2016-09-30(Fri)

ペペロンチーニ収穫2巡目入りまーす

今日は久しぶりに晴れ。
そして晴れると襲いかかってくる放射冷却。
本日の最低気温が10℃、秋らしいというか久しぶりにこの時期の冷え込み。
ここ最近は暖かかったですからね、また長袖を引っ張り出してきました。

晴れたので久しぶりに畑での作業です。
といってももう草むしりって時期でもないですし、あるのは収穫くらいです。
ペペロンチーニ・ストロンボリの収穫の2回目を行いました。

P1090308_縮小

冷え込みがきたりするため、だんだん葉の色も黄色くなってきています。
やはり右側のなにもないところの方が早く黄色になりますね。
ヘアリーベッチがあった方はまだ青く、丈夫そうです。
施肥に関しては同じ条件、違うのはヘアリーベッチのみ。
ヘアリーベッチパワーってすげぇな(笑

P1090309_縮小

前回の収穫では形の関係で収穫しなかったものも、
色付きを確認した結果大丈夫そうだと判断して収穫。

P1090311_縮小

上の列が普通のもの、下のがどうも丸っこい奴。
固定種みたいですけど、そのためか数株こういった形の違うものが生えていたりします。
ちょっと園芸種の唐辛子のかたちに似てますね。

P1090310_縮小

また怪しげな色だったものをおいた結果、やはりエトナだったものも。
右がエトナ、赤いとうがらしですね。ストロンボリはオレンジなので、
エトナの着色開始の時期と似通った色をしてるんですよね。
今年は育苗時に確実に混ぜてしまったという認識があったので、怪しいものはこうしててチェック入れてから。

P1090314_縮小

今日は3時間ほど収穫し2キロちょっとの収穫になった。
まだそれでも4畝残っているので、2巡目の収穫は3キロ近くになるかも。
最初のものはまだ乾いてないし、いや―収穫物が溜まっていくねぇ(汗
気温があるのでじっくり乾かすことはできるからいいんだけど、さてこのあとの手を考えないと。
明日には今日の残り収穫からエトナ収穫もあるし、トウガラシに埋もれる日が近くなってきたぞ――


スポンサーサイト
2016-09-29(Thu)

鹿島様

どもー
今日もキノコに忙しく、畑どころではなかったです。
椎茸が落ちいたかと思ったらなめこが大量発生、
うーむ明日にはまた椎茸、こりゃあキノコに殺されてしまうな(笑

まあ・・そういうわけで今日は息抜きネタです。


先日岩手県へ越境したわけですけれど、
その途中一服によった結ハウス敷地内には鹿島様というわら人形がたっています。

P1090251_縮小

これです。
こかーんにあるものは立派なアレですよ(爆
小さい頃にはこれはなんなのかよくわからなかったんですが、
このわら人形の意味というのが大きくなって知りましてね。
どうも災いが地域に入ってくるのを防ぐという意味合いのもののようです。

P1090266_縮小

鹿島様は上記の結ハウスのものしか知らなかったんですが、
実は山内にも存在していまして、それがこの鹿島様です。
結ハウスのものとは別物です。
なんというか、わき毛ボーボー、こかーんにも毛が(笑

P1090267_縮小

山内の鹿島様は岩手・秋田県境に存在しており、
この看板の説明通りに岩手県側からの災いの侵入を防いでいます。
最初に建てた時からもうすでに300年近くたっているようですね。
長い間地域を守ってきた鹿島様です。


この鹿島様というのは、タケミカヅチノミコトの神威がメインで、
プラスして道祖神が混合した民俗信仰とのこと。
秋田県内各地にいろんなタイプのものがあるらしい。
それもこのことで調べてわかったんだけど、
こかーんの物が立派なのは山内の特徴みたいだ(笑

こういった地域の歴史の産物って沢山あるんだろうけど、やっぱり意外と知らないもんだなーと思ったね。
地元に住んでいながら地元の面白いものを知らんってのもね、いかんですな。
黒沼、筏の大杉、鹿島様、メジャーどころは回ったので、
今度はいろいろ調べて別なものを探しに行こうかと思う。


2016-09-28(Wed)

夏物から秋物へ。

どもー
昨日の夕方から結構強い雨が降った当地、しばらく畑から水が抜けそうにないです。

P1090291_縮小

そんなわけで今日も見回りと、このギシギシ除去作業をしてました。
どんどん出てくるこのギシギシ、非常に厄介です。
だからタデ科は嫌いだ――

P1090290_縮小

まあ実際見回り程度といっても、本業が忙しくなってきたため、
手がまわせない状況になってきているってのもあるんですがね。
外のホダ木にこんなにキノコが出てるって・・・キノコシーズン恐ろしい――


さて、
見回り程度でもやはり季節の変わり目を感じます。

P1090288_縮小
P1090289_縮小

夏物代表だったイタリアントマト、終わり加減です。
まだ実はありますが、あの大量収穫はもうないでしょうね。
時期を見て色づかないものもすべて撤収、追熟して乾燥でしょう。
沢山採れましたが、ついに終わりを迎えました。

P1090296_縮小
P1090297_縮小

代わりに生育が進んでいるのが冬野菜たち。
大根は非常に良い生育ででかくなってきている。
明らかに去年より葉の感じはいい。
これで数さえそろっていれば・・という感じ。
現状外に見える根っこの部分は5センチあるかないかです。
これからの生育に期待。

P1090298_縮小
P1090299_縮小

キャベツもどんどんでっかくなってきていますね。
昨日キャベツの育て方を調べていたら、土寄せウンタラ・・・
あ―土寄せしてねぇ、とウチのキャベツはどうなのかを聞いたところ、

ネットかけてるから土寄せなんかしてない。

へぇ、そう(笑
ただなんだかうちのキャベツよりも茎が長いのが気になるところだ。
やっぱり一度くらい土寄せしとくべきかね。

P1090292_縮小
P1090293_縮小

これは周年だけども二十日大根。
昨日の雨で大分ダメージ食らってしまってましたけど、一応育ってます。
なぜかこの2畝よりも大根などの隙間にまいたものの方が育ちがいい(汗
油かすが効いてるってやつなのかな?
まあじっくりでもいいから育ってくれ。

P1090294_縮小
P1090295_縮小

あとはネギか。
ここにきてリーキがようやく育ってる感じ、
こねぎはこねぎを超えてネギになった(笑
こねぎは早く乾燥したいけど乾燥機が空かないからなぁ。
唐辛子乾燥が長引いてます・・

P1090300_縮小

上記はまだ収穫は咲き、目下収穫が一番近いのがこのサツマイモ。
いやー今年の蔓の多さといったらない。
これ・・・大丈夫かね・・・・
一応10月超えたら試しに掘ってみようと思ってますが、
まだ気温があるので置いた方がいいのか悩みますね。
どうせ加工だ、大きくしたい。


こんな感じで夏に最盛期だったものがほぼ終わりを迎え、
秋・冬物が最盛期を迎えつつあります。
もう10月に入りますし、6時前には暗くなる時期に入ってしまった。
季節がどんどん移っていますなぁ。


2016-09-28(Wed)

二次開花の小豆は期待ができそうな感じ

最初に開花した莢はことごとくカメムシ被害に遭いさっぱりものにならなかった小豆。
その後再び開花し、2次的な莢ができてきまして、
その莢が大分膨らんできていました。

P1090223_縮小

これは鈴なり!
莢も太っているのでしっかり豆が入りそうです。

P1090224_縮小

なんだか2次開花の方が量が多い(汗
今年はなんだかいつもと勝手が違いますねぇ。
本来は1次開花でこの量になるから大変なんですが・・・

P1090225_縮小

ただたくさんついている半面、鳥なのかなんなのか莢を落とす輩がいる。
せっかくなってるものを落とすとは何事か。
茶色くなっているものなら分かるんだけど緑のものまで落ちてるのは・・謎だ。

P1090226_縮小
P1090240_縮小

沢山莢がつき、豆の収穫も期待できそうな中、
一応色づいていたものを収穫してみた。
大納言ですよ。

P1090241_縮小

中身は・・・まともだ!!
ワーイ、これで今年も小豆が食える――

ほぼあきらめ加減だったけれども持ち直してくれましたね。
今年は家でも小豆をやったので今年は小豆に困ることはないね(笑
どうにか来年以降へ種もつなげられそうで一安心というところ。
さて問題はこの収穫がいつ来るかだな・・・


おまけ。

P1090222_縮小

涼しくなったせいかついにまともな花豆の莢を発見。
でかいー
でも今の時期にようやく、花豆って難しいねぇ。


2016-09-27(Tue)

寒くなってきてニンジン育つ

どもー
今日はキノコで忙しかったり、午後からの雨で畑は手つかず。
とりあえず見回り隊だけとなりました。

P1090231_縮小

本日はニンジンをメインに。
キャロットブランが気温低下とともにどんどん太ってきているようです。
ニンジンって生育後期には寒さとか乾燥を受けて太ってくるとか。

P1090232_縮小

でっけぇ(笑
これで普通の五寸ニンジンサイズじゃんか。
地表に5寸も出てどうすんだ――

P1090233_縮小

いやいや、5寸どころじゃないぞ―
参ったねこのニンジンの出てきたさ加減(大汗
太く、長くなるたびに外に出るもんだから、しっちゃかめっちゃかだよ。

P1090234_縮小

今日も1本とう立ちしてしまったものを収穫した以外は収穫はもう少し後。
こちらもだいぶ葉枯れが来ているので、寒くなってある程度おさまったところで収穫でしょうね。

P1090228_縮小
P1090229_縮小

おさまったというと今年もだめだめになったスノースティックの方も、
寒さで黒葉枯れ病がおさまり、新たな葉が伸びてきていました。
これでどこまでもちなおすかでしょうけど、今年も期待できないサイズだろう。
今年はこっちのは全部加工しちゃおうかな。


ニンジンも黒葉枯れ病さえなければいいんだけどね、毎年苦労します。
いい手立てがはっきりと見つかればいいんだけど、なかなかそうもいきませんね。
今年もまあしょうがない程度に考えて収穫までもう一息です。


おまけ

P1090230_縮小

廃棄したつるなしインゲンがやはり出てきていました。
ニンジンよりもはるかに強いなこのインゲン(汗


2016-09-27(Tue)

またまた山のキノコあれこれ

昨日山のキノコを確認に再び山へ行ってきた。
里でもキノコが出ているくらいだ、山はもっともっと生えてました。

P1090268_縮小

行って早々今年も出迎えてくれましたテングタケ
例のおいしい毒キノコね。

P1090269_縮小

去年は1本だけでしたけど、今年はそこら辺に数本生えてました。
先日のタマゴタケ同様に、ここは意外とテングタケの仲間が生えやすい環境なのかもしれないね。

P1090276_縮小

これもたぶんテングタケの仲間。
カバイロツルタケかな?
あちこちにでかいものがあった。

P1090277_縮小

あとはまあよくわからん小型な物がホント沢山。
これはハエトリシメジなのかねぇ。
色合いがちょっと違うかもしれんけど・・・

P1090272_縮小
P1090274_縮小

赤い奴やら黄色い奴、

P1090273_縮小

これはキチチタケかもしれない。
円の様に模様がありますからね。
沢山生えてました。

P1090270_縮小
P1090271_縮小
P1090275_縮小

ラストは怪しげに伸びてきているにょろにょろ(笑
赤いのはたぶんベニナギナタタケ、黄色いのはナギナタタケかな?
あ、2枚目の右手前にあるのは傘があるから別もんだね。

姿かたちは例のカエンタケに似ていますけど、こっちはもろいんですよね。
なんというかいままではカエンタケのような非常に恐ろしいキノコなんて話題に出なかったので、
こういったのに触るのにも勇気がいる時代になった(汗

とまあある程度目立つようなものを撮ってきましたが、
実際周りには何十という種類のキノコがそこかしこに生えてましたよ。

P1090286_縮小
P1090287_縮小

確かに小屋の裏手のマイタケもでかくなったし、

P1090279_縮小

F206が本気を出して今日は1日キノコ採ってたようなもんだし(大汗
キノコシーズンにがっつりはいっとりまする。
キノコ採るのはいいけれど、遭難やら熊との遭遇だけは気をつけないとね
一番楽でいいのはやっぱり自分で栽培することだろうけどー(笑

2016-09-26(Mon)

青しその実を収穫してみた

本日は昨日の疲れが少しばかりありますが、通常通り作業をこなしてきましたよ―
まだまだ回復力はあるようです。
といっても収穫するようなものがいまひと段落中のため、見回りくらいしかないんですけどね。

しかし!

婆さまがしその実を収穫しているところを発見。
・・・そういえば自分が植えた青紫蘇にも穂が出てたなーと今日は紫蘇に実を収穫してみました。

P1090281_縮小
P1090282_縮小

こちらしその実。
青紫蘇は葉っぱを乾燥してふりかけにしようかなーと思ってたんですけども、
トマト乾燥に思った以上に手間がかかってしまって乾燥どころでなくなりまして、
放置してたら開花して穂がついたってところ。
まあこれがしその実として使えるんですから放置してたのも悪くない。
株自体は大きくないけれども量はあるぞ――

P1090283_縮小

順調に実を採っていたんですが、どうも熟した実ってのは採れなくなるみたいですね。
スッと取れてくるものとギーギー引っ掛かって採れないものがありました。
そういうものは実が大きく固くなり色がつきだしてますね。
なのでそれらに関しては採らないで放置です。

P1090284_縮小

結果小さな袋いっぱいに採れた。
葉っぱが混じらないように結構慎重に採ったので、婆さま評価が高かった(笑

P1090285_縮小

採り終えると指がこんな風に・・・
これ、洗ってもとれましぇん。
しばらく指に色ついたままの生活ですね(汗


実に関しては婆さまが漬けるかと思います。
私は収穫まででノータッチ。
自分が採ったものだから、出来上がったものはおいしく頂きたいですなぁ。


2016-09-26(Mon)

ペペロンチーニ・エトナも収穫でとりあえず1周目の収穫完了

先にストロンボリの収穫を終えていましたが、今回は続いてエトナの収穫へ。
ストロンボリ並みに沢山あるかな―

P1090209_縮小

エトナは赤いとうがらし。
赤といっても意外と色付きにばらつきがあるもんで、
オレンジ系から朱色、赤、そして深紅という感じ。
やっぱりとるなら色が濃いもの、深紅のものを選んでいきます。
なのでこの写真の中でも収穫できるのは・・・2個(汗

P1090210_縮小
P1090211_縮小

かなり選んで採ってますけど、それでもこうしてまとめてみると色の濃淡はありますね。
なかなか赤の唐辛子の収穫が難しい。
特にある程度まとまって色づいているものは判別しやすいですが、
単一で色づいてるようなものは難しい・・・

P1090227_縮小

また、エトナはなぜか実割れしてしまうものが多く見られました。
雨で膨張するのか、はたまた熟し過ぎなのか??
こうなると乾燥前に黒ずんでしまうので使いようがない。
もったいないけれども廃棄するほかないんですよねぇ。

P1090214_縮小

現在ストロンボリはこうして乾燥中、エトナは思ったよりも量がなかったので乾燥機で乾燥中です。
今年は低温乾燥をして風味が異なるかチェックしたいと思っているので、
乾燥にはかなり時間がかかってしまうと思います。
そうなると収穫の間隔があいちゃうなーと新たな問題もあるけれど・・・・
まあまだ気温はあるしいろいろ手を尽くしてやってみます。
ダメならしいたけ用の乾燥機で一気干しだな(苦笑


2016-09-25(Sun)

越境してきた。

どもー
今日は午前中にスーパーへの出荷をしてきましてですね、
午後からは以前より考えていた越境計画を実行してきちゃいました。
なんせ来月以降はもう忙しくて動けなくなるだろうしね。
来年以降はもっとわからんし(汗


Akita_Sannai-vil.png

まずはじめに越境という点についてですけども、
私の住んでいる山内というところは、まさに岩手県と接している地域になります(緑の部分)
ちなみに青い部分が横手市、8市町村合併してます。
そんでもって今回いったのが岩手県西和賀町
オレンジの部分にしてますが、こちらは湯田町と沢内村が合併しています。
今回は赤い越境ラインを越えて岩手県内に侵入してまいりました。

P1090247_縮小

実はこっち方面に自転車で来たのは初めて。
このトンネルを抜けると・・・そこはまだ山内です(笑
ここと次のトンネルのあたりは山内事故多発地帯の1つなので注意ですね。

P1090248_縮小

トンネルを抜けひたすら登り坂を走って頂点のあたりについに現れる県境。
やってまいりました、西和賀町(旧湯田町)!!

P1090250_縮小

振り返れば横手市。
県境越えちゃったなーと実感できます。

P1090265_縮小

ちなみにこの県境のところに秋田・岩手の県境の柱が立ってます。
なんか作りがいまいちよくわからに県境ですけど、実は本当の県境は真ん中。
今は岩手県境側に膨らんでいますが、これはここらのイベント、
いわて・あきた県境国とり合戦というものが毎年行われており、
綱引き3本勝負で勝った方が県境を相手側へ20センチ寄せることができるというもの。
去年は秋田が勝ったので現在こういう状態になっているわけですね。
今年もあるのかどうかは不明ですが、とりあえずそういうイベントでこうなってます。

P1090249_縮小

このあたりは巣郷温泉郷といって温泉旅館が立ち並んでいます。
といっても一時のにぎわいもなく・・・やめちゃったところもあります。
湯田というだけあっていろんな所で温泉が出てますね。

P1090252_縮小

県境越えてさらにしばらく走ると見えてくる結ハウス
湯田牛乳公社の隣にある乳製品直売所。
小さいときはよく立ち寄ったところですの。

P1090253_縮小

ここで一服のソフトクリーム(250円)
いや―やはり牛乳屋だけあってうまいねぇ。
ありったけの上りを走ってきた体にしみわたる――

P1090254_縮小

そこからさらに走って着きましたほっとゆだ駅
温泉が併設されている駅として有名ですね。
小さい頃よく来た駅になります。

P1090255_縮小

駅目の前の橋を渡ると懐かしい光景が。
この水たまりはなによ?錦秋湖ですよ。
要するに湯田ダムですね。
よく花火を見に来ていました。

P1090256_縮小

そして計画での最終目的地、実家跡地です。
実家といっても母方のもの、じいさんばあさんの体調や雪の問題から移住したため、
2009年に無くなりました。
取り壊して以降来たことがなかったため、なくなった場所を見るのは初めてだ。
完全に野原ですねぇ・・・・

P1090258_縮小

ダム近くまで降りることができたんですが、今は草で無理でした。
遠くではボートの練習をしてましたよ。


こうして目標達成後、さらに奥地へと進み、

P1090259_縮小

アイピラスキー場跡地とか、

P1090260_縮小

鉱山跡

P1090261_縮小

そして今回行った最奥地、ふるさとランド跡・・・
どこもかしこも廃墟と化してましたね。あ、鉱山跡は違うけど。
アイピラスキー場は近場でいいとこだったんですがねぇ。
やっぱりスキーの人気が下火になってなくなってしまいました。
ふるさとランドはいつなくなったか全くわからない。
ゴーカートに乗ったのが思い出だ。

P1090264_縮小

その後去年がけの崩落が起きていまだに工事が行われている107号線のところへ行ってみようかと思いましたが、
自転車の空気に不安があったためここで帰宅することに。

P1090262_縮小

第2の故郷といってもいいここ湯田町、
初めての自転車訪問でしたけど、やっぱり知ってるところを歩くとホーム感はありましたね。
ただ・・・時間の流れは容赦ないなーと思った次第。
次にここにくるのは一体いつの日になるかねぇ。
なんだか郷愁にかられる訪問となりました。

2016-09-24(Sat)

舞茸出たぞ―なめこをとったぞ―

どもー
今日は久しぶりにお日様出て暑く感じる1日でしたね。
暑いといってももう30℃なんてほぼないですから、低い気温に慣れてきたってことでしょうね。
季節が移り変わってますねぇ。

季節が変わったというとやっぱりキノコの感じが変わったことですね。
椎茸の発生の仕方も変わってきましてシーズンインですよ。
何度か記事になってますがキノコシーズンが本格的に始まっています。

P1090205_縮小

小屋の裏方を見に行ったところ、なにやらへんなものがあることに気付き近づいてみたところ、
ついにマイタケが発生し始めていました。
原木マイタケですよ――

P1090208_縮小

以前見つけたこの場所にも・・・

P1090207_縮小

はい、出てました―
まだ小さいので収穫までもう少しかかりそうですね。
今年も原木マイタケが沢山採れそうです。

P1090236_縮小

あとは本日なめこを収穫。
いつもは母さんがやってるので、今年初めて自分が収穫しました。
早生なめこは一斉に出ないのでまだまだ量は少ないですが、

P1090237_縮小
P1090238_縮小

今回はこの程度の収穫でした。
最盛期になるとこの数倍の収穫になってしまうので、非常に大変ですの(汗
早生なので大きくなりきる前に開いちゃいますね。
やっぱりなめこは晩成型の方が質はいいです。
ま、大体みんなそんな感じかもしれませんけど。

P1090239_縮小

それを洗って作業は終了。
やっぱりこうして株採りに成功すると気持ちがいいね(笑
産直で大人気のなめこでござい。


やっぱりなんやかんや言ってもこうした時期発生のキノコってのは人気がありますねぇ。
ましてや自然に近い形での発生だからなおさら。
椎茸もやっぱり自然子とれる品種入れたほうがいいのかね。


2016-09-24(Sat)

現在の椎茸 2016・9・24

大分朝晩の寒暖差が出てきました。
キノコの質向上、発生量増加が期待できる季節ですね。
発生操作しているキノコにも如実に変化が出てきています。

P1090242_縮小
P1090243_縮小

現在発生しているのはF420という品種。
夏場の休養十分、満を持しての秋発生。
キノコは・・出ています!
多少開きはまだ早いですが、大きさは十分ですね。
気温低下とともにこの品種の特性でもある、水も滴るキノコも出てきていますが・・・

P1090244_縮小
P1090245_縮小

F420の後続として発生が待たれているのがF206新ホダ。
この時期に来てついに本格発生。
お分かりいただけるだろうか、穴という穴から芽が出ていることを。
やはり浸水作業中に芽が出ているものが散見されるように、
いまになってキノコが出たくてしょうがない状態になったようです。
大きくなればいいですが、さてキノコの大きさやいかに。


外でも天然キノコがシーズンインし、沢山のキノコが発生していますように、
栽培椎茸も発生本格化という感じでいい季節となっています。
気温も下がり鍋シーズンも近くなりました。
これから先は需要が増加してきて忙しくなるな―
そのためにも沢山の椎茸を発生させないとね。


2016-09-23(Fri)

ありゃーF206にでかいのが

F206の新ホダの浸水が再開されています。
種菌会社が今回はしっかり出るといってたんですがね、どうでしょう。
まあその前に、浸水作業してたら自然発生してしまってるのを発見。

P1090201_縮小

でかーー

今の時期だとまだ早いので、出てないものだと思って見回りもなにもしてなかった・・・
散水はしたけど、その時には気付かなかったな―
とんでもないでかぶつになってしまってました。

P1090203_縮小

量としてはさほどの量ではないですが、1個1個がでかくて(汗
久しぶりにこんなにでかいやつを見た。

P1090204_縮小

最大のものがこれですが、18センチオーバーですね。
手が隠れてしまいます。
こりゃあ椎茸ステーキにしたら食い応えがあるぞ―

P1090200_縮小

まだ大きくなって無い芽もいくらかあったので、
浸水作業してればまたでかいのにぶち当たってきそうだね。
この芽だって普通に比べたらバカみたいにでかいですし(汗
やっぱり自然発生のキノコはでっかいなぁ


2016-09-23(Fri)

今年の大根は去年より良さげ?

今日も雨、しとしとと降り続き作業ができない。
しょうがないのでいろいろ見回りをして、

P1090215_縮小

先日見つけたあけびを収穫しておいた。
案の定3つばかし断崖から落下…
なかなかしっかり抑えとくのは難しいです。


で、

畑の見回りで大根の生育がなかなか良いことに気付いた。
なんというか、全体的にそろって大きくなっている感じ。

P1090218_縮小

こんもり。
まあ葉っぱがでかでかと茂ってるわけじゃにけれど、いい感じ。

P1090219_縮小

・・・かなり斑ですがね(汗
発芽率の悪さをマイナスしても生育に関しては今のところ文句はない。

P1090220_縮小

そろってる所はこんな感じですからね。
去年は大きいものは大きく、小さいものはさっぱりと完全に割れましたからね、
今年はすべての大根がある程度の大きさを確保できそうな感じがする。
やはり肥料効果ですかねぇ。
大根って結構肥料食いらしいし。

まいた数からすれば収穫量は残念な数になるけれども、
物がしっかりできるのならまあそれでよし。
元々あまり種だしね―
収穫まではまだまだ長いけれど、大根は期待が持てそうだ―


2016-09-22(Thu)

ペペロンチーニ・ストロンボリ第1回収穫

どもー
今日は午後から雨、収穫計画が・・・・
まあそれでも合羽着て収穫してきました。

P1090198_縮小

収穫したのはペペロンチーニのストロンボリ、黄色いほうのイタリア唐辛子ですよ―
こっちの方が色づきが多そうだったので、エトナよりも先に収穫開始です。
色づいてるといってもまだまだ1番果なので、大した量ではありませんよ。

P1090199_縮小

こんな感じです。
今回の収穫量は1キロと・・・半分くらいですね。
ぶっちゃけ去年の収穫量を超えたんじゃないかってくらいの収穫量(笑
1株からすると数グラムの収穫、つまりは数個の収穫なんですが、
まあね、株数が数百ですからあっという間にキロいきますわな。
そう考えると・・・1株から100グラムで500株なら50キロ!
きゃーとんでもない量じゃーーん
実際のとこ1200株以上はある計算だから、確実に生の実は3ケタ行くのか。
うほ―い大量収穫。

これはまず天日干しから機械乾燥しようと思ってますので、
なるべく天気はよくなってくれないと困りますねぇ。
ついに初代の乾燥機に異常が出始めてしまったので、太陽頼みなんだよねぇ。
雨が降るのは明日まで、頼むからお日様出てくれ――


2016-09-21(Wed)

かぼちゃ大収穫祭

どもー
昨日はとある方に誘われて農家などいろんな人が集まるイベントに行ってきました。
ほんといろんな職種の人がいて、えっと・・・
ヤクザ医師でしょ、代表戸締り役でしょ・・・
オホホイオホホイ、なんかちが―――う

正確に言うと薬剤師とか高校の教師とか、あとはシャッチョさーーん(笑
いや、実際のとこ笑えないですね、皆名刺持ってくるんだけど俺・・・名刺ないし(大汗
ちょっとね、やっぱりぼっちはぼっちだったわというのを感じてきました。
ただ農家さんのお話は面白かったですよ。

P1090190_縮小

今回はブドウ農家さんのお話でして、ものすごいでかさのシャインマスカットなど
沢山のうまいブドウをいただきました――
この写真のブドウはレッドナイヤにナイヤガラの実がついてる変なブドウ。
レッドナイヤはナイヤガラの枝変わりの品種だそうで、
どうもこういったものは枝変わりしたものの揺り戻しみたいなものだそうですよ。
今こういったものが出る樹を作っているそうですが、狙ってできるものではないので、今年はこれだけなんだそうです。
まったくもってブドウも面白いもんがあるもんだなーと感心してきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあそんなお話はさておいて、
本日はかぼちゃのどっさり大収穫作戦。
なんせ前回の収穫から天候などの関係で日が空いてしまったからね。
とれそうなものは全部取っちまおうじゃん、と。

P1090193_縮小

最初の株はほとんど枯れてしまいましたしね。
かぼちゃじゃなくてアカザが広がっています。

P1090194_縮小

隣で遅れて植えたものも大分枯れだした。
こっちはがっつり生育する前に隣から病気が来た感じであんまり大きくなりきれなかったですね。
まあ1株1つくらいは採れそうですけど。


P1090195_縮小

草をかき分けとりまくったかぼちゃ。
一輪車に積むのも一苦労。
落ちないようにロープでくくりつけて持っていきまして、実はこれで2台目(汗

P1090196_縮小

結局本日の収穫量・・・59本なり――
あ――はっは大収穫。
まだあと2,30本くらいは残ってると思う。
といってもほとんどがクズ、次の収穫で最後になるかな。

P1090197_縮小

え―っとかぼちゃがごろごろしとります(汗
今年収穫したものはすでに100本を超え、大体の目標を達成。
今年は結構大ぶりなものが多く、いい収穫量となってますね。
ただ重過ぎて売るのには苦労しますが・・・(汗

糖化もだいぶ進んでますので、最初のものから順次売り出し始めないとね。
今年も大量在庫抱えて冬場に困ることのないように・・・・


おまけ。

P1090191_縮小

こちらぺぽかぼちゃに属するズッキーニ、まだ収穫は続いておりますの。
本日超巨大ズッキーニがとれまして、

P1090192_縮小

かぼちゃかよ(汗
毎日しっかり確認してたんですが、こいつは枯れ葉の下に隠れて育ってたため見落としてました・・・
これ、中身どうなってんだろ?
たぶん食えないよなぁ・・・・・


2016-09-20(Tue)

あけび採りごろですね

※本日出張のため予約投稿です。


なめこのホダ場の近くにあけび蔓がある。
ここ数年で初めて知ったあけびがなっている場所、今年もしっかりなっていまして、
今回確認したらもうだいぶ色づいてきていました。

P1090178_縮小

結構高い場所にあるのでズーーム。
もう少ししたらとってもよさそうですね。
今年はまあまあの大きさのものが多い感じ。
自然のものだからものすごくでかいものはないです。

P1090180_縮小

ただこの場所は非常に採りにくい。
断崖絶壁です。
そして地上数メートル。
外国のハニーハンターレベルではないけれど、こいつをとるにはかなり苦労する。
毎度高枝切りばさみを活用しつつ収穫してますけど、
ほんと足場も悪いし死にもの狂いだ(汗
そんなんしてまでとる価値あるのかってもんですけど(苦笑
小銭稼ぎにはもってこいなのだぁー――

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・ネタがこれだけってのもあれなんで、ちと珍しいものがあったので。


P1090086_縮小
P1090087_縮小

白いツユクサ。
草刈り前に発見。ここだけにしかなかったので珍しかったもので。
シロバナツユクサというらしいね。固定化されているのでずっと白いものになるそうだ。
来年もじゃあここに白いのが出るのかな?

P1080641_縮小
P1080642_縮小

後はこれ、オヤジさんが親戚のところから拾ってきたらしいどんぐりの木。
数年かけてようやくここまで大きくなった。
名前は・・・・分からない(汗
なんせ聞いた名前が「クニナラ
でも調べてもそんなものは存在しない。
楢で調べると、アベマキナラガシワかではないかと思う。
もっと大きくなってみないとわからないね。

全く、よくわからん植物だらけだね。
興味を持つとあまりにいろんなものがあり過ぎて絶望する(笑


2016-09-19(Mon)

どでかなめこといろいろキノコ

今日は相変わらずすっきりしない曇り空。
太陽出ないので涼しいというか肌寒くなってきた。
どんどん日も短くなってるし、秋深まってきてますねぇ。

P1090175_縮小
P1090176_縮小

本日は明日から浸水するF206の新ホダ周りの草刈りをし、作業をしやすくしておきました。
鉢植えも草がなくなって見えるようになった(笑
イネ科雑草茂りまくってて鉢が隠れてしまってましたからね。
勢いが違いますね奴らは。

P1090177_縮小

こちらのなめこの方でも草刈りが行われまして、
こっちでも作業するのが楽になりました。
この草は全部かき集めて堆肥化しておこうじゃないの。
ウヒヒ

さてそのなめこ、私は久しぶりに見に行ってみたんですがね、
早生なめこがどんどん発生していましたよ。
ただ、発生場所が固まっているので、離れた場所のものに目が向かないこともあって、

P1090088_縮小
P1090183_縮小

ああああああああ・・・・
たま―にこうしたどでかなめこになってしまうんだよねぇ(大汗
とってみて食べられそうなら自家消費です。
今回はまだいけそうだったので明日の味噌汁かな―
なめこだってここまで大きくなってしまうもんですよ。


なめこもそうなんですが、
今年はなめこのホダ場にやたらとキノコが生えてるんですよね。
こんなに種類が出たのは今までにない。今年はキノコの当たり年なのかねぇ。

P1090070_縮小
P1090052_縮小

名前のわかるものはわかるんだけど、ほとんどわからん・・・
これはオニイグチ、毎年出てますね。

P1090181_縮小

ホダ木に出てくるハナビラニカワタケ

P1090182_縮小

こっちはクロハナビラニカワタケ
キクラゲかと思って調べたら違った―

P1090184_縮小
P1090189_縮小

名前不明の不思議なキノコ。
やたらと糸に覆われていて初め蜘蛛の巣でもついてるのかと思った。

いろいろきのこ

後はもう名前も分からんものばかりなのでギフトアニメで一斉に(汗
たぶん食べられるものもあるはずだけど絶対に・・・手は出さん!
食って当たってもこまるんで。
世の中には絶対はないのだよ。


山に行ってもいろいろと沢山のキノコがあったしほんと今年はキノコが多い。
これは・・・このあとのなめこの爆裂発生に期待していいのか??
あはは―中生型のなめこが楽しみになってきたぞ――


2016-09-18(Sun)

祭りがあってもトマトと戦う

今日は地域の最大のイベントいものこ祭りだ。
今年はテツトモが来るってのでそれだけを見に行ってきた。
写真撮れるだろうなーと思っていたけれど、
なんとまあついてびっくり人垣で全くと言っていいほど見えん(大汗
テツトモ人気あんだなーと思ったわ。
なんでだろう(笑

P1090172_縮小

唯一とってきた芋の子汁。
やっぱりとろけてうめぇ。
そういえばお隣の県でもでかい芋煮やってたな―
絶対規模じゃかなわないけど・・・(汗


さて、
そんな一大イベントがあるってのに、本日はトマトとの戦い。

P1090168_縮小
P1090169_縮小

まずはドライトマトから。
こんな時ですし、さっさと袋詰めして産直に出そうとばかりに、戻して試食。
戻し方はいろいろあるようですが、お湯+酢で15分を実践。
一応戻った。
戻し汁もかなり風味の強いだし汁になり、ドライトマトでスープ作るのは味が強くてよさそうだ。

P1090170_縮小

戻し汁と戻したトマト、それにコンソメ加えただけなんですがものすごく濃い(汗
濃すぎて逆に食いづらい(笑
濃縮されますね―

こうして得たことを説明と写真で出して8袋800グラムほど出荷した。
さて売れるかどうか。


その後やはりストック多過ぎるので再び水煮。

P1090173_縮小

なんせこれだ、8箱まだある。
どんどん選んで湯むきした時点でテツトモ時間だったので作業切り上げて見に行き、
その後帰って来てからぐつぐつ煮まして完了。

P1090171_縮小

箱買いしてきた瓶を使いまして瓶詰め作業だ――
どこぞの業者か・・・

P1090174_縮小

右のものが本日作成したもの、9本つまり4キロ以上作ったんだなぁ。
先日のものと合わせれば7キロ弱水煮があることに・・・
あはは、当分トマトにこまらねぇわ。

このあとにさらにトマトをスライス乾燥して本日のトマト作業は終わった。
それでもまだまだ大量にトマトはある。
明日にはまた収穫で1箱増えるだろうし―
今月いっぱいはトマトにうなされる日々が続きそうだねぇ。


2016-09-17(Sat)

キャベツの草むしり完了・青虫退治と追肥

今日ようやくキャベツの草むしりが終わった。
草が小さくて苦労しましたわ。

P1090159_縮小

とりあえずの現状。
左が紫タイプ、右が緑のもの。
どちらかというと紫タイプの方が大きい感じですね。
日に日に大きくなってる感じはわかります。

P1090155_縮小
P1090156_縮小

草をむしって液肥で追肥しつつ青虫の退治。
モンシロチョウがそこかしこで飛んでいるので青虫だらけ。
卵はしょっちゅうついてるし、青虫も結構でかくなってるし・・・
とりあえず丸坊主にならない程度に気をつけています。

P1090157_縮小

所々に残っていたアサツキも生えてたりするけど、これって何か効果あるかね―
コンパニオンプランツとして有効性分あればいいんだけど。


さて、草むしってみて気付いたことがあった。


P1090158_縮小

株の良し悪し。というか残り塩梅か。
こちら比較的欠株が少ない黒豆ゾーン。

P1090160_縮小

こっちは欠株が多めになった蔓あり豆ゾーン。
欠株の原因はほぼ全て虫なので、それだけ虫の居所が違ったんだな―
蔓あり豆のところは草だらけだったからね。
やっぱり雑草と害虫の関連性はでかいですよ。

P1090161_縮小

そのさらに上を行ってるのがこちらのニンジンのとこ。
もう生育もへったくれもない(苦笑
雑草処理は非常に重大な問題ですよ。


家のキャベツと比べるとまだまだ大きさは半分程度なんですけども、
一応葉物だめだめ畑からすれば順調に育っています。
このまま雪が降るまでにしっかり結球できてくれるかねぇ。
自家製トマトソースでキャベツ煮こみなんてやってみたいもんだけど。


2016-09-17(Sat)

ゲンコウとカボスの肥大は順調

今年の柑橘は良し悪しはっきり状態。
去年無理したレモン・ビアフランカはさっぱり回復の兆しがない・・・
いい方の数品種に関しては実が順調に肥大中ですよ。

P1090049_縮小

一番生育しているのがこのカボス
栽培し始めて初めての実(笑
43ミリを計測、肥大は順調。
台風の影響などですれて実に傷ついてるのは仕方ない。

P1090051_縮小

ゲンコウ
これも栽培して初めての実。
といってもまだ2年目だしね、結実は早かったですね。
現在39ミリほど、これはレアな柑橘なのでどの程度の大きさが普通なのかがわからん・・・
カボスもそうだけど、まだ大きくなるのかは何とも(汗
とりあえずもう少し大きくしてみますよ―

P1090050_縮小

これは今ようやく結実が始まっているきんかんのぷちまる
夏咲だったため、去年同様に収穫は冬場でしょうね。
今のところぼちぼち結実していますけれど、どの程度降り落とされるかな?
これもまだ2年目なのであまり無理しないようにしたいですね。

P1090067_縮小
P1090066_縮小

実の付かなかった(花も咲かなかった)物たちは今年は肥料を多めにやったことがよかったのか、
新芽が伸びて久しぶりに枝葉が茂ってるかなーという感じです。
やっぱり例年の施肥量は少なかったんだなーと思いました。
今年はブルーベリーでもそんな感じでしたので、来年以降の肥料管理もしっかりやりたいですね。

とりあえず現状をまとめると、

・カボス 結実肥大中、生育悪くない
・ゲンコウ 結実肥大中、今年も枝葉が伸び順調
・ジャバラ 開花するも結実ゼロ、悪くなりかけたけど立ち直り塩梅
・ぷちまる 結実肥大中、あまり無理させないように降り落としも検討
・スダチ 開花せず、隔年開花の様相、生育は並
・ダイダイ 開花せず、去年のダメージ引きずってる感じ、落葉少ないので来年以降だね
・レモン・リスボン 開花する前につぼみを落とす、枝葉が伸び、レモンではまとも
・レモン・ビアフランカ まんま去年のダメージ残り、葉がない丸坊主状態で生育ほぼゼロ、厳しい


まとめて知る、いつの間にやら8品種もあった(汗
なかなか柑橘栽培は難しいけど、生育も結実も両立できる栽培を目指したいね。


  
2016-09-16(Fri)

蔓あり豆は撤収しようかな

収穫の秋・食欲の秋、だいぶ涼しくなり秋を感じる今日この頃。
サトイモの収穫も開始され、徐々に収穫の秋っぽくなってきた。

P1090012_縮小
P1090013_縮小

台風の後あたりから急にでかくなったサトイモ、
夏場の乾燥を乗り越え、今年も収穫が始まった。

P1090147_縮小

まだ早生芋ですけど、うちの収量はぼちぼちみたいです。
やはり乾燥で今年はだめってところもあるようで。
サトイモは水との戦いですからね。

P1090004_縮小

私のサツマイモも水喰らってからバカみたいに蔓が伸びまして、
もう少しで畑が蔓で覆われそう。
こんなになったのは初めて、芋がでかくなってるといいなぁ。


さて、今年初めて蔓ありの豆を栽培してみたわけですが、
結果は・・・散々(泣
花豆は花は咲けども実はできず、蔓ありインゲンは莢ができてもカメムシ害でほぼだめ。

P1090117_縮小

涼しくなってきて花豆がつくかなーと思っているんですが、
やはり花は咲いても・・・・・・・
もうだめだ

P1090139_縮小
P1090140_縮小

蔓ありインゲンもこんな状態。
そもそも蔓ありインゲンってこんなにみすぼらしかったっけ??
まともな豆は来年まくだけの量すらあやしい。
こちらも今付いている莢がどうかで撤収するほかない。

結果として蔓あり豆は全然だめだったということ。
たぶんかぼちゃ同様に蔓あり作物はしっかり肥料がないとまともに育たないってところでしょうかね。
来年以降は考えものだ。


P1090116_縮小

葉っぱにいたコガネグモは丸々と太っていましたけど、
お前の様に豆も太ってくれたらなぁ・・・なんてがっかり状態の今年の蔓あり豆。
今年はホント作物と肥料気の関連性をしかと見ている気がしますねぇ。


2016-09-16(Fri)

現在の椎茸 2016・9・16

新ホダの休養も始まりまして、再び発生は古ホダに。
現在発生中の品種はF613

P1090151_縮小
P1090152_縮小

かなり水抜けが悪く、ホダ木の状態が悪化していたため
夏の間に散水を控え渇き気味に管理していましたが、
それがうまくいったのか、今回の発生量はぼちぼちですね。
相変わらず饅頭型の大きめなキノコが発生しています。

種菌会社の方でも完全に特性を把握していなかったのか、
後半徐々に具合が悪くなるということははっきり分かって無かったようです。
新品種というのはそこら辺がリスクのあるものなんですよね。

P1090153_縮小

このあとに控えているのがA910
これも時期がよくなったのか発生がよくなってきました。
やはり秋のキノコの時期が来ているなーという印象。
しばらく発生は安定しそうです。

P1090148_縮小
P1090149_縮小

全体的に古ホダになってきているため、ホダ木ももろくなってきていまして、
浸水時に枕木になっていたものが折れているのを発見。
重みに耐えられなくなって折れてしまったようです。

P1090150_縮小

とはいえまだ中は真っ白で状態は悪くない。
これがオレンジっぽくなってきていたらだいぶくたびれてしまったというところです。
白い=菌がまだしっかりあるということですね。
古ホダとはいえまだ勝負できます。


P1090141_縮小

早生なめこの発生も始まってきており、本格的に秋のキノコの時期に突入という感じです。
実りの秋、いい時期がやってきました。


2016-09-15(Thu)

F206の新ホダにお礼水たっぷり作戦

本日ようやく新ホダの搬出作業が終わった。
重いのはそうなんだけど、それ以上に一輪車のタイヤに癖がついちゃって
何度やってもタイヤがホイールからはみ出てしまう・・・(汗
こうなるとパワーロスしまくり、無駄に体力消耗する作業でした。

P1090144_縮小

こうして外に全部出し終わりましたので、
散水設備をやっときまして、種菌会社の人に言われたとおりにお礼水たっぷりやっておきました。

P1090146_縮小

いざスプリンクラ―
やっぱり最初に水やるとごみ詰まったりパイプがゆるんだりして
あれこれとやり直しをしないといけなくて時間がかかりますね。
そこら辺が・・・面倒な作業だ(汗

最初の方に出していたものには雨が結構当たっていたんですが、
今日出したものはまだなにも喰らってませんからね、早速水たっぷり喰らってもらいます。
時間にして3時間、ガッツリ散水ですよ―
このあとは天気次第で散水を軽減しつつ、今月後半にはすぐさまに発生操作。
この散水で次が決まるといっても過言ではない!!
しっかり管理して次の発生こそは大発生させたいですね。


2016-09-15(Thu)

二十日大根発芽 やっぱり紅白は優秀

最近天候もいまいちで畑の作業もおざなり。
まあやることといえばトマトの収穫程度しかなくなっているので、
本業とトマト加工の方に力を入れておる次第。

ただ、畑の見回りなどはしているので、動きは察知していますよ。

P1090138_縮小

キャベツのところが草ぼうぼうになり始めたので草むしり開始し始めてます。
いまどき草ぼうぼうになり始めるってのは困ったもんだ。
今のところあらかたの草は除去できているため、この草むしりが今年最後かも。

P1090142_縮小

あとは二十日大根の発芽。
突貫工事でやったところですが、発芽がそろっています。
今のところ発芽早々虫による被害はあまり見受けられませんね。
やっぱり気温低下してきて虫も活動が鈍くなってきたかな??

P1090143_縮小

3種類まいてますが、やはりこの紅白の二十日大根は発芽時点から優秀ですね。
なんというかそろいもいいし、一つ一つがしっかりしている感じ。
白長、赤長もいいんですが、発芽時点では紅白の方がいいのが歴然。
(右畝奥のものが紅白大根)
自分の中で二十日大根のベストが紅白に決まりきってきた感じ(笑


まあまだ発芽したばかり、ここからしっかり大きくなるかどうかでしょうからね。
突貫工事畝だから又割れが結構出る確率もありそうだし、
去年みたいに収穫遅れですが入るってのは避けたいところですしね。
秋まきラストの二十日大根ですが、今のとこ無事生育中ですよ―


2016-09-14(Wed)

トマトはやっぱり病気になってるらしい

乾燥機2台目が来てからは毎日加工しているトマトですけども、
傷む速度も加速度的に早くなり、なかなかにやばい(汗
明日にはまた収穫しなきゃいけないし在庫抱えて爆死にならないようにしたいところだ・・・

そのトマトなんですが、
病気について調べてみたら、いろいろと自分のトマトにヒット(大汗
やっぱりおかしいのは病気が原因らしい。


P1090118_縮小

このトマトの表面の黒ずみ、どうもすすかび病みたい。
アブラ虫が原因で起きる奴らしい。

P1090119_縮小

確かにこうして茎も黒ずんできているんですよね。
でも・・・アブラムシ見てないけどねぇ。
気付かなかっただけかな?
とりあえず湯むきするとかでどうにでもなるからいいんだけど。

P1090122_縮小

どうも青枯れ的な枯れ方をする株もすちらほら・・・
以前イタリアントマトを育てた近くなんだよな(汗
その時は青枯れでどうにもならなくなったけど、もう4年前なんですがねぇ。
土壌細菌は長生きだ・・・(泣

P1090123_縮小

あとはこの茎のいぼいぼ。
これは環境がそもそも悪いようで(大汗
根から養分が来なくなるとこうして茎から根を出そうとするみたい。
んー大分ビップ待遇だったんだけどなぁ。

P1090121_縮小

そんなこんなでもまだ花ついてたりして実はたくさんついています。
あれやこれやと病気はおきながらも一応しっかり収穫できているので、
それなりの管理ができればもっと収穫量や品質はアップできる余地ありってことだね。
ちょっと、やる気の出るネタだ(笑

まだ種は沢山あるし、来年もたくさん育てて沢山採ろうじゃないの。
まずはこの大量のトマトをどうにかしてやりくりすることが第一だけど―(苦笑


2016-09-13(Tue)

ホダ木ができても発生しない、奥の深いキノコ栽培

どもー
今日は山のキノコを確認しに行ってきました。
久しぶりの山、草だらけで侵入を拒む(大汗

P1090129_縮小

今年はこっちにもなめこをおいたので、これの発生もチャック。
山ではなめこも椎茸もまだ発生はなかったです。
代わりに天然ものは沢山生えてました。

P1090128_縮小

初めて見たタマゴタケ
ベニテングタケかと思ったけどどうやらタマゴタケ、うまいキノコだけど持ってきてません―

P1090130_縮小
P1090131_縮小

これはシロオニタケかな?
でかかったです。

P1090132_縮小
P1090133_縮小

あとはわからないけどでかいものだけ。
小さいものも合わせれば20とか30とか種類あったと思います。
今年はかなりいろんなキノコが生えてますね。

P1090127_縮小

田んぼももうすぐ収穫期、もうすっかり秋めいてきました。
キノコの時期ですよ――


そのキノコ、先日種菌会社の人が来ましてね、
F206の様子を見て説明していきました。
ホダ木はできてるんだけど、キノコの発生に至らなかった要因が・・・

P1090134_縮小

この写真を見てもらいたんですが、
木のホダ化はしっかりしていても、
表面付近の皮の下あたりの菌の状態がよくないと発生しないとのこと。
この写真ではふちが白く出ていますけれど、

P1090135_縮小
P1090136_縮小

こちらではふちに沿った白いものがありませんよね。
そのため芽が出てもこうした育てない芽、通称から芽ってやつになってしまうわけだ。
まだホダ木が若いのでこうして白い菌がしっかり確認できるんですけれど、
今の段階ではそのようにふちに白く発菌しているのが見えないとだめなようです。
まあキノコを出すのは内部じゃないですからね、
表面付近にキノコの素(原基)ができてこそ発生するわけですからね。

こうなった原因がやはり表面の乾燥。
今年は初期に雨が沢山降ったのでいいかと思ってましたけど、
その後快晴が続いてしまったため表面付近が乾きすぎたようです。
内部には良くてもやはり表面の当たりは良くない環境になってしまったわけだ・・・
去年は夏場に散水毎日頑張ったので一発目から発生が望めたんですがね、
今年はちょっと管理がおざなりになってしまってました(汗


その管理一つでこうして発生が駄目になってしまうわけだから、
たった一つのことでも大きな違いにつながってしまうわけですね。
まだまだわかってない・・・
椎茸栽培は奥が深いことを再確認した次第。


2016-09-13(Tue)

かぼちゃが溜まってきたけれど― おまけズッキーニネタ。

かぼちゃの収穫がぼちぼち進んでいます。
現在50本ほどの収穫量になっとります。

P1080976_縮小

数日おきに収穫、現在糖化作業中というところです。
最初のものはもうすぐ1カ月なのでそろそろいいかなー。
ちょうど週末にお祭りがあって人が来るし、出品チャンス!!

・・・ただね、重過ぎてどんなにキロ単価低くても値段が(汗
3キロあればキロ200円でも600円ついちゃうからね・・・
そんな爆安な単価つけて売るのもね、考えものだ。
かぼちゃの値段って意外に難しい。
やっぱり乾燥して粉末にするのが一番いいんだけど。
トマト終わらない限り・・・無理(苦笑

まあそんなかぼちゃの悩みは置いといて、
ちょっとおまけのズッキーニネタをぶち込む。

P1080975_縮小

私管轄の畑ではないんですが、遅まきズッキーニをやってみたんですよ。
丸い奴ですけど。
意外とちゃんと実がついてきましたね、結構収穫できてますの。

P1080982_縮小

この程度での収穫らしいんですが、

P1090041_縮小

気温があるとあっという間にサイズアップで1キロ弱までに大きくなる(汗
坊っちゃんかぼちゃだよ―

P1090137_縮小

ズッキーニって株生えですけど、どうもこのズッキーニは徐々に伸びていってますね。
何だろう、これって普通?
丸型でかぼちゃに近いからかねぇ??
まあズッキーニはペポカボチャですからかぼちゃに近いほうの作物だけど。

P1090126_縮小

食べてみると意外と柔らかくて旨いんですよね。
意外なことに漬けものにしてもうまい!
ただまあここらの人からするとハイカラ作物(笑
あまり売れ行きはよろしくはない。
おまけに・・・爆安(泣
うーむ、作って楽しい、売って腹立つをまじめに実践してるなぁ
まったくもってすげぇデフレだぜっ


2016-09-12(Mon)

そろそろ収穫始めたいペペロンチーニ

どもー
昨日ついにカウンターが10万超えました。
3年までいかずにどうにかクリアってところですね。
ぶっちゃけカウンター設置後の訪問者の増加は・・・微増(苦笑
右肩上がりというよりはかなり頭打ちしてます(大汗

しかししかしー

定期的に訪問してくださる方もいますし、まだまだ頑張ってこうじゃないの―
特段面白可笑しいことは書いてませんけれども、
今後とも御贔屓にどうぞ。
今年は5周年、記事数2500、カウント10万と切りのいい数字を通過してますなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて本題です。
本日も午後から雨が降ってしまったので、トマトの収穫以外は見回り程度です。
その見回りでペペロンチーニが色づき始めていることを発見。

P1090113_縮小
P1090120_縮小

エトナもストロンボリも徐々にですが色づいてきていました。
でもまだまだ色づき始め、決定的な量がないんですよね。
少なくともキロくらいにならないと一気乾燥できないので、まだ収穫は先ですね。
そろそろ収穫始めたいんですが、もう少しかかりそうです。

P1090071_縮小

株の方なんですが、
今年は非常に良く育っている感じですね。
こんもりブッシュ系の唐辛子ですけど、結構な高さに。

P1090072_縮小
P1090073_縮小

分かりますかねこの分枝の多さ。
よくナスとかで3本立ちとかいいますけど、この分枝は10数本になってます(汗
やっぱりブッシュ系、非常に良く分枝しますね。

P1090074_縮小

それぞれに実が沢山、つまり結局実が沢山(笑
今年の収量は非常に多くなってくれそうだ。
ただ・・・問題は色づきが間に合うかだね。

今頃からの色付きだとちょっと厳しい気もするけれど、
どうにか霜降るまでにあらかたの収穫を終えてしまいたいなぁ。
ここ最近は結構気温も低下してきたし、頑張ってもらいたいもんだ。
ダメなら畑全体を囲うしかない(汗


2016-09-12(Mon)

定植3週間のキャベツ。

初期段階でかなり虫にやられてしまったキャベツですが、
ここ最近ぐんと大きくなってきまして、大分まともになってきました。
このままなら期待ができそうですね。

P1090114_縮小

今日で植え付けてちょうど3週間、へにゃへにゃだった苗がここまで大きくなった。
今のところ本葉が8枚くらいでしょうかね。
サボイキャベツらしくちりちりの葉っぱだ。

P1090115_縮小

紫の方も一応大きくなってきていますよ。
大きさは似たり寄ったりな感じ、生育速度には違いは見られないですね。
若干葉っぱが大きいかなーくらいです。


とはいえ育ちの良し悪しってのは結構見受けられるもんですね。
写真のものは極上に育ってるもの、育てない奴はさっぱりって感じですし。
どこでこう差がついちゃうかねぇ。
ま、このまま虫がつかないように見張りながら大きくできるように頑張ります。
目標は・・・80個だな(汗


2016-09-11(Sun)

トマトの水煮と2台目の乾燥機が来たぞ―

どもー
今日は午前中ブルーベリー作業後はゴロゴロ(汗
とはいえ注文した物が来るためどうしても家にいなきゃいけなかったですからね。
その注文したものというのが「食品乾燥機」
今まで使っていたものと同じもの、2台目を購入してしまいました――

P1090109_縮小

早速稼働していますよ。
去年のものと間違えないように年号ふっておきました。
少しばかり前のものよりも温度調整つまみが渋いです(汗
まあこれで作業効率は倍以上に。頑張るぜ。

P1090110_縮小

すでにドライトマトは結構な量できてきているので、
次の週末あたりから出品しようかなーと画策中でござい。
まだまだ大量の在庫抱えてますからね。
毎日干せるようになるからどんどん消化していかなきゃ。
明日には次の収穫もあるしなぁ・・・


乾燥作業は頑張っているんですが、どうしても量がはけないまま傷む速度が加速してしまう。
なので思い切って大量に家庭用にも加工することに。
このあいだ話題に上がったトマトの水煮をこしらえてみた。

P1090100_縮小

まずは洗って傷んだ部分を取り除く。
この時点で4キロほどの量にしていますよ。

P1090101_縮小

そして湯むきしてざく切りにしたものを煮詰めていきます。
煮始めて早々に大量の水分が出てきますね。
煮ながら灰汁をとり、ある程度に詰まったところで完成です。

P1090102_縮小

今回は450瓶4本、300瓶3本という大量の水煮が出来上がった。
これで保存食としてトマトのストックは十分だな(笑
塩味だけは付いているので水っぽいけれども十分にうまい。

作るために調べてみると、水煮ってのもかなりいろいろあって悩んだ。
ピューレかと思ってたけど、ピューレって「すり潰した後、細かな網状のピュレ用器具(裏ごし器)を通過させて、
とろみのあるやや滑らかな半液体状にしたものを指す
」ということで、
原料からすると出来上がりのものがぐっと減るものらしいね。
形の残ったホール状のもの今回みたいにざく切りのものソース状になったもの
いや―一口に水煮って言っても種類あるもんだねぇ。
加工するようになって料理っていろいろあるもんだなーと感心した次第(笑
ちょっと興味がわいてきたかなー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村