FC2ブログ
2021-05-05(Wed)

2021年度の自然子初収穫

1回目の訪問からしばらく、再び山の様子を見に行った。
流石に結構な雨降ったり暑かったりしたこともあって雪はほとんどなくなってましたよ。

P1080378_縮小

榾木の周りにあった雪はほぼすべてなくなってました。
これで榾木に熱が伝わるのでキノコの発生が進んでくると思います。

P1080383_縮小

といってもあるところはまだ雪がある。
折れた枝とかで日差しがさえぎられてるようなところはこうして残ってます。
つまりはまだ完全に冷え解消ではないってことよ。
これが完全になくなればそれこそロケットスタートで生育開始するかも。

P1080380_縮小

ぼちぼち芽が出てきているものも。
まあこれは多分越冬した芽じゃないかと思いますね。
早速出てきたとしても他のものより早すぎる。

P1080379_縮小

早いといえば去年ついてた芽のものが大きくなって収穫サイズに。
今年度の初収穫でござんす。
去年から遅れること3週間くらいかな、今年はゴールデンウイークすら間に合わなかったわ(汗

P1080384_縮小

初物は大した量ではなかったっす。
本格発生はまだまだ先のこと、ずいぶんと遅れてしまってますなぁ。

P1080381_縮小

雪が溶けたら折れた木のひどさも目立ってきました。
幸い榾木に直接の影響がなかったのが良かった。
通行の邪魔にはなってるけどこれもあとで片付けしないといけないでしょうな。
今年は山に持ってくる椎茸の榾木がないので後々でいいと思うけどねー

P1080382_縮小

自然子が出てくると周りに山菜も出てきますが今年はこちらもまだまだだ。
山菜早いというところもあればこっちみたいに遅れてるところもあるってね。
色々と収穫始まるのもこれから。
もう1週間もすればあれやこれやで収穫で大忙しかもしれんなー


スポンサーサイト



2021-04-30(Fri)

古ホダでわかる低温のロウ

植菌終わって通常作業に入ってしばらく。
新しい榾木も古い榾木も扱っていくわけですが、とある古ホダが目に留まったんですよね。

P1080307_縮小

これですよ。
なんだかいやに封ろうの部分が白くて目立ったわけで。
榾木は古くなると黒っぽくなってくるからだろうけど、これこそ植菌の時の封ろうの温度が低くなったという証拠

P1080308_縮小

隣の通常の封ろうと比べると明らかに白いよね。
このように低温ロウになる要因ってのは、気温差が生じて汗をかいた原木に植菌した場合ですね。
濡れているとどうしても封ろうの温度が低くなってこのようになってしまいがち。
だからこそ乾かす必要があるってわけよ。

P1080310_縮小

部分的に汗かいてるってのがわかるのが、
同じ榾木でも場所によってしっかりとロウが塗れてる場所があるってこと。
暖かくなり加減の頃ってのはこういう事態が起きやすいので注意が必要だ。

P1080309_縮小

それにしてもこの塗り塩梅は雑だな(汗
機械がやったんじゃなくて手直しでべちゃっとやったんだろうね。
ま、低温ロウになるとはがれやすくなるためこんな具合のほうが逆に良かったりするもんだ。
そもそもちゃんと水分がない状態で植菌しないといけないんだけどねー


こういった具合の榾木は古ホダで目立ってくるけど、
低温ロウになってしまった物だったり封ろうがだだ洩れして大部分がロウまみれになってるものだったり、
なかなかどうして作業時のアラが後から分かってしまうもんなのだ。
見られて困るもんじゃないけど、これの時はこんなことがあったんだなーと作業の振り返りになりますわ。
こんなのが見つからないくらいしっかりできてればいいんだけどそうもなかなかいかないもんなのである。


2021-04-19(Mon)

山はまだまだ白かった。

本日山に行ってきた。
去年から1か月以上遅くなってるけど、ようやく山へ行く道の雪が消えたんでね。
果たして山の感じはどうなってるかなーー


P1080224_縮小
 
山に入る前の道はもう雪がなかったけど、入った瞬間から雪が残ってた。
やっぱり木の下になってると雪が消えにくいね。

P1080228_縮小
P1080225_縮小

入るとやっぱり今年の豪雪の影響で木が折れまくり。
山に入らなくても小屋周辺でもかなりの倒木があるのでわかってたけど、
今年の倒木状況はかなりひどいことになってますね。

P1080229_縮小
P1080230_縮小

上見ると怖い。
倒れてなくてもあちこちで重なり合って折れてるからいつ落ちてくるかわからんような状況。
ぶった切るにしてもこれ難しすぎじゃね?
毎年折れてはいるけど今年の状況はやばい。
ぱっと見で10本以上が折れてましたよ。
これ今年の春収穫時気を付けないといけませんね。


P1080232_縮小
P1080231_縮小

榾木のほうは雪から出ては来ていましたが周りにはまだ80センチくらい雪が残ってる。
根開きという現象で木の根元とかから雪が消えてなくなっていくため榾木周りも消えが早いんだけど、
それでもやっぱりまだまだ雪はたくさん残ってましたね。
まだまだ収穫とかは先の話だ。

P1080227_縮小
P1080226_縮小

相変わらず去年の秋に出たキノコが腐って残ってましたがね。
去年の晩秋収穫した榾木から出てるだけで他のは全くなかったので、
秋に出てるところは雪下でキノコが残ってしまうんだろうねぇ。
今の段階で芽が残ってるだけならいいんだけど大きくなっちゃうからどうにもならん。
毎年のロスです。


現状からして雪が消えるのにもう1週間くらいでしょうかね。
春子の収穫開始はもしかすればゴールデンウイークぶち当たりかな?
通常なら産直に人が来て大儲けって感じになりそうだけどねー
現在の状況を考えると普通に乾燥シイタケ化でしょうかね。
やっぱり山はまだまだ春本格到来とはいかなかったっすー


2021-04-17(Sat)

駒打ちも終わり、2021年度植菌終了!

昨日から始まっていた植菌ラスト駒打ち。
今年は原木の数が少ないこともあって本日にて完了となりました。

P1080197_縮小
P1080198_縮小

いつもの。
今年は10000駒しかありません。
10000でしかとか言われてもって感じですが、機械植菌の数が今年は約40万以上でしょうからね。
それからすれば1万なんてのはホントに微々たる数でしかないです。
少ないので今年はすべてナメコになります。
今年分の外の自然子用椎茸駒打ちはゼロです。

P1080202_縮小

ぶっとい原木にトントコ駒打ち。
1時間で30本前後しかできませんけど機械植菌じゃないので3人で作業するんでサクサク終わりました。
これで今年の植菌作業はすべて終了です。
長い戦いにピリオド、今年も終わったどーー


さてさてあとは原木に菌が回るのを待つだけだ。
待つだけといっても活着までの管理、完全に菌を回すための管理などなど管理はあるけどねー
とりあえず本格的な動きまでしばらくある、一大事業お疲れちゃんってとこ。
明日お休みだし何かうまいもん買ってきてぱーりーだな(笑




2021-04-15(Thu)

2021年度の機械植菌が終わったどーー

ようやく。
ようやく。
ようやく終わった。
無駄にグダグダだった植菌が終わりましたよ。

P1080180_縮小

昨日で終われるかーなんて思ってたけど原木が来たのが夕方5時前。
これじゃあどうにもできないっすからねぇ、たかだか100本と言え2時間かかるわけだし。
という事で本日この量を朝から始末してやった。

P1080181_縮小

よっしゃー!終わり。
なんやーかんやーで8300ちょいでした。
13000の予定が無理になって8000、そこから9000の話が出て結局できなくて8500。
そんでもって機械植菌をした分が8300という事だ。

P1080182_縮小

つーわけで残ってる分は200本、これを今度はトントン駒打ちだ。
大体1万駒くらいかねぇ、これも例年の半分程度しかない。
ホント今年は原木に泣かされたわ。


P1080005_縮小

泣かされたというと今年も枯れ木が結構来たなぁ。
ただでさえ少ない原木なのに枯れ木って・・・・
おまけにわかりにくい奴も結構あってね、案の定間違って植菌しちまったわい(大汗

P1080072_縮小

どこに枯れ木があるかわかるかな??
ぱっと見すぐわからない奴はこんな感じになってしまいますよ。


P1080073_縮小

正解はこちら。
左下の色の濃いあたりに枯れがあります。
枯れ木といっても一部分なんだけど、やっぱり枯れ木は枯れ木ですから。
先住民がいればそれだけ害を及ぼす可能性が高くなるのでダメなのよ。

P1080007_縮小
P1080006_縮小

これなんかはっきりわかるレベルで先住民がいました。
白くなってるので椎茸と同じ部類の白色腐朽菌、これがいるのでよろしくない。
切り口みても結構侵食してますからねぇ。
枯れ木に植菌しないのはこのせいだ。
ミスったのは多分1本か2本、ほんのわずかだけど枯れ木本数からすればとんでもないミス(汗
グダグダっぷりはこんなところに持って感じです。


今年は約1か月で作業が完了となりました。
原木が来なくて遅れに遅れ、作業自体では機械トラブルが毎日毎日。
それでも何とか今年分の機械植菌を完了できました。
グダグダで毎日くたくたでしたけど明日から解放だーーー
今年も一大事業が完了したどーー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村