FC2ブログ
2019-11-01(Fri)

爆裂ナメコ2019

最近はキノコ仕事が忙しくてネタがつき加減。
その要因になってるのがナメコなんですがね、今年もついに爆裂発生が始まってしまった模様です。

P1040777_縮小
P1040776_縮小

今年は異常気象で出るかどうか微妙だなんて言われたんだけど、
ふたを開けてみれば時期は遅くなったわりに発生量は通常通りという感じ。
今までは収穫に1時間強かかればどうにかなっていましたが、
11月に入った途端それどころではなくなってしまい大忙しだ。

P1040775_縮小

今メインは山のほうの榾木なのでこちらではないんですが・・・
こっちも新ホダ(確か去年)なのでぼちぼち発生は始まってきていますが、
なんというか上の写真の古ホダがボロボロなのに大量発生しており、ナメコの強さはすさまじいなと。

P1040774_縮小

実際この榾木はナメコのほかに3種類も菌が入ってしまってますが、
それでも負けずにナメコは発生してくるわけですよ。
普通の弱い菌であればあっという間に占領されてしまって意味のない木になってしまうんですが・・・・

P1040778_縮小

今日がまず最初の山、この感じで7つぐらいあったと思います。
やっぱり外のナメコってのはナメコにあらずという感じのでかさですごいですな。
10キロ20キロ超えてくると非常にきつい作業になります…
このペースがいつまで続くかは何とも言えないけども、しばらくはナメコのせいで他の仕事は難しいねー
なめこ爆裂中!!

スポンサーサイト



2019-10-30(Wed)

珍しい同居

原木栽培をやってるとメインの菌のほかにいろんな菌が木につきます。
例えばクロコブだったりトリコデルマだったり害になるものが結構たくさん。
でも本当に時々食用になるような菌がついてキノコが発生することがあります。

P1040646_縮小

今回はこちらのスギタケ
なんだか前にも記事にしたことがあるような気がするけど、大きくなったのは初じゃないかな?
スギタケ自体は毒成分が見つかって今は食不適扱いになってるようですが、
その前までは美味しくないけど食用という扱いだったはず。

P1040645_縮小
P1040647_縮小

このように片方では椎茸、片方ではスギタケなんていう同居榾木がありましたー
同居キノコとしてはスギタケは珍しいほうなのでちょっと得しました(笑
多いのはハナビラニカワタケとかクロハナビラニカワタケ、ゴムタケですかねー
白きくらげも時々出ますがそれはまれかな。
なめこだとバカみたいにニガクリタケが出るけど椎茸でニガクリタケは出ないな…
置き場所だろうけど、目に見えない菌同士榾木という陣取り合戦をしてこうして発生している模様です。
なんならもっと高級キノコが同居してくれればいいんだけどなー(笑


2019-10-20(Sun)

ようやくナメコ解禁

今日は晴れたので畑に出たかったんですが、
昨日の雨がだいぶ残っていたので作業は午後の少しの時間だけに。
明日からは天気がいい日が続きそうな感じがあるので何とか来週には芋掘りたいねー
あ、芋っていうといろいろあるからサツマイモね。
姫神芋にヤーコン、芋が待ち受けてるぜっ


P1040597_縮小

さて、
今年は猛暑が続き外のキノコがどうなるかと心配があったんですが、 
物によっては豊作だというものがあったり、意外と影響は少ない感じのようではあります。
少ないですが今年も無事原木マイタケは発生。
ただ、やはり栽培の露地ナメコの榾木は影響が大きかったようで、
今になってようやくなめこが解禁となりました。

P1040716_縮小
P1040717_縮小

いつもなら9月中にははしりが始まるんですが、何度見にいっても芽が出てこないなかようやく。
見に行っても出てないという事があるので見に行く間隔があいてしまって少し開きすぎのものがありましたね。
それでもようやく始まった原木ナメコ、待ちに待った収穫開始だーー

P1040718_縮小

とはいえ今年の収穫メインは山の榾木。
今発生したのは人工ホダ場のもので、こちらは榾木がかなり傷んでおりニガクリタケ祭のほうが盛り上がってる(汗
そんな状態なので気象云々だけでなく榾木のことでも今年はナメコの収量は期待できないかもしれんね。
ま、これから先どうなっていくかはまだ何とも言えないので、
少しでもナメコが多く発生してくれることを祈って・・・・



2019-06-29(Sat)

白くてでかいキノコ。

これは少し前のこと。
ばあさんが久しぶりに小屋に来た時に、影のほうから見つけてきたバカでかいキノコがあった。
これって椎茸だが?
とはいうものの明らかに違う風貌…(笑
こいつの正体はなんぞ。

DSCF8029_縮小

白くてでかくて軸が太い立派なキノコだ。
乾き気味なのでかなりささくれ立っており普通の状況でないので判別が難しい。

DSCF8032_縮小

とにかくごつい。
恐竜のうろこかってくらいごつごつした形状。

DSCF8031_縮小

ひだは白から暗褐色。
白から変化していってるんだと思います。

DSCF8030_縮小
DSCF8033_縮小

根っこというか菌糸が石突き部分にしっかり生えており、引き屑を捨ててだいぶたった場所に生えていました。
木に生えるというものではなく土壌有機物に発生したキノコですね。
じゃあいったいこいつは何だ??


大きさとか白という点で調べるとオオシロカラカサタケってのが出てきますが、
これは古くなるとひだがオリーブのような緑色っぽくなってくるらしくかなり特徴的なキノコ。
このきのこは古くなってきて暗褐色、紫褐色な色合いなのでどうか。
軸が太い系で見るとハラタケのような気もしなくもないが・・・・
実際これを見る前にジャンボマッシュルームの話題を見ていて似ているような気がしたもんで。
(マッシュルームの野生種のようなのがハラタケ)
完全なる同定はできず不明なキノコですけど、こんなでかいキノコがそこらへんに生えてるもんだなーと思ったもんだ。
キノコも図鑑と同じとは限らないから判別が難しいのぉ。
だからこそわからないものは食べないが重要ですぜー

2019-04-22(Mon)

2019年度のナメコ植菌完了

どもー
昨日か駒打ち植菌のほうが始まりまして、本日ナメコの植菌が終了しました。

P1030234_縮小

今年のナメコの植菌数は7000駒
さほど多くはない量だと思います。
1本当たり40以上駒を使っているので200本もありませんからね。
ちなみにこの考え方で機械植菌のコマ数を考えると、
約13000×平均値48程度≒624000
こんな感じの数字が出るので7000駒なんて大した量じゃない(笑

P1030235_縮小

太いものがメインですが、中でもあとから来た奴は特に太かった。
この太い奴でマックス56駒くらいだったね。
太いからたくさん駒打ってるかと思いきやそうでもない。
実のところ、2年出しの物ってそんなにたくさん駒を使う必要性がないと思われます。
よく説明で沢山打つとよいってのがあるんですが、確かに菌回りは早いかもしれないけどその年に出るのかって話。
柔らかい木の場合はそうやって早出しってのもありだとは思いますけどね・・・・

P1030238_縮小

なめこが終わって現在山に置くシイタケの駒打ちにシフトしました。
こっちは12000駒分らしいのでまだまだ駒打ちは続きます。

P1030239_縮小

残ってる原木もまだまだたくさんある。
明日で終われるかというとビミョー、あと2日はかかるかなー
それでも長かった植菌生活もあとほんのわずかだと思えばね。
気を抜かず太い原木と勝負だぁーーー


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村