FC2ブログ
2019-06-29(Sat)

白くてでかいキノコ。

これは少し前のこと。
ばあさんが久しぶりに小屋に来た時に、影のほうから見つけてきたバカでかいキノコがあった。
これって椎茸だが?
とはいうものの明らかに違う風貌…(笑
こいつの正体はなんぞ。

DSCF8029_縮小

白くてでかくて軸が太い立派なキノコだ。
乾き気味なのでかなりささくれ立っており普通の状況でないので判別が難しい。

DSCF8032_縮小

とにかくごつい。
恐竜のうろこかってくらいごつごつした形状。

DSCF8031_縮小

ひだは白から暗褐色。
白から変化していってるんだと思います。

DSCF8030_縮小
DSCF8033_縮小

根っこというか菌糸が石突き部分にしっかり生えており、引き屑を捨ててだいぶたった場所に生えていました。
木に生えるというものではなく土壌有機物に発生したキノコですね。
じゃあいったいこいつは何だ??


大きさとか白という点で調べるとオオシロカラカサタケってのが出てきますが、
これは古くなるとひだがオリーブのような緑色っぽくなってくるらしくかなり特徴的なキノコ。
このきのこは古くなってきて暗褐色、紫褐色な色合いなのでどうか。
軸が太い系で見るとハラタケのような気もしなくもないが・・・・
実際これを見る前にジャンボマッシュルームの話題を見ていて似ているような気がしたもんで。
(マッシュルームの野生種のようなのがハラタケ)
完全なる同定はできず不明なキノコですけど、こんなでかいキノコがそこらへんに生えてるもんだなーと思ったもんだ。
キノコも図鑑と同じとは限らないから判別が難しいのぉ。
だからこそわからないものは食べないが重要ですぜー

スポンサーサイト



2019-04-22(Mon)

2019年度のナメコ植菌完了

どもー
昨日か駒打ち植菌のほうが始まりまして、本日ナメコの植菌が終了しました。

P1030234_縮小

今年のナメコの植菌数は7000駒
さほど多くはない量だと思います。
1本当たり40以上駒を使っているので200本もありませんからね。
ちなみにこの考え方で機械植菌のコマ数を考えると、
約13000×平均値48程度≒624000
こんな感じの数字が出るので7000駒なんて大した量じゃない(笑

P1030235_縮小

太いものがメインですが、中でもあとから来た奴は特に太かった。
この太い奴でマックス56駒くらいだったね。
太いからたくさん駒打ってるかと思いきやそうでもない。
実のところ、2年出しの物ってそんなにたくさん駒を使う必要性がないと思われます。
よく説明で沢山打つとよいってのがあるんですが、確かに菌回りは早いかもしれないけどその年に出るのかって話。
柔らかい木の場合はそうやって早出しってのもありだとは思いますけどね・・・・

P1030238_縮小

なめこが終わって現在山に置くシイタケの駒打ちにシフトしました。
こっちは12000駒分らしいのでまだまだ駒打ちは続きます。

P1030239_縮小

残ってる原木もまだまだたくさんある。
明日で終われるかというとビミョー、あと2日はかかるかなー
それでも長かった植菌生活もあとほんのわずかだと思えばね。
気を抜かず太い原木と勝負だぁーーー


2018-09-18(Tue)

キノコシーズン

昨日は久しぶりに山へ行ってきた。
キノコの確認というか、シオデの実があるかないかの確認がメイン。
山に入ると早速奴らがお出迎え。

DSCF7257_縮小
DSCF7258_縮小

何タケだろうか、入って早々群生してました。
雷でも落ちたのかってくらいたくさん。
キノコシーズンが本格化していましたよ。

DSCF7260_縮小
DSCF7261_縮小

他にもかなりの数のキノコが生えてました。
恒例のテングタケもありましたけど、それは少し過ぎ加減だったので没にしてます。

DSCF7263_縮小
DSCF7262_縮小

椎茸はまだのようです。
今年植菌したものは一番最初に置いた原木が朽ち果てた場所に再び置かれてました。
鎧伏せなんて久しぶりに見たわ。
かなり前に山に置いてた時はこれだったなぁ。

DSCF7246_縮小

ちなみに山だけでなく平地でもキノコは生えてましたよ。
苗ものを片付けた時にホウキタケが出てきたし。
寒暖差も出てきてキノコにはもってこいの時期がやってきた。

もう間もなく椎茸の自然子の発生となめこの大発生がやってきますね。
キノコのお仕事はずっと手を付けてませんけど、忙しくなる時期だなぁ。
本職だったらかき入れ時、いい季節がやってきた。



・・・・・ちなみに。


DSCF7254_縮小

シオデの実はなかったです。
かわりにアマドコロの実をゲット。
さてこれはどうすればいいのかしら??
まいとけば出てくるもんかねぇ。

2017-10-23(Mon)

山のなめこがようやく出てきた。

どもー
台風が通過していきましたね。
場所によっては大変な被害も出ているようですが、皆さんのところはいかがでしょうか?
こちらは昨日からの雨が結構な量になりまして、川がかなり増水したところもあるようですが、
ヤバいほどの被害ということはなさそうです。
ただね、これによって冷え込みがきつくなりそうな感じもするので、それが心配なところがあります。
明日以降は台風一過の青空が続きそうですしね。


さて、
サツマイモの葉っぱにも霜焼け症状が出るくらい冷え込みが進んできています今日この頃。
小屋の裏手にある早生のなめこはどんどん出たんですが、
なかなか中生のなめこが出なかったんですよね。
山の方が気温が低くなるはずなのに、なぜか山のものより里の方が早く育つ始末。
ただね、先日見に行ってみたところようやく発生しているのを発見しました。

P1120209_縮小

オーちょうどよかった―
もう少し遅れてたら全然だめになってたよ・・・

P1120211_縮小
P1120210_縮小

さすがに中生なめこ、早生とは大きさが違う。
それとも単に木の力があるのか、はたまた山だからなのか・・・・・
まあなんにせよ山なめこのシーズンも始まったようです。

P1120208_縮小

出るホダ木は沢山あるので、これからしばらく山をチェックしてないといけないのが大変だ―
それでも高単価を誇る原木なめこ、沢山出てくるれとうれしいねぇ。


2017-10-10(Tue)

椎茸のホダ木から・・・・

どもー
本日より地元の研修に復帰、1週間ぶりの農場は・・・たいして変わってなかった―(笑
そりゃそうだね、今の時期はもう収穫できるものもなくなり加減だし、
残ってるのは生育途中の秋冬物だからね。
むしろ一番驚いたのがガソリンが5円も高くなってたことだね(汗


さてさて、
稲刈りの終わりそばにある山のホダ木を見てきたんですよ。
今年は山になめこのホダ木があるので、出始めたら毎日確認しに来ないといけなくなるわけで、
その確認と、椎茸の具合も見に行ったんですよ。

椎茸はまだなく、なめこも生えてませんでしたが、
そのかわりに、椎茸のホダ木にあるものが。

P1120094_縮小

あらら、こりゃあエノキだね。
なめこに似てるけどエノキだね。

P1120095_縮小
P1120096_縮小

いつの間にやら椎茸のホダ木がエノキに占領されちまった―
すごい奴らだ。
もう少し生えてれば収集して食べるんですがね、あまりにないもんでこれは食べません。

P1120097_縮小

そのほかにもたぶんウラベニガサ
椎茸のホダ木が死んだあたりに心材利用で出るらしいキノコ。
調べたら食べられるんだね、あのキノコという感じ。
ちょっと古いしナメクジが食った後でした。

P1120098_縮小

もう一つあったのがホコリタケの仲間。
木に生えるホコリタケっぽい奴ってのがわからないので不明キノコ。
ただ、こんなのも椎茸のホダ木に生えてくるもんなのね。


こうしてみると菌の世界ってのはいかに早く陣地をとるかの競争が激しいんだなーと思いますね。
椎茸菌がいなくなったら他に住み込むキノコがいろいろとあるわけで。
菌の世界ってのは目には見えないけれど熾烈ですなぁ(笑


椎たけ夫のブログへようこそ
シイタケ
取り扱い物
椎茸大サイズ
原木生椎茸については画像をクリック↑

乾燥しいたけ 小粒 乾燥椎茸 小粒  210円

乾燥しいたけ 大粒 乾燥椎茸 大粒  420円

乾燥しいたけ スライス
乾燥椎茸 スライス  370円

クリックで拡大します。参考にしてください。
ご注文はメールフォームからどうぞ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

椎たけ夫

Author:椎たけ夫
秋田の山奥で原木椎茸を栽培しています。
鉢植えで果樹なんかも育てています。

現在本で農業について勉強中。

写真はセキセイインコの「ピースケ」

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
ぽちっとお願い
ランキング参加中!
にほんブログ村 花・園芸ブログ きのこへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村