FC2ブログ
2020-11-26(Thu)

西洋わさびの試し掘り

どもー
筋肉ピンチだ、椎たけ夫ですー
膝裏のふくらはぎの付け根のとこの筋肉揉んだら逆に激痛が始まりました(大汗
足の裏側の筋肉がいつもパンパンなので柔らかくしたいんですがね・・・・
柔らかくするべく揉んだら逆に痛くなるとはこれいかに。
マッタクマッタク、これが揉み返しってやつなのかねぇ。
なんかいい方法ないもんか。


さてさて、
最後まで畑に残ってる根菜である西洋わさび、
ようやくですが試しに掘ってみることにしましたのよ。
なんでさっさと全部掘らないのかって話ですが、掘ったら掘ったで保存効くのかどうかとか、
どんな感じの食味なのかなどなど調べておく必要がありますからね。
ドカーっとやって全部おしゃかとは笑えない話。
初めてのものなので少し慎重に事を運びますよ。

P1070324_縮小
P1070323_縮小

マルチをはいで土をはだけていくと何だこれは・・・・・
太いのがドーンとあってもじゃもじゃしてるかと思ったら、
もじゃもじゃが全然なくてあちこちにそれなりに太い根っこが張り巡らされてる感じ。

P1070325_縮小
P1070326_縮小

ただしこれは地上部の状態があまりよろしくなかった株なので、
もっとよさげなものも確認で掘ってみた。

P1070327_縮小
P1070328_縮小

うーん、全然違う。
やっぱり最後まで葉っぱがあるかどうかは重要っぽい。
つまり一時的にでも葉っぱがなくなったものはその年全く期待できそうにない・・・・・
要は1畝は全然だめだという事になるねぇ(泣

P1070329_縮小

これだけ太いとちゃんと使えそうである。
ちらっと見たのでは鉛筆くらいの太さから使えるとか何とか。
なので太くなった根っこはある程度全部使える可能性ありですね。
とはいえやっぱり太いに越したことはないでしょうがね。

P1070388_縮小

洗った物はこんな状態に。
結構ごちゃごちゃしてますが、細い根っこが少ないので比較的洗うのは簡単。

P1070389_縮小
P1070390_縮小

大きさは微妙ですねぇ。
もっとしっかり太ってがっつり量採れるのが普通じゃないかな。
・・まあ初めてのことなのでどこが正解なのかがわからないんだけど(大汗

P1070392_縮小

重さは1株約800グラム。
そのうち使えるのって半分くらいかな。
意外と収量性は低いかもしんない。
もっと重くなると思ってたわ。
やっぱり葉っぱの傷みがでかかったのかねぇ。

P1070391_縮小

1株が4つに分裂。
可食部をとったのちにこの太い部分を残せば来年も株に使えるかもね。
そう考えると増殖は非常に楽だけど、病気が強かった奴は絶対選べないね。
これから保存性やら食味やらチェックしてからの判断だけど、
来年以降は自分で楽しむくらいになる可能性もありかなー
ちょっと持ったほどの感動が得られなかった西洋わさびでござんした。



スポンサーサイト



2020-11-06(Fri)

西洋わさびはロゼット状になるらしい

先日雪が降りまして。
まだガッツリ霜降って氷点下とかということはないんですが、
ある程度の寒さに当たることで畑のものには変化がみられてきています。

P1070217_縮小
P1070216_縮小

特に変化がでかいのが西洋わさびでした。
これは寒さに強いので一番最後に掘り上げる予定をしているんですが、
地上部はすでにロゼット状になってきていましたよ。
寒さに耐えるべくベターッとなるわけですが、これがこんな風になるとは思ってもみなかったのでびっくり。
まあ大根なんかも寒さに当たると葉っぱが垂れ下がりますからそれと同じでしょうかね。
一応土の下のものなので地上部がこうでも全く問題はないでしょう。
天気次第ですが芋⇒ヤーコン⇒西洋わさびで収穫予定。
多分来週には終わるでしょう。

P1070235_縮小

そのほかの山菜で言えば、一番青いのがサクですね。
これもでかくなるものですが小さい分今年は青いのかなーと。
本来はウドとかと同じくバカでかくなって花が咲きますからね。

P1070234_縮小

そのウドはでかくなって花が咲いてこんな状態になってますんで。
来年サクがでかくなって花が咲けば同じようになるのかな。
どうなるかはまた来年。

P1070236_縮小
P1070237_縮小

あとはオケラもだいぶ枯れてきています。
これも一応花が咲いて種ができたので後は枯れるだけって感じですかね。
オケラも地下に球根というか根茎というかそんなものができてくるので、
アスパラ同じく養分転流で地下に栄養を蓄えている状態でしょうか。
なので刈り取りなどはせずこのまま様子を見る感じですねー
来年はもっとワーッと生えてくるといいなーというところ。

他のホンナ・シドケ・ヤブレガサ・ツリガネニンジンなどは花が咲き種ができて大体が枯れているので、
今地上部があるものに比べると早めに枯れてなくなってしまうようだ。
最後の最後まで来年に向けて頑張るものもあれば、
種出来たらもういいやーとすぐに枯れてしまうものと様々あるんだね。
収穫待ちの西洋わさびはやはり1年サイクルなのでしぶとく最後までってところかな。
1畝はだめだろうけどもう1畝はどこまででかくなってるか。
初めての西洋わさび収穫が楽しみだでー


2020-10-24(Sat)

山菜素掘り苗はいい感じ

本日も雨、昨日は暖かい雨で今日は冷たい雨。
同じ雨でもこう違うとはねー
寒いんだけど仕事中は汗が出る、これが一番厄介だ。
皆さんも体調管理には気を付けましょうね。


さて、
今年は春に大量の山菜苗を導入しましたけど、
足りない部分があったため秋苗の注文予約をしておきましてね、
それが無事届いたので仮伏せしてみましたよ。

P1070184_縮小

今回頼んだのはポット苗ではなく素掘り苗というやつ。
掘り上げたものを株分けしたものになりますね。
という事でさっさと畑に植えるかポットや鉢に植え付けないといけないわけですよ。

P1070185_縮小

ちなみに袋の中身はこんな感じでした。
ポット苗だと100ポットで3箱分くらいの量がたった1袋。
無駄がなくてこれはいいね。

P1070187_縮小
P1070188_縮小

今日はこれをポットに植え替え・・ではなく育苗箱に仮伏せすることに。
こちらはアマドコロです。
オオナルコユリではなく今回はアマドコロ、芽が一つついて分解されてるものを並べていきます。
春に来た小さい苗からすればでかいことこの上ないね。
これなら間違いなく育つでしょうよ。

P1070186_縮小

アマドコロはこの地下部分も食べられるのよね。
といってもそんなことはしないで育てますよー
でかくなったら分解の繰り返し増やしていこうともくろんでますぜ(笑

P1070189_縮小

続きましてホンナ。
こちらは一番最初にでかいポット苗で植えたものはありますけど、量がないので注文してみましたのよ。
ホンナの素掘り苗ってすごいことになってました。

P1070192_縮小

この長い根っこってアスパラみたいな貯蔵根ってことだよね。
吸収する細かい根っこではなくこれに栄養が入ってて次の年の育つ糧になるってやつ。
これがしっかりしてないといいものができないのが貯蔵根の作物ですな。
ワラビやアスパラも貯蔵根に栄養を転流するために、
しっかりと地上部が枯れるのを待ったほうがいいみたいなので、
このホンナも地上部からの栄養転流が終わってるから販売されてるんでしょうね。

P1070190_縮小
P1070191_縮小

そばを並べるみたいにきれいに並べていきます。
一応芽の向きに注意しつつ並べていきました。
本当は根は重ねないほうがいいでしょうけど、こればっかりはしょうがないっす。
仮伏せで来年の春には植えますしね。
この感じだと三つ葉の促成の時を思い出しましたね。
ちなみにホンナも促成栽培できるので、もっとみっちり並べて熱をかければ冬にも収穫できますね。
ま、もったいないからやりませんけどーー

P1070172_縮小

そのほかにもう一つのアズキ菜のユキザサのポット苗も購入。
3品種が新たに導入されましたよ。
今回素掘り苗を買ってみた感想としてはポット苗よりはるかにでかい!
出る時期は限られているので結構注意が必要だけど、
たぶん来年の春先にもう一度出ると思うのでそこでもう少し買い足しかな。
即戦力になりうる素掘り苗はいい感じだと思った次第。


2020-10-01(Thu)

ナンテンハギをようやく定植

10月入りました。
今年も残り3か月、4分の1ですなー
あっちゅーまに過ぎ去ってしまった・・・・・
そうこうしてりゃすぐ雪が降って来年だ。
今年はいろいろと大変だったなぁ。


・・・というのはまだ早い。
10月に入って最初の作業はようやくのナンテンハギ定植だーー


P1060993_縮小

ナンテンハギは春にまいたけどなかなか育たなくて非常に苦労しました。
途中からもういいや―的な投げやり状態になり管理も適当に(汗
夏場にある程度大きくなってましたけど、その時に定植しても焼けるのは必至。
という事で暑さがおさまるのとオクラが一服するのを待って定植に踏み切ったというわけ。

P1060991_縮小

上の写真が一番まともなものでこれが2番目。
ここまでは葉っぱがある程度あるので今回定植してしまおうというやつ。

P1060992_縮小

これが一番やばいやつ。
一応生きてるけどーって感じなのでこのまま越冬して来年植えることにします。

P1060994_縮小
P1060996_縮小

一番困るのがまだちんたらと芽が出てるやつね。
これがあるのでなかなかセルの土を片付けられない。
あまりにも発芽が悪くてこれは困りもんの作物だと思った。
まあ私のやり方が悪いんだとは思いますがね。
発芽率はよくて20%程度だったんじゃないでしょうか。

P1060958_縮小

定植はオケラの隣。
菊芋が毎年植えてもいないのに生えてくる場所なのでちと心配ですが・・・
長さやら幅を計算して今回は5条植えで定植です。

P1070017_縮小

草むしって肥料振って鍬で耕して畝を作り苗を並べます。
1行で書いてますけど下準備はオクラの収穫があるので結構キツキツでしたのよ。

P1070018_縮小
P1070019_縮小

苗の出来の良し悪しが激しい(汗
いい奴はしっかり根っこがあったのでたぶん大丈夫でしょう。
悪いのはやはり根っこが少なかったので雪が降るまでに何とか根っこを出してほしいもんですが。
気温がまだあるので短い期間ながら頑張って生育してほしいね。


今回定植は60株、残ってるの合わせれば最終的に100株前後ってところじゃないでしょうかね。
うまくいけばすこぶる長い期間収穫ができるというナンテンハギ、ようやく畑デビューとなりましたよ。
無事冬をこして春に芽吹いて欲しいもんだね。


2020-09-28(Mon)

種ができて枯れるもの枯れないもの

山菜栽培も今年度の生育終了の時期に来ています。
先日のサクのようにまだ青々としているものもありますが、
大体は開花して種ができて地上部が枯死という感じになってるみたいね。

P1060943_縮小
P1060944_縮小

わかりやすいのがホンナ。
去年も日よけの中で開花して枯死していました。
それでも今年復活しているので一応開花して種ができても問題はなさそうね。
株の充実度はやっぱり下がるかもしれないけども。

P1060949_縮小
P1060948_縮小

ツリガネニンジンも枯死パターン。
最早草にまかれてなんだかよくわからない(大汗

P1060950_縮小
P1060951_縮小

ただよく見れば種がしっかりできておりますよ。
種ってこんなに小さいのか・・・・・
これはまいて増やすのに骨が折れるパターンだわ。

P1060974_縮小
P1060973_縮小

サクの隣にあるオケラも枯死パターンかも。
花が咲いたのが一番遅かったのでまだ緑って感じでしょうかね。

P1060971_縮小

種ができたのと同じくして株はじりじりと茶色になってきています。
まあ来年生き返るなら問題なしなんですがね。
果たして復活するかは来年まで分からんです。

P1060945_縮小

片や花が咲いても緑のまま維持できているものもあrます。
それがシドケとヤブレガサ。
これが問題なく青々していることにかなり驚いてるんですよね。
シドケなんか夏の暑さに耐えかねて枯れるかと思ってたし。
日よけだけで十分夏越しできることが分かったのはでかいですね。

P1060946_縮小
P1060947_縮小

この種で勝手のこぼれだね増殖してくれないかな―なんてね。
ホンナも発芽してなかったしちょっとここらで勝手に増えるのは難しいかもね。
ま、あわよくば。


何種類かの山菜をやってみて意外といけそうなものが多くて安心した。
ただし今枯死してるツリガネニンジンとかオケラが来年出るかで全く違う状況になるとは思うけどね。
10月からまた山菜苗が出回り始めるし買い足し分も検討しておこうかなー。
しかしまー高いので増やす分は少しずつ・・・・・


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村