FC2ブログ
2021-08-02(Mon)

やっぱり枯れた。

暑いっすねー
何日目の猛暑日でしょうか。
なんか最近はさも当たり前のように猛暑日が記録されてるんだけど、
猛暑日ってそんなに何度も起きるようなもんだったかねぇ???
そのうち40℃が当たり前とかになってるんでしょうか(汗
ヒエー煮れる――


こんなに暑いとやはり山菜に厳しい。
アマドコロも枯れてきていましたが、日よけができていないしどけも枯れあがった。

P1090296_縮小
P1090297_縮小

草もどうにかできていない状態、その中で葉っぱが見事に枯れあがった。
こっちは全くと言っていいほど手をかけられていないのでひどいことになってます。
まあこの枯れあがりは日差しがきつくてなのかそれとも病気なのかは不明だけどー
複合要因って考えるのが妥当かねぇ。

P1090294_縮小
P1090295_縮小

一方で日よけのあるほうは枯れてません。
という事はやはり日差しがきつすぎると枯れるってことだな。
たかだか簡易日よけをちょっとしてるだけなんだけど、その効果は絶大ってことになる。
温度より日差し、しどけの夏の日よけは必須ってこった。

P1090293_縮小

ちなみにシドケよりは日差しに強いらしいヤブレガサは何とか生きてる。
しかし葉っぱの色が悪いので、こっちも日よけをしてやったほうがいいって感じ。
山菜はやはり露地畑の環境はきついってことだわ。
木漏れ日の感じが重要ですなぁ。
日差しガンガンでいいのはワラビくらいのもんじゃね?

P1090298_縮小

日よけしないことで草もボウボウになってしまってるし、
設置するならさっさとやるべきだったわねー
今年はもう何も手をかけてやれないと思うけどどうなってしまうかしら。
秋ぐらいに除草・追肥して来年に備えてやりたいもんです。
秋まで生きてれば(大汗
頑張れ自分。


スポンサーサイト



2021-07-26(Mon)

花を比較してもわからなかったチョロギ達

暑いねぇ。
あ、これ禁句だったか。
毎度毎度すいません、これしか口をついてでこない。
昨日は寝るときの部屋の温度が28℃と今までで最高、なぜか風を通しても気温が下がらず寝苦しさマックス。
寝たのに疲労困憊とはこれいかに。
いい加減温度さがってほしい。


そんな中で本日の作業はまずトウモロコシのネット張りから。

P1090249_縮小

防風ネット1,5mでぐるっと囲いました。
畝の長さが約20mという事でちょうど50mでいい感じに間に合いました。
そのあとはお隣のチョロギの除草です。

P1090254_縮小

ここは一度除草済みなので2巡目になりますね。
最初の除草で去年生えたヤバい奴を取り除いているので楽ではあるんだけど、
夏特有のイネ科雑草がはびこってきていたのででかくなりすぎる前に。

P1090250_縮小

同時に隣のアマドコロもやったけどこっちは枯れあがってきたぞ。
アマドコロも枯死?うむむ…厳しい。

P1090255_縮小

ジャンボチョロギはこの暑さでも意外に頑張っていますね。
しかし花が咲いてからは停滞気味な感じがあります。
やっぱり暑すぎ、水分不足でしょうか。

P1090253_縮小

しかしチョコチョコと下のほうで匍匐して伸びています。
もしかすればマルチのしたではもじゃもじゃになってるのかもしれんなー

P1090199_縮小
P1090200_縮小

そういや以前ジャンボチョロギの花を記事にしましたが、今回はちょろぎの花をまず
チョロギもジャンボチョロギも同じようなもんで全く違いが判らなかった。

P1090201_縮小

こっちはジャンボチョロギ。
大きさも模様もほぼ差がないので違いってもんがわからん。
花で違いを確認するのは難しそうだった。

P1090252_縮小

ちなみに花が終わった今は何やらマルチに小さな粉が。
これは種でしょうかねぇ。まさかこれで増えるとかないよな(汗


今回除草もしたしあとは収穫までほったらかしかねー
明日雨が降れば何とかなるか?
この非常に厳しい中でも頑張ってるチョロギ、どんなふうになるもんか。



2021-07-17(Sat)

アシタバ・アスパラの除草が終わった。

今日は猛暑日一歩手前、35℃には届かなかったものの激烈な暑さでしたね。
なんかこういった日が増えてきたせいで慣れてきたんでしょうかね、
草むしってても気温がーというのを超越した気がする(笑
ちょっと風吹くと涼しい――と言いつつ作業するわたしゃ異常者だわ。
あ、それでもさすがに夜は寝苦しいらしくここ最近は何度も目が覚めてしまってます。
こう暑くても外気温は21℃とかまで下がっているのでまだいいほうではあるんだけどね。
夏場に熱帯夜の気温が来たら寝られないんじゃなかろうか(大汗
いい状況ではありませんな。


さてこんな暑い中でも心頭滅却、集中して除草作業に勤しみまして。
ようやく草ボウボウだったアシタバ・アスパラゾーンの除草作業が完了しました。

P1090141_縮小

まずは端っこの畝から救出し、

P1090150_縮小

2日目にはほぼあらかた救出。
ここからなんだかんだと作業あったのでチリチリ進んでようやく終了。

P1090154_縮小

よくぞまああの草ボウボウをクリアしたもんだ。
さらに言えばよくぞまああの草ボウボウでアシタバは生きてたもんだ。

P1090155_縮小
P1090156_縮小

しかもあの草の中でこの大きさ。
うーん強いな。

P1090157_縮小

でもやっぱりあの草ぼうぼう、根っこの量も多く引っこ抜く際にアシタバの根も痛めつけられた。
なのでこのくそ暑い状況では影響が出てしまってますね。
葉っぱがカサカサ、水分のやり取りがうまくいってないですな。
あまりにひどい状態になったら灌水してやらないとだめかも。
やはり除草は小さいうちにですねぇ。

P1090159_縮小
P1090158_縮小

一方アスパラのほうは茎の数も増えてきたし太さも太くなってきた。
草によって養分の収奪があったけど除草でだいぶアスパラに養分が回ってきた感じかな。
こっちもだいぶ大きくなるのに手間取ってしまってるので、
今年中にどの程度まで株を充実できるかが問題。
それ次第で来年から少しずつなのか再来年からになるかが決まりそうだ。

P1090160_縮小

あとはモノによって開花が始まったので雌雄判別ができるようになりますね。
アスパラは雄のほうがいいらしいので雄が多いといいなー
ちなみに雄ばっかりの品種ってのもあるんで、気になる方は調べてね。


P1090153_縮小

あとこの畑ではこの大根のあたりが一番ひどいのでここをやってひと段落かな。
トンネル周りの草が防虫ネットもち上げてしまうのでそこも重点的に。
暑い中あの草の量でも今週中に終わっちまいましたねぇ。
ひとまず来週も草やって別のお仕事が始まるかもね。
別のお仕事という名の除草だろうけどーーーーー(泣


2021-07-15(Thu)

炭疽三昧?

今日は猛烈な暑さ。
34℃くらいまで上がりましたね。
真っ青な快晴、マジで梅雨明けだなこりゃ。
今朝の天気予報であすにも梅雨明けかなんて言ってましたけど、
正直今日の感じだと今日梅雨明けでいいんじゃねぇのってなもんだ。
天気予報には晴れマークが並び最高気温が33・33・33・33・32・32・・・・・・・
ここ秋田、どうなってんのこれ(大汗


そんな暑い中草刈りしたり草むしりしたり、
簡単に言えば何の修行をしているんでござんしょという作業をしとります。
んで、あれこれ作業してるとどうも今年は炭疽が多いんじゃないかという気配がプンプンなんだよね。

P1090134_縮小
P1090135_縮小

草むしりしてるとツユクサだったりイネ科雑草だったりにこれが。
輪紋に真ん中に黒い粒々、これは炭疽じゃねぇのかよ。

P1090151_縮小
P1090152_縮小

まあある時はパッションフルーツの落葉がこんな状態に。
葉が落ちる原因ってこれか??
生きてる葉っぱにも出てるし炭疽が果実に出たら厄介だど・・・・

そして一番やばいと感じたのが山菜なんだよね。
よく観察していくとやばいくらい出てるんだよ。

P1080698_縮小
P1080697_縮小
P1080696_縮小

こういう感じで今年も日よけを作っておいたんだけど、
この中で着々と範囲を拡大しているようでして。

P1090127_縮小
P1090126_縮小
P1090125_縮小

部分的だけどボツボツとでかい病斑。
こんなのがあっちこっちに出現中。

P1090124_縮小
P1090130_縮小
P1090131_縮小

日よけしてるほうだけでなくまだ日よけできてないほうにも発生。
という事は日よけ関係なく今年は蔓延しているという事。

P1090129_縮小

こういうはっきりしたものも出るから明らかだと思う。
ただこれを防除できるかというと・・・・・
山菜には対応した農薬ってのがほぼほぼないんだよね。
野菜類での炭疽病防除はできるかもしれないけども・・・どうなのか。

P1090133_縮小
P1090132_縮小

シドケだけでなくホンナにも出てる。
見境なく発生するもんだねこりゃあ。
実のところあとで気付いたけどサクにも出てました。
つまるとこシドケなどを置いてる山菜畑だけでなく今年は炭疽蔓延注意報が出てるって感じだ。
ま、畑の関係ない小屋のパッションフルーツにも出てるし、
アシタバとかのところの雑草にも出てる以上炭疽祭り状態だね。
こりゃあ参った。


そんなわけで現状炭疽がひどい山菜のところにはなるべく入らないようにして作業中。
草むしりでアシタバ・アスパラ畑に入ったら長靴の泥をきれいに落として洗浄、
別の場所に病気を持ち込まないように気を付けるようにしてます。
とにかく今は作業するなら1日1か所ってな感じで菌を持ち歩かないようにですね。
防除するにもあちこちにあると対応する作物ごとに農薬必要になるため、現状非常に頭の痛い問題になってます。
本当にめんどくさいもんがたくさん出てしまってガックリ。
皆さんのところも炭疽は気を付けてくださいな。



2021-07-08(Thu)

ジャンボチョロギ開花

どうやら夜中にある程度の雨が降ったようで。
日中は晴れ塩梅になり降雨後の晴れという事でムシっと不快な1日になりました。
やたらと服が張り付いてくる感じ、いやー夏だね(汗
服が張り付くだけでなく腕の汗に木くずゴミがつきまくってやたら腕が汚い―――
汗っかきは大変なのだ。


さて本日合間の晴れになりまして、畑での作業が進みました。
といっても夜間の雨で畑は結構濡れてましたけどね。
しかし今日やらないとまた明日から雨なので7時まで頑張ってきましたよ。
頑張りすぎて写真がないため別のネタになりますが(大汗

P1090055_縮小
P1090057_縮小

現在ジャンボチョロギが開花中であります。
まあ、うんよく見る花だな。
ただこんな柄ついてたっけか?という点はちょろぎと比較して確認しないとわからんね。

P1090058_縮小
P1090059_縮小

しかしながらちょろぎのほうはまだ開花してないのよねーー
株張りは追いついてきた感じがあるけど花は置いていてないっす。
なので比較できるのはもう少し先になりますね。
まあ花を比較したところで収穫物とかに影響あるわけでもなし、
単にジャンボかジャンボじゃないかで違いがあるのかの確認だけど。

P1090056_縮小

ところでジャンボチョロギとはいうもののそんなに株がでかくなってきませんね。
もっと株がもじゃーーーっとなるのかと思ってけどおとなしい。
チョロギの施肥量が少なめという事が書かれていたのでジャンボのほうも少なめにしたけど、
でかくなる分もっと肥料が必要だったかもしれんねぇ。
まだまだ収穫まで時間あるしここらで少し追肥してみようかな。
情報が少ないもんは手探りだから難しいね。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村