FC2ブログ
2019-11-10(Sun)

赤大豆も何とか収穫完了

今日は日曜ですがほぼ1日畑に出て仕事でござい。
朝から晴れるかなーと思っていたんですが、朝の収穫へ向かうとき地面が結構濡れていて、
予定では午前中に豆収穫に入りたかったんですが厳しいと判断、
午前はトウガラシ収穫して午後より赤大豆の収穫に入りました。

P1040855_縮小

ここ最近はずっとどこかしこで雨が降っていたこともあって株がだいぶべちゃっと(汗
葉っぱはほぼ落ちており十分に枯れこんできていましたね。
これくらいになってくれれば大体は収穫できそうな感じです。

P1040856_縮小

大体が2粒莢、中身もまずまずの出来ですが、
やっぱり場所場所でまだ枯れが進んでない若いものがあったり、
地面についたことで芽が出てしまっているものがあったりと状態は良くないものも結構見られました。
ここは黒豆と違って倒伏予防線張ってなかったからよくなかったですね。
晩生になるほど株が大きくなるので倒れやすくなるので、最初の段階から気を付けないといけなかったです…

P1040857_縮小

赤大豆も黒平豆同様莢どりで2箱でした。
莢が小さい分黒平豆より多いかもしれないですが・・・・
あっちはあっちで平べったい分普通より量はいるだろうしねー
大体黒平豆と同じ程度だと思われます。
苗の数からすれば今年の出来はまずまずいい感じだったんではなかろうか。

P1040853_縮小
P1040854_縮小
P1040851_縮小

このほかに遮光を外した時に解体した蔓ありインゲンからまさかの豆入手。
まさかまさかだったけど次につながってしまった(笑
とりあえずこれをもって今年の豆栽培は終了となりました。
あとは殻剥き・選別が残ってますが、そっちは冬仕事としておきますー

ふう、雪前仕事がこれでまた一つ終了です。
リミットはあと5日程度、なんとかできるかねぇ。



スポンサーサイト



2019-08-26(Mon)

赤大豆開花中&モザイク発生

今日は久しぶりに1日雨が降りませんでしたね。
明日までは持ちそうな天候、そのあとはずっと雨。
風もだいぶ冷たくなってきましたし、秋の天気へと変化してきている感じです。

さて、秋といいますと自分の育てているものはほぼ秋・冬収穫のもの。
その中の赤大豆なんですが、今になってようやく開花が進んできています。

P1040286_縮小

晩生型らしく背が伸びてもじゃもじゃ。
今年は水に悩まされたものの順調に株は大きくなっている感じです。

P1040287_縮小

ただよく見ると・・・怪しげなものが写っていますね。

P1040288_縮小
P1040289_縮小

はい、先端がしおしお、そして葉っぱが斑。
完全なるモザイク病発症ですね。
家の小豆にモザイクが出ているのは見たけど、自分が育てる豆にモザイクが出たのは初めてだ。
というか自分が作物を育てるようになってモザイクって初出現じゃないだろうかね。
ここの場所ではモザイクを媒介しているアブラムシなどがあまりいないのかほぼ見かけることがないので、
種を採るのには非常に適したところなんですよね。
おかげで毎年防除もしていない南瓜で種を採ることができていますからねー
そんなわけでこういったモザイクは現状レア、しかし出てしまった以上は対処しないといけません。

P1040290_縮小

容赦はせずばっさりと。
周りに影響が出てからでは遅いですからね、こういうのは躊躇せずが正解だ。
ここまできてもったいないけど、1株で済んでよかった思えばいいでしょうよ。

P1040313_縮小

その赤大豆も今になってようやく開花が進んできています。
去年より1週間早くまいたんですが、開花時期はほぼ同じで8月20日過ぎ。
結局のところ赤大豆はこの時期にならないと開花しないかなり晩生品種であるといえそうですね。
このままでいくと今年も熟期がやばそうな感じがします。

P1040332_縮小
P1040334_縮小

ちなみに開花が赤大豆よりも2週間ほど早い黒大豆、
こちらの2品種はすでに莢が大きくなってきており順調に豆ができてきそうです。
熟期を考えるとやはりこの2品種くらいのペースでいかないと厳しいと思いますねぇ。

P1040333_縮小

ちなみに晩成型枝豆でやってるあきたほのかも莢が大きくなってきていますよ。
まいた時期は遅い割に赤大豆よりも開花が早い、うーーむ・・・・
順調にいって枝豆としてとれるかな??

P1040314_縮小

こっちは残り種、来年使えるように小分けして冷蔵庫へ。
今年かった種は全部で1000数百粒あったようです。
種が生きてれば来年枝豆の種買う必要がないね(笑


様々大豆を育てると品種ごとに生育の差ってのがはっきりありますね。
まき時もしっかり合わせないと全く無駄なことをしていることもあったりしてね。
赤大豆に関しては正直ここまで晩生だとここでは収穫がかなり厳しい品種に思えてきました。
丹波黒豆がここではできない並のような気がします・・・・
今年の雪次第かもしれないけど、まずやれるだけやっていて来年判断ですね。


2019-08-09(Fri)

赤大豆はかなりの晩生のようで。

朝には一雨、ようやく少しのお湿りが来たわけですが、
正直降ったのはたかだか30分、午前中天気が回復したらあっという間に乾いちまったわ。
まさに焼け石に水
畑は相変わらずパサッパサです。
散水しないとやばい状況が続いています。

P1040175_縮小

畑の外周の草も刈ってだいぶさっぱり。
雨もないのによく育つもんだというくらい伸びてました(汗
これで散水用のホースも伸ばしやすくなった。

P1040173_縮小

散水用ホースの長さが足りなかったので50mのやつを買ってきた。
これで畑はほぼすべてカバーできるようになったのでどこにでも散水できるぞー


さて、
あれこれと散水していますが、そろそろヤバくなってきたのが大豆類。
豆類は開花の時期に水がないとよろしくないらしく、最悪花が咲いた時に葉水をやるだけでもいいらしい。

P1040178_縮小
P1040181_縮小
P1040180_縮小

特に黒豆は開花真っ盛りというか過ぎ加減(汗
急ぎ散水していきますが、上のほうはいいように見えて実のところ・・・・・

P1040179_縮小

下は葉が枯れてスカスカになってきていました。
何とか生きているもののやっぱりダメージ蓄積は進んでしまっている様子。
もっと早くに散水開始しておかなきゃいけなかったなーと思います。

P1040182_縮小
P1040184_縮小
P1040183_縮小

一方の赤大豆、こちらもだいぶダメージがでかくなってきている模様。
ただ、黒豆よりも早播きしたはずなんだけどやっぱり開花はまだ。
かなりの晩生品種のようですねこりゃあ。
早播き対応しても無駄なのかもしれんなー
花は咲いてないけどこっちも散水を急いでおかないといけないです。





P1040191_縮小

なんということか、水圧が強すぎたせいかエバフローがパンク(大汗
しょうがないのでここは手散水に切り替えて。

P1040192_縮小

日が暮れてつなぎに襲われまくりながらなんとか本日の散水は終了した。
ただ土に水気をしっかり入れるためには全然足りないので、散水用のチューブ買ってこないといけないなー
まーた無駄出費だけどあればあったで使えるからさっさと準備しよう。

P1040176_縮小
P1040177_縮小

おまけでこちらもダメージが深刻になってきたインゲンも散水。
豆類も厳しくなってきたなー
なんか晩生がどうこうより水がーのほうがメインになってしまって本末転倒(大汗


2019-06-12(Wed)

赤大豆定植!

今日はいい天気、あいかわらずらずこちらは天気がいい。
なにやら少雨で農業に影響がなんていう地域も出てきているらしく、ちょっと記録的に雨が少ない模様である。
横手市の降水量に関しては並ぐらいには降ってる気はするけど、
やっぱり平年よりは少ないのかもしれないですね。
次の雨は週末らしいけどどのくらい降るのか、というか本当に降るのか??(笑


さて本日は赤大豆の定植の話題。
今年は去年より1週間早くまいた赤大豆ですが、ようやくそろったところで定植です。

P1030694_縮小
P1030695_縮小

今年は去年よりもだいぶ身長が低くしっかりとした苗になった。
これぐらいの苗が一番いいんだろうけど、ここまでうまくいったのは初めてじゃないかと思う。
自家採種の分発芽率も極良、今のところは最高の状況だ。

P1030696_縮小

畝はこちらのなんだかよくわからんスペースで。
人参の隣とかいろいろと思案した結果ここで落ち着きました。

P1030705_縮小
P1030706_縮小

いつものごとく30㎝ピッチ2株植えで定植。
畝が短い分倒伏防止線を張りやすくていいかとは思うけれど、その分畝数があるのでちょっと大変かな。
徒長してないからがっしり低めに育ってくれるとありがたいんだけど。

P1030704_縮小

少し余った分は蔓ありインゲンを植えるはずだったあまりの畝に定植。
蔓ありインゲンの出来があまりにダメなので有効利用だね。

P1030701_縮小

これだけいいのでダメ苗はシビアに。
こういった怪しげなものは姿かたちが良くても定植しないでおきます。
なんやかんやで192粒まいて174株定植できているので十分だわ。
苗づくりがこれほどうまくいったので赤大豆には期待をしたいところである。
水不足が考えられるのでそこは注意しておきたいですねー


2019-05-27(Mon)

今年は早まき、赤大豆の播種。

今日も暑かったですね。
当地の最高気温が33℃、さすがに今日はひたすらに汗が出ましたわ。
明日からはようやく落ち着いてくる予報、早く一雨欲しいですわ。

P1030565_縮小
P1030564_縮小

昨日植えたサツマイモは・・・・
オーノーしんじ。
なんか毎度見慣れた風景といえばそうだけど、ちょっとなぁこれはひどい。
早く雨降ってリカバリーしてほしいもんだ。

P1030550_縮小
P1030551_縮小

田圃畑のカボチャのほうはしっかり活着して萎れることもなくなった。
脇芽も出てきたしこっちはもう少しで芯止めしないといけなくなってきたね。
作業一つ終われば新たな仕事が、なかなか忙しいど(笑


そんな中、日が暮れてからの作業ですが種をまいておいた。
去年黒豆と同じタイミングで播種したんだけど収穫が遅くなることが判明した赤大豆、
今年は去年より早くまいてどうなるか試してみることにしましたよ。

P1030562_縮小

128穴トレーに1枚半の播種。
今年はあれこれ多くやってるせいで場所が取れてないので去年よりは少なめ。

P1030563_縮小

播種用の豆の選別をしてなかったので、とりあえずある程度持ってきて選びながら播種しました。
種になるのは一番いいやつ、しっかりいい豆を選んで播種しておきましたよ。
ここでもったいないからといってあまり出来の良くないものを利用するのは間違いですよー
自家採種する場合はここが鉄則になりますね。


去年の播種は6月3日なので大体1週間早く播種したわけで。
丹波黒豆だったかは極端な早播きを避けるなんてのがあったはずだけど、
この1週間の早播きは極端な早播きとかになってくるのかどうかだよね。
そもそも極端な早播きってどれくらいを想定しているのかわからんけども。
自分にとっては小豆も他よりは早播きだけど、それがかえって虫が少なくていい結果になってたりするし、
さてさて今年の赤大豆、いったいどういった結果になってくるのやら。
実験的栽培スタートでござい。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村