fc2ブログ
2022-07-20(Wed)

トマト死亡

夜中に大雨になってた当地、それでも被害がでかくなるほどではなかったので助かった。
しかし短形自然薯のある畑は雨が降るたびに水浸しになっているので、
今日は内堰の調整をしてました。

P1120210_縮小

ジャバジャバとひたすらに流れてくる水・・・・・
内堰が詰まってる箇所があり、掘り直したり草を取り除いたりして流れを通した。
特にクローバーやらミゾソバやらが厄介でね。
こいつらともう一つ名前のわからん匂いのあるやつの3種でもじゃもじゃになるのよねー
先日の草刈りで大体は刈り取ったけど残ってる奴含めきれいにしてなんとか水が流れるようになった。
しかしこの流れ、ほぼすべて上の畑(アスパラのとこ)からしみだしてるやつなんで延々と湧き出てるんですよ(汗
畑から水がわいてずっと流れてるってヤベーっす。
なんかここ数年この畑の水事情が大変なことになっとる・・・・・


さてそんな水事情が絡んでたのかどうか不明なんですがね、
ここまで結構順調に育っていたトマトが死亡しました。
非常に残念なんですが手の施しようがなかったっす。

P1120074_縮小

異変が出たのは追肥をして数日たったころ。
7月11日に追肥をしたんですがその2,3日後になんだか先端がしおれてきたんですよ。
水切れかそれとも浸水で窒息か…なんていうのと同時にあれを考える。

「青枯れ」

P1120073_縮小

青枯れは文字通り青い状態で枯れるわけで、
もっともこれが有力な奴だろうなーと思ってみてました。

P1120075_縮小

だってね、症状が出てるのは2株ですからね。
水とかの問題であれば全体に起きてもおかしくないわけで。
ちなみにですが水没することでこのような症状が起きることはあります。
実験農場時代に農場全体が冠水したときがありましてそのあと数日トマトがしおれてました。

P1120099_縮小

とりあえずは少々様子見、上の症状を見てからさらに2,3日でやはりという結果。
青枯れがほぼ確定なので刈り取って処分です。

P1120101_縮小P1120100_縮小
P1120102_縮小

青枯れは切るとわかりやすい。
導管が褐変しています。
1株はまだそこまでひどくはなってないですがもう1つははっきりと褐変してました。

P1120103_縮小

この段階でもう2株はまだ何とか生きてたので発症しないでくれーと。
しかしながら現実は甘くなくここから数日後に発症。

P1120159_縮小

あー・・・・
しかしこの時はまだ復活したり萎れたりだったのでもしやと思ったんだけど、

P1120197_縮小

残念無念。
これでトマトは一口も食べることなく栽培終了になります。

P1120214_縮小

きれいさっぱり。
なんという短い幕切れなのか。
かなり順調に育ってただけにとても残念な結果になってしまった。
ありったけ苦労して屋根まで張り替えたのに。
チクショーー


青枯れはやはり排水不良で起きやすくなってしまう病気なんすよね。
かなり高畝にして気を付けたんだけどこの畑の排水能力では無理だったようだ。
しかしトマトの青枯れ耐性はかなりダメだなー
隣の唐辛子はピンピンしてるってのに。
青枯れは通算3回目ぐらいかねぇ。全部トマト。
ナス科はいろいろやったけどトマトオンリーってのは・・・・・
これも相性問題か?残ってる種来年どうしようか。


スポンサーサイト



2022-07-11(Mon)

吊りトマトへ追肥

週明け。
明日からしばらく雨になりそうだ。
一応大体の草むしりはできたんだけどやっておきことはまだまだあるわけで。
特に防除に関しては次の晴れ待ちになるといつになるかわからないからねぇ。
一雨欲しいところだったのでありがたいけど2,3日で一度晴れてくれないかなー
まーた贅沢なこといってら(笑


さて本日はトマトへの追肥の話。
今回のトマトは想像以上にじっくりのんびり育ってる感じなんですよね。
暑いしスコールで水たっぷりだったりするし伸びるには事欠かないはずなんだけど、
そんな状態でもベロベローっと伸びまくらないのはなかなか驚きである。

P1120027_縮小

今回は追肥のみ、吊り位置の変更はまだしてません。
伸びてはいるんだけどホントじっくりなんすよね―

P1120028_縮小

一応花房直下の脇芽がすごい奴は切除手術しときましたけども。
ちょっと油断するとわけわからん太さの脇芽になるからね。
どっちだっけ?となったら花芽がついてるほうが主茎と判断ですよ。
現在第4花房直下まで切除しました。
ちなみに花芽は葉が3枚ごとに出るみたいです。

P1120030_縮小

第4になったところで二股花芽になり始めた。
多産化し始めましたね。
時々さらに花芽が増加して3つ子になったりもします。
そういや実験農場時代はいろんな品種やった結果花見ができるような花芽の量を出したやつがいて大変だったね。
花がつけばいいってもんじゃないんだよ―――

P1120029_縮小

生育がじわじわなので実の肥大もじわじわですが一応順調に大きくなってきてます。
といってもまだまだ収穫まで時間はかかりそうだけど。

P1120032_縮小

肝心の追肥の話でいくと今回の追肥はこれだけ。
少なー――――い
そうねたった40gの追肥です。
4株あるから一株10gだね。
これでも一応10a当たりチッソ成分量1㎏の量。
追肥は大体これぐらいの量で毎度やってます。
トマトの場合は第3花房が咲き始めるくらいから追肥でいいらしいですが、
今回既に第4まで咲いているのでちょっと遅かったかもしれない。
まあこれからちょくちょく追肥していけば大丈夫でしょう。

P1120031_縮小

相変わらず節間が非常に詰まっててこれ以上なくいい感じで育ってるトマト。
これからは株の生育、開花、果実肥大と力のかかること同時進行していくから追肥は大事。
窒素分はいいとして尻ぐされの原因になるカルシウム不足にも気を配らないといけないね。
途中まではいいというのはメロンでも同じ、ここからが本当の勝負だ――
雨除けもしてるし実験農場で出た糖度12度くらいのミニトマトできないかねぇ。
(ちなみに実験農場での最高糖度は15度です)


2022-07-05(Tue)

吊りトマト整枝2回目3回目

これまた暑い1日となりまして。
日差しが刺すような強さで襲い掛かってきますね。
草むしりも楽ではなくなるような感じ。

しかし。

P1110974_縮小

33度超える日差しの強い外で草むしりか、
はたまた40度超えてくるジメムシのハウスでの作業かを選べと言われるとどうだろうか。
うーーん、どっちも地獄!!
良く生きてんねあんた。
冗談抜きでそんな気分。

P1110978_縮小
P1110979_縮小

そしてこの気温から再びのスコール。
全く昨日と同じような時間に同じような強さのスコール。
メロンの消毒今日もできず・・・・・
ヒデブかな?あ、違うデジャブかな?
まーそんな感じで本日も夏だなぁという天気でした。

P1110989_縮小
P1110988_縮小

ちなみに今日のほうが降った量は多いと思う。
芋畑が水浸しじゃないか・・・・・
高畝の分水溜まりやすいんだろうけどさーこりゃあ大雨降ると高畝の意味がまるでなくなる仕様だな(汗


P1110916_縮小

まー天気はさておき本日はトマトの整枝2,3回目の話。
晴れるし雨降るしでトマトはぐいぐい伸びてる印象。
まずは2回目の整枝のほうから。

P1110917_縮小

1回目の時に残してた第2花房直下の脇芽がだいぶ伸びてたんで切除。
こう見ると2本仕立てっぽく見えるくらい花房直下って強く伸びるよね。

P1110918_縮小

切除後に花房が支柱に擦れないように向きを調整しつつはさみの位置を変えました。
徐々にはさみの位置が上部へ移動、支柱から離れるのも時間の問題。

P1110920_縮小

この時も強い雨が降ったあとだったため高畝なのに結構泥はねがマルチに来てました。
これはちょっと気になるなーと思いまして防草シートを張ってみることにした。

P1110923_縮小

かなり無理やりで片側だけだけど(汗
ま、これで少しでも泥はねが少なくなればよし、変に病気着くと厄介だからね。
ここまでが整枝2回目。そして本日の雨が降る前に3回目の整枝。

P1110967_縮小

今回は切除する脇芽がほぼなかったけど伸びた分だけはさみの位置を変えました。
ついに抑えになってた支柱から独立、ここからはガッチリ抑えられないので風との勝負になってくる。
吊り紐を固定すれば大丈夫だとは思うけどさー

P1110969_縮小

果実は順調に肥大中。
今んとこ尻ぐされもなし。虫食いもなしだ。
数はそんなに多くはないんで着果負荷も少なく、バランスよく育ってるかな。

P1110968_縮小

だからというわけでもないだろうけど大暴れして育って行ってる感じが全くないので優秀だ。
肥料の調整がうまくいってるんだと思うねー
一応果実肥大に伴って追肥を適宜していかないといけなくなってくるけど、
ここまでは節間も伸びないし文句のない生育になってると思うね。

P1110970_縮小

・・・といいつつ切除し忘れがすでに(大汗
下の脇芽がだいぶ伸びて脇芽の脇芽が出てんじゃないの。
生育が穏やかな分これはロス。
暴れてるときは脇芽伸ばして抑えるって言う手もあるからこれを伸ばすのもありだけどね。
その必要ないときは何もならないことだから気をつけなくちゃいけないですねー
完全1本仕立て脇芽はすべて除去、見落とし注意だ。

P1110971_縮小

3回目の整枝で7,80㎝くらいまで生育。
結構のんびりしてんのかなーって感じはするけど、
特段問題なく育ってる感じなのでこれはこれで大丈夫じゃないかなーと思ってます。
整枝は多分これから週1程度でやってくことになるかな。
肥大速度も遅いので収穫はもうしばらくかかりそうでっす。


2022-06-25(Sat)

あきれた天気とトマトの整枝

きょうは・・・いい天気だ。
ホント期待を裏切らない天気ですなぁ。
皮肉を込めまくって言いますがーいい天気でした。
おかげでいろいろと溜まってくるものがあってちょっと爆発してしまった。


P1110820_縮小

昨日見た光景のさらにひどいやつ。
今日はまず一つ天候が良すぎ、そして2つ目に暴風が吹きまくってたってこと。
おかげでまた防草シートが飛んでしまいオクラに深刻なダメージが入ってしまった。

P1110822_縮小
P1110821_縮小

途中まで剥げたのはブロックおいてひとまずってことにして、
吹っ飛んでたのは全部はいでまとめておいた。
この時点でかなりイラついてたんだけどこの後さらに数枚ぐちゃぐちゃにされて・・・・
載せてあるブロックを全力でぶん投げる程度に爆発してました。
かなりフラストレーション溜まったためブチ切れて大声で叫びたくなりましたけどそこは抑えた(汗
なんせ天候とこの風で昨日のオクラ補植がほぼ意味をなさなくなったことに加え、
更に防草シートをはがされ暴れたために折れてしまった株が多数発生してしまってますからね。
昨日の頑張りが完全に水の泡、気象条件なのでどうしようもないのがさらにイラつくわけよ。
オクラだけじゃなくメロンのトンネルも破られ、トマトの雨よけも破られほんと散々。
まさにクソみたいな天候の1日でござんした。
あーあー天気予報の雨マークはいったい何だったのかねぇ。


P1110823_縮小

ま、イライラしてもどうにもならないんで本日はトマトの整枝をしてました。
定植後しばらく動きはなかったけど最近少し伸びた模様。
伸びてくると今日みたいな暴風で折られることもあるんで紐に固定していくのも必要。

P1110825_縮小
P1110824_縮小

まだ一度も整姿してないので脇芽もボウボウだ。
花は2段目が開花してきましたねー

P1110826_縮小

とりあえず今年はハサミでカットしていこうかなーと思ったけど、
思ったより花房直下の脇芽以外はすんなり折れてくれたんで使ったのは花房直下だけだった。
ちなみに今年はさみ新調しました。
このタイプのはさみだと研げるので切れ味維持できる点で気に入ってます。

P1110827_縮小

花房直下の脇芽はやたら強く伸びます。
これを利用して2本立ちってのもできますが、今回のは完全に主枝のみでの栽培です。
この花房直下の脇芽までばっさり行っておきました。
まだ脇芽はあるけど一気に取りすぎると株にダメージがあるんである程度加減は必要みたいね。

P1110828_縮小

スッキリ―
紐に2つ目のはさみを追加してしっかり支柱と固定、
風でゆすられるのを防止しておきましたわ。
基本はさみは2つで下のものを次ぎとめる上部に利用って形で使っていきます。

P1110829_縮小

まだまだ支柱よりも低いので生育はそんなに良くはないですが、
花も咲きだしたし徐々に生育に結実に忙しくなってきますねぇ。
そうなってくると追肥やらなんやらに気を付けていかないといかんですな。
特にカルシウム欠乏で尻ぐされは出さないように。
基本グズグズな土地なんで乾燥しすぎでそれが起きるってことはないと思うけど、
株の状態をしっかり管理して適切な施肥をしていきたいもんだ。


あすからまた雨マークはあるけど…多分晴れるな(泣
悲しい結果だけどこればっかりはどうあがいても変えようがないからねぇ。
一応雨が降ることを想定して破られてしまった雨よけは今回は大丈夫なように手当てしておいた。
トンネルビニールとともに張替えしないといけないっす。
強風くらいはいいけど暴風は勘弁、天候に関して注文つけて聞いてくれりゃいいけどさー
どっか天候扱ってるコールセンターないかねぇ(笑


2022-06-10(Fri)

今日は定植。(トマトと唐辛子)

今日の天気は午後から雨とのことだったんだけど、
今までと違うのは晴れて気温が上がってから天候が崩れるいわば夏型の雨。
案の定ちょうど昼になるころに真っ黒い雲がモクモク…雷ドカンドカン
去年よく見た光景、こうなると案外降らない(大汗
多少の降雨のみのホントに局地的豪雨、畝づくりを控えてる身としては助かった――
まあそもそも雨が降るという事を考えて予定を組んでしまったんで今日は定植のほうをしてましたけどね。

P1110657_縮小

まずは昨日作った畝にイタリア唐辛子の定植。
数えた結果ちょうどエトナ17株定植できそうだったのできっちり定植です。
今年の株間は40㎝、狭いようだけどこの唐辛子はコンパクトサイズなので問題はないです。
並べるとまだまだ苗としては小さいけど根っこはあるから大丈夫でしょう。
そういや唐辛子を6月の上旬に定植したのって初じゃなかろうか(汗
苗作りが毎度うまくなくて6月下旬がデフォ、7月に入ることもままあるからねぇ。
これぐらいの時期に定植できるようにもう少しうまく苗作りたいもんだ。


P1110638_縮小

そしてもう一つがトマト。
畑のやりくりの問題だけどトマトを植えるところはどうしても湿気が強めになるところなので、
かなり高畝にして畝を作りましたよ。

P1110639_縮小

だいぶ周りが湿気ってるのは・・・・雨が降る前に急いで畝づくりしたときのだからだよ。
結局作ってる最中に雨降りだしてたから大変だったけど(汗
土を盛るために掘れば水気が多すぎて塊になって鍬から離れなかったからね。
それでも何とか30㎝くらい高くして畝作りました。

P1110658_縮小

これにキュウリ支柱を使って雨よけを設置。
畝はキュウリ支柱の真ん中に設置です。
これにはまた別の意味合いもありまして。

P1110661_縮小

雨よけ設置後に定植。
紐が下がってますがキュウリ支柱を利用して吊り栽培をします。

P1110659_縮小
P1110660_縮小

まだ十分な太さがなくてクリップから抜けてしまうため支柱と一緒に挟んでおきましたよ。
伸びるにしたがってクリップで紐と挟んで吊り上げていきます。
高さが上に届いた場合は下に引き下げてという具合。
引き下げは接ぎ木だとやりにくいんだけど自根なので何も問題なし。
どのくらいまで伸びるかわからんけどまあ実験農場でやった手法なので対処できるっしょ。
これにてトマトの定植も完了でっす。


今日かのこ2つの定植、あとはメロン用のトンネル設置とかして椎茸の出荷に行ったので、
作業的にはそこまで頑張らなかったっす。
明日明後日で残りの畝づくり定植まで済ませてようやく畑ひと段落と行きたいところだ。
まだもう少し春の畑仕事は忙しいですぞ。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村