2017-02-28(Tue)

2月ぎりぎりで唐辛子まき終わり

どもー
今日はガッツリ快晴、ポカポカ陽気でしたよ。
道路がドライってのは今の時期では信じられん・・・

でーすーがー

それはあくまで日中のはなし、朝方は放射冷却がきつく、氷点下10度近い冷え込み。
そりゃあもう息をするものきつい冷え込みになりました。
おかげで洗濯機の水道凍りましたし(汗

P1100257_縮小

陽の当らない崖っぷちはがっちり氷で埋め尽くされてました。
近くで見ればでかいつららなんでしょうけど、雪深くて近づけませんのよ。
でもまあこんな風になっちゃうくらい冷え込んでしまいました。
放射冷却は怖い。


さて、
実は昨日届いていた注文した種、
ただ時間の関係で昨日はまけなかったので、2月最終日の本日まき終えました。
ギリギリでしたがどうにか2月中にクリア。

P1100258_縮小

今回はエトナの注文がたった3袋です。
自家採種のものの方が多いですね。
去年は全部で10数袋だったからなぁ。
ほんと去年はとんでもない量まいたもんだ。

ちなみに他に来た種は、

・オクラ スターオブデイビッド(ダビデの星)
・パースニップ
・ビーツ (黄色)
・おまけのあさがお


でござい。
パースニップは白ニンジンに見えますが別物。
白ニンジンで調べると混ざってヒットしますが、ニンジンではない。
ここら辺面白そうなのでやってみます。
オクラはリベンジ、ビーツは初チャレンジですね。


P1100259_縮小

本日は残っていた280ポット分まいた。
注文した種は全部で183ポット分でしたね。
余ったところに自家採種のものをまいておいたわけです。
それにしても自家採種のものの種まきしようとすると、
刺激物質が飛ぶのでくしゃみとせきが止まらなくなりますね(大汗

こんなにきついとは思ってもみなかった・・・・
催涙スプレーとかってこんな感じなんだな。やばい。

P1100260_縮小

今年もいつも通り棚下の温水パイプ上に設置してますが、
変わったのは底上げしないで直に置いているところ。
いつもは手前にあるパイプの上に置いてましたが、それだとうまく熱が伝わらないので今年は直に。
なんせ試験したところがボイラーの上で問題なかったわけですからね。
少しでも暖かくしてやらないと。


まず600ポットまき切って、苗が500前後できれば御の字という考えです。
去年の種のストロンボリ、自家採種分のエトナはどうなるか不安はありますけどね。
どうなるかは約2週間後、無事そろってくれるといいんだが。


スポンサーサイト
2017-02-27(Mon)

変なきのこ パートX

本日重要なことでお出かけしてきた。
4月からあれこれと生活が変わるので準備に忙しくなりそうだ。
まあそのことに関してはまた別の機会に。

今日は変なキノコが取れたよーっていう何度目かのネタですね。
きのこ栽培してるからこそ出会える奇形キノコ、パート何でしょうね(汗
何度かやってるから忘れちゃったよ。

P1100240_縮小

今回は親子。
まあこれくらいだと普通に見えるんですがね、

P1100241_縮小

よく見ると軸が裂けて2つ目の小さい奴ができてるわけで。
要するに2つ目は木についてなかったわけだね。
1個が2つに分裂っていう感じに近い、面白キノコだね。
傘に奇形が出ているわけではないのでこれはこれで普通に食べられますし、
LSクラスには入れられるような奇形ですね。


P1080286_縮小

おつぎ、
こっちは結構前に撮ったものなんですが、傘がパクっと割れてます。
こういった割れるものってのは奇形の頻度としては多めかな。
この割れ塩梅はまだ軽度、ひどいと軸のとこまでガッツリ真っ二つです。

P1080285_縮小

こうやってポットに入ってると多肉植物のリトープスにも見えなくもない(笑
食いもんでいたずらすんな――(爆


ま、こんな感じで今日もまた変な形のキノコが出てきます。
まんまる椎茸なんてのは意外に出てこなかったりするもんです。
・・・品種とかウンタラいう前に技術の問題もあるだろうけど(汗
また普通じゃないキノコが出たらアップします。
おたのしみに。


2017-02-26(Sun)

予定狂ったけど種まきだ―

3日連チャンネタですが、ついに種まきをしました。
本当は午前中に土詰め作業をして・・・と思っていたのに、
二度寝して11時には起きて作業しに行こうと思っていたらうっかり寝過ごし(汗
ま、しゃーね―と午前中はゴロゴロして、午後からいざ作業へ!


・・・ところが

予定としたら今日届いてもいいはずの注文した種が届かない。
待てど待てどこない。
時刻2時半、いつもなら来るはずなのに―と思っていたら、

「今日郵便来ないからなー」

あ・・・・・・・

失念してた、日曜は来ないということ。
金曜発送だったので今日確実だなーなんて思ってたんだけど、
残念ながら今日で種まき完了とはいかなくなってしまった。


まあしょうがねぇ、これは自分のミスだ。
なのでまけるものをまいて明日以降で終わらせようと。
いざ作業へ向かいます。

P1100249_縮小

まず昨日終わらなかったポットの土詰め作業をしてから種まき開始。
まずは去年残したストロンボリの種1袋分。
これは正規品なので1粒ずつまいていきます。
一応2018年までの期限なので大丈夫なはずだ。

P1100250_縮小

こっちは発芽試験した自家採種のエトナ。
自家採種であることと種が沢山あるので2粒ずつまきました。
それでもまだ大量に残った。
自家採取は果実20~30個もとればまききれないだけの量の種がとれそうだね。

P1100253_縮小

今日は全部で8箱分320ポットまいたことになる。
白い目印のやつがストロンボリ、1袋で119ポット分あった。
残りは全部自家採種エトナ。
今年は500くらいを目安にしてるんですが、残りは正規のエトナの種が届いてから。
あまり自家採種のものを多くし過ぎると植えたり収穫が大変になりますからね。


これでまず唐辛子種まき第1弾は完了となった。
今年は温水パイプに直でおいてみることにして様子を見てみます。
最悪火曜で唐辛子の種まきは終えたいですねぇ。
いよいよ本格的に今年の畑準備スタートです―

ちなみに・・・

P1100251_縮小
P1100252_縮小

発芽試験のものは現状こうなった。
どんどん出てますね。
ボイラーのところは雪が早くなくなるのでいくらか他の場所よりは明るいですが、
やはりこのままいけば徒長まっしぐらでしょうね(汗
加温しっぱなしだとどこまで生育早くなるのかな?
植え付け適正値でまだ外は雪、なんてことになりかねないね(笑


2017-02-25(Sat)

ポット詰めを急げ!

今日は朝起きたら結構雪が降ってました。
近所のおばさんと
「もう3月になるってのにまだ降るなぁ」
なんて話をするくらいまだまだ当地の冬は続きます。

P1100244_縮小
P1100247_縮小

昨日と一昨日、国道の高く積まれた雪を崩す作業が行われ、
大分見通しもよくなり、冬もひと段落かなーなんて思ったもんですが、
やっぱりまだまだ気は抜けませんね。
3月半ばくらいまでは冬の気持ちですね。


さて、
昨日から種まき準備をしているんですがね、
思ったが吉日、明日種まいちゃうべし、と本日ポットの土詰め作業を頑張りました。

P1100248_縮小

昨日は80ポットだけでしたが、今日は1時間ちょっと頑張って440ポットくらいまで。
残りの足りないところは明日の午前中にでもやって、
午後から種まきをして加温に入ろうかと。
畑初めて最速の夏野菜苗作りですね。
2月中に種まきはちとリスクあるかなーと思ってたりもしなくはないですが・・・
でも例年の発芽までの時間と生育の遅さを考えれば妥当なところでしょう。

今回は一番時間がかかる唐辛子ですが、
時間をおいてトマトの残り種もまこうかなーと考えてます。
今年はトマトどうしようか迷ったんですが、種は沢山ありますし、
水煮で作った料理がことのほかうまかったりしてやろうかな、と。
早い苗作りはこの2つくらいですが、早く植えて早く収穫できるように管理を頑張ろう。
決戦は明日!!


2017-02-24(Fri)

種まき準備

発芽試験がうまくいったペペロンチーニ、
今年は早くまいて植え付けを早くしたいので、そろそろ種まき準備に入ります。
まずは発芽試験した去年の実から種をとる作業。

P1100242_縮小

発芽試験の時もそうでしたが、中でかびているものも複数存在しているので、
一つ一つ丁寧に中を確認しながら種をとっていきます。
小さい果実なんですが、意外に種の量は多いんですよね。
この量で果実1個分です。

P1100243_縮小

一握りの果実持ってきて半分程度だめだった割に採れた量がものすごい(汗
まだこの数倍の果実あるんだけど・・・無駄だね(大汗
まあ贅沢に使うことができるって考えれば、1ポットに2,3粒ずつまいてもいいかな―


P1100245_縮小

で、ポットの方も準備開始。
これはこのあいだの日曜日に買ってきた種まきに使う土。
全部でまずは200リットル。
去年は買い足し買い足しでめっちゃ量を使いましたからね。
ポット数は去年の3分の1程度と考えてますが、これで足りるかな??

P1100246_縮小

今日はあれこれやることがあったのでまず80ポット分だけポットに土をつめた。
明日、明後日で全部やりたいところ。
一応種は注文しているので、届き次第種まきできるようにスタンバイだけは完璧に。
量があると1日で終わらなかったですからね・・・

今年もなんやかんやで栽培が開始となりますね。
今年は畑にまじめに手をかけてられないんですが、まあ出来る範囲で。
去年よりはやる量は少なくなるだろうけどもその分頑張らないとね―


2017-02-23(Thu)

一輪車のタイヤ整備

毎日毎日酷使している一輪車。
タイヤをつぶすのが仕事のように毎年1本程度交換になるんですが、
そのタイヤ、ついにがたがき始めて回らなくなってしまった。

P1100235_縮小

最近カラカラとベアリングの球飛んでいってしまった風な音はしていたものの、
それでもそんなことはままあることなので動きし気にしてなかったんですが、
完全にロックした感じで動かなくなったとすれば話は別。
こりゃあだめだ―と交換しないとなーなんて思いながらベアリング周辺を見たら、
なんとまあナットがベアリングのところにがっちりと食いこんでしまってロックされてたんですよ

P1100236_縮小

本来ならば少し余裕あるようになってるはずなんですがね、
なぜかベアリングじゃなく軸自体が回ったのかナットがどんどん締まっていってしまったようだ。
ベアリング自体がおかしくなったこともあるかもしれんけど、
とりあえずこのナットを緩めて外せばどうにかなりそうな感じ。

P1100237_縮小

結局がっちり食い込んだナットを外すのにひたすら苦労をしつつどうにか完了。
軸がどうも勝手に回る感じがしたので
そこのところを調整してナットがベアリングに食い込んでいかないようにしておきました。
556を噴射して回転抜群に(笑
もうだめかと思ったけどもう少し現役生活を続けられそうです。

P1100238_縮小

とはいえタイヤがホイールからはみ出るようになり始めたし、
ホイールの塗装がはげて錆びついてきているから、
もうそろそろホイールが割れ始めてだめになるでしょうね。
やはり消耗品でしかない。

P1100239_縮小

まあ毎年重い荷物積んで数百キロ走ってるわけだから壊れて当たり前だ。
そんな仕事10年以上やってる自分の体もポンコツ化してきてるわけだし(苦笑
タイヤの様には交換できんけど、まあ体の方もメンテナンスしながら頑張っていくべぇ。


2017-02-22(Wed)

出たぞ出たぞ-発芽試験成功

今日は少し晴れてからは曇りでした。
天気は安定していたのでよかったです。

P1100229_縮小

道路の雪が見えなくなると穴ぼこが目立つように。
除雪でこうなるのは仕方ないけれど、ちょこっと埋めてまた穴あいての繰り返しですからね、
もう少ししっかりやった方が後々いいと思うんだけど・・・
そこら辺は道路管理で飯のタネになるから適当なのか?
年度末になるといらん道路工事してるけど、ここも来月には埋め立てられるでしょうね。

P1100230_縮小

あとは毎度の雪崩か所の雪の除去作業が行われましたね。
あちこち高く積みあがった雪を低くする作業が行われてます。
事故が起きる前にやる、大切だね。

P1100228_縮小

ウチの薪の上の雪は重くなり過ぎて事故ってますが―(笑
後ろにそっくりかえっちゃったよ。
今年は薪の雪おろししてませんからね―
それくらい雪の量は少ないって感じです。


さて、
前置きが長いですが、先日発芽試験のものが出ない―って記事にしてそうそうなんですがね、
ようやくいくらか発芽が始まりだしましたよ――

P1100231_縮小

キターーー
始めたのが2月7日、約2週間で発芽ですね。

P1100232_縮小
P1100233_縮小

他にもあちこちでポコポコ出始めてますので、
これで自家採種分の使えそうな種は発芽することが確認できました。
これを使って今年は苗を作ろうと思います。
と言ってもこれは交雑も考えられますので、一応種も買っておきますけどね。
買う分の種が少なくなって助かる―

P1100234_縮小

本日の水温は33度ほど。
やはり30℃以上をキープできると発芽はしてくれるみたいですね。
問題は種まいたすべてをこれでやれるわけではないってこと。
どうにかして発芽を早めるための工夫を考えておかないとね。
毎年の課題だけど、薪の少ない今年は結構難題だったりする・・・・


2017-02-21(Tue)

窓際ブルーベリーに動きあり?

今年は自室窓際で越冬しているブルーベリー7号鉢。
自室と言っても無暖房(マジ)なので室温は冷蔵庫並み。
それでも窓際のおかげか、暖かい日が続いたこともあり、どうも動きがみられました。

P1100219_縮小

動きありと言ってもほんのちょこ―ーーっとですけどね。
花芽が僅かばかり緑色にほころんでいました。

P1100220_縮小
P1100222_縮小

これらもね。
上のものはサザンハイブッシュなので動きだしが早くても分かるんですが、
下のものはノ―ザンハイブッシュチャンドラー
こいつが動き出すってどうなのよ(汗
たぶん一番私の生活圏に近いからだとは思うけども、
私という熱源はそんなに影響力があるのか(笑

P1100223_縮小

こーんな感じでまだまだ静かに越冬中。
ということで水やりはまだ大丈夫なはずだ。
3月に入ればちょくちょく見てやらないと惨事を繰り返すことになりかねませんが・・・・・
気をつけよう。


ベランダよりは気温の上昇は低いので遅いかな―とは思ってましたが、
意外と動き出しが早くなりそうな感じが見受けられました。
予期せぬ促成栽培になるかもしれないけど、生育期間とれるならまあいいや。


おまけ。

P1100105_縮小
P1100106_縮小

挿し木したこいつらは小屋の加温ハウス入りしたけど全く動きなし。
敏感なものもあればこうして鈍感なものあり、なかなか不思議なものであるよ。


2017-02-20(Mon)

動きあり、動きなし

今日はまた雨、結構本降り。
これから雪に変わって大荒れでしょうね。
まだまだ春は遠い。


と言っても無加温状態で越冬している鉢やプランターには動きのあるものもちらほらと。
意外と温度変化には敏感なようです。

P1100215_縮小

最も動き出しているのがこのプランターにら
適当に育てているので全然太くはないですが、毎年しっかり育ってます。
今年も知らぬ間にぐんぐん伸び出してまして、
陽の光が薄いためか何もしてなくても黄にら状態だ。

P1100216_縮小

もう一つの方はさらにジャングル(大汗
ただこちらも伸び出してまして、にらってのはかなり強いもんだな―と。
なぜかこっちは黄にらじゃなく普通のものですがね。
同じ条件なのに不思議ですね。

P1100217_縮小
P1100218_縮小

こちらは球根のイキシア。
小さな球根も大きな球根もこの寒さでも伸びてます。
去年もそうでしたが、イキシアは無加温でもぐんぐん伸びますね。
日当たりが悪いから後々徒長気味になってしまいますが・・・
ま、元気なのでよし。

P1100209_縮小

一方で一向に動きの無い発芽試験ペペロンチーノ。
なんかよくわからん草は発芽してますが(汗)、肝心のペペロンチーノは出てこない。
結構熱あるから早く出るかなーと思ったんですがね―
想定外に遅くなってます。
というか暑過ぎて発芽できないとかなのか??
このままだと購入種子をどうするかかなり問題になってしまうなぁ。
早く出ろ出ろ――


こんな感じで勝手に春を感じ始めてるものとそうでもないものとが存在しています。
時期的に言えばもうかなり春に近いので、いろいろと目覚めも起きてくるでしょうね。
そろそろ本格的に夏野菜の種まきも検討しないといけないなぁ。


2017-02-19(Sun)

かまくらはまだありました。

15,16日に行われたかまくら。
今年はかまくらができ始めてからずっと気温が高めだったので、
祭り当日は補修作業で大変だったみたいですね。
そんな状態のかまくらですから、すぐにでも壊しちゃうのかなと思っていたんですが、
本日買い物に行ったらまだ残っておりましたよ。

P1100224_縮小

車を走らせながらなのでどこ撮ってんだって話ですが、
とにかく窓にカメラ貼り付けてバシバシと(汗
ちゃんと前方むいてますからね、言っときますけども。
だからこそこんなわけわからんことになってるんですよ――

このときの天気が最悪で、ホワイトアウトしまくり、視界50メートルもないような状態でした。
最悪な状況下で走ってて買い物に来るんじゃなかったかと・・・
午後からは落ち着くって言ってたんですがねぇ。



とりあえずここを通り過ぎ1件目の店に寄っていたら天候回復、

P1100226_縮小

3件目に立ち寄ったら店の近くにかまくらがたっていました。
週末まではもしかすれば観光客がいるから残しておこうって魂胆かな?
ただ、近くで重機が動いてたので、今日壊しちゃうのかもしれないね。
小正月行事かまくら、本番は見にくることはないけれども、
こうして名残を楽しませてくれますね。


2017-02-18(Sat)

はかどらないね、2回目のF103

昨日まではずっと暖かく雨降ったりしてたんですが、
今日は一転寒い寒い雪の1日。
明日まではこの寒さ続きそうで、来週も結構寒さのぶりかえしがありそうだ。
雪の質感が全然違うから寒いのがよくわかる。


さて、ハウスの中では爆裂発生のF103の2回目発生が進んでいるんですがね、
相変わらず全然速度が上がらなくダラダラと生育してます。

P1100214_縮小

ようやく休養舎への移動は開始できてきてはいるんですがね、
半分程度ずつ移動できずに残っていってしまうんですよね。
こうなると棚が空にならないので次の発生操作に移れなくなるから困ったもんで。

P1100210_縮小

手前にあるのが発生操作待ちのF103、
奥から積んできているのが今休養に入ったF103。
本来ならもう3分の1程度移動してるはずなんですがねぇ。
休養が遅れています。
次の発生に影響が出るかも。

P1100211_縮小
P1100212_縮小

次は又このF613になるんだろうけど、
こっちは最初の時よりも休養期間がとれているので回復はしているはず。
ぼちぼち追いばえも出てしまってるけどね。
この本数が大したことないからF103の移動は早くしたいところだけど、
温度上げてもなかなか進まないのはもどかしいっす。

P1100213_縮小

まあ、もしかすればF613の後に長期休養に入っている
ブルーシートの下のホダ木の使用が始まる可能性もあるかな。
まだちょっと早いかもしれないので、F613-F103が3順した後になるかもしれないけどね。
何にせよ使うホダ木がなくなるし、休養期間も短くなるので、
さっさとF103の発生が進んでほしいもんだで。
だらつきは最大の敵だ――



2017-02-17(Fri)

嘘・大げさ・紛らわしい

北の暗殺ってのは日常茶飯事のことらしいけれど、
そんなことが日本で起きてたら恐ろしいですね。
日本で日常茶飯事に起きると言ったら[嘘・大げさ・紛らわしい]情報の垂れ流しでしょうかね。
これに関しては日本というか世界中で起きてることかもしれないけれど。

今回そういった情報出たのはサプリメントの成分についてね。
よくテレビなどでやっていた豆鼓エキスとかのトクホ(特定保健用食品)取り消し
この成分が本当に効いているのか、そして含まれているのかという明確な情報が出なかったので、
初めてトクホ指定を取り消しになったそうだ。

こういうのは景品表示法違反ってやつになるわけですが、
実際のとここういうのってめちゃくちゃ多いと思うわけですよ。

・これを使えばシミが消える
・これを摂取すれば痩せる
・なんとか病に効果を発揮


健康に関するものってのは何らかの効果が科学的にはっきり示された上で無いと
ほぼ全てが嘘っぱちの情報になってしまいますよね。
ただこの効果が出ているのかどうかってのがはっきりわからないことがあるから難しいもんで。


こういう誇大広告みたいなもん、自分では関係ないかな―とは思うけれど、
もし引っ掛かるとしたら、

椎茸食えばがんが治るぞ―

でしょうね。
一応抗がん成分はあるみたいだけど直すわけじゃないですからね。
ぎりぎり「椎茸には抗がん成分が含まれています」は大丈夫か・・・アウトかな。

美容・健康に関するものってのは素人目にはそれが本当に効くのかどうかってのはわかり様がないですからね。

ナントカ酸ナンタラカンタラが体のウンタラカンタラに作用!

こう言われても化学やって専門知識でもない限りわかるわけがない。
ちょっと考えればわかるようなパチモン情報ならまだしもですが。
頼むからホントかどうかわからないような効くぜ!というような情報はやめてほしいもんですね。

P1070393_縮小
      椎茸は体にいいからどんどん食べよう(笑


2017-02-16(Thu)

薄皮ずんだクリームパン

いや―最近はいろんな出来事があってなにをどうもって来るか悩みますね(汗
アメリカのダムだったり、幸福の科学だったり、北の暗殺だったり。
でもやっぱり、まさお、いやジョンナム氏暗殺は大きいねぇ。

まさお

北の人間にしちゃあまともだっただけにね。
この人が後継者だったら北もかなり変わってたかも知れんねぇ。
あ、その前に刈り上げ君に暗殺されそうか・・・
刈り上げ君、ホント暴君だな。
VXガスとか怖すぎる・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて本日は小ネタ。
いつもの薄皮パンシリーズだよー

P1100073_縮小

あまり買い物に行かなくなったので新商品もなかなか出会わないんですが、
ずんだクリームパンなるものを発見したので。

P1100074_縮小

中身は薄い緑色のクリーム、ずんだというとつぶつぶした印象なので、
これはそういったものとは全然違ったただのクリームって感じ。
味の方もずんだ―っていう風味が全然ない・・・
これは・・・ずんだクリームとしては大失敗じゃねぇのか。
パンと合わせるということでこうなったのかどうかはわからんけれど、
うーむ薄皮パンシリーズではこれはかなり下位になっちまうなぁ。
ずんだならずんだをもっと押してほしかったね。

今年も春のパン祭り始まって薄皮パンシリーズは点数稼ぎでお世話になると思うけど、
また新しいもの出るかどうかね。
このシリーズはあまりはずれは無いけれど、さてさて。
そういや今年は24点で1枚だったね。なぜに1点引いたのだろう??



2017-02-15(Wed)

湿度ときのこの水分量

きのこの水分量は湿度と密接な関係にあります。
湿度が高いときのこは水っぽく、低いと乾きます。
これはきのこが空気中の水分を吸うからで、乾き過ぎても湿り過ぎても問題になります。

P1090977_縮小
P1090978_縮小

同じ品種ですが、湿度の違いで外見の色合いが異なります。
白っぽいものが一番水分量が少ないもの茶色いものが水分量が多いものになります
この時点では水分量が違うだけで、キノコ自体には全く問題はないのですが、
水分量が多いと黒く変色しやすいことから出荷する際には嫌われますね。

P1100016_縮小

出荷先でこうなったらクレームもんです。
なので湿度管理も重要なファクター。


かと言って乾かせばいいかと言えばそうでもなく、

P1100204_縮小
P1100206_縮小

乾き過ぎると成長しているものにこうして青カビがつくことがあります。
これが出ると乾き過ぎているというサイン、散水などで湿度調整をしないといけません。

P1100203_縮小

これは青カビが出て消えた後ですが、
変色してしまうためよくないですね。
カビが出た場所は赤黒くなってしまうため取り除かないといけません。
これもまた出荷の際に気をつけてやらなくなります。

こういったことは冬場に温風機をガンガン回していると起きがち。
何℃か室温を上げるだけで湿度が20%近く下がりますからね。
温度調整とともに湿度調整しないといけません。


乾燥しいたけなどではひび割れたキノコ、つまり乾き気味のキノコにするようにしたりしますが、
それもやはりある程度の水分があってこそのもの。
湿度はあり過ぎてもなさ過ぎてもだめってことです。

乾   ・生育が鈍化、青カビの発生

湿度 

湿   ・膜切れが早くなる、傷みやすくなる


どちらに転んでもデメリットは存在します。
栽培管理ごとに湿度には結構気を使うものなんですよ。
きのこだからじめじめしていればそれでいい、それだけではないキノコ栽培、
実はなかなか奥が深いんですよ。



      
2017-02-14(Tue)

本日も平穏なり。

今日は本業があまりにも作業がないので雪下ろしを。
いかんせんキノコが生育しないことには休養させるために移動できないからね。
さっさとやりたいけれど足止め喰らってます。

P1100197_縮小

朝飯に双子ちゃん卵を食らい、さあいざ一番でかい屋根へ。
以前2時間のトップスピードで作業を終えたんですが、今日はじっくりやろうじゃん。


P1100200_縮小

今日の屋根の雪は先日のものすごい湿った雪が上に乗っかっていて大変だった。
下は気温上昇によるザラメ、上は湿ってまとまる重い雪、作業としては非常にめんどくさい。
やっぱりじっくりのんびりやらないとね。
写真は最後の削り作業をしてるとこ。
最初にこれやってしまうと滑って落ちる―

P1100201_縮小

今年は連続して降らないので
このブルーベリーが冬越ししている小屋の雪下ろしがないので助かってます。
勝手に落ちてくれますからね。
落ちないようになっているところだけの雪下ろしなので今年は作業が少ないかな。
とはいえ私自身はきのこ小屋2、車庫1、この場所2でめっちゃ雪下ろしてるんだけど(汗

で、
休憩とりながら作業終えて汗だくで家に入ると、作業時間が・・・
まさかの2時間(大汗
あれーおかしいな・・・・・
かなりのんびりやってたはずなんだけど、雪の量が少なかったからかな?
結局のとこ自分でブレーキかけてるつもりになってただけか。
はぁ、ブレーキの壊れた暴走特急だね
やり始めると没頭するのはイカン癖なんだろう。


そんなわけで午前中雪下ろしして疲れたので、
午後から休養しつついつもの乾燥作業。

P1100202_縮小

今日もニンジン、厚切りのやつも。
毎日毎日よくやるよ。
なんというか毎日のルーティーン、変わりない日常、
本日も平穏だったなぁ(笑
ありがたいこった。


2017-02-13(Mon)

ニンジンはどう干すのがベストかな?

今日の朝の雪はしんどかった。
とんでもない湿り気、重すぎて朝からくたくたでしたわ。
最近ちょっと気温が高くて雪の質がよろしくないですね。
除雪で一番厄介なのが湿った雪、こういう雪はどかっと降らないでほしいですねぇ。

さて、
かぼちゃ乾燥も結構進みまして、そろそろ白ニンジン加工にも着手。
できそこないは生売りするとして、でかくなったキャロットブランを干します。

P1100198_縮小

左のものが生売り用のできそこないスノースティック。
キャロットブランのサイズがかなり異常(苦笑
こうやってでかいと逆に生売りするのが難しいので、加工しようかとね。
で、いろいろと干してみたんですが、

P1100186_縮小

ニンジン干してわかったこととして、パリッと干せないってこと。
いや、やり方によってはしっかり干せるんですがね、
いつまでたってもグニャ―っと水分もったような感じで乾燥しきらないことがありました。
なので干し方をいろいろとやってみたんですよ。

P1100187_縮小

まず基本的な輪切り。
1ミリ程度のかなり薄切りです。
これくらいだとパリッと乾きますね。
逆に厚くなるとグニャ―が始まります(汗
煮物で使えるような厚さを求めてやったところ全くだめでしたね。
このニンジンの特性かねぇ。

P1100188_縮小

次に千切り。
緑化した部分も混じってますが白ニンジンです。
これもかなり細くしないとだめでした。
細くしたのに乾かない場合もあったりして、切り干しニンジン作りもなかなか難しい。
大根が簡単なのにニンジンが難しいのはなぜだ・・・

P1100189_縮小

最後にピーラ―でそいだもの。
白い部分だけと混ざりの2パターン。
これは薄さがすごいのですぐ乾きます。
ただこれをどう使うのかと言われると・・・
おまけにパリパリなので粉末になってしまいやすいですしねぇ。
逆にこれを沢山やって粉末にするのも手かもしれないけど面倒だ。
なかなかニンジン乾燥がうまくできない。


とりあえず最も量をこなせる輪切りの薄い奴で進めて行こうと思いますが、
どうして同じように乾かしてて他のものと違って乾きにくいのかがわからないと
大量にあるのでなかなか加工が難しくなってしまいますね。
1センチぐらいのぶつ切りで乾かせたらいいんだけどねぇ。
ニンジン干しには手を焼きそうです。


2017-02-12(Sun)

サツマイモ粉で団子&プリン作り

本日は昨日作り終えたサツマイモ粉で調理実習。
昨日更新した後にレシピをいろいろと探しまして、できそうなものをチョイス。
今回は団子とプリンを作ることに。

どちらも蒸かして作るので、同時進行で行きます。
まずは団子の方からですが、サツマイモ粉と砂糖を混ぜ、そこに熱湯を加え混ぜていきます。

P1100192_縮小

今回ちょっと粉の量を間違えてしまい・・・・(汗
継ぎ足し継ぎ足ししてようやくまともにこね終わりました。
レシピで出来上がったものを見たんですが、やっぱりサツマイモ粉ってこうしてやると茶色くなるんだなーと。
熱湯でやるのがこつらしいです。

P1100193_縮小

ちぎって丸めてへこまして蒸かしまーす。
完成したのがこちら。
かなり茶色になりますね。パッと見饅頭のようにも見えなくない。
ただ今回は継ぎ足しでやったため、所々粉吹いたようになってしまってますね。
もう少ししっかりやるべきでした・・・

味は甘くておいしいですよ。
意外としっかりした歯ごたえで、かなり芋の風味があります。
塩味の方にすれば何か別方向でできなくもないかも。
そこら辺は素人だから何とも言えないけど――
とりあえず団子完成。


P1100191_縮小

一方でプリン。
サツマイモ粉・砂糖に牛乳を混ぜ、卵を混ぜ、こしたものがこちら。
こすとかなり粉とかいろいろと残りました。
やっぱりプリン作るときはこさないとだめなんだね。

P1100195_縮小

どうせならかぼちゃ粉でもと2種類同じ工程で作成。
かぼちゃの色合いが鮮やかだ。
一応しっかり固まってくれました。

さて、肝心のお味・・・・

サツマイモプリン、牛乳の味しかしねぇ(泣

団子と打って変わって風味がゼロ。
これは白玉で紫芋粉を使ったときと同じ、サツマイモの風味ってほとんどなくなりますね。
甘くておいしいっちゃおいしいのよ。
手軽?に作れますしね。
おやつとしては優秀なんだけど、サツマイモ粉をいかせてるかと言えば…全くだめやんーーー
ちなみにかぼちゃの方は一応かぼちゃ風味があります。
こっちは白玉粉でもそうなので、かぼちゃはサツマイモに比べると風味が強いんでしょうね。


今回2種類作ってみましたが、サツマイモ粉をうまく利用するなら団子方面がベストかと
サツマイモ団子を利用した調理ならサツマイモ風味を生かせるかもしれない。
そこんとこは又何かしら考えてみることにして、今回の調理実習はおしまい―


2017-02-11(Sat)

サツマイモ粉末完成

どもー
今日から大荒れなんて予報でしたが、ところがどっこい本日晴れ間アリの穏やかな天候。
雪は降りましたがね、荒れたーってほどじゃない。
秋田市あたりは結構ひどかったようですが、当地は穏やかでしたわ。

P1100184_縮小

荒れてどっかり乗るとまずいということで雪おろし2回目に入ったんですが、
晴れたので作業は楽、代わりに暑い(汗
ちょっとやるだけでも汗がじわじわと・・・

P1100185_縮小

あまり急いでやるとうまくないなーと、じっくりやってきれいさっぱり。
終わったあとは除雪機でぶっ飛ばして雪下ろし完了―
今シーズンはまだ2回目入ったばかり。
雪は少ないですねぇ。


さて、
午前中はこうして雪下ろししたりしまして、午後からは家で内職。
なんせ小屋の作業が暇ですからねぇ。
内職の方がかえって忙しいわ―

P1100166_縮小
P1100167_縮小

本日はサツマイモの粉末化作業を完了させました。
サツマイモと言っても紫芋じゃなく、紅はるか・安納芋の乾燥した奴ね。
上が紅はるか、下が安納芋、やっぱり粉の色合いが全然違います。
安納芋はかぼちゃの粉に近い感じかな。
紅はるかは白いです。

P1100190_縮小

紅はるかと安納芋は普通に生売りしましたので乾燥自体少なめ。
なので粉末にするものも少ないので、ブレンドしてサツマイモ粉を作成。
違いを比べてもよかったけど・・・まあブレンドするから別にいや、と。
安納芋の方が少なかった割に安納芋の色合いが強く出ますね。
これは後日袋詰め出荷だ。


明日何かこれを使って物を作って使いようを確認してみます。
なので今日はレシピ調べに精を出さないと―
使い方ないと売れにくいですからね、そこんとこはしっかり。
何かこれぞってのがあればご教授いただければ。


2017-02-10(Fri)

現在の椎茸 2017・2・10

立春は過ぎましたがまだまだ寒い日が続いています。
陽が射す日もあったりして気温もある程度とれるような日もありますが、
まだまだハウスの中では暖房が欠かせませんね。

さて、
きのこの発生品種がバトンタッチする時期にきました。
F613の発生からF103の発生にチェンジです。


P1100179_縮小
P1100180_縮小

初回発生が爆裂発生だったF103、
さすがにあの発生量のあとは収穫量が落ちるのは目に見えていましたが、
その割にはなかなか発生量はあります。
芽数が減った分だけキノコの大きさ自体は大きくなった感じですね。

P1100181_縮小

ただ、初回の生育の良さから一変、2回目の発生は生育がダラダラ。
手前の棚からF103なんですが、すでに休養舎への移動が始まる時期。
しかし全く生育が進んでおらす完全に休養作業はストップに。
最初の発生ではF613がまさにこんな感じでダラダラでしたが、
今回はF103がひどくだらついてしまっていますね。
気温自体は低くなったわけではないんですが、ホダ木のパワーの衰えでしょうね。
あの初回発生はロスして当たり前ですから。

P1100182_縮小

奥のハウスでも同じ様な状態。
これはかなり時間がかかりそうな感じです。
ヘタをすると浸水ストップもあり得ますね。そのくらいのちんたら。
散水して湿度を上げて開きを早くしてみたりもするものの厳しい遅さ。
もう少し温度があれば・・・


生育が鈍いぶんだけキノコの質はいいですが、
作業に支障が出てくるのは困りもんといったところ。
このペースだと3月中ごろまでF103の発生があるかもしれません。


2017-02-09(Thu)

エキノプスの株分けがすごく大変な件

先日は植え直しの株をやったエキノプス、
今回は株分けをしないといけない株を1つばかりやってみたわけで。
以前1度だけ株分けをしたことはあったものの結構大変だったんですが、
今回も一筋縄にはいかないかなり難儀な作業になりました。

P1100175_縮小

まず今回やったのはタプローブルー
鉢から出してある程度土を落とした状態がこれ。
根っこがっしり、絡みあってます。
右、真ん中、左と別々の株が存在してますね。

P1100176_縮小

土があるとどう分けるべきか判別が難しかったので水洗い。
ある程度水で土を飛ばしてみると、1株で存在しているものと複数で存在しているものがありました。
ただ、この根の絡まりよう、どうやっても株分けすることができませんね(大汗

P1100177_縮小

こうなれば力技、あまりやりたくはないですが無理やり引き裂いて3つに分解。
左端のものは失敗してしまいまして、枯れる公算が高い・・・
2つはたぶん大丈夫だと思います。

P1100178_縮小

うまくいった大きいものが7号鉢、失敗したものは6号鉢に植え付け。
とりあえず1株が3株になった。
どうせなら全部生きてほしいけど、最悪2株に増加なら良しでしょう。
他に株分けするものが5つくらいあるので、まだまだ難儀な作業が続きますね。
もう少しすんなりできると楽でいいんだけど。


2017-02-08(Wed)

THE 雪中行軍

昨日まで普通に燃えていたボイラー。
今日の朝も火をつけて普通に燃えたので、何とも思わなかったんですが、
昼近くになんだか小屋の中がもやってる気が。
奥のハウスを見に行くと煙充満、ポンプ回ってねぇ(大汗
そうです、また煙突詰まって煙逆流、しっかり木が燃えてません。
お湯が温まらないからポンプも回らず、これじゃよくない。

ということで午後の浸水作業終了後に煙突清掃にいざ出発。
あの以前と同じ雪中行軍ですよ。
前と違うのは・・・雪の量。


P1100169_縮小

隊長!雪が深くて進めません!!

対豪雪仕様グリーンマンに変身したものの、非常に厳しい雪中行軍だ。
どこぞのアルプスにでも登ってんのかって感じだ(笑
たった数十メートルが遠い。

P1100173_縮小

途中、沢水を引いて流れてるくぼみがあったり、結構危険な行軍だった。
ヘタこくと全身埋まりますね。

P1100172_縮小

そしてようやく息も絶え絶えで煙突まで到着。
いざ作業をするとまあそのかすの多いこと。
立ち上がりの部分完全にかすで詰まってましたよ。
これでよく昨日まで何ともなく燃えてたもんだ。
もしかすれば昨日の強風でゆすられてかすが落ちてたまったのかもしれないね。

P1100170_縮小

畑の方を見れば今年も雪での倒木が発生。
最近は木がもろくなってますねぇ。

P1100171_縮小

よく見りゃ人工ホダ場のパイプも折れてるし(大汗
いろいろともろくなってるもんだ。


煙突も長年たって動脈硬化並みに詰まってきやすくなってしまってるんだろうね。
そもそも燃やす木の水分過多ってのもあるけどねぇ、それにしてもつまりやすすぎだで。
もうこんな雪中行軍はこりごりだ――


2017-02-07(Tue)

発芽試験始めます

今日は午前中に晴れ間も出てたんですがね、午後から大荒れ。
まさに暴風雪、やばいやばい
あっという間に積もるし、道路の除雪で山のように置いていくし大変だった。
明日の朝も・・・厳しそうだなぁ。


本日はですね、雪降る前に全部畑から撤収してきたイタリア唐辛子の乾燥したものから
種をとって発芽テストをしてみることにしまして。
本当なら大量に乾燥して食用に、なんて思っていたけど、
土ついてるやら長い間放っておいたせいでだめになってるやらで食用あきらめて、
その中でいいものから種をとろうと乾燥していましたの。

P1100159_縮小

そうやって乾燥したはいいんだけど、思った以上に乾かないし腐るものが多数。
熱かけて温風回ってるのにもかかわらず乾燥しないってどうよ(汗
ダメになってるものを除去しまくったのがこのエトナ。
さて、ちぎって種をとってみると・・・・

P1100160_縮小

おっ、色合いが悪くない。
これは使えそうな種っぽいね。

P1100162_縮小

発芽試験なので数個から少しずつ種をとってみたんですが、
中にはこうして種がかびてるものも。
乾燥しきれてないものはえてしてこうだね。
以前のひもとうがらしも似たようなもんだった。

P1100165_縮小

ちなみに最初に乾燥始めてたストロンボリは・・・あまりにも腐るのであきらめた(泣
エトナは結構完熟での収穫をしていたのでましだったのかもしれないですね。
とにかく若いものは100%腐ってしまいますので。


P1100163_縮小

こうしてとった種をポットにパラパラとまきます。
発芽試験なので1ポットに沢山まきますよ。
沢山出たら出たで植え替えしてやればいいし。

P1100164_縮小

ポットの置き場はボイラーの上。
ここは火を焚いている間は確実に30℃以上になりますからね。
温度をとるなら一番手っ取り早い。
その分水が飛ぶので注意しないといけないけど。


正式に種まきすると発芽までかなりかかるんですが、
加温状態ではどこまで短縮できるもんかね。
発芽するかということと、温度をかけて発芽がどこまで早くなるかという2つの点を注目したい。
毎年植え付けが6月下旬になってしまってるから早く植えたいですからねぇ。
まだ外は寒いけど、夏野菜の栽培テスト開始でっす。


2017-02-06(Mon)

ウラジロヒゴタイの植え替えを開始する

今日は気温が氷点下にもならなかったようで、ずっと雨。
うーん、雪がジャバジャバして歩きにくい(汗
明日からは今度は雪の大荒れらしいけど、目まぐるしく変わるもんだねぇ。
ま、立春も過ぎたことだし、季節はどんどん春に向かってるんだろう。


さて、
今日は午後に微妙な時間ができたので、鉢植えいじりをすることにした。
特に、今年は全部の鉢の植え替えをしないといけないウラジロヒゴタイに着手。
といっても今の時期にやっていいものかどうかは・・・・・

P1100150_縮小

まあね、そうは言ってもやっちゃいますけど――
まずは土が流失してしまっていたスターフロストから。
これは土の量が少ないので、ある程度ほぐして植え直しして完了。
白い根っこもあるし大丈夫でしょう。

P1100151_縮小
P1100152_縮小

次にめんどくさいことになっているプラチナムブルー
がっちり底まで根っこがあり上々といえますが・・・・

P1100153_縮小

実はですね、鉢の底からスギナが侵入してまして(汗
侵入されるとどうにもできない野郎ですから、一度完全に取り除かないといけません。
結構はびこっているようなので、完全に根洗いして除去することに。

P1100154_縮小

うーつみてぇーーー
顔面もろ水流食らいながらどうにかこうにか土を流しました。
矢印のようにスギナがいたるところに。
かき分けかき分け除去してどうやら完全に取り除けたようだ。

P1100155_縮小

絡まった根をほどいたのでだいぶすっきりしてしまいましたね。
この状態から鉢に根っこがはびこってくるんだからすごいもんだ。
きれいきれいしたので2年くらいは大丈夫だろう。

P1100156_縮小

あとはどちらも土を入れ替えて完了。
わずかな時間だったので本日は2鉢だけ。
徐々に進めていくことにしましょう。

今回みたいに植え替えで済むものはまだしも、株分けしないといけないものもあるので大変だ。
結構ぶった切りでやらないといけない作業なので、枯れるパーセンテージが半々。
この作業が一番難しいですね。
うまくいって沢山増えてくれればいいもんですが。


2017-02-05(Sun)

かぼちゃ・かぼちゃ粉で調理実習

どもー
本日はもうね、やる気なっしんぐ―
ずっと引きこもって寝てました(笑
さすがに昼間からは起きて録画したものを見てましたけど、
気付いたら…4時前(大汗
さすがにここまでぐうたらのままではイカンということで、ようやく始動です。

本日のノルマのかぼちゃ乾燥を終えた後、
休日にやろうと思っていたかぼちゃ粉末を使って調理実習です。

P1100143_縮小

去年は坊っちゃんかぼちゃの粉末でしたが、今年は自作のロングかぼちゃの粉末。
去年よりもかなり淡い色の粉になっているので、
発色や風味がどのように変化しているのかチェックしないとね。
去年同様に白玉の色づけとして使ってみることに。
まとめたところでは全然色が出てません。
ほんのわずか黄色い色が出た感じですので、これは大丈夫か?

P1100148_縮小

茹でてみたらあら不思議、きれいな色合いに。
去年よりは確実に薄いですが、これはこれでいいんでないかな。
粉との混ざり具合も悪くない。
ちなみにわかるだろうけど隣は紫芋の粉。
やっぱりこっちの方は非常に発色が強いね。

その後できそこないかぼちゃがあったので、そちらでも調理実習。

P1100142_縮小

蒸かしてつぶして水飛ばして市販のあんこと混ぜます。
しっかり混ぜて少し冷ましてから成型、
とかした小麦粉をつけながら焼けば…

P1100149_縮小

はい、こちらも毎度おなじみ?のきんつば。
かなり固くしたつもりでも焼いてるとものすごい柔らかさ(汗
冷めると固め、熱くなるとかなりゆるゆる、ここら辺が難しい。
ある程度の厚みを持たせるとうまくできましたので、ずんぐりしたものになってます(笑
ただまあ味の方は美味――

できそこないかぼちゃも非常に美味なおやつに変身、
これは・・・でぶる(爆


本当はかぼちゃ粉でもう1品作るつもりだったんですが、
ホットケーキ焼いたりしたら思いのほか時間がかかってしまって今日は断念。
まあそれ自体は簡単なものなので明日にでもやってみようと思ってます。
そっちのチェックもした上で袋詰めして売りだしだ―


2017-02-04(Sat)

F103の2回目発生もぼちぼち

今日は天気が落ち着きまして、積もった屋根の雪もどんどん落下してましたね。
特に無加温ビニールハウスとかではこうした日が時たまないと、
雪がなかなか滑り落ちないので怖いんですよねー
真冬日かそうでないかってのは雪が落ちるという点でみると非常に大きな分岐点だ。


さて、
気をもんでいたF103の2回目発生ですが、
ようやく芽が出てきたので確認してみましたよ。
あの爆裂発生から休養を経て一体どの程度の発生が望めるか・・・・

P1100139_縮小

おっ、意外にも芽数があるじゃーーん。
もっと出ないかと思ったけど、この程度なら及第点といえそうな感じ。
今の時期は休養してても温度をかけられないし、なかなか回復しないんですよね。
そんな中でこれは立派かな。

P1100140_縮小

ま、出てるものとそうでないものははっきりとある感じですがね。
もう少しして大きくなってくれば大体の感じがつかめそうかな。
とりあえずは発生量激減でやばいということからは回避。

P1100141_縮小

乾き過ぎないように発生場所の湿度はなんとか保つべく散水はしてます。
温度上げるための温風機で湿度が50%台になってしまいますからね―
きのこにしちゃカラカラ、温度管理とともに湿度管理も頑張ってます。


P1100137_縮小

休養舎にF103の1回目分は完全に移動させているので、
休養期間はこの時期としては採れるはず。

P1100138_縮小

今は現在発生中のF613の休養を長くするべく奮闘してます。
このあいだは全然休ませてないからね(汗
このままいくとこの品種は水持ち過ぎてだめになってきてしまうことがあるので注意しないと。


P1100136_縮小

暖をとるための薪もだいぶ減ってきた。
このペースだと3月は燃やすものがなくなりそうだけど・・・どうすべ。
どっかから調達しないといかんか。

P1100135_縮小

無加温ハウスでは植菌の準備も始まってるし、
どんどんと仕事が回ってますねぇ。
今年も原木がなくて遅くなるような話だし(大汗
う―ーむ、何とも毎度の様式美、どこをとっても今時は同じようなことしゃべってる気がする(笑
雪が―薪が―きのこが―原木が―
なんだこれ、デジャブか(爆


2017-02-03(Fri)

かぼちゃも粉末化開始

先日より粉末作りを開始して椎茸、紫芋とやってきていますが、
3つ目の粉末化、かぼちゃに取り掛かり始めましたよー

P1100131_縮小

粉末化すると意外と色が薄いですね。
もっとオレンジになるかと思ったけどそうでもないようだ。
去年は実験的に乾燥・粉末をやってみたんですが、
乾燥したものが坊っちゃんかぼちゃだったのでこの粉末よりも色が濃かったですね。

P1100133_縮小

一つの要因としては若いものがあって実の色が薄いことがありますか。
完熟してると結構オレンジ色が濃いんですが、若いものは薄いし緑も混じる
完熟してても乾燥すると色があせちゃいますしね。
ロングかぼちゃはガッツリ色を出すのには向いてないかも。

P1100132_縮小

おかげさんで若いものが混じると緑っぽい粉もできます。
なのでしっかりと熟したものとブレンドして均一化しておかないとね。
味にも影響出ちゃうし。


去年はサツマイモ粉の販売実績はあるんですが、かぼちゃ粉は今年が初出品。
サツマイモは味の良し悪しってのはそこまで強くなかったけど、
かぼちゃは未熟のものと完熟のもの、個体差で結構差があるんですよね。
すべて粉末化して完全に混ぜ合わせればいいんだろうけど、そうもいかない量だしねぇ。
ま、売り出す前に一度調理して確かめてから出品ですな。
かぼちゃ粉を使った何かいいレシピあったらご教授願いまする。


2017-02-02(Thu)

連鶴大詰め

本日ネタらしいネタもつき塩梅なので息抜き。
いや、ネタはあるんだけど、長文になりそうな案件なのでまとめるのが億劫だ(笑
ということでいざ息抜き。

P1100053_縮小

これを覚えてる人いますかねぇ。
いたらいたで長期このブログを見てくださってる方かと思いますが、
1枚の紙で鶴をずっとつなげて折ってたやつね。
ようやく最後まで基本の型まで折りきりまして、残すは羽と首を折るだけ。
めちゃくちゃ時間かかってしまってますが、ようやく終わりが近くまで見えました。
現状200数十羽は完璧に折ってますので、残り半分、その半分くらいかな―と。

紙ドミノ

休憩時間中に折ってる物なので、ホント息抜き程度でちょこちょこ進めてます。
たまには訳わからん子供の遊びをしたりしますが(笑
なんやかんや長期間かかってしまったものですが、
自分の折り紙熱があるうちに今月で折りきれるかねぇ。
できた時は又記事にします。
仕事ばかりじゃいかんですな。


2017-02-01(Wed)

やっと終わったネットの片づけ

去年雪が降り出す寸前で大急ぎで片づけた蔓あり豆のネット。
大急ぎで片づけたもんだから、若い豆の莢もつるもそのまま。
しかも急いだ分ぐちゃぐちゃにまとめて持ってきたわけで、その処理が全然終わって無かったわけで。

先に片付けるべき課題が山積みだったため、全然手をつけることなく今まで来てしまったんですが、
サツマイモ・大根の大きなものが片付き、ニンジンも残り少なくなってきたので、
ようやくネット片づけに着手し、本日片づけが完了となりました―


P1100129_縮小

ネットに絡まった蔓を少しずつほどいて除去。
なんでこんなことしてんのって話ですが、収穫前の莢がまだ残ってからですね。
本当に若いものはだめでしたが、一応数粒だけ収穫できたものがありましたもので。
ぐちゃぐちゃの中では莢を探すのも一苦労でした(汗
本来なら一度使ったものは再利用はしない方がいいのかもしれませんが、豆意外とかに利用しようかと。

P1100128_縮小

すべての蔓を取り除いてまとめにかかります。
ネットをほどくのも大変だ―
2つのネットが絡まってるのと、1つのネットもねじれまくりですからね―
短気ですがこういうのはなぜか得意(笑

P1100130_縮小

結局苦労して1つのネットはまとめることができました(左側)
ただ、もう一つの方は1つの網目に全体がくぐってしまってるようで全然まとめることが不可能。
どこをどうしたら元に戻るのかが全く分からなくなってしまいあきらめました(苦笑
ま、一つでもまともにまとめられたからいいとしようじゃん。
あれをちゃんとほどけたのはすごいと思うし(笑


ネットはかけているところで片づけたほうが楽ですねやっぱ。
片付けのことも考えてネット張らないと苦労しますわ。
去年初めてネット使ったから仕方ないけど、この経験は次に生かしていかないとね―
あ、今年はネット使うかはわからんけど――


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村