FC2ブログ
2019-06-12(Wed)

赤大豆定植!

今日はいい天気、あいかわらずらずこちらは天気がいい。
なにやら少雨で農業に影響がなんていう地域も出てきているらしく、ちょっと記録的に雨が少ない模様である。
横手市の降水量に関しては並ぐらいには降ってる気はするけど、
やっぱり平年よりは少ないのかもしれないですね。
次の雨は週末らしいけどどのくらい降るのか、というか本当に降るのか??(笑


さて本日は赤大豆の定植の話題。
今年は去年より1週間早くまいた赤大豆ですが、ようやくそろったところで定植です。

P1030694_縮小
P1030695_縮小

今年は去年よりもだいぶ身長が低くしっかりとした苗になった。
これぐらいの苗が一番いいんだろうけど、ここまでうまくいったのは初めてじゃないかと思う。
自家採種の分発芽率も極良、今のところは最高の状況だ。

P1030696_縮小

畝はこちらのなんだかよくわからんスペースで。
人参の隣とかいろいろと思案した結果ここで落ち着きました。

P1030705_縮小
P1030706_縮小

いつものごとく30㎝ピッチ2株植えで定植。
畝が短い分倒伏防止線を張りやすくていいかとは思うけれど、その分畝数があるのでちょっと大変かな。
徒長してないからがっしり低めに育ってくれるとありがたいんだけど。

P1030704_縮小

少し余った分は蔓ありインゲンを植えるはずだったあまりの畝に定植。
蔓ありインゲンの出来があまりにダメなので有効利用だね。

P1030701_縮小

これだけいいのでダメ苗はシビアに。
こういった怪しげなものは姿かたちが良くても定植しないでおきます。
なんやかんやで192粒まいて174株定植できているので十分だわ。
苗づくりがこれほどうまくいったので赤大豆には期待をしたいところである。
水不足が考えられるのでそこは注意しておきたいですねー


2019-05-27(Mon)

今年は早まき、赤大豆の播種。

今日も暑かったですね。
当地の最高気温が33℃、さすがに今日はひたすらに汗が出ましたわ。
明日からはようやく落ち着いてくる予報、早く一雨欲しいですわ。

P1030565_縮小
P1030564_縮小

昨日植えたサツマイモは・・・・
オーノーしんじ。
なんか毎度見慣れた風景といえばそうだけど、ちょっとなぁこれはひどい。
早く雨降ってリカバリーしてほしいもんだ。

P1030550_縮小
P1030551_縮小

田圃畑のカボチャのほうはしっかり活着して萎れることもなくなった。
脇芽も出てきたしこっちはもう少しで芯止めしないといけなくなってきたね。
作業一つ終われば新たな仕事が、なかなか忙しいど(笑


そんな中、日が暮れてからの作業ですが種をまいておいた。
去年黒豆と同じタイミングで播種したんだけど収穫が遅くなることが判明した赤大豆、
今年は去年より早くまいてどうなるか試してみることにしましたよ。

P1030562_縮小

128穴トレーに1枚半の播種。
今年はあれこれ多くやってるせいで場所が取れてないので去年よりは少なめ。

P1030563_縮小

播種用の豆の選別をしてなかったので、とりあえずある程度持ってきて選びながら播種しました。
種になるのは一番いいやつ、しっかりいい豆を選んで播種しておきましたよ。
ここでもったいないからといってあまり出来の良くないものを利用するのは間違いですよー
自家採種する場合はここが鉄則になりますね。


去年の播種は6月3日なので大体1週間早く播種したわけで。
丹波黒豆だったかは極端な早播きを避けるなんてのがあったはずだけど、
この1週間の早播きは極端な早播きとかになってくるのかどうかだよね。
そもそも極端な早播きってどれくらいを想定しているのかわからんけども。
自分にとっては小豆も他よりは早播きだけど、それがかえって虫が少なくていい結果になってたりするし、
さてさて今年の赤大豆、いったいどういった結果になってくるのやら。
実験的栽培スタートでござい。


2019-03-25(Mon)

赤大豆の選別完了

雪はようやくおさまりました。
ところがどっこいまだ天気予報には雪ダルマ。
ウームこの春の嵐はいつまで続くのかねぇ・・・・


さて、
今の今まで放置されてた豆に取り掛かりました。
まずは最初に選別に取り掛かってた赤大豆を最初に撃破。

P1020935_縮小

バンバンダメなものを選別、豆がでかいからサクサク選別。
色が悪いものは結構あるけど、多少のものは目をつむります(笑

P1020936_縮小

選別完了でこの程度に。
いい悪い比率が6:4くらいで思った以上に量が取れたかな。

P1020937_縮小

最後に磨きをかけて終了。
これで赤大豆の選別が完了ー
1日で終わっちまってびっくりだ。

これで大豆は2つになったが、小豆のほうがいまだ殻付きのまま(大汗
一向に進まない豆作業ですけど、何とか、本当に何とかしなければ・・・・・


2019-02-02(Sat)

赤大豆の選別に入りますー

どもー
猛吹雪も朝にはおさまりまして天気が回復。
今シーズンはこういった猛吹雪やら雨やらと天候が激変することが多いですね。
いつもならただしんしんと雪が降るというのが多いんですが・・・・・
雨降ってるわりに雪は多いし、今シーズンの天気は好きじゃないなー
場所によっては雪下ろししなくていいくらいらしいけども(汗


さて本日よりようやく豆の選別に入りました。
今まで何やってたんだよって感じですが、なかなかサツマイモ加工やら大根加工やらですんなりと時間がね。
大根加工はあと2週間ほどで完了予定ですが、そこから種まきまでには選別を終わらせたいね。

P1020643_縮小

まず最初に選別に入ったのはこの赤大豆です。
しっかりとした選別に入る前にまずは粗選別でごみとかカビ豆をできるだけ除去。
ふるいでごみを落としてカビ豆を選別していきます。
この時点でも結構紛れているものはあるんですが、まあそれは後々に。

P1020644_縮小

他の黒豆も同じく粗選別してとりあえずしっかり選別前の作業は完了だー

P1020645_縮小
P1020646_縮小
P1020647_縮小

黒豆に関してはしっかり熟してから収穫したためにこの時点での選別豆の量は少なかった。
ごみの除去がメインとなりましたね。
逆に赤大豆は限界ぎりぎりまで待っての収穫でよくない豆が多く、ゴミもカビ豆も多かった感じです。
しっかり熟してからの収穫ってのは大事かなーと思う。

P1020652_縮小
P1020653_縮小

これを家に帰って明るいところで少しずつ選別していきます。
今日は時間的に少ししかできなかったので大した量にはなってませんが、まずはスタートというところですね。
今回の選別ではだめといい奴の比率が4:6くらいでしょうか。
色づきも黒くなってるものが多かったし、薄いものもあってでき自体が良くなかったです。
こればっかりは収穫ができただけよかった手前仕方のないことかな。
むしろこれだけ食えそうなものがあったほうが奇跡的に思うわー


大豆の選別は豆が大きいのでさほど苦労しないでできると思いますね。
あとは小豆がどうなるかだろうし、やり始めれば早々に決着できるかな。
あくまでやる気があればのお話だけどーーー
豆は毎度苦しめられているので、もう少し早めに動けるよう努力しないといかんなぁ・・・・


2018-12-09(Sun)

さていざ赤大豆

暖冬どこへやら。
容赦なく降り積もりますね。
すでに積雪量は50cmいったんじゃないかってスピードで降り積もってます。
まあこれが雪国、豪雪地帯ってやつよ。
ドカッと降るなんてのは珍しくもなんともない。

DSCF7864_縮小

昼には屋根から落ちた雪で軽トラが埋まってた(汗
ホント一気に来たドカ雪、明日からの通勤が憂鬱だ・・・・・


さて本日は内職第2弾、まだ豆を取り出してなかった赤大豆の脱穀をしてきた。
本当なら黒豆の玉大黒が先だろうけど、場所の関係上赤大豆を優先しました。

DSCF7865_縮小

一番株数のある赤大豆、ただし豆の数は・・・・
今日の目標は全部脱穀なので張り切って頑張ります。

DSCF7866_縮小

前の雁喰物語同様にブルーシートにバカスカ打ち付けての脱穀。
数が多いのでこれが一番手っ取り早い。
殻から出てこないものもあるけど、それは事情があって出られないもののほうが多かったので基本無視。
その手間をかけるだけの物じゃなかったもんで。
簡単に言えば熟してない腐ってるってやつね。

DSCF7868_縮小

株を消費していくと現れたのがネズミ被害。
やはりこの時期になるとこうやってネズミが悪戯し始めるのよね。
毎度サツマイモやられてますけど、今回は赤大豆から始まった模様。

DSCF7869_縮小

暗くなってようやく終了、今回の収穫はこれだ。
かなりゴミだらけなのは枯れがいまいちで葉っぱがかなり残ってしまっており、
いらない茎葉が打ち付けて落ちたためですね。
いちいち取り除くのも手間だったので最後まで放置したらこんなになった。

DSCF7870_縮小

大きいごみを取り除いてもやっぱりゴミだらけ。
なんだかゴミなんだか豆なんだかわからない状態だな・・・・
ここからさらに荒くごみを取り除いて今回は作業終了とした。

DSCF7873_縮小

最終的にある程度の収量になってることが確認できました。
今年の天気に助けられたってのが大きいかと思いますが、
収量が少ないという赤大豆がそれなりに収穫できてたので良かったです。
来年やるとすればもう少し早播きして収穫を早める工夫をしないとだめだね。


豆の脱穀はあと小豆と黒豆の玉大黒。
小豆は莢だけだからバリバリーってやれば簡単だけど、そのあとの選別が面倒になるので丁寧に。
玉大黒はまた機会見つけてバカスカ脱穀ですね。
もう少しとっ散らからないように囲いながらやったほうが良さそうなのでそこは注意しようと思います。
雪シーズンインで内職が忙しいぜっ。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村