FC2ブログ
2020-01-23(Thu)

2020一発目の種まきはホンナ

今日の朝はテカッテカのツルツル路面でした。
玄関から出て即トゥルットゥルー
陽が出る前だったから暗がりの中つるつるの道を歩くのはさすがに怖かったっすねー
何度もヤベーヤベーいいながら滑ってました(笑
氷点下プラス雨のコンボほど恐ろしいもんはないなと感じた朝でしたよ・・・・・


P1050280_縮小

本日は今年度一発目の播種作業をしてきましたよ。
まだまだ寒いので夏野菜とかそういった物ではありませんで、去年の秋に採種しておいたホンナの種をまきました。
右のものが早めに収集したもので、左は片づける寸前に収集したもの。
ホンナの種は時期によって不稔のものがあるらしいので2パターン採ってみたわけですよ。
右のものは秋のうちにとりまきしてみたけど発芽しなかったです・・・・

P1050281_縮小

一応種はちゃんとついてるんですがねー
そういうこともあって、もしかしたら休眠があるのかもしれんと冷蔵庫にしまっておいて2か月ちょいかな。
そろそろいいだろうと思って出してきました。

P1050283_縮小
P1050282_縮小

相変わらずのばらまき。
綿毛があるから多く見えるけど種の量自体はそんなでもないと思われますね。
今回は2パターンの種を合計3つ分育苗箱に播種。
出るかなー出るかなー

P1050284_縮小

温度をかけるのは温水パイプの上で。
一定の温度じゃないしどこまで温度がとれるかは微妙なとこだけど、
まだ農電マットを出せないので今しばらくこれで発芽チェックです。
どのくらいで芽が出てくるかはわからないので、とりあえずのところ1週間を目安にチェックですな。

もうそろそろ2月で畑の計画も早めに仕上げてしまわないといけないんですが、
今年は結構悩みが多いので進んでません。
このホンナも無事発芽して大量の苗を作れるようならホンナ畑を作りたいなーと思うところだけど…
あるものを有効利用、時期物を有効利用、そんな風にできれば最高なんだけど。
山菜作れるようになりたいわーー


スポンサーサイト



2019-11-30(Sat)

山菜ちゃんと越冬できるかな?

まーた雪が積もった。
降ると積もる、当たり前だけど量がねー

P1040992_縮小

当たり前に20センチ降る。
なんと言いますかここら辺の降雪のレベルが違いますね(大汗
この雪がもう一度消えるかどうかは何とも言えないけど、もう当たり前の白い季節入りしております。


さて話はこの雪が降る前のことになりますが・・・・
今年畑に植えた山菜の越冬前の状況を確認です。

P1040979_縮小

まずはホンナ。
日よけをかけている間はまだ青い葉っぱでしたが、外した後霜に当たったら速攻で枯れました。
やはり霜に当たると夏野菜と同じく一瞬でもっていかれちゃうみたいですね。
ただし、今年植えた中では一番生育がはっきりしているため、
ホンナの越冬に関しては問題なくできるんではないかとは思っています。

P1040975_縮小
P1040976_縮小

次いでヤブレガサ。
こちらも霜で枯れ果てましたが、その前の段階で少しダメージがあり不安があります。
最後まで地上部が残っているのが1株というのがね…
定植から全く動きなくそのままの状態でいたので一体どういうことになっているのかが全く分からないです。
正直来年本当に存在しているのかどうか…
無事越冬してくれ。

P1040977_縮小

最後にシドケ。
これも現状全く何も残っていない感じで大丈夫だろうか。

P1040978_縮小

去年種播きした株が少しばかり大きくなった状態で枯れてましたけど、
今年まいた株は全く存在していたのかどうかという具合のため、
これも先行き不透明で困ったなぁという感じだ。

P1040980_縮小

今年の苗で残っているものも寒さで枯れたし、
これが来年の春に出てくるようであれば畑も無事かなーと。
それぐらい何とも言えないので消えたら消えた、しょうがないかなー程度だ。

なにぶん初めての畑での山菜栽培での越冬、
特にシドケやヤブレガサに関しては活着して大きくなった姿を見たわけでもないため不安が大きい。
これがデフォですんでーと言うのがわかれば次からは心配しなくてもいいので、
来年の春無事越冬できていて安心できることを祈りたい。
確率は五分五分、いや7:3でダメな気もしなくない(大汗


2019-10-22(Tue)

ホンナの種をまいてみました

本日は微妙な雨でした。
これなら明日の芋ほりには問題なさそうです。
そんなわけで今日はそれ以外の雑務に精を出しましたのよー


P1040712_縮小
P1040714_縮小

本日は今年栽培を開始したホンナの種をまきまして。
畑に植えたホンナに花が咲いたのはいつぞや記事にしましたが、
その花が種になってそのまま大量に残っていましたので収集しておいたんですよ。
タンポポの綿毛のような種、増殖できるならどんどん増殖しちゃおうじゃん作戦ですよ。

P1040715_縮小

育苗箱にばらばらと。
本来なら綿毛をとって精製すればいいんだろうけど、
結構面倒なもんなので今回はこのまま分解しつつまいてみましたよ。
畑では同じ綿毛で飛んでくるオニノゲシやフキがそこかしこで発芽するので、
この状態でも問題はないだろうというのが正直なところ。
まあホンナの繁殖能力がどの程度か全くわからんのでうまくいくかはわからないですね。


一応実験農場でもらった栽培指針の中にホンナの栽培についてあったので調べてみると、
早い開花のものは不稔のものが多いので9月くらいに開花したものを選ぶ
採種は10月下旬から11月中旬位まで、とのこと・・・
播種がちょっと早いかなーというのと今種になってるというのは開花が早い奴だよなーと(大汗
まだ熟してない奴があったのでそっちを後で採種してまいたほうがいいのかな?
発芽に関してはシドケ同様休眠打破が必要なのでどうやら来年っぽいし・・・・・
よく調べてからやればよかったか、とも思わなくはないホンナの播種作業、
種は大量にあるから何度か実験まきしてみようと思いますわ。
うまくいったら南瓜の代わりに田んぼでやってみたいもんだ。



2019-09-11(Wed)

山菜の草むしり

今日は思った以上に雨が降った。
台風過ぎての時間差攻撃か・・・・
チクショウ、これでまた畑を掘るのが厳しくなってしまった・・・
今の時期は雨が降ると仕事がなくなってしまって困るわー


今日は久しぶりの山菜ネタ。
畑で他のことに忙しくしているため山菜のことはほったらかし。
なんといってもほったらかしで十分なものですからねーしょうがない。
しかしながらここ最近の草の状況からするとあまり放置しっぱなしというのも・・・

P1040416_縮小

簡易半日陰ハウスの周りからしてヤバいですからね。
一応パイプ付近以外は草を刈っているのですが、それ以外は手を出していないため草がやばい。
外がこんなのですから中もね…(汗

P1040417_縮小

最早なんだかよくわからんことになっとる。
ということで草むしりをしてきれいさっぱりしておきますよ。

P1040418_縮小

はい、完了。
劇的ビフォーアフターだね。
日陰なので草自体はヒョロヒョロの軟弱もんだったので、普通の状態からすると非常に草むしりは楽でした。
ただシドケを一緒にむしらないように慎重にやったので時間はかかったけどね。

P1040419_縮小

物としてはホンナがこんな状況。
茂ってた時期からするとだいぶみすぼらしくなりました。
種を作ったからでしょうかね。

P1040420_縮小
P1040421_縮小

こんな感じの花なんだか綿毛なんだかわからん種のようです。
結構花が咲いたようですが、これがこぼれ種で増えたりするもんなのかね??

P1040422_縮小

タンポポのように飛んでいくような感じの物にはなってないけど、どうやって勢力拡大していくのかねー
ホンナの生態なんてのは初めて見るからなかなか興味深いことが多いですねー

P1040423_縮小
P1040424_縮小

こちらはシドケ。
去年まいたものはある程度大きくなってましたけど、今年まいたものはやっぱり停滞。
だいぶ株が消えてたのでなかなか活着しないものですね。
現在まだ小屋のほうに苗がありますけど、それも越冬させてから植えたほうがいいかもしれないね。
その間にどれだけの株が消えるかという心配もあるんだけど…
なかなかシドケはうまく増殖できません。

P1040425_縮小

増殖という点ではこちらのヤブレガサもそうですね。
定植してからさっぱり大きくなるでもなく葉っぱが増えるでもなく現状維持。
5株あったんですが3株になってますね(汗

P1040426_縮小

1株はどうやら草刈りの際にカットしてしまった模様(大汗
茎が緑という事で地下は生きていると思いますが。

P1040427_縮小

もう1株はどうも虫にかじられたのか地際からぽっきり。
こっちも地下のほうが結構しっかりしてそうな気配だったので大丈夫かとは思うけど、
ヤブレガサ自体も初めての物なので何とも言えませんね。
こいつ一体どうなるのが正解なんだろ??

この場所に定植した山菜に関してはまあ何となく生きている模様です。
でかくなるわけでもなく停滞気味ですので栽培に関する技術がまだまだという感じ。
特にシドケは種まきして増やせる割になかなか増殖がうまくいかなくて本当に難しい。
この畑いっぱいの山菜生産に入れるのはいつのことになるのかねぇ。
山に生えるのはホイホイ増えてるのにこいつらの栽培は意外と大変だわ。


2019-08-04(Sun)

ホンナの花

暑いねぇ・・・・
猛暑日はきつい。
明日明後日まで猛暑日予報、梅雨明けて夏がというか梅雨なく猛暑が襲い掛かる・・・・・
畑の水がやばいなぁ


で、

この猛暑になると一番やばいのが半日陰が専門職の山菜ですね。
ここまでは何とか生き延びてきていますが、この猛暑を乗り越えられるかどうかが正念場というところ。
いくら日陰にしているとはいえ気温はほぼ外とかわりありませんからねー

P1040092_縮小

ここも例のごとく草だらけになってしまったんですが、
今のところこの草のおかげもあるってことで湿度を保てているのか、
山菜類はまだいきている模様であります。

P1040091_縮小
P1040090_縮小

そんな中ですが、ホンナに花が咲き始めた模様。
ホンナは今頃花が咲くもんなんでしょうかね。
ホンナの生態については全く知ることがないですから初めての花ということになる。
花が咲いて種ができて・・・・枯れるのか??
ちょっと勘弁してほしいなぁ(汗
来年からは少量ずつでも収穫できたらと思ってるんだけどピンチなのか?どうなのか??

夏越しという山場を迎えるってときに2重のピンチ、と言えるかどうかはわからんが開花開始。
はてさてこの難題を無事乗り切って来年につなげることができるのか??
暑い夏の戦いが始まった。



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村