FC2ブログ
2020-02-03(Mon)

虫食いヤーコン

ヤーコンもぼちぼち洗って出荷中。
意外と袋に入れて保湿されている状態のおかげか、しわしわになることもなく大丈夫そう。
ただ、サツマイモと同じく洗ってみないとどういう状況かが分かりづらい。

P1050316_縮小

この品種は色が黒っぽいから余計判別が難しいよね。
サツマイモのように傷んで黒まだらなのかはたまた柄なのか・・・
見た感じは問題なさそうだ。

P1050317_縮小

ひとつ面白いのが虫食いヤーコン。
この品種は虫食い箇所でもしっかりと紫色が発色されるみたいね。
かじられたから白い果肉のままというわけでなくちゃんと防護するんだね。
他でもかさぶたのようになるのはわかるけど、そんな感じじゃない。
ヤーコンはみんなこんなもんなのかな?
まあ虫に食われないのが一番なんだけどね(汗

P1050247_縮小
P1050248_縮小

ちなみにこれをしっかり干すとこんな状態になるみたいね。
結構面白いグラデーションになった。
やっぱりこのヤーコンは面白い野菜だと思いますねー
もっと知名度上がらねーかなー



スポンサーサイト



2020-01-18(Sat)

ヤーコン漬物試食

今日からセンター試験ですね。
雪が降らないところに降ってましたけど、こちらは逆に快晴でした。
日頃の行いがいいからなー(笑
明日も快晴、朝は冷えそうで凍りそう。
すべっ・・・ころ・・・・・おっとっと禁句禁句。
気張って試験を乗り切ってほしいですねー
と、15年前にセンター受けた経験があるぼんくらが申しておりまする。


さて本日はお漬物ネタ。
先日しわしわになったり傷んできたヤーコンを漬けてみたんですよ。
今回はそれの試食をしてみましたよ。

P1050221_縮小

まず漬けるためのヤーコンですが同じ品種でも個体差ってのはあるみたいで、
右は紫が深い部分まできているもの、左は紫色が皮付近だけのものとある模様。
個体差で味の違いはあるのかな??
あ、その辺はまた別の問題、今回はこれを漬けていきますよ。

P1050224_縮小

今回は紫が強いものは酢漬け、黄色いほうは辛子漬けにしてみた。
紫色のものって酢漬けにするときれいに色がでるかなーと。
これで数日置いたものを試食ですよー

P1050254_縮小

こちらが数日後。
辛子漬けは水が出てよさそうですね。

P1050255_縮小

で、辛子漬けのほうはこんな感じになってましたよ。
ちょっと着色料入れたたくあん的な感じになってますね(笑
試食した感想は・・・・甘い!
なんというか辛子漬けなのに辛子のびりっと感が感じられず、
それでいて何ら特徴のない香りでいてヤーコンのサクサク感からの甘さ。
異様に甘いのは砂糖を間違ったのかと思えるほどだった。
とりあえず食えなくはないけど漬物としてはよくない(汗

P1050253_縮小

ついで酢漬け。
こちらは発色が思ったより良くならなかったですね。
ヤーコンのアクのせいか茶色のほうが目立ってしまってます。
味のほうは辛子漬けよりは甘くないもののやはり甘さが際立ちます。
もう少し酢が強くてもいいかなーという感じ。
こっちのほうも特徴なくサクサク甘いので似たり寄ったりの結果に(大汗


この品種のヤーコンが思いのほか甘いのか、はたまた漬け方に問題があったのか・・・・
とにかく今回の漬物は甘さが際立って感じられるものになってしまった。
ヤーコンを漬ける際はもう少し味付けを強くしたほうがよさそうかもしれないですね。
次はもう少し分量を増やしての漬物実験パート2に移ろうと思います。


2020-01-14(Tue)

ヤーコンの切干はアクとの戦い?

どもー
今シーズンは本当に雪が降らないねぇ。
昨日今日とついに自転車通勤しちまったい。
去年末大晦日に自転車乗って最遅記録作って、今年は1月13日の最速記録作って全くいかれとるー

P1050227_縮小

冬に晴れ間が出るなんてほんの数日あればいい当地秋田、
それが今シーズンはかなりの日照時間が確保できてしまってますね。
今日のラジオで2007年も結構な暖冬だったらしいですが、
今シーズンの暖冬具合はそれを超えるような状況、異常気象の一言に尽きますね。


さて、
外ではそんな天候ではあるものの作業できるのは中のお仕事。
しかしながら乾燥機が1台体制となってしまい注文したのはいいんだけど、
同じものがバージョンアップの時期になってしまったために、到着が2月という何とも最低な状況に。
しょうがないので今回は乾燥機を使わないでストーブの前で干してみるべく、
いざ、ヤーコンの切干実験!!

P1050223_縮小

ヤーコンを販売するべく洗っていたんですが、
乾きすぎてしわしわになってたり部分的な傷みがあったりと加工するようにとっておいたものを切ってみた。
切ってみるとやはり紫皮品種だけあって皮ぎしの色が普通とは違いますね。
きれいなグラデーションを見せています。
この状態で干し上がってくれたらいいなーとか思いつつ少しおいといたところ、
みるみる色合いが悪くなってきましてね、どうもアクが出てきている模様でしたよ。
今回は酢水にしばらくさらしてから干すことにしましたよ。

P1050232_縮小
P1050233_縮小

ところがどっこい、干せてくるとどうも黒っぽくなってしまいますなぁ。
黒っぽいのがアクなのかこの品種の紫の色素が要因なのかどうかは不明だけど、
ちょーっとこのままだと色が悪くて見た目が悪いっすなぁ。
調理したときどうかは何とも言えないので干し上がって調理してみてまた記事にしては見たいと思いますが。


思いがけずきれいに干せなかった今回のヤーコン、
地味になんですが要因のもう一つといて乾燥機を使ってないってのも考えられるのよね。
私の切干大根が白いのでどうしたら白くなるのかと聞かれたこともあったし、機械で干したらきれいになるのかもしれない。
もう少し試行錯誤してみて本当にきれいにできるかどうか判断してみたいです。
傷みのあるヤーコンの有効活用としてよさげだと思ったけど、すんなりはいかない模様ですわー


2019-12-12(Thu)

ヤーコンはもっと早くに掘るべきだったか。

今年はなかなかの収穫量があったヤーコン。
サツマイモの洗い作業と同じくヤーコンも出荷に向けて洗ってみたわけで。

P1050039_縮小

洗ってみると土付ではわからなかった肌の状態がよくわかる。
なんというか色合いが結構まばらできれいに発色していないものが多い気がする。
そしてどうも黒っぽい肌のものがあり見栄えが悪い。

P1050037_縮小
P1050038_縮小

このように乾いてしまうとさっぱりわからなくなるようだけど、
洗ってすぐはものすごく良し悪しがはっきり見て取れます。
この時点でしっかり選別しないとだめっぽいですね。

P1050042_縮小

そして今回最もまずかったのがこの傷みですね。
掘ったときも結構腐ってるものがあったりしましたけど、改めて傷みが出ているものが多い気がします。
収量があったとしてもこうして傷んでいるものが多いのであれば製品率はガタガタですからね・・・・・
掘ったときに感じた通り滞水によるものが大きいかと思います。
そう考えるともう少し天候が良かったときに掘っておくべきだったなーと思いますね。
最後の最後まで大丈夫ではあったけど、今年の土地の水はけがかなり悪かったのでそこを考慮すべきだった。

やっぱりですね、適期収穫ってのは大事だなって思いますね。
特に当地では晩秋・初冬は天気が非常に悪くなりがちってこともあるので、
その辺もしっかり考慮して収穫をしていかないとだめですね。
せっかくたくさんできたのにダメにしてたら元も子もない・・・・
あーもったいないことをしてしまった。


おまけ。

P1050041_縮小

THE・間違い探し。


2019-11-26(Tue)

今年のヤーコン無事収穫完了

今日は晴れ、絶好の畑日和だ。
12月まで雪はないような長期予報が出てたけど、結局のところ明後日にまた雪マーク。
まあそんな予感がしてたので今日明日で畑には決着をつけるべく動きますよーー
本日はようやく手を付けることができたヤーコン掘りです。

P1040951_縮小

まずは雪でぶっ倒された地上部を刈り取ってマルチをはぎます。
倒された方向が同じだといいんだけどあちこちに絡まって倒れてしまって刈り取りが難航。
倒れる前に刈り取ってしまってたほうが良かったかもしれないです。

P1040953_縮小

雪や霜に当たってますが、意外とすべて枯れてしまうことがなくまだ青々しているものもあった。
まあだからといってもうこんな状況だと生育することもないですがね。

P1040952_縮小

茎の本数はまずまずというところでしょうか。
芋をやってしまわないように慎重にスコップを入れて掘り上げていきますよーーー

P1040958_縮小
P1040955_縮小

株数は大したことはないんだけどばらすのに結構時間がかかってしまいました。
芋の大きさ、そして数はいい感じだと思いますね。
ちゃんと育てれば普通にこうして収穫できるという事ね。
去年は大失敗だったけど(汗

P1040956_縮小

芋は結構大きいですが、無駄にでかすぎるというサイズでもなくいいと思いますね。
今年は家のヤーコンもそうだったけど裂果が少なくて非常に質がよさそうです。
まあこの品種はそもそも裂果しにくい品種ですから、それでバリバリやられちゃたまりませんがね。

P1040957_縮小

中にはこうして腐ってるものもありましたね。
なんというか雪や雨が多くなって水の滞留時間が長かったせいだと思います。
こればっかりは当地の気象条件だからどうしようもないので、畑の水はけをよくするほかないですね。
サツマイモとかと同じく腐ってるものは独特のにおいがしてすぐわかりますね(汗

P1040959_縮小

芋は大根と同じく袋詰めして運搬、来年用に芋を取り除いた株も数株持っていきます。
やっぱり苗が良くできているもののほうが生育はいいので、
なるべく大きく分解して苗にしたいので少し多めに持って帰りましたよ。
来年まで無事に越冬できればいいんですがね、注意したいと思います。


今年のヤーコンは30株定植、収穫量が約99キロでした。
平均3,3キロ程度ともう少し収量は上げられそうですね。
間違いなくできれば収量はすさまじいものがあるし、苗づくりも自家苗で簡単に。
ヤーコンはものすごくうれしい作物であることが改めてわかりましたわ(笑


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村