FC2ブログ
2020-05-16(Sat)

2020ヤーコン定植

今日はヤーコン定植。
去年の作業日程を調べてみるとヤーコンの最初の定植は5月15日だった。
これは購入苗ででかかったというのが大きいんだけど、
ヤーコンは早く植えたほうが結果はよくなるというものなので、
今年の苗はまだ少し小さいもののやれるときにやってしまおうと本日定植。

P1050856_縮小

苗は現在こんな感じでした。
50ポット作って結果はほぼ100%芽が出てきました。
まだ芽が出てないものが1つありましたがそれも掘ってみると芽が出始めていたのでほぼ100%。
今年は温床に全く入れてない状態で育ったので徒長することもなくしっかり育ってます。

P1050909_縮小

自分のヤーコンはなんだか塊茎に芽がやたらに多い感じで、
分解してもこんなに芽が出るものがありますのよ。
少ない芽より多い芽のほうがいいのかどうかは何とも言えないけど・・・・
芽が1つよりは多いほうが間違いなく育ちはいいと思うけどね。

P1050910_縮小

今回はこのまだ小さい6ポットを除く44ポットの定植。
こちらさんは今月中にでも植えられれば大丈夫かなーと思ってます。
そこまでに育つかどうかって話だけどね。
ダメなら小さいままでの定植です。

P1050908_縮小

去年は母さんが畝作りましたが今年は自分で。
肥料計算して肥料まいて畝作ってマルチ張りました。
マルチ張りの出来は80点というところかねぇ。
ちょっとこの畑の土質が良くなくてゴロゴロの塊が多くて均しが悪かったのが原因ですね。

P1050911_縮小
P1050912_縮小

定植時にタイミング悪く雨が降ってきてしまいましたがなんとかやり切りました。
今回は畝の長さも考慮して70㎝ピッチでの定植。
結構余裕のある定植になってるので、うまくやれば畝2本で済んだんじゃないかな…
計算ミスといってしまえばそれまでだけどもう少し計算はきちんとしたほうがいいね。

続々と定植も進み残りは南瓜定植とオクラの播種くらいか。
南瓜に関しては来週がピークになるけど天気なんだよなぁ。
その前にオクラをやり切ってしまうか時間の使い方を考えなくては。
もう少しで春の大作業の出口が見えてくるぞーーー


スポンサーサイト



2020-04-01(Wed)

ヤーコンがもう芽を出した

ついに横手保健所管内でもコロナが発生。
これもねぇ、40℃近い発熱がある中フェリーで北海道から帰省したらしいんですわ。
ホント何考えてんだかわからんわ。
自分の行動次第で他人を死なせてしまう可能性があるものであるともっと認識しないとだめだよね。
こんなのバイオテロと同じだで。
自粛要請ってそういう事、自分だけの問題ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日ヤーコンの話題。
先日株を分解してポットに活けたわけですけど、
大した加温状況でもないのに今年は思いのほか早く芽が出てきましたよ。

P1050599_縮小
P1050600_縮小
P1050601_縮小

ちっちゃいポットも大きいポットも大差なく芽が出ました。
あれだけしわくちゃになってしまっても、完全に死んでなければ出てくるようです。
去年も同じような感じでしたからね、ヤーコンはかなり強いですよ。

P1050602_縮小

まだ出ていないものもびりびりと地割れが発生してもう間もなくという感じ。
今年のヤーコン苗づくりはかなり順調に進んできてますねー

外の気温がまだ氷点下になったりするし、雪マークも出たりしているので外だしはまだ。
もう少し小屋の中で加温しながら育ててじわじわ寒さにならして外に出すって感じですね。
それまでに育苗用のハウスたてないといけないなー
植菌ももうすぐひと段落だし、これから苗づくりで忙しくなるね。


2020-03-19(Thu)

ヤーコン芽出し始めるどー

今日はなんと20℃にもなったそうだ。
とんでもなく暑くなって急激に雪が消えちゃいましたね。

P1050543_縮小

先日まで30㎝はあった雪が消えちゃいましたなー
本当に3月中に畑から雪が消えてなくなっちまったわ。
こりゃあホントに4月には畑が始まっちまいますな。

P1050544_縮小

アスパラガスチコリーが畑で一番早く動くもの。
葉っぱはないけどとうはある、さてさて雪が消えてこれはいったいどうなるか。
畑を掘るまで1か月はあるはず、大きくなるかなー


さて本日も植菌作業なので先日の話。
本日の畑の通り今年は早く畑を使えそうってことから、今年は早めにヤーコンの芽出しをすることに。

P1050525_縮小

ヤーコンの株は保険も兼ねて結構とっておいたわけで。
今年は暖冬だったこともあり冬越しは楽にできていたものの・・・・・

P1050526_縮小
P1050527_縮小

分解してみると使えそうなものが多くない(汗
どうもボイラーに近すぎて乾きすぎてしまった模様。
肥料袋に入れて保存しとけばもう少しまともに越冬できてたかもね。
ちょっと株の越冬方法は再考が必要みたいです。

P1050528_縮小

ヤーコンは小さく分解しても育ちますが、ある程度大きい塊のほうが株は大きくなりやすい。
なのでこうしてよさげな塊は大きめに分解してみたものもありますが、

P1050529_縮小

一方でかなり乾いてしまって大丈夫かっていう塊もあり、
大小・良し悪し含め様々なものができちゃいました。
もう少し揃えられるようにしたいのが本音ですねー

P1050531_縮小

これらをポットに活けて芽出しです。
小さめの塊は7.5センチポットで、大きめのは9センチポットで芽出しをします。
小さいのが35、大きいのが20の合計55ポットになりました。
今年はまだ農電マットの準備ができていないのでホンナの芽出し同様に温水パイプ上で芽出しです
仮置きですが、まだ暖房をつけているので十分に熱が伝わるはずだ。
今日みたいな日もあるので温度自体は大丈夫なはず・・・・
問題は株が大丈夫かどうかだけですかな。
ヤーコンは今年は売り先ありそうなのでうまく苗ができてほしいもんですよ。




2020-02-03(Mon)

虫食いヤーコン

ヤーコンもぼちぼち洗って出荷中。
意外と袋に入れて保湿されている状態のおかげか、しわしわになることもなく大丈夫そう。
ただ、サツマイモと同じく洗ってみないとどういう状況かが分かりづらい。

P1050316_縮小

この品種は色が黒っぽいから余計判別が難しいよね。
サツマイモのように傷んで黒まだらなのかはたまた柄なのか・・・
見た感じは問題なさそうだ。

P1050317_縮小

ひとつ面白いのが虫食いヤーコン。
この品種は虫食い箇所でもしっかりと紫色が発色されるみたいね。
かじられたから白い果肉のままというわけでなくちゃんと防護するんだね。
他でもかさぶたのようになるのはわかるけど、そんな感じじゃない。
ヤーコンはみんなこんなもんなのかな?
まあ虫に食われないのが一番なんだけどね(汗

P1050247_縮小
P1050248_縮小

ちなみにこれをしっかり干すとこんな状態になるみたいね。
結構面白いグラデーションになった。
やっぱりこのヤーコンは面白い野菜だと思いますねー
もっと知名度上がらねーかなー



2020-01-18(Sat)

ヤーコン漬物試食

今日からセンター試験ですね。
雪が降らないところに降ってましたけど、こちらは逆に快晴でした。
日頃の行いがいいからなー(笑
明日も快晴、朝は冷えそうで凍りそう。
すべっ・・・ころ・・・・・おっとっと禁句禁句。
気張って試験を乗り切ってほしいですねー
と、15年前にセンター受けた経験があるぼんくらが申しておりまする。


さて本日はお漬物ネタ。
先日しわしわになったり傷んできたヤーコンを漬けてみたんですよ。
今回はそれの試食をしてみましたよ。

P1050221_縮小

まず漬けるためのヤーコンですが同じ品種でも個体差ってのはあるみたいで、
右は紫が深い部分まできているもの、左は紫色が皮付近だけのものとある模様。
個体差で味の違いはあるのかな??
あ、その辺はまた別の問題、今回はこれを漬けていきますよ。

P1050224_縮小

今回は紫が強いものは酢漬け、黄色いほうは辛子漬けにしてみた。
紫色のものって酢漬けにするときれいに色がでるかなーと。
これで数日置いたものを試食ですよー

P1050254_縮小

こちらが数日後。
辛子漬けは水が出てよさそうですね。

P1050255_縮小

で、辛子漬けのほうはこんな感じになってましたよ。
ちょっと着色料入れたたくあん的な感じになってますね(笑
試食した感想は・・・・甘い!
なんというか辛子漬けなのに辛子のびりっと感が感じられず、
それでいて何ら特徴のない香りでいてヤーコンのサクサク感からの甘さ。
異様に甘いのは砂糖を間違ったのかと思えるほどだった。
とりあえず食えなくはないけど漬物としてはよくない(汗

P1050253_縮小

ついで酢漬け。
こちらは発色が思ったより良くならなかったですね。
ヤーコンのアクのせいか茶色のほうが目立ってしまってます。
味のほうは辛子漬けよりは甘くないもののやはり甘さが際立ちます。
もう少し酢が強くてもいいかなーという感じ。
こっちのほうも特徴なくサクサク甘いので似たり寄ったりの結果に(大汗


この品種のヤーコンが思いのほか甘いのか、はたまた漬け方に問題があったのか・・・・
とにかく今回の漬物は甘さが際立って感じられるものになってしまった。
ヤーコンを漬ける際はもう少し味付けを強くしたほうがよさそうかもしれないですね。
次はもう少し分量を増やしての漬物実験パート2に移ろうと思います。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村