fc2ブログ
2024-05-12(Sun)

最初からでかい苗

昨日はでかく育ってきたヤーコンの苗、
今日は購入したときからでかいハオルチアの苗の話題。
ハオルチアの苗って購入するときイマイチでかいのかそうでないのはわからんものがあったりします。
ちゃんと大株とか表記されてるのとか、明らかに葉っぱの枚数多い奴とかだと大きいのはわかるけど、
物によってそんなでもないのにでかい奴ってのもあるからねー
今回はそんな想定よりもでかかった奴らのお話。

DSCF2711_縮小
DSCF2712_縮小

これは抜き苗で届いたんだけど思った以上にでかかった廿八星宿
海外のやつよね、多分台湾だと思うけど。
結構まとまってて渋くいい感じです。
届いて早々9㎝ポットいっぱい。

DSCF2748_縮小

これは品種名ないけど大型の白肌ピクタ。
この時もう一つ別のやつもあったんだけどそっちに集中して入札が入ってたんでこっちを一本釣りしたってやつ。
白肌のものも欲しいところってので入手したけど思ったよりもでかかったってやつ。

DSCF2749_縮小

同じピクタですがこれぐらい差がある。
確か値段は同じくらいじゃなかっただろうか・・・・
物によって小さくてもバカ高い、でかくてもバカ安いってあるよねぇ。
まあ単純にレア度の違いってのもあるし売り手側の思惑ってのもあるし。
この辺の思惑のほうはいろいろ裏の事情知ってくるとねー
某個体はよく見るけど開始価格から万単位ですからね(大汗

RIMG0161_縮小
RIMG0163_縮小

これはアーバンブラーノ
これも葉の枚数は多いとは思ってたけど、ポットサイズが想定より一回りでかかった。
紫肌の窓大きめ、裏窓あってしまってる。
デカさもあって存在感ありますよ。

RIMG0164_縮小
RIMG0166_縮小

こちらはアーバンキャンドル。
これもポットサイズが想定の一回り大きいやつ。
1枚1枚立派な太っちょ。
これも常時紫肌ですね。
最近だと水やりしたせいかもっと太ってますんで随分ムチムチになる模様。
オブツーサじゃないのに丸々な達磨じゃねぇか。
結構なお気に入りになっとりますよ。


ハオルチア集めるときちっちゃいのから育てるのか、
それともこいつらみたいに最初からでかいのから行くかってのも選び方としてあるよねー
同じ品種でも小苗中苗色々売ってたりするし。
まあ想定以上にでかいってこともあるし見て買わないと想定外ってのはままありそうだけど(笑
近場に充実してるとこありゃいいんだけどねぇ。


スポンサーサイト



2024-05-05(Sun)

気付けばダビディの交配種が増加

週一編ハオルチアなんてくらいの頻度でハオルチアが登場。
椎茸より機会多い?
うーん、こりゃいかんですな。
とはいえストック溜まるんで続々消費していきますよ。

RIMG0107_縮小

ハオルチアもいろんな形状あっていろんな種類があるわけで。
その中でもタビディってのが気に入ったうちの一つになるんだけど、
それの交配種とかを見つけてよさそうなのがあれば入手しています。
そんなに数が出回る品種でもないんで入手頻度はそう多くないけどねー

RIMG0079_縮小

これはダビディ×チョコバーってやつ。
チョコバーが何たるやってのがわからんけどダビディの色合いの特徴出てていい感じ。
窓がすらっと長くて紫色ってのがいいね。
紫色の奴って生育期になると緑に戻るものもあるけど、これは常時紫っぽくていいです。

RIMG0111_縮小

かと思えば全然紫っぽくならない交配種もある。
これはダビディ×ゴルドニアナ、原種系同士の掛け合わせってやつかね。
入手した数はそこまで多くないにしてもダビディの交配種ってあんまり大きいので回ってない気がするね。

RIMG0112_縮小

上の交配種よりもすらっとまさにダビディって感じの形状してます。
まあ本来の大きさがどの程度になるかわからんので現状はすらっとしてるだけなのかも・・・・

RIMG0393_縮小

なんといっても原種ダビディ2つある奴らもそんな感じだからねー
まだまだこれからしっかり大きくなるって段階、
来た当初よりは確実によくはなってますがね。

RIMG0394_縮小
RIMG0395_縮小

大窓系も白濁窓系もどちらもしっかり水あげて膨らみました。
新しい葉っぱも見えてるんでどんどんでかくなってほしいですね。
でっかくなったらこれらでまた交配してみたいし。
色々と生育が楽しみです。


原種系が2つに交配種が3つくらいとダビディも系統が増えてきた。
一番多いのはなんやかんやオブツーサ系かね。
あれこれ面白そうなの増やしていくとお気に入りって言いつつダビディ系統の数はかなり少ないほうになりますな(汗
収集に関してはだいぶ落ち着いて見れるようになってきたんでこれまでよりは一気に増加はしない…はず(大汗
まーた面白そうなダビディ交配とかあったら手を出すと思うけど――
やっぱり集めるのって楽しいねー(笑


2024-04-28(Sun)

色素変異の蕾が面白いハオルチア

昨日ほどではないものの暑かった当地。
今日は何もする気がなくて朝の出荷に行ってからごろごろしてました。
まあ夕方にはラストになりそうなタラの芽の収穫をしたり、
キノコの収穫選別やら短形自然薯の袋詰めやらお仕事はありましたけどねー
ちょっと押せ押せになってしまったんで予定してたブルーベリーの水やりは明日に。
ゴロゴロしてる暇あるならさっさとやっとけよって話だけど―――


RIMG0353_縮小

さてさて、暑くなってきましたしハオルチアの蕾がどんどん伸びてきています。
結構な数伸びているんですが、すでに1番手の開花が始まってます。

RIMG0335_縮小

相変わらず面白い形の花ですねぇ。
花が咲きだしたんで交配してやりゃいいんですが、
これとこれを―って言う組み合わせのやつが咲いてないんで交配はまだ先かなー

RIMG0354_縮小

それにしてもやっぱりでかい株のほうが立派な蕾になりますね。
小さいうちは開花させないででかくなってからのほうが充実したのができそうな感じ。


さてそんな蕾の中に面白いのが出てきているんですよね。


RIMG0242_縮小
RIMG0243_縮小

こちらさん潘氏オブツーサ。
多分ゴーストってやつで色素変異株なんですが、
やはりその片鱗と言いますかね、蕾も色素変異してるのが出てきました。
明らかに色が抜けてアルビノみたいな色合いになっています。

RIMG0355_縮小

伸びたらこうなりました。
完全に色がおかしいですね。
おかしいというと表現が違うかもしれないけど通常の物とは異なっています。

RIMG0244_縮小

正常なもんと比べるとはっきり。

RIMG0356_縮小

並べるとこんな感じってわかりづらいか(汗
軸の色がちゃんとしてないので赤っぽくなりますね。
完全な色素変異、アルビノ系な色合いですね。
これはなかなか面白いこって。
ということはシンビフォルミスのゴールドも似たようなことになるのか???
そっちは蕾が出てないからわからんけどちょっと気になるね。

RIMG0090_縮小
RIMG0091_縮小

色素変異ではないけどほぼ真っ白なやつはどうなるんだろ?
こんなのでも完全な白子ちゃんではないので問題なく生きてますけども、
こういうのの場合は普通のになるもんなのか気になる。
むしろ完全な白子がつぼみだしちゃった場合どうなるのか・・・・
色々と開花にかんして気になることが出てきたな。


ま、そんなわけでハオルチアの開花が始まりました。
開花に合わせて交配のほうも順次進めて以降かと思いますが、
タイミングあわなければ今年はなしよーって流れにもなるかもしれない。
今年は数増えて初めての開花シーズンですんでどういったタイミングで咲いていくかっていうチェック優先かね。
しばらくハオルチアの花を楽しみたいと思います。


2024-04-21(Sun)

前から狙ってた苗を手に入れる。

相も変わらずのハオルチアのネタ。
今回ハオルチアを集め始めてから長い事これは入手したいなーと思ってたもんを入手しました。
なかなかいい出会いがないというかタイミングが合わないというか、
欲しいなーと思ってるもんに関してはなかなかうまい具合に入手できなかったんですよねー

RIMG0203_縮小
RIMG0204_縮小

まず大紫水晶オブツーサ錦。
夕方なのでちょっと色合いがわかりづらいですが・・・・
これはなかなかいい値段なんですが出るとすぐなくなるみたいな感じで買えなかったんすよね
今回うまい具合に安いもんに出会って入手できました。
斑入りですがまだ小さめなのとシオシオ加減でまだパッとしないっすけど、
でかくなっていい感じになってくれるといいよねー
大紫水晶オブツーサ錦はものすごい派手な斑入りとかもあったりして、
そういった物もいいなーとは思うもののやはり出会いが(汗

DSCF2024_縮小
DSCF2494_縮小

これは九尾狐。
ベヌスタの系統では最大クラスの種類。
これの斑入りになると名前が変わるらしいけどそうなると価値が爆上げ(大汗
売ってるのにあったことあるけどまず倍以上ですね。
流石にそういったのは無理なんで手は出しませんがー

RIMG0265_縮小
RIMG0266_縮小

モルドール錦。
モルドールはでかい変異っぽいかもってのを購入してましたが、
やはりほしかったのはこっちの斑入りのほうでして。
斑入りになるとどうしても価格が高くなるのと株が小さくなりがちなのがね。
モリモリ育って先に買ったものと遜色ないサイズになる日はいつになるかな?

RIMG0260_縮小
RIMG0262_縮小

最後に舞姫。
オブツーサの中では特筆して丸々してますよね。
ブリンブリンな斑入りオブツーサ、これもいいなーと思ったときになかなか入手できず・・・
今回ありがたいことに大量出品されたことで一発落札で入手できましたー
いやいやホントありがたやーありがたやー
既に完成形に近いけどここからさらにでかくなるかな?
これを入手できたのが一番でかかったっす。
とりあえず今回入手できた分の前々から欲しかったもんでした。


ハオルチア集め出してからの欲しかったもんは大体そろいました。
あと数個ありますが残りのほうは出てくる量が少ないんで入手するのがとても大変かも・・・・
こういったのはまさに出会い。
うまいことで会うことができるかな??


2024-04-14(Sun)

ハオルチアの水やり開始と一時的な日焼け

RIMG0206_縮小

どもー
ノンシュガーが実は無糖じゃなくてがっかりした椎たけ夫ですー
あ、一応無糖なのか。甘さはあるだけで。
なんとも厄介なことでこちらのノンスイートは完全無糖でした。
前も何か別ので無糖じゃないのに甘いってのに当たったことがあってがっかりしたんだよね。
アテクシコーヒーは無糖派なもんでノンシュガーで甘いときは非常にイラっとします(笑
ノンシュガーなら人工甘味料もなしで頼みますよ。
ジュースの甘さがほんとにダメになってきた今日この頃。


さてさて本日も暑い暑い1日となりまして。
昨日で植菌もまた一服状態ですんで午前中出荷行って来てから二度寝して昼めしまで寝てた(笑
暑いときに動きたくないので夕方から鉢植えいじりしたりしてからキノコ選別してきましたよ。
で、こう暖かくなってきていますので部屋で越冬しているハオルチアにガッツリ水やりしていってます。
ここ数日かけて1ケースずつ順番に水やりして水切ってから再び搬入という感じで。

RIMG0210_縮小

こちらは9㎝ポットの奴らですね。
きちんとこのサイズだけで集まったやつはこれだけ。
後はでかいのやら7,5㎝ポットやら様々混じってたんで、
でこぼこした状態で見た目が・・・でしたんでこちらを写真にしといたわけで。
花芽も結構出てきているんでもう完全に動き出しているんですが、
いかんせん部屋ではガッツリ水やれませんので外に持ってきて底から出る程度に水を与えておきました。
最低気温がいまいち安定しないのでまだ完全に外に置いとくのも心配なんで、
今の暑いうちに作業してもうちょっと気温の状況を注視です。
もう全部小屋のほうに持って行っておけば管理は楽でしょうけどねぇ。
小屋のほうでも置き場所無いんでもうちょっと辛抱してもらいますわ。

RIMG0200_縮小

んで小屋のほう、こちらは日が当たったりあたらなかったりの場所に置いてるんだけど、
ガッツリ日に当たったあたりから結構な黒を発現してきた。
といっても黒焦げで焼けてしまってるって状況ではないんですがねー

RIMG0201_縮小
RIMG0202_縮小

数株一時的に黒っぽくなったって感じです。
そもそも黒っぽい品種のものもあるんで日に当たったことでそれが一層強くなった感もある。
まあ一日中外に置いといてガンガンに日に当ててるってことではないので、
枯死するほどのことではないと思われます。
しかしまーちょっと見ないうちにいろんな変化を起こすもんですね。
こりゃヤバいっていう状態だけはならないように注意しとかないとね。
後は定期的な水やりで気を付けていきまっす。
もう少しすりゃ開花も始まるし交配楽しみではあります。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村