FC2ブログ
2020-07-13(Mon)

咲いた咲いたよヤブレガサ

P1060365_縮小

クーワガッタも現れる今日この頃。
現れるのはいつも通り雌ばかりなり。
ま、こればっかりは榾木に卵を産もうと来るわけだからしょうがない。
カブトムシだって雌ばっかりだしねぇ。
キノコ屋やってるとこういった虫の繁殖地になりたくなくてもなれるってわけよーー
菌床なんか特にやべぇよ・・・・


さて本日のネタは長きにわたって観察してましたヤブレガサの蕾がついに開いたという事に関して。
本当になぜこんなに時間がかかるのかと驚きを隠せない、そんな開花でございますよ。

P1060301_縮小
P1060302_縮小

咲き始めたのはつい先日、つぼみができ始めてからなんと1月半くらいかかってます。
この前の記事でこのまま花が咲かずに綿毛になるかなんて書いてますが、
そうはならずに小さな花の集合体として開花してましたね。
1つの花はかなり小さく5弁の花、その割に雄蕊雌蕊がかなり突出してますね。
この感じ、エキノプスに似てなくもない気がするなぁ。

P1060303_縮小

咲き始めは本当にこの株のみ、そろって咲くのはどれだけかかるのかと思ってました。
それが現在では…

P1060366_縮小
P1060367_縮小

だいぶそこかしこで花が咲いていました。
最初のものと色が違うので受粉したのかな?
雨の中の開花なのでちょっと厳しいかもしれないけどね。
そう考えるとこう長雨の中でもかなり長い期間開花が続くとすれば、
種ができないリスクをものすごく下げることができる気がしますね。
このちんたら感はもしかして計算されているのか??
だとすればヤブレガサの戦略に驚きである。


P1060369_縮小
P1060368_縮小

ちんたらヤブレガサは先に咲いたけど、それに負けず劣らずちんたらなシドケはもう間もなくか。
山菜ってのは思っている以上に開花までの時間が必要。
でもそれも戦略かもしれないと考えるとなかなかどうして。
もう少し観察をして種ができたら発芽チェックだ。
やっぱり一般的じゃないものを観察するってのはなかなか面白いねぇーー


2020-07-10(Fri)

7月のオオナルコユリ。

今日もムシムシ、日中晴れ加減だったこともあって汗が止まらん。
30度近くて湿度高いと地獄だね。
まあ真夏の40℃越えの蒸し風呂ハウスからすればまだまだましだけどーーー
皆さんも水分補給はしっかりして熱中症には気を付けましょうね。


さて先日よりお送りしてます7月の山菜。
一応これで最後、オオナルコユリの登場。

P1060278_縮小

スベリヒユスベリヒユスベリヒユ
地獄のスベリヒユである。
雨が降るととたんに増えるスベリヒユによって畑は覆われてしまった。
おまけにこいつら知らん間に種をばらまいてて除草作業中に手に種がついてることも・・・・・
厄介ですが抜きにくくはないのでどんどん抜いていきます。

P1060279_縮小

草マルチした畝の上を除去。
しかし・・・・オオナルコユリの姿がない。

P1060280_縮小

どこに隠れとるんじゃーといろいろ探しても見つからない。
草マルチしてもやはりあの白化から死滅というパターンのものが多かったという事だな。

P1060281_縮小

1畝で何とか数株生きているものを発見。
それを経て2畝目へ。

P1060282_縮小

きれいさっぱり全て除草完了!
肝心のオオナルコユリは・・・・

P1060283_縮小

いないやんか。

P1060284_縮小

っといたいた、セーフ。
こちらも数株、間違って抜いてしまった物もあったけど球根ができてきてました。
そういった地下部分が形成されてきているものは生きてるっぽい。
そうじゃない奴は全滅っぽいなぁ・・・・・

オオナルコユリはほかのものと違って幼苗ってことも影響してると思います。
幼苗の場合は購入後即定植よりも大きくしてから定植のほうが間違いは起きなさそうだ。
今回生きてるもの10株あるかないか、200株買ってこの結果なので損失がとんでもない(泣
山菜は特性理解ないとこんな風になるよっていうお手本になっちまったなー
家の近くに生えてる野良オオナルコユリのようにでかいものに育てるなら、
ある程度大きい苗からスタートするのが無難かもしれん。


2020-07-08(Wed)

ワサビダイコンが大変大変!

今日も雨。
ジメジメムシムシ。
昨日に比べるとまだましだけどこのジメムシ感は植物の病気も心配になるけど
自分の体調すら悪くなるような非常に不快な状況だ。
そんな中でも草むしり、もう嫌になりますよ・・・・・


さてさて、気象状況は悪くても生育順調だったワサビダイコン。
白さび病がついてちょっとと思っていたけどさほど気にせず順調に…


だがしかし!



久しぶりに見に行くとそこには順調だったものから変わり果てた姿に。


P1060316_縮小
P1060227_縮小

株自体はバカでかいです。
80㎝とか意味不明なでかさになってますが、きれいだった葉が数日で穴だらけになってました。

P1060317_縮小
P1060318_縮小

ボッコボコ、穴やんけーー
原因は奴ら。芋虫野郎どもだよ。
なんせワサビダイコンはアブラナ科ですからね。
強い強いとは言うものの一番虫がつきやすい部類の野菜なわけよ。
今回もコナガにアオムシ、カブラハバチとアブラナ害虫勢ぞろいって感じに大量についてましたよ(泣
まだこの葉っぱのでかさの分ナガメが大量についてるほうがましだった。
葉っぱがでかい分もってるって感じだね。

P1060319_縮小
P1060228_縮小

それに白さびもまだ止まってないね。
病気と虫のダブルパンチで攻められるといかにでかくて強いワサビダイコンでもダメージは深い。
防除したくても天気が悪いし非常に困った状況だ。
ここにきてワサビダイコンに暗雲立ち込める・・・・・



2020-07-05(Sun)

7月のオケラ

今日はお休みだ。
昨日支柱立てしたせいで疲れが来たのと、時間差で腹筋の筋肉痛が来て動く気がしない(汗
支柱建てるための穴あけ作業が一番きついっす。
1時間程度でガタが来る、自分ももう若くないなぁ・・・・・


さて本日は7月の山菜シリーズ、本日はオケラ
オケラといっても虫の螻蛄ではなく山菜の朮。
山菜版の漢字は普通には読めないねー

P1060254_縮小

オケラはサクの次に草むしり。
草むしった感想としては山菜ではよく辛抱して生きていたって感じ。
株の死滅がゼロのサクについで少ないです。

P1060255_縮小

現在は40㎝くらいでしょうか。
株元からもじゃもじゃにはならず1本立ち、そう考えると摘心したほうが枝数は増えそうだね。
花もついてもう少しで咲くかな。

P1060256_縮小
P1060257_縮小

オケラの花というか蕾は結構特徴的。
網目が守ってるようなそんな感じのフォルムをしていますよ。
花が咲くのはもう少し後になると思われますがこれもどんな花が咲くのかな?


P1060258_縮小

草むしり中に感じたのは葉っぱに触れると痛いってこと。
よく見ると強力な鋸歯である。
結構丈夫な葉っぱなのでもし収穫するならばやっぱり若いうちってのがよくわかります。
来年あたりから少しずつ収穫するとして収穫タイミングは間違わないようにしないといけなさそうだ。

今現在の段階ではオケラに関しては栽培は容易であるという事が言えそう。
草マルチもなしで全く問題なく生きてるので使えそうなら増やしたいね。
日向に強い山菜ってのは貴重ですわ。


2020-07-02(Thu)

7月のサク。

昨日の夜の雨は思った以上に降ったらしく久しぶりに川が増水、濁流と化していました。
これだけ降られると畑の含水率が高いのでただ入るだけでもよくないわけで。
案の定草むしりだけでぬかるみにはまる結果に(汗
晴れ間が欲しいです。


さて本日から7月に入った山菜の様子についてでも書こうと思います。
まず第1弾はサクです。

P1060247_縮小

まずサクの草むしりが終わっていたのでサクから、順番は特に関係なしで。
草をむしって全容を見ると枯れた株は今のところゼロ。
この点は非常に優秀。

P1060248_縮小

しかしながらバカでかくなるサクがなかなかでかくならない。
でかい苗だったはずなのにワサビダイコンの遥か後ろを走っている感じ。
メータークラスは楽勝かと思っていただけにこの結果は少々がっかり。

P1060249_縮小

苗が活着するまで時間がかかった印象が強いかな。
なかなか葉が出てこず、今だってようやく4枚目とかその辺だしね。
思った以上にサクの生育速度は遅いのかもしれない。

P1060250_縮小

せり科なので貴重な葉っぱにこんなのもつくし・・・・・
現状を見ると期待が大きかっただけにがっかり感がでかいというのが正直なところ。
これからの生育に期待するしかないね。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村