FC2ブログ
2020-03-31(Tue)

ナンテンハギをやってみる。

P1050607_縮小

本日カウンター10000超えました。
植菌生活ももう間もなく終了でござい。
飛ばしていくぞーー


さて本日昨日に引き続き種まきネタ。
昨日が第1陣、今日のは第二陣ですね。

P1050594_縮小

本日の種まきはナンテンハギ(南天萩)
別名はアズキ菜とも呼ばれる山菜の一種になります。
萩、そしてアズキ菜なんて言うくらいですからマメ科の植物です。
山菜扱いですからもちろん多年草、一度植えたらかなり長い期間収穫できるらしい。
ちなみにアズキ菜という呼び名はほかにもユキザサという植物でも呼ばれているらしく、
こちらのほうも山菜として利用できるらしい。
なもんでアズキ菜という呼び名ではなく南天萩で通そうと思いますね。

P1050595_縮小

結構密植するので苗の数がかなり必要になるようですので、
種まき量もそれなりの量になってしまいます。
今回入手できたのが800粒なのでセルトレー6枚と少しという量になりました。
あまり売ってるものでもないのでかなり高額なお買い物になってしまった(汗

P1050598_縮小

いざ種まきと行きたいところだけど、ペピーノ・鬼灯の際に書いた通り土が水を吸いにくく、
何度やっても水がまともに入らないことから1日育苗ベッドに水を張ってしもわせました。
本来は種まきは一発でと思ってたけど残念ながら今回は無理でしたわー

P1050603_縮小

種まきは植菌作業終了後なので外は暗くなりだしているころ。
小屋の中に入って電気つけて種まきました。

P1050608_縮小
P1050609_縮小

最後の1枚は数合わせが必要なのであとでまきましたよ。
全部で128穴セル6枚と73粒になりました。
種の感じはヘアリーベッチに近いですね。
ペピーノとかに比べると球なのでコート種子をまくように簡単に終わりましたよ。

P1050604_縮小

最後は加温のためペピーノたちと同じく温水パイプ状に並べました。
マメ科なので発芽率はいいかと思いますが果たして。

同じ山菜のシドケやホンナの発芽率が非常に悪いので、これがうまくいってくれると嬉しいんだけどねー
とはいえナンテンハギは食ったことがないものなのでいったいどんなもんなのか?
うまかったら増産待ったなしだけどーー


スポンサーサイト



2020-03-11(Wed)

ホンナに本葉が出始めた

今現在唯一育苗中なのが山菜のホンナ。
育苗中といってもまだ播種して芽が出たよー程度なんですが、
久しぶりに見に行ってみたら少しばかり大きくなって本葉が出始めてきていまいた。

P1050498_縮小

双葉がかなり大きくなりましたね。
しかしながらここまで2か月近くかかってるわけで(汗
随分と生育速度がのんびりしてます。

P1050499_縮小

まだまだ小さいけれど、本葉が出てきましたね。
もう少ししたらポット上げしてしっかりした苗に作っていかなくては。
いつやれるかはわからんですがね(汗

ここまで大きくなるのに時間がかかりまくったし、
思いのほか発芽率も悪くて苗が全然できないってのが予定外なんですが、
この残っているものはなんとしても物にして栽培につなげたいところ。
山菜栽培は難しいねぇ…


2020-02-24(Mon)

タラの芽栽培はどうなのか。

なにやらどうでもいいことでも書こうかと思ってたラ・・・・・

P1050421_縮小

なんとまあブログランキング、ガーデニング部門1位になってた(大汗
時たまある順位上昇ですけど1位とは驚き・・・・
特に人気ブログでもないだろうに(汗
訪問者が激増でもなさそうだったので謎だ。
ま、偶然の事象でしょう、明日には40位にでもなってるわな(笑


さて、今年は山菜に手を出そうと思ってるんですが、
栽培できる山菜って色々あるもののそれぞれの収益性ってどうなのよって調べてるわけで。
しかしながら山菜を栽培してこれぐらいの利益が出るっているデータってかなり少ない。
特に自分がやろうとしているものに関しては半分以上データがないので、
まずはデータが多くあるタラちゃんから考えてみることに。

P1050412_縮小
P1050413_縮小

タラちゃんといえばここらでは自生しているものを収穫して終わり。
あちこちに生えてますからね、ほんの一時期とって終了。
それだと収益性は微々たるもの。

P1050420_縮小

というわけで資料投入。
やはりタラちゃんを考えるならふかし栽培になるようだ。
ふかし栽培ってのは露地で株を作って秋に株をぶった切り、それを駒切にして冬場に加温して収穫するもの。
露地で春に収穫する際は頂芽1個がメインですけど、
ふかし栽培だと木の多数の芽を利用できるため収穫量が多くなるってわけだ。

P1050415_縮小
P1050416_縮小

畑で株づくりしているわけではないので露地の物になりますが、
ここの場所にあるものの芽数は4でした。
これだけ見るとね、いったいどのくらいやらにゃーならんのかと・・・・

P1050414_縮小

ただ、場所によるものか芽数は増減がありそう。
同じ長さの木を育てて芽数が減ると間延びしてしまうのでなるべくこうして詰まった芽になってくれるといいんだけど。

資料のほうで見てみると、定植数は1.000本/10a程度になりそう。
他の山菜と違い木なので定植数は抑えられますね。
利益は30万円前後くらいにはなるらしい。
実際やってる人はそのくらいを出せるといっていたので間違いはなさそう。
ただ毎度カットしてふかして収穫を考えると30万は少ない気もしますね。

そのほか品種が多数ある点、株づくりの際の立ち枯れ病蔓延の懸念、
実家の作業が忙しくなる時期と被る点など少し難点がありそうなことがわかってきた。
タラちゃんは人気があるけど導入には向かないかなーと思ったりします。
またほかのことも調べて判断していこうと思いますわ。




2020-02-17(Mon)

間違いなくホンナでした。

本日より種まきホンナを明るいところに移動。
発芽の全貌が明らかになり、本当に発芽したものがホンナかどうかが判明。

P1050390_縮小

フラッシュ焚いちゃってるけど、棚の下から表に出した。
温風機があるので多分温度は10℃くらいでキープされているとは思うけど、
直で温水パイプに置かれていた時よりは寒いとは思います。

P1050391_縮小

あちこち発芽していましたが、出して数を数えてみるとまだまだ10本程度しかなかったです。
数百くらいはまいているので全然だめですね・・・・
ま、これからこれから、そろわなくても100くらいは欲しい。

P1050392_縮小

今回出ているのが本当にホンナなのかわからなかったですが、
この奴をみてホンナであることが間違いないことが判明です。
綿毛からちゃんと芽が出ていますね。
これで心置きなくこの芽を育てることができます。

P1050393_縮小

といってもやっぱり今時分は徒長してしまうのは仕方のないことか。
水やりも難しくなるのでこれからの生育は注意ですね。
温風機の風が当たって乾きやすくなるだろうし気を付けないと。
うまく増殖してホンナ畑1反歩くらい作りたいねぇ。


2020-02-13(Thu)

ホンナ発芽が進んできた模様。

先日発芽したようなホンナ、ここにきてようやく発芽が進んできた模様。
やっぱりなかなか発芽がそろうってことがないみたい。
ポツポツとですが1つずつ芽が増えてきていますよ。

P1050367_縮小

あっちこっちで出てます。
種の量からするとまだまだですけどねー
どっちかというと後半に収集した種のほうが発芽がいいかもしれない。

P1050369_縮小

一番手前が最初に発芽したもの。
これはホンナなのかどうかわからなかったけど、あとから発芽してきたものを見るとどうやら本物っぽい。
よかったよかったー

P1050366_縮小

まだまだ小さな双葉。
これぐらい発芽してきたら日に当て始めたいところだけど・・・・・
日中だけ場所移動してみたらよかんべかー
大量に苗出来るようにこれからの管理が大変だな。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村