FC2ブログ
2021-04-14(Wed)

改良むかご芽出し

本日も時間があったのでむかごの芽出しをすることに。
去年は4月9日に芽出し開始してるので今年は少し遅くなった。

P1080165_縮小

今年のむかごは一番最初にとっておいたいい奴を外に置きっぱなしにしてしまったので、
凍害から芽が出るかどうか不明・・・・・
しょうがないので販売用に洗って乾燥、そのご注文が来なかった奴から種用に流用。

P1080166_縮小

前もそうだったけど、むかごを袋に入れっぱなしにしておくと根が出やすいですね。
種むかごは袋に入れてハウス内に置いとくのが一番楽かもしれない。

P1080167_縮小

たくさんありますがまず芽がある角が生えた奴を優先利用。
角が生えて形よく大きめのものから順序に。

P1080169_縮小
P1080168_縮小

今年は去年から改良として育苗箱で芽出し。
ザ・几帳面的に150粒を並べました。
去年は128穴セルトレーでしたが、ことのほか発芽に時間がかかってしまったんですよね。
理由としてはむかごがでかくて土の量が少なかったという事に尽きる。
ここから派生して土が少なくて保水力に欠け乾いて下から土流出というところまで行きます。
遅くなるほど生育が悪くなり種イモ生産に影響が出るため、
今年は育苗箱で土の量を多くすることで保水力増し増しで芽出しを促進作戦を決行だ。

P1080170_縮小
P1080171_縮小

袋のものだけでは足りなかったため、同じく洗浄乾燥して選別しておいたけど袋に入れてない奴を利用。
こちらのほうはやはり袋に入れてたものに比べて根っこが出ていないです。
角は生えてるものがあるのでそれをどんどん利用していきました。
こちらも150粒、合計で3箱分450粒まきましたよ。

P1080172_縮小

比較的暖かくなりやすい奥の発生舎に重ねておいた。
育苗ベッド出したらそっちに移動していきますがまずはここで。
この方法でやると去年よりどの程度発芽が良くなるだろうかねー
これでダメだとちょっと困りもんですがね(大汗
一番の心配は密なので発芽後に根っこがこんがらがらないかという事だけ。
そこがクリアできていて発芽良しだったらこれで毎年いきますよ。
まずしばらく待って状況を注視しておくことにしましょう。
うまくいってくれよーーー



スポンサーサイト



2021-03-07(Sun)

種イモ選別細分化

ようやくといっていいですが姫神芋の種イモ選別をしてます。
一応大まかにでかいのと小さいのの分別は終わってたんで、
今度は計量して細分化していってますよ。

P1070886_縮小
P1070887_縮小

まずは収穫できる最低ラインの50g以上の種イモ。
大まかに分けたのは50gを超えてそうか超えてなさそうかというところ。
去年はそれで種イモ再生産と収穫物用と分けましたが、今年はもっと分けていきますよ。

P1070888_縮小
P1070889_縮小

ついて100gオーバー。
種イモ用としては大ぶりになるほうの芋ですね。
これぐらいあると間違いなく蔓の生育はよくなります。
収穫物に関しては地上部と比例してくるので蔓が育つとやはりでかい芋になりやすいです。
むかごもたくさんできますしね。

P1070913_縮小

という事で種イモ分別をして箱詰め保存。
50g~100gくらいのものがこれだけあった。

P1070914_縮小

100g~150gくらいの芋はこれだけ。
こっちは総数72個くらいですね。大体1畝分くらいでしょうか。

P1070915_縮小

でかいのはさらにあって、150g~200gと200gオーバー。
種イモにするなら割るとかしてもよさそうな大きさだけど、
割ると芽が出にくくなるのでこれはこの大きさのまま種イモ利用します。
200gオーバーだと出荷してもよさげですが、あまりに形が悪く使いづらいので種イモにします。
この芋の悪い点がそこらへんですね(汗

今回はまず種芋のでかい奴の分類でした。
小さいものは30g~50g程度とそれ以下で2つに分別しようかと思ってます。
小さいものでもある程度50gに近いと収穫物サイズでもいいものができましたからね。
種イモ再生産を見込んだのに収穫できるじゃんと驚いたもんですよ。
おまけにギチギチに植えたのにもかかわらずでしたしねー
そこら辺のサイズ違いによる生育を確認するための細分化、今年は結構実験的な栽培になりますな。


P1070879_縮小
P1070880_縮小
P1070881_縮小

一方で残ってる去年収穫物の出荷も。
まだまだ中身はバンバンの現役。
でかいのから小さいのまでいっぱいあるのでどんどん出荷だー
割れたのは・・・美味しく頂いとります(笑

P1070890_縮小

芽も動き出したし管理が難しくなってくる時期に来たね。
出荷物に関しても種イモに関してももしか欲しい方いたらご連絡くだされば。
ネバネバパワー充電いかがですかな?


2021-01-30(Sat)

種イモ選抜あと1コンテナ。

今日はやはり予報通りの大荒れ。
風が強かったので吹き溜まりがすごかったですね。
朝までの雪の量は風があったため大した感じではなかったですが・・・・

P1070711_縮小

風がおさまってきてから一気にドカ雪。
昼あたりは視程100m程度ハザードつけながら走ってる車もいましたよ。
実際この写真車2台いるんだけど見えにくいよねぇ。
ホワイトアウトで言えば中程度ってとこでしょうか。
ここに強烈な風が吹いたら最悪のホワイトアウトでしょうね。
やばかったっす。

P1070712_縮小

そんなこんなで今日半日くらいで5,60㎝程度でしょうか。
新雪とそうでないところのラインがはっきりしているのでわかりやすいね。
まーた結構な雪、今回は大荒れとドカ雪がセットでござんした…
まあ今までこれ以上にふってるからこれぐらい増えようともうどうってことないんだけど(汗


本日は大荒れの外ではなく中のお話。
雪が落ち着いてたこともあって中での仕事もあれこれと進んできていまして、
先日より始めた姫神芋の種イモ選別の2コンテナ目が終了となりました。
3つあるので残りはあと1個になりましたよ。

P1070708_縮小

でかいのと小さいので分けます。
とりあえず50gが基本ラインなのでそれ以上なものとそうでないものの2つですが、
それぞれでまた個別に分ける予定なので、まずは2つだけの選別にしています。
1コンテナを分けるとこんな感じで別れまして、結構小物が多かった印象です。

P1070710_縮小

小物はむかごからのものでしょうね。
むかごの形が芋に変わっただけの非常に小ぶりなものが結構多かったです。
収穫時に記事にしたけど定植が遅くなったものがそういった物で残ってるんでしょう。
それでもむかごを植えるよりは芽出しも早いし生育いいので種イモ再生産には利用しますよ。

P1070709_縮小

大きいほうは収穫物の小さい奴を含むので50gどころじゃないサイズもあります。
収穫物を含むので種イモ自体の量はかなり多いと思われますね。
ま、全部終わって細かく分けた結果どう言った数になってるかでしょう。
とりあえず収穫物用は2畝か3畝あればいいと思ってるので、200個前後で十分だと思います。
足りなくても去年の感じからいえば、
種イモ再生産の中の50g以下でもそれなりの種イモならば食用に生育するものがあったので、
50g以下の大ぶりなものを収穫用として利用する手もあるわね。
収穫物があまりでかすぎるのも問題だったのでむしろそのほうが良かったりするまである(笑


とまあぼちぼちながら選別が進んでます。
割ったやつ以外で傷んでしまってるようなものがないのがこの芋の強みですね。
なんせ1年は持ちますからねぇ。
この後乾かし過ぎず暖め過ぎず、ネズミにも気を付けつつ管理して春を迎えたい。
選別全部終わって自分の分確保したら種イモ販売だーー


2021-01-15(Fri)

やっと姫神芋の種イモ調整始まる

今日は晴れ、快晴につき放射冷却。
という事で流れとしては非常に悪いわけで。
昨日まで雨でずぶずぶの路面がカチコチですからね。
轍から外れようなもんなら車が明後日に行きます。
雪の壁は水吸って凍ってカチカチのアイスウォール、
屋根の雪もこれを残してると次の雪下ろし大変だわなぁ・・・・
やっぱりこの時期の雨ってのは一つもいいことないね。


さてさて、
ここまで尋常じゃない雪とキノコに悩まされてきましたが、
ここにきて天候も落ち着いてキノコも落ち着いてきた。
ようやっと自分のを仕事も少しずつ復活、時間を作って姫神芋の種イモ調整に入りました。

P1070636_縮小

とりあえずぼちぼちスタート。
主だって50g以上になりそうなものとそうでないものの2通り、
土を落としてひげをある程度とって選別といった感じ。

P1070637_縮小

こっちはオーバー50、50g以上が目安なので100gオーバーすらいると思いますね。
50gに満たなくてもある程度大きかったらまずこっち。
後々計量して最終選別しますんで選別は適当です。

P1070638_縮小

こっちは小さい奴。
小さい奴はホントに出来損ないの種イモ再生産用って感じ。
かりんとうみたいなホントのクズから20gくらいの芋でしょうかね。
小さいとはいえむかごから育てるよりは効率が良く育つので、
今年もこれから種イモを作り出そうと思っとります。
もちろんむかごから作るのもやりますがねー

P1070639_縮小

選別作業をするのは3コンテナあり、今日はまず1つの半分程度をやっといた。
一応土をある程度落としてるので作業自体は楽に進みます。
時間さえできればあっという間に終われそうではありますが、
ここまで来るのに今年は時間がかかっちまったからねぇ(汗
遅れを取り戻してさっさと仕上げてしまいたいです。
秋冬収穫物はどうも年越さないとまともに動けなくて困ったねぇ(汗


2020-11-22(Sun)

これぞエアーポテト

今日はお休み。
ようやく車のタイヤ交換をしましたよ。
慣らしでちょっとドライブして作業終了。
久しぶりの道はいろいろ変わってましたねぇ。
ホントどこにも出かけてないなーってのを実感(汗


さて、
現在古ホダを廃棄して山積みにしているわけですけど、
その場所にはですね去年収穫した姫神芋のクズが残しっぱなしになってたんですよね。
大きいけどあまりにも分かれ過ぎて使いようがないものとか様々残ってたんですが、
それをいまさらながら廃棄するべく整理してたら面白いことになってましたのよ。

P1070360_縮小

これは・・・・・
先端部から芽が出て伸びていくので上部がもじゃつくのはわかるんですよ。
でも蔓が伸びるんじゃなくて根っこのようなものがこんなに生えるとはね。

P1070361_縮小

そしてよく見ると芋が!!
土の中に入れてなくてもこんな風にできるんだね。

P1070362_縮小

別のものにも発生。
こんな感じで土に埋めてなくても勝手に芋のようなものができるらしい。
これは驚きだ。

P1070363_縮小

とるとこんな感じでしっかりとしたものが出来上がってるのよね。
宇宙芋なんていうバカでかいむかごがあって、それをエアーポテトと呼んだりしますけど、
こっちはこっちで土にも埋めずに勝手にできたまさしくエアーポテト。
イヤーすべての長いも系はこんな風になるのかわからんけど、
おかしなことやっとるなーと思ったね。


まあこれ自体は芋というよりはむかごのほうに分類されるもんでしょうね。
これを埋めれば芋ができるのかどうなのか、それはそれで面白そう(笑
それよりなにより姫神芋が1年たっても原形をとどめてるほうが驚きだよねぇ(大汗
全くもっておかしなことやっとる。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村