FC2ブログ
2014-09-19(Fri)

アケビ収穫は命懸け!?

去年も収穫したキノコ小屋の裏手にあるアケビ。
去年結構とれたので、当て今年の具合はいかが…
と見回ってみると、おー今年は当たり年じゃないの??
というくらい見える見える。
他のところにはあまりないので、当たり年というわけでもないようだけどね(汗


そのアケビ、
年々つるが樹に絡んでどんどん高くなってしまう。
つまり収穫物もどんどん高くなってしまっているわけで。
去年同様に高枝切りばさみで収穫作業を行うものの、一筋縄ではいかない。

P1030183_縮小

草ぼうぼうで分かりづらいけど、樹の上からとってます。
ここ、断崖絶壁。
上部に見えているのは川です。
落ちたら5,6メートル下に直滑降。
つまり命がけなのさっ

そうまでして採りたいかといえばそうでもないんだけどね・・・(汗
たまたまアケビがこうして大量発生するところがここだというわけでして。
もっと楽に取れるところあればそっちに行ってますよ(笑

P1030185_縮小

苦労して採ってこれ(汗
左のはなにやら粉吹いて病気かな?
こいつは結局味見程度で廃棄しましたけど。
アケビもこうした病気みたいのがあるもんなのね・・・


アケビってのはなかなか大量に実ができないし、
あまりおおきい実にもならないもんで。
何か栽培方法でのコツのようなものがあるのかねぇ。
といってもこのアケビは全くの自生物だから、
栽培もくそもあったもんじゃないんだけどねー
何かこうすると実がよくできるという方法があるのならご教授願いたいですな。



2014-09-11(Thu)

仙人草と金水引

ちょっと本題入る前に・・・
土下座動画で4人逮捕されましたね。
そもそもこの人たちって何考えて動画アップしたんだろうか?
逆切れしてきた店員を土下座させたったーとでも?
40にもなる大人が何してんだか。
おまけにアップ後に叩かれて怖くなって出頭。
なんだかいじめっ子の数の感覚ですかね・・・
少ない奴は数でオラオラー、大人数で来られると何もできましぇん。
一時期バカッター炎上が話題になったけど、
こういうのってどうしたもんかねぇ。
ちょっと考えればわかると思うんだけど・・・・


さてさて、

ちょっと仕事から離れて・・

家の裏に生えてきたウバユリを追っていたんですが、
どうも花が咲く前に虫にやられて咲かなかったので、
帰り道に咲いてた花でもと。

P1030059_縮小
P1030060_縮小

これはなんだと思ったら、仙人草というものらしい。
なんと日本に自生する「クレマチス」の一種に当たるそうで。
こんなのがそこらへんに咲いてたんだねぇ。
まさかクレマチスが近場にあるとは思いもよらず(笑

P1030058_縮小

こっちは金水引というもの。
この花は知らんかったけど、

P1030057_縮小

この花の実に当たるものなら知ってた。
これは衣服にくっつくもので、当地ではのさばりこと呼ばれる。
のさばりこと言うのは秋田弁で言う甘えん坊のこと。
つまりぺたぺたとひっついてくる甘えん坊の様に衣服にくっついてくるということから。
だからこうしてくっついてくるものはたくさんあるけど、
植物名よりものさばりこで統一されてしまう。
ということでこの金水引の正式名も今回調べて初めて知った(苦笑

P1030120_縮小

私の中でのさばりこと言えばこのアメリカセンダングサなんだけどね。
こいつにはお世話になったわー(汗


なんだか周りには意識してないだけどものすごくたくさんの物があるんだよねぇ。
意識しなければ全く気付くこともなく・・・
忙しなく生き過ぎず、たまにはこうして視線をはずしてみるのもいいもんだ(笑


2014-07-07(Mon)

ど根性野菜ズ

いろんな所でいろんなものが生えてきて、ど根性野菜と紹介される。
私の近辺にもそんなど根性の野菜たちがいたので紹介。


P1020486_縮小
P1020487_縮小

一番最初にあらわれたのは荒野にポツンとフダンソウ。
これは去年植えたものが越冬して生えてきているんだけど、
それならばど根性でも何でもないはず・・
実はトラクターで耕運してこま切れになったはずなのに再生した株なんだ。
このまわりには数株あったけど、こいつだけなぜか生きてました。
超幸運な株か。
もう少ししたら収穫できるだろうねー

P1020590_縮小

お次いんげん。
どうやらこぼれ種が越冬して勝手に生えたらしい。
こぼれ種といってもこんなところにこぼした覚えはない(汗
さてどこから生まれたんだこいつは。

P1020591_縮小

もう花が咲きそう。
畑じゃなくても豆取れたら面白いな。
ど根性インゲン豆の完成だ(笑


P1020603_縮小

最後はホントにど根性のニラ。
ここになぜにらが・・・

P1020604_縮小

コンクリートの隙間から発生中。
しかも結構大株になってきた。
どこから種がやってきたのかは不明、見事に隙間で成長中。
1回抜かれたのに復活したしー

いやーど根性野菜の生命力というのはすごいもんだ。
この生命力をなぜ畑で発揮できないのかがわからん(笑


2014-06-13(Fri)

ノビルの花咲く

ノビル、秋田ではひろっこのほうが通用するけど、
道端にあったでかいノビルに花がついていたので。

P1020396_縮小
P1020397_縮小

ノビルの花はピンクなんだねぇ。
チャイブと同じか。
本体がでかいだけあって花もかなりでかい。
この球根はぜひとも掘ってみたいので、見つけて残しておいたものだ。


P1020398_縮小

こちら本体。
草刈るときに注意して残しておいた。
3・40センチはあるものすごくでかい株。
さぞかしでかい球根があるはずだ。
期待に胸膨らむでー(笑
このとき花は取り除いておいた。
種できちゃうと球根に影響するだろうしね。


秋田では雪が解け始めたあたりに出てくるまだ白いもの、
軟白状態の物を掘ってひろっことして食べるのが一般。
だからこの様に大きくなった球根を食べることはほぼない。
初めて試食するノビルの球根、どんなもんだろうか。
収穫までもう少し。


2014-06-05(Thu)

田植え パート2

今日は残りの4枚の田植え。
この4枚は自分たちで種まきした苗をつかって植える。
芽がうまく出なかったりしたものがあったので、
その分はこの間頼んで植えたわけだね。
苗作り最近はなかなかうまくいかないわ・・・


P1020353_縮小

植える前の田んぼー
Beforeってやつで。
去年田植え完全にやってもらったので、自分たちの田植えは2年ぶり。
1年ブランクあったせいか、機械が調子悪い・・・
エンジンがどうも安定しなくて、
苗補充で止めるとエンジン停止、転回しようとするとエンジン停止、
オヤジさん何度エンジンかけ直したか(汗

P1020356_縮小

うちのはポット苗っていう箱苗ではないもの。
だから種まきも育苗も大変。
植え直しの時はすぐにとれるから楽だけど。
箱苗に比べれば手間かかるわな。
ただ農協苗に比べれば太くていいのができるけど。
農協のは失敗できない手前、たくさんまいて徒長気味の細いものになりがちならしい。
確かにこの間手直しした時のモノよりはいい苗だと思う。

さて、機械と格闘しながら丸1日かかってどうにか植えましたよ。


P1020357_縮小

After
ありったけ苦労したため、手直しがまだ終わってないけど(汗
まあこれで大事業のうちの1つが終了したわ。
後は畑か・・・
1つずつつぶしていこう。





午後からは曇ってたいした楽だったけど、
さすがに日照り、すっかり焼けてしまった。

P1020359_縮小

引きこもり美白(笑)の私は焼けた場所との色の違いがすごい。
手は手袋、二の腕はシャツで隠れてたのでこんな感じで焼けた。
まあ今年も畑で作業してれば腕は真っ黒になるんだけどねー
焼き過ぎはいかんです。ひりひりします(汗
日焼け止めはしっかりーー




更におまけネタ。



田んぼの中に奇妙なものがあった。

P1020354_縮小

白い塊。
感触はふわふわとはんぺんの様な感じ。
でも押すと発泡スチロールのような・・・変なの。

P1020355_縮小

裏には卵のようなもの。
どうやらこれはモリアオガエルの卵塊の様だ。
モリアオガエルというと場所によっては絶滅危惧に指定されているカエルで、
・奈良県 絶滅寸前
・千葉県・兵庫県 絶滅危惧Ⅱ類
・山形・新潟・栃木・長野など 準絶滅危惧種
なんてくらい、全国各地で絶滅危惧種に指定されてるらしい。
といっても全体数は安定しているらしくて、全体でみれば軽度懸念レベルらしい。

このカエルの卵がこの田んぼに3つもあった。
本来は木の上とかにあるはずなんだけど、どこからやってきたんだろう?
田んぼの岸に乗っかってたしねぇ。
この場所お気に入りなのか(笑

うちの葦原になってる田んぼには大量に卵があるらしい。
ここにはモリアオガエルがたくさんいるってことだな。
やっぱり超絶田舎の大自然ってことだ(爆



椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村