FC2ブログ
2020-11-05(Thu)

モミジイチゴを育てるぞー

今日は晴れ間も出たけど相変わらず天候が二転三転。
グズグズするのはもはやこの時期当たり前、もう冬の天候だねぇ。
明日までは曇り、週末は雨っぽいのでまたもや週末はお休みだな。
来週は天気よさそうなので畑の仕事はそこにかけることにしよう。


さて畑は大詰めを迎えていますが、その陰に隠れて苗ものいじりを少ししています。
山菜苗なんかが一番多いんですが、今回は小果樹の苗ですよー

P1070246_縮小

こちらですよ。
この間山菜の素掘り苗とともにやってきていたモミジイチゴです。
ダンボール撮影したときにちらっと写ってたかもしれない。
結構たってるんですがまだやってなかったんでポットから鉢植えに昇格。

P1070249_縮小

はい、5号鉢へ植え付け。
長い棒きれですがちゃんと生きとりますよ。

P1070247_縮小
P1070248_縮小

葉っぱはないけど来年度の芽はしっかり沢山あります。
今年はこのまま越冬して来年中にでかい鉢に植えかえします。
予定では地植えにするのでちゃんと場所作っとかないとねー
今あるラズベリータイベリーも来年地植え予定なので、畑の一角キイチゴでもじゃつきそうだわ。

P1070252_縮小

水気は雨に当てときゃいいやと思ってたら昨日の雪にちょうど当たってしまい(汗
ま、耐寒性は全く問題ないので気にはしてませんけどー
でかくておいしいキイチゴなので来年は期待したいですね。
ラズベリー類は全然収穫できていないのでまとまった量採れるようになりたいもんだ。
地植えに活路を見出したいね。


スポンサーサイト



2018-03-20(Tue)

芽吹き

今日も接ぎ木、第1陣の接ぎ木が終了しました。
明後日から第2陣接ぎが開始、おまけにその次の次のは種もあるし、てんやわんや。
今日は昨日に引き続きハウスの中で1日過ごしてたんですが・・・・・
すでに日に焼けてしまいましたーー(笑
ハウスの中は30度近い高温、ビニールのせいかどうも光線が強くなる模様。
色白美白に戻ってきてたのにまた日焼けが始まっちまったー
ま、そんなのどうでもいいか(笑


今年の育苗もガンガン進んできていますが、私の鉢物にもついに動きが出始めましたよ。
やっぱり気温が10度以上になってくると自然に目覚めが始まってきますね。

DSCF0693_縮小
DSCF0694_縮小

一番早いのがこのラズベリーのプチルビー
これは毎年のことなんですが、今年もしっかり芽吹いてきています。
ここ数年毎度水切れ症状を起こしての春を迎えているため、
今年はしっかり水管理をして収穫までこぎつけたいところ。

DSCF0695_縮小

それにしてもなかなかがくがくと曲がって伸びるもんなんだねぇ。
まじまじ見ると面白いもんだ。

DSCF0696_縮小

同じ場所で冬越ししたブルーベリーも徐々に芽吹きが始まってきているようです。
今年は部屋での冬越しがないので、去年よりは動き出しは遅いと思いますが、
それでもまだこの雪の中しっかり起きたので良かった。

DSCF0717_縮小

小屋にあるタイベリーも芽吹きだしてます。
ラズベリー系統は目覚めが早そうですね。
どんどん育ってもらいたいですよ。


今年は恐ろしく冷え込んだ日が数日あり、心配な面もあったんですけども
意外としれっと芽吹いてきているのでかなり耐寒性があるもんだなーと思いますね。
まあ直でくらってるわけじゃないからだろうけどねー(汗
蔵出しは4月入ってからだろうから、それまではもう少しだけ待ってもらいましょ。


2017-04-06(Thu)

ラズベリー3種の芽ぶきの違い

今日の当地は21度にもなったらしい。
急激に暑くなってきましたね。
毎日毎日どんどん雪が溶けていってるのがよくわかります。
今年の畑露出日はいつになるかな―

さてそんな暑くなる日も出てきた今日この頃、
先日芽吹きが始まったラズベリーの進行具合を比較してみます。

P1100423_縮小
P1100424_縮小

まず1番生育がいいのはこれですね。
どんどん葉が展開中、根元の方から枝先の方まで葉が出てきています。
かなりいい具合ですね。

P1100425_縮小

もう一つは・・・動き出したなーと思ったもののまだなぜかつぼみのまま。
先端の緑から察するに死んではいない模様ですが、
なんだろこの動きの遅さは??

P1100429_縮小

ラストはプチルビー、
越冬中から全く水やらんでかなりみずぼらしい状態になってしまっていますが・・・
どうにか新芽が出てきて生育が望めそうです。
毎年毎年プチルビーを枯らしてしまっているので、
水管理くらいはしっかりしてやらんといけませんね。
研修先でも【苗を枯らすのは簡単です。ちゃんと育てるのは大変だけど】
って言われましたからね。
気をつけないと・・・

現状は三者三様、生育がいいものも悪いものもあります。
生育がいい奴は今年は沢山採れるかな?
・・・それにしてもしっかり品種名書いておけよって話だわね(大汗


2017-03-23(Thu)

ラズベリーの新芽出る

P1100369_縮小

本日当地・・雪。
まだまだ冬から抜け出せませんねぇ。
ま、もっさりどっさり積もるような雪ではなく、舞ったというところなので、
雪寄せしないといけない―ということは全くないんですがね。
ただし、季節が逆行してしまうので、寒いですねぇ。


さて、
そんなまだまだ厳しい中でもたくましく新芽を出しているものがありましたよ。

P1100350_縮小

ラズベリーです。
今年は完全に外で越冬。去年は雪囲いの中で下が今年は外。
軒下だったので雪はそこまでくらいませんでしたが、寒さはもろ。
それでもしっかり越冬し、この寒い中でも新芽が出ていました。

P1100351_縮小

続々と枝の先では小さな芽が動き出しています。
ラズベリー強いね。

P1100352_縮小

こっちの品種はまだもう少しかかるかな?
ぶっちゃけどっちがインディアンサマーかサマーフェスティバルか分からん(大汗
過去の写真を振り返れば分かるかもしれないけど、見分けがつかないね。
・・・まあどっちでもいいんだけど(笑

P1100353_縮小

その他同じところで越冬してたジューンベリーも少しばかり動き出しているかなー
季節は行ったり来たりしてるけど、スイッチはオ――ン
ここ最近ラズベリーはまともに収穫してないから、
今年はうまいこと実をつけたいですねぇ。


2015-06-19(Fri)

インディアンサマーの色づきとカシス実生の発見

一足お先に果実の終わったプチルビーからようやく次の品種へ。
ラズベリー・インディアンサマーが色づきだしました。

P1050183_縮小

冬越し時点では今の時期に実ができるような状態ではないと思っていたんですが、
伸びて花が咲き、実ができてました。
しかも花咲いて勝手に自家受粉、ここら辺この品種はいいですねぇ。
ちゃんと受粉して実のかたちも悪くないし。
その点プチルビーは受粉がしっかりできないものが多くて・・・
同時期に花が咲いてくれればいいんだろうけど、プチルビー速過ぎだわ(汗


P1050184_縮小

株元からはシュートやらサッカーやらが伸び出してきているので、
状態としてはまずまずだと思いますね。
ここ数年世話がよろしくなかったのでだまだまな状態だったんですが、
今年はしっかり成長させることができそうです。


・・・しかしよく見てみると、

P1050185_縮小

何やら違うのがあるんですよ。
似てると言えば似てるんですが、触ってみるとあの臭い。
そう、ねこのおしっこのような臭いね(苦笑
つまりカシスだ。

いつこの鉢に実が落ちたのかは分からないんですが、
たぶん去年のものが今発芽して育ちだしたんでしょう。
カシスは一度種蒔いたことはありますが、発芽ゼロ…
しかしながら今回偶然にも実生苗が転がっていました(笑
昨日の記事にもしましたが、カシスの1本がダメージを受けたのでちょうどいいか。
引っこ抜いて育ててみようかね。


いろいろと育てていますが、収穫しなかったものからの実生はあまり見受けられません。
なので今回のこの実症は結構珍しい。
親を凌駕するようなすごいカシスができたりしたら面白いんだけど―


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村