FC2ブログ
2021-06-26(Sat)

コンビプレイの攻撃に悩まされる

どもー
絶賛草むしり中の椎たけ夫ですー
梅雨入りしたはずですが天気予報から雨が消えまして。
ジメッとしつつ暑いまさに夏、そんな中でも黙々と草と戦っております。
現在姫神芋の草むしり中なんですが、今年もやはり畝が穴だらけになっていました。

P1080934_縮小

特に端っこのほうはツユクサが茂り始めて厄介なことになってるので、
優先的にツユクサやイネ科雑草を除去していってます。
除去していくと必ず出てくるのが

P1080935_縮小

あっちこっち穴だらけ。
完全に畝の中はトンネルが開通済み、端から端まですべて穴が開いてるような状態でしたわ(大汗
でも芋の下などを通っているので表面上からはわからないんですよねー

P1080937_縮小

しかし穴が開いているだけならまだまし、このように伸びてからちぎられる事象も。
穴が開くのはモグラだとは思いますがこうしてちぎるのはモグラの仕業ではない。
まあ偶然ちぎってしまうこともあるかもしれないですが、

P1080938_縮小

これは明らかにモグラではない。
モグラがトンネル工事した後にネズミが入って食害を起こしているわけですよ。
まさにコンビプレイ、なんという外道。

P1080953_縮小

時にこんなものも出てくる始末。
これがモグラの仕業・・・そんなわけはない。
だからこそ私の畑では穴を開ける=ネズミのくそやローの方程式が。
全く毎年毎年がっかりだ。

P1080936_縮小

おかげで今年もあちこち欠株が出てしまってます。
芋自体生きててまた新しい芽を出しているものもあるので数はもう少し回復すると思いますが、
初期の芽から1か月遅れは生育に多大な影響を及ぼすため収量低下やむなし。
がっくりだ。

P1080954_縮小

穴を埋め立てしつつ草むしり、結構な量の草があってようやく1畝完成だ。
やってる最中に穴からモグラ出現したし(大汗
捕獲できたけどモグラたたき状態で穴に隠れられてしまったけど。
残りも早いとこ草むしって隠れられるような場所をなくしてしまわないといかんな。

P1080939_縮小
P1080940_縮小

生育状態はぼちぼちです。
早いものはトップまで蔓が伸びました。
でかい芋のほうがやはり生育が早いですね。

P1080941_縮小

種イモ再生産のほうも比較的順調。
これぐらいもじゃついてくれれば種芋再生産は今年は期待できるでしょう。

P1080942_縮小

むかごから種イモのほうはだめだなぁ・・・
やっぱりいくら小さくてもイモになってるやつのほうが蔓伸びは間違いなくいい。
こんなに差が出てると出荷の際に切り落とした先端だけでもいいんじゃないかと思えてくる(汗
むしろそれ来年実験しようかねぇ。
むかごやめようかしら。


天気がまともなので除草作業自体は順調に推移中ですが、
思った以上にモグラ&ネズミの仕事がひどくてまいってしまってます。
畑にそもそも入ってこないように畑の周りに水仙バリアでもしとこうかしらねぇ。
毎度毎度荒らされちゃかなわん。
先日ネズミの子供は駆除したけど今年もネズミとの仁義なき戦いは激しさを増しておりますな。


スポンサーサイト



2021-06-11(Fri)

ようやく姫神芋のネット張り終わったーー

今日も暑かったねぇ。
昨日に続き真夏日、午後から外に出た時真夏じゃねぇかと思ったわ。
それぐらい日差しがきつく暑い暑いーー
前も夏前に真夏日のキッツい暑さがやってきたことがあったけど、
今年もそんな感じで夏も激アツになるかもしれんな・・・・・ヒー勘弁


さてそんな馬鹿暑い中、ようやく姫神芋のネット張りが完了となりました。
3日がかりになった作業でしたがなんとか今日中に終わらせた。

P1080769_縮小

今回はですね、あまりにも支柱がささらないためドリルを導入。
去年はささりが甘すぎて風で後半倒れてしまいましたからね。
このドリルで穴をあけてしっかりさしこんでいきます。
ちなみにでかいドリルは畑の排水対策用、本当はこっちのでかいドリルメインで購入。
購入時に本体のみ販売と細いドリル付きとあったので、今回のように使えるためドリル付きで購入です。

P1080770_縮小
P1080771_縮小

また、差し込みを楽にするための道具も。
これあるとないとでは全然違いますからねー

P1080773_縮小
P1080772_縮小

ドリルを始動、これがまた非常に大変な作業だった。
ある程度までは作土層、刺さりにくいところは粘土質で土の色が黄色っぽかった。
そんなこともあって深く差すと抜けてこないので毎度全力で背筋測定している感じ(汗
ただの背筋測定ならまだしも機械の重量が10㎏もあるからホントにしんどい。

P1080774_縮小

1列穴開けてパイプをさしたところで、汗だくの全身疲労。
しかし一昨日の段階で終わらなければ昨日の真夏日、更にやばいと何とか頑張ってすべて穴をあけた。

P1080775_縮小

所々ドリルでどうにかならない岩盤にぶち当たる場所があったので、
その場所はいつもの金でこをぶち込んで破砕してパイプをさしました。

そこから昨日は上下に紐を張る作業とフックかけ。
ネット張りまで行けるかと思ったけど思いのほか紐張るのに時間がかかってしまったので本日ネット張り。

P1080777_縮小

このネット張りも今年は非常に苦労した。
まともにすんなり張れたのはたった1回。
注意しながら張っていってるのになぜかねじれが発生したり、
1枚を半分にするのでまとめてカット、
次のところに行くとしっかりまとめたのになぜかぐちゃぐちゃになって張れなくなるなどなどホントに苦労した。
今年が一番ネットで苦労しましたね。かなりイライラしてました(苦笑

P1080778_縮小

よく見りゃ支柱がかなり曲がってますけどねー
まあしっかりささっていれば問題ないでしょう。

P1080779_縮小
P1080780_縮小
P1080781_縮小

今年は例年になくネット張りが遅れたため蔓もすでにグニャグニャのぐちゃぐちゃ。
ネット張り終わってからネットに絡めたけど、普通に伸びてりゃほぼ頂上じゃねぇか・・・
早めにネット張らないとこうなるからダメだね。
といっても今年は注文したネットが1か月たっても来ないので別口で注文し直したもんで(大汗
ネットでダメならホームセンターで調達・・・も今年は近所のホームセンター全て全滅だったしねぇ。
1.8m*50mなんていうニッチなサイズだと取扱量少なくてなかなか大変だわー


3日もかかっちまったけどこれにて春物の95%ぐらいの作業が終わったね。
残りは細々、ようやく気が楽になりますなぁ。
とにかくこの3日で筋肉バキバキ、来週までに体調を元に戻さないと。


2021-05-25(Tue)

むかご定植2021バージョン

今日も朝まで雨、しかしそのあと風も強く晴れていたので土の乾きは比較的ましに。
本日は姫神芋のむかごの定植をしてきました。

P1080344_縮小
P1080345_縮小

今年は育苗箱での芽出しをしてみました。
去年はセルトレー、一応出たものの揃い悪くあまりにも最初と最後の日数が空きすぎたため失敗。
原因が土が流されたことにあったので今年は土を多くするために育苗箱で。
熱が入るとやはりセルトレーに比べると保温力もあってそろって芽が出始めました。

P1080591_縮小

そのあとはずっと放置、植えたいんだけどなかなか畑に入れないような状況、
そうこうしていると畑作りやら他の定植やらでさらに延び延びに(汗
おかげで蔓も伸び伸び、あまりに伸びすぎてこれはまずいだろってところまできてしまった感。

P1080637_縮小

ちうことでいざ定植。
問題はこれどうやって定植しようかってとこ。
引っ張って大丈夫か?と恐る恐るクイクイしてみると意外と何とかなった。
ただやっぱり伸びてる分根っこも生えてるので絡まってとりにくい・・・・

P1080638_縮小

去年はこんなに根っこがなかったよなー
とるときに少しプチプチいってるのでもう少し根っこがあったはずだけどね。

P1080639_縮小

種イモ再生産と同じく10㎝ピッチで定植。
簡単なように見えて蔓が長くて土をかけるのに一苦労。
やっぱりもう少し短いうちにやるべきでしたって話―

P1080640_縮小

こんなに倒れてたら土寄せを鍬で出来ないからねぇ。
伸びすぎもよろしくない。

P1080643_縮小

ま、そんなわけで本日をもって姫神芋の定植はすべて終了です。
今回はむかご定植一発終了、この点は種イモづくりとしては最高である。
今年は幾分種イモ生産に期待が持てそうだ。

P1080642_縮小

種イモで植えたほうもぼちぼち芽が出てきていました。
これなら種イモ来年多いかなーーどうすっぺ(汗

P1080641_縮小

収穫物のほうもどんどん。
一番はやっぱりでかい200gオーバーの芋が順調。
種芋でかいほうがいいけどこれはどうよってサイズでしたけどやっぱりサイズイズパワーか。
まあ収穫してみないとわからんけど。


定植は何とか終わったけどこれから支柱たてもしなきゃなー
しかしながら今年はキュウリネットがまだ来てないのでそれが問題だ。
すでにむかごの蔓はネットが必要だし種イモのほうも順調に伸びだしてるから早く来て欲しいもんである。
とはいえまず他の定植・播種を片付けてから、姫神芋が落ち着くのはまだまだ先ですな。


2021-05-10(Mon)

姫神芋定植2021

今日も雨が降ってしまった。
おまけに相変わらずの暴風。
風が強いため午後には畑がだいぶ渇いてきていたので、掘るのは断念定植をすることに。

P1080426_縮小
P1080427_縮小

まず先日作っていた畝のほうから。
毎年同じところで栽培して今年で3連作になるのか?
同じような畝の作り方なんですが、肥料ふって畝作ってーの肥料計算をしっかりしてなかったせいで、
1日で完全に畝づくりが終わらなかったんですよね(大汗
事前準備はしっかり外かんといかんのですよ。

P1080438_縮小

2日かけて7畝分の畝たてを完了。
今年は減らそうと思ってたのに気が付けば全く同じ畝の数・・・・・
全くどうしたことか(汗

P1080456_縮小

そして本日定植。
畝に溝を切って芋を並べていきますよ。
今年は種イモサイズをしっかり分けまして、サイズ別にどんな感じかを確認してみることにした。

P1080457_縮小

でかいの―小さいのーの区切りをしっかりと。
小さいのといっても一応収穫を目指す種芋なので最低ラインとして50g以上の種イモを使ってます。
サイズ別として50~100,100~150,150~200,200~の4パターンです。
200サイズってでかすぎね?って感じですが、かなり形が悪いので食べるにしても身がないんだよね(大汗
かといってカットしてもカットしたほうに芽がつかないことが多いためこのままという流れ。

P1080459_縮小

収穫物用が終わったら種イモ再生産の芋を定植していきます。
こっちは去年もやったけどやっぱりむかごからよりもいもの体をなしていたほうが種イモ生産がしやすかったので。
こちらのほうも30~50gのやや大きいものと30g未満の小さい奴と2パターンで分けてます。

P1080460_縮小
P1080461_縮小

種イモ再生産用は10㎝ピッチでぎっちりと詰め込んで。
収穫用は30㎝で余裕をもって。
いつものことなので淡々と作業を進めていきましたよ。

P1080463_縮小

芋の定植は最終的に5畝と2/3ありました。
残りはむかごでの種イモ生産の畝になります。
むかごのほうはもう少し芽出しをしてから定植開始なのでひとまず定植はここで打ち切りだ。
むかごからの種イモ生産は定植が遅れれば遅れるほどに生育不良になるので、
なるべく一気に5月中には完了したいところだね。
そういう点でも芋からの再生産のほうがリスクが少ないんだよねー
ま、そんなわけで一つ目の大事業分の定植完了だ。
次に待ち構えるはオクラか・・・ヒー大変だーーー




2021-04-14(Wed)

改良むかご芽出し

本日も時間があったのでむかごの芽出しをすることに。
去年は4月9日に芽出し開始してるので今年は少し遅くなった。

P1080165_縮小

今年のむかごは一番最初にとっておいたいい奴を外に置きっぱなしにしてしまったので、
凍害から芽が出るかどうか不明・・・・・
しょうがないので販売用に洗って乾燥、そのご注文が来なかった奴から種用に流用。

P1080166_縮小

前もそうだったけど、むかごを袋に入れっぱなしにしておくと根が出やすいですね。
種むかごは袋に入れてハウス内に置いとくのが一番楽かもしれない。

P1080167_縮小

たくさんありますがまず芽がある角が生えた奴を優先利用。
角が生えて形よく大きめのものから順序に。

P1080169_縮小
P1080168_縮小

今年は去年から改良として育苗箱で芽出し。
ザ・几帳面的に150粒を並べました。
去年は128穴セルトレーでしたが、ことのほか発芽に時間がかかってしまったんですよね。
理由としてはむかごがでかくて土の量が少なかったという事に尽きる。
ここから派生して土が少なくて保水力に欠け乾いて下から土流出というところまで行きます。
遅くなるほど生育が悪くなり種イモ生産に影響が出るため、
今年は育苗箱で土の量を多くすることで保水力増し増しで芽出しを促進作戦を決行だ。

P1080170_縮小
P1080171_縮小

袋のものだけでは足りなかったため、同じく洗浄乾燥して選別しておいたけど袋に入れてない奴を利用。
こちらのほうはやはり袋に入れてたものに比べて根っこが出ていないです。
角は生えてるものがあるのでそれをどんどん利用していきました。
こちらも150粒、合計で3箱分450粒まきましたよ。

P1080172_縮小

比較的暖かくなりやすい奥の発生舎に重ねておいた。
育苗ベッド出したらそっちに移動していきますがまずはここで。
この方法でやると去年よりどの程度発芽が良くなるだろうかねー
これでダメだとちょっと困りもんですがね(大汗
一番の心配は密なので発芽後に根っこがこんがらがらないかという事だけ。
そこがクリアできていて発芽良しだったらこれで毎年いきますよ。
まずしばらく待って状況を注視しておくことにしましょう。
うまくいってくれよーーー



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村