2016-12-29(Thu)

2016年振り返り 根菜編

2016年を振り返る、根菜編です。

今年の根菜は、

・二十日大根 (赤長、白長、紅白)
・白ニンジン
・サツマイモ
・聖護院大根


この4つですね。
二十日大根の赤長と白長は初栽培でした。

P1090402_縮小

二十日大根は畑の植え付けの合間に短期間栽培目的で栽培しています。
春と秋の2回ですが、紅白の二十日大根はやはり優秀。
初栽培の2つのうち、白長は春も秋も結構まともに育ちましたが、
赤長は春はとう立ちが早く、秋もあまり育ちませんでした。
育てるなら紅白と白長でしょうね。
少し油かすを入れただけでかなり大ぶりに育ったのは収穫でした。


P1090589_縮小

白ニンジンは去年同様に2品種を種まき。
今年は大きくなるキャロットブランの発芽率がかなり悪かったですが、
本気を出して育ったため、大きいもので800グラムを超えてきました
キャロットブランはヘタをすると1キロを超えるようなものができるかもしれませんね。
かなり大ぶりになるニンジンのようです。
ただし、地面からの露出が大きく、白くまっすぐ育てるには土寄せが必須。
そのため、私はいつも1畝3列で育ててましたが、キャロットブランに関しては2列にした方がいいなと思った。
来年のキャロットブランは点まき1畝2列でやろうと思います。

スノースティックに関しては今年も黒葉枯れ病が大発生でさっぱりだめ。
今年は肥料分も入れてみましたが、どうも防除が必要になってきそうです。
スノースティック栽培に関しては黒葉枯れ病を克服しない限りかなり厳しい状態ですね。

P1090474_縮小

サツマイモは例年通り紅はるか、安納芋、パープルスイートロードの3品種栽培。
今年は植え付け次の日に強烈な猛暑が襲いかかったため、
初期生育が非常に悪く、去年に比べると散々な結果になってしまいましたね。
それでもパープルスイート、紅はるかはコンテナ3つを確保できたので、2品種の優秀さを実感。
安納芋はやはりなかなかうまく育てるkと尾ができず、収穫量は散々だった。

また、今年は虫害が多くみられ、肌が悪いし中に土が入った芋が非常に多かった。
地上部ではエビガラスズメの食害、地下ではコガネムシ他
サツマイモも虫にやられる年に当たってしまいましたね。
来年は場所を替えて被害を抑えたいところ。


P1090296_縮小
P1090571_縮小
P1090790_縮小

聖護院大根は去年のあまり種の利用でしたが、
そのせいもあったのか発芽率はアブラナ科にしてはよくなかったですね。
単にまいてからの状態が悪かったのかもしれませんが。
しかしながら、育ったものは去年に比べ格段に良く、大ぶりな大根になってくれました。
多少の油かす投入だけでここまで大きくなるものかと驚嘆です。
ただし収穫遅れもあり、割れてしまったものが多く出たのはよくなかった。
収穫期はしっかり守らないといけないなーと実感した次第。


根菜は試行錯誤した結果良し悪し様々でした。
本来の大きさを確認できた白ニンジンキャロットブランや聖護院大根はコンスタントにこのサイズを出せるようにしたいですし、
まきどきの向き不向きを確認できた二十日大根、
虫対策を考えないといけなくなったサツマイモなど、得たものは結構大きかったかと。
根菜栽培に関しては今年は意義のある年になりましたね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村