FC2ブログ
2021-05-04(Tue)

ユキザサ・紅ウド・ジャンボチョロギの定植

今日は畑の準備のための肥料買い再び。
というのは後付け、実のところ日曜日に買った油粕の値段がやたら高かったので確認がメイン。
で、値段がどうなのか確認してみると・・・・・


値上がりしてやがる!!


確かに日曜には1280円税抜き、税込み1408円となってたんだけど、
今日は税込み1595円になってやがりました。
この価格が日曜にも適用されてたのを帰ってから気付いたんですよね・・・・
いつまで安売りだったのかもわからないしもうどうにもならんので別のところに買いに行きましたよ。



そっちでは1480円、安売り価格より少し高いけどまあいいかとレジに行ったら、
なぜか2袋買って3100円。
は?お前もか・・・・・
こちらのほうはすぐに聞いたので打ち直ししてくれましたけど、今年は油粕に振り回されてしまったなー
去年よりもそもそも論200円くらい高くなってしまったし資材購入もどんどん容易じゃなくなってくるねぇ。



さてさて本日晴れ。
予定していた定植作業をしました。

P1080323_縮小
P1080324_縮小

まずですねユキザサのポット苗。
これはホンナ用に作った畝に3条で定植。
ホンナは4条でしたけど少し間隔開けて3条・30㎝ピッチで植えました。

P1080399_縮小

ついでジャンボチョロギ。
これはアマドコロの畝を作ったときに畝を作っていたので植えられたわけですが、
遅霜の心配があったこと、マルチが足りなかったので準備ができなかったことで延期してたんですよね。
という事で日曜に買ってきた白黒マルチを張って準備から。
強風の中でのマルチ張りをするもんじゃない。
グニャグニャに曲がったのは私の性根が曲がってるからでは…ない(笑

P1080401_縮小

センターに40㎝間隔で置いていきます。
ジャンボなので少し間隔を広くとって栽培してみることにしましたよ。

P1080400_縮小

ちなみに苗は定植待ちの間にぐんぐん育ちましてこんな状態に。

P1080405_縮小

計算通りに畝一杯40株定植完了!
どんなでかいチョロギができるか楽しみだ。

P1080402_縮小

ラストは紅ウド。
全く存在感がなくなってしまっていた紅ウドですが、
死んじまってるか?と思ったら芽が出てきていましたよ。

P1080403_縮小

これはそもそも定植予定になかったし1株だけなので適当なところに埋めといた。
周りは草たい肥を使ってみましたが、草を刈って積んだものがこんなに土になるとはねぇ。
やっぱり草たい肥製作はしておいたほうがいい気がしました。

P1080404_縮小

紅ウドってだけあって赤い芽です。
珍しいけどどんな品種なんだろうねぇ。
良さげなら増やすのもありだ。


以上で山菜の定植一部完了だ。
あと残ってるのは去年種まきしたホンナとか南天萩とかだ。

P1080369_縮小

ナンテンハギは使えないかと思ったけど芽が出てきているので使います。
相変わらずもやしっ子にもほどがある・・・・
畑では出てきていないがポットは生きてるってのが不思議。

P1080389_縮小
P1080388_縮小

その畑のほうでは一番乗りがサクでした。
ものすごい早く出てきて育ってます。

P1080391_縮小
P1080390_縮小

アマドコロも順調に生育開始。

P1080392_縮小

シドケはようやくだ。
あとはまだまだ先、本格始動はやっぱり来週以降ですかねー
去年植えたのはどうなのか状態を知りたい。
今年のものはまずまずだから去年のものもまずまずよさげに出てきてくれると嬉しいなー
山菜栽培もどんどん進んでいってますぜ。


スポンサーサイト



2021-04-27(Tue)

ホンナ素掘り苗の定植

今日もガリっと冷え。
昨日の夜からやけに冷えてきたんだけど、外に放置した温度計見たら・・・・

P1080305_縮小

ワオ!マイナス4℃じゃん。
霜にじかに当たってるから正確じゃないだろうけど、それだけ冷えるってことよねぇ。
これじゃうかうか苗もの外に出しっぱなしなんてできやしねぇよ。
その割にアスパラ苗は普通に生きてんだけどね(汗
強い奴ってのは強いもんだ。


さてさてそんな状態ですが昨日に引き続き山菜苗の定植ですよ。
本日はホンナの素掘り苗定植でござい。

P1080261_縮小

ホンナのほうはこちらのシドケ・ホンナ・ツリガネニンジン・ヤブレガサの畑へ。
去年ワサビダイコンを植えた場所を利用して完全に山菜畑にしてしまいます。
こちらのほうではまだなにの動きもありませんね

P1080262_縮小

動きと言ったら今年は栗の木を伐採したことぐらいっすかな。
畑のそばの栗だったのでイガが畑に入らなくなるのは助かる。

P1080279_縮小

畝は2畝準備。
去年シドケを植えた時と同じく1m幅の畝2本だ。

P1080280_縮小

去年作った畝はやっぱり雪によってつぶれちゃいますね。
掘ることができなくなるので放置するとまっ平らになりそう(汗
畝の部分だけでも堆肥をまいていくか、平らを承知で畑全面に堆肥まくかだな。
いずれにしろ後々腐食の追加は考えていったほうが山菜栽培としてはいいかと思いますね。

P1080256_縮小

ホンナの素掘り苗のほうは結構順調に大きくなっています。
大きくなり過ぎじゃないかってやつもあるので早く植えたかったけど、
最近の晴れ続きで暑いことを考慮して天候が崩れるのを待って定植です。

P1080298_縮小

定植前に育苗箱から掘り出し。
アマドコロに比べると根っこが新たに伸びだしてきていましたね。
おかげでばらすのに一苦労しました。

P1080299_縮小
P1080300_縮小

アマドコロは乾き気味でカビが出た感があったんですが、
ホンナに関しては少し乾き気味に管理したほうが株が腐らなくていい感じがしました。
乾いて死んじまったらと良かれと思って散水したやつは黒くグズグズに腐ってしまってるものが・・・・
そういう意味では越冬前に過湿を嫌って散水を控えてそのままにしたのはよかったかもしれないです。
乾き気味の弊害は芽が伸びるのが遅くなるくらいですので、
素掘り苗仮植越冬時は散水をしないほうがいいというところに落ち着きそうだ。
アマドコロとは管理方法が異なるので注意しないといけないね。

P1080302_縮小
P1080303_縮小

定植はシドケと同じく25㎝間隔の4条植え。
25㎝ピッチで結構キツキツですがさほど問題ではないと思いますね。
1畝で140株、2畝では株数が全然足りなかったっす(汗
腐ってたぶんを差し引いて定植数は182でしたからねぇ。
ちょうどあと100株くらい足りなかった・・・・マ、しょうがない。


これで撮りず素掘り苗の定植が完了となりました。
残りポット苗が結構あるのでそちらも忙しいですね。
ホンナの実生ポット苗もあるのでちょうど足りない分を少しでも補えれば。
それでも余る分はユキザサでも植えとこうかねぇ。
なんやかんやとやりくりして山菜畑を埋めていきますよーー


2021-04-26(Mon)

アマドコロを定植だー

本日もガリっと冷えて霜降り。
日中もなんだか肌寒く久しぶりに随分と冷えてるような感じでしたね。
まあどこぞで雪降ってるとかいう話もあるし冷たいのが来てるんでしょうよ。
もう5月も目前だしいい加減霜は降らないで欲しいもんである。


さて明後日あたりから天候が悪化してくることに伴い畑作業も急ピッチで進めてます。
今日はアマドコロを定植してきましたよ。

P1080276_縮小
P1080275_縮小

定植って畑いつ掘ったんだって話。
地味に先週末に掘っておいたわけで。
山菜定植しているためいつもの年よりは掘る場所が少なかったけど、
オクラのところだけ少し広げたのでどっこいどっこいかねぇ。

P1080274_縮小

掘ってると毎年おなじみのカラスがやってきてあおり運転。
あれだけぴったりくっついて止まるとカーカーと鳴かれるとねー
まさかカラスにあおられるとは・・・・(笑


P1080277_縮小
P1080278_縮小

さていざ畝づくり。
アマドコロ購入数は100なので去年のオオナルコユリの場所に同じく畝作ればほぼ間違いない。
ちょこ―ッと肥料で畝づくりをしました。
去年と違うのは畝の広さを少し広げたところですね。
素掘り苗が思ってるよりも大きいので間隔を広めにとって余裕を持たせてやりたかったもんで。

P1080257_縮小

苗のほうは順調に育ってきていました。
こんな状態ですんで早く定植してやりたかったんですよね。

P1080282_縮小
P1080283_縮小

定植するために掘りだして並べてみた。
掘り出してみると意外と大丈夫なものが多かったけど、
やっぱりかびた奴のいた育苗箱のものはあまりよくなかった。

P1080284_縮小

完全にダメなのは2株、株自体がかびて腐ってるけどまだ生きてるものや、
芽の部分だけがかびて株自体は何ともないものなど結構カビが発生してしまっていました。
その育苗箱だけやけに乾いていたのでそれが原因になってるかもしれませんね。
越冬中の過湿を嫌って仮植の時に散水しなかったのが要因だと思います。
その辺の管理も難しい選択ですよねぇ。
無加温なら水やりは怖い、かといって加温してるところだと芽が早くに出てしまうし。
やっぱり秋のうちにさっさと定植がベストな選択になるんだろうけどねぇ(汗


P1080285_縮小

今回の畝は80㎝幅、30㎝ピッチで40㎝間隔の2条植です。
施肥量は窒素で5㎏/10aと去年と同じ計算で。
さほど強くなくていいのが山菜のいいところ。
来年以降の追肥というのがめんどくさくなりますがねー
ま、とりあえずのとこ今年しっかり育つかどうかってところだ。
去年の小さい苗で大失敗している手前このでかい苗でしっかり育たないと困る(大汗
大きく育てて分解増殖がしたい!
アマドコロは栽培ついにスタートだ。


2021-04-18(Sun)

新しい苗とどんどん芽吹く山菜苗

今日は休日、植菌も終わったしのんびりだ。
午後からは恒例のお買い物、肥料調達進めてます。
1週間に1回の横手ですがね、先週はまだだったのに今日はすでに桜満開でしたよ。

P1080210_縮小
P1080211_縮小

あらまあって感じ。
一気に季節進みましたねぇ。
当地はまだなのに横手市内は満開かー

P1080212_縮小

川沿いの桜並木はすごかった。
それ目当てでしょうかね、今日は車が多かったっす。
どこもかしこもそうかもしれんけどこの時期は出歩いちゃうんでしょうねぇ。
不要不急の外出は控えろ―とは言われつつもテレビでは桜がーとか言っちゃってるから仕方なしか。
車で通りすぎる分にはいいかと思われるがあまり人ゴミゴミにならないようにご注意を。


さてさて本日また新たな苗が到着です。
オメーいい加減にしろよって感じですね。

えー?なになに??聞こえなーーい

苗購入は仕方ないのです。
山菜苗ですから速攻増やすってわけにもいきませんで。
確保するのだって苦労しますからねぇ。


P1080213_縮小

ちうことで本日到着したのはちょろぎです。

??

この間ちょろぎ買ってたじゃん。と言いたいところですがこれはまた別のチョロギ。
別のチョロギって何よ。ちょろぎにも種類あんのかよ。
って感じですが、実はでかいジャンボチョロギなるものがあるらしく・・・・・
どうも中国から取り入れて育てたらでかいのができたとか何とか。
これは気になるので買ってみたわけよ。

P1080214_縮小

ホントは種イモ状態で安く購入したかったんだけど、
気付くのが遅れて種イモ販売が終了、苗ものになってしまっていたのでしょうがなく苗で。
苗物になると高いのよね。ホント数日の差でとんでもない差が生まれてしまって悔しいわー
すでにここまで芽が出ているので間違いなく育つことは確定している分いいけども。
これも畑掘って即定植でしょうね。
それまでどれくらい伸びちゃうだろうか・・・・・


P1080185_縮小

さて一方で越冬中だったりの山菜苗もどんどん芽が出て伸びています。
こちら先日ポットで芽出しし始めたちょろぎ、芽が出てきましたね。
今日来た苗に比べるとまだまだ動きが遅いけど無事育ちそうだ。

P1080186_縮小
P1080187_縮小

ユキザサはすでに花芽らしきものが(汗
もう収穫適期すぎましたね。
苗だから収穫もくそもないけどーー
定植急ぎたい感じです。

P1080216_縮小

ホンナもにょきにょき。
土の水分量の違いか芽が出るのが遅い箱と伸びまくりの箱が存在。
出ない奴は干せちまったかなぁ・・・
もう少し水分管理は気を付けないといけなかったかー

P1080215_縮小

遅いなーと思ってたアマドコロもにょきっと。
重ねておいてた下のほうから出てたので育苗箱に刺さってました(大汗
これも出てるのと出てないのがあるのでちょっと心配です。
全部がそろってようやく安心、水まいて芽出しを促進させてみたがどうか。


これで畑動き出してから定植する苗がプラス40。
アシタバウン百ホンナウン百、アマドコロにチョロギにユキザサに菊芋に・・・・

グアーーー

なんかもう・・・・知らね(笑



2021-04-09(Fri)

ムラサキキクイモ芽出し

今日はというか昨日の夜から雪でした。
やはり予報通りでしたがね、朝には少しばかり積もっていました。

P1080116_縮小

4,5cm程度でしょうかね。
積もるような雪ではないのですぐに溶けていきましたけど紛れもなく雪。
1日雪マークでしたのでどうかと思ってたけどこれ以降は風が強いだけで雪も降らず・・・・と思いきや


P1080117_縮小

一転猛吹雪になったり。
さみーよーー
かと思えばその30分後には

P1080118_縮小

快晴(大汗
わけわかめな天気でしたわ。
この後も晴れて曇って雪が舞っての繰り返し。
桜が満開になってる秋田市でも雪が降ったみたいだしほんとにおかしげな気象状況でしたよー
明日以降は少し落ち着いて暖かさが戻ってくるでしょう。
これがほんとに最後の名残雪、今シーズンの冬ともおさらばだ。


本日は菊芋のネタ。
菊芋は数年前に畑に定植、それから畑ではなく小屋の近くの適当な場所で野良化してる状態。
あまりの強さにあきれてしまう作物なんですが、
今回はただの菊芋じゃなくてムラサキキクイモを導入してみることにしましたよ。

P1080091_縮小

菊芋というと黄色っぽいものですけどこれは紫。
呼び方はフランス菊芋だったり赤菊芋、紅菊芋に紫茎芋なんて様々。
どうもフランス種らしいこの菊芋、菊芋の有効成分であるイヌリンがものすごく多いらしい話。
そんなわけで種イモを買って育ててみることにしたわけよ。
やっぱり珍しい部類なので種イモも5個、それでもいい値段します。
しかしながらちょろぎの種イモと違って大きさがそろってていい感じですね。

P1080092_縮小

よく見れば角生えて根っこが生えてきているし。
さっさと定植できる状態ですけどまだ場所がないのでポットで芽出しだ。
形状的に里芋の芽出しみたいな感じですね。

P1080093_縮小

サトイモほど温度はいらんでしょうからポットに入れて小屋の中で管理するだけ。
気温に応じて勝手に温度を感じて芽が伸びだすでしょうよ。
あまり早く芽出しが進まれても困りますんで成り行き任せです。
定植時にある程度育ってればよし。


菊芋は分類的に何にしようかと思ったんだけど山菜に分類されてるところがあるので山菜で行きます。
山菜くくりなら少しばかり増殖してもいいかなーと思いつつ、
やはり後処理の関係上畑には入れたくないという点も・・・・
そんななんとも扱いが難しい奴ですがぼちぼち育ててみるでよ。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村