2016-02-21(Sun)

干しかぼちゃを煮てみたパート4 戻してから煮る実験

どうも、本日も恒例行事の調理実習。
といっても今日は相変わらずかぼちゃの調理実験と、
サツマイモ粉末に大量注文が入ってしまったのでそちらに追われて大したことはしてませんが・・・
粉末1キロってどこの菓子屋だよ(汗


さて、そのかぼちゃを煮る実験。
もう何度も記事にしなくていよって感じですが(汗
実験レポートですんでまあ自分のためということもあり・・・
正解が見えだしているのでもうすぐ終わります。

今回は干しかぼちゃをそのまま煮ることの限界を悟ったので、
戻し期間を入れて煮てみることにしました。

P1070426_縮小

お湯で1時間半ほど戻してみました。
この時点でも結構膨らんできていてよさげ。
それでも完全に戻ったという感じではありません。
これをいつもと同じく煮ていきますが、今回は戻した分の水分を考慮して多少水は少なめに。

P1070429_縮小
P1070428_縮小

結果、
完熟で干したものは身はしっかり戻ってよい。
ただやはりまだ皮目の部分が戻りきっていない。
かなり気にならないところまで来ましたが、あともうちょっとというところ。
戻し時間は1時間半では少しばかり足りないようだ
ちなみに若いものは戻りがやっぱり悪く、あまり最初から煮たものと差はない感じ。
干すなら完熟は決定的だ。


後は戻し時間がどの程度ならいいかというところが焦点ですね。
2時間か3時間か・・・
なんだかお手軽に調理からかけ離れていってる気が・・・というか離れてますね(大汗
まあある程度厚みをもたせるとこうなってしまうのかな―と。
もう少し薄切りの方がいいのか??
干すってのもなかなか奥が深い。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村