2016-11-30(Wed)

黒豆、無いやんか―

気がつけばもう11月も終わり。
そんな感じで今年もあっという間に残り1カ月、そうこうしてるともう年越しだ。
今年もあっという間だったなぁ・・・なんてまだ早いわな(苦笑
残り1カ月少しでも有意義に過ごそうじゃん。
とはいえ先週ぶっ倒れて以降、なんだかやる気スイッチが完全OFF(笑
畑に全く行く気が起きない。
んーモチベーション低下しとるねぇ。
何か気分転換でもしないといかんです。


さて、
小屋での仕事はまあぼちぼち進めてますが、
その合間に小屋に持ち込んだだけでゴチャついているものの整理をしています。
その中の一つ、黒豆の実が入ってる莢をとって撤去してみたんですがね、

P1090770_縮小

・・・・ないじゃん(泣
下の方にちょろっとあるのが実が入ってそうな莢。
それ以外は空っぽ、莢の数はあっても実がない。
今年も黒豆は大失敗になった。

P1090782_縮小

全部でこれだよ!
OH!コレジャハナシニナラナイデスネー
平豆も、よさげ立った玉大黒もさっぱりさっぱり。
早まきである程度莢採れた丹波黒がすさまじく好成績だったんだなと(汗
あれで失敗だと思ってたのに、その上をいけるんだからねぇ。
恐れ入る黒豆栽培能力だで。


結局のとこ、虫云々は置いといて、
黒豆も自分としては小豆同様に早まきで育ててもいいんじゃないかな、と。
あくまで当地で私が栽培するとしての話ですけど、
普通に蒔いても実が熟しきる前に雪が降るようじゃ、全くだめじゃん。
丹波黒でも早まきで一応実が入ることが分かってる手前、
普通種なら早まきでちゃんと育てられろう泣きもするけどね、どうだろ。

品種変えてもこの状態、いまだに黒豆がまともに収穫できていないので、
いい加減しっかりした黒豆を正月に自給したいですねぇ。
来年は早まきでチャレンジするとして、今年のだめだったところ糧にしていこうじゃん。


スポンサーサイト
2016-11-29(Tue)

雪降ってきたけど、大根どうしようか・・・

本日雪。
降ったりやんだりから夕方には積もりそうな感じになってきた。
このまま積もるか・・・と不安もありますが、畑にはまだ物があるんだよねぇ・・・・・

P1090783_縮小

山は白、里は黒、ここから一気に真っ白な大地になった。
これかなりいいタイミングで撮ったわな―

P1090784_縮小

まだ手つかずの聖護院大根。
雪降ったり霜降ったりしながらもまだまだ元気。
他の畑ではほぼ全ての作物がなくなっているんですがね、
ウチではまだなめこの関係でヤ―コンとかちょろぎとか取れてないものもあるんですよねぇ。
私自身もこの大根とにんじんが体調の関係で処理しきれてない。

P1090785_縮小

なんというか・・・まだ巨大化してる気がする(大汗
でかいぶん肥料袋に入れて持っていこうにも2つくらいしか入らないと思われる。
数を数えたら大体66個くらいだったので、置き場所大問題になるわな…
簡易に取り出せるような場所があればいいんだけどそんな場所はすべて雪で埋まってしまうし、
早速に処理しきれないものは置き場所がなくて困るんですよねー
どうすべ


去年同様でもスが入る前に処理できれば問題なしだろうけど、
いも+かぼちゃor大根で加工していって果たして間に合うかどうか。
作物を作るのはいいとしても、収穫タイミング、加工タイミングがしっかり構築できないとダメっすね。
うーうーあれこれ畑で作業してる時よりもしんどくなってきたど―――
一人六次産業、ほぼ破綻状態―――(泣


2016-11-28(Mon)

廃ホダ置けなくなってきたので、唐辛子撤去作業入り

今まで使っていた去年植菌のホダ木を廃ホダに順次していっているわけですが、
そろそろ置いている場所に置けなくなってきてしまった。

P1090729_縮小
P1090730_縮小

最初はある程度こんな感じで余裕をもって組み始めたわけですけど、
廃ホダにする量ってのは1回の浸水で約400本、
その量が大体1山近くになってしまうので、順次廃ホダにしていくとあっという間にいっぱいに。

P1090778_縮小

もうギリギリ。
最初に端っこから組んでしまうと、2列目以降反対側にわざわざ回らないといけないという手間があるため、
4列くらい余裕をもって組んできたんですが、もうその4番目もいっぱいいっぱい。

P1090779_縮小

そうなるとその反対側から積まないといけなくなるんですが、
反対側には・・・物が大量にまだある(汗
積雪前にいろいろと邪魔なものはよせてあるんですが、
それでもこういったものって積むのに邪魔にならない限り動かさないんですよね(大汗
まあ、押し入れにぶち込んで見えなくしたってだけみたいな感じでしょうかね―

P1090780_縮小

簡単に撤去できるものはまだいいとして、問題になるのがこの唐辛子なのよ。
あの1日で引っこ抜いてきて以来動かしてないのでそのまんま残ってます。
使えるもの収集してさっさと撤去しようと少しずつ作業を進めることにしました。

P1090781_縮小

濡れた状態のまま密集してたこともあるせいかあまり状態は良くないですね。
未熟のものは100%だめ、色づいていてもヘタがとれて中から泡がってものも。
根っこ切って逆さに乾かしてたらまた違ったかもしれないけれど、
んーまあ仕方ないな、いろいろと忙しかったし。
そうならないためにはやっぱり植え付けを早くするほかないでしょうしね。


そういうことで最後の唐辛子収集をぼちぼちスタートし始めました。
ダメなものが多いのでそんなに収穫量は見込めないでしょうけど、
元々見込みなかったものを収穫できるんだから頑張ったかいってもんだ。
まだ乾燥も全部終わってないのでどれくらいの収穫量になったかはわからないけれど、
今年はまずまずの収穫量があったかな―
いつかは着いた実すべて色づいて収穫したいですねぇ。


2016-11-27(Sun)

休みの日は内職。

本日はお休み。
といってもねぇ、今週ずっと休んじゃったからまた休みってのも変な話(汗
とりあえず、来週以降普通に作業できるように、休むべき時には休んでおこう。

そういうわけで、本日は朝の収穫作業以外は外での作業はせず、
ずっと家の中で内職作業をしてました。


毎度のことなので写真は少ないですが、まずは手始めに切り干し大根作りから。
以前とってきた聖護院大根の割れたもの、もう1個残ったままになっていたので切り刻んで干しました。

P1090776_縮小

その前につくった最初の切り干し大根は試食。
切り干し大根のからしマヨネーズあえ。
これは前に茹で干し大根で作ったことありますが、切り干しでは初。
かなり歯ごたえあり、おいしいですねこれ。
切り干し大根として優秀みたいです。
これなら商品化できそうだ。

あとは合間にホットケーキ焼いて、リンゴ食ったり、ピクルス液合わせたり・・・・

P1090774_縮小
P1090775_縮小

一度やりたかった切ったりんご合わせてパッカーン(笑
やっぱり冬はコタツでリンゴだぜ。


P1090777_縮小

最後にサツマイモ加工してから冷めたピクルス液にニンジン投入して漬け込み。
リンゴ酢と穀物酢の2種類で試します。
今回とうがらしがペペロンチーニだったり、ニンニク使ってなかったりしますけど、
以前作ったものとどう違いが出るかな―と。
ピクルスもなかなかこれぞっていうのが出てこないので、いろいろ試してみたいと思います。


こんな感じであれやりながら―と時間を有効に使って作業を進めてみましたわ。
おかげで今日はガッツリいろんな内職を消化することができました。
漬けものもいろいろと試さないといけない、干し作業も大変、
こういうときこそ内職がっつりしておかないとね―
そんなことして又おかしくなるぞ―ってか(笑


2016-11-26(Sat)

いつもの仕事だって大変なのよ。

本日晴れ。
体調は上向き、ようやく下痢が治り加減だ。
丸2日、悩まされた下痢。
たった2日とはいえ、20回以上便所へGOしないといけない大変さはひどいもんだ。
ろくに放屁することすら許されぬこの苦しみ(汗
おかげで今日も放屁の恐怖にうちふるえながら仕事してました(笑


P1090771_縮小
P1090772_縮小

今日はまあいつもの作業をぼちぼちしてたんですがね、
いつもの作業とはいえ、落ち込んだ体力ではやっぱりはかどらないわけでございますよ。
動けないわけではないけれど、パワー60%程度しか出ないわけで。
一通りこなして、追いばえで出ていたキノコ収穫して、

P1090773_縮小

明日以降の出荷のための洗浄作業したりして1日が終わりました。
んー本格的な復帰は来週以降でないと厳しいね。
どうも来週は天気が冬みたいだし、畑のものを引っ張ってくるのは厳しくなってきちゃったなぁ。
やらない勇気ってのも必要だからね、今日もやらないでおきましたけど、
もう少し若かったらなぁ(笑

まあ体が資本、特にこの仕事は重労働にもほどがあるからね、
やれる時にやることは重要だけど、引き際も考えておかないとね。
体力落ちて普通の仕事してそんなことを感じた1日でござんした。
ご心配くださった方々、ありがとうございました。


2016-11-25(Fri)

体力の限界が来る。

どもー
なんとまあ3日も飛ばしてしまいました・・・
お久しぶりです、椎たけ夫です。
一応生きてますよ(笑

月曜日の夜にかなり体がきつくなって早く寝たんですがね、
その夜はもう寝ても心音がでかいし早い体中が痛いしで全く寝られず、
結果ボロボロの状態で火曜日にお仕事、セーフティーで畑全く手をつけないで今日はホント休もうと思ったんですが、
それすらかなり厳しい状態になりまして、夕方帰ってギブ。
飯は食えるものの、相変わらずずっと心音が早く、体中が痛いため寝付けない、
それに今度は熱が上がってくるやら下痢がはじまるやらでもうほんとにこれぞ体力の限界!
っていう状態にまで来てしまったのでした。

なかなかぐっすり寝るということはできないものの(筋肉の張りと下痢)、
2日仕事を休んでどうにか心音は平常に戻り、筋肉の張りも少しおさまってきたため通常生活に戻りつつある状態です。
現状まだ完全回復ではありませんが(まだ下痢が続いてます(汗)、
仕事には復帰してますので、とりあえずこっちにも復帰しました―

いや―頑張り過ぎるってのはよくないね。
雪が―雪が―って一人で抱え込んでしまったら、このざまよ(苦笑
首張って頭痛背中張って呼吸が苦しい腰張って全体がだるい
もう筋肉酷使し過ぎるとここまで来るかってやつですよ。
心音がずっと90以上、通常の1,5倍で動き続けるとかやばいですよ・・・


とりあえず今日は現状報告のみですけども、
健康体の私ですら無理がたたるとこうなるよ―って話でした。
インフルもはやりだしてますし、皆さんもどうか体には十分に気をつけてくださいませ―

P1090769_縮小

さすがに止み上がりに雪の中の作業はしんどかったっす(笑

2016-11-21(Mon)

割れた聖護院大根の中身は問題なし

先日割れた聖護院大根を収穫してきたんですがね、
日曜日に忙しくて結局食らうことがなかったんですが、
一応中身の確認だけはしておかないといけないと思い割ってみたんですよ。

P1090765_縮小

ぱっかーーん
割れてるので形がすごいことになってますけど、中身は全く異常なし。
スが入ってませんし、悪くもなってませんでした。
これなら普通に食べられるわな―

P1090766_縮小

ただ、割っても食べる準備ができませんので、切り干し大根にすることに。
昨日今日と半分ずつ乾燥しました。
低温乾燥でしたが、意外と早く乾くもんですね。

P1090767_縮小

思いのほかきれいに仕上がりました。
問題はこれをもそして食べたらどうなのかってことなんですけど、
それは今度の日曜なら大丈夫だと思うので、そこで調理したいと思います。
大根加工がこれでいいならこれで行こうと思いますし、
後はちょっと厚めに切ったものも作ってみたいかな。
漬けものは作っても意外と日持ちさせることができなそうなので、
こっちの出来がいいなら選択肢からは外そうかな―

とりあえず聖護院大根は割れてても問題なし、
今年は大根加工も忙しくなるぞ―って話。

か、体が持たんぞ――(汗

2016-11-20(Sun)

スノースティック収集完了!

どもー
朝から忙しく動いて二度寝したら爆睡し過ぎて12時半まで全く気付かなかったです―
予想外にキノコが多かったり、かぼちゃカットしてたりしたら飯食う時間が―ってなって、
なんだか休日って割に休日じゃない感じで爆睡してしまった(笑
これが平日ならやばいね。
ちょっと睡眠時間削り過ぎだな・・・自分目安で最低6時間は必須みたいだ。


さて、
そんな感じで昼間で爆睡してしまった後は、午後から畑仕事。
天候はいまいちだったけど、雪が来る前にやりきらないといけないことは沢山あるわけで。
本日予定していたスノースティックの収集作業を完了させてきました。

P1090759_縮小

残り3畝、というか大体2畝ちょいくらいだったと思うけど、
意外とサクサク進めることができて、予定よりも早く作業を終えました。
これでニンジンの収集作業は完了だ。

P1090761_縮小

抜いたものは選別して活けてるわけですが、
すべて終わるとやはり中程度にしたものがかなり多くなった。
逆に言えばまともなものがかなり少ないってことだね(大汗
やっぱ葉が枯れちゃうとどうにも生育はできんわね。

P1090762_縮小

時間が余った感じなのでその大きめサイズのものを掘り起こしてコンテナ収納。
大きめって言っても100グラム前後、大したサイズじゃない。
キャロットブランのバカでかい500グラムオーバーからすればさっぱりだめだわ――

こうして土詰めながらコンテナで行けながら保存すると来年までもつ。
じっくりいろいろと加工していく予定ですよ。
明日は残ってるもの全てコンテナに収納して小屋にもっていく予定。
そんでもって明後日に大根収納して畑は完了!の予定。
予定だけはびっちり詰まっとりますのよ。
それが終わるまでは忙しくててんてこ舞いだ。


P1090763_縮小

収納し切れなかった分を洗って出荷準備したり、紫芋を洗ったりして今日の作業は完了。
紫芋売ってくれないか?っていうのがきましたけど、残念ながら今年の紫芋、
虫穴に土詰まってるものが多過ぎて生ではとても出せたもんじゃない(大汗
ぜーんぶそういったのを処理して乾燥加工する予定だ。
毎日毎日乾燥機フル稼働、私も帰ってから内職のプラスお仕事。
夏出荷物が少なかった分仕事忙し過ぎだ――――
まだ健康体だから何とかなってるけど、やはり睡眠時間だけはしっかりとろうと思う次第だ。


2016-11-19(Sat)

今年最後の発生は意外と大きかった

古ホダと新しいホダ木が入り混じって発生しております今日この頃。
A560という品種の初回浸水が終わり、次に浸水したのが今年最後の発生となるF206の新ホダ。
今回の発生が終われば来年の春過ぎまで休養になりますの。
さてさてその発生は・・・

P1090751_縮小

あ―やっぱり時期が時期なだけに発生量は少ない。
まあ時期が時期というよりも今年かなり酷使してしまったからかな。

P1090752_縮小
P1090753_縮小

とはいえ今年ラスト発生でもキノコは大きくて立派。
最初のもたつきがなければ古ホダの発生が非常に良くて評価が上がったんだけどねぇ。
やっぱり管理次第で変わるってのがよくわかった年だったかな。

P1090749_縮小
P1090750_縮小

ちなみにA560のラストのところはこんな感じ。
こちらは初回浸水発生なので発生量は断然多い。
キノコも大きいし、初めての栽培だけど今は文句なし。

P1090754_縮小

いいとこどりで比較してみると、意外とF206の方がいいキノコっぽい。
下の方がF206ね。上がA560です。
まあ超いいとこどりなので、平均すれば…やっぱりF206かな(笑

P1090756_縮小

今あるもので比較。
左がA560、となりF206新ホダ、右上6個A910古ホダ、右した4個F206古ホダ。
これだけ見て「あーはいはい」なんて品種の違いが分かる人は達人だね(笑
この4品種をただ並べられても違いがはっきり分かるもんじゃない。
発生環境が同じな分キノコも似たようにまともだからねぇ。

P1090757_縮小
P1090758_縮小

初回発生のA560の発生が終わるとしばらくキノコの量は落ち着いちゃうかもしれない感じ。
キノコの質に関して言えば問題ないんだけどね。
下の写真のA910が芽数少ないですからね。
F206の新ホダはぼちぼちですけど。

新ホダも古ホダも今年最後の発生となってますが、大きめキノコでよしよしー
まだまだ新ホダは3品種、沢山あるのでキノコもバラエティーに富んだのが採れそうです。
終わりでも始まりでも大きいキノコはいいもんだで。


2016-11-18(Fri)

聖護院大根がやばい―――

どもー
最近毎日芋の内職に忙しい椎たけ夫です。
なんで紫芋ってこんなに穴あくかねぇ・・・場所のせいか。
無駄に2時間くらい頑張ってまする。
これも紫芋粉のため、必死こくぜ。


さて、
本日快晴でしてね、これから先天候は崩れる一方ということもあって、
畑で暗くなるまで頑張ってニンジン抜いてきました―
その途中にですね、最近全く見に言ってなかった大根の様子を見に行ったんですが、
いや―ずいぶんと巨大化してしまっていました。

P1090746_縮小

どかーーん

って伝わらない(苦笑
以前見たときより1,5倍くらい太った気がする。
雪降ったりしてもう生育はそんなに望めないだろうとは思ってたんですが、予想を裏切り巨大化。

P1090747_縮小

比較してもなんだかなぁ・・・
実際見た瞬間からずっとヤベ―ヤベ―でかくなりすぎた―って一人でワーワー言ってましたけど。
はたから見たらやばい奴ですね(汗
それくらいでかくなってました。

P1090744_縮小

中には生育に耐えきれずに裂けたものもあった。
特に左側のはものすごくでかい。
たぶんまだいけるはず、と持ってきてみましたが、今度漬けものにするか煮るかどうしようかな―
あ、日曜近いな、片っぽ漬けて片っぽ煮て食おうかな。
中身も見てみないといけないし。

P1090748_縮小

ニンジン作業がもう2日かかるので、大根収集はその後。
まあそれまでに破裂爆散なんてことにはならないだろうし、
次の雪までに取り込むことを目標に頑張ろう。
雪は勤労感謝の日あたりの予報、本業も大変だけど、なんとかせにゃあ。

2016-11-17(Thu)

カボスを収穫!

冬越しでハウスに取り込んだ柑橘、
収穫してない3品種のうち、カボスが黄色くなりだしていたので収穫しました―

P1090735_縮小

ハウス内は最低でも10度前後、雪で覆われていないのでまだ明るさはある。
この状態でどこまで育つもんかと思っていたらもう色づいちゃいました。
本当はカボスは青いうちの方がいいんでしょうけどね。

P1090736_縮小

こちらがカボス。
カボスは初収穫なので、どこまで大きくなるのかがよくわからずにここまできたわけで。
色付いたってことはこれが限度の大きさってことだね。
結構大きくなったかも。

P1090737_縮小
P1090738_縮小

他に実の付いている2品種はまだまだ―
ゲンコウは少しばかり色づいてきた感じがあるので、来月あたりには収穫になるかも。
ぷちまるは・・・これ本当に大きくなれるかってサイズ。
大きくなれないようなら全部摘果したほうがいいんだろうけど。
来月までは様子見だね。

P1090743_縮小

カボス計測。126グラムは結構な重さだね。
初めての収穫でいいサイズのカボスが収穫できました。
もっと重いやつもできるようなので、次に実がなった時には大きくなるように頑張ってみよう。


このカボスはポン酢にして利用しようかな。
これからは鍋の季節だしね―
去年はスダチポン酢、今年はカボスポン酢、隔年結実なら毎年交互にやってくるのか。
どうにかして食べ比べしてぇなぁ。

2016-11-16(Wed)

椎茸は成長しながら曲がります。

椎茸の生育速度が遅くなっているので、
ホダ木を休養舎へ運ぶときにまだ芽がついていたりします。
そういったものは収穫後の移動することになるので、一時的に立てかけておいたりするわけです。

P1090563_縮小

このように地面と平行の状態で棚に置かれていたホダ木、キノコもそれに合わせて成長します。
キノコは重力を感じてひだが下向きになるように育っていきます。
なのでほぼ確実にこういう風に育つわけだ。

P1090564_縮小

それを立てかけるとこうなる。
大体90度くらいかさの向きが変わってしまう。
さて、こうなるとキノコはどうなるか・・・・


P1090579_縮小

1日後、傘を持ち上げます。
ひだがちゃんと下になるように向きを変えるんですよ!
すごいですよね。

P1090580_縮小

これぐらいグッと片側だけ成長して向きを変えるんです。
胞子をしっかり拡散させるために必死になってかさの向きを変えるわけだ。
それも非常に短期間で。
すごい能力ですよ。


まあ本来はこんなことすると軸のかたちがぐにゃぐにゃに曲がって変な形状になるので、
避けるべき方法なんですがね、いた仕方なくこれをやるとこんなキノコの隠された能力が見れます。
子孫を残すためになら苦境も跳ね飛ばす、キノコってのはすごいもんです。


2016-11-15(Tue)

塩麹を仕込んでみた。

どもー
いろいろと漬物について試行錯誤中の椎たけ夫です―
今回は塩麹漬をやるべく、塩麹を仕込んでみました。

P1090726_縮小

材料は、麹と塩、以上でございます(笑
塩麹って、麹に塩混ぜて水入れて寝かせて完成。みたいなもののようですね。
かなりはしょってるので思いっきり簡単になってますけど、
ちゃんとしたものを作るにはまあいろいろと手間かかるみたいです。

で、先日麹を買ってきましてね、昨日から仕込みに入ってますの。
地元横手は発酵の町として発酵を前面に打ち出しているので、
麹とか酒粕とかそういったものは結構手に入りやすいんですよねー
今回の麹もスーパーで安く買ってきました。
スーパーでは高いぞ―って調べてるときに脅しかけられてたので心配してましたけど、
キロ600円程度とリーズナブル。ありがたやありがたや。

P1090727_縮小

今回はまあ初めてなので麹100グラムからスタート。
麹:塩が100:35、つまり塩分濃度が35%くらいとのことだったので、
しっかりはかって35グラム投入しておきました。
この塩分濃度はいろいろあるみたいですが、塩気が低いと腐敗の要因になるらしいので今回は35%でやります。

P1090728_縮小

塩と麹をしっかり混ぜた後に水をひたひたになるまで投入。
これで1晩すると水を吸ってかさが増えるので、その分また水を入れて混ぜる。
あとは毎日1度混ぜていってしばらくすれば完成、とのこと。
ただ、20℃以下だとなかなか発酵が進まないので時間がかかるらしい。
今回は大体2週間程度を目安に仕込んでいこうと思ってます。


塩麹漬は漬け上がりが早いらしいので、漬けものとして販売するのには向かないかもしれないね。
朝仕込んでで夕方には塩からいなんてやばい漬物だ(汗
ま、そのあたり実際やってから判断しようと思います。
このあとは粕漬け用の塩漬けもやっておかないといけないし、
ま―作業がいろいろあっててんてこ舞いだわな――


2016-11-15(Tue)

追熟できないトマト

トマト撤収時に未熟のトマトを大量に収集してきておきましてね、
小屋の中で追熟させるべく放置していたんですが、
赤く色づく前にどんどん傷んでしまう始末…

P1090702_縮小

遠目に見るとまだ何ともないようですが、

P1090703_縮小

うーん・・・・・・
色づいて傷む、色づく前に傷む、様々だけどうまく追熟できないようです。
まともに使えるようになるものなんてできないかもしれないねぇ。
やっぱり収集前に霜にあたってるのが悪いかな?


まあこれが使えなくても水煮は沢山あるからいいんだけど、
なんだかこんなに大量にあるのにうまく活用できないのはもったいないよね。
ダメなものははじきつつ、もう少し様子を見てある程度色付いたら食っちまおうかな。
この時期のトマトの追熟は難しそうだね。


2016-11-14(Mon)

スノースティックも収集開始

今日はポカポカ陽気、日中は半袖でも過ごせるような暖かさだった。
あ、といっても寒さに慣れてきたからでしょうけどね。最高気温は16度ちょいでしたから。
つい先日まで冬が来てたのに、また暖かな日が来てます。
こうして寒暖を繰り返して本格的な白の季節になっていくんでしょうなぁ。
今日は道の除雪の竿竹立てしてたし。
長―――――――――――――――――い冬が目の前だ(笑


さて、
昨日に引き続いて今日もニンジンの収集作業をしてきた。
今日はもう1品種のスノースティック。
こちらは黒葉枯れ病にて散々な状態でしたので、期待はしてない(汗

P1090721_縮小

でも寒くなって葉っぱが回復、どこまで大きくなってることやら・・・

P1090722_縮小

大きくないのでスポスポ。
昨日のキャロットブランからすれば簡単に抜ける。
んで、思ったよりは大きくなってるものが多かった。
ある程度出荷に耐えうる大きさだ。

P1090723_縮小

これが一番まともなサイズ。
まともサイズ、どうにかなる・だめだめの3通りでまとめました。
ダメダメは1本のままピクルスとかに利用したいけれど、調味液試していいものを作り上げないとね。
その他は生かキャロットブラン同様の漬け方かのどちらかで。

P1090724_縮小

とりあえず今回は量が多いので、一度にまとめて小屋にもっていくために選別したものを土に活けておきました。
これは去年と同じ手法ですね。
意外とこれは使える方法なので、雪が積もるまではこのままでいいかな。

P1090725_縮小

選別しながら活けて―とやっていたら2畝で日が暮れた。
1畝で限界かな、と思ってたけど2倍できましたね。頑張った。
残りは7畝、天気とにらめっこしながらやっていきましょう―
あれこれ作業が重なって今日はちとくたびれてしまったわ(汗


2016-11-13(Sun)

キャロットブランを引っこ抜いてきた

今日桃や―っと暖かい1日。
整体行かなくなってから外出することがなくなってしまってましたけど、
本日久しぶりに買い物に出かけてきました。
いや―イオンのゲーセンまで撤退してたとはね・・・
ほんとここら近辺の過疎化・空洞化が深刻ですわ(大汗


さて、
買い物行って一服した後に予定していたニンジンの撤収作業へレッツゴー
家を出た瞬間、それまで天気よかったのに雨(泣
再び合羽を着ての作業です。

P1090716_縮小

引っこ抜いて葉っぱカットしてーってやってたら、全部抜き終わった時点でもう真っ暗(汗
長いぶんなかなかすんなり抜けなかったのが時間ロスでしたね。
結構途中で先端が折れてるものも出てしまいました・・・

P1090718_縮小

曲がりネギとかありますけど、曲がりニンジンとはね(笑
芸術的な「」じゃないの。
隣は大根サイズの太さから3股。
うーむ・・キャロットブランはまともなニンジンに育てるのが大変だ(汗

P1090719_縮小

面白いものはまだあって、間引き忘れで2つ残ってた部分があったんですが、
それが意外にも2本ともまともに育ってました。
こんなの見ると大根の2本立ち栽培みたいですね。
これでまともならいくらでもやってやるぜ―
偶然の産物だろうけど。

P1090720_縮小

抜いたものは大きいものとそうでもないものとでわけてコンテナに収納。
土を積めた中に活けるかたちでつめこんでいるので、ある程度は日持ちしてくれます。
たった1袋で、しかも発芽率悪い中でコンテナ2つ満タン+α。
・・・まだあるスノースティックの収穫が心配になる(汗

これでここの畑に残っているのはできそこないのキャベツ・リーキとこねぎか。
二十日大根は厳しそうだし、モノになってるこねぎを収集すればほぼ終わりですね。
リーキはまたどこぞへ活けて来年大きくするかな。
さて明日からはスノースティックの撤収作業開始するか―
着々と今年の栽培が終わりに来てるど――


2016-11-12(Sat)

畑のあと片づけ

どもー
今日は気温上昇でなんだかもや―っとした感じ。
そのおかげで昨日の今日で雪がさっぱりなくなった。

P1090711_縮小

お―きれいさっぱり。
予定してなかったけど、天候もいいので雪降り前にが―っとやったあと片づけをしっかりやってきた。

P1090712_縮小

まず蔓あり豆の支柱の片付けと、不織布を止めていた支柱の片付け。
まとめてお持ち帰りよ―

P1090713_縮小

不織布もまとめてお持ち帰り。
まだ濡れているので後で乾かしておかないとね。
とはいえ干しておくような場所もないし、このまま勝手に乾くのを待つのかな(汗

P1090714_縮小

あとは不織布止めてた大石と今年出てきた大石を撤去。
割れるタイプのやつは残してもいいんだけど、割れない石は確実によせておかないとね。
全く今年も大量の石が出て来て困ったわ―

P1090715_縮小

すべて片付いて畑には資材がすべてなくなった。
これであとは収穫物を収集するのみだ。
不織布はいだので、明日はキャロットブランを撤収しようかな―と。
来週は雪の心配はなさそうなので、じっくり畑の撤収作業をしようじゃないの。
あ―あ、今年も畑生活が終わりだなぁ・・・


2016-11-11(Fri)

今年もサツマイモ加工始めます。

どもー
初雪降ってから気温上がりません。寒いです。
おかげで畑の雪もなかなか消えませんの。

P1090706_縮小

一応薄くなってきたけど、畑ってそもそも雪消えにくいからねぇ。
これに次の雪がかぶさらないといいんだけど。
ニンジンも大根もまだ残ってますからねぇ。


さて、
本日ようやくサツマイモの加工を開始することに。
ある程度掘ってきた芋の選別(大小大まかに)ができたので、
小さいやつからどんどん干していこうと思います。

P1090709_縮小

去年同様パープルスイートは粉にするための切り方で。
小さいやつは穴あいてたりするとなかなか切り分けが大変で、作業がはかどらないです(汗
大きいやつはごそっとできる分楽でいいんですがね―
最初に傷みやすい方からやってしまわないとね。

P1090707_縮小

そんな小ぶりパープルスイートのなかに奇妙な芋が。
分かりますかね―2色になってるの。
紫のとことピンクのところがあります。
初めは雨垂がたってこういう風になったのかと思っていたんですが、
洗っても2色、不思議な芋です。

P1090708_縮小

切ってみるとピンクの皮の部分だけ白い。
内部から切り分けたように白くなってるのは面白い。
確実に何らかの変異があったってことだよね。
加工やつにも映ってますが、きれいに色分けできてます。
一部分だけ白い筋の入るようなものは以前からありますが、
こうして皮まで色が変わったものは初めて、まして中までこう変わってると不思議だね。

この面白芋は残しとけばよかったかな―とも思いますが加工しちゃった。
加工後にどうなるのか、味は違うのかとかいろいろ疑問はありますが、
まずはようやくサツマイモの加工が始まったよ―ということで締めときます。
この面白芋のことは何かあれば後日。


2016-11-11(Fri)

今年も発生天然えのきたけ

雪が降るような寒い時期にでも発生するのがえのきたけ
ゆきのしたなんて言われ、春先に雪の下から出てくるなんていうきのこ。
以前もらってきたリンゴの木をほったらかしにしておいたら毎年発生するようになりまして、
今年もまた発生してきていました。

P1090704_縮小
P1090705_縮小

天然エノキはこうして白くない
ニガクリタケにも似ているけれど、ぬめりがあって石突き近辺が黒くなる。
こーんな寒くなって出るからとても貴重な天然キノコだね。
食べるかって言われると・・・食べないけど(汗
一般で売られているもやし状のものに比べると全く別物になる天然もの。
もう少し大きくなるなら取っておこうかな―


・・おまけネタですが、以前紹介し切れてなかった珍しいやつ。

P1090216_縮小
P1090217_縮小

腐ったキノコから生えるヤグラタケ
初めて見たキノコですが、キノコから出るキノコってことで知ってはいました。
今年はなめこの周りに初茸の仲間が結構生えたので、その遺骸に生えたみたいです。
面白いキノコです。

P1090392_縮小
P1090393_縮小

あとは特徴あるけど名前がわからん・・・
食べられそうなキノコで下が1個だしやめといたやつ。
今年も様々天然キノコ出てましたわ。
はっきり分かる食用意外は手を出しませんがね。
えのきたけは・・・分かるけど、ってやつです(汗


2016-11-10(Thu)

A560が大きくなるまで

今日は日中晴れてきましたがまだまだ降った雪は解けず。
数日は畑での作業は無理ですねこりゃあ。
なので黒豆の莢選別とか蔓あり豆のネット処理とか頑張ってました。
カメラ持っていかなかったので写真は・・・ありませんが(汗

そういうわけで、でもないですが、
本日はキノコが大きくなっていくまでを追ったドキュメンタリーを放送(笑
今年初栽培のA560という品種が大きくなっていく様子を1日2回ずつ撮影してきました。

P1090493_縮小

まず最初に写した写真。
ある程度目が大きくならないと大きなキノコになるかならないかがわからないので、
巨大になりそうな芽を見つけて撮影開始です。

P1090542_縮小

ちなみにこれが最終的な大きさ。
同じ距離から撮ってますが、大きくてちょっとズームした感じに見えますね。

P1090543_縮小
P1090544_縮小

でかくて肉厚なキノコになりました。
A560のきのこはこうしてだいぶ大きく、肉厚になるようです。
初回浸水での発生には全く文句はありません。
さてさて、2回目以降の発生やいかに、というところです。
では大きくなる様子のギフトアニメをご覧くださいませ。


キノコが大きくなるまで

1日2回、大体12時間くらいで撮影しています
暗いのが夕方、途中撮り忘れもあるので抜けている時間もありますが、
じわりじわりと時間をかけて大きくなっていっているのがわかりますね。
A560はある程度温度があってもかなり生育は鈍そうです。
そうでもなきゃここまで大きく肉厚にはならないか。
最後の12時間での大きくなり方がすごいですね―

定点観測してると小さい時の生育は遅くて、大きくなってくると加速度的に大きくなるのがわかりますね。
一気に大きくなって傘を開いて胞子を発射―
乾燥しいたけ農家が傘が開かないように何度も見回りをするというのがわかる。
こんなに急激に大きくなると気温高い時は大変だな、。
夏菌が早いわけがここに!
また今度別の品種でも定点観測してこの品種との差を見てみようかな。


2016-11-09(Wed)

雪が降りまして。

どもー
疲労困憊からどうにか復活?の椎たけ夫です。
やっぱり早く寝ても何度も目が覚めるしぐっすり休んだ―って感じでもないですね(汗
とにかく心音が通常じゃないのがわかるので、寝ててもなんか寝れない感じ。
頑張り過ぎってのもよくないね。


とはいえやはり頑張って良かったなーと今日の天気を見て思う。
なんせ大荒れでしたからね。

P1090691_縮小
P1090692_縮小

朝目覚めてそこは雪国でした。ではなかったんですが、
仕事場へ向かうあたりから雪が本格的に降り出し、風雪から暴風雪
重ーい雪がビュービューと。

P1090693_縮小

こちらはまあ沿岸地域からすれば風は穏やかでしたが、
なかなかの初雪ですねこりゃあ。

P1090694_縮小
P1090695_縮小

畑も真っ白、昨日頑張ってよかったよ。
じゃなきゃ不織布ごとバキバキでしたね。
ま、こんだけ無理するなら計画的に引き抜けって話だけど(大汗

P1090696_縮小

案の定暗い中での作業だったため、落し物がいくらか。
大丈夫そうだったので回収してきました。
意外と雪に当たっても大丈夫なもんなのかな?
大丈夫だから―とそのまま放置する度胸はありませんが(汗

P1090697_縮小

露出度の高いキャロットブランは一応不織布をかけておいたんですが、
強風でめくられていたのでかけ直してきた。
んー傷まないといいんだけど・・・・

P1090698_縮小
P1090699_縮小

大根は強いから大丈夫でしょう。
なんか聖護院大根はこんもりブッシュになってて面白い。
普通の大根はこうはいかないからね、この形状はかなり雪に強そうだ。

P1090700_縮小
P1090701_縮小

なめこは雪当たってぬめりが強く出てました。
こんな状態では収穫もできないので今日は収穫休み。
というかなめこ出過ぎて処理しきれてないものもあったからね。
この寒さなら生育も抑えられると踏んだわけだ。
明日には収穫再びでしょう。


とうとう白い季節がやってきましたね。
雪は明日の朝方まで降る予報、その後は気温上昇で消えると思います。
これから先は常に雪のチェックをして過ごさないといけなくなりましたね―
鉢植えの撤去やら畑のものの収集などやることまた多くなってきた。
この雪の降り始めの時期って忙しくなりますなぁ。


2016-11-09(Wed)

現在の椎茸 2016・11・9

初雪が降りました。
立冬を過ぎ、季節はもうすでに冬到来です。
まだ本格的な降雪が始まっていませんが、気温は低くなったため生育が遅くなってきました。

P1090677_縮小
P1090678_縮小

現在発生している品種は前回に続きA560ですが、
外で本伏せされていたものから、ハウス内で本伏せされていたものにチェンジ。
発生量にそこまでの違いはありませんが、やはり散水量の違いがあるせいか、
発生がまばらなものも見受けられます。
ホダ木作りでの散水の重要性を確認できますね。

P1090679_縮小
P1090680_縮小

また、古ホダのラスト発生、A950に代わってF206の古ホダになっています。
これは夏菌、すでに使用するような温度域ではありませんが、
絞り出すかたちで発生させています。
かなり酷使し、確か10回程度浸水の発生となるはずですが、
それでもしぶとくキノコを出すのはすごいですね。
ただやはりキノコは薄く小ぶりになってしまうのは仕方ないことでしょうか。
本当にぎりぎりまで絞ったという感じですね。

これから先しばらく古ホダと新ホダの両方の発生が続きます。
大きいものと小ぶりなものどちらも量は採れそうで何より。
冬本番でキノコ需要も高まりそうです。


P1090676_縮小

番外として、なめこの発生もかなりの量出てきています。
なかなかここまでの量発生するのは珍しいですが、
雪が本格化するまではしばらくなめこも沢山ありそうです。


2016-11-08(Tue)

雪に備えて大戦争

疲労困憊でする。
心音が疲れた時のやつですね、あからさまにやばいのがわかります(汗
今日は明日の雪予報に備えて畑の撤退大作戦を実行。
おかげさんで死にそうです―本日訪問お休み、早く寝ます。


P1090685_縮小

まずは本業をぱぱっと時短で済ませてから残っていたストロンボリの収穫をしました。
収穫後に株を引き抜いて撤去準備。
結局雪のあと撤去ではなく雪の前に撤去することにしたんですよ。
撤去といってもこのまま捨てるんじゃなく、小屋に退避して後で処理するという手。
つまり本日この1300株程度をすべて引き抜いて持っていくというまさに大戦争。

P1090686_縮小

しかも途中この蔓あり豆のところも撤去したので、時間が・・・
おまけに大雨、最悪な環境の中作業を進めます。





なんやらかんやら作業開始から約5時間後、ついにミッションコンプリ――ト!

P1090687_縮小
P1090689_縮小

1か所に集めるととんでもない量ですね。
初めは人力で運ぼうかと思ってたんですがね、
雨のせいで株の土が離れれない&土が水を吸って重いという地獄を味わいまして、
結局コンテナ持っていって軽トラに積んで4往復ほどで運びきりました。
真っ暗な中ライトもつけずよおやったもんだ。バカの極み(呆

P1090690_縮小

収穫物も大量。
未熟も大量に採ってますが今回ストロンボリ10数キロ一回で収穫。
乾燥が・・・間に合わんですよ――


今日の作業は寸前で計画したので突貫工事にもほどがあったんですが、
やればできる男、地獄の1日を乗り切りました―
これであと畑はニンジン・キャベツ・大根だけか。
目下ニンジンの大量収穫をしないといけないのが悩みだね(笑
とりあえず雪前に夏もの完全撤去完了でございます―


2016-11-07(Mon)

黒豆撤収してきた

どもー
雪リミットが近づいてきているため作業が山盛り、スパートかけてます。
今日は雪前撤去しないといけない豆のうちの1つ黒豆を引き抜いて小屋にもっていきました。

P1090674_縮小

ストロンボリの収穫した後に行ったので時刻は5時過ぎ、ほぼ真っ暗。
まずは黒平豆の方から撤収。

P1090681_縮小
P1090682_縮小

株はまああるんですが・・・豆はない(泣
虫被害で初期生育が悪かったこと、カメムシがたくさんついたことが要因だね。
といっても黒豆をまともに収穫したことがない手前、
うまく育てることができてないってのが一番大きいかね(汗
まだまだ力不足だ。

P1090675_縮小

一方普通の黒豆、玉大黒の方も撤収。
こっちのが遅くやってるためフラッシュないと映らない(苦笑

P1090683_縮小
P1090684_縮小

こっちの方が株は少ない感じだけど豆は取りあえず確認。
うーむ株自体はよさげだったけど豆がないというのはどうしたことか。
なかなか黒豆というか枝豆というか大豆というか・・・うまくいかんね。
豆でまともにできてるのってつるなしインゲンと小豆だけじゃん(大汗
今年はほぼ全部だめだめだったね・・・


とりあえず撤収するだけしてきました。
あと明日残っている蔓あり豆どもを片づけて、ペペロンチーニも撤収しないといけない。
・・・明日が決戦の一日となりまする。
厳しい戦いに備えて今日は早く休むことにしよう。


2016-11-06(Sun)

ヘチマカーテン撤去・落下ヘチマを煮る

今年もグリーンカーテンとしてヘチマを植えたんですが、
今年は直播だったりまきどきが遅かったりして肝心の時期には使い物にはならず(汗
まあそれでもいくらか実は着いたんですが、まだ何とも言えない大きさ・・・
しかし雪囲いもするし、そろそろ撤去するか―と本日の昼に撤去しました。

P1090668_縮小

ひもを下げたものにからませているので、上の結び目をほどけば全部落下。
落下させる前に採れるものは採っておいたんですが、
中途半端な高さにあるものは手が届かずにそのまま落としまして。

P1090669_縮小

結果意外とへちまがもろくて傷が・・・
小さいものは真っ二つになりましたしね。

P1090665_縮小
P1090666_縮小

左3つは普通、右の大きいやつが落下。
傷ついたままにしてはいられないので、急きょ昼休みに煮てしまうことに。
今日は昼寝して仕事を―と思っていたのに予定外の仕事が増えた(汗

P1090667_縮小

去年同様に鍋で煮ます。
今年は真っ二つで煮てみることにしました。
去年のやつは良かったんですが、小さくて体洗うにはだめだったもんで。




1時間ほどかけてぐらぐらと煮こみまして、
その後さましてる間ずっと畑で作業、帰って来てから様子見したのがこれ。

P1090670_縮小

良く煮えています。
今回はつきっきりで火の番したからね。
杉の枝葉を拾ってきてガンガン焚きました。
しっかり煮えているので、

P1090671_縮小

ぺろーーん
相変わらずこれは気持ちがいい(笑
若いかなーと思ったんですが、意外としっかり繊維ができてました。
これなら体洗うのに使えそうな強さです。

P1090672_縮小

皮をとって種をある程度洗い流したのがこれ。
きれいになってますよ。
あとは残っている果肉をしっかり洗って、挟まっている種を取り除いて乾かすだけ。
天気が悪くなるだろうから乾くのには時間がかかるだろうけど、ここまでくれば大したことじゃないからね。
出来上がりが楽しみだ。


ヘチマたわしって使ってみると結構いいもんで、
こうしてへちまを扱ってるだけでも手が結構すべすべしてくるからすごい。
うまいこと大量生産でも出来りゃあいいんだけど、
発芽ばらばら、実付きが遅れる、煮るのが大変って3拍子あるからね(汗
前2つは自分の栽培能力だろうけど煮るのはホント大変だ――
残りの3つも煮てみるけど、たぶん若いから使えないだろうな。
グリーンカーテンの副産物だからできればいいか程度だけど、
やっぱり副産物をメインで作ってみるのもありなのかねぇ。


2016-11-05(Sat)

これが最後の収穫か、ペペロンチーニ収穫

今日はむわーっと暑い1日となった。
暑いといっても20℃までないけれど、久しぶりに上着のいらないあたたかさでした。
おかげで外の作業がはかどる。

P1090655_縮小

何度か書いてますが、ついに雪マークが出現してしまったので、
撤収するものは撤収、置いとけるものは置いとくと作業を急いでいるんですが、
悩ましいのがこのペペロンチーニなんですよね。
まだまだ実はあるけれど、寒さで葉がなくなってきている。
完全に残っているものを収穫しきることは不可能なのはわかっているものの、
色付きが微妙なものはどうしてもしっかり色づかせたいんだよねぇ。

P1090654_縮小

中には未熟果の状態で悪くなってきているものもあるので、
あきらめて引っこ抜くか、それとも雪を一度やり過ごしてから撤収するか悩んでます。
問題は雪がどの程度積もるかなんですよね。
これがわかるのは近辺になってからなので、今はとにかく収穫できるものを収穫しきってしまうことに。

P1090656_縮小

寒さのせいか肉厚のものまで裂けるものが出てきた。
エトナは熟す段階でパリッと裂けてふにゃっとなってることはあったんですが、
どうも今はパンッっと破裂したかのような裂けかた。
もったいないんだよねぇ。
完熟して裂けて種使えるのであればこれも収穫しますが、
まだ完全に深い色まで熟しきってる感じじゃないのも避けているのでこれはただの廃棄です。
まあ・・一応種はしっかりしてそうなんですがね。

P1090658_縮小

本日エトナの収穫完了、乾燥が追いついていないのでテーブルに広げておいてます。
干しかご3つもずっと満タンだしね(汗

P1090659_縮小

未熟でだめになっているってものも多数ですが、
中には軸の部分だけダメで実は何ともないというものもあるので、
そういった未熟果は収穫してきて干してみています。
未熟の方が辛いとか何とか聞いたことあるけどどうなのかな?
もしかすればただ辛くて旨味とかが薄いのかもしれないね。

P1090660_縮小

徐々に干したものもたまってきています。
さっさか売り飛ばしていかないとね。
まず今は優先順位として収穫を頑張ります。
明日は朝からストロンボリ収穫で忙しいど――


2016-11-05(Sat)

つるなしインゲンも撤去

あれこれ撤去が進んできてますが、
小豆に引き続きつるなしインゲンも撤去しました。

P1090653_縮小

つるなしインゲン撤去でついにサツマイモ・豆畑が空っぽになった。
今年度の栽培が終わりましたね――ご苦労さん。

P1090663_縮小

小豆も莢がまだついていたんですが、インゲンも同じく。
特にインゲンはもう少し早くあきらめてれば莢インゲンで食べられたんだよなぁ。
少しもったいないことをしてしまった。

P1090657_縮小

ついていた莢のうち豆が結構出来上がっているけれど枯れていないものは収穫。
青い莢の小豆とともにこれがどうなるか実験みたいなもんですね。
うまく豆になるのであれば、早どりで収穫という手を使えるようになりますね。
結果が出るのはもう少し後。

これで残っている豆は蔓ありの豆と黒豆になった。
水曜に雪という予報なので、なんとしてもそれまでには撤去してしまわないといけないので、
明日から3日間はとにかくイベント目白押しだね(汗
休みなんてねぇ、大忙しだ―――


2016-11-04(Fri)

お化け白ニンジンの漬けもの食らう

どもー
相変わらず寒いですね。
どうやら確実に雪マークがつくようなので現在畑での作業が大詰め。
根菜類はいいとして、ペペロンチーニどうしようか・・・・


いろいろと忙しいんですが、先日お化け白ニンジンで紹介したバカでかいニンジンを漬けものにしたんですがね、
それが出来上がったので試食をしてみたんですよ。

P1090648_縮小

まずは2本あったものの小さい方で作った酢漬け。
緑色だったところは徐々に黄色に変色してきました。
白い部分は真っ白、うまく大根としてだませそうな感じだ(笑
味ですが、意外なことに緑の部分の方がニンジン臭が強い!
最初噛み始めるとニンジン臭が結構来るんですが、徐々に酢の味、甘味が出てきますね。
なかなかおいしいですよ。

もう一方800グラムもあった方のニンジンですが、こちらはみそ漬けに。

P1090649_縮小

酢漬けにしたものがやたらに水分を多く出したので、
このニンジンはかなり瑞々しいニンジンであることが判明、
一度塩を振って水抜きをしてから漬けてみました。

P1090650_縮小

自分の家の味噌+味醂+ハチミツ。
袋に入れてもみこんで放置。

P1090661_縮小

・・・やっぱり水が出まくり(汗
このニンジンは普通のニンジンよりも含水量が多いのかもしれないなぁ。
これをいぶりがっこにするのは難しいのか??
しわしわになり過ぎてだめかもね。

P1090662_縮小

で、こちらがみそ漬けにしたニンジン。
こっちは緑色がそのまま、たぶん酸のせいで黄色になったんでしょうね。
味は・・・白い部分はおいしい。
ただ緑の部分はなんだか苦みがある感じがする・・・
はっきりと分かるような苦っっていうえぐみではないけれど万人向けにならないような。
このでか過ぎニンジンのせいなのか、塩降ったのが余計だったのか不明ですけど、
ちょっとこれは試行錯誤が必要な感じがします。
何度かつけてみてどうするか決めたいですね。


漬けものっていろいろあるんですが、ニンジンを漬けて一番おいしくなる漬け方って何だろうね。
皆さんがやっている漬け方でこれぞってのがあったら教えてくだされ。
わたしゃ次は塩麹を試してみることにします。


2016-11-03(Thu)

聖護院大根収穫してもよさげなサイズ?

どもー
今日も10時過ぎあたりまで穏やかな天候だったんですがね、
低気圧の通過に伴って急激に悪化して暴風が吹き荒れましてね、

P1090651_縮小

ブッとひと吹きであっという間に不織布が飛んだ(泣
また直しに行かないといけないことがこの時点で確定してたけど、
夕方にならないと風が弱くならないので放置、

P1090652_縮小

いざ直しに行けば花豆の支柱までもちあげられてガタガタに(汗
すさまじい暴風が吹き荒れましたわ。
不織布が激しくばたついたので押さえていた支柱もどっか飛んでいってしまって見つからないしホント大変でした。
冬型が来てますねぇ。来週は確実に初雪が来そうな雰囲気だ。

さて、
相変わらず本業が忙しいので畑の作業はぼちぼちしかできていないんですが、
今日は直しもあってホント短時間作業のみ。
一応現状の見回りをしてみたものをご紹介。

P1090570_縮小

今年は大根がしっかり大きくなっています。
聖護院大根は普通の大根よりも葉っぱがこんもりしますね。
これだと大根本体に霜が当たる心配が皆無で素晴らしい。

P1090571_縮小

発芽がまばらで穴だらけになったのはもったいなかったですが、
残ったものは大体がしっかり大きくなったのでいい出来だ。
去年からすれば格段にレベルアップしました。

P1090572_縮小

大きいものの見えているところが10数センチというところ、もう少ししたら収穫してもよさげですね。
聖護院大根の収穫サイズってのが調べても様々で、
例えば4キロくらいまで大きくなることもってのがあったり、
1~2キロ前後ってのもあったり、どれが正しいのか分からん(汗
まあ大体2キロくらいで採るってのを採用したいと思いますが、
実際どのくらい大きくなれば2キロくらいなのかがね・・・分からん(汗


種をまいたのが8月15日、大体80日たってることになるね。
収穫日数が70日くらいからとなってるので、もう収穫期に入ったんだな―
まあス入りが遅いってのがありますから、優先的にやらないといけないことをやった後にしようかな。
収穫は一度雪降った後くらいに考えておきます。


2016-11-03(Thu)

もやしもん

       P1090576_縮小

           もやしもん  石川雅之

今日はマンガの日っていうこともあって漫画のご紹介。
もやしもんは知っていたけど読んだことのなかった漫画。
特にどんな内容なのか興味もなかったしどうでもよかったんですけど(汗)、
購読していたマンガが連載終了して何か面白いまんがないかな―と調べた結果、
意外とこのもやしもんが面白いというのがあったのでブックオフあさって買ってきたわけだ。

タイトルのもやしもんですけど、あの家計の味方のもやしじゃなくて、
種麹のことを指す言葉なんだってね。
いまも酒造メーカーではもやしって呼ぶみたい。

菌が肉眼で見える麹屋の子供の主人公と友人の酒蔵の子供が農業大学に入って
いろいろと発酵に関することをしていくってところなんですがね、
酒造りがメインっていう感じですねやっぱり。
ビールやらワイン、最後は日本酒。
やたら酒のうんちくが仕入れられる(笑
発酵がテーマだからしょうゆやみそ、漬物なんかも作ったりして、
身近なものがどういう風にできているのか知ることができる。
発酵ってのはすごいもんだ。

ここ横手市も発酵を打ち出している町なので、
私がこれを読む前に横手市×もやしもんでコラボしたりしてたみたいですが、
まあそのあたりはね、どうでもいいよって感じだったからね(汗
実際今ニンジンとか大根を漬けたりしているので、
もうちょっと早く知ってれば―って感じだ。
ま、知ってたからって何か変わるわけでもないけども。


途中食料自給率がどうたらってネタがあったんですが、地味にそれがいちばん興味深かったかなぁ。
生産してる側からするとなんかそうなのよねぇって重かった。
あとは・・・椎茸の学名がエドデスってのおもろいネタだったね(笑


ちなみにここ横手は日本酒ありワインあり、ビール用のホップあったりどぶろく特区になってたり・・・
いぶりがっこ発祥の地だったりまあ様々ありますね。
それもやっぱりコメどころであり麹文化ってのがあるからでしょうね。
発酵の町で発酵の漫画を読む、頭に入れておいて損はないね。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村