fc2ブログ
2037-12-31(Thu)

いんふぉめーしょん

ブログ訪問ありがとうございます。
この記事はトップページです。更新記事は下にあります。


椎茸に関する疑問質問、または注文に関することはメールフォームからお願いします。


      ・・おしらせ・・
    
           1kg.jpg

                    椎茸の注文も随時お受けします

           取り扱い商品については こちら の記事を参考にしてください。
        椎茸の発生状況・発生品種に関しては⇒ 発生状況   最新版 10月11日 NEW!
              乾燥しいたけも随時販売しておりますー


                                                                                            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


       ※ まずはじめに見ていただきたい椎茸のことについてのページです。
              
                    ↓↓ クリックでページを開きます
      
            ・第1回   椎茸の歴史 
         ・第2回   椎茸の栄養
         ・第3回   原木椎茸ができるまで
         ・第4回   原木と菌床の違い

            ・第5回   生椎茸あれこれ

  ※椎茸自家栽培向けページ完遂 ⇒⇒  レッツトライ!椎茸栽培
                                椎茸栽培をされる方の参考になれば。




 

ランキングに参加しています。
よろしければどうぞ。
押していただけると・・・走り続ける燃料になります。(笑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村

*別ウインドウで開くように設定しました。
 気軽にポチポチしてやってください
スポンサーサイト



2024-01-14(Sun)

照度計を買ってみた②

さて、前回のネタでは照度計を買って小屋のほうの数値を計測してみましたが、
いよいよもって本題の越冬中の人工光の数値をはかってみますよ。
さてさてどんな値になるのかな???

DSCF2601_縮小

まず中央の一番明るいところの値。
それでも7000ルクスくらいでした。
結構明るいと思ってたけど数値としては思った以上に低かった。

DSCF2602_縮小

次いで手前側の端っこ、ここで5000ルクスくらい。
2台設置しなくても奥・手前での数値はものすごい差にはならないようで。
そしたらもう一つの端っこ左右の数値はどうなのか。

DSCF2603_縮小
DSCF2604_縮小

左右の写真で紹介してないのが出てたんでワンクッション挟んだけど、
結局天の川は紹介してもう1枚のほうのは紹介してないし(汗
これもあとで記事にしとこうかなーってのはまあ置いといて・・・・
数値としては両端とも2000ちょい、やっぱり左右の端っこはかなり暗くなってるっぽいですね。
これも時期みて入れ替えて明るさを受ける時間の均一化をはかってやらないとだめですかな。
思った以上に左右の端っこの値が低かったので、
左右の端っこには補助的な明るさがあるほうがいいのかねぇ。
左右の端は蛍光灯の向きもあるから光が拡散しにくいんだろう。
電球型のをつけるのがいいかも。
まあ生育が明らかにおかしいとかなったらですが、
ちょっとこのまま様子見して判断したいところです。


人工光の数値をはかると思った以上に低かったですね。
やはり太陽の明るさってのはすごいってことだわね。
下手こくと葉が焼けるってのがわかる気がします。
照明との距離で数値は変えることは可能だけど、
そうなると全体的な明るさに影響出るし難しいね。
完全に全面が明るいなんて設備でもつくれりゃいいんだけど――
人工光オンリーでの越冬はなかなか難しいな。



2024-01-11(Thu)

照度計を買ってみた①

DSCF2610_縮小

やっぱりガッツリ冷え込んだ本日の朝。
朝の仕事に行くとき外は星空。
車のガラスはガンガンに凍ってたんでかなり冷えてましたね。
こちらは朝の出荷に行く際に2桁を記録してた時のやつね。
あ、ちゃんと止まってる時に撮ってますからね。
流石にこんな時に写真撮りながら運転なんて危なすぎる(大汗
事故ってるのはいなかったけどめっちゃ滑ってるのはいたからね。
こういう時は安全第一だで。

DSCF2589_縮小

さて冷えとか気温のことは置いといて今日はまた別の値に関するもの。
昨日無事到着したこの白い箱が・・・

DSCF2590_縮小

照度計になります。
照度計なんてなにすんだよーって話ですがね、
ハオルチアの明るさに関するのを目にしたんで、人工光での明るさが足りてるのかどうかってね。
まあ今回はメインの前に小屋のほうの明るさってどうかを確認。

DSCF2611_縮小
DSCF2612_縮小

まず昨日から一転とんでもなくいい天気の本日の太陽光は・・・
約97000ルクスでしょうかね。
流石に太陽光は明るいですな。
これを踏まえて・・・・

DSCF2613_縮小

一番最初にハオルチア買ったときに置いてた場所、
結構日差しも入る場所ですが日が当たってると約36000ルクス。
自分が調べたところによるとハオルチアは半日陰みたいなといいつつ、
照度としては30000くらいあるといいとか何とか。
案外明るい場所のほうがいいのかなとこれを見ると思う。

DSCF2615_縮小

次いで引っ越し前に置いてたところ、雪でだいぶ暗くなり始めてますが・・・
今日みたいな晴れで約2700ルクス。
太陽光がささないだけで桁が一つ減る。
実際測ってみるとこれだけ差があるとはね。
引越ししないままだとやばかったかも(汗

DSCF2616_縮小

ちなみにもうすでに暗い柑橘のところは・・・・
驚きの444ルクス!
やべぇ暗さ(大汗
だから葉が落ちるのも分かるし、これで調子落とすなってのは無理がある。
うーん、越冬場所の明るさ問題は深刻だなぁ。


色々と明るさを調べてみましたけど、思った以上に照度が低い場所ばかりなんだねぇ。
雪のない年の晴れでこれらの値ですんで豪雪時だったら一体どうなってた事やら。
冬場に明るさが必要なものを育てるのは数値を実際見るとキッツイ土地だ。
という事で引っ越してLED電灯を使って冬越し中のハオルチアはどうなるのか???
次回実測!


2023-12-26(Tue)

寒いけどヒイラギは元気

今日は1日雪ではなく雨でしたね。
降ったりやんだりだけど気温が異常に高い感じです。
年末年始はこんな感じで結構気温高めな予報、
大雪に悩まされる恐れは皆無ではなかろうか。
とはいえ何が起きるかわからないのが天気ってやつ、
気温高い状態で降る雪は湿って重いからドカッと来たら最低最悪ですぜー
おまけに道悪、アイスバーン並みに怖いのがベシャ雪路面だ。
交差点左折でケツ振ったのは思い出だ(笑
道悪の時に限ったことではないけど冬道に用心用心。


DSCF2505_縮小

さて本日はヒイラギのお話。
クリスマスはモミの木なんでヒイラギは関係ないんだけど・・・・・
一応感じでは木へんに冬、の柊なわけで寒さには強い。
無加温状態で過ごしていますが全然問題ないですな。
鉢をもったら軽かったんで久しぶりに給水しておきました。

DSCF2506_縮小

色がおかしいなーという話ですがうちのは5色ヒイラギ、
ホントに5色になるかどうかは別としても斑入りで結構きれいです。
今年だいぶ伸びたんですが、伸びた分はほぼ白い葉っぱですね。

DSCF2507_縮小

内部は緑と斑模様が混在していますが、
生育していく段階では斑入りというレベルでなく全斑みたいな感じです。
徐々に色がついてくるものなのかもしれないです。

DSCF6629_縮小
DSCF6630_縮小

ちなみに生育していた秋の段階ではほぼ白い感じでしたね。
プロテアと並ぶととんでもなく白く映ります。
今回雪バックで白くはないっすけどねー
黄色っぽく落ち着いてきてるってところでしょうか。
なんにせよ色変わりがあるってのは面白いです。

DSCF2508_縮小

もっとぐいぐい伸びるかと思ってたけど思いのほか生育が緩慢。
全然楽勝で鉢植え栽培を維持していけそうな感じがあります。
これも斑入りだからってのがあるのかもしれないっすね。
そもそもこういったカラーリーフ系園芸品種は2m位までにしかならないみたいだしね。
このまま鉢植えでいい感じに育てていこうと思いますわー


いやしかし寒さに強いけど良く調べると福島までくらいしか生えてないらしく、
思ったよりは寒いのが苦手になるのかもしれない・・・・(汗
確かに当地で見ることってないからねぇ。
そういうので言うとシキミも同じく。
ホイホイ育ててるけど案外自生してないものを育ててるのね。
やっぱり面白いもの、珍しいものを育てるのは楽しいぞー




2023-11-19(Sun)

今年はしっかり種出来ました。

DSCF2175_縮小

今年は肥料を定期的に与えたおかげなのか新芽が良く伸びたシキミ。
常緑ではあるんだけど結構葉っぱが落ちてしまってるんで、
新芽が伸びてやっとらしくなってきたかなーという感じ。
もっとぐいぐいい伸びるもんだと思うんだけど、鉢植えなので全然生育進みませんね。

DSCF2173_縮小

一度花が咲いたんですがなぜかまたつぼみが膨らんできて狂い咲き?
ちょっと花が咲いたものがあったりしますのよ。
今年は寒くなったと思ったら暑くなったりしてたこともあるからなのかな??
変なことされると調子くるってしまってよろしくないんだけど・・・・

DSCF6510_縮小

花というと実。
シキミの実はヤベー奴、猛毒で有名な代物でございますがね、
去年は実ができても種は入らなかったんですよ。
しかし今年はしっかり種が入っております。

DSCF2174_縮小

ペロッと出てきているのがわかりますかね。
完熟して種が飛び出してきているものもあります。
相変わらず整った形状の実にはならないけど種はできました。
これは生育とともに形状安定で種ができやすくなるとかかな。
まあ劇物なんで持ち歩くこともできない代物、人の口に入らんようにしとかなといかんですな。
まあこれをどうこうする人はいないだろうけども――


こうやって劇物できたんで害獣除けとかに利用できないもんですかねぇ。
トウモロコシの時に鉢植えを置いといたけど効果なかったんで、
落ち葉を燃やして臭いを残すとかそういうひと工夫必要なのかな?
この種も食えそうなやついそうだしシキミで害獣忌避ってのはちと想定外に効果が(汗
数あるんで何かうまい方法見つけて今年のトウモロコシやメロンのような被害をなくしたいもんだで。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村