FC2ブログ
2020-04-02(Thu)

柑橘は意外といつも通り。

秋田でも続々感染者が出てきています。
3,4例目が出たと思ったらもう8例目、まだ2次的な拡散は見られてませんが時間の問題かもね。
今までの感染を見ると、

① ダイヤモンドプリンセス乗船者 60代
② 北海道から来た子供  10代未満   
③ ALT  20代
④ ALT  30代  
⑤ 自衛隊員 20代
⑥ 北海道から帰省した男性 20代
⑦ 自衛隊員 20代
⑧ 医師 20代

並べてみると意外と若い人の感染が多いってこと、そして全員が外部から持ってきてるってこと。 
人が移動するってことはこういうリスクを持ってるってことだ。
首都圏から他県へ避難するのはどうよってのがあって、
それを批判すると差別がどうこうとか言ってましたけどね、正直それ世界で考えてみてくださいよって話。
日本安全だからイタリアやスペイン、アメリカから避難していいかって人が来たらどうよ。
それを防止するために入国禁止にしてるんじゃないのか?
見えない厄介なものと戦っている以上、むやみな人の移動でリスクを増やすのは得策ではないわけよ。
そういうのを理解しない人がまだまだいるんだなーと呆れます。
もうちょっとしっかり考えたいところですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて本日柑橘の話題。
柑橘は例年通りにハウス内越冬をしましたが、
異常気象にて外はすでに雪がない状態にもかかわらず、柑橘の寝起きはほとんどいつも通りみたいですね。

P1050586_縮小

相も変わらず越冬中。
今年は落葉がそこまでひどくはならなかったかな?

P1050587_縮小

と言いつつ丸坊主もいるけどねー
これもいつも通りといえばいつも通りだ。

P1050588_縮小

で、これもいつも通り、今になって芽が動き出しましたね。
雪解けが早いから動き出しも早いかといえばそうでもない。
柑橘は常に同じルーティーンで動いてくれるのかもしれんです。
そうだとすると計画は立てやすいかもしれんですね。

P1050589_縮小

今年ただ一つ違うのはダイダイが無加温越冬したってこと。
これが今年どうなるかどうか、変化があれば加温ハウスと無加温での差が出るってことなので、
同じ動きを目指すなら加温越冬は必須ですがねー
ま、ダイダイはまだ動きがないので何かあれば記事にしますー
動き出しが早くなってるのもあればこうしていつも通りのもあるってお話でした。



スポンサーサイト



2020-02-07(Fri)

2月のフィンガーライム

今日の朝も除雪除雪ー
昨日よりは降ってなかったので楽でしたよ。
楽って言っても30㎝弱の降雪なんですけどー(笑
久しぶりの除雪で除雪筋肉痛発症中でっす(汗


P1050354_縮小

さて、急な大雪、ハウスの中が暗くなってきました。
まだいつものような暗さではないものの、越冬中の鉢植えにも影響が出てくるかなーという感じ。

P1050333_縮小

最も影響が出そうなのが柑橘なんですが、
2月に入りここから影響が強く出られると嬉しくないなー

P1050334_縮小

すでに落葉しているカボスなんかはもうどうでもいいとして(汗)、
まだ葉っぱのあるものからパラパラと・・・となるとねー
怪しげなプチまるやらジャバラが心配だ。

P1050335_縮小

その中で一番心配していた新規参入者フィンガーライム。
ところがどっこい耐寒性がこの中では一番低いはずなんだけど落葉がほぼなく今のところ順調。

P1050336_縮小

先端からしっかり。
管理がうまいことできてたから今もまだ大丈夫なのかな?
管理の良し悪しなんて全然よくわからんけどーーーーー(大汗

P1050337_縮小

一部黄色い葉っぱが見られる不穏な空気も無きにしも非ず。
これが暗くなったことで加速しないといいんだけどね。
あと2か月くらいもってくれれば・・・・
もし落葉しても植えた当初すぐ落葉してから復活したから何とかなるとは思うけどね。
葉っぱが小さい分リカバリーは他より楽なのかもしれないっす。
とはいえ何事もなく冬を乗り切ってほしいもんです。
頑張れフィンガーライム


2020-01-27(Mon)

今年はこのまま無加温越冬できそうな気配。

今場所の大相撲はなかなか面白かったですね。
全く注目されてなかった幕尻での優勝。
こういうのってやっぱり何かあるんでしょうねー
問題は来場所。逆の成績にならないように頑張ってもらいたいですね。
そんでもって上位陣はほぼ総崩れ、大関陥落の豪栄道は引退へ。
同学年としては少し寂しいですねぇ・・・・
よく見ると徳勝龍も同学年、見事なまでの光と影になってしまいましたね。
残った同学年力士はこれからも頑張ってほしいものです。

・・・それよかやっぱりコービーブライアントの死亡ニュースがショック過ぎた。
にわかだけど知ってるくらいの大スター、ホント早すぎでしょ・・・・・
人生何が起きるかわからないとは言うけれど、こればっかりは残酷だわ。



ま、自分も何が起きるかわからない、1日1日を大事に今日も更新を開始しますよ。
本日もいい天気、雪が降りませんねぇ。

P1050306_縮小

雪が少なすぎて笑ってしまうくらい雪がないっす。
これでも雪が少ないのかーと思うかもしれないけど、例年比たぶん10分の1以下。
通常はもう2mあっておかしくないですからねぇー
雪下ろしがー除雪がー言ってヒーヒーしてるはずなんだけど今年は全くそういうことがない。
そんな状況なもんで、無加温で越冬している柑橘の台木のカラタチがこのまま越冬できそうな雰囲気。

P1050290_縮小

去年買って根付かせてポット越冬。
置き場所の関係でハウスにも入れずそのまま無加温のところで越冬しているんですが、
現状温度は低くなりすぎることもなく影響なく越冬中。

P1050291_縮小

枝枯れで黒くなってるところもなく緑で丈夫そうだ。
カラタチ自体寒さに強いのかもしれないけど、それでも無加温で柑橘が越冬できるとはねー

P1050292_縮小

流石に葉っぱはほぼ落ちてますけどね。
数本だけ葉っぱが残ってるものあり。
これ見る限り強いってわかりますなぁ。

P1050293_縮小

もちろんそもそも状態が悪いようなやつは枯れてきているものもありますよ。
でもあって2,3本、普通にやってれば枯れるものは出なさそうですね。

P1050295_縮小

細ーい楊枝だってなんとかなってるし。
この感じだと台木作るのだけは問題なくできそうな気がします。
もちろんカラタチ台木作ったところでそんなに大量に必要じゃないからどうすんのって感じではあるけどね。
接ぎ木して売っぱらうのが一番の得策か?
そのためにもまずこのままのペースで枯らすことなく越冬だー
これから先異常な寒さが訪れることの無いように・・・・・


2019-12-22(Sun)

今年もカボスが丸坊主。

今年もあと10日もなくなってしまった。
ホント12月になるとあっという間、気が付けば年越しだわな(汗
昨日から部屋の掃除に取り掛かってまして少しずつですがきれいにしていってます。
正直部屋に物がありすぎるのですっきりすのはかなり時間がかかるでしょうねぇ・・・・
とにかく本棚整理に忙しい。


P1050098_縮小

本日は柑橘ネタ。
先日スダチを収穫したばかりの柑橘、ここにきて例年通りの変化が。

P1050101_縮小

ガガーン
毎度おなじみの光景、カボスが丸坊主に。
カボスは丸坊主になるのがデフォなのか?
なんだか葉っぱをもって越冬した記憶がない・・・・
毎度恒例だからどうせ来年また出るでしょって感じで心配はないんだけどねーー

P1050100_縮小
P1050099_縮小

あれだけの実をつけていたスダチはまだ全然余裕だというのになんだろうか。
寒さに弱いフィンガーライムだってまだまだ葉があるぞー
プチまるはちょっと心配だけど・・・・
なんやかんや言って調子の悪いレモンを除けば早速落葉するのはカボスだけ、
カボスって剥げ散らかす果樹なのかねぇ(汗

P1050102_縮小
P1050104_縮小

丸坊主といえばこっちの台木カラタチもほぼ丸坊主ですけど、
これはまあ棒きれだからね、無加温だし生きてるだけで丸儲けだよ。
カボスとはレベルが違うわ。

現状暖冬傾向でまだハウスが明るいというのもあると思うけど、
恒例のカボス丸坊主以外はまだまだ順調に越冬中という具合。
カボスの落葉しやすさにはあきれるけど、来年は無事実をつけてほしいね。
葉がなくなった分とにかく枯れないように管理しなくちゃ。


2019-12-14(Sat)

今年も完熟スダチを収穫

今日は雨で大荒れ。
まあ沿岸ほどに大雨にはならなかったので大荒れとも言いづらいかな(汗
むしろこの間の暴風のほうがひどかった印象です。
この時期は突然低気圧が発達するのでハウスにとってはひやひやもんですね。
明日はまた久しぶりの雪、どの程度降るかなー


P1050021_縮小

さてそのハウスの中で越冬中の柑橘、今年はまだだいぶ緑が残っております。
その中で実をつけているのがスダチ

P1050022_縮小

今年も無事実をつけましたが、相変わらず完熟させてしまったー
さっさと収穫しろって話だけどね(汗

P1050023_縮小

こう見るとまるでミカンだ。
それぐらい今年のスダチは豊作でいて大きい。
ここまで大きいのは初めて、いざ収穫です。

P1050053_縮小
P1050054_縮小

50㎜前後がゴロゴロ。
サイズ規格で言えば4Lクラスってところでしょうかね。
ただ4Lで43㎜以上なのでかなり大きなスダチってことですね。
摘果した量が少なかった割に大きくなったのは驚きですよ。

P1050051_縮小

収量は600g以上でした。
この鉢植えの大きさでもこれだけの量を採れたので十分です。
大きいし量も採れた、今年のスダチは上々の出来でしたねー

毎年スダチだけは順調に収穫できているんですよね。
そのほかの柑橘はかなり厳しい状況が続いていることを考えると、スダチは比較的楽な柑橘かも。
この勢いそのままに来年も収穫したいですねぇ。


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村