2016-04-30(Sat)

ひろっこをすべて収穫し終わった―

どもー
今日も風が強くて寒いっすね。
晴れたので幾分暖かかったんでしょうけど、風のせいで台無しだったわ。
天候安定しないねぇ。


今日はよく考えたら4月最終日、もう1年の3分の1が終わってしまったわけか。
明日から5月、いよいよ畑も本格的な動きだしですなぁ。
そんなわけで?畑に残っているひろっこを今日すべて収穫しました―

P1070886_縮小

今週はハウス建てや種まきがあったため掘り上げが遅れてしまった。
気温もあったのでどんどん地上部が伸びるので、何度か土寄せしながら遅らせ遅らせ・・・
どうにかこうにか本日をもって収穫終了となりましたよ。
いや―ひろっこも思った以上に大変だったわ。

P1070887_縮小

最後はいつもの倍くらいの収穫量なので処理も大変。
この処理の大変さを甘く見てましたね。
たぶん野良のひろっこだと球根部分はそこまで気にならないかもしれないんですが、
植えたものは1つ1つすべて球根を除去しないといけないんですよね・・・
その後に根切り、洗うのに数時間、根切りに1時間、うーん腰が痛い(汗
今日は量が量だったので全部で5時間ほどかかりましたわ。
全く作業時間に見合わない作物だ(大汗

P1070888_縮小

全部が全部使えるわけではないので、細いものなどはまとめて適当に廃棄。
なのでこんな量になってしまった――
土かけとけばこの一角アサツキだらけになるな。
なんかもう一生アサツキに困らん感じがするわ(笑


これでまず春先の収穫物は全部収穫したことになる。
あとは畑掘って種まきして、でないと収穫はないですね。
今日掘ったところは耕運がラッキョウ収穫後なので、そのまま畝作って二十日大根でもまこうかな。
4・5月は収穫物がないのでひろっこは大いに結構なんだけど、
もっと作業が楽ないいものないもんかなぁ。


スポンサーサイト
2016-04-29(Fri)

水も滴るF420

今日は寒いっすね―
今日からゴールデンウイーク、しょっぱなから当地は雨風でしかも寒いのなんの。
こんな日に増田ではたらいこぎ、沈没したら死ぬ―――
あ、たらいこぎはこんな奴ですよ
      ↓


まあまだまだ寒暖はしばらくあるでしょうから、注意しないといけないですね。
ゴールデンウイークはあまり天気がよろしくなさそうだし・・・・
ま、私にゴールデンウイークなんてものは関係ないんですがね(苦笑


さて今日はキノコの話題2本。
試験菌として導入して2回目の発生操作をしたF420という品種のキノコについて。


F420という品種は前情報として、
「キノコが絞れるだけ水をもつ」
なんて言う恐ろしい話を聞いたんですが、
その話を聞いて初回浸水発生は浸水時間を極端に短くしたんですよ。
そのせいでキノコの発生量はいまいちでしたが、キノコ自体はずぶぬれにはならず。
しかしその本質が出たのが今回の2回目。

P1070825_縮小
P1070827_縮小

確かにキノコ水滴が。
こんな風になるのは珍しいですが、ないことはないんですよね。
ただ、このF420という品種のキノコには結構見られたので、この品種では普通のことなのかも。

キノコが水をもつのは2パターンありまして、

・ホダ木から水を吸い上げる
・空気中の水蒸気を吸う


この2つが要因でキノコの水分量が変わるわけですよ。
上のホダ木からの吸い上げには品種間差異があるんですが、
空気中の水蒸気に関してはキノコならほとんど行うことですね。
簡単に言えばじめじめした場所のキノコは湿っぽいというやつです。

P1070884_縮小

この写真は同じ品種ですが色が違いますね。
これはキノコの水分量が違うため。
黒っぽいものは湿気が少し多い場所、明るいものは比較的乾いたところにあったものです。
キノコの水分量が多いと、どうしても黒っぽい色になります。
黒いきのこ=悪くなっているという考えがあるので、水っぽいキノコは色が黒っぽくて嫌われます。
(キノコの見栄えは白が大正義)


F420の場合はこの空気中のものを吸ってというよりもホダ木の水分をあげてるんでしょうね。
品種間差異があると書きましたけど、水を上げにくいもの、上げやすいものは存在します。
上げやすいものは発生後にホダ木がすごく軽くなりますね。
上げにくいものは逆にホダ木が水を保持するので重くなりがち。
菌による違いってのは多種多様です。
いろんな品種があるからいろんな違いがあって当然だわね。
このF420という品種はこうして水を上げやすい品種だってことだ。
次からはホダ木の含水率に注意しながら使うことになるでしょうね。
ここまでたくさん水の出る品種は珍しいなーということでござんした。


2016-04-29(Fri)

現在の椎茸 2016・4・29

発生品種が変わりました。
なかなか回転が速いですね。

P1070882_縮小
P1070883_縮小

現在発生しているキノコはA910という品種。
気温が適温なので発生量はぼちぼちですね。
ただ、回数使っているため、キノコの大きさは小さくなってきました。
大体がM~Sサイズ、Lサイズはあまりないです。
キノコ栽培はこうして回数発生させていくごとにキノコが小さくなることがありますね。
もちろん、発生量も少なくなりますが、品種によってはキノコの大きさがほとんど変わらないものもあります。
そういう点で見ても品種選びというのはなかなか難しいものなんですよ。

P1070885_縮小

A910の前に発生していたF420、この品種は2回目の発生操作なんですが、
結構だらつきが目立ちますね。
キレが悪いです。
大きいのが出て小さいのが後追いという感じですか。
このだらつくかすんなり終わるかも品種の依存してます。
高温向きの品種ほど切れよく発生が終わりますね。
何度も書きますが・・・
品種によって色・形・大きさ・発生温度域・自然発生の有無・発生させる時期・古ホダのキノコの質や量
などなど様々な違いがあるものなんですよ。
売っているのもを見るだけでは分かり得ないものがここにはあります(笑


という感じで現状大ぶりなものは少なめになっています。
欲しいなーという方は要相談ということでお願いしますね。


2016-04-28(Thu)

ハ―ブ類もぼちぼち発芽

どもー
今日は久しぶりに雨、気温もぐっと下がりましたね。
これから先しばらく天気はぐずつきそうで、予報の中には雪の言葉も・・・
うーん、5月前にして雪か、桜と雪、風情があるなー・・なんて言ってられんけど(汗
今日は稲の種まきをしたので、寒くなるのはよくないんですよね。
ガッツリ暑くなる年もあり、こうして寒くなるようなこともあり、もう少し落ち着いてほしいな・・・


さて、
ペペロンチーニの発芽が続々と起きてきているんですが、
発芽に適した気温になったということで、ハーブ類もぼちぼちと発芽してきています。

P1070799_縮小
P1070798_縮小

まずは細かい種のカモミール
何粒まいたかなんてわかりません、とにかく粉薬のような種を擂るようにまいたもんで。
種が細かいので芽も細かい、これからしっかり大きくするのには時間がかかりますなぁ。

P1070861_縮小
P1070862_縮小

あとはバジル
出ないか?と思ったんですが、無事芽が出始めました。
下のは紫のバジル、去年育てた際も初めから紫の芽が出てましたね。
普通のバジルに比べると種が固い感じでしたが、今年はうまく出てくれたかな。
まだ全量は分からないので、第2陣まきもしながら生育ですね。
バジルは沢山作らないと―


P1070800_縮小
P1070801_縮小

芽が出たとは違うけど、レモンバーベナも無事越冬完了し葉が出ていますよ。
いらない部分は選定しないといけないですね。
どこをどう切るのかがなかなか難しいです。


このほか、イタリアンパセリも少しずつ出てきていますが、
さすがに年食ったパセリは芽が出ないようですね。
ま、こればっかりは種の寿命というものだから仕方ないか。

どんどん新たな命が生まれてきていまして、今年も始まったなーという気持ちになりますね。
そろそろサツマイモの注文も考えないといけないし、ニンジンの種も注文しておかなくちゃ。
もうすぐ5月、畑もそろそろ本格始動だな―


2016-04-27(Wed)

のらぼう菜がとう立ちしてきていた

今日も晴れです、暑いです。
昨日芽が出始めたと記事にしましたが、続々出始めてますね。
これからは毎日朝晩発芽の確認しないといけません。
完全に広げて置きっぱなしにでも出来ればいいんですがねぇ。


さて、
はたけではひろっこ収穫で忙しいわけなんですが、
そのほかに残っているものとして、のらぼう菜があるわけなんですよ。
そののらぼう菜、とう立ちが始まってまして、もうすぐ開花という感じです。

P1070867_縮小

やはり植えた時期が遅かったこともあって株自体は小さめ。
しかしながら初めてまともに越冬しとう立ちを迎えました。

P1070868_縮小

蕾もしっかり、開花が近い。
いや、一度くらいは試食してから開花させようか。

P1070869_縮小

数株ずら―っとあります。
よさげなものを残していくらか味見は必須だな。
そのために植えたんだし(笑
あとは種取りメインでいこうじゃないの。

P1070871_縮小
P1070872_縮小

別のところでは気付かぬうちに水菜と雪白体菜もとう立ち。
とう立ち菜の季節ですな―
水菜なんかこんなに小さいのに越冬してとう立ちですから驚きですよ。
枯れると思ったら生きている、生かそうと思ったものはなくなっている、全くわけがわからん(苦笑

P1070870_縮小

ま、ニンジンは生きてるからいいや。
これも種ができるかな―


のらぼう菜は実はこれで3回目。
成功したのが今回が初めて。
3度目の正直だからうまくいってよかったですよ。
固くなる前に収穫して来なくっちゃ。



おまけ

P1070875_縮小

明日は稲の種まきだ―
ハウスはちゃんとできましたよ。

P1070874_縮小

近場に生えてる笹がなんと3年連続で開花。
うーんこれは一体どうしたことか。


2016-04-26(Tue)

やっと出た出たペペロンチーニ

今日も暑かったですが、夕方には風が強くなり結構涼しくなりました。
やはり暑いのは日中のみですねまだまだ。
なんせ昨日は霜降りましたからねぇ。
柑橘外に出しっぱなしにしてたのでかなり焦りましたよ。
まだまだ油断はできません。


さて、
気温上昇でハウス内もだいぶ暑くなります。
種まいてもう3週間以上たってるんですが、今になってようやくペペロンチーニの発芽が始まりました。

P1070863_縮小

マジすか(笑
3週間たってエトナの発芽、これ1つだけでっす。
他に動きなし。
ストロンボリが2つ、計3つしか発芽してません――
気長に待つほかないね。

棚の下に置いて温水で加熱はしてたんですが、
薪が底ついて加温がなくなると、逆にパイプの水温が低いせいで冷えてしまったようで、
場所を変えるまでに発芽はゼロ。
やはりこれだけやるんだからしっかりとした加温施設はないとだめだねぇ。

P1070864_縮小

なぜかあとまきのトマトの方が早く芽が出始めてるし・・・
マイッタねこりゃあ。
外に出したほうが逆にいいかもしれないけど、量あり過ぎて出し入れする余裕なんてないしなー
ほんと夏野菜の芽出しは難しいっす。


暖冬で今年は早くそだつかな―とか思ったのが間違いだったわ―
今年も植え付けは6月までに終わりそうにないかもしれん・・・
おーまいがーー



2016-04-25(Mon)

実験畑のアサツキが太かった

ども―
今日も暑い1日でした。
気温が21℃、カンカン照りでハウス内は30℃、おまけに空気が乾いていろいろ大変だわ。
ハウス内の気温がる程度高くなるのは夏ものの芽だしにとってありがたいですが、
いかんせんこんだけ乾くと眼やら鼻やらがかぴかぴで・・・
粘膜が弱い私にとっては地獄だで。


さてさて、
昨日は桜の話題でしたが、うちの裏手では、

P1070840_縮小

ようやく梅が咲き、

P1070841_縮小
P1070842_縮小

わさびが花盛り。

P1070843_縮小

椿も咲きだし、

P1070844_縮小

これはなんだ?(笑

P1070873_縮小

夕方にはユスラウメの開花も確認。
どんどこ季節が進んでいます。

P1070865_縮小

今日はハウス建てを行ったりしまして、今週は忙しい週となっとります。
ひろっこの収穫もやばいんだけど・・・


そのひろっこのもと、大きいあさつきですけど、
家の実験畑にノビル疑惑で掘りだしてきたアサツキの球根を植えているんですが、
それが芽吹きだしてましてね、大きさがまるで違うんですよ。

P1070834_縮小

まだなにも植え付けはしてませんが、

P1070835_縮小
P1070836_縮小

残っているものが出てまして、その中のアサツキが太くてねぇ。
ひろっこだったら極太じゃねぇか、と。
球根一つでここまで違うか、と。
いいものをとるためにはいいもの使わないとだめってことだな―
だから種採りはいいものを利用するんだね。

P1070839_縮小

去年婆さまが勝手に草むしりしてアサツキ引っこ抜きやがりましたので、
そこらへんにその残骸が散らばって芽を出してます。
これらも後々植え替えしてでかい球根に育てなくちゃな。
ぶっちゃけアサツキは球根買わないでそこらに生えてる物の方がいい球根だったりするんだよね(汗
今年はひっそりと掘ってこようかね(笑

P1070838_縮小
P1070837_縮小

この実験畑にはあと4年物のリーキとかセージがあったりしますが、
アサツキの球根育てるのにでも利用しようかね。
去年はへちま植えたけど、あまりにも実が大きくなるのが遅かったし、
日当たりの関係で向き不向きあるだろうからね。
あと他に何か植えられそうなものってあったかな?


2016-04-25(Mon)

白小豆の選別も終わらせたぞ――

昨日出かけて帰ってきたあと、かなり疲れが来ていましたが振り絞ってやつを撃破。
白小豆の選別がついに終わった。

P1070858_縮小

左の袋4つ分がよいもの、右のものはB品でこしあんにでもしようかというもの。
最後に選別したものは最後に収穫したものらしくて、
一番カメムシ害が多くてなかなか苦労しました。
白小豆は特に害を受けたものが目立つので、ごまかしがきかないですね。

P1070859_縮小

どうですか、きれいっしょー―
いい悪いは、6:3:1くらいだったかな。
大体9割は可食できそうだと考えればまともな収穫だったかも。
といっても収穫時点ではじいたものを考えると可食は8割程度かなー。


これで小豆は大納言とともに選別が完了。
今年蒔く分の種をいくらかとってあとは食うなり売るなりですね。
去年は虫食いがひど過ぎて出すことができなかったんですが、今回のはいいですからどうにかなるかな。
小豆はうまいんだけどこの選別がどうにかならんかね―(苦笑
ま、もっとさっさとやってればいいじゃんってことなんだけど・・・


2016-04-24(Sun)

桜を見に横手城へ

どもー
今日は桜見物に横手城へ行ってきましたよ。
桜を見に行くなんてことはほぼないので、自分としてはかなり珍しい(笑


P1070846_縮小P1070847_縮小
P1070855_縮小P1070848_縮小

横手城まで続く河川沿いの桜は満開状態でした。
もう散ってるものも多くなってきていたので、今日がピークなのかな、と。
一番いい日に休みに当たったわ―

P1070809_縮小

河川沿いはいいんですが、道路に面した並木はほぼ葉桜状態。
4日ほど前は満開でしたが、完全に葉桜でしたね。
こちらの桜はあっという間です。
春が短い!!


そしていよいよ横手城へ。
心臓破りの坂を駆け上がり、息も絶え絶えで到着。
階段が・・・膝が笑っちまってるぅ―


P1070852_縮小

横手城は模擬天守としては東北で初めてつくられたものらしいですね。
有名どころでは江戸幕府の年寄・本多正純が流罪になってこの城で生涯を終えたみたいです。
上で心臓破りの坂と書いてますが、山城で、
土の流出防止と敵がのぼってきた際にすべるようにとにらを植えていたので
別名韮城とも呼ばれるそうです。
他にも阿櫻城、朝倉城なんても呼ばれるらしい。
ちなみに朝倉は近隣の地区としてありますし、阿櫻は市内の酒造会社として存在してます。

P1070853_縮小

桜祭り開催中で人が多かったです。
特に…外国人が多かったですね。これには驚き。
タイか中国っぽかったです。

ちょっと標高が高くなってるせいか街中よりもいい状態の桜を見ることができました。
やはり気温の関係は大きいですね。
街中よりも河川沿い、そして山、まあ同じ地区で長く楽しめるからいいのかも。

P1070856_縮小
P1070857_縮小

桜ということで、当地山内の桜のあるところといえば鶴ヶ池。
こちらもいい状態でしたよ―
まあ他のところに比べると殺風景かもしれませんが(汗
今年はやはり早いです。ゴールデンウイークは桜はないですね、こりゃ。
横手より遅いとはいえ今年は暖冬であっという間に桜が満開に。
早すぎて困ったもんだで。


実に20数年ぶりに横手城へ行ってきましたが、
桜の時期は初めてだったので、これほど沢山咲いてるとは思ってもみなかった。
たまにはこうした息抜きも悪くはないかなーと思った次第。
とはいえ自転車こいだ分体力は底尽きましたが―(大汗


2016-04-23(Sat)

モルガぶった切り

いや―今日も暑かった―
午後からは天候が悪くなって風が強くなって涼しくなりましたが、
最高気温が20℃越えが普通になってきましたね。
あれやこれやとどんどん生育している感じです。
その流れで・・・越冬モルガスコーピオンをぶった切りましたよ。

P1070755_縮小

越冬期間が長くなってきて、青い枝がかなり少なくなって枯れ枝が多くなった。
なので生きている枝を残して枝の更新作業つまりぶった切りだ

P1070756_縮小

バサ――っとすっきり。
去年よりは生育が悪いかな。
やはり年食ってきて株の限度が来ているのかもしれないなー

P1070758_縮小

一方で去年購入のモルガ、こちらはばっさり台切り状態。
こっちは全く新芽が出る気配なかったので最初の年の越冬のようにばっさりいったった。

P1070759_縮小

でもね、中に空洞があってこれってよくないな―状態。
切り口も木質化してるし、死んじまったかもしれないな・・・
越冬失敗かよ――(泣

P1070757_縮小

アップルアルマも同じく台切りですが、こちらも切り口木質。
今年はナス科の越冬大失敗状態だな・・・・


とりあえずだめならだめでまた買うことにして、残ってる年寄りモルガの生育に力を入れよう。
んー置き場所の問題か?
今まで普通に生きて越冬していただけにがっかり感が半端ない。


2016-04-22(Fri)

土寄せで時間稼ぎ!ひろっこの収穫作業

どもー
昨日一昨日でネズミを6匹捕獲した椎たけ夫でっす

あ、大きいの6匹じゃなくて大きいの2匹、子供4匹ね。
ペペロンチーニの育苗箱の下に巣を作ってましてね、
移動したらがさごそとでてきやがったわけですよ。
よく見ると子供咥えて逃走、追いかけると子供はなして逃げたので子供捕獲、
巣を確認するとさらに子供3匹いたので捕獲。
子供は生まれたてだったので一網打尽でした。
ここで外道な手法ですが、子供を使っておびき寄せて親も捕まえようと。
しばらくすると巣に戻ってきて子供を探すんですよね。
子供は私の目の前、親ってすごいもんで、こういう場合は人間の前に堂々と出てきます。
で、2回ほど素手で捕獲を試みたものの失敗、このままだと捕獲できないので、
仕方なく粘着のやつをもってきて置いて2,3分で捕獲しました。
捕まる瞬間を黙ってみてるってのもおかしい話なんですがね(苦笑
こうして5匹一網打尽、昨日の夜にさらに1匹かかってまして6匹捕獲しました。
大根の種食ってたのはこいたらだと思うので、悪戯ネズミを成敗したかたち。
今年もネズミとのバトルがスタートですねぇ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世間話が長くなりましたが・・・
本日は再び山へ行ってきて収穫、キノコやら畑やら田んぼやら忙しくなってきてます。

P1070821_縮小
P1070822_縮小

相変わらず多いですよ。
でもなかなか生育しないのは乾いてるせいでしょうね。
雨降っても風が吹くのですぐ乾くみたいです。
明日の雨で少しくらいまともに育てばいいんですがね。

P1070823_縮小

今日の収穫はコンテナに6個。
まずまずですかね。
これを乾燥と生販売用と分けて乾燥するものは丸のまま乾燥です。
1年の丸の乾燥しいたけはこの時期で全部作成するので、重要な収穫なんですよ―
だからこうしてたくさん出るのはいいことなんですの。
出過ぎは出過ぎで大変ですが(汗

こんな作業をしつつ、畑ではひろっこの収穫を急ぎます。
なんせ気温がいきなり上昇、20度越えるような日が出てますからね。
こうなると生育が早くなりすぎてひろっことして出せなくなります。

P1070807_縮小

ということで土寄せをして青い部分が伸び過ぎないようにしてみた。
かなり力技、これで効果は現れるのかと思っていたんですが、

P1070824_縮小

たった2日でも黄色い部分が出現、土寄せの効果はあるようです。
これなら掘り上げるまでどうにかなるかも。
とはいえ時間はないんだけどね(汗


今日であと1畝と5分の4くらい。
あと1週間ぐらいはかかるだろうなぁ。
まあ掘り上げるのは簡単だけど、その後の処理が尋常じゃなくてセーブしてるのが事実。
時間食う割に儲けの出ない仕事だなーとか思ったりして(大汗


2016-04-21(Thu)

自家採種ロングかぼちゃの種まき2016

どもー
駆け足で・・・

桜が咲きやがりました。


P1070810_縮小

なんだかあっという間に来た感じです。
近くのヤマザクラですが、これが咲きだすともうそろそろソメイヨシノの時期が到来。
いや、横手市内はほぼ満開なですがね(大汗
こちらはまだソメイヨシノは咲き誇ってはいませんね。
横手と山内の差は大きい・・・
ほんと駆け足というかボルトが走るような速度で桜がやってきましたよ――


さてさて、
気がつけばもう4月も下旬に入ってしまいまして。
そろそろ夏野菜も発芽してもらいたいんですが、今だ・・・
そんな中ですが、自家採種のロングかぼちゃの種まきをしました。

P1070811_縮小

自家採種で今年4年目の栽培に入るロングかぼちゃ。
去年はまともなかぼちゃがとれなかったので、そのうちの一番いいものから種をほじくり出してどうにかこれだけ。
これだけといっても70数個あるんですけどね。
発芽が心配なので保険というやつですよ。

P1070812_縮小

今年はそんなわけで発芽しない可能性もあるため、まずは発泡スチロールで芽出しを。
発芽したら順次ポット上げするという形でやることにしました。
なので種の量は多め、64個まいておいた。
これで発芽率が9割とかだったら・・・おろそしや―――


自家採種で徐々に白ロングとして固定されていっているロングかぼちゃ。
去年は数十本のかぼちゃをどうしたもんかということになってしまったんですが、
今年は早いうちから様々な手立てで売りさばいたるど――ということで。
あ、もし食ってやってもいいぞ―という方いたらご一報お待ちしてますよ―
バカでかいのを押し売りして差し上げます(笑


2016-04-21(Thu)

現在の椎茸 2016・4・21

山の自然発生のキノコも採れ出した今日この頃。
現在ハウスで発生している品種はF206・A950、そしてF420の3品種です。
F206とA950は最終盤でもうそろそろ終わり、これからはF420の時代に突入ですね。

P1070819_縮小

境目に3品種がごった返してます。
赤い部分の下までがF206、赤と青の狭間がA950、青から上がF420です。
ゴチャつくと後々の作業が大変なですがね。

P1070813_縮小

さてそのF420の発生、ようやく開始といったところなんですが、
出方がそこまでよくはありませんね。

P1070814_縮小

出ている木は出ていますし、

P1070815_縮小

出ない木はさっぱり。
休養期間中に散水をしないで抑制していた分、芽数が少なかったのかもしれませんね。
このあとからの発生に期待しましょう。

P1070816_縮小

キノコ自体は丸く固め、締りのあるキノコという印象。
色も白っぽく、夏型のキノコによくあるような感じがします。
高温菌の方なのかな?
発生操作はまだ2回目なので、これから先キノコの質・量がどのようになっていくかはまだわかりませんが、
現時点ではキノコの質としては良いと思います。

P1070818_縮小

逆に最近になってA950のキノコの質がおかしくなってきた感じですね。
丸くならず、いびつなものがよく出るようになってしまいました。
こうなると市場出荷には向きません。(規格の問題で下の規格にしかならなくなるので)
でも味は変わらないですから、道の駅などでの出荷ですね。
規格に縛られるとなかなか大きくてもかたちの悪いものは値が上がらず大変ですね。


P1070820_縮小

以上発生しているのは3品種、これからは順次1品種になっていきます。
発生としては自然発生やハウスでの追いばえ、そして促成栽培のものと3種類。
さすが春ならではの光景になっています。
雪溶けて短い期間ですが、春のキノコの盛りが来ていますね。


2016-04-20(Wed)

お日様の力は偉大

最近は晴れたり曇ったり雨降ったり、おまけに強風と安定しない天候ですが、
さすがに雪が降ることはもうなくなったので、
ぼちぼち越冬苗物や鉢植えを外に出しています。
するとですね、やっぱりお日様に当たると生育がよくなるわけですよ。

P1070648_縮小

2週間前に越冬場所からまずは間接的に日の当るところへ移動してきまして、
それから外で直射を当て始めたわけですよ。

P1070649_縮小
P1070650_縮小

持ってきたあたりにはまだまだ小さかった苗やら球根。
しっかりお日様に当たっていないので生育はかなり遅かったです。

P1070669_縮小

それから天気のいい日はしっかりと直射にあてるようにして現在

P1070740_縮小
P1070750_縮小

グー―っと大きくなって葉が展開してきました。
これはアリウム・カラタビエンセですよ―
葉がこうして展開してくるといよいよつぼみが出てくるのか―と期待が持てますね。

P1070741_縮小

苗物も随分と葉が増えました。
やっぱりどんなに暖かくても日にしっかり当てないことには生育が遅くなりますねぇ。

P1070676_縮小

ウラジロヒゴタイも現在随時家に運搬中。
お日様の力でもうすぐ花の季節がやってくるど――
丸い花が楽しみだなぁー―


2016-04-19(Tue)

ひろっこ収穫始めまっす

今日も風が強い。
いい加減風収まってほしいもんだで。
鉢植えが寝転がったままというのはよろしくないですよ・・・

さて、本日ようやくひろっこの収集を本格的に始めました。
雪解け前に掘り起こして―なんて考えてたものが、雪解け後になり、
更に暖かくなってからというどんどんとずれていってしまいまして。
なかなかひろっこの栽培というのも難しいもんですね。

P1070793_縮小

畑ではもう地上部がしっかり確認できるほどに青々としています。
でもやっぱり細いのばかり。
球根が大きくないとそもそもひろっこの太い奴は収穫できない感じだ。

P1070794_縮小

それでもあまり遅くなると地上部がでかくなりすぎてしまいますので、
どんどん収穫、ひろっことしては細いものははじいて野良アサツキにしてしまう予定。
これは昨日の試し掘りの写真ですけど、なかなか収穫したなーと。

P1070795_縮小

栽培して気付いたのが、球根がもろに残ってること。
普通ひろっこって球根がなくて真っ白だ。
栽培するとこうなるんだなーと、で、これどうするんだ?と。

洗ってみたらこうなった。

P1070796_縮小

球根部分の皮はすぐにはがれ、丸い球根が出てくるんですけど、
その球根部分、ゼリー状になってまして、すぐに砕けてなくなるんですよ。
なので洗浄を終えるといつも見慣れたひろっこの状態になるわけで。

P1070797_縮小

この桶いっぱいとってきたのに、最終的にこの程度に・・・
しかも根っこをとるから最後まで残るものはほんのわずか。
こんなに少量になってしまうのかレベル(汗
これは・・・結構大変なことだな―


この試し掘りしたものはし少量ながら道の駅に出してみたところ買い手がついた。
たった70gしかなかったけどね(汗
時期が遅いぶんひろっこの質がよくなくても需要が勝ったということかな。
ということでこれから毎日収穫作業をしていくことにした。
本日も昨日の3倍くらい収穫して極寒の中洗浄作業をし終えた。
風が冷たいし水は冷たい、鼻水が垂れ流しだよ――
とにかく春一番の収穫作業、しばらく忙しくなりそうだ。



2016-04-18(Mon)

ブルーベリー2016開花宣言

どもー
今日も昨日からの強風が続きまして、いや―な感じでした。
昨日はあまりにも風が強かったので、寝る前(12時前)にハウスの様子を見に行ってきましたよ。
どうにかハウスは飛ばされずに済んでまして一安心して寝ました(笑
ただ、一夜明けると、強風の爪あとはそこかしこに。

P1070779_縮小

葉っぱがまだないのにもかかわらず倒されたブルーベリーの鉢。
葉っぱがあるときに倒れるのは仕方ない。
しかしながら丸坊主の状態で倒されるとなるととんでもない風だ。
肥料は固まってたのでまき散らされることはなかったけど、枝にダメージが来るから勘弁してもらいたい。

P1070780_縮小
P1070781_縮小P1070782_縮小

あとは小屋の囲いの一部が飛んでました。
ものすごい風圧でもぎ取られた感じですね。
ハウスしめ切ってるとこうした風のときに圧力の違いでビニールがぶっ飛ぶことがあります。
締め切っても締め切らなくてもビニールハウスは風に弱いんですよね・・・
だからハウスやってると風が一番怖いわけで。

P1070783_縮小

しかしまあ今回はハウスが膨れてましたけどどうにか持ちこたえてくれました。
いものこ芽出しの掘っ立てハウスですら大丈夫だったので、まあ良かったですね。
飛んだら最悪ですから・・・

P1070784_縮小P1070785_縮小

一番不可解だったのはこの絡まったシェード。
持ち上げられないとこうはならないんですが、ものすごいまとまりだったのでこうなることはないはず。
とっちらかったものを見ると、どうもつむじ風でも起きたような感じだな。
今回の強風はとにかく怖かったです。
被害がほとんどなかったのは幸いですが。


さて、
当地の桜の標本木でも開花宣言が出ているんですが、
まだまだきれいに咲きそろっているというところまではいっていません。

P1070763_縮小
P1070764_縮小
P1070761_縮小
P1070762_縮小

特にウチではさくらなんぞ全く花が咲いていない状態ですからね。
まだまだカタクリやらわさびが出てきた状態。
しかーーし、
ベランダ越冬していたブルーベリー、ついに花が咲いてしまいました――

P1070788_縮小
P1070789_縮小

今日ようやくベランダから外に持ち出してきたんですが、
一番乗りはこの品種 ペンダー
いやいやよくわからんですよ(笑
サザンハイブッシュを超えての開花一番乗り。
丸みを帯びた花がめんこい。

P1070790_縮小

もう一つがエリザベス。
こちらは少し長めですね。
品種で特徴が違います。
あとチッぺワも咲いてましたが少なかったので割愛。

一方の外の越冬隊はですが、

P1070791_縮小
P1070792_縮小

一番早いのがこのレノア。
でもまだこの程度、追いつくのには時間がかかりそうだ。
他はもっと遅いからねぇ。


ベランダ越冬で過去最速の開花宣言。
桜を大きく引き離して開花してしまった――
ま、昆虫も飛んでるし、受粉はどうにでもなるだろう。
育成期間延長を考えるとこれもありかな―とか思ったりして。
後々に影響が出ないといいけどね。



2016-04-17(Sun)

種まきから2週間、いまだ発芽せず

今日は晴れたり曇ったり、そして雨降ったり。
おまけに猛烈な風、これが一番怖い。
葉っぱがないのにブルーベリーの鉢植えが倒れるんだから相当だ。
明日になったらハウスが・・・なんてことがないといいんだけど。


今日は4月3回目の日曜日。
種まき開始したのが3日、つまり4月初めの日曜からで、
今日で2週間が経過したことになる。
大量に蒔いたイタリア唐辛子の現状はどうなっているのか。

P1070751_縮小

不織布をめくってみると・・・
やっぱりまだ動きなし!!
しょうがない、気温がとれてないし。
天候が不安定であったかくなったりガツンと冷え込んだり、いまいち安定して気温確保ができてないからね。
一応日中の温度は20度越える程度なので、もうしばらくすればちょこちょこは出てくるとは思うけど・・・
今年は植え付けが遅れそうだな―
毎度発芽までが長いんすよね。


P1070760_縮小

そのほかのものでいえば、一番早く出たのがこのチャイブですね。
これ以外は一切の動きなし、この時期でも2週間くらいじゃさっぱり芽を出しませんね。
気温がないと夏野菜の発芽は厳しい。

P1070754_縮小

パセリのトレ―からはなぜか大根が出てくるし(汗
オホホイオホホイ、カイワレの種がなぜ生きてるんだよ――

P1070752_縮小
P1070753_縮小

同じくべビーリーフ化してきたカイワレの残り。
これはこれで収集して食ってしまおうか。
一度発芽さえしてくれれば簡単なんですがね―
発芽適温が高過ぎると雪国の育苗はかなりむずかしいっす。


種が多いと催芽するのも難しいですし、何かうまい手立てを考案しないといけないですね。
湯たんぽでもやったらいかな―と最初は思ってたんですが、
置き場所の問題でその案は没に。
今はもう成行きに任せるほかないですが、来週までには発芽しててほしいもんだねぇ。


2016-04-16(Sat)

山の椎茸 2016春

いや―いまだに強い地震が頻発していますね。
東日本大震災の揺れ方とは異なっているので、家の倒壊が多いのが心配。
安まる場所がないのは困った問題だ。
今回は内陸の地震ですが、尋常ではなくなっていますね。
被害がこれ以上大きくならないよう祈るのみだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は晴れ、天候も良く、周りの雪もほぼないので、
山のホダ木を見に行ってきてみました。
今年は雪解けが早いぶん、自然発生も早いはず。

P1070768_縮小

行く途中に花の群落が。
やはり今年は雪がなくなるのが早いぶん、沢山の花が見られました。


そして到着。


到着早々に目を疑う。


P1070769_縮小
P1070770_縮小
P1070771_縮小

グワー―めっちゃ出てる――

近年まれにみる発生だ。
いや、毎年芽数は最初に多いけど、まともな芽がこれだけあるのはまれだね。
いつも春発生じゃなく、前の年に芽が出始めてしまったものが翌年まで残っているパターンだったので、
きれいな芽があるってのが珍しくなってたもんで。

P1070772_縮小
P1070773_縮小

例えばこの左側のキノコが前の年についてた芽だと思うものですが、
表面がつるつるした感じ、肉ののりもいまいちという感じです。
表面がつるつるというのは、水気を食らったものに多く、
それが乾いて濡れてとなるとこんな感じに。

P1040601_縮小

これが去年までよく見られてたもの。
こにょうに前年の芽というのはあまり良くないキノコになりがちなので、
今年のように比較的まともなキノコが多いのはありがたい話だ。
暖冬の影響なのかな?今年の春子の収穫は期待が持てそう。

P1070774_縮小
P1070775_縮小

ただよく見て回ると、たまにこうしたネズミがかじったものも。
ネズミってね、キノコ食うんですよ。
ここらでは椎茸を食害する動物がいないので、ネズミが一番の害獣に。
まあそこまで大量に害をなすわけではないので他の地域からすればたいした問題ではないか・・・


P1070776_縮小

今回収集できたのはたぶん一昨年植菌のホダ木。
まだ若いから芽が出やすいんだね。

P1070777_縮小

上の方にあるそれ以前のものはまだ芽が出始めたばかりという感じだった。
古くなると動き出しも生育スピードも遅くなる。
ただし、芽があるってことはまだまだ現役、しっかり発生していただきましょう。

P1070778_縮小

今日は袋1杯。
芽数からいえば数十キロの収集は確実にありそうですね。
かなり寒暖差もあるし、今年はいいキノコがとれそうな気がする―
乾燥しいたけがしっかり確保できそうだぞ。


2016-04-15(Fri)

地震

昨日熊本で震度7の地震が起きた。
私はブログ更新終わって訪問し終え、野球の実況見たり調べものをしたりしていたので、
起きたことを知ったのが11時くらいになった。
初めは何のジョークだと思ったけど、本当に起きていた。
東北で起きたあの大震災からまだ5年だ。
関連性はないとしても日本でこんなに強い地震がたった5年で再び起きるとは・・・

調べてみると震度6強以上になるような地震って結構頻発していることが分かった。

・2016年 熊本地震
・2011年 東日本大震災
・2008年 岩手宮城内陸地震
・2007年 新潟県中越沖地震
       能登半島地震
・2004年 新潟県中越地震
・2000年 鳥取西部地震
・1995年 阪神大震災

私は阪神大震災以降結構地震あったよな―くらいで思っていたけど、
思った以上に短い間隔で大地震が起きていたんですね。 
しかも、阪神大震災があったことから今の高感度地震観測網が整備されたらしいです。
やっぱりあの震災は地震に対する考えを一変させたのかもしれませんね。

こうしてみるとに比本は本当に地震大国であり、
しかも数年に一度は巨大地震が起きているわけでして。
忘れたころにやってくるなんて言う暇もなく強い地震が起きている今日この頃。
日ごろからの備えはしっかりしておくのは間違いないことですね。


東日本大震災では当地でも毎日毎日地震が起きて大変でした。
今回も地震でも強い余震が頻発しています。
直下型なので質も違うでしょうし、気をつけてください。
被害に遭われた方々には本当にお見舞いを申し上げます。



2016-04-14(Thu)

植菌生活終わったど――

どもー
今日は暑かったっすね。
こちらも朝からぐんぐん気温上昇、半袖で作業してないと汗だくになる状態でした。

P1070749_縮小

加温もしてないしハウス全開状態でも温風機の温度は27℃!
うへーーいあっつーーい
まあ朝に仕事しに来た時点でここの温度が18℃だったのが驚きだったわけですがね。
しかしながら明日には最高気温が9度まで下がるとのこと。
何なら雪も降るぞって言うもんらしい(汗
気温の乱高下が激しいっすな―


その暑い中ハウスで作業、ついに長きにわたった植菌作業が完全終了しました――


P1070746_縮小

手前に写っているなめこで今年の植菌生活が終了。
いやー今年は早く終わりましたね。
機械植菌が3日に終わってる時点で最高記録ですからね。
駒打ちも時間はかかったけど、4月半ばで終わらせることができてよかったよかった。

P1070747_縮小

ちなみにこちら去年伐採したくるみに打ったもの、
太さまちまち、長さまちまちまがりに凸凹何でもあり。

P1070748_縮小

一方こちら椎茸植菌用の原木の中で太いものを選抜したもの。
比較にならないくらいきれいですよね。
こうしてみるとホント業者の仕事ってすごいなーって思いますね。
まあ、大量にやってると変なのは結構見受けられますがね。
今年は結構長さがそろってなかったし(汗


こうして終わってみれば全部で14000本近く植菌したようだ。
今年のなめこは10000駒、去年は18000駒だったので半分程度だ。

P1070742_縮小

なめこはすでに大量にホダ木がある。
今年植菌した量は少ないけれど、どこに置くか思案のしどころだ。

P1070743_縮小

ちなみに去年のホダ木はこの部分。
今年はここが主な戦場になるわけだから・・・・大変だわな。


ホダ木は毎年更新していくのでこの作業は毎年のこと。
なんだか最近は収量の落ち込みが目に見えてるので、もう少し多くてもいいんだろうけど・・・
なかなか難しい問題ですけどね――
まあとりあえず今年も一大事業を完遂しましたわ。
お疲れちゃんでございました――



2016-04-13(Wed)

がっちり接着!椎茸菌でくっつくホダ木

どもー
今日はむわ――っと生ぬるい1日でしたね。
気温も20℃近くまで上昇、昨日の朝は氷点下だったんすけど・・・・
うーすごい寒暖差だ。
しばらく雨でこの感じの気温が維持されそうです。
植物の生育が早まりそうな感じですね。


さて今日は椎茸のホダ木のおはなし。

気温が上昇してきていますので、去年植菌したホダ木をすべての品種使い始めたんですが、
中には休養期間が5カ月にもなるものがありましてね。
そのホダ木を浸水作業する際、くっついちゃって大変大変。

P1070730_縮小

一見すれば何の変哲もなく積まれたホダ木。
しかしながらホダ木とホダ木の接地面で菌がわいてくっついてとれない!

P1070727_縮小

ホダ木にくっついてる白い奴、全部椎茸菌の塊。
ここまで大規模にくっついたのは始めてかも。

P1070728_縮小
P1070729_縮小

ビタ――っとくっついていて、ちょっとやそっとの力じゃとれない。
無理やりやると皮が剥げてしまうほどしっかり接着してしまっている。
すさまじい接着力だ。

P1070731_縮小

これがその菌の塊。
ここまで木の外で菌が塊になるのはあまりない。
普通は木を餌にしているわけだから、木の外に出てもいいことはないからね。
こんな風に菌が出来上がるってことは菌の状態としてはいいんだろうけど・・・・


このように菌が木の外にまで浸食することはたまに見受けられます。
例えばホダ木を地面に立てておくと、土に菌が出ていって土に塊ができたりします。
出ていったからといって外の部分からキノコが出ることはないので何とも無駄な動きになるんですがね(汗
古いホダ木になるとこういうことは起きにくくなるので、
見られたら菌が活発に動いてるんだなーくらいに見てやってくだされ。
それにしてもこんなに接着力が強いって、セメダイン顔負けだな(笑


2016-04-12(Tue)

4年ぶりのイタリアントマト

今日も朝はまだ雪が残ってました。
昨日の夜はこれはやばいなというくらいの雪が降り出しましてね、
案の定今日の朝にはそこかしこで車が突っ込んでたらしいです。
あれだけ天気が良くなって雪が消えたんだからもう大丈夫だろうってタイヤ替えた人もいただろうねぇ。
こっちは・・・4月後半じゃないとタイヤ替えたらあかんですよ。
もう心配ないから、は通用しません。
事故ってからじゃ遅いのよ――


P1070735_縮小

昨日の朝より確実に多い。
でもこれでもだいぶ溶けたんでしょうね、昨夜10時過ぎはもっと降ってましたから。

P1070736_縮小

畑もこの通り真っ白。
この時期のここまで降るのはかなり珍しい。
珍しくても雪が降るのは・・・毎度のことだけどね。
4月に雪は確実にふるものを考えておこう。

P1070738_縮小

日が出てくるとその雪もあっという間に溶けてなくなるんですがね、
いくら積もってものやはり気温が高いぶんすぐ消えます。

P1070739_縮小

午後から伐採したくるみを運んだ時にはすっかり雪はなくなってました。
それだけ寒暖差が激しいってことだね。
体調管理には気をつけないと。


さてー
またまた種まきの話になってしまいますが・・・
この種まきで大体の種まきが終了になります。
あとは芽が出るのを待っての育苗だね。

P1070677_縮小

今回は4年ぶりにイタリアントマトの栽培に着手することに。
同時にちょっと話題に上がったプリムラも再挑戦。
隣の赤丸二十日大根は・・・プレゼント種です。
赤丸は・・・あまりまきたくないんだけど(汗

P1070678_縮小

イタリアントマトのリオグランデをまきます。
種はなんだか毛深い感じだ。
2012年の畑開始時にサンマルツァーノをいくらか育てたんですが、
適当だったのでみんな尻ぐされが起き、ほぼ収穫できなかったので、
今回はそこら辺に注意してがんばりたいですね。
この品種は支柱が要らない地這いタイプ。
なんだろう、ジャガイモの地上部みたいな感じを想像すればいいのかも。
加工向きのトマトです。

P1070679_縮小

これを50穴プラグトレ―に94粒まいた。
かなり古い奴を使ったので穴あきが起きたので中途半端な数です。
土が少ないので早植えすることになるでしょうね。

P1070680_縮小

あと同時に去年プレゼント種としてもらったフロリネスも種まき。
こちらは7.5センチポットで32個。
自分で育てるというか苗で出そうかと思ってるので2粒まきした。
結構大きめのししとう型。辛くなくて旨かったですよ。


ということで夏野菜の苗作りはどうにか種まきが終わりました。
あーまだかぼちゃとかヘチマはあるけど、それはもう少し後かな。
とりあえずのとこ育苗期間がものすごく長いものの種まきはおしまい。
あとは・・・しっかり芽が出てきてくれるのを祈るだけ―
燃料が底をついたので加温ができなくなっちゃったけど(汗
どうにか晴れが続いて気温がぐー―っと高くなってくれればいいんだが。
予報は・・・雨ばかりなりってか――(泣



2016-04-11(Mon)

今日から本格的な駒打ち開始

どもー
結婚式疲れをまだ引きずってる椎たけ夫です―
やっぱり飲み過ぎはいかんね。
酒じゃなくてウーロン茶だけど―
成人式の時はもっとひどかったことがありますが、
水分過多で飯をしっかり食ってないと体調があからさまに悪くなりますね。
酒飲まない私がこうなんですから、飲兵衛って大丈夫なんだろうかって思います(苦笑
メンテはしっかりしないといかんですね、もう結構年食ってきてるんですから――


さてさて、
今日は天気予報などを見ているとわかるかもしれませんが・・・

当地雪です。


P1070723_縮小
P1070724_縮小

朝起きたら真っ白。
昨日の予報でいってたらしいけど、わたし見てませんから――
予想外の冷え込みと雪、さびーさびー

P1070726_縮小

日中も降ったりやんだりで、時にはこうして吹雪になるときも。
現在はかなりの降雪、積もってきています
朝までにまたどーーんと積もってるかも。
今まであっという間に雪がなくなっていった気温からするとやばいですねこれは。
毎度のことですが、油断してたらやられてしまいますよ・・・


このくそ寒い中、ようやく外に置く乾燥用の椎茸およびなめこの駒打ちが始まった

P1070732_縮小

正確には土曜日にすでに少し始めてたようですが、
ガッツリ本格的にやったのは今日からですね。
今年も20000駒、約500本分でしょうかね。

P1070733_縮小
P1070734_縮小

今日で約8000ほど消費、あと2日くらいで完了でしょう。
このためにとっておいた原木と、去年家の畑のくるみを切ったので、
そのくるみになめこを打って終わりという運び。
運搬考えると・・・3日かかるかも。


今年は植菌終わってすぐに駒打ちという運びにはならなかったんですが、
たぶんこのくるみが雪の下から出てくるのを待ったんだと思われる。
まあ今年は雪解けも早かったのでどうにか4月半ばまでには終われそうな感じですね。
畑でいうところの種まき、今年も椎茸の植菌が大詰めです。


2016-04-10(Sun)

フロックスとサルビアの種をまいてみた

どうも、昨日は出張でブログにやってくることができませんでしたが、
今日から再び毎日頑張っていきますよ――

いや―昨日は疲れましたね。
結婚式・二次会・三次会とはしごしましたので、帰ってきたら12時でした(汗
余興の関係で家出たのが10時40分なので半日結婚式関係でしたねぇ。
余興は余興で想定外が多過ぎて苦労しましたし、
新郎がサプライズで高校の同級生からコメントをもらうなんてことしやがりまして、
超ド級の上がり症の私はテンパりまくってしどろもどろでしたよ・・・・

P1070682_縮小
P1070713_縮小

会場はこんな感じでしたよ―
さすがに中身はプライバシーで自重します。
3度のお色直し(新郎新婦で合計8着ですか)があったり、結構すごかったですよ。
2次会3次会は・・・ぶっちゃけ同級生ばかりで女性陣がほぼいなくてですね、
んー新たな出会いなんてなかったですね。ハハ
結構長いおつきあいで結婚したので、これから先も長く続いてくれればいいなーと。
持参の7つ葉を渡してきましたわ。


ま、結婚式の話題はこれくらいにしまして、再び種まきの話題だね。
もう、種まきの話題ばかりなり―ってか。

P1070658_縮小

今回は花の種まき。
花なんか枯らすだけの自分ですけど、いかんせんプレゼントでもらったものがあり、
数年前のものですから、さっさとまいてしまわないといけないなーと。
それがこのフロックスですよ。

P1070666_縮小

まきどこがなかったので間借り状態で種まきですけど、
期限が24年度・・・・期待は薄いです。
発芽したら儲けもんくらいのもんですね。

P1070667_縮小

あとはサルビアのトーチライトをまきました。
白と赤のツートンカラーのサルビア。
サルビアも様々珍しいものがあるんですけど、在庫処分で安かったものを買ってまいてます。
さ―てこちらも出たらもんけもんだけど。


なんだか普段と違うことしたのでお疲れちゃんですけど、
どうにか今日1日で復活しておかないとね―
明日から駒打ち作業が始まりそうだし。
まだまだ種関連は忙しいですね。


2016-04-09(Sat)

ベランダブルーベリー開花寸前

  
 ※管理人結婚式に参加中・予約投稿にて失礼

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベランダで越冬していたブルーベリー、
早速動き出していたんですが、ついに花が咲きそうなところまで来てしまいました。

P1070652_縮小
P1070651_縮小
P1070653_縮小
P1070654_縮小
P1070655_縮小

思ったよりも生育が早いです。
早いところ外にもっていかないと受粉が間に合いませんね。
あ、そもそも昆虫がいないことにはどうにもなりませんが(汗

P1070656_縮小

花芽も葉芽も元気元気。
こういった元気な奴にはいく分実をつけてみたいと思いますが、
まだまだ小苗のものに関してはさっさと花芽を除去しておかないとね。

P1070618_縮小

小屋で越冬していた鉢植えも外に搬出完了して、肥料もやっておきました。
とはいえベランダブルーベリーの1カ月後ろを走っている状態。
ここから猛チャージで巻き返すのかどうか、楽しみなところだ。

P1070657_縮小

ベランダはかなり早いのがこのプチルビーのつぼみが出てたことからも分かる。
思った以上の促成栽培になってるけど、問題ないもんかなーと少しばかり心配ですね。
ま、栽培期間が他より短いことを考えれば1カ月栽培期間が延びるのはいいことかな。
その分大きくなってくれないと困るけど――


2016-04-08(Fri)

イタリアンパセリ・カモミール・パセリの種まき

今日も日が出ず肌寒い感じの1日でした。
日差しが恋しいね。
夏ものの芽出しの点からいってもしっかり晴れてもらいたいもんだで。


さて相変わらず種まきの毎日、本日はハーブ3種種まき。
パセリとカモミールは前も蒔いたことはあるけど、イタリアンパセリは初。

P1050316_縮小

普通のパセリに比べると葉が開いてるって感じですかね。
香りに関してはどちらも強いようですけど。

P1070673_縮小

種はパセリと似ているんですけど、少し大きい印象。
種は少なくてこれで全部ですよ。
大量に入ってるのとこうして少量のものはなにが違うんだろうねぇ。

P1070674_縮小

先日買ってきた128穴トレーに種まき、育苗です。
パセリが左、カモミールが真ん中、イタリアンパセリが右です。
穴があいてるところがカモミールね。
カモミールの種があまりに細かかったので適当に沢山入れておきました。
種が細かいものの種まきってホント大変ですね・・・



P1070675_縮小

今週はずっと種まきで忙しくて少しお疲れちゃん。
日曜日は丸1日だったので、少し贅沢していいパン買って来てニンジンジャムで補給補給。
ペペロンチーニのヤマは越えたけどまだ種まきは続く。
畑出てきて忙しいど―――


あ、明日は結婚式に行ってきます。
予約記事で失礼しますね。



2016-04-07(Thu)

第2・第3次ペペロンチーニまき

今日は雨です。
気温は上がるなんて言ってましたが寒いです。
晴れはあったかく、雨は寒い、気温の上がり方がはっきりしていますね。
雪が完全になくなれば雨でもある程度暖かいんでしょうけど。


さて、日曜日から始まった種まき、
昨日、今日でようやくペペロンチーニの種まきが終わりました。

P1070668_縮小

土が足りなくなったので一昨日買ってきまして、
早速にそれを使って種まき作業継続。

P1070670_縮小

昨日の第2次まきでストロンボリを364ポット追加

そして本日最後の3次まき、

P1070671_縮小

127ポット追加
これにてペペロンチーニの種まきおしまい。
それぞれ、

エトナ(赤) 651ポット
ストロンボリ(オレンジ)875 975ポット
計、1526 1626ポットだね。
うーんマンダム(笑

発芽率があるので、使えるのは1400強くらいを想定かな。
予定していたくらいに収まりました。
といっても種袋1つ余らせましたが・・・(汗


実際のところは予定は大幅にくるってるんですよ。
本来はエトナの方が多くなるはずだったんですが、エトナが少ない。
これはどうしてか、

P1070672_縮小

原因はここに記載されている種の数。
それぞれ75粒と80粒と記載。
でもわたしが買うときに見たものはエトナの種は135粒だったわけで。
要するに135⇒75と60粒も少ない。
そしてストロンボリの方はというと80粒⇒平均値が110粒と大幅に多い。
結果的に合計数が予定していた1500に達したのでいいんですが、
数が逆転してはねぇ、困りますよ。

何ミリリットル入り、約何粒とはあるものの、
数粒の誤差はあっても数十粒の誤差はいただけないですね。
予定外の事態にはなりましたがまあどうにかなってるのでクレーマーのような事はしませんが(笑
種の問題はその後を大きく左右するのでしっかりしてもらいたいもんですね。
キノコの種ことで大変な目にあってるので・・・・


2016-04-06(Wed)

雪溶けた畑 IN 2016

今日も快晴、あっという間に畑が露出完了。
例年なく早い畑の露出、今年は作業が早まるなぁー

P1070636_縮小

まずは去年唐辛子やらごぼうやらを植えた畑。
とりあえず何もないように見える。

P1070637_縮小

しかしー
ひろっこ収穫としてばらまいたアサツキの小さい球根がようやく出てきたところ。
もう少し大きくないと収穫できないので、ひろっこは・・厳しいな。
まあ少し青くなっても収集できればそれでいかな。

P1070638_縮小

あとはとう立ち菜を収穫予定だったのらぼう菜。
見事にぺったんこだよ。
これももう少し大きくしておかないとだめですね。
婆さま方がキャベツの種まきをするあたりから苗づくりしておかないとだめですね。
一応生きているのでいくばくかの収穫はできるはず・・・
収穫せずに種採りのみという手もあるけどね、どうしたもんか。

P1070639_縮小

もう一つ種取りを考えてる白ニンジンのキャロットブラン。
このニンジンはバカでかくなるタイプだったけど、いつもまいてるスノースティックは種取りできなかったので、
こいつに期待を込めて・・・
これも一応生きているようなので、花が咲けばどうにかなるだろう。
うまく種ができれば自家採種でやっていけるからとっても助かるんだが。


P1070640_縮小

畑変わってサツマイモやらラッキョウやらの方。
こちらも特になにも見えないけど、

P1070641_縮小

早めに露出してたらっきょうが青々している。
畑全体で最も生育がいいのはラッキョウだ。
まあ植えたのが一番早いだろうからねぇ。
植え付け時期って重要だってのがよくわかりますわ―

P1070642_縮小

最初の畑より早く植えたひろっこ用アサツキは・・・たいして変わらぬレベルだけどね(汗
これに関しては・・・時期どうこうじゃないのかな???
ひろっこで春先の小銭稼ぎ!はちょっと難しそうだ(苦笑

P1070643_縮小

最後に聖護院ダイコンなどの根菜を主に作ったところ。
去年のうちに収集済みなのでここには特になにもない。
ここには今年ニンジンの復活と唐辛子植えだな。

P1070645_縮小
P1070644_縮小

最後に畑の隅にあるオレガノ、よく見たら生きてました。
死にかけのほったらかし苗をまとめて植え付けておいたんですが、
いや―よく越冬できたなーって感じ。
これがちゃんと大きくなったらここら一体オレガノ大繁殖してしまうな(汗
オレガノ強いな――
乾燥して利用していこうかね。


とりあえずのところ、畑が出ました。
でも使いだすのは4月後半くらいかなぁ。
それまでに下準備とかしっかりしておかないとね。
今年はサツマイモ・唐辛子・ニンジンで畑の9割くらい使うからな―
少数精鋭、今年はうまくやりたいですだ。


2016-04-06(Wed)

現在の椎茸 2016・4・6

暖かくなって春の椎茸シーズンが来ていますね。
気温上昇に伴って発生もだいぶ良くなってきました。

P1070662_縮小

F613とF103の発生から、F206とA950の発生へ。
F103の発生は最終盤で、もう少しで完全移行ですね。

P1070659_縮小
P1070660_縮小
P1070661_縮小

夏菌のF206、この時期の使用は早い気がしたんですが、
種菌会社の人が、今の時期に自然にキノコが出ているようなら使ってみて
ということでしたので浸水してみたところいい感じに発生しています。
去年4回、今回で5度目の発生操作ですが、意外に良く出ています。
大きさも申し分ない。
F206は年越すと発生量がかなり少なくなるので、そこがネックだったんですが、
今の発生なら文句はないね。

P1070663_縮小
P1070664_縮小

それと同時に発生操作中のA950
こちらは少し温度が必要な周年型ですが、この品種異常に温度がいるであろう夏菌より遅い。
生育が非常に遅く、今のところまだ追いついてきていませんね。
休養舎でかなり発生したのが大きいのかもしれませんね。
発生量がどの程度多いかはもう少し経ってからでしょうか。


季節が変わり、使えるホダ木が増え、使っている品種も多くなりました。
いろんな品種の椎茸が楽しめる時期ですね。
3,4品種が混じるなんてかなり珍しいです。
食べ比べにはもってこいですかね。


2016-04-05(Tue)

こねぎ種まきとりーキの生えそろい

今日は快晴、非常に暖かい、いや暑い1日でした。
こう天気がいいとハウス内は高温になって・・・いいね。
キノコもそうだけど、気温がとれないと発芽しない唐辛子には最高だ。
発芽するまではいくらでも晴れてほしいもんだわ。


さて、日曜日から始まった種まき、今日もいろいろと種まき。
今日はこねぎとチャイブをまいた。

P1070646_縮小

チャイブは宿根型、こねぎは1年もの。
フォルムは似ているけど種の大きさも生育型も違う。
チャイブの方が種が小さいね。

P1070647_縮小

今回は残り種の消費を主にしたので、72穴プラグトレ―だけど沢山まいた。
チャイブ、こねぎそれぞれ1枚ずつだね。
芽が出るかどうかは・・・不明。
出なかったら今年買った種でまきなおしするだけだ。


P1070631_縮小
P1070632_縮小

一方で3月頭にまいて1カ月を経過したリーキ、
ようやく生えそろった感じですね。
発芽率は9割くらい、かなり優秀に発芽しました。
完全に立ち上がったので、今度から外に出して直射を当てて育てていこう。
うまいこと鉛筆大まで大きくできるかな―


ネギは使い道があるからどんどん作っても問題なし。
チャイブは・・・薬味としてぼちぼち利用か。
まずは発芽させることが重要だけどね―
発芽前から皮算用してたっていかんだよ(笑


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村