FC2ブログ
2013-12-22(Sun)

2013振り返り 黄莢インゲン編

2013振り返り、蔓なしインゲン黄莢黒三度について。

黄莢黒三度は去年種をとることができた唯一の作物。
なので今年は自家採種無肥料の2年目に入ることに。
無肥料栽培自家採種でどこまで育てることが可能なのか検証できる必須作物になっている。


P1000234_縮小

こちらが去年自家採種した種。
結構選んだつもりなんだけど、改めてみると微妙な感じ(汗
まあ去年は若どりもしたし種も採ったから、
種の総量はかなり少なかったということもあったんだけども。


P1000236_縮小

種まき実施が6月15日。
去年直播で大失敗したため、今年は豆類全部ポットまき。
今年は自家採種の物は種採り専用、購入したもので莢インゲンを収穫
というふうに完全に分けることにした。
この種まきは自家採種の種採り用のみ。
時期をずらして莢インゲン用のもまいていきます。

P1000310_縮小
P1000312_縮小

豆科って芽が出るのすこぶる早いよね。
芽がそろったのが6月20日。
たった5日でボンボン発芽。
自家採種種の発芽率はほぼ100%という驚異の数字を叩き出した。
これも冷蔵庫保存したおかげか。

P1000331_縮小

発芽がそろって次の日にはもう本葉が展開し始める。

P1000345_縮小

さらに次の日にはもうこうだ。
すこぶる成長が早い。
畑の準備はしっかりしておかないと、ポットまきではあっという間に大きくなってしまう。
ここら辺は覚えておかないと大変なことになりそうだ。


P1000365_縮小

種まきから10日後、定植。
たった10日で定植だから、どれだけ生育が早いか分かるね(汗
急ピッチだ。


P1000464_縮小

順調に生育していたんだけれど、強風によって折れる。
今年は風雨に悩まされた年だった。
ある程度したら土寄せや支柱立ては必須だ。


P1000438_縮小

一方の莢インゲン用の株。
莢インゲン用に4袋たねまき。
1袋ずつ時期をずらして長期間収穫しようという魂胆。
また、「やさい畑」についていた実験、
ポットまきや直播で枝豆の収量が変わるかというのをインゲンで実験。
まず最初にポット1粒まきの物を定植。
後の2粒まきのものと比較しようと試みる。

P1000522_縮小

しかしながら、今年はこの時期の天候が非常に悪く、
雨続きでものすごい徒長。
実験はこの時点で失敗していた・・・
なので、1粒まきと2粒まきで差が出るかは分からずじまい。
とほほな結果だ。


P1000534_縮小

定植20日後。
この時点でかなり大きくなり、ぱたぱたと倒れるものも出てくる。
そこでラン用の支柱を400本ほど用意し支柱を立てた。

P1000550_縮小

この時点で開花も続々。
ピンクというか薄ムラサキというか、きれいな花だ。

P1000614_縮小

支柱立てた株。
やはり起きていないと莢が泥はねで駄目になったり、
曲がって育ってしまう。
特に畑の端の方では木が覆いかぶさっているため、雨だれがひどく倒れてしまいやすかった。
去年は晴れ続きで気にしなかったけれど、
雨が続くのは非常に厄介なことだとこのあたりで思ったね。


P1000612_縮小

開花から1週間後あたりに莢が順調に育っていることを確認。
今年も順調、肥料無しでも今年もうまくできそうだと思っていたんですが・・・



P1000690_縮小

雨続きが原因なのか、腐り始める。
カビのようなものがどんどん葉、茎、そして実を侵食。
除去していくものの、ちょっとした所からどんどん拡大。
こればっかりは無農薬では対処しきれそうにない。
といっても農薬まるっきり使わなかったですが。

P1000692_縮小

肝心な莢もこの通り。
せっかく黄色に熟してきた大きな莢がどんどん駄目になるのはいたたまれない。

P1000738_縮小

ちなみに莢インゲン用の株はそういったことは起きなかった。
連作障害の1つなのかね??
といっても莢インゲン用の株は種採り用とは比べられないほどだめだったけど(汗

P1000740_縮小

それも株数で量を補った形。
今年もありったけ長期間収穫できました。


P1000886_縮小

さて、種採り用の収穫ですが、
今年は収穫時期にも長雨で、なかなかいいタイミングでの収穫が困難。
小豆につきっきりというのもあったけどね。
一方につきっきりだとこうだから駄目でねぇ。
ちゃんと時期がかぶらないとか、量がほどほどとか調整しないと駄目だ。

P1000887_縮小
P1000889_縮小

雨続きで水浸しになっていた莢の中には、
この様に莢の中で発芽してしまうものも多数発生。
収穫中にマジかよって驚いたもんだ。
天候一つでいっぺんに駄目になってしまうもんだ。
露地栽培での天候の大事さを感じる年であった。


今年は種採り用の株数が250株そこいら(2本立て500本程度)で、
小豆よりも多かったんですが、収量は小豆より少なかった。
まあ莢の数も違うし、駄目になったものが多数あったからね。
現在小豆とともに選別中。
来年度も同じ程度育てるため、種選抜も並行実施中です。

ま、来年は莢インゲン用はひもとうがらしとのコンパニオンプランツくらい。
種用には600粒もとっておけば十分だろう。
来年は無肥料自家採種3年目突入。
今年のようにならなければいいなぁと切に願う次第。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

そうだったそうだった!!
市内の支柱買い占めたんだったねぇ。。(笑

そう言えば、
これは「インゲン」だから「黒豆」とは違うんだよねぇ?
見た感じが同じみたいだけど、
食べ方は違うのかな?

Re: なおさん

> そうだったそうだった!!
> 市内の支柱買い占めたんだったねぇ。。(笑

よく覚えてましたね(笑
買占め工作に走ってダイソーから支柱が消えたんですよ(笑

> そう言えば、
> これは「インゲン」だから「黒豆」とは違うんだよねぇ?
> 見た感じが同じみたいだけど、
> 食べ方は違うのかな?

去年食べたときに、黒豆の様にできるかと思っていたんですが、
煮ると焦げ茶色になりました。
やっぱり含有物(澱粉かたんぱく質か)が違うからでしょう、
黒豆とは全く違う、インゲンでしたー
なので調理方法はまるで違うと思いますよ。
椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村