイミングである。

P1050968_縮小

昨日まき終える予定だった聖護院大根。
種が足りなくなったのでどうしようかと思っていたんだけど、
よく考えると、種をもらった(期限切れで廃棄してと頼まれた)のは近所の店だったので、
行ってみたらありましたので2袋購入し、午前中にまき終えました。

P1050969_縮小

左の緑で囲った6列ちょいが聖護院大根、右の赤が紅芯大根。
2袋買ったけど、1袋で間に合うだけの量が入ってました(汗
まあ残りは来年まくことにして・・・

これでとにかく今年の大根まきは終了。
合計11列、たぶん500株分以上あるはず。
そのうちいくら収穫できるかが問題だけどね(汗


さて、種まき後は少し前にまいた聖護院大根の間引きをしてみた。


P1050970_縮小

また草が生え出してますが、ぼちぼち育っているようですね。
今のところ問題はなさそうだ。

P1050971_縮小

本葉2枚まで成長。
この時点で3株まで間引いた(5粒まきなので2つ引いた計算)
これから先根切りとかに襲われるだろうから、3株でも心配だけど・・・
1つでも多くまともなものが収穫できるように様々手を打っておかないと。
大根頑張れ。



2015-08-21(Fri)

ロングかぼちゃ奇形は高温が原因かな?

今年も家のかぼちゃをわたしの自家採種苗で作っているんですが、
相変わらず本気を出しまくって巨大なかぼちゃがわんさかできています。
ところが、今年は結構奇形果が発生してまして、おかしいなと。
様子見を兼ねて写真をとってきてみました。

P1050961_縮小

相変わらず白いかぼちゃがそこかしこにごろごろしています。
今年は1株に10数個ついてるようですね。
かぼちゃの量が尋常じゃないかも・・・まだ生産してるし・・・

P1050962_縮小

奇形果はこんな感じになってます。
まっすぐにならず、ボコボコです。

P1050963_縮小
P1050964_縮小

左のがまとも、右が奇形果。
すらっとしたまともなものに比べ、くびれができてしまう奇形果。
一応上のものの様に大きくなればそれなりに膨らみますが、
売るとなると見栄えが悪くなりますよね。
第一中身がどうなってるのか分からないし・・・


で、見回ってみると、ここ最近つきだしたものはまともになってきているんですよね。
つまり気温が下がってきたことで正常になったような感じ。
だとすればこの奇形は高温が原因かと思われる。

へちまも高温だと雌花がつかなくなるなんて言われますが、
かぼちゃは高温だと実に異常が起きるのかな?
といってもかぼちゃの奇形果なんて情報はなかなか見つからないですし、
長いかぼちゃならではの問題になるのかねぇ。
種作ってる業者はこういったことについて何か知らないもんだろうか・・・

とにかく結構な量の奇形ができてしまったのは事実。
それを補うだけの量があるのでまあいいとしますかね。
今年はかぼちゃ大収穫祭だなー


2015-08-20(Thu)

急ピッチ大根まきには苦労するね

今日は晴れ、さあ大根まきのリミット設定日時だ。
草むしりからもうそれはそれは大変で、今日を迎えるまでに体がやばい。
久しぶりに気力に体力が追いつかない状態になった。

P1050952_縮小

まずはありったけの草をむしり終えたのが一昨日だ。
草むしりだけでも数日を要し、大丈夫かって心配になったもんだ。

P1050955_縮小

むしった草を片づけるとかなり広大な面積になる。
やはりここは広いんだよねぇ。
ここをほったらかしにして運用しないのは罰が当たるぜ(笑

P1050956_縮小

ちなみに草は大盛り・特盛り・山盛りに。
初年度に開拓して積み上げた草よりもあるんじゃないかな・・・
どんだけ大量の草生えてたんだろうねぇ。
これも分解してたい肥化するまでに時間かかるだろうけど、
いい感じになったらこの畑に投入して使うことにします。
他の畑には利用しません。なぜか?
除草剤ふった後の草だからですよ。
あくまでこの畑はなにやらを使って育ててもよい畑として考えてるからです。
他の2か所は自然物で育成するのがモットーですから。


P1050957_縮小

そんでもって昨日畝作り開始。
昨日の夕方までで6列完成。
この時点で鍬を振るう力が入らない状態に(大汗

P1050958_縮小

そして本日の午前中に残り4列、計10列分の畝を完成させる。
やはり体が動かない。筋肉疲労が抜けねぇ・・・
突貫工事はするもんじゃないね。


P1050959_縮小

そして午後から種まき。
10列分も種あるのかって話ですが、その通り、種足りませんでした(大汗
聖護院大根は4列中途半端なところで終了(左4列目にある支柱のとこまで)
残った畝にインゲンの後に蒔く予定だった紅芯大根をまいた。
紅芯大根は右3列と半分ほど。
残ったとこには近所の店に売っていた種を買ってきて明日蒔く予定。
リミット越えちゃったね・・・まあ種の量間違えてたぶん仕方ないか。


こうして残り物種の有効利用を兼ねた突貫工事大根まき作業はひとまず終戦。
激烈な作業内容でメンテナンスが必要になってきましたが、それは来週の頭にするとして・・・・・
一応少し前にまいたものがしっかり発芽しましたので、
この場所のものもうまく育ってくれることを祈りつつ。
あーくたびれた。


2015-08-20(Thu)

生椎茸あれこれ

 ・生椎茸について

椎茸は原木と菌床に分かれるというのがありますが、
生のもの干したものとしても分けられます。今回はその生椎茸について。
生椎茸は大きく分けて2つにわけることができます。

①自然子
②ハウス促成栽培



―自然子―

IMG_1258_縮小
IMG_1255_縮小

自然子というのは春や秋にホダ木から自然発生するもののことを指します。
春に発生するものを春子、秋に発生するものを秋子といいます。
春と秋で多少質が異なりますが、天然ものに近い椎茸で、肉厚で大ぶりな椎茸になりやすいです。

IMG_0105縮小
IMG_4344_縮小

肉厚なもののため、乾燥しいたけはこの自然子を使っているものが多いです。

IMG_1223_縮小
IMG_1222_縮小

スライスにしても厚みがあります。
また、肉質が固めで、歩留まりが良いことも理由の一つですね。

家庭栽培でできるものもこの自然子の椎茸。
水につけて発生させたりしない限りは、毎年同じ時期に発生します。


―ハウス促成栽培―

促成栽培はその名の通り、通常春秋にしか発生しない椎茸を施設内で年中発生させたもの
夏には夏向き、冬には冬向きなど、様々な品種があり、
それらを上手に組み合わせることによって年中椎茸を発生させています。

IMG_3649_縮小
IMG_3349_縮小

品種によってものに違いがあるのは自然子でも同じですが、
特に促成栽培では品種や時期によって違いがでます。
自然子に比べ小ぶりで肉の乗りも薄くなりがちです。
あくまでハウス栽培は市場出荷を目的としていることもあります。

現在では促成栽培では菌床栽培が大半を占めるようになっています
この栽培によって本来は時期物である椎茸も年中安定供給されています。


2015-08-19(Wed)

白小豆を収穫してみた

今日は天候安定、大根作業を急ピッチ。
非常に体がやばい。
鍬ふるうのは大変だわ。
明日自分リミット、果たしてできるか・・・・

おっとそういやあ育英が決勝へ。
さああと1勝、東北勢の夢乗せて頑張れ仙台育英。


さて、
ナス・ピーマンと一緒にコンパニオンプランツになっている白小豆、
ナス・ピーマン収穫時にどうも莢が茶色になっているものがあるのに気付く。
これは収穫しないといけないな、ということで、早速少量ながらの収穫。

P1050949_縮小

これはコンパニオンプランつの方じゃないけど、真ん中の2畝が白小豆ですよ。
右となりが大納言です。大納言は今年よさげですね。

P1050950_縮小

先についたものから順次。
一気に熟さないので株ごとぶち抜きというわけにもいかないのが小豆の大変なとこ。
黒豆なら莢ごといけるんですがね。
このせいで小豆初年度は死ぬ思いをしました(大汗

P1050951_縮小

ちなみにこっちは大納言。
大納言はまだ熟してませんね。
莢が白小豆より多いです。しかも大きい。
株の大きさ、莢の多さ、豆の大きさと比較にならんですね(汗

P1050953_縮小

第1回目の収穫はこの程度です。
今年はカメムシがそこまで多くないかな?
いつもはヘリホソカメムシの幼虫がやたらにいるんですが、
今年は成虫はまばらにいますが幼虫が少なく、被害果は少ないかも。
といってもコンパニオンプランツの方は被害が結構あって豆になってませんが・・・

P1050954_縮小

豆の大きさはこんな感じ。非常に小さい。
白小豆が希少というのは間違いないね(苦笑
からむきしてると、去年のヤブツルアズキを思い出すような小ささだ(汗
全部で1キロまでいけるだろうか。収量は期待できそうにないね。
ま、自家消費分くらい採れれば文句なし、そんなもんだよ。

最近は大きめに育つ品種もつくられてるらしいけど、
白小豆はやっぱり量作るのは大変。
理由がない限りは大納言に軍配かなぁ。


2015-08-19(Wed)

雨降ってサツマイモが立つ

1週間ほぼ雨が降った先週、
それまでずっとひたすらカンカン照り状態だったところへ大量の水供給。
畑の作物はかなりやる気を出しましたね。
特にサツマイモの状態がよくなった感じを強く受けます。

P1050943_縮小
P1050945_縮小

パープルスイートロードは葉がやたらに立ちあがりました。
今までこんなに葉柄が長くなったのを見たことがありません。
やる気出し過ぎ(笑

P1050944_縮小
P1050946_縮小

安納芋はぼちぼち伸びてるかな。
伸びのいい奴とそうでない奴の差が大きいのは安納芋だけ。
やはり安納芋はなかなか難しい感じだ。

P1050947_縮小

それに比べると紅はるかのもしゃっと感はすごくいい。
パープルスイートは波がありましたが、紅はるかはずっと安定して生育してますね。
植え付け次第ってのが大きく影響してそう。

葉っぱが多くなって芋の肥大も良くなると思うけど、
あと約2カ月でどの程度まで育つかな?
地上部がやる気出したから、地下にもいい影響があればいいんだけど―


2015-08-18(Tue)

アロニア全収穫

本日雨予報でしたが意外と天気もちまして、ありがたく草むしり。
といっても昨日の夜に大量の雨が降ったため、畑の具合は良くなかったですがね。
それとものすごい強風で植えかえたでかい鉢も全部倒れて中身ドヴァァー
資材もったいねぇ・・・最低や・・・
一番吹いちゃいけない方向からものすごい突風が吹いたせいで、
でかい鉢3メートル下の畑へ落下しましたし(泣
畑でも被害あり、強風は勘弁してくれ――


さて、そんな強風の中にあっても玄関前の鉢は場所がよく鉢が倒れません。
その中の一つのアロニア、ようやく実を収穫しました。

P1050936_縮小

真っ黒になりましたね。
ブルーベリーと違って、いつ収穫すべきというタイミングが分からないので、
とりあえず完全に色がのってしばらく経ったら収穫ということで。
実が固めなのでぐずぐずになってだめになるというのはないようですね。

P1050937_縮小

今年のアロニアはこの程度の収穫でした。
200グラムそこそこかな。
だんだん収穫量は増えてきていますが、まだ大収穫という感じではありませんね。
なんせ枝葉が増えませんから(汗

P1050938_縮小
P1050939_縮小

かなり色素が強く、収穫してると手が大惨事(笑
ここら辺ブルーベリーとは大違いですね。
アントシアニンの量が違います。

この収穫したものは去年のものと合わせてジャムにしてみます。
たぶん量的に小さい奴1瓶はできると思うので。
実は渋いという情報あり、生で食うことはなかなか・・・
ジャムの方はどうなのか、いささか心配ではありますがね(大汗



2015-08-18(Tue)

え? 「ひろっこ」は「あさつき」??

P1050927_縮小

浅葱の分解が半分ほど終わった。
ものすごい量だ。
皆小さいからどうしたもんかですよ。

そのアサツキなんですがね、
ちょっと別の野菜のこと調べてる際に「ひろっこ」のところにぶち当たったんですが、
そこに書かれていたのが、「ひろっこはアサツキのことだよ

え・・・・・

ひろっこというのはこっちでの名称なんですが、
春に出て来たての若いノビルのことだと思ってたんですよ。
そしたら、自生しているアサツキの事らしいんですよ。
確かにノビルも含めてのひろっこらしいので、自分の認識は間違っちゃいないんですが、
大体はアサツキで、栽培されてるのもアサツキの球根を畑に植えて春先に収穫するらしい。
意外なとこで意外な事実を知ってしまい驚き。

それを考えると以前ノビル騒動をおこしたアサツキにも納得できるし、
そこらへんに生えているノビルと思しきものがピンクの花を咲かせるのもわかる。
アサツキはかなりの量自生しているようですね。
自生しているネギの様なものはノビルと思っていただけに認識が覆された瞬間です(汗


そういうことならこの大量にある小さなアサツキの球根も
畑に植えといて来年の春にひろっことして収穫して販売することもできるね。
浅葱は薬味くらいの使い道しかない感じだったけど、
意外なところに使い道を発見してしまったというネタでござんす。


2015-08-17(Mon)

きゅうり?いやかぼちゃ。

今日は雨降るぞーってことで草むしりを急いだ。
天候が味方してくれない・・・
20日までに大根はまけるだろうか。

P1050948_縮小

どうにかあと1日あれば草は除去できるレベル。
天気が駄目なので明日は無理かな―
1日遅れは1週間の遅れ。時間との戦いだ。


さて
別の畑では恐ろしい生育を見せている自家採種ロングかぼちゃ。
自分の畑の株は今ようやく実が大きくなりだしました。

P1050869_縮小

実がつきだした頃はこんな感じで、
パッと見は地這いきゅうりかってなもんですよ(笑

P1050920_縮小

いまは真っ白になって40センチくらいにまで成長。
ここからしっかり太れば、今年も種取りできるかぼちゃが収穫できるはず。
周りを見ると数個のかぼちゃがしっかり結実しているので、
種をつなぐことに問題はなさそう。
ただ、やはり肥料気が少なすぎて生育悪いのが問題だわ。
これは絶対的に来年は改善しないことにはやってられませんね。

ここのかぼちゃはまだまともな形状だけど、
どうも別のところのかぼちゃは形状が異常、奇形果が非常に多い。
種の異常なのか、水不足がまねいたことなのかは不明。
安定しないことにはいくら自家採種でつないでいっても使えないからねぇ。
なんなのか・・・
奇形果についてはいずれ写真撮ってきますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋商ベスト8敗退
よく頑張りましたよ。1勝できるかどうかなんてのもありましたから。
勝った仙台育英には負けた東北勢の分まで頑張ってもらいましょう。
いやー今年関東勢強いなぁ・・・



2015-08-17(Mon)

脚長キノコ

椎茸の軸のことを足って呼ぶんですが、
F206という品種の新ホダ(今年3月植菌)から発生したキノコが脚長だ。

P1050941_縮小

まだ菌が若いせいなのか、軸が長い。
こういうのって以前使ってた5Kという品種の初回浸水でも見られました。
菌の成熟がまだまだだってことですかね。
これのかさがさっぱりつかないようなのをローソクと呼びます。
そういったのが出てはいないので、一応きのことしては悪くないですね。

P1050940_縮小
P1050942_縮小

ただ、今年は植菌の遅れがあったせいで、でるものと出ないものがはっきり分かれている感じ。
使いたい時期に使えないのが一番困るんですが、その典型でしょうか。
毎年毎年植菌が遅れるのは困ったもんです・・・


一般的に軸は短い方がいいとされますが、
軸が長いものは長いなりに可食部分が多いわけですから、考えようによってはお得。
石突き以外はおいしくいただけますからね。
市場向きではなくなりますが・・・(汗


2015-08-16(Sun)

今年もやつが発生・・・

ヤター秋商勝った―

頑張ったわ―無理とか言ってすまん(土下座――
次は仙台育英、東北つぶしあいかよ・・・
とにかくやれるだけ頑張れ―
あ、秋商だけ公立だ・・・やっぱ私立強いねぇ・・・


さてさて、
今日もブルーベリーの植え替えと畑の草むしりをしましたが、
明日明後日も雨になりそうで畑やばいな・・・
作業遅れるのは困ったもんだで。
雨、ちょっと我慢してちょ。

その雨の影響を受け、今年もあれが発生してしまいました。

P1050917_縮小

つるなしインゲンの疫病ですよ・・・
突然腐りだしますからね。今年は早期発見で株ぶち抜いて除去です。
今のところそこまで多くはありませんが、実がついて熟す時期にこうして雨が続くとだめですね。

P1050915_縮小
P1050916_縮小

ぼちぼち実が入ってきているので、もう少しで収穫時期になるんですがねぇ
いつもこういったよろしくないタイミングで雨ばかり続きやがる・・・
インゲンは運がないわ。
というかそもそも畑に土壌菌があるってことだろうから、
インゲンの栽培はここでは考えものになっているということだろうけどね。
来年は場所移そうかねぇ。


この病気、実はインゲンだけにとどまってませんで、

P1050934_縮小

ニンジンにも発生・・・
4列あるほうの畝にはこの手のやつは出ていませんから、
やはりこっちの畑にはよろしくないものが潜んでいますね。
インゲン後のニンジンはよくないとも言われますが、ちょっと別の意味で今回はだめですね。
広がらないうちにこれらの葉っぱや株は処分ですよ。

P1050935_縮小

ずいぶんとニンジンは大きくなってきているので、ここでの病気は痛い。
ニンジンは魅力ある野菜ですが、ここ最近は病気に悩まされますねぇ。
インゲンもそうだけど、輪作しないとだめかいね。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村