FC2ブログ
2019-08-16(Fri)

台風なのでラスト榾木移動作業

台風が再接近中の当地です。
予想通り10時くらいから雨が降り出しまして畑での仕事はできません。
といってもこの間の豪雨のような土砂降りではなく時間雨量で数ミリがしとしとみたいな感じなので、
正直こういった降雨はありがたいというレベルです。
それよりも風のほうが心配で、

P1040238_縮小

昨日の夕方からやっておいたメロントンネルは無残にもはがされてしまいました。
こういった強風では適当トンネルでは全く耐えられないので雨が降ってやり直すこともできず・・・・
まあこのくらいの雨ですから辛抱してもらうほかねーなーと後は放置です(汗
強風といっても人が飛ばされるような風でもないし雨もさほどでもない、
やはり当地の台風ってのは被害がでかくならないのがありますね。
他の被害の大きい地方からすればなんとも言えませんが・・・・・


さてそういうことで本日は南瓜収穫でおろそかになってました椎茸の榾木移動をすべて完了させました。
台風で今日は全く畑に出られないからこっち頑張ろうと予定してたので、
南瓜も収穫できたしかなり予定通りに動けてますね。

P1040237_縮小

この間までまだ500本くらい残ってましたけど、今日ですべての榾木が発生舎から消えました。
今はもう椎茸を発生させる榾木がありません。
開店休業ですね。

P1040239_縮小

こちらが本日榾木を移動した際に出たラスト椎茸。
これで今ある椎茸がラスト。
大事な大事な椎茸だ(笑

P1040240_縮小

発生舎内に榾木がなくなったので休養舎はフル充填状態だ。
ぎっちり詰まって現在15000本くらいかな。
最高で20000くらい入ってたこともあったはずなのでまだ余裕といえば余裕。
ただ、いまはハウス丈夫が40℃にもなる時期のため榾木の積みをあまり高くしないようにしてるので、
後はいっても数百本とか言うところでしょうかね。
それぐらいなので新ホダを入れるのはまだ無理だ。

これで次の浸水発生まで椎茸に関する仕事ってのがほぼなくなってしまった。
収穫もないし榾木移動もないからねー
後は朝に畑からオクラ採ったり畑で草むしったり南瓜の調整したりで時間つぶしだね。
少しばかり余裕が出たのでこの間に体力も回復しておかないとー
昨日熱帯夜以上の室温30℃でかなりきつい睡眠になったのでとにかくぐっすり寝たい・・・・



スポンサーサイト
2019-08-14(Wed)

椎茸お盆休み。

お盆にはいると市場がお休みになるので例年椎茸の発生調整をするんですが、
今年はそれ以前に高温のために使える榾木がなくなってしまったため、
意図せずに椎茸お盆休みが始まっています。

P1040218_縮小

今日をもってほぼ収穫作業もおしまいです。
ここに残っているくらいしか椎茸はありません。
明日以降は椎茸の収穫作業はなくなりました。

P1040219_縮小

榾木を移動するのもあと1回くらいで終了。
この残っている分を移動すると完全に発生舎の榾木がゼロに。
次の浸水開始が盆明け以降の予定になっているので確実にすっからかんになりますね。

P1040147_縮小

次の発生予定はこの新ホダです。
今現在暑い日々が続く中で散水してホダ化を促進しています。
あまりにも暑いので菌の活動が鈍ってるはずなので使い始めの見極めが難しいですね。
試し浸水しながらでしょうけど、今年植菌した榾木ももうすぐ使用スタートです。

夏場の気温がかなり以前からすれば上昇しているので、
シイタケの夏場の発生がかなり大変になってきている昨今ですが、
それでも何とかすべくいろいろと手を尽くしてみてはいる現状です。
特に今年の様に日照り続きの猛暑だとかなり厳しいですが、そこをあえて捨てるのも考えてみないとだめかもしれんですね。
とにかくこの暑さを乗り切るための計画的発生中止に入ってまする。


2019-08-05(Mon)

暑い中の椎茸

このあきたで連日の猛暑日となると非常にきつい。
それは人に限らず野菜もそうだし、なんといっても椎茸には酷な状況だ。

P1040131_縮小

ハウス内は暑くなるためなるべく棚に置く榾木も高い場所には置かないようにしてます。
しかしながら猛暑日のような状況になるとこれでもまったく意味がない。
何しろ普通にしてても35度以上になるわけだからね。

P1040132_縮小

本日のハウス内40度を超えました。
この温度域になると椎茸菌は休止どころか死滅の危機になってくるわけで。
本当に恐ろしい気温ということですよ。

P1040133_縮小

こちらの発生舎はもう使用不可状態。
2重ハウスってのは透明なビニールでなくても非常に熱がこもりやすく、
自分の顔のあたりの温度はやばい温度域に達します。
ここで仕事をするってことはすなわち・・・・という感じ。
馬鹿暑いのに重労働、夏場は下手こくとあっという間に持ってかれますね(大汗

P1040134_縮小

それでも夏菌は何とか発生継続中ではあります。
この品種はずいぶんと頑張ってくれる品種で、この温度域でもある程度の収量が確保できているので助かってます。

P1040136_縮小
P1040137_縮小

でもやっぱりこう暑いと椎茸にも高温障害のようなものが出て、
形状がおかしな感じになってしまいますね。
これでも出荷できるサイズでいるのでいいといえばいいんですが、
肉が薄く幕切れが早いので夏の椎茸に質は求められないなーという感じだ。
もちろん空調効かせて温度調整すればできますが原木でそこまでやって意味あるかといえばですからねー
このような夏場の原木椎茸は厳しいというもんです。

現状のこの品種が終わった段階で次の新ホダ開始まで発生は休止になりそう。
まあ使える榾木もないしこの暑さで無理するのも意味がないからね。
そうなると盆過ぎの発生開始は8月下旬過ぎになる感じだと思います。
その間に畑のあれこれをできるだけ頑張って補填できるようにしたいですね。


2019-07-12(Fri)

今の椎茸の状態は。

どもー
1週間ぶりくらいの雨、梅雨空が返ってきたなーと言うところ。
ただ、昨日までカラカラ状態だったのでキノコの現状もカラカラだった。

P1030948_縮小

案の定びりびりーっと肉割れ。
乾燥してる上に強風だったからねーこれは致し方ない。

P1030949_縮小
P1030950_縮小

品種だったり小屋のほうに入れば肉割れもなかったりするもんだけどね。
小屋とハウスだと湿度保持力が全然違いますね。
逆に梅雨空が続くと腐りやすくなるから問題なんで、どっちも善し悪しがあるってことです。

P1030977_縮小
P1030978_縮小

そして今ちょうど古ホダとの境界に入るところ。
今の感じだと古ホダでもキノコの量はありそうな感じですが、
果たして大きさ・肉付きやいかにという感じです。

P1030979_縮小

今のところの芽を見るとまだ大丈夫そうですがね。
かなり絞り切ってるかってるのでもうそろそろ限界が来そうな感じの榾木だ。
うちじゃこのF206が稼ぎ頭になってるかねぇ。
なんやかんやで夏菌が一番使用回数稼げるってのもどうよ(汗
来月には新ホダも使いだすだろうし、古ホダは今シーズン頑張ったほうじゃないかねぇ。

P1030951_縮小

一応その新ホダも本伏せに入ってまして、外の人工ホダ場にて使用を待っている状態。
ついこの間植菌したものがもう使い始められるってずいぶんと原木椎茸の回転も早くなったもんだ。


P1030960_縮小

7月も半ばに入り、ついに捕虫器にもカブトムシがやってくるようになりました。
そろそろ捕虫器の使用終了時期ですね。

P1030961_縮小
P1030962_縮小

ぼちぼち虫も採れてます。
今年はやけにチョウやガの捕獲量が多いでけどね。
肝心のキノコの害虫はさほど多くなかったのかなー。

P1030959_縮小

ジメジメの基本のナメクジも元気に活動中。
空梅雨塩梅でちょっと心配もあるにはあるけれども、現在の椎茸は例年より順調な感じです。
このまま夏も順調にいきたいところですね。


2019-06-01(Sat)

休養舎一巡

どもー
突然のスコールに襲われた当地、昼前に滝のような雨が降りました。

P1030582_縮小

大気の状態が不安定というのがよくわかる大雨&強風
苗箱がひっくり返されていましたよ・・・・
昨日作った日よけハウスもどきは無事、南瓜の定植したものも無事でしたが、
こういったたたきつける雨は勘弁してほしいもんである。


さて本日は久しぶりに椎茸の話題だ。
なんという過去のブログタイトルは原木椎茸屋のお話になってるのに、
ここ最近は全く椎茸に触れられてない状態(大汗
これではさすがにいかんのでネタ探したら出てきましたよー

DSCF8026_縮小

自分が家の仕事に復帰して2か月が過ぎたわけですが、
4月中は植菌作業のため普通の仕事はできていなかったわけです。
で、普通の仕事開始してようやく自分が手掛けた仕事が一巡したんですよ。
休養舎の中身はすべて自分の手で積み上げられたものに入れ替わったわけで。

DSCF8027_縮小

自分が積んだものはきちっとそろって積みあがります。
こうしないと運搬車で走った際に狭くて走りにくいわけですよ。
きっちり几帳面ともいえますが、こうするかしないかで圧迫感が違うので結構重要だと思ってます。

DSCF8028_縮小

ちなみにこの休養舎内の育苗トンネルはまだ残ってます…
といってももう稼働はしてないのでそろそろお片付け予定ですがね。
こういうところはずぼらだけどー(笑

P1030586_縮小
P1030587_縮小

では発生のほう。
キノコの発生はあまり順調とは言えないもののぼちぼち発生中。
今週に入ってようやく300本浸水から通常の400本浸水に切り替えたので、
これで少しは発生量が回復してくるかとは思います。

P1030590_縮小
P1030591_縮小

現状F103もA560も芽数がそんなに多くなく、大きいものがとれる感じですね。
乾燥が激しいためまだじっくり生育してくれるせいもありますが、

P1030588_縮小
P1030589_縮小

同じ湿度でもF103の乾燥っぷりがひどく、この品種は結構湿度に敏感だなーと思いますね。
夏場の高温多湿では腐りまくったりするし、冬場の低温乾燥で青カビがひどかったり、
休養管理は楽とは言うものの、発生における湿度管理は面倒な感じだ。
意外と椎茸栽培もいろいろとあるもんでござんすよ。


梅雨近くなってこれから湿度が上がってくると思いますが、今現在は乾燥に悩んでるような状況です。
ハウス内に散水したりして湿度を高める工夫などで対処してますけど、
思いのほか高温乾燥がひどいので苦労してます。
400本浸水になったので仕事量はのんびりできない3割増しだし頑張らねーと。
そんなわけで畑もあれこれやりつつ家の仕事もなるべくきっちり、
一応原木椎茸屋の仕事はネタにならないけど頑張ってるよーってことで。



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村