FC2ブログ
2037-12-31(Thu)

いんふぉめーしょん

ブログ訪問ありがとうございます。
この記事はトップページです。更新記事は下にあります。


椎茸に関する疑問質問、または注文に関することはメールフォームからお願いします。


      ・・おしらせ・・
    
           1kg.jpg

                    椎茸の注文も随時お受けします

           取り扱い商品については こちら の記事を参考にしてください。
        椎茸の発生状況・発生品種に関しては⇒ 発生状況   最新版 1月8日 NEW!
              乾燥しいたけも随時販売しておりますー


                                                                                            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


       ※ まずはじめに見ていただきたい椎茸のことについてのページです。
              
                    ↓↓ クリックでページを開きます
      
            ・第1回   椎茸の歴史 
         ・第2回   椎茸の栄養
         ・第3回   原木椎茸ができるまで
         ・第4回   原木と菌床の違い

            ・第5回   生椎茸あれこれ

  ※椎茸自家栽培向けページ完遂 ⇒⇒  レッツトライ!椎茸栽培
                                椎茸栽培をされる方の参考になれば。




 

ランキングに参加しています。
よろしければどうぞ。
押していただけると・・・走り続ける燃料になります。(笑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村

*別ウインドウで開くように設定しました。
 気軽にポチポチしてやってください
スポンサーサイト



2021-08-03(Tue)

トマティーヨが勝手に育つ件

ハァ・・・今年はオクラがバカ安だ―――
100g20円ってやる気ごっそり失わせてどうすんだろうかねぇ。
所詮ノーブランドだけどこれじゃあんまりだ。
なんぞ手を考えないといかんですな。
こういうのがあるから市場に出すのって考えもんなんだよな。
マイッタマイッタ



P1080888_縮小

さて、一生懸命頑張ってるオクラとは対照的に種もまかずに勝手に育ってるものあり。
トウモロコシやら姫神芋の周りにも大量に出ていましたトマティーヨですよ。
こいつの種の残り方ってのはやばいっすね(汗
おまけに育ち始めるとどんどんでかくなっていきますし。
畑のものは除草時にすべて撤去済みですが、肥塚のものはほったらかしにしといたので、
それがどんどん大きくなって花が咲きまして。

P1090143_縮小

草やカボチャにまかれながらも実ができてきた。
去年同様最初のほうでは実がつかなかったんだけど、
ある程度過ぎるとどんどん結実していきますねー

P1090144_縮小

ちなみにこんな状態で育ってるので強さもだいぶあります。
まあ畝間で巨大になってたことを考えるとねー
あんたどんな強さですかってね。
雑草並ですな(笑

P1090276_縮小
P1090275_縮小

現在はさすがにカボチャにまかれてしまってる感はあるけど、
それでも順調に実は大きくなってきている感じがあります。
何もしてないけど収穫できてしまいそうだわ。
ほっといて落下したらまた来年もかー永久機関だな(笑
オクラとかもそうだったら楽でいいんだけどーーー
こういう毎年勝手に出てくれるものっていいよねぇ。


2021-07-29(Thu)

赤には赤の理由がある。

今日は再び天候回復、そして午後からは再びそこかしこで雷。
しか―しやはりここには雨が降らない。
出荷に向かったときには通り雨にぶち当たったけど、その通り雨もここにはやってこなかったらしい。
通過してもおかしくない位置だったけど来なかったという事は、
やはりなんぞ不可思議な力が働いてるってことか(笑
私がいなくなっても降らなかったから犯人は私じゃないぞ(爆


さて本日は大根ネタ。
キャベツの隣で倒れこんできていたこともあって、除草後に支柱を立てて起こした莢喰い大根。
株元がわかるようになったらとあることが判明した。

P1090216_縮小

これは白い大根。
さや食い大根は思ったよりも早くにとう立ちが始まったので、
地下の状態ってのをあまり気にしてなかったんですけどね、
だいぶ時間がたってから見ると思ってた以上にダイコンになってましたわ。

P1090217_縮小

そしてこっちは赤い大根。
赤というか土色というか・・・・
同じような感じのもので言うとビーツがぴったりきますね。
さやの色が2色ありましたけど、その要因になってたのが下の大根の色だったようです。
緑色のものは白い大根、赤いものは赤い大根でした。
同じさや食い大根でも2種類の大根が混在しているようだわ。
じゃあ大元の大根ってのはいったいどんなもんだったのかねぇ???


P1090213_縮小

現在はこんな感じで立ち上がっています。
まだ食えそうだった時でも後半になるにしたがって筋っぽさが強くなってきてしまい、
いくら煮ても柔らかくならなかった時点でもう収穫は諦めて種を残す準備をすることにしました。

P1090215_縮小
P1090214_縮小

しかしさやの量が増えてくるとナガメの被害が尋常じゃなくなるのよね。
大体のものが被害を受けてしまっているので正直種ができるかどうかは不透明だ。
かといって防除するにしても有効なものがないのが実情。
ナガメってそんなに重要視されてないけど思った以上に厄介なもんだと思うんだけどねぇ・・・・
アブラナを育ててこいつの厄介さを知るってやつだ。


ま、収量もビミョーで味もなんとも言えないのでよほどのことがないとやる気にはならんかな(汗
残した種が劇的に変化をしてうまくなったとかだったら絶対やるけどー
面白そうで実験するならやっぱり少量からってのは正しかったと思った次第。
これも経験。



2021-07-12(Mon)

さや食い大根の調査報告

どもー
昨日から大雨に見舞われた秋田県ですがね、
相変わらず私の住んでいるとこは雨雲の隙間に当たるようでそれほどひどくはなりませんでしたよ。
昨日の夜は横手市内で側溝があふれるなんて雨が降ったみたいだけど、
少しばかり雨が強く降ってるかなーぐらいでほぼ被害ゼロです。
とはいえ全国あちこちで被害が出ているのでたまたまラッキー的なもん。
あまりに雨が降り続くのは勘弁してほしいですね。


さて本日は長々とかかってしまいましたがさや食い大根の食味とかに関してのレポート。
これがまたレシピとか言っても大根の莢なんぞなかなか食うもんでもなし、
何がうまいかなんてのはわからんもんなんでござんすよ。

P1090088_縮小

まず現状から。
満開状態ですね。
さやの量もかなり多いです。
虫も多くなってます。
やっぱりナガメが目立ってきたのでよろしくないですね。

P1090074_縮小

なんぞ産卵の後もあちこちに。
しかもさやにですから結構目立ちます。

P1090089_縮小

また、莢もだんだんとすぐに固くなるものも出現中。
かなり個性が強いので性質がてんでバラバラですね。

P1090075_縮小
P1090087_縮小

長い太い短い赤い・・・・・
そのほかにも大きくなっても柔らかめとか硬くなりがちとか様々だ。
いい性質のを選抜してけばまともにそろって収穫できるようになるかと思いますが、
交雑しやすいたちなのでちょっと難しいかもねー


P1090060_縮小

それはそうと莢のチェックに入りましょうかね。
まず莢は長いと18㎝くらいあります。
この長いタイプが莢喰い大根の特徴の一つでしょう。
右端の短い莢は通常の大根でよく見かけるタイプですね。

P1090075_切

写真が長いんですが莢の特徴として、
実が入って膨らんでいるところと先端のほうのとがった部分があります。
実が入ってるほうは柔らかめで食べられますが先端のほうは繊維質が強く硬いです。
食味としても先端はあまりおいしくなく実が入ってるほうが風味ありますね。
そして食味ですが、生で食べると非常に辛いです(汗

P1090030_縮小

少し湯通しすると辛みが減ります
しかしながらこの湯通し時間が長くなる(煮る)と辛味がなくなるかわり苦みがわかりやすくなります。
夏大根の苦い・えぐいって感じでしょうか。
ちなみに赤いタイプは熱をかけると色落ちすることが多いですが、
この莢喰い大根の色はそこまで色落ちはしませんでした。

P1090104_縮小

食べるとしても・・・と思案して漬物にしてみた。
これは熱湯にくぐらせてからめんつゆで漬けたもの。
湯通し時間が短かったので結構辛味が残ってしまいましたが、
ざくざくとした食感で歯触りが良く、それでいて大根漬け風味という面白いものになった。
特にこっちだといぶりがっこ含め大根漬けを食べることが多いので、
後味が大根漬けってのは悪くないように思いましたね。
ちなみに少し煮てやったものは辛みが抜けてしまったせいで風味が落ちてしまい、
歯触りはいいもののなんともうまさ半減といったところ。
漬物にする際はこの辛味のバランスで風味が決まりそうな感じ。
意外とセンスが必要なものかもしれん…

P1090105_縮小

ついで炒め物。
辛みは熱を通すことで落ち着くため炒めるのは手っ取り早い方法です。
今回は冷蔵庫にあったテンメンジャンを使いましたが、塩コショウが一番無難かもしれないです。
やはり辛味がなくなると苦みが感じられるようになるので、単品よりなにかと混ぜての炒め物がいいかな。
あと、出来立てのほうが苦味えぐみが薄い気がしましたので、
暖かいうちに食べるほうが吉かもしれません。


他、煮物でも食べたけどこれはこれで悪くなかったです。
あまりレシピがないものなのでいろいろと試行錯誤してみるのがいいかもねー
上記はとりあえず自分が作った道、そのほかはエクスプローラーよろしくいろいろやってみてくだされ。
とりあえずまだまだ採れますがものすごくうまくてどんどん作りたいってもんではなかった(苦笑
種はたくさんできそうなので欲しかったらご一報。


2021-07-02(Fri)

さや食い大根を収穫してみる。

今日も相変わらずアッチッチー
そして相変わらず草むしり。
今週何時間草むしったんだろうかね(汗
何時間も飽きもせずよくやるよねー
メンタル的にどうなんだ・・・ちょっと頭おかしい(笑


さてさて本日は莢喰い大根のお話。
予定よりずっと早く花が咲いたんですがね、ついに莢が出来上がってきたのでとりあえず収穫してみたのよ。

P1080944_縮小
P1080946_縮小

最初は花が咲いてもこんな状態であれれ??ってな具合だったんですよね。
去年のトマティーヨみたいな感じで花は咲くけど実がつかない的な感じ。

P1080972_縮小
P1080971_縮小

しかし花がたくさん咲いてきてそれにつられれ虫が来るようになったせいか、
段々と受粉がうまくいくようになってきた感じでした。

P1080970_縮小

受粉がうまくいくとピンと上を向いて残ってますからね。
これが脱落してるとだめです。

P1080994_縮小

これが段々と膨らんで、

P1080995_縮小

膨らんできていい感じの太さになってきました。

P1080996_縮小

この段階で赤い花には赤い莢が、白い花には緑の莢がつくことが判明。
緑のものしか見たことがなかったので赤いものは非常に珍しいねぇ。
この赤いい莢のほう種採って残していこうかしら(笑

P1090002_縮小

そして本日ある程度のところで収穫です。
このままいくとどんどん種が太って硬く筋張ってきますので、
簡単に言えば豆と同じようにある程度で若どりをします。
ちょっと初期のもののせいか種の入りが悪くかなり形が悪いですね。

P1090003_縮小

大きさ比較するとこんな感じです。
普通のものに比べるとやはり長いです。
問題は長くても筋張らないかどうかだけですね。
実験農場では先端の細い部分を折って生でも食べられたので、
基準としてはそれぐらいの柔らかさであればいいと思いますが・・・・・
試食はまだなので食べた感想は後々(汗

P1080997_縮小
P1080945_縮小

現状は花が満開状態で次々受粉していってる状態です。
花の数が増えてからは受粉状態も格段に良くなったので、いかに虫の力が重要かってのがわかりますね。
しかしまあ余計な虫ってのもたくさん来ているのでそっちはそっちで駆除しつつ。
来週は結構収穫がありそうな雰囲気になってきたさや食い大根です。
・・・まずは食べてみよう。



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村