FC2ブログ
2021-07-23(Fri)

今年「も」メロンはだめだ。

今日も暑かった。
曇りから夕方雨なんて言う予報だったけど、
どうやらあのマークってのは暗号、気象予報士言語のようなものがあるらしい。
曇り曇り曇り曇り雨雨曇り曇りなんてのは、
「本日も晴れて暑くなる」みたいっすよ(笑
いやー流石試験が難しい気象予報士、こんなの一般ピーポー分かるわけないな(棒
ワンチャンこれから雨が降ることも無きにしも非ずだが果たして・・・・・


さて本日メロンの話題。
最近ちと草むしりに忙しくメロンにかまってる暇なかったんだけど、
久しぶりに見ると蔓がしっちゃかめっちゃかだったので整理してみた。

P1090218_縮小
P1090219_縮小

まず地這いのほう。
蔓の長さがだいぶ伸びて外の量が多くなってきた。
そんでもって余計に多く感じさせるのが孫蔓がごちゃついてるせい。
10節以降残してたので伸び放題になってたりしてしまってどうなってんだこれ状態でした。

P1090220_縮小
P1090222_縮小

ごちゃついてたものの中で実のついていなかったツルとか結果待ちの奴の先端部とかを排除。
特に思ってる以上に結果不良の蔓が多いのでこんなにいらん物が出てしまった・・・

P1090221_縮小

実際はっきり実がついてるのがこれ1個(泣
それ以外は結果待ち、この待ちがダメなら勝負できるものが1個に・・・・
今年もメロンはだめだった。

P1090229_縮小
P1090224_縮小

続いて吊りメロン。
こちらはこちらで肥料不足というか水不足というか色合いが悪くなってきた。
地這いに比べると水分利用が多いのかもしれないね。

P1090225_縮小

なんせ孫蔓がさっぱり伸びない。
ぴょこぴょこ伸びて雌花が咲いてるって感じ。
生育が鈍く大きくなって来ない。

P1090196_縮小
P1090198_縮小

それでいて防除してるのに斑点細菌病みたいなものが出始めてるし。
地這いよりも泥はね起きないし気を付けてるのになぜという感じだ。
これが本格化すると葉の枚数が全然足りなくてうまいもんできないんだよねー
そもそもすでに葉っぱが黄色っぽくなってきたからヤバいんだけど(大汗

P1090223_縮小

こちらのほうも実がついてるのは現状4個。
一応紐で吊り上げてみたけど、蔓が細くて心もとないな…
ボロッと落ちなけりゃいいけど。


今年は、と思って栽培始めてもやっぱり躓いてしまったメロン。
現在の状況での反省点で言えば、

・地這いのほうは開花期に雨が降ってトンネル開けられなかったことで受粉ができなかった
・吊りは吊り向きの品種じゃないことでうまくいってない感
・水不足、そもそも暑すぎ


というところに落ち着くと思いますね。
病気に関しては防除もしてるし致し方ないかなーとは思うけど、
毎度毎度起こしてしまってるのでもう少し手の打ちようがあるはず・・・
出来るようにはなってきたとはいえやはりまだまだ甘ちゃんだってこったな。
なかなか甘くてでかくてうまいメロンにたどり着けないですわー


スポンサーサイト



2021-07-13(Tue)

メロンの防除3回目に入りまっす

今日は曇りで一時的に雨なんて予報だったはず。
なのに朝から晴天くそ暑い。
どうも午後から怪しい気配がするので今日は午前中に防除をすることにした。
オクラもメロンも防除すっかーと両方やったんですがまずメロンのほうから。

P1090107_縮小

まずね、メロンの防除を決意したのはこれだからだ。
ここ最近雨がぱらつくためなかなかトンネル開けられなかったんすよ。
そしたらあっという間にジャンゴー、つっかえてトンネルに沿って立ち上がってるし(大汗
これは晴れたら蔓を外に出して整枝して防除しないといけない、と。

P1090136_縮小

という事でこうなりました。
ついに蔓が外出、病気との戦いが本格化だ。
こうなると雨ごとに病魔が忍び寄ってきますんで定期防除必須ですよ。
今日も雨降るでしょってのでしっかり防除しといた。

P1090109_縮小

続きまして吊りメロン。
こちらもだいぶ伸びてきていまして、先端がひもから垂れてしまってるものもあった。

P1090115_縮小

そうなると癖がついちゃって紐に絡めてもグニャグニャで葉っぱが逆さになるのよね・・・
こうならないように吊るときは毎日見てやらないといけませんよ。

P1090110_縮小

吊りメロンのほうはよく見ると葉が小さいんですよね。
地這いに比べて上に立ち上がるパワーを使うためかそこまで生育が良すぎることはないです。
まあこれぐらいがちょうどいいんで、地這いメロンは勢いがありすぎなわけで(大汗

P1090114_縮小

ただちょーーっと孫蔓が出てきにくいのが心配。
あまり出てこなければ追肥も検討かねぇ。

P1090111_縮小

もうひとつ隣のトウモロコシのでかくなる速度が速すぎて日陰になる可能性もね。
これは・・・最初から分かってたことだから(汗
しゃーないっす。


さてさて・・・・・


防除終わって本日の終わりに見回りに行ったわけなんですがね、
ここでどうも怪しげなものを発見してしまいまして。

P1090139_縮小

・・・・・あぁ

P1090138_縮小

どうも炭疽ですねこりゃ。
わかりやすい年輪状の病斑、進むと真ん中が破れてきますし。

P1090140_縮小

今のところこちら含め2枚の葉っぱでした。
現在やってる防除ってのは対象が斑点細菌病なのでこの炭疽には効果がないわけで。
次の防除では炭疽に効果のある薬剤を使わないといかんなぁ。
高温多湿で出るし泥はね水はねで広がるのでまさに今の時期の病気って感じ。
まだ初期、叩くなら今。
今年はいつもより厄介なものに目をつけられてしまったメロンでござい。


2021-07-06(Tue)

吊りメロンが怪しいので消毒

今日は朝方霧雨でしたがその後は降らず。
天気予報では明日明後日が晴れ・曇りだったんですがね、昼休みに見たら雨に変わってまして(汗
今日は降らなさそうな感じになったため予定していたメロンの消毒をすることにしました。

P1090041_縮小

消毒メインはこっちの吊りメロンです。
雨降りましたし泥はねによる病気のリスクがありますからね。

P1090043_縮小

よく見りゃ葉っぱが怪しい感じもあったもんで。
そういうわけで2回目の銅剤散布です。
基本的に銅剤オンリー殺虫剤かけることはないっす。

P1090042_縮小

といっても今回の葉っぱ異常は多分虫によるもの。
隣から虫きてますからねぇ。
展開前の葉っぱに何らかの被害があって展開後に異変を感じるんだと思います。

P1090044_縮小

消毒作業前にまずは孫蔓のいらないものを除去して。
吊り栽培は孫除去がしやすいです。
節が見える位置に来ますからごちゃつかずさっさと撤去できます。
なので今回の除去作業は簡単に終了。量も全然ないね。

P1090045_縮小
P1090046_縮小

吊りなので上からかけて下から戻るって感じで散布。
上からかけるときに表面、下からかけるときに裏面って感じだね。
気を付けたいのは一番下の泥はねを受けやすいところ。
ここはしっかりと散布して対処しといた。
これで先ず次の散布まで様子見です。

P1090047_縮小

ついで地這いメロンのほうも。
こっちはトンネルがあるので温度が高く伸びが早い。
雨で締めっぱなしにしてたらあっという間にこんな状態に(大汗
こっちも孫蔓除去をしていきますが伸びまくって絡んで大変だったわー

P1090049_縮小
P1090048_縮小

整理して少しさっぱり。
除去したは量は倍くらいありましたね。
株数3分の1くらいしかないのに(汗

P1090051_縮小

しっかりと蔓を伸ばさなかったせいで蔓がねじれて大変だ。
この辺うまい人見たら何やってんだかーって感じですね(汗
きれいに立ってないから消毒も苦労する羽目に・・・・

P1090050_縮小

蔓伸びがいいので着果させるところまで孫蔓が来ていました。
ここから先の孫蔓数本に着果させて1株で4個か3個を選抜という流れになるはず。
まあ実際のとこ1株2個とか1個になることが多いんだよねぇ・・・・
だからバカでかくなってしまうわけなんだけど。
今回はうまいことついてくれて最低1株2個は達成したいですな。
そのためにもまず優先は病気の防止、ここをクリアできないと味ものらないしねー
天気とのにらめっこで定期防除、ころころ変わる予報との戦いだ―――


2021-06-30(Wed)

メロン吊ります。

今日も真夏日の当地。
いやー梅雨だってのに乾燥注意報出るって意味が分からんよ。
カラッと快晴アッチッチー
しか―し本日も草むしり(汗
そのあとメロンに取り掛かった。

P1080980_縮小
P1080982_縮小

吊り栽培やるぞーと思ってるメロン、トンネルの中で大変なことになってました。
早く出せー状態、一部トンネルから脱走してたし。
そんなわけで本日ついに吊り始めることにしましたよ。

P1080985_縮小

まずは支柱建てた際にすでに準備してた紐に片側だけ。
吊り栽培といえば基本1本ですけど今回は2本吊る欲張り栽培なので左右に吊ることにしてます。

P1080986_縮小

1本吊った段階でこんな感じ。
うわーごちゃごちゃじゃん・・・・

P1080987_縮小

そしてもう一方にも紐を下げて吊り上げて完成。
思い付きでやってるのでうまくいくかはわからんけどとりあえずのとこ2本吊り上げることはできてます。

P1080988_縮小

2本吊ったけど・・・・ごちゃごちゃじゃーん
トンネルの中でごちゃついたこともあって曲がって蔓が伸びたせいできれいに吊れてません。
最初から吊るつもりで誘引していればこんなにごちゃつきはしませんね。
カボチャみたいに整然と並んでたと思いますよ。

P1080989_縮小

吊り上げは紐に絡ませてやってます。
これは自分が実験農場でやった南瓜吊り栽培でやった方法。
節で絡むようにやっていくことできれいに吊り上げられますが、
メロンとかぼちゃは蔓の太さが違うので上手にいくかはわからん(汗
下手こくと折れるので生育を見ながらくきタッチを使いつつ上げていこうかと思ってます。
また吊り栽培での着果位置の問題ですがね、現状の高さで7節くらいのため、
ちょうど中間のパイプのあたりに実をつけられそうな感じになってます。
このパイプにうまいこと重量かける形にできれば落下を防げるんじゃないかな。
もちろんそれなりに他の対策もとるつもりですがねー
その対策はちゃんと実がついたあたりに記事にすることにして・・・・

P1080984縮小

作業中に鳴き声がするもんで見たらサシバがやってきていましたよ。
最大ズームですがちゃちなカメラじゃこれが限度(大汗
それでもこんなに近くに来たのは初めてだから珍しかったです。


P1080990_縮小

メロンは吊りだけじゃない。
トンネルかかった地這い栽培のほうも蔓ひきを行いました。
しっかり防草シートも張られて生育を待つだけという具合になってます。

P1080991_縮小

こちらのほうも伸びてトンネルの外に脱出をしようとしているので蔓を引いて距離を稼ぎますよ。
蔓を引くことで着果位置をトンネル内に収めることができますからね。

P1080992_縮小

というわけで出来ました。
いつも通り蔓2本をWの形に引っ張ります。

P1080993_縮小

あとはピンで動かないように磔の刑(笑
これで孫蔓の整理していって着果待ち。
またしばらく生育するのを待つだけになった。
その間にまた草むしりだね(汗


吊り南瓜でさんざんやったことの真似なので吊りメロンもできると思うけど、
問題は病気とか後は重量の違いとかですかね。
まあ露地栽培吊り南瓜で蔓2本出し1果重4㎏オーバーという途方もない奴を作ったこともあるので、
なんとかなるだろうという甘い考えのもと露地メロンを実行中であります。
トンネルとっちゃったのでこれから定期防除をしないといけないので天気とにらめっこがさらに激しくなるなー
そう考えるとやっぱトンネル地這いのほうが楽っちゃ楽だわ


2021-06-27(Sun)

そろそろメロン整枝

草との戦いもそうなんだけど、そろそろ整枝もしておかないといけない時期だ。
時期といっても定植の遅早はあるから生育の合わせたになりますがねー
南瓜もメロンも大きくなってきているのでまずはメロンのほうから。

P1080920_縮小
P1080921_縮小

吊り上げにしようと思ってるほうは株間が狭いのでトンネルの中がだいぶ茂ってきていますね。
こちらはそろそろ吊り上げてもいいかもしれない。

P1080924_縮小
P1080923_縮小

さていざ整枝と思ったらなぜか子づるに雌花が咲いてました。
あれれ??孫につくはずの雌花が子づるについちまったな。
ともかくこんな株元に咲いてもしょうがないですしさっさとご退場していただきますよ。

P1080925_縮小
P1080926_縮小

いらない雌花のほかにまだ早い孫蔓、3本出しになってたうちの1本の子づるの除去。
そんな感じで整枝していきました。

P1080950_縮小

余分な栄養を生育に回すので1日たつとものすごく伸びますね(汗
特に気温が高いってこともあって1日の伸び具合がすごいことになってます。
さっさとトンネル外して吊っていこうと思います。
とはいえ雨よけはしたいのでそこは別の方法でビニールかけようかとは思ってますがね。


P1080928_縮小

一方のいつも通りの地這い栽培のほうは株間があるのでまだ余裕ですね。
でも伸びているので同じようにさっさとカットしていきます。
カットといってもメロンは節ごとに離層があるので手でちぎっていけます。
むしろきれいにちぎることで傷口の治りもいいですからね。
人間でいうところヒビ入るよりきれいに骨折のほうが治りいいみたいな(笑

P1080948_縮小
P1080947_縮小

こちらも1日たてばどんどん伸びます。
先端が立ち上がってるのでだいぶ肥料強いかもしれん・・・・
例年並みだったけどもう少し肥料抑えるほうがいいか。
ウリ科の肥料はちょっと難しい。
まあどんどん伸びていってるので、こちらのほうはすぐさま蔓ひきやらないといけないだろうし、
蔓が外に出ていけるように防草シートも張っておかないといけないな。
外に出ていくタイミングで防除も必須、暑いと進みが早くてあっという間に忙しくなるね(汗


去年と比べてどうかを確認したけど、なんとまあ情報が1か月先しかなかったので比較ができない(大汗
とりあえずはまあ順調に推移していると見ておこうかな程度で。
品種も違うから単純比較もできないしねー
今年こそはしっかり甘いメロンをというところだけど、ここからが勝負になりますね。
吊り栽培のほうもどうなるか、まあぼちぼち頑張っていこうと思いますわ。



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村